前回 雪ノ下「比企谷君、今からティーカップを買いに行かない?」 中編

654: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 06:44:21.87 ID:cCF7+Bn+0


    ×   ×   ×   ×  


 駅の近くでケーキを2つ購入すると、バスに乗り込んだ。 

 一番後ろに陣取ったが、雪ノ下は反対側の角に座った。 

 まぁ、さっき強引に手を繋いだ挙句、改札で恥をかかせたのだからへそを曲げても致し方の無いこ 
とだろう。 

 こうしてついてくる意志があるのだから、そこまでは怒ってはいないのだろう。 

 互いに反対方向の景色を見ながら終点までバスに乗った。 


 バスを降りると雪ノ下が間をあけてついてくる。 


「比企谷くん……、一体あなたここで何をする気?」 

 雪ノ下が訝しげに訪ねてくる。 

 話しかけてくるくらいだから、特に何かに怒っていたわけではないようだ。 


「まぁ、見てなって……」



 

655: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 06:46:23.85 ID:cCF7+Bn+0


「比企谷、いったい何をしに来たんだ。それと学校に来るときは制服で来たまえ」

 そう、やって来たのは総武高だ。

 無断で学校に侵入するわけにはいかないので、平塚先生に一応断りを入れに来たのだ。


「ところで、あんなに学校嫌いの君が冬休みに自分からのこのこやってくるだなんて、いったいどう
いう風の吹き回しだ。まさか、クリスマスイブにこの私に逢いたくなったのか?」

 にこっと微笑むとやっぱり美人なのだが、普段はちょっと残念すぎる。

 でも、そんな笑みを見せられると恥ずかしくて直視できない。


「いいえ、先生とは年齢が……」


 次の瞬間、目にもとまらぬ速さで打ち出された一撃で俺はうずくまってしまった。

656: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 06:49:00.16 ID:cCF7+Bn+0


「……ところで、今日はいったい何をしに来たんだ」

 平塚先生の目は生徒指導の教師の目になっていた。


「部室の鍵を借りに来ました……」

 部室で何をするんだと聞かれたらなんて答えようかと考えていると、意外にもそれ以上理由は聞かれな
かった。


「そうか……、君は今日のパーティーに声をかけてくれたものな」

 そっと頬に手を添えてくると、じっと俺の目を見てからにっこりとした。

 俺は自分でもみるみる紅潮しているのがわかった。

 しかし、照れ隠しに目を背けるのが何だか悪い気がして、温かいまなざしを送ってくる先生の顔を見つ
めていた。


「君も雪ノ下も互いに惹かれ合うのも訳はないな……」

 そう言うなり、手をそっと放した。


「比企谷、30分だけだぞ。私も一度家に帰ってから準備をしないといけないからな」


 平塚先生に一礼をすると、その場を辞した。

657: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 06:50:06.94 ID:cCF7+Bn+0


「よう、お待たせ」


「比企谷くん、その皿とフォークは……」


「ああ、家庭科室から失敬してきた」


「あなたって人は……、まったく……」

 こめかみに手をやっているが、声は弾んでいる。


「さぁ、部室に行くぞ」

 俺もとびきり弾んだ声で言ってやった。


「ええ」

 雪ノ下も負けじと、とびきりの笑顔で答えた。

658: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 06:51:19.75 ID:cCF7+Bn+0
こんなところでいったん終了です。
次回は、いよいよラストに突入します。

661: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:14:42.33 ID:cCF7+Bn+0


    ×   ×   ×   × 


 数日ぶりの部室だ。

 冬季休業中とあって暖房も入っておらず肌寒い。


 雪ノ下はカップを用意し、持参した魔法瓶から残りの紅茶を注ぐ。

 俺も買ってきた苺ショートを皿に乗せフォークを添えた。


 たったそれだけの準備が終わると、ふたりだけのティータイムの始まりだ。


 時々、目を合わせては反らしを繰り返すだけのひととき。

 そういえば、ふたりとも「いただきます」以外の言葉を発していない。


 ただただ、静かに時間を過ごしていた。


662: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:16:36.50 ID:cCF7+Bn+0


「……雪ノ下、これ……クリスマスプレゼントだ」

 こう沈黙を破ると、小さな包みを手渡した。


「あ、ありがとう……」

 上目づかいでチラチラと俺の顔を窺い見ながら、恥ずかしそうに受け取ってくれた。


「中を見てもいいかしら?」


「ああ」


 雪ノ下は中身を一瞥すると慈しむように頬ずりすると早速手にはめてくれた。

 雪の結晶があしらわれた毛糸の手袋だ。

  
「本当はスエードの手袋にしようか迷ったけど、お前のマフラーを見てこっちの方がいいと思ったんだ」


「ええ。こちらの方がいいわ。マフラーの柄と合っていて気に入ったわ」

 満面の笑みを浮かべた雪ノ下は、片目をつむり、そして小首をかしげた。

 口元は緩み、フフフ……と声が漏れた。


 俺はこそばゆさを感じながらもその顔をじっと見つめた。

663: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:17:56.60 ID:cCF7+Bn+0


「私も比企谷くんにプレゼントがあるの」

 小さな包みを渡された。

 その包みからは柔らかな感触がした。


 中身は手編みの手袋だった。
 
 それは、この前貰ったばかりのマフラーとお揃いのものだった。


「雪ノ下、ありがとう」

 冬休みに入ってこの数日間、俺のために時間を割いて付き合ってくれた雪ノ下。

 家に帰ってからも俺のために編んでくれていたのかと思うと感慨深い。


 壊れ物に触れるかのようにそっと手にはめると思わず目頭が熱くなってきた。


「マフラーとは勝手が違ってなかなか納得がいく仕上げになるまで時間がかかったけど、プレゼントでき
てよかったわ」


 俺につられてしまったのか、雪ノ下も目を潤ませていた。

664: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:19:05.99 ID:cCF7+Bn+0


 いつもなら、ここで熱い視線を口づけのように交し合うところだ。

 でも、もうこれだけでは満足できない。

 俺と雪ノ下の関係を隔てる最後の壁を壊したい。


 俺はそっと手袋をはずし、立ち上がった。

 雪ノ下もそれに呼応し、手袋を外すと俺に相対するように立ち上がった。


 ふたり静かに互いの目を見つめ合ったところで、俺は言葉を紡ぎ始めた。

665: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:20:40.52 ID:cCF7+Bn+0


「雪ノ下……」


「はい……」


 互いに目を見つめあったままだ。



「俺は雪ノ下雪乃が好きだ。大好きだ。……俺は雪ノ下雪乃のことを愛している」


 静かに一語一句ゆっくりとかつはっきりと雪ノ下に伝わるように告げた。

 雪ノ下の目に湛えられた涙は今にもこぼれ落ちそうになっている。

 その涙が黒く澄んだ瞳を大きく揺らしている。

 俺の気持ちは十分に伝わったはずだ。



 最後の一言を再び紡ぎだす。



「俺と……付き合ってください」


 雪ノ下は涙をこぼすまいと懸命にこらえている。


 そして、瞳に最後の力こめ、返答を返してくれた。

666: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:21:54.71 ID:cCF7+Bn+0


「私もあなた、比企谷八幡のことが好きです。私も比企谷八幡のことを心から愛しています。こんな、
……こんな私で良かったら、あたなの恋人にしてください」



 こう言い終えた瞬間、堰を切ったように雪ノ下の涙がこぼれ始めた。


 そして、俺の胸に雪ノ下が飛び込んできた。


 俺は懸命に雪ノ下の小さな体を受け止めて、強く引き寄せた。


 それから、雪ノ下の手が背中に回ったのを確認するとギュッと抱きしめた。

667: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:23:12.39 ID:cCF7+Bn+0


 俺の胸で嗚咽を漏らす雪ノ下を見つめる。


 - ようやく、言葉で互いの気持ちを伝えあうことができた。


 そんな成就感から俺の目からも熱いものがとうとうこぼれだした。



「……雪乃、愛してる。愛してるよ雪乃……」



「八幡、八幡、……大好き。愛してる……」

668: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:24:12.61 ID:cCF7+Bn+0


    ×   ×   ×   ×  


 いつまでもこうしていたかったが、約束の30分が迫ってきた。

 ふたりで慌ただしく後片づけを終えた。

 
 俺は鍵をかける前にガラス戸の向こうをもう一度覗いた。

669: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:25:17.11 ID:cCF7+Bn+0


 広い教室の中に椅子と長机がぽつねんと置かれただけの無機質な空間。

 雪ノ下と出会ったのは、桜の舞い散る頃だった。


 互いの第一印象は最悪。

 口を開けば、一触即発どころか即勃発の口喧嘩。

 平塚先生も心配になってすぐに様子を見に駆けつけてくれたな。


 でも、俺はすぐに雪ノ下雪乃の生き方に魅せられ、憧れた。

 雪ノ下はいつの頃からか俺に信頼を寄せてくれるようになった。



 そして、今日ついに恋人同士になった。

670: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:26:25.06 ID:cCF7+Bn+0


 この無機質な部室での一見何ら意味のない無駄に感じる時間の中で、互いに相手に対する想いを醸成し、
花咲かすことができた。

 この部室がなければ、比企谷八幡と雪ノ下雪乃の時間は始まらなかったのだろう。


 そう、俺はその時間を始めたくて、あの日ボウリング場で想いを伝えようと決心し、その時間をいつま
でもいつまでも永い時間をかけてふたりともに歩んでいきたいと決意したのだ。


 胸の奥から様々な想いが去来し、感無量になった。

671: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:28:33.29 ID:cCF7+Bn+0


「八幡、何を考えていたの?」

 雪乃がくすぐったい笑みを浮かべ、尋ねてくる。


「いや、なんでもない」

 決意のほどはまだ伝えていない。

 いや、正しく言うと2人の思いが通じ合ったことに舞い上がってしまい、伝える余裕が自分にはなかっ
たのだ。



 今はまだ早いか……。

 そう思いながら鍵をかけて、ポケットに入れた。


 そう、その決意を再び胸の中に静かにしまい込むように。

672: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:30:35.11 ID:cCF7+Bn+0


「雪乃、平塚先生に鍵を返しに行くから、校門の前で待っていてくれ」

 そう言って手を繋ぐ。

 すぐにその手を離さなければならないのに。


「はい、八幡。平塚先生につかまらないで、すぐに駆けつけてきてね」


 ああ、もちろんすぐに行くさ。


 雪乃のそのとびっきりの笑顔を片時も離したくないしな。

673: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/19(木) 20:31:52.35 ID:cCF7+Bn+0


「なぁ、雪乃……。俺たちが恋人どうしになったことをみんなに伝えないとな」


「ええ……、みんなには誠心誠意伝えないといけないわね」

 その言葉には純粋な喜びだけではなく、不安も入り混じっていた。
 
 それは、俺も同じである。



 しかし、俺は雪ノ下雪乃とともに歩むことを選んだ。


 そして、俺の恋人 - 雪ノ下雪乃もまた二人で歩んでいくことを選んだ。



 ふたり選んだ道のりだ。

 苦楽を分かち合ってどこまでも歩んでいくつもりだ。



 雪乃、心から愛しているよ。




 - ラブコメの神様、雪乃とようやく結ばれました。今まで本当にありがとうございました。
   これからも俺たち - 比企谷八幡と雪ノ下雪乃のことを温かく見守り続けてください。




―完―

 

702: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:18:54.32 ID:VG/s+y2Xo


「雪乃、そろそろ千葉駅に向かわないか?」


「ええ、八幡」

 平静を装いながら雪ノ下雪乃のことを「雪乃」と呼んでみたが、まだドキドキしている。

 どうも「雪乃」と呼ぶたびに鼓動が早くなってしまうのだ。

 愛おしい人の名を呼ぶことがこんなにも胸の高まりを止められなくなってしまうものだとは知らなかった。


 雪乃もちょっと気恥ずかしそうに俺のことを「八幡」と呼んでくれる。

 きっと雪乃も同じように感じているのではないのだろうか。



 俺たち - 比企谷八幡と雪ノ下雪乃はこれから由比ヶ浜結衣が企画したクリスマスパーティーに向かうところだ。

703: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:20:47.48 ID:VG/s+y2Xo


 今日、雪乃への想いが押さえきれなくなってついに告白した。

 そして、雪乃とは晴れて恋人同士になった。

 ここ一か月の間、なんとなく恋人になったような甘酸っぱい気分で過ごしていたが、言葉にして
想いを伝えあうことなくうやむやに過ごしていた。

 実際に本当の恋人同士になってみたら、甘酸っぱさとは別の感覚を感じている。

 まだ付き合い始めたばかりだからそう感じるだけなのかもしれないが、生まれて初めて経験する
この心地よさは格別だ。

 なんというか、その感覚はうまく言葉には表せないが、ドキドキを感じながらも落ち着いた感じを
味わえる…… この相反するものがミックスしたような感覚だ。

 正式に恋人どうしとして付き合ったことで、俺と雪乃の関係は一つの節目を迎えた。


 しかし……。

 これから解決しなければならないことが一つ残っている。

 これを終えて初めて、節目を迎えるのかもしれない。

704: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:22:12.11 ID:VG/s+y2Xo


 ふたりで手を繋いで京葉線の駅まで歩いた。

 今日も部活動は主に運動部で行われているが、まだ活動中なのだろう。

 総武高生とすれ違うことはなかった。

 もっとも、クラスメートの顔を覚えていない俺が言ったところで説得力はないが。


 ホームに着くと既に電車はホームから音を立てて出発し、赤いテールライトが遠ざかっていった。

 ベンチに腰掛けゆったりと背もたれに体を預ける。


 雪乃とはさっきから手を繋いだままだ。

 その雪乃の小さく白い手からは温もりと一緒に鼓動が伝わってくるような気がした。

 きっと雪乃にも同じように伝わっているのだろう。

 このまま時が止まってほしい。


 ずっとこのままふたりきりで……。

705: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:23:59.40 ID:VG/s+y2Xo


    ×   ×   ×   ×


 京葉線に乗ると、今日がクリスマスイブであることを改めて実感する。

 これからデートに向かうカップルや愛しの相手に逢いに行く高翌揚感でもじもじしている姿が見られた。


 俺と雪乃は相変わらず、言葉を交わさない。

 ふたりぼっちになったところで、やっぱりぼっちはぼっちだ。

 寄り添いながらも静かに時を過ごすのが心地よい。


 そんなことを考えていると、肩にちょっとした重みを感じた。


 雪乃が眠りに落ちたのだ。

 そういえば、このマフラーもこの手袋も雪ノ下が編んでくれたんだよな。

 きっと昨晩も俺のために遅くまで編み針を握っていたんだな。

 膝の上に載せていた手袋を取り上げ、じっと見つめた。

 あぁ、この手袋も雪乃と同様にいつまでも大切にしないとなぁ。

 再び膝の上に手袋を載せると、そっと雪乃のつややかな髪をひと撫でした。

706: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:25:11.87 ID:VG/s+y2Xo


 あっという間に降車駅に着いた。

 たった一駅だけの乗車。

 千葉線に乗れば京成千葉まで4駅ある。

 距離はさほど変わらないが、停車時間を考えればもう少し時間を稼げたはずだ。

 雪乃に一時の休息もろくに与えられなかったことを心苦しく感じながらも揺り起こしたのであった。


 ここからタウンライナーに乗り換えた。

 2駅進んだら目的地の千葉駅だ。

 高架橋の上ではなくその下をぶら下がって進んでいくこのモノレール。

 首都高よろしく、くねくねとカーブを曲がっていくので、ちょっとしたスリルを味わうことができる。

 しかも千葉駅に近づくにつれてだんだんと高架が高くなっていって、その眺めたるや壮観だ。

707: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:26:15.31 ID:VG/s+y2Xo


 その千葉駅に着く前に相談して決めておかねばならないことがある。


「なぁ、雪乃。みんなにはどのタイミングで俺たちのことを話そうか?」


「そうね……」

 いざ、みんなに話すとなると尻込みしてしまう。

 「みんな」という曖昧模糊な言葉でオブラートに包むのはやめよう。

 由比ヶ浜結衣、彼女は一体どう思うのだろうか?

708: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:27:25.84 ID:VG/s+y2Xo


 俺、比企谷八幡と雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣の3人きりの奉仕部。

 今まで俺は由比ヶ浜からの好意に気付かぬふりをしてやり過ごしてきた。

 その由比ヶ浜と雪ノ下雪乃は友達どうしだ。

 雪乃にとっては由比ヶ浜は初めてできた友達でかつ唯一無二の友人である。

 俺は由比ヶ浜に隠れて雪乃との愛を育み、正式に付き合い始めた。

 このことは3人の間で保たれていた微妙な均衡を打ち破ってしまうことを意味するだけではなく、雪乃と由比ヶ浜との
間にひびを入れてしまうことも意味する。

709: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/23(月) 14:28:20.76 ID:VG/s+y2Xo


 ここまでわかっていながらも雪乃に問うてしまった自分に嫌悪感を感じた。

 雪乃は微動だにせず足元の先に視線を落としていた。


 ガタン……。

 ホームの手前のポイントに差し掛かかり車両が不安定に揺れた。

 時間切れだ。

 奉仕部の先行きも含め由比ヶ浜に関わることは一切何も考えることができず、結局結論は先送りとなった。

714: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/24(火) 20:32:28.44 ID:OC7borXCo


    ×   ×   ×   ×


 タウンライナーを下車し、待ち合わせ場所へと歩いた。

 20分前にたどり着いた待ち合わせ場所にはほかにもデート前の待ち合わせをしている人であふれていた。

 今日は初デートなのか、それとも告白しようと思っているのか、赤いバラの花束を持って気合の入って
いる大学生も遠くに見えた。

 雑踏の中を見渡してみるが、見知った顔は一つもない。


「雪ノ下、どうやら俺たちが一番乗りのようだな」


「ええ、そうね。比企谷くん」

 俺たちは以前の呼び名で呼び合っていた。

 さっき解を出すことができなかった以上、クリスマスパーティーが終わるまで2人の関係を公表せず、
それまでは普段通りに振舞うよりほかにないからだ。

715: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/24(火) 20:33:56.13 ID:OC7borXCo


 ブルッ……。

 コートのポケットの中で携帯が震えた。


「小町さんからメールかしら?」

 なんでそれお前が答えるの?

 メール来たの俺なんだけど。

 しかも、小町限定って、もしかして妬いてんの?

 ぼっちなのに女の友達なんていないわ。

 だからって男にもいないんだけどさ。


 それと「誰からメールなの?」ってその画面をうかがおうとする視線がもの凄く怖いんだけど。

716: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/24(火) 20:36:53.62 ID:OC7borXCo


 手袋をはずしてタッチパネルを操作する。

 やっぱり雪乃は覗き込んでくる。


「比企谷くん、私という恋人がありながら、平塚先生とまだメールを続けていたのね……」

 怖えよ、怖え……。

 それに付き合いだしてからまだ1時間くらいしかたってないだろ。

 平塚先生にまだ付き合っていることを報告していないんだし、怒るのやめてもらえない。


「メール受信 平塚静 1件」

 この画面表示だけで嫉妬の炎をメラメラと燃やす雪乃を見て、帰ったらメーラーにパスワード設定
をしようと思った。

717: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/24(火) 20:37:56.85 ID:OC7borXCo


「あら比企谷くん、メール読まなくてもいいのかしら」

 雪乃の声は心なしか震えていた。

 もちろん怒りの方の意味で。


「いやー……、俺たちが急に学校に行って帰りが遅くなっただろ。だから、遅れるとかいうメール
じゃねーの……」

 手袋を外した右手をだらんと垂らして抗ってみる。


「なら、私が代わりに読み上げてみるまでよ」

 ニコッとしながらも目は凍てつくような冷たさの笑顔を向けてくる。

 それになに、読み上げるって、黙読じゃだめなの?


 付き合いだして1時間でいきなり修羅場とかって、一体どうなってんの?

718: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/24(火) 20:39:22.37 ID:OC7borXCo


 恐る恐るメーラーを起動した。


「平塚静 件名『雪ノ下さんとのデートはどうでした か(笑)』」


「あ、あ、あ、あ……」

 急に顔を朱に染めて、思考が停止した雪乃の目は宙をさまよっている。


「どら、声に出して読み上げてみるか?」

 意地悪っぽく言うと、


「そ、それはよして……」

と急にかよわい声で答えた。


 なんで俺と雪乃がデートしてたことがわかるんだよ。

 もしかして、俺のストーカー?

 やっぱり俺って平塚先生にもらわれる運命なの?

 そんなことを思いながら、メールを開いた。

719: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/24(火) 20:40:19.82 ID:OC7borXCo


-------------------------------------------------------------------------

 差出人:平塚静

 題名「雪ノ下さんとのデートはどうでした か(笑)」

 本文「比企谷くん、さっきは急に学校にや って来てびっくりしました。まさ
か 私に逢いに来たのではと一瞬考えてし まいました(笑)そういえば今日は
 クリスマスイブでしたね。せっかく のイブなのにパーティーがあって残 念
でしたね。さっきは部室で愛の告白 でもしていたのですか(笑)2人の 出会
いの場ですからね。雪ノ下さんは ああ見えてもとても繊細な子なので 比企谷
くんが優しくリードしてあ げないといけませんよ。そのあたり は比企谷くん
の方がよくわかってい ますね(笑)それと今日はパーティ ーに誘ってくれて
ありがとう。君の 優しさにはとても感謝しています。 婚活パーティーをキャ
ンセルしてま で行くので今日は気合を入れていき ます。雪ノ下さんは嫉妬深
いところ がありそうなので私に見惚れてしま わないように。雪ノ下さん怖い
です よ(笑)学校を出るのが少し遅くな りましたので、ギリギリに着きそう
 です。皆さんに伝えてくださいね。  」

-------------------------------------------------------------------------

728: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:35:30.18 ID:8abVCrzlo

 なんだよこのメールは。

 大事な要件が最後に付け足しのように書かれていて、とても現国の教師が送ってきたものとは思え
ない。
 しかも、俺の行動が詳らかに書かれている。
 まさか、発信機だとか盗聴器だとか仕掛けられていないよね?

