えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆FRtTimAs0A 2016/07/07(木) 21:21:01.45 ID:KlUH777Eo

「さーさーのーはー、さーらさらー」

赤、青、緑、黄色。
くしゃっとしたリース作りも、毎年やれば上手になるものである。
テレビには最近売れてきたお笑い芸人。机の上にはクッキー、リモコン。
飲み物のコップは去年、折り紙にじんだいなひがいをもたらしたので机の上には立ち入り禁止だ。

「見てて面白くないですな」

「やってるほうが面白くないよ」

さっきまで食い入るように見つめていたお客さまも、どうやらずっとコレばかりなのはお気に召さなかったみたい。今はもっぱらお菓子に目が釣られている。
チョキチョキ。折り紙を細く切る。
ペタペタ。折り紙の輪っかを繋げていく。
実はわたしはコレにいくらか自信がある。
テキトーに数を作れば良いってもんじゃなくて、色を変えたり、幅を揃えたりしないときれいにはならないのだ。

「どう? ヤチー、きれいでしょ」

「はい、きれいですよ、しょーさんは」

「あ、ぅ」

引用元: 【安達としまむら】そらのかけはし 


 

安達としまむら (6) (電撃文庫)
入間人間
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-05-10)
売り上げランキング: 3,637
【【安達としまむら】そらのかけはし】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9l/Fpc6Qck 2016/07/07(木) 15:06:57.79 ID:bvcu9Is+0





――ザザザ……ザッ……




……CQ、CQ、CQ


こちらは、ウィスキー、フォー、キロ、チャーリー、シックス、ノベンバー、ホテル、ズールー


ダブリュー、フォー、ケー、シー、シックス、エヌ、エイチ、ズィー


432.92、432.92にてコンタクトを求む……







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467871617

引用元: 氷の地より、電波にのせて 


 

電波がわかる本 (なるほどナットク!)
後藤 尚久
オーム社
売り上げランキング: 39,029
【氷の地より、電波にのせて】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆tqsJezh7w. 2016/07/06(水) 22:20:33.71 ID:YlJkwBt+O

注:編成・戦闘描写は筆者の趣味&御都合主義。気にしたら負け。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467811233

引用元: 【艦これ】舞風「この輝く星空の下で」 


 

【【艦これ】舞風「この輝く星空の下で」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆sIPDGEqLDE 2016/07/08(金) 05:15:30.79 ID:6t/dAQ220

七夕の夜は、往々にして曇っています。
空を見上げても星々の瞬きは見えず、ただ、淀んだ雲が延々と広がっていました。
こんなに曇りが多い歳事は、七夕とお月見くらいじゃないかしら?

織姫と彦星が一年に一度だけ逢う事を許された夜。
天の川を見ながら、そんな二人に思いを馳せた少女時代が懐かしく感じます。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467922530

引用元: 美波「願い」 


 

【美波「願い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 02:00:37.07 ID:CWuNr+yxo
男「痛車を作ったぜ!」

友人「車好きでアニメ好きなお前なら、いつかやるだろうな……と思ってたけど、マジで作ったのか!」

男「まだ試作段階だけどな。こっち来てくれ」

友人「おう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467910836

引用元: 男「痛車を作ったぜ!」 


 

痛車グラフィックスVol.26

芸文社 (2015-12-18)
売り上げランキング: 59,417
【男「痛車を作ったぜ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆C2VTzcV58A 2016/07/08(金) 01:17:36.40 ID:FO1+5TDxO
ありす「………」

ありす「うん、書けた……あとは、この短冊を」

ありす「……どこに飾ろうかな」キョロキョロ

ありす「笹の……上の方が空いてる?」

ありす(上に飾ったほうが、願いが叶いやすいかも……)

ありす「っ、んしょっ……」ピョンピョン

ありす「もうちょっと、上……えいっ」ピョンピョン

ありす「はあ、はあ……と、届かない」

引用元: 渋谷凛「七夕」大石泉「短冊」橘ありす「織姫」佐城雪美「……彦星」 


 

【渋谷凛「七夕」大石泉「短冊」橘ありす「織姫」佐城雪美「……彦星」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆TDuorh6/aM 2016/07/08(金) 01:05:16.80 ID:nr9ey/Um0

ふぅ、と一息つき。
私は顔を上げた。


手にした本に当たる陽の光が橙色になっている事に気付き、ページを捲る動作を一旦停止する。
時計に目をやれば短い針は真下を回っていた。
かたかたかた、とキーボードが叩かれる音だけが響く夕方の事務所。
他のユニットメンバー達は既に帰り、私の読書を妨げるモノは残っていない。
誰かに話し掛けられたところで、私の読書が中断されるわけではないけれど。


少しばかり…熱中し過ぎてしまいましたか…


読んでいた恋愛小説がひと段落つき、長時間の読書によって乾ききった喉を潤そうと一旦本を置く。
固まった膝を無理やり動かし、腰をあげる。
出来る限り音を立てない様に、出来る限り静かに。
彼が私の読書を邪魔しなかった様に、私は彼の仕事を邪魔してはいけない。


ゆっくりと、静かに冷蔵庫へ。
キーボードの音が止まるくらい、ゆっくりと…


「もう、読み終わったのか?」


無駄だった様だ。


「…ひと段落しましたので、飲み物を…プロデューサーさんは、何か…?」


「じゃあ、俺もお茶をもらおうかな」


…はぁ。


彼が珈琲好きである事は知っている。
本当は珈琲を淹れてあげようとひっそり練習していたのだけれど、本人の気遣いによって阻まれてしまった。
ここで無理に変える必要もないので、今回はオーダー通りにしておこう。
機会はいくらでもあるのだから。


普通に歩き、冷蔵庫を開ける。
選ばれそうなお茶のペットボトルを傾け、二つのコップに氷と共に注ぐ。
たぷ、たぷと揺れる表面には無表情な私の顔が歪んで映っていた。


「どうぞ…」


「ありがとう。あと少しで俺も終わるから」


…まったく、貴方は全てお見通しですか…


少しニヤけそうな感情を抑えながら、コップをデスクへ。
再び聞こえてきたキーボードの音をbgmに私もソファへ戻って本を取る。
挟まれた栞のページを開き、文字を追う。


引用元: 鷺沢文香「短冊に綴った空想文学」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cool  jewelries! 003
歌・トーク:鷺沢文香、速水奏、橘ありす、塩見周子、二宮飛鳥
日本コロムビア (2016-06-29)
売り上げランキング: 54
【鷺沢文香「短冊に綴った空想文学」】の続きを読む

このページのトップヘ