えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 松田亜利沙「ニュース765TV」双海真美「第69回」

1: 名無しさん@おーぷん 22/05/15(日) 23:10:15 ID:sZvj
・設定の元ネタはUNION@IRTV第9回第10回です。

・ここから読んでも大丈夫です。

【松田亜利沙「ニュース765TV」ロコ「第70回」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 21:39:03.22 ID:V5u8EsAe0
コジロウ「ついにこの時が来たな!」

ニャース「何回も何回も邪魔されたがついに!あのピカチュウをサカキ様に献上することが出来たのニャ!」

ムサシ「あたしはロケット団ジョウト支部の支部長に!」

コジロウ「俺はロケット団特務工作部幹部に!」

ニャース「ニャーは常務執行役員に昇進なのニャ!」

「何だかとってもいい感じー!」

ニャース「でも……」

コジロウ「どうしたニャース?」

ニャース「これで3人は解散だニャ……」

コジロウ「それは……」

ムサシ「昇進決まったってのに何ジメジメしてんのよ!
何も死んだわけじゃあるまいし、また会えるわ!」

ニャース「そうだといいけどニャ……」

【ムサシ「ついにピカチュウを捕まえてサカキ様に献上し昇進決定!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆rRA45h1LBT0I 2016/02/19(金) 21:20:56.04 ID:qoDXP4Qy0
トレーナー「ずつき」


ポケモン「へぶっ!へぶっ!」

ゴヂッ! ゴヂッ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455884455

【ポケモン「トレーナーさん!大きな岩で道がふさがってますよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2022/05/15(日) 15:59:11.01 ID:CUMCfJ/aa
吾峠呼世晴の漫画家人生

・会社員時代の24歳の時に趣味で初めて漫画を一本完成させる。家族に勧められてジャンプに送ったら見事入賞。
・アシスタントやその他漫画家に携わる経験なし
・色々読み切りを投稿して賞を貰う。
・26歳で鬼滅の刃を連載開始。当時は漫画家がどういうものか知らず金もないためアシスタントは一人だけ。
・編集に「建物などは定規を使う」と教えられる
・31歳で鬼滅の刃完結。
・現在消息不明。

【【悲報】吾峠呼世晴さんの漫画家人生ww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 22:45:17.54 ID:wr+JpuwvO
菜々「これですよ。これ」

瑞樹「良かったじゃない。友紀ちゃんに連れていってもらえたの?」

菜々「わざわざウサミン星まで来ていただきましたよ」

瑞樹「千葉でしょ?」

菜々「ウサミン星です」

友紀「千葉でしたよ」

菜々「ウサミン星です」

瑞樹「で?菜々ちゃんの生年月日がバレたと」

菜々「17歳です」

友紀「見せてもらえませんでしたよ。見ようとするとビーム出せそうな目で睨んでくるんですよ」

瑞樹「あら残念ね。よっぽど見せたくなかったのね」

菜々「残念ってなんですか。17ですよ」

瑞樹「…にしても貴方達随分疲れた顔してるわね」

菜々「友紀さんは旅疲れですね」

友紀「違いますよ。菜々ちゃんがどうにもiPhoneの使い方理解しないから教えてたんですよ。おかげさまで終電乗れませんでしたけど」

瑞樹「泊まれたの?この子の家」

友紀「泊まれましたけど、布団が一つしかなかったんでまあまあ寝にくかったです」

菜々「わりとぐっすり寝てましたよ。ナナに逆水平チョップ喰らわせるくらいには」

瑞樹「どれだけ寝相悪いのよ」

友紀「普段はベッドなんですよ。それが硬い畳の上ですよ。そりゃ寝相も悪くなりますよ」

菜々「でもお化けは出なかったでしょう?」

小梅「き、企画を…」瑞樹「勘弁して頂戴…」  

友紀「出なかったけどさ。お化けより暖房つけようとしたらキレた菜々ちゃんのが何倍も怖かったよ」

瑞樹「どれだけケチなのよ」

菜々「ウサミン星で暖房をつけていいのはマイナスからです」

瑞樹「冷房は?」

菜々「つけません」

友紀「風邪ひいちゃうかと思ったよ」

菜々「ひきませんよ。むしろそんなものに頼ってるとヤワになりますよ」

瑞樹「腰がヤワになってる貴方が言うセリフじゃないわね」

菜々「勘弁してください」

【菜々「携帯を変えました」瑞樹「あら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 1. ハードルを超えて 2017/07/10(月) 22:34:56.70 ID:otTlPJINo



「ドラマのヒロインですかっ!?」

「おう! まぁ1クールあるやつじゃなくて、4週連続のスペシャルドラマなんだけどな」


事務所に着いた私を待っていたのは、大きなお仕事のお話。
分厚い紙束をぽんぽんと叩きながら、プロデューサーさんは笑って言いました。


「そっ、それで、どんなドラマなんですかっ。どんな役なんですかっ」

「陸上部の青春モノだそうだ。学校行って、部活して、恋してって感じの」


陸上部っ! 私と同じだと思うと嬉しくなる。
授業を受けて、放課後に練習して、部活のコと一緒に帰ったりして……して……
パッと広がった想像は、『恋』にひっかかって途中で転んでしまった。

恋、コイ、こい……
上手く発音できないそれは、きっと私の中にはないものだった。

引用元: 乙倉悠貴「追い風が恋を連れてくる」 



【乙倉悠貴「追い風が恋を連れてくる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
夕方 事務所 茶話室



雪乃「……」コポコポコポコポ…

ティーカップ「内側は白。」

雪乃「どうぞ♪」スッ

音葉「……」ペコリ カチャ

雪乃「……」ジー

音葉「……」クイ…

雪乃「……」ジー

【雪乃「付き合っていただけるなら紅茶を」】の続きを読む

このページのトップヘ