 雪乃はメールを見て最初はカーッとさらに顔を赤らめていたが、読み進めるにしたがって険しい表情
に変わっていった。


「比企谷くん、あなた平塚先生とはいったいどういう関係なのかしら」


「どうもこうもねーよ。お前の知ってるまんまだよ」

 生徒と教科担、部員と顧問それ以外ないだろ。


「教師と生徒の禁断の仲なんてことはないのでしょうね」

 ギロッと睨みつける目が凄まじい殺気を放っている。

 俺このまま殺されてしまうの?

721: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/24(火) 20:48:52.59 ID:OC7borXCo


「このメールをどう読んだらそうなるんだよ。もう一度よく読めよ!」


 そして、再び顔を赤らめやがて目つきが悪くなった。


「……いいわ。今回は不問にするわ……」

 あくまで自分の非は認めないんですね。


「そのかわり、平塚先生に見惚れるようなことがあれば、あなたの命はないわよ」
 
 ゴクリ……。

 シャレにならないぞ。

 気合を入れた平塚先生って普段から想像できないくらいきれいだしな。

 さしもの雪ノ下雪乃でもそれはかなわない。

 まぁ、こっちは美人というよりもまだ美少女だからな、年相応にきれいになっていくだろう。


 携帯を再びコートの中にしまうと、自然と2人の距離は開き、再び沈黙の時間が始まった。

 自然と由比ヶ浜の件が頭に浮かんできて、少し重苦しく感じられた。

729: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:36:53.87 ID:8abVCrzlo


    ×   ×   ×   ×


「おにーちゃーん!」

 妹の小町は駆け寄って来るなり、俺の腕にダイブして絡みついた。


「小町、塾からまっすぐ来たのか?」

 総武高を目指している小町もまた塾の冬期講習に通っている。

 受験生の小町は、大みそかと元日以外は朝から晩までびっしり授業が入っており、ここ最近
やつれ気味だ。

 きっと今日くらいは羽目を外したいことだろう。

730: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:37:45.80 ID:8abVCrzlo


「うん。今日クリスマスイブだから、お兄ちゃんに一刻も早く逢いたいなと思って急いできちゃった☆ 
今の小町的にポイント高い」


「ここぞとばかりに目ざとくポイント、ポイント言うあたりが八幡的にポイントが低い。そんな甘言に騙
されてお前にプレゼントをくれてやるほど俺は甘くはないぞ」

 昨日、雪乃へのプレゼントに手袋を買ったときに小町へのプレゼントも一緒に買った。

 それは家に帰ってから渡すつもりだ。

 当然、小町もそんなことはわかっているはずだが、まだ黙っておくことにした。

731: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:38:41.22 ID:8abVCrzlo


 ところで、こいつは俺にプレゼントを用意してくれているのだろうかと急に不安になった。

 今日のパーティーでは500円以内のプレゼント交換があるからそっちについては何かしら用意は
してあるのだろう。

 しかし、それとは別に俺のをちゃんと用意してくれているのだろうか。


「えー。お兄ちゃんのケチ。そんなこと言ってるから、いつまでもたっても彼女ができないんだよ」

 わざとっぽく、グスンとか言って泣いたふりをしやがる。

732: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:40:24.95 ID:8abVCrzlo


「うぜー」


 小町は俺の言葉を無視してキョロキョロ視線を動かすと、近くに雪乃がいたことに気付いた。


「……! おや、雪乃さん……。こんばんは」


「こんばんは、小町さん」

 雪乃はいつもの調子で口数少なく挨拶を返す。

 小町は途端に俺と雪乃の顔を落ち着きなく何度も交互に見比べ始めた。
 

「……お、お兄ちゃんもしかして……雪乃さんとデートし……」


「あら、比企谷くん、あなたのお友達がやって来たわよ」

 はしゃぐ小町の声を遮るようにこう言った雪乃は顎でその友達とやらの方向を示す。


「俺には友達なんていねー」

 もしかして、戸塚? 戸塚だよね?

 戸塚は友達かというと微妙だな……。

 いつもならこんなことを考えているが今日は違った。


 まさに渡りに船とはこのことだ。

 不本意ながら俺はこいつを待っていたのだ。

 その正体を確認するかのように振り返った。

733: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:43:03.84 ID:8abVCrzlo


「八幡、待たせたな。我も今宵、聖夜の宴に馳せ参じた。剣豪将軍材木座義輝只今参上」

 ああ、待ったぞ。

 相変わらず鬱陶しい登場だが。

 お前のことなんて待ちたくもないが、今回は本当に待ったぞ。

 残念なことに雪乃とのことをカモフラージュするためにはお前のそのウザさが必要なんだよ、材木座。


「なんでお前が来んの? 誰だよこいつ呼んだのは?」

 とりあえず、悪態をついておく。

 俺がなにか一言いえば、こいつが勝手に騒いでくれる。

 とりあえず、これでパーティー終了後まで俺と雪乃の関係を明かさずに済みそうだ。


「愚問だな。八幡在るところに我在り」

 それにしても本当に鬱陶しいやつだ。

 それから俺のこと好き過ぎだろ。

 なおもくねくね動きながら、気味の悪いことを言い続けている。

 通りすがりの人がチラチラこっちを見て、きまって嫌悪の目を向けていく。

 もはや不審者として通報されてもおかしくないレベルだ。


 もっとも、きょどったときの俺も職務質問受けそうだけど。

734: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:45:26.84 ID:8abVCrzlo


「あっ……、中二さんだ」

 小町の注意はすっかり雪乃からそれた。


「むむ……、ちゅ……中二……」

 今更ながらその呼び名にショックを受けているようだ。

 もうさんざん言われているのにな。

 まあ、中三の小町から言われてんだから仕方ないか。


 出だしは上々、何とか小町の追及から逃れることができた。

 雪乃の方をちらっと見ると、この場をやり過ごしたことに安堵したのかフーッと一つため息を
ついていた。


 しばらく俺たちは取り留めもない話を続けた。

 俺が過去のトラウマを語ると材木座が腕を組みながらウンウン頷き、小町に軽くあしらわれ、
雪乃には呆れられたり、罵倒されたりといったいつものやり取りだ。

 雪乃の切れ味が冴えすぎる罵倒に押され気味になったところで、あと2人やって来た。

735: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:47:55.07 ID:8abVCrzlo


「やっはろー」


「おーい、はちまーん! みんなー!」

 由比ヶ浜と戸塚だった。

 どうやら同じ電車に乗り合わせたようだ。

 戸塚なんか俺の方に駆け寄って来ちゃっている。

 まるで、デートの待ち合わせに遅れて「ごめーん」なんて慌てて走ってくる彼女みたいだ。

 うーん、かわいい、実にかわいい。

 今にもなんか胸に飛び込んできそうな感じがして、思わず手を広げ抱き寄せるポーズをとって
しまった。


 しかし、戸塚は俺の手前で止まってしまった。

 残念無念……。


「は、八幡何してるの?」

 戸塚はきょとんとして小首をかしげる。


「……い、いや、な、何でも……」

 自分のやった行為を思わず恥じてしまう。

 しかも、その小首をかしげる仕草がめちゃくちゃかわいい。

 その両方で赤面してしまい、目をそらしてしまった。

736: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:51:18.33 ID:8abVCrzlo


 すると、額に手を当てている雪乃が目に入った。

「比企谷くん、いくら女性に縁がないからといってそれは……」

 おいおい、お前は俺の恋人じゃないの?

 それともなに、早くもう俺に幻滅しちゃったの?

 ところで、今の俺の抱き寄せるポーズを見たよね?

 今度会ったときこれやるから胸に飛び込んできてくれない?


 雪乃の隣に立っていた小町も

「お兄ちゃん、それはないわ……。今の小町的にかなりポイント低いな」

と続けた。

 八幡的にかなりポイント高かったはずなんだけど、ダメでしたかね?

 女性陣から呆れられてしまったが、材木座だけは違った。


「うむうむ。さすが我が友八幡よ。我もその気持ちいたくよくわかる」

 と力強くウンウン頷く。

 まさか材木座、俺の戸塚を狙っていないだろうな?

 戸塚は俺の嫁だ。


「むうー。ヒッキー、さいちゃんばっかりかまってないで、少しは私の相手もしてくれないの」

 由比ヶ浜がフグみたいに顔をぷくっと膨らませて、ぷんぷん怒っている。

 そりゃ、戸塚を相手にしたいに決まっているだろ。

 なおも戸塚の相手をしていると、

「ヒッキー、私の話聞いてんの!」

とプンスカし始めた。

737: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/25(水) 21:52:24.72 ID:8abVCrzlo


 何とかここまではやり過ごすことができた。

 このあと平塚先生と合流したら店に行ってパーティータイムになるが、何とかそれが終わるまでは
俺と雪乃の関係は悟られないようにしないとな。


 ふと遠くに視線を向けた。

 通路の壁際に立っていた赤いバラの大学生は、しきりに時計を見たり携帯をいじっていたりした。

 やがて、一度深い溜息を吐いたかと思うとがっくりと肩を落とした。

 そして、右手からするっと真っ赤な花束が滑り落ちた。

 その後ろ姿は力なく肩を落としたまま人波に逆らうようにして改札口へと続く通路の雑踏の中に
消えていった。


 未だに由比ヶ浜のことについて解は出せないままだった。

743: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 19:37:55.12 ID:QOusV812o


    ×   ×   ×   ×


 集合時刻5分前になった。

 平塚先生が前方からつかつかと闊歩する姿が見えた。

 こうして見るとやっぱり美人だ。

 遠目からもその美しさがわかる。


 なんでこの人、結婚できないんだ?

 俺の歳が歳なら普通に貰いたくなっているはずだ。

 自然とその姿に見惚れてしまった。


「やぁ、諸君待たせたな。さて、行こうか……。んっ……どうした?」

 みんなため息を漏らして平塚先生を見つめていた。

 髪をアップにし、化粧はうっすらとだがきれいに施されている。

 ちょっとタイトなスカートからはすらっと健康的な脚が伸びている。

 なかなかの脚線美だ。

 その先にあるピンヒールもいい感じだ。

 そして襟元にファーのついた白のコートが平塚先生の存在感を際立たせている。

744: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 19:39:24.40 ID:QOusV812o


「うわー。平塚先生すごくきれい」


「ふえっ……。きれいだけどなんか怖いよ~」


 由比ヶ浜は純粋にその美しさを称賛している。

 小町は以前花嫁対決のときに平塚先生に射すくめられたトラウマがよみがえっていた。


「……これは見過ごすわけにはいかないわね」

 雪乃はそう言うとなぜか俺にキッとした視線を送ってくる。

 俺、鼻の下伸ばしてなんていなかったよね、ゴクリ……。
 
 
「平塚先生ってやっぱり美人さんだね」


「平塚教諭の本気を見たぞ……ゴクッ」

 うっとりとしている戸塚も十分かわいいぞ!

 材木座はなんか急に汗をかき始めている。

 きっと美しい外見の中に隠された出会いを求める強い執念とやらを感じ取り、戦慄しているの
だろう。

745: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 19:40:16.05 ID:QOusV812o


「どうだ、比企谷、似合っているか?」

 いたずらっぽく笑った先生は年齢を感じさせないかわいらしさだ。

 思わず返答ができなくなってしまった。


「照れてる比企谷もかわいいな」

 そう言いながらヘッドロックを決めてくる。


 ちょっと……、待った、待った。

 あ、当たってるってば。

 厚手のコートを身にまとっているとはいえ、柔らかな感触が伝わってくる。

 俺には雪乃がいるんだ、やめてくれ。

746: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 19:41:38.00 ID:QOusV812o


 なんでいきなりヘッドロックなんだよ、わけがわからんぞ。


 平塚先生は俺に技を決めながら引きずり、皆との距離を開ける。


「私に任せろ」

とボソッと小声でこう告げた。


「……はい」

 俺も小声で返した。


 やはり平塚先生は俺と雪乃の仲をお見通しだった。

 それだけではなく、由比ヶ浜とのことも気にしているようだった。

 このあと、俺たちが付き合っていることを明かそうとしているところまで考えが至っているのか
わからないが、平塚先生なりにの何か考えがあってのことのようだった。

 俺はその優しさがありがたかった。

 だからってこの仕打ちはないと思うけど。

747: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 19:42:43.31 ID:QOusV812o


「ヒッキー嫌がってますよ!」


「平塚先生、こんな男にかまっている場合ではありません。早く行きましょう」


「どうした由比ヶ浜、雪ノ下。妬いてるのか?」

 前言撤回だ。

 さっきは任せろとか言っておいて、その挑発的な言い方はヤバいんじゃない?


「べ、別にそんなことは……」

とさっきまでの威勢がそぎ落とされて答える由比ヶ浜。


「いくらクリスマスイブだからといって比企谷くんにまで手を出すだなんて節操がなさすぎるのではあり
ませんか」

 しっかりと頭がホールドされているのでその表情は見ることができないが、背中には雪ノ下が放った
冷気は十分に伝わってきた。


 うわー、やめてくれよ。


 事態がますます悪化しているとしか思えないぞ。

748: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 19:47:01.77 ID:QOusV812o


「さて……」

 お気に入りのおもちゃに急に飽きてしまい放り出した子どものように平塚先生は、急にパッと手を離した。

 すると、まるで何かひと仕事終えたように手をパンパンと軽くはたいた。


そして、大事なことを急に思い出したかのように


「全員揃ったことだしそろそろ店に行くか」

とそう言うなり一人歩き始めた。



 そうか……。

 ……そういうことだったのか。


 ひとり納得した俺のほかは皆あっけにとられていた。

 そして、ハッと我に返ると、置いていかれまいとスタスタ先を行く平塚先生の背中を夢中で追い始めた。


 そんな全員の姿を確認してから、俺は歩き始めた。

749: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 19:49:16.35 ID:QOusV812o


「由比ヶ浜、店予約したのお前じゃないのか?」

 今日のパーティーを企画した由比ヶ浜に尋ねた。


「こないだのもんじゃ焼きの店に予約の電話したんだけど満席だったんだ。私たちみたいな高校生が
居酒屋に行くわけに行かないし……」

 そりゃそうだな。

 平塚先生もいることだし、教師が生徒同伴で居酒屋に入った日には大変なことになる。

 世が世だけに大バッシングだ。

 俺たちは停学、平塚先生は最低でも停職くらいにはなるだろう。

 しかも平塚先生は生徒指導担当だ。

 そんなことになれば、生徒に示しがつかないから停職どころではなく自ら退職を選ばざる得ないことに
だってなりかねないだろう。


「ヒッキーとかゆきのんとかそういう店に詳しくなさそうだし、平塚先生に相談したんだ。そしたら、
予約を入れてくれたんだ」


「そっか、悪かったな……。サンキュー」

 今回の件で俺は何もしていない。

 由比ヶ浜が強引に誘ったとはいえ、見えないところでこうして気を回してくれていた。

 労いの言葉くらいかけなければならない。


 こういう由比ヶ浜の気遣いを知ると、ますます気が引けてしまう。

752: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/26(木) 20:24:55.72 ID:QOusV812o

 ふと、秋口から何度となく俺の心の中で反芻していた言葉が再びプレイバックし始めた。



 「一度壊れてしまったものは元には戻らない……」




 ならば、俺はどうする?



 - 明確な解はある。

   解ならもうとっくに出ていた。

   気づかないふりをしていた。

   俺の悪い癖だ。



 しかし、まだその解に自信が持てない。

 ほかに解などない。

 そんなことはわかっている……。

 でも……。


 俺はその解とまっすぐと向き合うことのできない自分に嫌悪感を感じた。

 そして、材木座を隠れ蓑にして逃げている自分にも……。



 こんな自分が俺は嫌いだ……。


 クリスマスイブの浮かれた雰囲気に水を差すようにビルの谷間から時折吹いてくる寒風に当たる
度に自分の心が冷え込んでいくのを自覚せざるを得なかった。

757: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/27(金) 20:53:52.74 ID:UCD/6AAfo


    ×   ×   ×   ×


 急に平塚先生の足が止まった。


「ほら、着いたぞ。ここだ」

「おふくろの味」とか書かれたお好み焼き屋だった。

 そういえば以前、だまし討ちで文化祭の打ち上げだと称してもんじゃ焼きの店に連れていかれこと
がある。

 あの時もそうだが、俺ら高校生がパーティーだとか称して入ることのできる店はたかが知れている。

 それに合わせてくれた平塚先生には感謝だ。

758: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/27(金) 20:55:05.96 ID:UCD/6AAfo


「いらっしゃいませー」

 店員から威勢の良い声をかけられた。

 先陣を切って平塚先生が入っていく。


「予約していた平塚です」

店員は平塚先生に見惚れて、


「……平塚様。……7名様でご予約ですね」

とちょっと照れている。


 しかし、それもつかの間、連れの俺たちの顔を見渡して明らかに困惑した。

 クリスマスデートをしているような気合の入った格好をしている美人1人と中高生が6人の集団だ。

 この妙な取り合わせに驚かない者はいないだろう。

 狐につままれたような顔をして俺たちを小上がりに案内した。

759: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/27(金) 20:57:52.74 ID:UCD/6AAfo


「ヒッキー、一緒に座ろ!」

 由比ヶ浜が引っ付いて来ようとする。


「ちょっと待ったです!」

 小町が一声上げた。


「せっかくのドキドキクリスマスパーティーです。小町はドキドキ席順くじを作りました……」


「それはいいなぁ。私もドキドキが欲しい」

 平塚先生がこう言うと切羽詰まったものを感じてしまう。

 みんな一瞬にして静まり返ってしまった。


「これから、ドキドキ席順くじの始まりー。ドンドンパフパフ」

 なんだこいつのテンションは。
 ドキドキ、ドキドキうるさい。
 縄文土器でも作ってろよ。

 まさか、彼氏が出来たとか言うんじゃないよな。

 お兄ちゃん許しませんよ。

760: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/27(金) 20:58:36.19 ID:UCD/6AAfo

 ドキドキすることなんて皆無なメンバーでくじ引きをした。

 壁から通路に向かって、俺、材木座、小町、由比ヶ浜の順に並んだ。

 反対側は、戸塚、平塚先生、雪乃になった。

 由比ヶ浜とは直積的に会話することのない場所に座ったことに安堵を感じてしまう自分がいた。


 やっぱり俺はそんな自分が嫌いだ。

761: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/27(金) 20:59:38.61 ID:UCD/6AAfo


    ×   ×   ×   ×


「かんぱーい!」

 かくして宴は始まった。

 平塚先生は、乾杯の音頭に合わせて一気にジョッキを飲み干す。


「杯を乾かすと書いて乾杯と読む」

 プハーッてやりながら未成年相手にドヤ顔で言ったよこの人。

 一体何なのこのノリ。

 序盤からハイペースで酒をあおる平塚先生が場を支配していた。

 怒気のこもった口調で職場の不平不満をぶちまける。

 そんなこと俺らを前にしてしゃべっていいのかよ。

 同僚への恨みつらみだけではなく、問題児がいて頭が痛いだの言い出す始末。

 ところで、なんでさっきから俺の方をずっと見てしゃべってんの?

 そんな平塚先生を見て、やっぱり俺は働きたくないと改めて考えた所存だ。

762: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/27(金) 21:00:47.56 ID:UCD/6AAfo


 日本酒にチェンジしたあたりから、平塚先生のボルテージはさらに高まった。

 平塚先生の隣に座っている戸塚は、時折怯えるような目をする。

 あー、守ってやりたい。

 でも、平塚先生には絡まれたくない……。

 ごめん、戸塚。

 助けてやれない代わりにそのかわいらしい怯え顔を堪能させてもらうよ。

 反対隣りの雪乃はあからさまに迷惑顔で、酒臭いだの酒癖が悪いだのチクチク言うが、全
く効果はない。

 しだいにあきらめ、しきりにため息をついていた。


 場の空気がすっかり重苦しいものとなってきたその時、小町が突然立ち上がってペチンと
手を打った。


「みなさん、ここはゲームをして楽しみましょう!」

 平塚先生を除く面々は最年少の小町に一縷の希望を見出し、藁にもすがるような眼差しで
事の成り行きをただただ見守るばかりであった。

763: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/27(金) 21:01:24.52 ID:UCD/6AAfo
短いけどここまでです。
では。

766: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 06:53:32.24 ID:6WESvmZNo


    ×   ×   ×   ×


「ぬれ煎餅」
「チーバくん」
「京葉線」
「味噌ピー」

 俺たちは今「千葉県横断ビンゴ」に興じている。

 ビンゴしたものから順にプレゼントを選べるというものだ。

 さすがは小町、俺の千葉県民としての千葉愛をくすぐってくれる実に素晴らしい企画だ。


「それにしてもなかなかビンゴできないわね」

 勝負事となると人一倍熱くなる雪乃は苛立ちを隠せない。

 俺も千葉知識統一王者としては負けてはいられない。

767: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 06:54:36.62 ID:6WESvmZNo


「長命泉!」

「平塚先生、さっきから日本酒の名前ばっかりじゃないですか」

 思わず呆れてこういうと、平塚先生は反論した。


「何を言う比企谷、千葉の地酒はうまいんだぞ!」

 未成年の俺が知るかよ。

 いや、千葉の地酒がうまいとなれば県民として嬉しいことこの上ないが、それにしても
ひどすぎる。

 ひとつ前のターンが「五人娘」、その前のターンが「天乃原」だ。

 みんな何のことかわからずポカーンとしている。

768: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 06:57:23.49 ID:6WESvmZNo


「こんなの平塚先生以外に誰も書かないですよ」

 今日は、せっかく気合を入れて美貌を引き出してきたはずなのに、それをいとも台無しにしてしまう。

 もうなんというか残念。

 ただの飲兵衛に成り下がってしまっている。

 なぜ平塚先生が婚活パーティーでいつも失敗しているのかその一端を垣間見た気がする。

 来週から「平塚静の酒場放浪記」なんて始まっちゃって、


「あともう1、2軒……」

とか言ってしまうの?


