えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無し:14/04/10(木) 06:14:41 ID:yyYmf4krk主 
四月始め
少女「売れないなぁ…」

学生「ん?」

少女「あ、あの単位いりませんか?一つ5000円…」

学生「あ?単位?いらねーよんなもん」ドカ

少女「きゃ!!」ドタ


少女「…売れなかった…今日もご主人様におこられる…グス」

【単位売りの少女「単位いりませんかー…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/07(水) 16:10:01.60 ID:EcFqMHAK0
杏子「結構今回のは自信あるんだぜ」

さやか「……外で食べてきたから」

杏子「そ、そっか……次は連絡してくれよな」

さやか「外で何しようと私の勝手じゃん」

杏子「でもせっかく料理作って待ってるんだし……」

さやか「は~、別れよっかな」

杏子「まっまてよ……連絡とかしなくていいから、なっ?」

【杏子「お帰りさやか、今ごはん暖めるからな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/08(火) 15:23:51.49 ID:iulw0dA+0
さやか「正確には友人に取られた……ははっ、まぁ、あたしがノロノロとしてたせいなんだけどさ……」

杏子「そうか……そいつは、その……残念だったな」

さやか「ホントよね……きっとあたし、どっかで恭介はあたしを選んでくれるんだって驕ってた。
    だから……こんなことになった」

杏子「ま、まぁ、ほら……元気出しなって!
   その……あたしも、なんて言葉をかけたらいいのか分かんないけどさ……新しい恋も、きっとすぐに見つかるって」

さやか「新しい恋……うん、そうだよね。それだったらきっと、あたしの考えは正しいんだ」

杏子「?」

さやか「……よしっ、決めた」

杏子「何を?」

さやか「あたし、女の子を好きになる」

杏子「」



注:まどかマギカSS
  マミさん生存(ほむほむ拘束解除成功によりマミさん救助成功)ルート妄想



【さやか「恭介にフられた……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :名無し:14/04/12(土) 14:07:21 ID:2DpdlO19E主 
女「まぐまぐ」モグモグ

男「...」

女「まぐまぐ」モグモグ

男「…」

女「んー��」

男(かわいい)

【女「まぐまぐ」男「かわいい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/12(火) 22:15:45.56 ID:xT+iNE4F0
ほむら「ちが…います!まどかが友達♪」

ほむら「悲しいぼっちはひとり暮らし♪」

ほむら「ぼっちは美樹さん?」

さやか「ちーがーう!杏子が友達♪」

さやか「悲惨なぼっちは上級生♪」

さやか「ぼっちは杏子?」

杏子「ちーがーう!ほむらが友達♪」

杏子「おデブなぼっちは紅茶好き♪」

杏子「ぼっちはマミ!!」

マミ「ちーがーう!べべが友達♪」

べべ「ムギュ?!(え?!)」

マミ「え?」

ほむら「…」

さやか「…」

杏子「…」


【まどか「ちーがーう!ぼっちはほむらちゃん?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

おさかな目録? その1

156: 人/魚 2011/08/08(月) 08:51:00.35 ID:joRyHX7H0
                                       ☆

「なあインデックス、マンボウって魚は泳ぎが下手で、水槽のガラス面にぶつかって死んじまうってホントか?」

「とうま? 泳ぎが下手かどうかは別にして、マンボウは水族館で飼育するのが難しい魚だっていうのは聞くね」

「まあ何しろデカイからな。のんびりぼーっとしてるだけとは言え、大きいのだと体重1トンを越えるんだっけ」

「ん~……、とうまのマンボウのイメージはなんだか偏ってるかも? ちょっと修正してあげるんだよ」


「ん? そうかなあ? まあ、詳しいわけじゃないから教えてくれるのは大歓迎だけどな。じゃ、まずは分類か」

「うん、マンボウは大きく言えばフグの仲間だね。おちょぼ口で、何となくフグ顔でしょ?」

「言われて見ればそうだな。フグ類ってのは速く泳ぐのが苦手で、外敵から逃げる手段がないのが多いけど」

「代わりに、膨張したり、針を出したり、ガッチガチの装甲で身を守る魚が多いね。マンボウは装甲タイプかも」


「あれ? でもさ、確かマンボウはウロコが無くて皮膚が弱いんじゃなかったっけ?」

「粘液で守られた皮膚は確かに人が触っただけで痕が残るくらい弱いけど、その皮の厚みは数センチもあるんだよ」

「へえ。そんなに厚いんじゃその辺のサメにちょっと咬まれたって平気だろうな。そういう装甲ってわけだ」

「うんうん。ヒレの退化具合といい、防御形 といい、フグ目の特徴をしっかり備えていると言えるんじゃないかな」


「とは言え、体型は独特だけどな。どう言ったらいいか……、常盤台中学の校章を横向きにしたような」

「で、尖ってる方を頭としたら、尾のほうの端の上下に飛行機の羽を付けて……おー、まさにマンボウ形かも!」

「わかりやすいな。で、マンボウはこの飛行機の羽の部分、背ビレと尻ビレしか動かせないんだろ?」

「一応、末端の部分、舵ビレっていうのかな? そこも動くんだよ。まあでも確かに、巨体の割に動く部分は少ないかも」


「だよなあ。ちなみにここまで、上条さんの最初持ってたマンボウのイメージは何一つ変わっていませんけど……」

「焦る魔術師は貼るルーンの枚数が少ない、だよ。 ここからが本番かも。まずは『翻車魚』。コレ読める?」

「ん? おいおいインデックスさん、いくらなんでもバカにしすぎだろ? 『まんぼう』だよ(テーマだし、多分)」

「意外……、とうま漢字強いんだね。でね、何でこの字をあてるかっていうと、マンボウは宙返りをするからなんだよ」



【おさかな目録? その2】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/07/24(日) 08:27:36.92 ID:Xyb7XGHi0
とある魔術の禁書目録の登場人物がおさかな、つまり水生生物の雑談をする。ただそれだけのSSです

 

それってSSなの? とか禁書でやる意味あるの? とかその辺は置いといてお楽しみいただければ幸いです

また、生き物の話なので、人によっては不快感を覚えるネタがあるかも知れません。ご注意下さい



一回の投下は以下の三つのパートで構成されていることが多いです。合わせても4~6レスくらいです


第一部 上条当麻とインデックス  インデックスは解説役。上条さんは質問とたまに軽いセクハラ担当

第二部 超電磁砲の四人組     『食』がテーマが多い。役割分担は特に無いけど、白井黒子はゲテ物担当

第三部 一方通行と打ち止め    一方さんの長い解説は読むのが大変かも。オチ担当ゲスト有り



そんな感じの「水槽を見てたら思いついたけど使えなかったネタ」、略して『水槽ネタ』の世界。いただきます

【おさかな目録? その1】の続きを読む

このページのトップヘ