えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語◆07bIdWHv★ 2024/06/14(金) 02:08:28 ID:???00
ーーーーーーーーーー


ガタンゴトン…



かのん「すぅ…」


すみれ「よく寝るわねぇ、この子は」


恋「ふふっ、まあまあ。目的地まで大分長いですから」


すみれ「まぁね…自然も増えてきて、田舎って感じ」


恋「でもトンネルを何度も通るの、ちょっと怖いです」


すみれ「分かるわ。急にふっと暗くなるからね」




フッ




「……っ、はぁ」


「こんな風にね…」


「…すみれさん」


「なぁに?」


「後ろの車両のトイレまで、着いてきてくれませんか」


「…えー、めんど」


「そんな事言わないでくださぁい!!」


「嘘よ嘘、行きましょ。暗いから手、繋いでて」


「ありがとうございますぅ…!」


「すやぁ…」


パッ


すみれ「あら、抜けたわね」


恋「あぁ、光が美しいです…」


すみれ「じゃ私は良いわよね?ついてかなくても」


恋「それとこれとは話が別だと思いませんか?」


すみれ「何で???」


フッ


「こうなるんですから!」


「あぁもう分かった分かった、ほら行くわよ…全く」


コツコツ


ガラッ

【かのん「隔て」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語◆nE8uf9eZ★ 2024/06/14(金) 01:01:46 ID:???Sr
ご無沙汰しております。
こちらの掲示板になってからの初投稿になります
104期みらぱがイチャイチャする話です。

※地の文が多くなっております。ご了承ください

【SS 姫芽「推しの2人とデートしてみる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 「キャップ取得方法★」スレをご確認ください (ワッチョイ 170f-17ce) 2024/06/02(日) 17:29:19 ID:3EjhmuRg00
侑「おお~これが歩夢の車!?」

歩夢「お母さんのお下がりなんだけどね。ホンダn-vanって言うんだって」

侑「車のことはよく分かんないや。どこまで行くの?」

歩夢「とりあえず沼津まで行こうか」

侑「沼津?」

歩夢「静岡だよ」

侑「静岡!?そんな遠くまで大丈夫なの?」

歩夢「ふふ、私の腕を信用してよ」

侑「まぁ歩夢がそう言うなら」

2

歩夢「さぁ出発ーー!!」

侑「いえーい!」

ブゥオン!!

侑「うぎゃ!!」ガクン

歩夢「うわ!ごめん、急発進しちゃったね」

侑「安全運転で頼むよ~」

歩夢「大丈夫!安心して!」

【【SS】歩夢「ドライブ行こうよ!」侑「いいね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/06(火) 02:37:48.607 ID:Tll2VqRW0.net
元親友「なんでもテキトーにやってりゃいいのにさぁ、いつもなににでも熱くなっちゃって……ウゼェっての…。」

元親友「いい加減お前のそういうのさ、うんざりなんだわ。もうついてけない。アタシはここで降りる。」

元親友「……だからぁ……そういうのが嫌いだって言ってんじゃんか…。アタシのこと、引き止めんなよ…。」

元親友「アタシはなぁ、お前が嫌いなんだよっ!……お前はどう思ってたか知らないけど、アタシはお前のことを友達だと思ったことなんて、一瞬たりともないから。」

元親友「…………なぁんだ、お前、そういう顔も出来るんだ…。……その顔がずーっと見たかったぁ…!お前の表情が暗く淀むところが……ずぅーっとさぁ…!」

元親友「お前がもう少しはやくその顔を見せてくれてたら……私だって、お前に刃を向けることなんてなかったのになぁ…?」

【元親友騎士(♀)「……見苦しいなぁ、お前は。お前のそういう必死なところが、昔っから嫌いだった。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2 名前:吉星 ◆ObCLeKAw2g [] 投稿日:2010/07/09(金) 11:43:47.17 ID:y6EOMxea0


“God knows...” 平野綾

【涼宮ハルヒの吉星】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/06(火) 00:30:03.967 ID:AiPBaGsR0.net
喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

喪黒「私が取り扱う品物は心……人間のココロでございます」


喪黒「この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかり」

喪黒「そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします」

喪黒「いいえ、お金は一銭もいただきません」

喪黒「お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます」

喪黒「さて、今日のお客様は……」



軟手 逸太(24) 会社員



オーッホッホッホッホッホ……

【会社員「電話で相手の声を聞き取れないんです」喪黒福造「それはお気の毒ですなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/05(月) 19:36:10.725 ID:R9TRrnz80.net
オークの群れ「グォアアアア…」

勇者「女戦士!前線でオークの足止め頼む!」

女戦士「あ~めんどくさいなぁ…勇者やっといてよ」

勇者「は!?ちょ…何言ってんだよ!俺はこっちの敵に手こずってるんだよ!」

女戦士「ちっ…うっさいわね~。あんたが無能なのが悪いんでしょ。」

勇者「おまっ…何言い出すんだよ!前線は戦士の仕事だろ!」

女戦士「私は今装備の手入れで忙しいから。自分の無能さ棚に上げて仕事こっちに回さないでくれる?あ~勇者が無能だと本当大変。」

【女戦士「あ~マジめんどくさい。」】の続きを読む

このページのトップヘ