 ため息をつくと、平塚先生はニヤリとしながら次のように返してきた。


「比企谷、君にお勧めの焼酎があるのだが、成人したらプレゼントしてやろうか……」


「いいえ、結構です」

 何を言うのかはもう想像がついている。

769: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 07:00:35.13 ID:6WESvmZNo


「落花生焼酎『ぼっち』なんてどうだ?」

 そのドヤ顔でいうのやめてくれない。


「まさに比企谷くんのためにあるお酒ね」

 雪乃がいきいきとした笑顔ですかさず反応した。


「うるせー、お前もぼっちだろ」


「ええ……、そうね……」

 珍しく雪乃を撃退できた。

 雪乃は悔しそうに唇をかんでいた。

 苦し紛れに何か言おうとするが、平塚先生に機先を制される。


「雪ノ下にもプレゼントしてやろうか……」

 ニヤニヤといやらしい笑みを浮かべて、挑発している。

 おいおい、このアラサー悪酔いしすぎだぞ。


「いいえ、結構です」

 ピシャリと応戦する雪乃。

 だから怖いって。

 なんなのこの空気。


「ゴホン……」

 小町が咳払いすると、両者ともスッと身を引き緊張状態は一応の終息を見た。


770: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 07:03:29.28 ID:6WESvmZNo


「次はお兄ちゃんの番だよ」

 おっといけない。

 俺の千葉愛を千葉知識を披露してやるのだ。


「臼井城」


「なにそれ? ヒッキーもわけわかんないし」

 何を言う由比ヶ浜よ。

 この臼井城は、かの軍神の……


「ビンゴ!」

 なに!?

 材木座め一抜けしやがった。


「我が臼井城をマークしていないとでも……」

 ぐっ……。

 悔しがっている俺を尻目に材木座は勝ち誇ったようにそう言った。


「八幡、臼井城ってなに?」

 戸塚が澄んだ瞳で見つめてくる。

 きっと戸塚なら俺の説明を聞いて


「八幡って物知りなんだね。すごいね」

なんてかわいらしく言ってラブリーな笑みを見せてくれるはずだ。

 これから始まる戸塚とのときめきタイムへの期待に心躍らせた。

771: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 07:06:01.75 ID:6WESvmZNo


「はぽん…。我が答えよう……」

 おいコラ材木座、俺の邪魔をする気か。


「その昔この地に千葉氏が栄えし頃、上杉謙信が大軍を率いて臼井城に攻め上ってきた。
これを千葉氏と北条氏の連合軍が打ち破ったのである。謙信といえども我、剣豪将軍の足
元にも及ばないのだ。デュフフ……」

 戸塚とのときめきタイムを奪われたうえにその不気味な笑みを見ないとはいけないって、
どんな罰ゲームだよ。


「その剣豪将軍とやらも三好三人衆と松永久秀に攻め殺されたけどな」

 不快指数がMAXまで上昇した俺は、材木座に噛みついた。


「ぐぬぬ……、おのれ八幡め。我を愚弄する気か」


「お前の方こそ、源氏の血を引く室町幕府第13代将軍を愚弄しているだろ」


「ヒッキーも中二も何言ってんのかわけわかんないし」

 由比ヶ浜にあきれ顔で言われてしまった。


 ところで戸塚は?

 隣に座っている平塚先生と談笑している。

 材木座め、俺のときめきタイムを返せ!


772: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 07:07:49.48 ID:6WESvmZNo


「はい、そこ! 余計な言い争いをしない!」

 俺はとうとう小町にまで指示語で呼ばれてしまった。

 名前ではなく「あれ」とか「そこの」とか言われるのってマジで悲しいんだぞ。

 それに、材木座とセットで「そこ」扱いするのやめてくんない?

 海老名さんに聞かれて「材八」扱いされたら困るんだけど。



 かくして幾多の不毛なやり取りを経て、すっかり「千葉県横断ウルトラクイズ」か、はた
また「千葉知識自慢発表会」の様相を呈したビンゴ大会は幕を閉じた。

778: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:35:44.56 ID:6WESvmZNo


    ×   ×   ×   ×


 小町企画の「千葉県横断ビンゴ」で盛り上がって、すっかりいい時間になってしまった。

 そろそろプレゼント交換をしてお開きといったところだろう。


「ではでは、結果発表とプレゼント交換です」

 箸をマイク代わりにした小町が再び場を仕切り始めた。


「第1位、中二さん。さぁ、プレゼントを選んでください」

 
「うむ。我はこれにする」

 犬柄のついたピンクの袋を取り上げた。

 うわー、材木座に似合ってねー。

 材木座は袋を開けて中身を改めた。


「ふむふむ。これはストラップであるな」

 犬のぬいぐるみのついたストラップだった。

 どうやら由比ヶ浜の用意したもののようだ。

779: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:36:42.84 ID:6WESvmZNo


「むむむ、まだ中に何かあるぞ……」

 中から手作りクッキーと思しきものが出てきた。


「これはこれは、大層な……」

 今回のはジョイフル本田に売ってる木炭というよりも消し炭といった方が的確だろう。

 あまりにものまがまがしさに由比ヶ浜以外のメンバーは硬直している。


「我は今、猛烈に感動した。あこがれの手作りお菓子とやらを賞味して、何某が作ったものか
当ててみるのだ!」

780: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:37:48.52 ID:6WESvmZNo


「やめろ、材木座。死ぬぞ……」

 こいつは和風ハンバーグという名の毒物を食ったことから何も学んでいない。


「げぶふっ……」

 断末魔の叫びを残して材木座は昇天した。

 壮絶な最期だった。


 だが冥福は祈らない。

 自業自得だ。

781: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:39:22.72 ID:6WESvmZNo


「由比ヶ浜、殺人スキルをさらに高めたな」
「由比ヶ浜さん、これは毒見といっていいのかしら」
「由比ヶ浜さんの料理って僕食べたことないんだけど、凄いんだね……」
「ゆ、結衣さんってチャレンジャーですね……」
「由比ヶ浜を貰った男は苦労するな」

 俺、雪乃、戸塚、小町、平塚先生と表現が違えども皆同じ感想を持った。


「な、な、なんで、わ、私って決めつけるの」

 由比ヶ浜が知らぬ存ぜぬを通そうとする。


「いや、料理で人殺せるってお前ぐらいしかいないだろ」


「ヒッキーひどい、まじキモい」

 なんだよその理屈。

 お前の料理の酷さと俺のキモさは関係ないだろ。

782: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:42:03.00 ID:6WESvmZNo


「さぁ、これくらいにして。第2位は、戸塚さんです」


「僕は、これにするね」

 うわー、戸塚引いちまったな……。


「四字熟語に、ことわざ辞典、……。なんか凄いねー」

 戸塚は嫌がるどころか感心している。

 いや、むしろ感動さえしている。


「戸塚ってやっぱりいいなぁ。雪ノ下のこんなプレゼントに感動しちゃうんだから」

783: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:44:03.02 ID:6WESvmZNo


「なぜ、私のってわかるのかしら?」

 雪乃がギロリと睨んできた。

「……雪ノ下、こんな堅苦しいものを送るのは君くらいしかいないだろう」

 平塚先生が呆れたように言った。


「まぁ、ゆきのんらしいってことだよね……。アハハ」

 さすがに由比ヶ浜も参っている。


「だけど、このマナー辞典って、由比ヶ浜とか小町とかもらった方がいいんじゃないの。
病気の見舞いに鉢植え持っていったり、休んだ奴の机に花瓶とか置きそうだから」


「ヒッキー、マジムカつく!」


「そうだよお兄ちゃん。一緒にされるのは小町的にポイント低いんだけど」


「えっ……」

 小町の言葉に皆絶句してしまった。

784: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:45:02.77 ID:6WESvmZNo


「テヘヘ。さぁさぁ、第3位は小町です」

 ごまかすようにプレゼントを物色し、リボンのついた小箱を開けた。


「これは、僕のだよ」

 中から出てきたのは、ウサギの貯金箱。

 うーん、実に戸塚らしくてかわいらしい。

 戸塚が嫁に来てくれるのなら、俺いくらでも貯金しちゃいそう。

785: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:46:48.06 ID:6WESvmZNo


「小町、それ俺にくれ」


「お兄ちゃん、いつも財布がすっからかんだから貯金なんて無理でしょ」

 さすが、我が妹。

 痛いところをついてきやがる。


「誰かさんは専業主婦になりたいって言ってたけど、出納管理ができないようじゃ専業主夫に
すらなれそうもないわね。さすがは、ヒモがやくんね」


「うっせー、最近いろいろと物入りで金がないんだよ」

 雪乃は、あまりにも身に覚えがありすぎるのでハッとして頬を染めて黙ってしまった。

 おいおい、発表前にバレてしまうだろ。

786: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:48:40.95 ID:6WESvmZNo


「では、第4位。結衣さんです」

 チェック模様の紙袋を選んで開いた。

 中からは、単語カードとマークペン、マッ缶が出てきた。


「これ、ヒッキーの?」

 由比ヶ浜が訊いてきた。

 残念、俺ではない。


「いえいえ、小町のでーす。みなさん、来年は受験生ですね。合格必勝グッズです」


「お前は今年受験生だろ。人の心配よりもまずは自分の心配しろ。お前の頭では総武高は
無理だ」


「ほう、比企谷。兄妹そろって総武高となると、君はますます居心地が悪くなるな」

 ニヤリと笑ってこっちみんのやめてくれない。

 中学の時に「1年の比企谷さんの兄」とかクラスメートから呼ばれたりしたことを思い出した
じゃないかよ。

 マジ勘弁して。

787: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:50:18.62 ID:6WESvmZNo


「次行きますよ。第5位、雪乃さん」

 雪乃は、中から一つだけ物を取り出すと、


「比企谷くん、メリークリスマス」

ものすごくかわいらしく微笑んで袋ごと押し付けてきた。


 中から取り出すとミミズが這ったような字でと書かれたサイン色紙が出てきた。

 材木座のだ。


「いらねーよ。これお前がもらったプレゼントだろ」


「その色紙をもう一度よく見ることね」

 つらっと言いやがった。

 ムッとしながら改めると「八幡さん江」と書かれていた。

 誰かに5枚同じのを送り付けてやらないと呪われてしまいそうだ。


 小上がりの片隅に一枚残っていた座布団の下に放り込んでやった。

788: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:51:44.34 ID:6WESvmZNo


「ところで、雪ノ下さんは何を貰ったの?」

 戸塚が目をキラキラ輝かせながら質問する。

 戸塚、いちいち仕草がかわいすぎるよ。

 俺へのプレゼントになってくんない。


「原稿用紙よ。何か書いてみようかしら」

 顎に手をやりながら考え込んでいた。


「よしとけ。お前は、不幸の手紙とか書いてしまいそうだからな」


「ええ。あなたに送り付けてあげるまでよ」

 満面の笑顔を向けるが、目からは凍てつくような寒さが伝わってきた。

 怖いよ、とにかく怖い。マジ怖い。

789: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:53:14.66 ID:6WESvmZNo


「さぁ、ブービー賞と最下位をまとめて発表しちゃいますね。ブービー賞、お兄ちゃん。
最下位は平塚先生です」


「じゃあ、俺はこれを……」

 伸ばした手をピシャッとはたかれる。


「痛ぇよ……」


「おい、比企谷。これじゃあプレゼント交換にならないだろ」


 スーパーの紙袋を開けると……。

 サバの味噌煮にホテイの焼き鳥缶、あたりめ、柿ピーが入っていた。

 ただの酒の肴だろ。

 何を考えているんだるんだ、この人は。

790: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/28(土) 23:54:53.73 ID:6WESvmZNo


「おっ、比企谷。酒飲みのことがよくわかっているな。スナック菓子にジュースとは。
帰ったらこのジュースで割って菓子つまみながら晩酌だな」

 おいおい、まだ飲む気なの?

 これってあれ? 陽気になるために飲むんじゃなくて、仕事とか人間関係のことを忘れる
ぐらいじゃダメで記憶そのものをなくすために飲むとかいうやつ?

 怖ぇよ、それに労働ってこんなにも苦行なの。

 やっぱり俺、専業主夫がいいわ。


「さぁ、宴もたけなわですが、そろそろお開きと参りましょう」


 いつの間にか、小町のペースで事が運んでいた。

797: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/30(月) 20:16:48.53 ID:NTKquP+co


    ×   ×   ×   ×


「かんぱーい!」

 平塚先生の締めの乾杯でクリスマスパーティーというよりも忘年会と言った方が良いどん
ちゃん騒ぎに幕が下りた。

 今ちょうど支払いを終えた幹事の由比ヶ浜が出てきて、店の前で全員集合したところだ。

 俺たちはまだ高校生だ。

 家に帰ってこれから家族とパーティーってこともあるだろう。

 だから、ここで自然と解散するという雰囲気が出来上がっていた。


 ならば、今しかない。

 このタイミングを逃したら言い出せないまま徒に時間が過ぎていく。

 由比ヶ浜とはけじめをつけなければならない。

 雪乃の方を見ると、俺の考えていることに気付いたようでスッと横に並んできた。


 俺は、大きく深呼吸すると口を開いた。

798: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/30(月) 20:17:55.17 ID:NTKquP+co


「……話があるんだ。聞いてほしい」

 皆の視線がこちらに集まる。

 もう一度深呼吸してから言葉を続けた。


「……俺たち、比企谷八幡と雪ノ下雪乃は今日から付き合い始めました」

 雪乃がギュッと手を握ってきた。


「お、お兄ちゃんが……。おめでとー!」

「おめでとう! 八幡、雪ノ下さん、お似合いだよ」

「比企谷、雪ノ下、いつかはこうなるとは思っていたが……。おめでとう」

「な、な、な……。は、八幡め、我をたばかったな……」


 小町、戸塚、平塚先生から祝福された。

 あと材木座、たばかるも何もお前とは関係ないんだけど。

799: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/30(月) 20:18:47.82 ID:NTKquP+co


「ひ、ヒッキーが……ゆきのんと……。嘘でしょ……」

 由比ヶ浜はうなだれて、静かにこうつぶやいた。

 そして、アスファルトに点々と涙が滴った。

 気が付けば雪乃の手からも力が抜け、繋がっていた手が自然と振りほどけてしまった。


「ゆ、ゆいがは……」

 思わず体が反応してしまった。 

 由比ヶ浜に近づこうとする俺を平塚先生は立ちはだかるように制止した。

 そして、俺を抱き寄せると耳元でささやくように諭された。


「比企谷、さっき『任せろ』と言ったはずだ。君が今、一番に考えないといけないのは
雪ノ下のことだろう。違うか?」

800: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/30(月) 20:20:26.10 ID:NTKquP+co


 ―― そうだ。

     その通りだ。



 振り返ると、雪乃もまたうなだれて涙をこぼしていた。


 雪乃にとって由比ヶ浜は初めてできた友達だ。

 そして、たった一人しかいない友達でもある。

 雪乃は間違いなく恋の勝者である。


 しかし、それと引き換えに失おうとしているものの代償は雪乃にとってあまりにも大きすぎた。

801: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/30(月) 20:22:31.98 ID:NTKquP+co


 ―― 一度壊れてしまったものは元には戻らない。



 こうなることはわかっていた。

 わかっていたからこそ、自分に向けられる好意に気付かないふりをしてきたし、無視をしてきた。

 誰かを傷つけたくなかったから、自分だけが傷つくことをいとわなかった。


 でも、自分だけが傷つくことさえも否定された。

 いや、誰かのせいにするのはやめよう。

 大切な人が傷つく自分を見て悲しむことを知り、いつしかこの俺でさえ自分自身が傷つくことを
否定するようになった。


 だけど、自分の代わりにだれかが傷つくことを肯定したわけではない。

 決してそんなことはない……。


 しかし、俺にはどうしようもできなかった。

 気が付けば雪乃への想いをどんどん募らせ、抑えがきかなくなった自分がいた。

 自分の気持ちにもうこれ以上の嘘はつけなくなっていた。


 誰かが傷つく結果になろうとも、一歩踏み出さずにはいられなかった。

802: ◆GULJi96aoSzS 2013/09/30(月) 20:24:08.33 ID:NTKquP+co


 これまでの3人の関係はもう壊れてしまった。

 そして、そこから新たな時が刻み始めた。



 ならば、俺が今やるべきことは一つ。

 雪乃に寄り添って、雪乃とともに歩んでいくことだ。



 でも、それだけではない。

 まだなすべきことがあるのはわかっている。

 雪乃もきっとそのことはわかっているはずだ。



 ―― だけど、今はまだその時ではない……。



 俺は自分の心に何度もそう言い聞かせるように何度もそう諭すように語り掛け、雪乃の手を取った。

 力なくも握り返してきた雪乃の手を握りしめると、皆と新学期の再開を約束してその場を辞した。

815: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 11:41:06.07 ID:Xf/M4Oxro


    ×   ×   ×   ×


「雪乃、京葉線まで歩いて行かないか?」


「ええ……、八幡」

 雪乃は由比ヶ浜の様子を見てショックを受けたようだ。
 俺ですらそうだったから、由比ヶ浜と友達である雪乃はなおさらのことだろう。

 俺はこれ以上言葉を紡ぐことができなかた。
 雪乃になんて声をかけていいのかわからなかった。
 間違っても「すまなかった」と謝ってはならない。
 雪乃の罪悪感をさらに掻き立ててしまうだけだ。
 何もできない自分にもどかしさを感じた。

 街にはイルミネーションが織りなす色とりどりの光で満ち溢れていた。
 しかし、その華やいだ雰囲気の中にいるのが場違いな気がしてしまった。
 雪乃に気の利いた一言もかけることができず、ただ雪乃の手を引いて駅まで歩いていくことしか
できなかった。

816: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 11:42:16.40 ID:Xf/M4Oxro


 千葉みなと駅から京葉線に乗った。
 ふたり並んで座ったが、雪乃はいつものように肩にもたれかかって甘えてくることはなかった。
 膝の上に手を重ね、ただ黙ってその手を見つめていた。
 俺はそっとその手の上に右手を重ねた。
 しかし、特に反応はない。
 やはり雪乃にかけるべき言葉が見つからない俺は、ただこうすることしかできなかった。
 もどかしく感じながらもあっという間に時は過ぎ、降車駅に着いた。


 電車を降りても雪乃は無言だった。
 雪乃の手を握るが握り返してはこない。
 ただ俺に握られるがままだった。
 
 改札を出ると雪乃は一瞬立ち止った。
 俺の家は北口方向、雪乃の家は南口方向だ。
 雪乃が何を考えたのかは知らない。
 
 そんな雪乃の考えを無視するかのように手を取った。
 俺の意図を理解したかのように弱々しく握り返してきた。
 その手から体温が伝わってきた。 
 さっきまでは手を繋いでいても手を重ねていても感じることができなかった感覚だ。
 俺はそれを感じることができる程度に少し落ち着きを取り戻したようだ。
 今は余計なことを考えずに雪乃のことだけ考えよう。
 そう自分に言い聞かせて、雪乃の家へと向かっていったのだった。

817: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 11:45:34.67 ID:Xf/M4Oxro
続きはまた後で。

819: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 17:53:50.84 ID:Xf/M4Oxro
レスどうもです。
夕飯食べに行く前に投下です。

820: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 17:55:15.48 ID:Xf/M4Oxro


    ×   ×   ×   ×


「八幡、どうぞ」


「サンキュー、雪乃」


 雪乃の部屋に上がった俺はシャンパーニュロゼの香りをめいっぱい吸い込んでから一口
すすった。
 紅茶で温まると全身に血液が巡り渡ったような感じがした。
 雪乃は俺の向かいに腰かけるとティーカップを静かに傾け始めた。


「なぁ、雪乃……」


「……何? 八幡……」


「俺と雪乃付き合っているんだよな?」


「ええ、そうね……」


「だったら、もっと俺のそばに来てくれないか、雪乃?」


「……。ええ……」

 一瞬間をおいてそう答えると、もじもじしながら俺の隣に座った。
 しかし、その距離がどうも気になって、俺の方から膝を近づけていった。
 雪乃は俺の方を見ずにまっすぐ正面を見据えていた。
 雪乃との距離が近づいたが、やはり会話はなかった。

821: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 17:56:32.87 ID:Xf/M4Oxro


 しばしの沈黙が続くと、どちらともなくカップを持ち上げ、カチャッとソーサーに戻す
擦過音だけが響いた。


「なぁ、雪乃……」


「……何? 八幡……」


「雪乃ってクリスマスケーキとか作ったりするの?」


「ええ……、一応あるわ」

 そう言って立ち上がると、どこからか箱をとって戻ってきた。


「今、皿をとってくるわ。それから、紅茶のおかわりは要る?」


「ああ、頼むよ、雪乃」

 雪乃の部屋に上がってから、俺は一言何か言うたびに必ず「雪乃」と付け加えている。
 俺が今こうしてできることと言えば、雪乃のそばにいることと何度も名前を読んでやる
ことぐらいだ。
 気の利いたことなんか何一つすることができない。
 ただ「雪乃」と呼ぶたびにそのつど頬を染めてくれている気がした。
 ただ俺が勝手にそう思っているだけかもしれないが。

 トレイにティーカップをふたつ載せると、雪乃のいるカウンターキッチンの方へ向かっ
て行った。

822: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 17:58:01.76 ID:Xf/M4Oxro


「八幡、ゆっくり休んでいていいのに……」

 雪乃はキッチンの収容棚からちょうど包丁を取り出したところだった。


「取り皿と包丁は俺が持っていくから、雪乃は紅茶を注いでくれないか。雪乃の淹れてくれる
紅茶の方がやっぱりうまいからな」


「普段は家でも勉強の合間に淹れているのでしょ?」


「ああ、でも自分で入れてもおいしさ半減だな。やっぱり雪乃が淹れてくれないとあまり
おいしくはないな」


「馬鹿っ……」

 雪乃は顔を真っ赤にしながら、微かにほほ笑んだ。
 ようやく雪乃の笑った顔を見ることができた。

823: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 17:59:21.02 ID:Xf/M4Oxro


「ところでこのケーキは雪乃が作ったのか?」


「ええ。でも、手袋を編むのに時間がかかったから、スポンジだけは買って来たわ」

 きれいにホイップで白化粧が施されたスポンジケーキの上にはフルーツのトッピングやサンタ、
トナカイのシュガークラフト、「Merry Christmas」と筆記体で書かれたチョコレート板が載って
いた。
 ケーキをまじまじと見ていると雪乃はクスクスと笑いながらさらに続けた。


「サンタの顔を見てごらんなさい。誰かさんにそっくりよ」

 何このサンタ。
 目が腐ってるぞ。


「おいおい、雪乃。こんなサンタからプレゼント貰った日にはトラウマになってしまうぞ。
ってか、雪乃はこんなものまで作れるのか」

 雪乃の多芸ぶりはこれまでの付き合いの中でいろいろとみてきたが、シュガークラフトまで
できるとは思ってもいなかった。


「時間さえかければできるわよ。それと八幡から手袋を貰ったのだけれど、私もトラウマを抱
えてしまうのかしら」

 ソファーに戻ってきた雪乃は小首を傾げながらいたずらっぽく笑うともたれかかってきた。

 雪乃はやっと元気を取り戻してきた。
 このまま時が止まってしまえば……と思った。

 ケーキを食べながら、いつものように俺が過去のトラウマをうっかりしゃべって雪乃に罵倒され
て傷口に塩を塗られてしまう会話をした。
 そのうち雪乃は、徹夜で手袋を編んだ疲れなのか、2人が付き合いだしたことを知らせてからの
緊張感から解放されたせいか俺の肩を枕に眠ってしまった。
 雪乃を起こさないように静かにしているうちに俺もいつの間にか眠りへと誘われていった。

827: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 21:46:26.29 ID:Xf/M4Oxro


    ×   ×   ×   ×

 0時を少し回ったところで家に着いた。
 静かに鍵を回して家の中に入ると居間にはまだ明かりが点いていた。


「メリークリスマス!」

 クラッカーの音とともに小町に迎えられた。


「おいおい、近所迷惑だろ。それに親父とおふくろが目を覚ますだろ」


「お父さんとお母さんは、1時ごろ帰ってくるって電話があったよ」

 息子と娘をほったらかしにしてクリスマスデートですか。
 俺もさっきまでしていたけど。


「小町、明日も塾なんだろ? こんな時間まで起きてていいのか?」

 俺も明日が冬期講習の最終日だが、こっちは12時半で終わる。
 小町は朝から夕方までの日程なので、勉強をしていないのならさっさと寝た方がいい。


「小町はお兄ちゃんとクリスマスパーティーがしたくて起きていたのです。今の小町的にポイント
高い」


「はいはい。受験生は勉強してさっさと寝るんですよ」


「なにそれ。小町的にポイント低い。ところで、雪乃さんは大丈夫だったの?」


「ああ」


「そうだ、お兄ちゃん。雪乃さんに『今着いた』ってメールしなくていいの?」

 小町からひじでつつかれながら言われた俺は大事なことに気が付いた。

828: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 21:48:40.89 ID:Xf/M4Oxro


「あっ……。俺、あいつのメアドも携帯の番号も聞いてなかった」

 小町は呆れで顔で額に手をやった。
 まるで誰かさんが乗り移ったみたいだった。

「比企谷くん、いくらあなたが女性に縁がなかったからといって恋人である私の連絡先を知らな
いとは、いったいどういうことかしら。あなた私と本当に付き合う気があるのかしら。それとも
なにか、私から逃げられると思っているのなら大間違いよ。明日両親を連れて、あなたのご両親
のところに挨拶に伺ってもいいのだけれど」


「怖ぇよ。……それに、雪乃の真似しゃべり方意外全然似てねぇよ。だいたい雪乃は、比企谷くん
なんて言わない。はちま……、な、何でもねぇよ。さっさと忘れろ」

 危うく余計なことを言ってしまうところだった。
 いつも雪乃に余計なことを言って傷口を抉られるのだ。
 どうもこの口調で何か言われるとついつい余計な事をしゃべってしまいたくなってしまう。
 俺ってマゾヒストだったの?


「へー。雪乃さんに『八幡』って呼ばれているんだぁー。は・ち・ま・ん・お・に・い・ちゃ・ん」

 小町は自分で言っておきながら勝手に顔が真っ赤になっていた。

829: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 21:51:31.10 ID:Xf/M4Oxro


 なんでメアドと携帯番号を交換するのを忘れたんだっけ……。

 23時過ぎに目を覚まして、俺の肩で静かに寝息を立てていた雪乃を揺すり起こしたっけ。
 それから玄関で松を履いてポケットの中から手袋を取り出そうとした。
 その時、携帯に触れてまだメアドと番号を交換してないことに気付いた。
 そんで雪乃に話しかけようと振り返ったら、雪乃に「一人にしないで」と抱き付かれて、そのあと
すっかり忘れてしまった。

「あと30秒だけ……」

って何回も抱きしめて、最後は雪乃が「もういいわ」と言ってもそのまま10分くらい抱きしめていた。
 ふたりともそんなことをやっているうちに本当に頭から抜け落ちていた。
 とりあえず「明日も待ってるぞ」と伝えておいたから、その時でいいよな。

830: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 21:53:24.96 ID:Xf/M4Oxro


「さて、彼女ができても相変わらずダメダメのお兄ちゃんのためにケーキを用意してあります」

 これで今日3度目のケーキになる。
 もう食べたくなかったが、小町が用意してくれたというなら別腹だ。
 既製品だがありがたくいただこう。

「んっ!? 最近はこんな目をしたサンタがはやっているのか?」

 ホワイトチョコで「Merry Christmas」と書かれた板チョコをバリバリ食べている小町にジト目を
しながら言った。


「お兄ちゃん帰ってくるまでヒマだったから、爪楊枝で削って腐った目に改造してたの。
それよりお兄ちゃん、今の話しぶりだと雪乃さんの手作りケーキも食べてきたんだね」

 小町はニヤニヤしながら、俺がなにか話すのを待っている。


「ああ、見事に腐った目をしたサンタを作っていたわ」


「シュガークラフトができるなんてさすが雪乃さんだね。それにしても、雪乃さんといい、結衣さん
といい、どうしてうちのお兄ちゃんのこと好きに……。あっ、……余計なことを……」


「由比ヶ浜はあの後どうなったんだ?」
 すっかり雪乃とののろけ話に夢中になってすっかり由比ヶ浜のことを忘れていた。
 

「結衣さんはあのあと平塚先生に送られていったよ。だから大丈夫だと思うよ」

 あの場で巻き込んでしまった小町にこれ以上、根掘り葉掘り聞くのは気が咎めた。
 あとは俺自身の問題だ。

831: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/05(土) 21:54:37.01 ID:Xf/M4Oxro


「小町はどうやって帰って来たんだ?」


「小町は戸塚さんに家まで送ってもらった。戸塚さんかわいいから襲われたりしないか心配だよ」


「俺の戸塚が心配になってきた……。メール打たなきゃ……。痛てぇぇ! 足踏むなよ」


「お兄ちゃんが心配しないといけないのは雪乃さんのことでしょ。恋だって勝負なんだから敗者
だっているんだよ。散々フラれてきたのに学習して無いの。雪乃さん以外のことを考えてるの
って小町的にポイント低いよ」

 そうだ。
 小町の言う通りだ。
 誰も傷つけたくないと思っていてもどうにもならないことだってある。
 こればかりは仕方ない。
 だが、俺と雪乃と由比ヶ浜の3人がそろって初めて奉仕部だ。
 由比ヶ浜とのこともしっかりと決着をつけなければならない。
 そのことについては、解は出ている。

 しかし、本当にうまくいくのかはまだ自信が持てないままだった。

835: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:32:01.35 ID:CiLAYRtYo


    ×   ×   ×   ×


 一夜明けて予備校にいる。
 今日が冬期講習の最終日だ。
 相変わらず俺の理解の外で展開される数列の講義内容には辟易としている。
 それでも一年とちょっとしたら受験の真っただ中に身を置くことになるのだ。
 雪乃のことが気になりながらも、板書とメモだけはわからないなりに必死に書き取った。

 講義終了とともにいの一番に教室を飛び出した。
 玄関まで走っていくと、昨日までと変わりなく待っていた雪乃がそこにいた。


「ま、待たせたな雪乃」

 息を切らしながら声をかけると雪乃はクスクス笑いながら襟元のマフラーを直してくれた。
 雪乃が笑うときに漏れてくる息がかかってくすぐったい。


「私が八幡に逢いに来ないとでも思ったのかしら?」


「雪乃とメアドとか番号とか交換してなかったから、ちょっと不安だった」

 息を整えながら真顔でこう返した。
 本当に雪乃が待っていてくれるかどうか不安でならなかったのだ。
 とりあえずこれで、晩までは一緒にいることができる。


「『ちょっと』という表現が不服なのだけれど……」

 顔を下に向けながらぼそぼそと言う雪乃がかわいらしい。


「ほら、アドレス交換するぞ」

 携帯を差し出すと雪乃もトートバッグからガラケーを取り出した。

836: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:32:56.96 ID:CiLAYRtYo


「赤外線通信ってどうやってやるのかしら?」


「俺のスマホには赤外線ついてないんだよ」


「そのスマートフォンって八幡にそっくりね」


「へっ?」


「だって無駄にスペックだけ高くて、肝心なところで使えないもの」

 いつものように笑顔でさらりと罵倒された。
 さらりとしているのは梅酒だが、そんなもんではすまない。
 きっと端麗辛口ってこういうことを指すのね、飲んだことないけど。

 でも、こうやって雪乃といつものと同じようなやり取りをできることに幸せを感じた。

837: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:36:16.40 ID:CiLAYRtYo


「ところで八幡、今日はどこに連れて行ってくれるのかしら?」

 雪乃は小首をかしげて片目をつむりながらこう訊いてきた。
 だから、俺はこの仕草に弱いんだって。
 天下の往来で赤面させられるってなかなかの羞恥プレーだぞ。


「今日は俺ん家に行かないか? 俺、金欠気味だし……。それに、雪乃にはさんざん世話になった
から、俺が昼飯作ってもてなすがそれでもいいか? どうせだったら、親も遅いし晩も食っていけよ」


「でも、お邪魔じゃないかしら……」

 もじもじとしながら雪乃はこう答えた。


「親はいつも帰りが遅いし、小町は夕方まで塾に通っている。いつも晩飯は小町と2人だから、雪乃が
いたら小町も喜ぶ……」

 雪乃はまだ逡巡しているようだ。


838: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:37:44.53 ID:CiLAYRtYo


「……それにうちに小町がいなくて寂しがっている奴がいる。カマクラなんかは雪乃がいたら
絶対喜ぶぞ。だって、雪乃は川崎の件のときにカマクラと会話して……」


「何か?」
「何か用?」


 前と後ろから同時に凍り付くような鋭い言葉が飛び出した。
 雪乃と川崎だった。
 まさに前門の虎後門の狼とはこのことだ。


「いや……何も……」


「……馬鹿じゃないの」

 こう吐き捨てて川崎は駅の方向に去っていった。


「どうする、ゆき……」


「猫、猫、猫……」

 雪乃は顎に手をやると呪文のように唱えていた。
 あまりにもおかしいので、俺は笑いをこらえながらじっと見ていた。
 俺の視線に気づくと雪乃は軽く咳払いをした。
 そして、取り繕うようにして言った。


「八幡にごちそうになってばかりだったら悪いから、晩は私が作るというのはどうかしら?」

 雪乃の手料理を食べることができるのだから異論はない。

 俺と雪乃は総武線に乗って家に向かった。


839: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:40:24.72 ID:CiLAYRtYo


    ×   ×   ×   ×


「ただいま」
「お邪魔します」

 駅からの帰り道にスーパーに寄って来たので帰宅したら13時半をもう過ぎていた。
 まずは腹ごしらえだ。


「飯作っている間、カマクラとでも遊んでいてくれ」

 キッチンのカウンター越しに雪乃に目をやると、すでに膝の上でカマクラを抱いていた。
 俺にはちっともなつかないくせに雪乃にはべったり甘えている。


「ええ、たっぷりそうさせてもらうわ」

 俺の方を見向きもせず笑顔でカマクラを撫でている。
 苦笑しながら洗面所に行ってカマクラの飲み水を新しいのと交換した。
 さて、今日はチャーハンとサラダとコンソメスープを作ろうか。

840: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:41:46.70 ID:CiLAYRtYo


 カウンター越しに雪乃をチラチラ見ながら料理をした。
 雪乃はカマクラに夢中になっていた。

 昨晩見た泣き顔と違って、いつまでも見ていたいくらい屈託のない笑顔だった。
 ポーチから取り出した爪切りで爪を切ってやったり、よじ登ってくるカマクラの前足を肩に載せ
後ろ足の下に手を入れて抱きかかえてやったりと満足げな様子だ。
 学校で見る雪乃とはまるで別人のようだった。

 これが本来の雪ノ下雪乃なんだろう。
 そんな雪乃の姿を見ながら、フライパンを揺すっていた。

841: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:42:52.35 ID:CiLAYRtYo


 昼食後はそのまま居間でこの間買ったばかりの数列の薄い問題集と2日分のセンター数学の講義の
復習をして過ごした。
 雪乃の教え方がわかりやすいおかげでスイスイ頭に入った。
 と思ったら、練習問題でつまずいた。


「昨日は家に帰ってから勉強していないのだから、仕方ないわね。さぁもう一回やってみるわよ……」

と、こんな感じで夕方まで続いた。

 雪乃はその間、カマクラと遊んだり、俺の部屋から持ってきた山川の世界史の用語辞典を読み込ん
だり、古文の問題集を解いたりしていた。

842: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:45:27.74 ID:CiLAYRtYo


「ただいまー、お兄ちゃん」

 小町が帰ってきた。


「今日の晩御飯はいいにおいがするねー」

とクンスカしながら今に入ってきた。
 お前は犬かよ。


「こんばんは。やっぱり雪乃さんが来ていたんだね」
 ニヤリとしながら俺をつついてくる。


「おかえり、小町」
「小町さん、お帰りなさい。お邪魔しているわ」


「今日の晩御飯は雪乃さんが作ったんですか?」


「ええ、八幡がカレーを食べたいと言ったので、シーフードカレーを作ったわ。小町さんの口に合
うかはわからないけれども」

843: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:52:36.92 ID:CiLAYRtYo


「雪乃さん、今お兄ちゃんのこと『八幡』って呼びましたね」

 ニヤニヤしながら雪乃へと近づいていった。


「へ、変だったかしら……」

 雪乃は顔紅潮させ俯き気味に答えた。
 小町の目が一瞬光ったかと思うと、ここぞとばかりに悪ノリし始めた。


「いやいや、そんなことはありませんよ。どうせなら『夫が……』って言って欲しいくらいです」


「えっ、えっ……。そ、それは、まだ、は、早いわ……」

 雪乃の顔から湯気が上がって耳まで真っ赤になったような気がしたくらい動揺していた。

「そこは否定しないんですね」

 小町のテンションがすっかり上がっていったのと対照的に雪乃は羞恥で縮こまっていた。
 思わず見ていた俺まで恥ずかしさのあまり顔が真っ赤になってしまった。
 雪乃はこれ以上いじられると悶死しそうな勢いだ。


「おい小町、早く手洗いうがいをしてこい」


「アイアイサー!」

と逃げるように勢いよく洗面所に向かっていった。

 台風一過となったが、雪乃は「お、お、夫だなんて……」とまだ悶絶していた。

 おれもまた、雪乃のエプロン姿を改めてみて、こいつが妻だったら……なんて考えてしま
い、こっばずかしくてたまらなかった。

844: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:53:38.51 ID:CiLAYRtYo


 3人で食べる夕食は賑やかだった。
 9割方小町がしゃべって、俺と雪乃を赤面させることばかり言っていたが、たまにはこんなのも
いい。
 雪乃もすっかりリラックスして過ごしているようだ。

 そのあとも今で3人で勉強し、小町は雪乃からみっちりと英語の特訓を受けていた。
 ふたりとも気が合うようで、俺に罵倒の合体攻撃も仕掛けてきた。
 そうこうしているうちにすっかり時間が経った。

 21時を過ぎたところで雪乃を家まで送った。
 雪乃は固辞したが、昨日のケーキが残っている。
 せっかく作って用意してくれていたのだから、食べないわけにはいかないだろう。


「目の腐ったサンタさん、送り狼になったらダメだよー」

と小町に冷やかされながら雪乃の家へと向かった。

845: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 05:54:22.53 ID:CiLAYRtYo
とりあえずここまでです。
では、また。

851: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 21:32:48.21 ID:CiLAYRtYo


    ×   ×   ×   ×


「お兄ちゃん、早く起きないと雪乃さんが来ちゃうよ」


「まだ大丈夫だろ?」


「小町はもうそろそろ塾に行くんだよ。小町がいなくなったら誰がお兄ちゃんを起こすの?」


「……ああ、そうだな」


 眠い目をこすりながら、昨晩のことを思い出した。
 雪乃を家に送って、残りのケーキを食べていつものように過去のトラウマ話をして雪乃に貶
められたりして時間を過ごした。
 そして、帰り際にまた「一人にしないで……」と泣きつかれ、抱きしめたり髪を撫でたりして
から帰ってきた。
 夜になると感情が高ぶるから手紙は書かない方がいいなんて聞いたことがあるが、まさにそん
な感じだった。

 今までできたたった一人の友人である由比ヶ浜結衣との関係に俺のせいでひびが入ってしまっ
たからだ。
 そんなこともあり、日が変わる頃に帰宅した。

852: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 21:35:24.06 ID:CiLAYRtYo


 帰宅後は3時くらいまで勉強して寝た。
 最近、数学ばかり勉強していたので、他教科がおろそかになっていた。
 その分の時間をとったら、こんな風になった。
 雪乃のサポートがあるとはいえ、我ながらもう少し冷静になって進路の選択をした方が良か
ったのではないかなんて考えてしまった。

 しかし、そこは決して雪乃と同じ大学に行きたいという単純な理由だけではない。
 俺は歴史には興味がある。
 一応、大学でその勉強をしたいという気持ちもあるのだ。

 さて、昨日で冬期講習が終わったわけだが、今日からは丸一日たっぷりと時間がある。
 雪乃を一人にしておくのが心配だし、俺も雪乃のそばにいたい。


 そんなわけで、朝から晩まで俺の家で一緒に勉強をして過ごすことになった。

 小町を見送り、居間を軽く掃除した。
 そのあと部屋から勉強道具を下ろしてきたところで、ドアホンがなった。

853: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 21:36:14.76 ID:CiLAYRtYo


「おはよう、八幡」
「おはよう、雪乃」

 これから半日二人きりで過ごすのかと思うと急にドキドキしてしまった。
 雪乃も同じことを考えていたのか、ふたりとも頬ら赤らめていた。
 玄関で対峙したままお互い固まってしまった。


「ニャー……」


 俺が帰宅しても出迎えにやってくることのないカマクラがとことこやってきた。


「ゆ、雪乃、あ、上がってくれ」


「え、ええ……」


 ふたりともぎこちなく居間へと向かっていった。

 こんな感じで、2日間を過ごしたのだった。

854: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 21:39:42.13 ID:CiLAYRtYo


    ×   ×   ×   ×


「なぁ、雪乃? 年末年始は実家に帰るのか?」

 今日は俺の両親の御用納めの日だ。
 明日からは2人とも家で過ごす。
 朝から晩まで俺の家で雪乃と一緒にというわけにはいかない。
 雪乃の動向が気になって雪乃を送る道すがら訊いてみた。


「家族なら姉さんを含めて、今朝海外に立ったわ」

 造作もないことというような口ぶりで雪乃は答えた。雪乃。
 しかし、表情は少し曇っていた。


「お前は行かなくても大丈夫だったのか?」

 決して「行かなくて良かったのか」とは聞かなかった。
 雪乃の家庭の事情は詳しくは知らないが、少なくとも雪乃にとって心が休まる場所では
なさそうに感じたからだ。



855: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 21:40:28.57 ID:CiLAYRtYo


「……ええ。かなり骨が折れたのだけれど、勉強があるからって断ったの。それに、……」

 雪乃はここで言葉が詰まったが、みなまで言わなくてもわかった。
 この3日間、生活時間の大半を雪乃と過ごしてきたが、寝るまでの間、頻繁にメールの
やり取りをしていた。
 大半は「今何してる?」といったどうでもいいものだった。
 普段の雪乃なら絶対にしないような内容である。
 由比ヶ浜とのことで不安定になっているからこんなメールを送ってくるのだろう。

 言葉を紡ぎだそうとしていた雪乃をそっと抱き寄せてからぎゅっと抱きしめた。


「八幡、ありがとう……」

 冬休みは長い方がいいに越したことがないはずなのに、始業式が待ち遠しかった。
 由比ヶ浜結衣と早く向き合って全てに決着を付けなければならない。

 始業式まであと10日。
 そんなことを考えながら、雪乃を抱きしめていた。

856: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/06(日) 21:41:27.93 ID:CiLAYRtYo


 翌日から冬休みの最終日までは毎日雪乃の家に行って勉強した。
 食事は俺が昼食を夕食は雪乃が作るスタイルはそのままだ。

 そして、大みそかの晩に小町も入れて3人で除夜の鐘をついて年越しをしたり、元日も3人
で稲毛の浅間神社に小町の合格祈願も兼ねて初詣をしたりしてなるべく雪乃を一人にしない
ようにした。

 ほかには、雪乃の誕生日も祝った。
 小町に言われるまで知らなかったが、1月3日は雪乃の誕生日だった。
 小町がどういう風に両親に話したのかは知らないが、「彼女を家に連れてこい」と言われ、
雪乃の誕生会を開いた。
 地元の名士の娘だと知って、さすがに俺の親父も屑っぷりを披露してくれることなくホッと
胸を撫で下ろした。
 ついでに雪乃もいつものような毒舌ぶりは鳴りを潜めていた。

 やればできるじゃないの、雪乃さん。
 明日からはもう少し俺に優しくしてくれないものだろうかと思った次第だ。


 かくして、1月6日の始業式を迎えた。
 いよいよ、由比ヶ浜結衣と向き合うことになった。

878: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 21:48:58.85 ID:v9ONI2kro


    ×   ×   ×   ×


 この日、由比ヶ浜結衣は欠席した。

 思い当たる理由は一つしかない。
 俺と雪乃が付き合ったからだろう。

 一刻も早く決着をつけたかったのだが、それは俺の自分勝手な考えだ。
 それに由比ヶ浜もいつまでも欠席を決め込むことはできない。
 由比ヶ浜が明日にでも学校に来るのを待つしかないだろう。
 ただ、決着が1日延びてしまったことで、雪乃へのフォローもその分必要になる。
 いくら雪乃と付き合っているとはいえ、自分の中で雪乃と由比ヶ浜の扱いが違うことを考え
ると、自己嫌悪に陥ってしまいそうだ。

 休み時間、気分転換に廊下をブラブラ歩くことにした。
 廊下に出ると、腕を組んで睨みつけてくる奴がいた。
 固く口を結んで仁王立ちしている。
 お前は吽形かよ。

 三浦優美子だった。

879: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 21:52:48.55 ID:v9ONI2kro


「ちょっとヒキオ、話があんだけど」

 不機嫌オーラ全開で噛みついてくるように言葉を発した。


「何だ?」

 けんか腰の物言いに軽くイラッと来て、ぶっきらぼうに答えてやった。

 
「冬休み中結衣がずっと元気なかったんだけど、あんた結衣に何かした?」
 原因が俺限定で物を言うのはどうかしているぞ、こいつは。
 事実そうなんだけどな。


「心当たりならある」

 別に何かしたわけではないが、俺が原因なのはまず間違いないのだから、とりあえずこう答
えた。


「結衣の友達として理由次第では、あーしあんたのこと許す気ないから」

 一応、俺の言い分を聞いて判断するつもりらしい。
 こいつはもっと物腰柔らかく話ができれば、きっといい奴なんだろうけどな。


「心当たりか……。冬休みに入ってから雪ノ下と付き合っている。多分そのことが原因だと思う」


「はぁー? 雪ノ下雪乃と付き合ってるって?」

 目を白黒しながら俺に訊き返してきた。
 そりゃ、この俺があの雪ノ下雪乃と付き合っていると言って誰が信じるだろうか?
 付き合ってる当の本人でさえ、不思議でならない。
 こちとら、雪乃に2度も友達になることを断られているのだからな。

880: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 21:53:53.33 ID:v9ONI2kro


「ああ、雪乃と付き合っている。由比ヶ浜からは聞いてないのか?」

「結衣には話したのか?」

 三浦は混乱していた。
 俺と雪乃が付き合っていることに驚いただけではないのだろう。
 おそらく、由比ヶ浜が俺のことを好きだったということに今気づいたであろう。
 その両方に驚いているのだろう。


「ああ、話した。戸塚もその場にいたから信じられないなら訊いてみてくれ」

 戸塚には悪いが、こうして誰かの名前を出さなければ信じてくれないだろう。


「そこまでは言ってないし。それならわーったわ」

 そういうなり、教室へと消えていった。

 俺は水飲み場で顔を洗ってから、教室に戻った。

881: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 21:55:26.03 ID:v9ONI2kro


    ×   ×   ×   ×

 
「あーし、ちょっとそこ通りたいんだけど」

 三浦のこの威圧的な言葉を聞くのは今日何度目だろうか。
 休み時間のたびに教室の入り口から中をうかがう女子の一団がいた。
 きっと雪乃と同じJ組の女子だろう。
 修学旅行初日の夜の雪乃の言動や2日目に龍安寺で雪乃と同じ班の女子に会ったときの反応と
を照らし合わせてみるとそういう結論になった。

 それに冬休み中に雪乃とあれだけデートを重ねたわけだ。
 誰かに目撃されていてもおかしくはないだろう。
 きっと雪ノ下雪乃の彼氏は何者かってことになって見に来たのだろう。
 雪乃に直接訊くなんて命にかかわるようなことは、修学旅行のノリとかでなければできないはずだ。
 だからこうして、見物しに来ているのだろう。

 ちょうど昼休みを迎えて、これから部室に向かうところだった。
 雪乃が俺に弁当を作ってきてくれているので、それを食べに行くのだ。
 三浦がちょうど露払いをしてくれたこのタイミングを逃すわけにはいかない。
 立ち上がって、ドアへと向かっていくと立ちはだかる奴がいた。


「比企谷、話がある。ちょっと屋上に来てくれないか」

 葉山隼人はそれだけ告げるとスタスタと歩き始めた。
 仕方なく俺は「ヤボ用で遅れる」と雪乃にメールを打ち込みながらついて行った。

882: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 21:56:43.39 ID:v9ONI2kro


「なぁ、比企谷……。結衣といったい何があったんだ? さっき優美子と何か話していただろ。優美子
から結衣が元気がないって聞いていたけど、さっき何を話したのか教えてくれなかった。結衣の友達
として気になるんだ……。何があったか聞かせてくれないか」


「別に何かあったんじゃねー。雪乃と付き合い始めただけだ……」

 葉山の目を真正面に捕えてこう答えた。


「ゆ……、君は雪ノ下さんと付き合っているんだ……」


 葉山は明らかに誰かの名を言おうとして言い直したが、それが雪乃と由比ヶ浜のどちらのこと
を指しているのかはわからなかった。
 別にそんなことを知ったところで、由比ヶ浜とのことにケリがつくわけではない。
 聞き流すことにした。


「ああ、そうだ。それだけだ」

 目の前には澄んだ青空と青く穏やかな海が広がっていた。
 上空に寒気でも訪れているのだろうか。
 飛行機雲が一筋、彼方の空の彼方へと伸びていた。 


「そうか、そうだったのか……」

 葉山は静かにこう言うと踵を返しながらさらに続けた。


「変なこと訊いて悪かったな。雪ノ下さんとお幸せに……」

 葉山がいなくなるのを待ってから、俺も部室へと向かっていった。

883: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 21:58:04.90 ID:v9ONI2kro


「よう、雪乃」


「こんにちは、八幡」

 部室に行くと雪乃は弁当に手を付けずに待っていた。


「悪いな待たせてしまって。弁当先に食っていて良かったのに」


「私が誘ったのに先に食べるわけにはいかないじゃない」

 にこやかにそう答えたが、俺が遅れてきたことをとがめているのだろう。
 目は笑っていなかった。


「由比ヶ浜な、今日休んだわ」


「そう……」

 急に沈痛な面持ちに変わった雪乃は弁当箱をじっと見つめていた。


「明日ですべて決着するつもりだから安心しろ」

 そう言いながら、雪乃の近くに椅子を動かして座った。

884: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 21:59:42.90 ID:v9ONI2kro


「いつまでもこうしているわけにもいかないから食おうぜ」

 むりやり話題をそらして、2人で弁当を食べることにした。


「口に合うかわからないのだけれど食べてもらえるかしら」

 そう言いながら弁当を渡してくれた。


「サンキュー。雪乃の作ったものなのに口に合わないわけないだろ」

 弁当箱を開けると彩りもよく本当にうまそうだった。
 ただ一点、紅一点その存在を誇示するアレがなければ……


「小町さんからトマトが嫌いだと聞いていたから、しっかりとトマトも入れておいたわよ」

 なにそれ。
 お前、いつの間に小町と誼を通じていたの?
 小町からあれこれいろいろと聞き出して俺を調教する気なの?


「私の手作り弁当をまさか残すことないわよね……」

 笑顔とは全く不釣り合いな身も凍るような声で言った。
 怖いよ、調教超怖いよ。

 こうしてトマトを食べ終えるまでジト目で睨まれながら雪乃の手作り弁当に舌鼓を打った。

886: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 23:24:19.50 ID:v9ONI2kro


    ×   ×   ×   ×


「よう、雪乃」


「こんにちは……、八幡」

 放課後、再び部室で雪乃と顔を合わせた。
 雪乃の表情は暗く沈んでいた。


「……由比ヶ浜だと思ったのか?」


「ええ……。今日は由比ヶ浜さんが来ないことをわかっているはずなのに……」

 雪乃の沈んだ顔は見たくない。


「今日は俺が紅茶を煎れるわ」


「そんな……。いいのよ私が……」

という雪乃を無視して紅茶を煎れ始めた。


「俺だって伊達に毎晩紅茶を煎れてないんだぜ」

887: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 23:25:36.75 ID:v9ONI2kro


 雪乃の前にカップを置いた。


「ほら、飲まねーのか」

 雪乃はカップを口元に運ぶと硬直した。


「こ、これは……」


「そうだ……。普段3人で飲んでるやつだ。冷めないうちに飲めよ」

 猫舌の俺は暑いのを我慢しながら、紅茶を一口すすった。
 意を決して続いた雪乃の目には涙があふれていた。


「明日は由比ヶ浜も来るって……。俺が言うんだから間違いない」

 そう言って雪乃を抱きしめると、

「あなたの言うことはあてになんかできないわ……」

弱々しくこう答えながら俺にしがみついてきた。

 それから、雪乃の気が済むまで抱きしめ続けた。

888: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 23:28:38.06 ID:v9ONI2kro


    ×   ×   ×   ×


 翌日── 

 由比ヶ浜結衣が登校した。
 由比ヶ浜はあからさまに俺を避けるようなそぶりを見せていてなかなか近づくことはできなかった。

 教室の外に目を向ければ、休み時間ごとに昨日よりも俺を一目見に来ようというギャラリーが増えていた。
 クラスメイトも俺の方をチラチラ見ながら何か喋っている。
 いよいよもって、俺と雪ノ下雪乃が付き合っていることが広まったようだった。
 できれば、由比ヶ浜とは一刻も早く決着をつけたいのだが、なかなか好機は訪れない。
 そして、気づけば昼休みを迎えていた。

 今日も雪乃の用意してくれた弁当を食べに部室へと向かった。
 廊下に出ると、ギャラリーの生の声が聞こえてきた。


「あの人が、雪ノ下さんの彼氏なんだって……」
「えー、信じられない」

 俺だって信じられないさ。
 雪乃と付き合っていることも由比ヶ浜から好かれていることも……。

889: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/15(火) 23:30:42.34 ID:v9ONI2kro


「よう、雪乃……」


「待ったわ、八幡」

 雪乃が努めて笑顔で迎えてくれた。
 1限目のあとに由比ヶ浜が登校したことをメールで知らせたからというわけではなさそうだ。
 雪乃とのことが広まった今、俺がどのようなことを言われているのか推し量って、精いっぱい
の笑顔で俺を迎えてくれたのだろう。

 男なら誰もが憧れてもおかしくない高翌嶺の花と付き合っている俺ならまだいい。
 女ならだれもが敬遠したくなるような俺と付き合っている雪ノ下だとそうは……。


「急に自分の存在が広く知られた感想はどう?」

 雪乃はくすっと笑いながら問うてきた。
 しかし、その眼差しには強い意志のようなものが感じられた。
 まるで俺の心の中を見透かしているようだった。
 俺はすぐにくだらない考えを拭い去って答えた。


「ああ、一人遊びしてるところを見られるってのはかなり恥ずかしいな……」


「そうよ、八幡……。私はあなたのそういうところが好きになったのだから……」

 雪乃は俺の目を見つめながらこう言った。

 そうだ、雪ノ下雪乃はこうやっていつも自分を貫いている。
 そんな雪乃を俺は好きになったし、雪乃もまた俺の腐ってもいながらブレないところを好きに
なってくれたのだ。
 周りが何を言おうが俺たちは互いのそういうところが好きになったのだ。
 何も卑屈になる必要はない。

 さて、今日こそ由比ヶ浜とのことをどうにかしないとな……。

898: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 20:55:07.13 ID:CKc5dqgJo


 放課後になった。

 ようやく由比ヶ浜に近づくことができた。
 身構える由比ヶ浜に

「部室で待ってるぞ」

こう一言告げて教室をあとにした。


「よう、雪乃」


「こんにちは、八幡」

 部室に入るとノートパソコンを開いてカタカタやっている雪乃の姿が目に入った。


「なんしたの?」


「平塚先生に『お悩み相談メール』をすぐに再開するように催促されたのよ」

『千葉県横断お悩み相談メール』 -ロクでもないお悩み相談しか来ないことで定評のあるどうし
ようも無いシステムだ。
 しかし、残念なことに奉仕部の主要な活動である。
 どうせ、材木座とか材木座とか材木座とか陽乃さんぐらいしか寄こしそうもないのだが、再開せ
ねばならない。

 終業式の日に「12月21日~1月5日は冬季休業につきお休みします」とトップページに掲げたまま
になっている。
 雪乃はシステム再開をしているようだ。
 それにしてもいくら多芸な雪乃とはいえ、こんなことまでできるとは驚きだ。

 そんな雪乃に今日はシャンパーニュロゼを煎れて作業の成り行きを見守った。
 雪乃の作業はすぐに終わったが、由比ヶ浜が部室にやって来そうな気配はなかった。

899: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 20:56:46.11 ID:CKc5dqgJo


 沈黙がだんだんと重苦しくなり始めた時、たて続けにメールが2件やって来た。


「さぁ、八幡仕事よ」

 人前に出るのは嫌だが、人の上に立つのが好きというだけあって本当に人使いが荒い。
 どうせくだらない内容だろと思って開くとやはりそうだった。

────────────────────────────────────────────

〈PN:剣豪将軍さんのお悩み〉
『我は意を決して渾身の作をネット上で発表した。しかし、我の作風を誰も理解してくれない。我はどうしたら
いい? 心が折れそうだ。ハチえもん助けてよ~』

────────────────────────────────────────────

 雪乃は「さぁ」「早く」といった類の視線を送ってくる。

 やっぱりこれって俺が答えるのか。
 あきらめて、素早くキーボードを叩いた。

900: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 20:58:52.11 ID:CKc5dqgJo


────────────────────────────────────────────

〈奉仕部の回答〉
『プロを目指すのであれば貴重な意見として受け止めて、これからの作品のなかで昇華させていく必要が
あるのでしょう。しかし、単なる趣味として書いているのであれば、ただの非難や批判の内容が建設的な
ものでければ徹底的に無視。この一言に尽きるのではないのでしょうか』

────────────────────────────────────────────

 こんなもんでいいかと一度読み返す。
 そう言えば材木座が煽り行為をしたせいで、遊戯部と脱衣大富豪に付き合わされる羽目になってしまった
ことがあった。
 あの時はいい迷惑だった。
 雪乃にまで脱衣をさせやがるとは許さん。
 俺だってまだその慎ましやかな胸を見ていないんだぞ。


「八幡……。あなた今いったいどこを見て何を考えていたのかしら」

 雪乃さん、あなたこういうのだけは敏感ですね。


 それにしても荒らしってウザいよな。
 なにあの粘着力。
 おとなしくゴキブリでも捕まえていろよ、ほんとに。
 こっちはこっちで好きにやってるから、そっちはそっちで巣から出てくるな。

 さて、送信と。

901: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:00:39.94 ID:CKc5dqgJo


 次は何だ?


〈PN:お姉ちゃんは心配ですさんのお悩み〉


「おい、雪乃。お前に来てるぞ」


「無視していいわよ」

 一応、見ておくかと開いてみると、ブレザーのポケット中で携帯が鳴った。
 由比ヶ浜からのメールだった。

 そこには、「屋上にいる」とだけ書かれていた。


「雪乃、由比ヶ浜からメールが来たぞ」


「八幡、見せて!」

 雪乃は言うが早く携帯をひったくった。
 そして、凛とした表情でこう告げた。


「八幡、屋上に急ぐわよ」

902: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:02:24.12 ID:CKc5dqgJo


    ×   ×   ×   ×


 屋上に行くと虚ろな目をした由比ヶ浜がいた。


「ヒッキー……、ゆきのん……」

 俺と雪乃は駆け足でやって来たものの由比ヶ浜にかけるべき言葉が見つからず、ただ黙って
見つめているしかできなかった。
 いや、少なくとも俺も雪乃もかけるべき言葉を持ち合わせていたが、タイミングを計りかねていた。


「……まさか、まさか、ヒッキーとゆきのんが付き合っているなんて……」

 由比ヶ浜の目からは大粒の涙がとめどもなく溢れていた。


「……ゆきのんがヒッキーのことが好きなのは気付いていたけど、けど……、私も私なりに
頑張っていたよ……。ゆきのんは友達だし、ヒッキーも仲間だから祝福してあげないといけ
ないのに……」

 雪乃の目からも同じように涙があふれていた。  


「由比ヶ浜……、お前さえよければ奉仕部に戻ってきてくれないか……」

 情けないことに俺はこんな情けないセリフを弱々しく言うことしかできなかった。


「ゆ、由比ヶ浜さん、……。私からもお願い……。虫が良すぎるかもしれないけど、あなたには
戻ってきて貰いたいわ。……そ、それに、……。いえ……、私の口からは……。私にそんなこと
言う資格なんか……」

 そう言うと嗚咽を漏らし始めた。


 1月の冷たく乾いた風が2人と1人の間を吹き抜けた。

903: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:03:20.35 ID:CKc5dqgJo


 完全に手詰まりに陥った。
 俺は解を持ち得ていたのではなかったのか?
 なぜ、それを言い出せない?
 なぜ、そう言えるように空気を作れないのか?
 以前の卑屈な自分に戻りつつあるのを頬に風邪を受けるたびに実感せざるを得なかった。
 自分の無力さがもどかしく感じた。


「ゆ、ゆきのん……、続きを聞かせてほしいんだけど……」

 あきらめかけた時、由比ヶ浜が口を開いた。


「そ、そんな……私には……」


「いいから聞かせてゆきのん。私が聞きたいのはその続きだもん……。お願い、ゆきのん……」

 最後はもう消え入りそうな声になっていた。


 それは、心からの悲痛な叫びに聞こえた。

904: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:04:50.84 ID:CKc5dqgJo


「ゆ、由比ヶ浜さん……。わ、私は……。由比ヶ浜さん、あなたは私にとってたった、たった……
ひとりの友達なの……。虫が良すぎるのは自分でもわかっている……。そ、それでも、それでも……
私はあなたと……友達でいたい。……結衣といつまでも友達でいたい!」

 最後の力を振り絞るかのように雪乃は言った。


「ゆ、ゆきのん!」

 その瞬間、由比ヶ浜は雪乃に飛びついた。
 雪乃はよろめきながらも全身で由比ヶ浜を受け止め、ふたり抱き合っていた。


「結衣、結衣……」


「ゆきのん、ゆきのん、これからもずっと友達だよ」


「ええ、結衣。ずっと友達よ」


 すっかり手詰まりになって投了寸前だったところを由比ヶ浜に救われた。
 俺も雪乃も解にたどり着いていながら、己の力で何もできなかった。
 まったくの無力だった。

 そんな俺にも雪乃にも由比ヶ浜が必要だ。

 いつまでも抱き合っているふたりに俺は歩み寄っていった。
 ようやく俺も由比ヶ浜に解を提示することができる。

905: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:06:08.06 ID:CKc5dqgJo


「由比ヶ浜……、いや、結衣……、俺と友達になってくれ……」


「うん、もちろんだよ! ヒッキー大好き!」

 そういうなり俺に飛びついてきた。
 一瞬雪乃のように抱きしめようかと思ってしまったが、さすがにこれはマズい。
 思わず結衣を抱きしめようと動かした手を中途半端にぶらぶらとだらしなく垂らしてしまった。


「八幡、あなた私という恋人がいながらいったい何をしようとしていたのかしら?」

 俺は心臓が思わず凍り付きそうになった。
 怖くて雪乃の方に視線を向けることができない。


「いいじゃん、ゆきのん」


「何がゆきのんなの、結衣?」

 結衣も俺の胸の中でぶるっと震えたのがわかった。
 怖ぇよ、とにかく怖ぇ……。


「八幡、命が惜しければ、もうそのような破廉恥なことをしないことね。結衣、あなたもよ」


「はい……」
「はい……」

 雪乃は恐怖のあまり身をすくめる俺と結衣に近づいてきたかと思うと、ふたりまとめて抱き
しめてきた。
 振り返ってみると、なんなのこのリア充は……なんて思ってしまうが、とても心地が良かった。


「さぁ、部室に戻って奉仕部の活動を再開しましょう」

906: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:07:49.18 ID:CKc5dqgJo


    ×   ×   ×   ×


 部室に戻ると、雪乃は改めてシャンパーニュロゼを淹れ直した。
 3人でこの紅茶を飲むのは初めてだった。


「ゆきのんもヒッキーも二人でこんなの飲んでいたんだ……」

 怒りを通り越してすっかり呆れかえってしまった結衣を前にして、俺も雪乃もただただ身をちぢ
こめていることしかできなかった。


「あっ、『お悩み相談メール』再開したんだ。どれどれ……」

 結衣はフフンと鼻を鳴らして、とびきり意地悪な目で俺と雪乃を交互に見比べた。


「えっと……。ゆきのんは私に隠れてヒッキーとこそこそ付き合い始めました。ふたりともとて
も感じが悪いです。お姉さんにも黙ってこんなことを続けて年末年始もただれた生活をしていま
した。私と一緒にこの間違った関係を糺しませんか。よし、送信と……」

 カチッと力強くリターンキーをタッチした。


「おい、結衣……洒落になんねー。ちょっと待て!」
「結衣、やめなさい!」


「書き込みが完了しました」と書かれた画面が切り替わった。

907: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:09:54.03 ID:CKc5dqgJo


────────────────────────────────────────────

〈PN:お姉ちゃんは心配ですさんのお悩み〉
『雪乃ちゃんが冬休み中に一度も実家に帰ってきませんでした。お姉ちゃんは心配で心配でなりません。
どうしたら、雪乃ちゃんが実家に帰ってくるのでしょうか。雪乃ちゃん、比企谷くん、答えなさい!』


〈奉仕部からの回答〉
『ゆきのんのことなら心配はいりませんよ。ヒッキーと超甘々の超ラブラブになって毎日楽しく過ごしていま
す。私に入り込む余地がなくてうらやましい限りです。いずれ、ヒッキーを連れてご実家に帰省することがあ
ると思いますので、それまでゆきのんのことを待っていてあげてください。邪魔をしたらふたりの友人として
絶対に許しません (`・ω・´)』

────────────────────────────────────────────


「えへへ……。これでおあいこだよ」

 ホッと胸をなでおろす俺と雪乃を見て、結衣はとびっきりの笑顔を見せた。



 ぼっちの道に入ってから早10年 ──


 俺は雪乃とふたりぼっちになった。
 そして、今日、結衣という友達を得てぼっちを卒業した。

 この部室で3人で過ごすのもあと1年ちょっと。
 この残り限られた時間を大切にしたい……。

908: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/16(水) 21:12:14.57 ID:CKc5dqgJo




 ―― 一度壊れてしまったものは元には戻らない。


     でも、形を変えて作り直すことはできる。




 ―― そう、これが俺の導き出した解だ。

間違いだらけの俺の青春だったが、これだけは間違っていないと俺は思っている。




 ―― ラブコメの神様よ、これで良かったんだよな?

     俺たち3人はどんなことがあろうともずっと友達だ。





─完─


932: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:43:36.29 ID:t4lG1/uao


 ── 春

 4月になって数日が過ぎた。
 今日から俺は大学3年生として学部生になった。

 春は新たな出会いの季節だと世間様は言う。
 確かにその通りだ。
 それは否定しない。
 ただ、ぼっちにとっての「新たな出会い」は世間一般のそれとは全く異なった意味合いを持つ。
 そう、春は新たなトラウマとの出会いなのだ ──


 高校卒業後、俺は雪乃と同じ大学に進学した。
 雪乃が手とり足とり、苦手だった数学をわかりやすく教えてくれたおかげだ。

 大学入学後のこれまでの2年間は、雪乃とはクラスこそ違えども可能な限り同じ科目を履修してきた。
 空きコマの時間や昼食はもちろん一緒に過ごしていたし、通学も毎日一緒だった。
 一緒にいる割には相変わらずお互い口数は少なかったけどな。

 この2年間雪乃とはかなりいちゃついて日々ふたりだけの世界に生きていた。
 そのおかげで2年間にできた友達はゼロである。

 否、それは言い訳だ。

 お蔭も日向もなにも雪乃と一緒にいてもいなくても間違いなく友達なんかできなかったことだろう。
 雪乃もまた然りだったと言えよう。

 否、むしろ雪乃がいてくれたことでこの2年間は、ぼっちにつきもののトラウマが量産されずに済んだ
と言った方が正しい。

933: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:45:45.89 ID:t4lG1/uao


 ところで、そんな雪乃は今日から理系学部の大半がある地元千葉県内のキャンパスに通う。
 そして、文系学部の俺はこれまで2年間過ごしてきたキャンパスで残り2年間をまた過ごすのだ。

 雪乃はきっと今頃、研究室内でぼっち生活の第2ステージを既に開始していることだろう。
 実験結果が違うものなら同期、先輩に関係なく、自分の実験の合理性やら正当性やらについて実験の
手順から始めて、結果、考察に及ぶまで広範囲にわたって持論を展開し、相手をやり込めてしまうこと
だろう。
 なにこのダンガンロンパ。
 さすがの苗木君や霧切さんでも心が折られてしまうんじゃないの?
 ほどほどにしとけよ、雪乃……。

 さて、雪乃の心配をしている場合ではない。
 そんな俺も間もなく数年ぶりのぼっち生活を始めるのであろう。
 しかし、雪乃との教養での2年間のイチャイチャ生活で恐らくぼっちスキルが低下しているに違いない。
 一日も早くぼっちとしての勘を取り戻さなければならない。
 一度でもぬるま湯に浸りきった生活を送ってしまうと、あとが大変だ。

934: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:46:54.70 ID:t4lG1/uao



 そんなことを考えているうちに研究室に着いた。
 中世日本史を扱う研究室だ。

 ドアをノックすると、


「はーい」
「どうぞ」

と2人の声がした。


「失礼します。今日からこの研究室でお世話になる……」


「ああ、君は……」

 いきなり話を遮られてしまった。
 なにこれ、ぼっちには名前も名乗らせてくれないの?
 所変わってもやっぱりぼっちはぼっちなのね。


「比企谷くんだね」


「……へっ?!」

 なんであなた俺の名前知っているの?
 もしかして、「『この目』を見たら110番」って手配書とか回ってきているの?


「なにも驚くことないよ。君はいつも雪ノ下さんと一緒で目立っていたから、教養で時期が被ってる
人間なら誰もが知っているよ」


「あんな美人の彼女といつも一緒にいれば、そりゃ目立つわ」


 なにそれ、俺のステルス性能はいったいどこに行ったの?
 もしかして、俺って雪乃の付属品とかペットとか奴隷とか……、なにかそんな風に認識でもされて
いたの?
 入室した時点でぼっちが確定するものだと端から思っていた俺は混乱した。


「とにかくよろしくね」
「これから、よろしくな」


「……あっ。こ、こちらこそ、よろしくお願いします……」

935: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:48:24.61 ID:t4lG1/uao


 このあと3、4年生が全員そろったところで指導教官の先生がやってきて顔合わせをした。
 不思議なことに教養で時期が被っていた3・4年生は誰も俺のことを「ヒキタニ」と間違わなかった。

 雪ノ下のおまけとしての俺の知名度は抜群のようだった。
 それにしても、俺が毎日知恵熱を出すくらい勉強してどうにかこうにか滑りこむことができた大学に
通う連中のことだけはある。
 俺の名前を正しく認識しているとは、相当記憶力が良いと見えた。

 しかし、指導教官の先生だけは俺の名前を読み間違えた。
 でも、さすがは中世日本史専攻の先生だ。
 「ヒキタニ」なんて屈辱的な呼び名ではなく鎌倉にかつてあった古地名の「ひきがやつ」と間違えた。

 どうやら鎌倉幕府の研究が専門の先生のようだ。
 ちなみに鶴岡「八幡」宮は鎌倉市の「雪ノ下」にある。
 これ豆な。
 雪乃にこれを教えるとデレて悶死しそうだから黙っているけど。
 それに、次の日あたりに婚姻届を持って迫ってきそうでなんか怖い。
 嫁にもらうのではなく、婿にもらってくれるのなら大歓迎だけど、雪乃はそんなことは絶対に許して
くれないだろう。


936: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:50:04.16 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


 7月になった。
 試験期間真っただ中だ。

 相変わらず友達がいないという点では、ぼっちといえばぼっちだ。
 しかし、完全に孤高なるぼっちというわけではない。

 今は、空きコマを1つ挟んで次の試験の時間まで研究室で休んでいるところだ。
 これまでの俺だったら絶対こんなところに寄りついてはいない。

 この研究室には、筋金入りの歴史マニアが集まっている。
 俺もその一人。
 特定の友人はいないが、歴史談議には自然と花が咲く。

 「上杉謙信があと10年長生きしたら、織田信長を滅していたか」
 「島津四兄弟があと20年早く生まれていたら、どこまで制圧していたのか」

 この手のマニアックな話題を次から次へと思いついては、毎日飽きもせず議論している。
 俺もそうだが、趣味=専門となっている連中ばかりなので、皆会話には困らない。
 
 きっと、今までみんなこんなマニアックな会話をする相手に恵まれて来なかったのだろう。
 だから、その反動で研究室内がこんな雰囲気になっているのかも知れない。
 その証拠にぼっちマイスターの俺が一目置くぼっちスキルの持ち主が何人かいる。
 しかし、彼らが専業主婦を目指しているかどうかは不明だ。
 でも、そんなことはどうでもいい。
 相互不干渉、相互不可侵がぼっちの鉄の掟である。

 やはり、ぼっちはぼっちとぼっちに過ごすに限る。
 とどのつまりこういうことだ。

──  ぼっち最高! いや、最強!

937: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:51:51.70 ID:t4lG1/uao


「よし、できた!」

 プリンターから出てきたA4用紙をニヤニヤしながら見つめた。
 今日は午前で最後の試験が終わった。
 すぐに自宅に帰ると気分よく前期最後の課題をこなしていた。
 ちょうど仕上がったところで、あとはプリントアウトしたこの文書の中身をチェックして、先生にメールを
送るだけだ。
 これで、俺も夏休みに突入だ。

 このあと家庭教師のバイトがあるのがちょっと面倒だが、それでも夏休みへの期待感で満ち溢れて心躍っていた。
 文書の中身のチェックも完了した。

 えーと、……送信の前に旅程を確定しないといけなかったな。
 宿やら飛行機やらの予約を取ってからの送信になるな……。

 時計を見ると存外に時間が経っていた。
 そろそろバイトに出かけなければならない。

 残りは帰って来てからの作業となるが、今日中には先生にメールができそうだ。
 読み終えたばかりのA4紙を机の上に置くと、小町に声をかけてバイトに出かけた。

938: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:54:03.50 ID:t4lG1/uao


「八幡、これはいったいどういうことかしら」

 バイトを終えて家に帰ると、不機嫌オーラ全開の雪乃が俺を迎えた。
 玄関に仁王立ちしているとか、お前金剛力士像なの?
 突然すさまじい殺気を放ちながら口を開いたかと思うと、氷漬けにされてしまいそうな冷たい表情で
俺を射すくめると固く口を結んだ。
 なにそれ、一人で阿形と吽形の役でも演じているの?
 怖くてトラウマになりそうなんだけど。


「あなた、私に隠れて楽しいことを企んでいたのね」

 夫に浮気の証拠を突きつける妻のようにA4用紙を俺の目の前にかざした。


「それか……。夏休みの宿題の計画書なんだけど……」


「……いいわ。まずは、お上がりなさい」

 いや、ここ俺の家なんだけど。

939: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:56:48.98 ID:t4lG1/uao


「……3泊4日四国の旅だなんて大層なご身分ね。羨ましいわね」

 さっきから幾度となく繰り返されるこのセリフ。
 繰り返すたびに刺々しさが増しているのは気のせいだろうか。
 それに雪乃は海外旅行どころか留学歴だってある。
 それなのに四国旅行ぐらいでなんでこうもネチネチと言われなければならないのだろうか。


「だから、先生から出された宿題なんだって……」

 こちらは繰り返すたびに弱々しくなっていく。
 雪乃の執念深さにはほとほと参ってしまう。


「この旅行はいったい誰と行くのかしら」

 何が言いたいの?
 俺と一緒に旅行に行きたいと言うような異性なんて小町ぐらいしかいないんだけど。
 結衣だって今は彼氏がいるし、仮に誘ったところでキモいとしか言わないと思うんだが。


「だから、一人旅だって……」

 さっきもこう答えた。
 いつまで続くのこの無限ループは……。
 小町の作ってくれたシチューが冷めちゃってるんですけど。

「えっ?! 誰と?」

 お前の耳って絶対俺の目よりも腐敗が進んでいるだろ。

「だから、一人だって!」

 ちょっとイラッと来てしまって大声で返してしまった。
 ヤバッ、やりすぎたかな?
 雪乃が凹まなければいいけど……なんて思っていたら大間違いだった。
 キッと般若のような形相で睨んできた。
 もう嫌だ。

940: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 19:58:34.01 ID:t4lG1/uao





「なぜ……、一人なのかしら……」

 もうなんという声音なの。
 いや「怖」音といった方がいい。
 それとも、「恐」音?


「そりゃ、だって大学の……」

 小町が何やら俺にサインを送っていた。
 人差し指を立て口の前でチッ、チッと振っている。


「なぜ、一人なのかしら」

 小町のサインでようやく雪乃の意図が理解できた。
 はー、仕方ない……。


「雪乃……、良かったら俺と一緒に四国に行かないか」


「ええ、もちろんよ、八幡……」

 急に目をキラキラと輝かせ、柔和な表情に変わった。
 こいつ何面相なの?
 十一面観世音とかそんな穏やかなやつじゃなくて、阿修羅とかの類でしょ、あなた。


「せっかくのお誘いを断ったら八幡がかわいそうじゃない。私以外にあなたと旅行に行っても構わ
ないなんて言う女性なんかほかには誰もいないでしょ」

 そう言うと、ウインクをしながら小首を傾げてきやがった。
 俺が一番弱い仕草を熟知しているだけあってたちが悪い。

 俺っていつもこの仕草に騙されているよな……。
 ここまでわかっていながら、雪乃の虜になっている俺。
 多分、この先の人生には「比企谷八幡下僕エンド」が待っているのだろう。
 

「そうね……、祖谷に行くというのならやっぱり、かずら橋ね。それに、大歩危小歩危で
遊覧船にも乗りたいわね……」

 さて、日程を1日、2日伸ばしてもう一度旅行計画を練り直した方がいいかもな。
 ルンルン気分で一人盛り上がって饒舌になった雪乃を見て、俺と小町は苦笑したのであった。

941: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:03:27.98 ID:t4lG1/uao


「やっとできたか……」

 雪乃と旅程を練ること3時間、ようやく完成した。
 飛行機のチケットとレンタカーの予約は俺が、ホテルの予約は雪乃が行った。

 これで旅程が確定したので、先生にメールを送信した。
 思わず、ファー……と生あくびが出てしまった。
 ここ数日、試験勉強で寝不足になっていたのだ。


「これでばっちりね!」

 そう言うと雪乃も大きく伸びをすると俺にもたれかかってきた。


「ところで、雪乃……。玄関で待ち構えていたからびっくりしたんだけど何か用でもあったの?」

 ほんと、さっきは金剛力士像よりもおっかなかったぜ。


「そうだったわ……。昨日、八幡の部屋に本を忘れていったの。それを取りに来たのよ……」


「ああ、これか。」

 机の端に置かれていた分厚いハードカバーの表紙には小難しい専門用語が書かれていた。
 文系の俺には中身がまったく想像できない。
 「プルームテクトニクス」って何?。
 「プレートテクトニクス」なら知っているんだけど。

 おっと……、雪乃の話の途中だった。


「……それで、小町さんに頼んで部屋に上げてもらったのだけれど、偶然この旅程表を見つけてしまって……」


「それで、俺が詰問されたんだな」

 意地の悪い口調で返してやった。


「……。もういいでしょ。こんな可愛い彼女と一緒に5泊6日の旅行に行けるのだから」


「まあ、それについては異存はないけどな」

 雪乃を抱き寄せて髪を撫でてやる。
 いつ触れても手触りがいい。

 
「小町さんは明日も試験があるのだから、まだ勉強しているのでしょ。隣の部屋でいちゃつくのはどうかと
思うのだけれど」

 照れ隠しに俺からパッと離れた。
 先にもたれかかってきたのはあなたの方でしょ、雪乃さんよ。

 なんとか大学に入ることができた小町は、明後日まで前期の試験があるそうだ。
 大学に入っても相変わらずアホの子の小町は、ヒーヒー言いながら毎日勉強している。
 そのため、最近毎朝俺以上にゾンビのような目をしている。

942: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:04:19.50 ID:t4lG1/uao


「……ところで、あの旅程表は何の課題だったの?」


「おいおい、怒りに任せて俺の話を聞いてなかったのかよ……」


「え、ええ……」

 珍しく自分の非を認めた。
 明日は強風で京葉線が止まるかもしれない。
 大学までは総武線で通ってから問題はないけどね。


「俺の研究室って中世が専門だろ。それで、テーマを決めて夏休み中に中世の史跡巡りをしてレポートを
書けって宿題が出されたんだよ……」


「ええ、聞いていたわよ」

 なんだよ、ちゃんと聞いてんじゃねーかよ。

「さらにいうと、うちの先生って鎌倉幕府が専門だろ。だから、成立過程にあった源平の合戦に興味を持っ
たんだ。そんで、そこから派生して平家の落人伝説も調べてみようと思ったわけ。それで、四国に行って
屋島の史跡と平家伝説の史跡を巡ることにしたんだ。で、あまりにもマニアックな内容だから、一人旅にし
たわけ」


「確かにマニアックね。でも、八幡と一緒なら、その……どこでも構わないのだけれど」

 雪乃はボソボソ言いながら照れる。
 最初からそう言ってくれれば、怖い思いをしなくてよかったのにな。
 俺に女心を理解しろとかどれだけハードル高いんだよ。


「で、本当はお前とはハウステンボスにでも行こうと思ってたんだぜ。今回の旅ですっかり金欠になりそ
うだからやめにするけど」


「そう……。一応は私との旅行も考えてくれていたのね」

 雪乃は満足げに答えると、小さく欠伸を一つした。
 そろそろ日が変わりそうなので、ここでお開きにして雪乃を家まで送っていった。

 さて、雪乃と行く四国旅行。
 どんな旅になるのか今から楽しみだ。

943: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:09:02.59 ID:t4lG1/uao

    ×   ×   ×   ×

「ちょ、ちょっと、八幡。置いていかないでよ……」

 俺の袖口をグイグイと引きながら雪乃が言った。


「さしもの雪ノ下でも高所恐怖症だったんだな」


「そ、そんなことあるわけないじゃない……」


「いてて……。だから、思いっきり袖を引っ張んなよ」


 俺たちは今、鳴門にいる。

 朝一で成田から関空までLCCに乗って、さらに関空から神戸空港までは高速船で移動した。
 そのあと、レンタカー会社の車で神戸市内まで送迎してもらい、そこで車を借りた。
 そして、明石海峡大橋を渡ってまずは淡路島に入った。

 淡路ICで高速を降りると松帆の浦へと向かった。
 藤原定家が「来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ」と詠んだ場所だ。
 定家自身が編纂した百人一首にも収録されている和歌だ。
 白砂の海岸を想像していたが、礫がゴロゴロした海岸だった。

 雪乃とは百人一首談義をした。
 互いに予備知識を持ち合わせているので、話が盛り上がった。
 やはり雪乃と付き合っていて良かったと思う。

 ちなみに百人一首には定家が家庭教師をしていたとされる式子内親王の和歌「玉の緒よ絶えなば
絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする」が収録されている。
 この二人は恋仲だったが成就できなかったという説がある。

 そのため、この百人一首には互いのことを想って詠んだ2篇の和歌が収められているという説まで
あるのだ。
 俺と雪乃は互いに想い合っているふたりでいられることの幸せさをかみしめて、次の目的地へと
向かった。

944: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:11:06.84 ID:t4lG1/uao


 15分ほど進むと北淡震災公園に着いた。
 阪神淡路大震災の震央近くにある場所だ。
 震央とは震源の真上にあたる地上地点を指す。
 つまり、震源とは地中を指している言葉なのだ。

 ここには野島断層と呼ばれる断層が保存されていた。
 俺たちふたりは、自然の脅威をまざまざと見せつけられた。
 雪乃は緊張した面持ちでずっと俺の手を離さなかった。
 こうして、淡路島を回った後、再び高速に乗ると大鳴門橋を渡って四国に入った。


 そして、現在、大鳴門橋の橋桁の下に設置された「渦の道」と呼ばれる通路を歩いている。
 450m続くこの通路は、海面からの高さ45mのところにある。
 足元には、鳴門の渦を覗き込むことができるガラス窓が設置されている。
 ちょうどまさに今、渦がものすごい勢いで発生している。

 高さ45mといえば、建物に換算するとちょうど15階くらいの高さだ。
 雪乃の部屋もマンションの15階にあるが、ここは海の上だ。
 周りに建造物がないせいで、数字以上の高さを感じる。
 俺も決して高いところや絶叫マシンが得意なわけではないが、雪乃ほど恐怖を感じてはいない。


「雪乃、服を引っ張りすぎだ。痛ぇよ……」


「八幡、あなた歩くのが早すぎるわよ。女性のエスコート一つ満足できないのかしら」

 悪態をつきながら、なおも服をグイグイ引っ張ってくる。

このあと、高松に入る前に平賀源内記念館を見学する予定だ。
 なんせここには、解体新書の初版本が展示されている。
 これはどうしても見ておきたい。
 だから、いつまでもここで油を売っているわけにはいかないのだ。


「ったく、仕方ねーな……」

 冷やかしの視線が周囲から注がれたが気にしている場合ではない。

「は、八幡……、こ、これはいったいどういうつもりかしら……」

 雪乃はへっぴり腰になってろくに歩くことができない。
 そこで、先に進むために最終手段に出たのだ。

 俺にお姫様抱っこされた雪乃は羞恥に身もだえていたのであった。

947: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:18:30.89 ID:t4lG1/uao
 


    ×   ×   ×   × 

「雪乃……、これは……」 

 ホテルの部屋について中に入るとダブルベッドが目の前にあった。 


「何かしら?」 

 涼しい声で雪乃は答える。 


「これって……」 


「ダブルベッドよ。何か?」 

 雪乃はこれ以上余計なことを喋ったら[ピーーー]わよという殺気を放っていた。 

 雪乃と旅行に来るのは3度目だが、ダブルベッドは初めてだ。 

 最初の旅行で、俺はシングルを2室取った。 
 雪乃は不機嫌そうにジト目を向けてきた。 

 次の旅行で、俺はシングルツインを1室取った。 
 ツインかと思ったらシングルの部屋だった。 
 だって俺、旅慣れていないんだもん……。 

 当然、そんな言い訳が通じるわけはない。 
 雪乃をその部屋に宿泊させたが、その日はほかに空室がなかった。 
 俺は別のホテルに自分の部屋を取ったため、雪乃から激しく罵られ、次の日も口をきいてもらえなかったの 
であった。 

 そして、3度目の今回は雪乃が部屋を取った。 

 あまりにも大胆すぎる雪乃にドキドキしてしまった。 
 あのー……、そのー……、俺、アレを用意していないんですけど……。 
 いきなり責任取るとか、貧乏学生なのでまだ無理ですが、何か? 


「……まぁ、なんだ。その……、安着祝いってことで飲まないか?」 

 やべー、雪乃のことを急に意識し始めて、俺の中で妄想が止まらなくなっている。 
 それに雪乃はチェックインの時にちゃっかりと「比企谷雪乃」とかいう偽名を名乗っていた。 
 これで意識しない方がおかしい。 
 酒でも飲んで気を紛らわせないと正気を保っていられない。 
 いつまでもモラトリアムをやっていたいのに、俺の歳で父親になるとかマジ勘弁。 


「ええ、いいわよ」 

 ホテルの自販機で缶ビールを2つ買って乾杯した。 
 今日は、早朝に千葉を出発して高松までやって来た。 
 なかなかなの移動距離だ。 

 くーっ、ビールが五臓六腑に染み渡る。 
 下戸である俺と雪乃は、たちまちノックアウトされ、懸念された事案は発生しなかったのであった。

946: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:16:36.01 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   × 

 
 旅行2日目。

 今日は、屋島の史跡巡りだ。
 屋島の史跡マップを事前に手を入れたが、これには結構な数が載っていた。
 それらを今日は、1日いっぱいかけてそれらを回るのだ。

 雪乃は旅行前に源平ものの本を読み漁っていて、俺に付き合う気満々のようだ。
 そんな雪乃のしおらしさが可愛らしい。

 騎上の那須与一が平家の船上に立てかけられた扇を射抜いた際に願をかけた「願い岩」、義経が弓矢を
敵兵の前で流してしまい慌てて熊手でかき集めたという「義経の弓流し」、まな板を持っていなかった源
氏の兵が調理のために平らな背中で野菜を切ったという「菜切り地蔵」などさまざま史跡や伝承の地を
訪れた。
 それにしても、地蔵の背中で菜っ葉を切るなんてなんて罰当たりなんだろう。


 そして、午後からは屋島"本島"へといった。
 屋島は地形学的には四国本土から独立した島だが、法律上では四国本土に含まれるという。
 幅数mの海峡が彼我を隔てているが、法律上では川として扱われているため、陸続きとみなされているのだ。

 ここでは、山頂まで登り、願掛けに「瓦投げ」をして楽しんだ。
 俺も雪乃も互いに何を願ったかは内緒にしたが、きっと同じことを考えていたのだろう。


「ところで八幡、ここから『檀ノ浦が見渡せる』って書かれているのに、九州がどこにも見当たらないのだけれど」

 雪乃が小首をかしげて尋ねてきた。


「いや、『だん』の字が違うから。関門海峡の方は土偏の『壇』で、こっちは木偏の『檀』なんだわ」

 確かにこれはマニアでなければ、勘違いするかもな。
 雪乃と同じ感想を持った奴はきっとほかにもたくさんいることだろう。


「八幡、知っていたのであれば、なぜもっと早く教えてくれないのかしら」

 なぜ、この俺に矛先を向けてくるのかしら?
 そんなことを言おうものなら「何か?」と返されるのが関の山なので、軽く聞き流すことにした。

 山上めがけて吹き抜けてくる風が気持ちいい。
 しばし、壇ノ浦ならぬ檀ノ浦の眺望を楽しんだ。 

 史跡巡りを終えたあと時間があったので、高松平家物語歴史館へ寄った。
 ここには、平家物語に描かれている数々のシーンが膨大な数の蝋人形で再現されている。
 壇ノ浦の合戦の様子を描いたものなんて、まさに地獄絵図そのものだ。

 ここでも、展示の演出に怯え、俺に縋り付いてくる可愛い雪乃の姿を見ることができた。
 こんな雪乃なら何度でも見てみたい。

 結局、この日も歩き回った疲れでベッドに入るなりすぐに眠りについたのであった。



948: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:21:38.10 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   × 


「八幡、さっきから『揺するのはやめて欲しい』と言っているのだけれど……」

 雪乃が震える声で懇願してくる。


「俺は何も揺すっちゃいねえ……。おい、おい、急に引っ張んなよ。揺れて怖いだろうが」


 旅行3日目。
 俺と雪乃は奥祖谷の二重かずら橋にいる。

 ここにはシラクチカズラという植物の蔓で架けられているかずら橋が2つ並んでいる。
 別名「夫婦橋」と呼ばれる。
 この橋は足元が格子状に木が組まれているので、川の水面が覗いて見える。
 高所恐怖症の人間にとっては、かなりの絶叫スポットだ。

 この日は、香川県から徳島県に入った。

 脇町のうだつの町並み散策をした後、祖谷のかずら橋を回って奥祖谷までやって来た。
 雪乃は祖谷のかずら橋でも同様に怯えていたにもかかわらず、性懲りもなく二重かずら橋
にも行きたいと言った。

 それにしても、雪乃はいったいどういう学習能力をしているのだろうか。
 この植物だけで作られた吊り橋の上で、雪乃はさっきからフラフラしている。
 ただでさえ、その振動で橋が揺れているのに急に服を引っ張ってきて俺を急停止させてく
れるのだ。
 だから、さらに揺れてしまい、俺もかなりの恐怖を感じている。

 さすがにここでは、初日の「渦の道」のようにお姫様抱っこをするわけにはいかない。
 橋の真ん中で立ち往生してしまったのだが、どうすりゃいいんだよ?

 吊り橋で出会った男女は恋に落ちやすいだとかいう「吊り橋理論」なるものがあるが、今まさに
俺が置かれている状況はそんな理論とは真逆だ。
 恋ではなく、豊かな水量を湛える祖谷川に落ちてしまいそうだ。


「雪乃、頼むから引っ張らんでくれ。ゆっくりと手を引いて歩くから、それで辛抱してくれないか」


「ええ。……八幡頼むわ」

 雪乃は顔を赤らめているが、俺の顔は青ざめている。

 ちょっとこれって不公平じゃないか。

949: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:25:47.56 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   × 


「さてと、今日の宿はここだ」


「えっ……。これって民家ではないのかしら……」

 俺たちは農家民宿なるところへやって来た。
 予約は雪乃が入れたが、この宿はもともと俺が見つけたのだ。


「ああ、ここは山間部の農家の生活体験ができる宿だ」

 俺たちがこれから2日間泊まるのは茅葺の家屋だ。
 この家屋が丸々一棟俺たちにあてがわれるだ。


「それにしても、まだ15時なのだけれどチェックインするにはまだ早すぎるのではないかしら」

 平家屋敷やら資料館やら色々と見学する場所があるにもかかわらず、それらをスルーしていること
に雪乃は疑問を感じた。


「いや、それはな……」

 部屋の鍵を借りに向かいながら事情を説明しようとしていると、向こうから一人の男性が駆け寄って来た。


「き、君が比企谷くんだね」

 三十をちょっと過ぎた男性が何やら焦った口調で話しかけてきた。


「はい、比企谷です」


「えっと……これ鍵ね。あと、こっちが納屋の鍵。納屋の中に冷蔵庫があるから。その中に2日分の食材があ
るから使って……。えっと、それから薪もあるから。……あー、君たち薪割りしたことがあるかい?」

 とにかく焦っている様子だ。
 次から次へとまくし立てるように話すので、頭をフル回転して情報を叩きこむ。


「あのー、どうかなさったのですか?」

 きょとんとしている雪乃をそのままにして、質問した。

「つ、妻が急に産気づいたんだ。予定日までまだ一月あるのに、ついさっき急に産気づいたんだ。妻は持病持ち
だからこれから病院に駆けつけるところなんだ……」


「な、何かお手伝いできることがありますか?」

 なんか知らないけど、俺まで焦って来ちゃったよ。
 ぼっちは突発な出来事には弱いのだ。


「そ、そしたら、ちょっと頼むよ……」

950: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:27:11.39 ID:t4lG1/uao


 ── 10分後

 オーナー夫婦は小一時間離れた町場の病院めがけて出発した。
 俺の手には連絡先のメモが握られていた。
 オーナーの携帯の番号と10分ほど離れたところに住むオーナーのご両親宅の電話番号だ。
 あまりにも突然の出来事で、雪乃とふたりでしばらく放心状態になっていた。


「八幡、私たちだけになってしまったのだけれど、何をしたらよいのかしら……」

 すがるような目で俺を見つめる雪乃は、そっと俺の袖口を引っ張った。


「そうだな、まずは薪割りだな」

951: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:30:31.37 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「八幡、鉈を渡すわね……」


「ちょっと待ったー! 雪乃!!」

 鉈をさやから取り出そうとする雪乃を大声で静止した。


「鉈を渡すときはこうやるんだ……」
と実演してみせた。

 鉈の刃は大変鋭い。
 はさみや包丁と同じ感覚で刃の部分を持って渡そうものなら、たちまち5本の指を失ってしまう。
 薪割り台にザクッと刺して手を離したところで、柄の部分を持ってもらうのが正しいやり方だ。
 あと、防刃手袋をつけた方が良い。
 これは、中学の時に千葉村で教わった知識だ。

 ちなみに、奉仕部の合宿の時、戸部が振りかぶって薪を割っていたがあれも間違いだ。
 薪割り台に薪を載せたあと、薪の上にしっかりと鉈の刃をあてがってさせてからゆっくりと刃の重みで
下ろしていくのが正解だ。
 また、薪が固いときは鉈の刃を同じくあてがってから別の薪で刃の部分を叩くのだ。
 雪乃と一緒に1時間で3束の薪を割った。

 さて、薪割りが終わったから今度は火おこしだ。
 かまどに薪をくべ、火をおこす。
 火打石はうまく使えないので、火おこし器で種火をおこした。
 これは佐倉の国立歴史民俗博物館のイベントで覚えてきた。
 俺はディズニーランドと歴博の年間パスポートを両方持っている。
 俺の千葉愛は誰にも負けないつもりだ。

 ところで、さっきから雪乃が向けてくる視線が妙に熱を帯びて色っぽい。
 気の迷いをおこしてしまいそうになったので、すぐに気持ちを切り替えて食事の準備をした。

 煤汚れが取れやすいように底をクレンザーで塗ったくった鍋と釜でカレーライスを作って食べ終えると、
すぐに洗い物をして風呂の準備を始めた。
 ここまでノンストップで3時間ちょっと。
 井戸から水を何往復もして運んでこなければならないので、なかなかの重労働だ。

 雪乃は人並み外れて体力が無いのだが、明日は大丈夫なのだろうか?

952: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:37:54.51 ID:t4lG1/uao


「すっかり暗くなったわね。あの時間帯に宿に入って正解だったわね」


 山奥にあるので千葉よりも暗くなるのが早い祖谷。
 雪乃は今日の早い時間帯のチェックインに疑問を感じていたが、どうやら理解したようだ。

 風呂をあがってようやく一息つけた。
 しかし、そうゆっくりはできなかった。

 ランプの灯りのもと、メモ帳に今日見学してきた内容をまとめる作業をしていた。
 この家屋には電気が引かれていない。
 当然コンセントもない。
 パソコンは全く使えないので、手書きで記録をまとめていた。


「八幡、まだ終わらないのかしら」

 雪乃が不機嫌そうに声をかけてきた。


「あともう少しで終わるから待っていてくれ」

 雪乃が持参したシャンパーニュロゼを啜りながら答えた。


「本当に少しなのかしら」

 俺のメモ帳を覗き込んできた。


「ああ、あと10秒もあれば終わる」

 最後の一文を書き留め終えると、雪乃が肩にもたれかかってきた。


「あなたって、以外にまじめなのね」


「そりゃ、単位がかかっているからな」


「それに……、今日はその……、とても頼もしかったわ」


「まぁ、俺はアウトドア向きではないからな」


「ただの引きこもりかと思っていたのだけれど……、す、素敵だったわ」

 ランプの揺らぐ炎のせいか、雪乃が艶めかしく見えた。
 髪をアップにしているので、うなじが覗いている。
 ドキッとした俺は思わず紅潮しているうなじを凝視してしまった。

 しばらく互いのことを見つめ合って極上の沈黙の時間を過ごした。
 雪乃とはこうしているだけで幸せだ。
 互いに口数が少ない分、無言でいても苦に感じない。
 むしろ、俺たちは静寂のひとときを楽しんでいるきらいがある。

 不意に谷崎潤一郎の『陰翳礼賛』を思い浮かべてしまった。
 初めて読んだとき、日本で初めてスワ    をした変 が何を言うと思ったが、この状況では
谷崎の言わんとしたことがなんとなくわかった気がする。

 まぁ、でも、あれだな……。
 谷崎が美しいと言っているものより、雪乃の方が間違いなく美しい。
 異論は断固として認めない。

 そんなことを考えていると、雪乃は俺の胸に顔をうずめて静かに寝息を立てた。
 テレビも見れないことだし、今日はもう寝るとするか。

953: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:44:04.77 ID:t4lG1/uao

    ×   ×   ×   ×

 痛ぇ……。
 右腕に痺れと痛みを感じて目を覚ました。
 昨日、何度も井戸から水を運んだから筋肉痛になったのだろうか。

「?!」

 痺れと痛みの正体は雪乃だった。
 俺の右腕を枕にしていた。
 何の夢をているのだろうか?
 穏やかな笑みを湛えながら雪乃は美しい寝顔を見せていた。
 雪乃もこうして黙っていれば、美人なのにな。

 舌鋒鋭い雪乃の暴言に日々貶められている俺。
 なんだ、もっと、その……、自身の胸のように慎ましやかな態度接してくれればありがたいのだが。
 そんな雪乃に惚れてしまったのだから仕方がないといえばそれまでだ。

 さて、どうしようものか。
 尿意を催すがこの状況では、トイレには行くにはいけない。
 いつまでもこの寝顔を見ていたい気持ちと尿意との狭間でジレンマを抱えていた。


「んっ……」

 雪乃が目を覚ました。


「! ……八幡、あなたの顔を見ると一発で目が覚めてしまったわ」

 目覚めの開口一番、いきなり悪態をつかれた。

「雪乃、普通はここで、おはようじゃないのか……」

 呆れた口調で返した。
 しかし、いつものように無視された。


「ところで八幡、なぜあなたと同じと布団で寝ているのかしら」

 目を開いたものの俺の腕から頭をどける気配はない。


「いやいや、お前が俺の蒲団に入ってきたんだろ……」
 それに俺の腕、めちゃくちゃ痺れていたいんだけど。

「そうかしら。夜中に目が覚めた時、八幡が隣にいないから寂しかったのだけれど」

「おいおい、今の思いっきり矛盾してるだろ」


「そうかしら……」

 急に顔を真っ赤にした雪乃。
 眼前30センチのところで、いつもより大写しに見える雪乃の顔を見ていると、こっちまでドキドキしてきた。

「ところで、俺はトイレに行きたいんだが……」

 そろそろ我慢の限界に近付いてきた。


「そう……。八幡、あたな使えないわね。せっかくいい枕を見つけたのに」

 俺は枕扱いかよ。
 どうせなら抱き枕とかにしてくれない。
 あんまり当たるところがなさそうだけど、特に胸とか。

 家屋の外にあるトイレで用を足し、手水で手を洗って戻ってくると布団が片づけられていた。


「なにお前、これからラジオ体操でもしに行くの? 俺は夏休みサボっていた方なんだけ


「だ、だめよ、八幡。布団に一緒にいたら……」

 なんで雪乃と一緒に布団の中にいる前提なんだよ。

 俺は寝たい。
 ひとりで寝たい。
 それと、腕がまだジンジンしていて痛い。

954: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:45:45.05 ID:t4lG1/uao


 手桶に水を汲みに外に出ると、60過ぎの夫婦がやって来た。


「お兄ちゃんががここに泊まった人かい?」


「ええ、そうです」


「昨日は息子夫婦が迷惑かけてすまなかったね。これ朝食だから」

 夫婦の手にはふたり分の食事があった。
 どうやら差し入れのようだ。


「あいすみません。お気遣いただきまして、どうもありがとうございます」

 うやうやしく礼を言った。


「ところで、奥さんは中にいるのかい?」

 俺たちのことを夫婦だと思っているらしい。


「え……え、まぁ……」

 どう反応したらよいかわからず、中途半端な答えになってしまった。


「あのー、実は平家伝説について調べに来たのですが、平家にゆかりのある方ですか?」

955: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 20:49:57.04 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「新婚さんだと思ったけど、学生さんだったんだね」

 食事後、まだ6時をまわったばかりだというのにご夫婦のご厚意に甘えて家に上げてもらっている。
 平家一門の末裔の方のようで、伝来の品を見せてもらったり伝承を聞かせてもらったりしていると
ころだ。

 許可をいただいてICレコーダーに録音させていただいているが、こうして雑談を挟みながら話を伺
っている。
 俺と雪乃ののろけ話もところどころ録音されている。
 あとからこれを聞き直してレポートにまとめるとかなんていう拷問なの?


「朝ごはんを用意してくださってありがとうございます。朝からまた2時間コースで炊事をする覚悟だった
ので助かりました」

 雪乃は慇懃に謝辞を述べた。


「あなたたちは、若いのに息子たちから何も教わらないで普通に炊事、風呂焚きができたのだから大した
ものね」

 雪乃は褒められてちょっと照れていた。
 しかし、薪割り、火おこし、風呂焚き、それほとんどやったのは俺なんだけど。

 一通り話を伺うとご夫婦が尋ねてきた。


「ところで、『農業体験』は何を申し込んだんだい?」


「山菜摘みと豆腐作りです」

 雪乃が答えた。
 ところでこれって農業体験なのか?
 春や秋だったらいろいろと農作業があったのだろう。


「君たちは、日中は取材で忙しくなりそうだから、早速始めようか」

 旦那さんは年季の入った農協マークのつば付き帽を被るとスクッと立ち上がった。

956: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:00:10.25 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「雪乃ちゃん、これは何かわかる?」

 俺たちは今、夏の山菜摘みをしている。
 今晩の夕食のおかずにするのだ。

 奥さんは雪乃のことが気に入ったようで、さっきからこうして話しかけている。


「これは、ミツバかしら」


「そうよ。雪乃ちゃん、正解よ。ねっ、八幡くん、良い奥さんになりそうね」

 いたずらっぽく笑いながら、俺と雪乃を見る。
 ふたりとも顔を真っ赤にして黙り込んでしまった。


「あら、初々しくていいわね。あっ、これこれ、八幡くん、これは何かわかる?」

 さっぱりわからない。


「八幡くん、君が大好きなものだよ」

 ニヤニヤしながら旦那さんの方が俺にヒントを与えてくれた。


「も、もしかして、これって……、ユ……ユ……」

 恥ずかしくて頭文字でストップしてしまった。
 雪乃はわからないらしく小首をかしげていた。


「さぁ、八幡くん。男らしいところを見せないとね。あなた大好きなんでしょ」

 奥様からとどめの一言をにっこりと言われる。
 なにこの拷問。
 正解したら雪乃がデレたのを見て悶死、不正解だったら雪乃に睨まれて獄門死……ゴクリ。
 ちっとも逃げ場がない。


「さぁ!」

 うっ……、もう逃げられないか。


「ユ、ユキノシタです……」


「だって、雪乃ちゃん!」

 雪乃ちゃんをつつきながら奥さんがニヤニヤしている。
 雪乃は顔から火が出たように真っ赤になっていた。
 もちろん、俺もだ。

957: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:03:42.27 ID:t4lG1/uao


「こ、これって、毒草ですか?」

 そう尋ねると、急にほてりを覚まして冷気を帯びた表情で雪乃が、


「何か?」

とすごんできた。
 怖っ!


「これは胡麻和えのおひたしや白雪揚げって天ぷらにして食べたり、熱さましや火傷、凍傷に効く薬草としても使われるんだよ」

 旦那さんが教えてくれた。


「凍傷に効くんじゃなくて、凍傷になるの間違いじゃないんですか」


「八幡、あなた何て言ったのかしら」

 雪乃はギロリと睨んでくる。
 凍傷どころか氷漬けにされてしまった気分だ。


「可愛い彼女さんなんだから、ほどほどにしておきなさい、八幡くん……」

と奥様にたしなめられた。

 あのー、いつも攻撃にさらされているのは俺の方なんですけど。


「……だって、雪乃ちゃんは奥さんになる人なんでしょ。比企谷雪乃って名前で宿泊を申し込んできたんだから」


「!……」

 雪乃は思わぬ暴露で固まってしまった。
 いや、知ってるって、お前は高松のホテルでもやってただろ。

 終始、ご夫婦のペースに狂わされっぱなしのまま俺たちは散策を兼ねた山菜摘みと豆腐作りを終えた。
 そのあと、旦那さんが方々に連絡を取ってくれたおかげで、山の斜面いっぱいに広がる集落でのレポート
取材はスムーズに進んだ。
 ほかにも平家屋敷や資料館を回ったり、祖谷峡に足を延ばしたりと祖谷の自然と風土を満喫して日中の行程
をこなした。


 夕方からは「『夫婦水入らず』のところ押しかけてごめんね」とご夫婦がやって来た。
 一緒に炊事をして朝積みの山菜や作った豆腐を堪能した。
 特にユキノシタの白雪揚げがおいしかった。

 やはりここでもこのご夫妻のペースに乗せられ、しどろもどろの俺と雪乃だった。
 俺らでは銀婚式をとうに向かえたこのふたりにはどうあがいてもかなわない。
 そんなこんなで楽しいひと時もお開きムードになった頃、旦那さんの携帯が鳴った。


「おーー、そうか! おめでとう!!」

 どうやら無事出産したようだ。
 奥様とも話した後、俺たちに携帯が手渡された。


「比企谷くんたち、ほんとにすまなかったね。でも、おかげさまで無事長女が産まれたよ!」

958: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:07:37.19 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「どうもお世話になりました。お元気で」
「本当にお世話になりました。お体ご自愛ください」


「比企谷くんと雪乃ちゃん、今度は結婚したらまたおいでね」
「ふたりとも待っているぞ」


 別れの言葉を交わし、祖谷をあとにした。

 今日は5泊6日の旅行の5日目だ。
 今日は四国から本州に向かい、神戸まで行くのだ。


「ご夫婦には本当に良くしていただいたわね」


「ああ、本当に来てよかった」

 祖谷での2泊3日のことは生涯忘れられないだろう。
 本当に濃密な時間を過ごすことができた。


「さて、若夫婦の病院にも寄ってみようか」


「そうね、贈答の品を買っていきましょう。でも、その前に大歩危小歩危の川下りをしていかないと……」

 そういえば、雪乃はじゃらん片手に楽しそうに調べていたなぁ。


 遊覧船は俺たちふたりだけの貸し切り状態だった。

 徳島方向で大きな事故があって国道が一時通行止めになっているせいだという。
 そこを通っていく予定だが、しばらく観光して通行止め解除を待つのも一つの手だろう。
 船頭さんとの会話を楽しみながら、奇岩怪石が織りなす渓谷の清流を満喫した。

 これまで俺も雪乃も大股で歩くと危険、小股で歩くと危険ということから「大歩危」「小歩危」と地名がつけられたと
見聞きしていたが、これは誤りで崖を意味する「ほけ」「ほき」という言葉に由来するものだそうだ。

 こういうことを知るのはまさに旅の醍醐味だ。

959: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:10:07.86 ID:t4lG1/uao


 遊覧船を降りると若夫婦のいる病院へと向かった。
 国道は通行再開となり、スムーズに進むことができた。

 病室に行くと赤ちゃんを抱いて幸せいっぱいの笑顔を浮かべている若夫婦が待っていた。


「比企谷くん、本当に悪いことしちゃったね。でも、ご覧のとおり母子ともに元気だよ!」

 すっかりとお父さんの表情になった旦那さんが満面の笑みで声をかけてきた。


「この子は今朝、新生児室から出てきたばかりなの。雪乃さん、抱いてみて」

 雪乃は恐る恐る赤ちゃんを抱いていた。
 いくら氷の女王といえども母性は持っているようだ。
 最初は首のすわりが気になって緊張した面持ちだったが、柔和な表情で赤ちゃん言葉を一生懸命話して
あやしている。


「ほら、比企谷くんも抱いてみてごらん」

 奥さんに促されて俺も抱いてみた。
 しかし、しっくりと来ない。
 赤ちゃんも同様に感じたのか、大声で泣き始めた。

 やっぱりこういうのは女性にはかなわない。
 俺も自分の父親のことを屑だと思っているが、母親に対してはそこまでの感情は抱いていない。
 あっ、でも雪乃の場合は違うか……。
 まだ見ぬ雪乃の母親のことを考えてしまったが、すぐに頭から拭い去った。


「俺たちそろそろ神戸に向かうんで、これで失礼します」


「それと、これは私たちふたりからです」

 雪乃と一緒にベビー用品専門店で赤を赤らめながら選んできたベビー服とおむつを手渡した。


「ふたりとも悪いね」
「病院に行く支度を手伝わせてしまったうえにほったらかしにしていたのにごめんなさいね」


 ふたりとも所在なさげに声をかけてきた。


「今度は結婚したらまた祖谷に来て。今度はしっかりと歓待するから」
「ぜひ、ふたりのお子さんの顔も見てみたいわ」


「……」
「……」


 俺も雪乃も羞恥のあまりに黙りこくってしまった。

 そして、互いの健康と幸せを願い、再開を約束したあと、病室を辞した。

960: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:21:17.37 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「さぁ、神戸までぼちぼち向かうか。雪乃、運転代わってくんない?」

 そういえば、初日の大鳴門橋のあたり以外は全部俺が運転していたよな。
 交代で運転するって話だったのに。


「嫌よ!」

 力強くきっぱりと断った。
 なにその「ますらおぶり」は。
 あなた、鎌倉武士なの?


「……だって、こうしていられないじゃない……」

 オートマ車なのでほとんど使うことのないシフトレバー。
 その上にちょこんと置いている俺の左手にそっと右手を添えてきた。


「そうかい」


「ええ、そうよ」 


 結局、そのまま運転することになった俺だが、ちょくちょく休憩をとりながら神戸に向かった。
 せっかくだから何か見ていこうと阿波の土柱に立ち寄った。
 世界三大土柱の一つらしいが、俺も雪乃も初めてその存在を知った。
 サスペンスドラマのクライマックスで登場しそうな場所だった。

 周りには誰もいない。
 雪乃とボーッとしながら風雨が長い年月をかけて形成した景観を楽しんだ。


 さて、次はどこに行く?


「……」

 雪乃は赤面して激しく狼狽していた。

 俺たちが入ったのは某名所近くにある日本初という秘宝館だ。
 よくもまあこんなに集めたものだと、所狭しと並ぶ「お宝」の数々。
 雪乃と一緒なだけあって、かなり目のやり場に困った。
 雪乃なんかは完全に目が泳いでいた。

 一見物静かそうなご主人が展示品を前にして立て板に水の如く饒舌に語りだす。
 このギャップがたまらない。
 雪乃はかなりテンパっていたが、なおも口上は続いた。

 なぁ、雪乃……、これからは他人様の忠告には素直に耳を傾けることだな。
 俺は一応、よしとけって言ったからな……。

 それにしても、ディープだ、ディープすぎる……。
 白昼夢の中をさまよっているような感覚にとらわれたのであった。


961: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:24:10.42 ID:t4lG1/uao


「雪乃、どこか寄りたいとこはあるか?」

 まだ顔のほてりがとれない雪乃は顎に手をやりながら考え込んでいた。


「……そうね。もう一度松帆の浦に寄ってもらえないかしら」

 実は俺も帰りに寄りたいと思っていたところだ。



 四国を飛び出し、再び淡路島にある松帆の浦にやって来た。

 沖合を大型船が行き交い、対岸には工場地帯が広がっていた。
 中世文学的情緒は影を潜めているのだが、どうしてもここでないとダメだと俺の本能がそう言っていた。


 礫が敷き詰められたように広がる岩石海岸の波打ち際をふたり手を繋いで歩いた。

962: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:26:42.69 ID:t4lG1/uao


「『来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ』か……」

 俺は歩みを止めると対岸を見つめながら定家の和歌をつぶやいた。



「『玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする』と返すべきね……」

 雪乃は式子内親王の和歌をそらんじて返答した。

 そして、さらに続けた。



「……でも、私たちはこうして互いのことを想いながら一緒にいることができる」

 雪乃はそう言って、身を寄せてきた。



「ああ、まったくその通りだな……」

 雪乃の両肩を掴んで向き合った俺は、今まで心に秘めてきた「決意」を述べることにした。




「雪乃、大学を出たら俺と結婚してください。一生をかけて雪乃のことを幸せにします」




「八幡、もちろん喜んでお受けいたします。ふつつか者の私ですが、よろしくお願いいたします」




 西の空に黄金色をした夕陽が沈んでゆく。

 ふたりで夕陽を見送りながら、まだ先は見えねどもどこまでもどこまでも続いていくであろうふたりの未来について思いを馳せた。

963: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:29:53.26 ID:t4lG1/uao



「雪乃、指輪の代わりといっちゃなんだが、この夜景で我慢してくれないか」



「そんなこと気にしなくてもいいわよ。八幡から一番欲しかった言葉を言ってもらえたもの」

 神戸に着いた俺たちは、摩耶山から100万ドルの夜景を楽しんでいる。



「指輪な、クリスマスに渡そうと思っていたんだ。でも、まだ金が足りない」



「そういうことを直接伝えるのはどうかしら。八幡らしいといえば、それまでだけれども」

 額に手をやりながらも上機嫌でクスッと返してきた。



「ねえ、八幡……。その……、あなたはプロポーズしようといつ思ったの?」



「俺は病院で赤ちゃんを見た時かな。俺もああなりたいって……」

 自分の心の中をさらけ出すのはちょっと恥ずかしい。



「私もよ……」

 きっと雪乃もそうなのだろう。



「……もし、あの時あなたがああ言ってくれなかったら、私から言おうと思っていたのよ」

 あまりにも唐突な告白に軽く狼狽したが、そういえば俺だって……



「実はな……、俺がクリスマスイブに告白した時、一緒にプロポーズもしようと思っていたんだ。でもな、雪乃がOKしてくれたことで舞い上がって
プロポーズするの忘れていたんだ……」



「は、八幡……、あなたって人は……」

 雪乃がいったいどういう心境でこう答えのかはわからない。


 ただ一つ言えることは、この日の「この時」以上にベストのタイミングはなかったのだろう……。


 俺たちは幸せをかみしめて宿へと向かった。

964: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:51:42.24 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「ただいまー」

 玄関を開けると、小さな影が素早く動き俺に飛び付いてきた。


「おとうさん、おかえりなさーい」
「おとうさん、おかえりなさーい」


「おう、ただいま」


「すごーい、おかあさんのいったとおり、おとうさんがかえってきたー。あいのちからってすごーい」
「ほんとだー。あいのちからすごーい」

 小さな影の正体は、3歳になる俺の息子と娘だ。



 雪乃とは大学を卒業した年の6月に結婚した。

 結婚に至るまでは驚くくらいスムーズだった。
 付き合い始めてすぐに雪乃を両親に紹介していたので、俺の家の方は全く問題がなかった。
 小町も両親もものすごく喜んでくれた。


 雪乃の家の方も驚くくらい、俺たちの結婚を後押ししてくれた。

 陽乃さんが雪乃のご両親に高校時代から同棲しているだとか、あることないことを吹き込んでいた。
 雪乃もずっと実家に帰っていなかったせいもあってか、陽乃さんの言うことをすっかり真に受けてしまった
そうだ。
 それで、雪乃に良家との縁談を進めようなんて考えも起きず、すっかりあきらめがついていたらしい。

 そんなとき、俺たちは結婚を考えていることを報告しに行った。
 そこで初めて、陽乃さんの言っていたことが全くのでたらめだったこと、俺たちが真面目に交際して
いたことを知って目を真ん丸にして驚いたのだ。

 それまで雪乃と不仲だったお義母さんもこれには全くケチのつけようもなく、「ぜひ、うちの娘を……」と
二つ返事で了承してくれて、とんとん拍子で結婚話が進んでいった。

965: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:53:23.90 ID:t4lG1/uao


 そして、結婚の翌年の9月に双子が誕生した。

 息子は俺似だが、目は腐っていない。
 娘は雪乃似だが、武闘派ではなく穏やかに育っている。
 親のひいき目を差し引いても将来有望だと思っている。

 いや、娘に近づく男は俺が指一本たりとも触れさせはしない!


「ほらよ」

 カバンとコートを手渡すとわいわい言いながら仲良く部屋の中へと消えていった。


「フフフ。おかえりなさい、八幡」

 雪乃が悪戯っぽくほほえみながら迎えてくれた。


「雪乃……、あいつらにいったい何教えたんだよ」

 「愛の力」とか言ってたんだけど、何やってんの?

966: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:54:57.78 ID:t4lG1/uao


「フフフ……。あなた、いつも駅に着いたらメールくれるでしょ……」

 このメールは結婚してからの習慣となっている。
 子どもができる前、ふたりとも仕事をしていたので、先に帰った方が晩飯を作ることにしていた。
 駅前のスーパーで買い物をして食材を調達する都合上こうしていたのだ。

 雪乃が専業主婦となった今は、仕事が遅くなったとき料理を温め直す合図となっている。
 実は正確に言うと兼業主婦なんだけどな。


「それで、いつもメールをくれてから5分きっかりで家に着くじゃない。私が料理を温め直すとその直後にあなたが
帰ってくる。あの子たちは、私たちのメールのやり取りを知らないからいつも不思議がっていたの……。
それで、『お母さんはどうしてお父さんが帰ってくるのがわかるの?』なんて聞くものだから、『愛の力よ』って答えたの」

 結婚して4年以上経つが、雪乃はもじもじ照れながら答えた。
 相変わらず照れた雪乃は可愛い。
 思わず抱きしめたくなったが、子どもの手前やめといた。


「ほどほどにしとけよ」

 苦笑しながら答えたが、「愛の力」と言われるのは悪くはない。
 なんせ俺はそんな雪乃と2人の子どもを心から愛している。


「おとうさーん、おかあさーん、はやくこないとごはんさめちゃうよー」
「さめちゃうよー」


「おう、今行くぞー」
「今行くわよー」

 束の間の夫婦の会話を終え、ふたりとも2児の父親と母親に戻った。

967: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 21:56:52.63 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「おとうさん、あしたはどこにおでかけするのー」

 今日は金曜日だ。 
 金曜日はいつも定時で退勤するように心がけている。
 そして、土日はできる限り家族で出掛けるようにしている。
 金曜日の夕食では、こうして子どもたちのリクエストを聞くようにしていのだ。


「どこに行きたいんだ?」

 引きこもり状態だった10年前の俺からは信じられない質問だ。


「ぼく、マザーぼくじょうにいきたいなー」

 さすがは我が息子。

 必ず千葉県内の施設の名前を挙げる。
 きっと将来は千葉愛に満ち溢れたいい男になることだろう。

968: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:00:12.23 ID:t4lG1/uao


「あなたはどこに行きたいのかしら?」

 雪乃が娘に尋ねた。


「わたしはね、うーん……」

 顎に手をやり考え込むポーズ。
 どっかで見たことが……。


「……あきになったことだし、おいもさんをほりにいくのがいいとおもっているのだけれど」

 何このミニ雪乃。
 思わずブッと吹き出してしまった。


「なにかしら?」

 またしても、娘がこう言った。
 おいおい、雪乃、娘に口調が伝染してしまっているぞ。

 笑いをこらえながら雪乃の方を見ると顔を真っ赤にしていた。
 俺の視線に気づくとキッとした視線を送りながらこう言った。


「何か?」

「……なにか?」

 やっぱり娘が真似をした。
 雪乃は頬を朱に染めて、うなだれている。


 まさか、このまま雪乃みたいな性格に育ってしまったりしないだろうな。
 思春期になったら俺、怖くて手が付けられないぞ。

 いや待て、息子に俺の目が伝染して腐り始めたらどうしよう。
 我が子にはトラウマを量産する人生を歩ませるわけにはいかない。
 ただでさえ、どっかの千葉の兄妹のように仲が良すぎるふたりのことを心配をしている。
 本格的にふたりの我が子の行く末が不安になってしまった。


「じゃあ、決まりだな。明日は、マザー牧場に行って動物さんと触れ合ったあと、お芋掘りだな。
お母さんにいつものようにおいしいお弁当を作ってもらおう」


「ええ。腕によりをかけるから、お弁当楽しみにしているのよ」

 雪乃は柔和な笑みを湛えながら、子どもたちに語り掛けた。


「わーい」
「わーい」

 こうして我が家のささやかな夕食のひとときは過ぎていった。

969: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:09:02.00 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


「おとうさん、これよんでー」
「おとうさん、これよんでー」

 ステレオ音声のように同時を声を発しながら、ふたりで仲良く一冊の本を持ってやってきた。


「おう、今日もこれか? 久しぶりに千葉県横断……」


「うるとらくいずはもういい!」
「うるとらくいずはもういい!」
「ウルトラクイズはもういいわよ」
 何この親子合体攻撃?


「わかった、わかった……。今日は『さよなら さよなら にんげんさん』のお話を読むからね」

 雪乃と交代で子どもたちを風呂に入れて子どもたちを寝かしつけるところだった。
 子どもたちを布団に入れると、俺と雪乃は両側から挟むように寝ころんだ。
 そして、子どもたちに読み聞かせを始めた。


 いぬいとみこ著 『ながい ながい ペンギンのはなし』だ。
 これは、俺が小さいころ幼稚園で読み聞かせしてもらった思い出深い作品だ。
 雪乃も幼いころ読み聞かせてもらったことがあるらしい。

 ペンギンの兄弟、兄のルルと弟のキキが冒険を経てたくましく育っていく物語だ。
 「さよなら さよなら にんげんさん」はその中に収められている3つ目の話である。


 雪乃とは毎日、交代で読み聞かせをしている。
 雪乃は自作の童話や紙芝居で子どもたちを寝かしつける。
 ふたりの最近のお気に入りは「腐った目をした魚と心を閉ざしたお姫様」の話だ。
 もしかして、誰かモデルがいたりするの、この話?

970: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:14:25.06 ID:t4lG1/uao


 子どもたちに促されるままに『ながい ながい ペンギンのはなし』を読み聞かせていると、しばらくして
ふたりともスースー寝息を立てて穏やかな表情で眠りについた。


「今日はここでおしまいだな」


「ええ。お疲れ様」

 本にしおりを挟んで本棚に戻すと雪乃と居間に引き上げた。



「八幡、晩酌にする?」


「いや、今日は雪乃の淹れた紅茶がいいな」


「じゃあ、シャンパーニュロゼでいいかしら」


「ああ、頼む」 


 雪乃とソファーに並んでシャンパーニュロゼを味わう。
 恋人同士に戻った気分だ。
 雪乃が肩にもたれかかりながら話しかけてきた。


「八幡と知り合って10年目になるのだけれど私はとっても幸せだわ」


「ああ、俺も幸せだ。ずっとぼっちのまま過ごしていると思っていたのに不思議だ。雪乃と出会わなければ
今頃、専業主夫の夢に挫折して引きこもりのニートになっていたかもしれないからな」


「でも、あなたはなぜか専業主夫の夢をかなえてしまったけどね」

 雪乃はクスリと笑いながらこう言った。

 結婚して3年目、育児休暇から開けた雪乃と入れ替わりで、俺も1年間の育児休暇を取得した。
 毎日、ふたりの子育てをしながら身の回りの家事をこなして、会社勤めの雪乃のサポートをした。
 1歳になった子どもの世話はなかなか大変だった。
 でも、雪乃はもっと大変な時期の育児を行っていた。

 俺は身をもって雪乃の大変さを知ることとなった。
 俺は家事も育児も完璧にこなす雪乃のことを尊敬している。
 妻としてもこれ以上ないくらい最高の女性だ。
 本当に俺は幸せ者だ。

971: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:16:21.17 ID:t4lG1/uao


「ところで、八幡。あなたに2つ話したいことがあるの」

 雪乃はスッと立ち上がると、子どもたちを起こさないように寝室から茶封筒を手にして戻ってきた。


「あなたと一緒に見たかったから、まだ私も見ていないの……」

 中からは、校正用のゲラが出てきた。

 俺たちの子どもたちが大好きな「腐った目をした魚と心を閉ざしたお姫様」の絵本の原稿だった。
 ふたりで一枚一枚じっくりと見ていった。


「……どうかしら」

 雪乃は恥ずかしそうにぼそぼそと言った。


「すごくいいな、これ」

 雪乃はこの春、会社を辞めた。

 子育てに専念したいとのことだったが、せっかくだから趣味で書いている童話や紙芝居を児童文学賞に応募
するように勧めた。
 書き溜めたものの中から1点応募し、賞を取ったのがこの作品だ。
 そして、現在絵本として出版の準備が進められている。

 編集者にほかの作品も認められ、これからは子どもたちを幼稚園に預けている間、主婦として家事をこなす
傍ら兼業作家としてやっていくことになった。
 もちろん、俺は夫として2児の父として雪乃をしっかりと支え、これまで以上に子育てにも励むつもりだ。

 雪乃を抱き寄せると、きれいな黒髪を撫でつけた。

 雪乃も甘えるように俺の胸の中に顔をうずめた。

972: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:20:37.93 ID:t4lG1/uao


「……それともう一つ話したいことがあるの」

 そのままの恰好で雪乃は話し始めた。


「今日、結衣から電話があったの。結衣は妊娠2か月でお母さんになるそうよ」


「ほんとかよ、結衣もついに母親になるんだな」

 互いに結婚してからも付き合いは続いており、今では家族ぐるみの付き合いだ。
 結衣とその夫は俺たちの子どもを可愛がってくれるので、息子も娘もこのふたりのことが大好きだ。
 結衣のところの子どもが育ったら、2家族で遊びに行ったりするのもいいな。


「結衣に贈るお祝いの品を考えなければならないわね」


「そうだな。それから、もう少し子どもが大きくなったら、祖谷でお世話になったご夫婦のところにも行かな
いとな。若夫婦のお子さんももう小学生になっているんだよな……」

 大学3年の時以来合っていないが、今でも老夫婦と若夫婦と便りを交わしている。


「そうね。子どもたちにも祖谷の美しい景色を見せてあげたいわ。ねえ、八幡、祖谷の雪景色も素晴らしい
そうだから、冬になったら家族旅行で行ってみましょう」


「そうだな。たった2伯3日の滞在だったけど、ふるさとのような懐かしさを感じるよな。よし、行こう!」


「ええ」


 それから自然と祖谷からの帰りに松帆の浦で俺がプロポーズをした時の話題になった。


 今でも覚えている。



 あの時のふたりの胸の高まりを……。


 あの時のふたりの誓いを……。

973: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:22:16.25 ID:t4lG1/uao


「……」
「……」


 雪乃とどれくらいの時間抱き合っていたのだろうか。


 雪乃が口を開いた。


「ねぇ、八幡……。私、また子どもが欲しいわ……」

 雪乃の表情は見えないが、耳は真っ赤に紅潮していた。


「そうだな……。今は双子がいるから、今度は一人ってのはかわいそうだな。雪乃さえよければ、また双子がいいな」


「ええ、そうね。やっぱり双子がいいかしら……。八幡との子どもなら何人でも産むわ」


「いやいや、野球チームとか言われたら俺養って行けないわ」


「…………馬鹿っ」

 雪乃は体を起こすと、ゆっくりと片目をつむり、そしてゆっくりと小首をかしげた。
 俺が一番弱い、雪乃のお得意の仕草だ。


 ガラッ……。


「お父さん、お母さん、トイレ―……」
「トイレ―……」


 息子と娘が目をこすりながらやって来た。


「はい、はい。今連れて行ってあげるわ」

 再び子どもを寝かしつけると、今は静寂に包まれていた。
 俺と雪乃は互いに熱いまなざしで見つめ合っていた。


「雪乃……」
「八幡……」


 お互いの名を呼び合うと、再び長い長い抱擁をした。

974: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:24:57.56 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


 ── むかし むかし あるところに いっぴきの さかなが いました。


 その さかなは 「くさった めを している」と みんなから なかまはずれに されていました。

 くるひも くるひも さびしい おもいを していた さかなは、 あるひ ひとりの おひめさまに
であいました。


 その おひめさまも また ひとりぼっち でした。

 それは それは とても うつくしい おひめさまでした。


 しかし、 おひめさまは その  いじわるな かみさまに えがおを うばわれてしまい、 みんなに 
かたく こころを とざして いました。

 さかなは そんな おひめさまが きになって、 まいにち まいにち あいにきては おひめさまに
うれしかったこと かなしかったこと たのしかったこと さびしかったこと など いろいろな ことを
はなしました。


 おひめさまは しだいに さかなに こころを ひらいて いきました。

 おひめさまは さかなと いっしょに いるのが たのしくて たのしくて たまりませんでした。


 でも、 おひめさまは さかなの まえで わらうことは できませんでした。


 そんな おひめさまを みて、 さかなは こころを いためて いました。

975: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:25:54.99 ID:t4lG1/uao


 ── かみさま、 ぼくは どうなっても いいから。

 ぼくは どうなっても いいから。

 だから、 おねがいです。

 どうか おひめさまに えがおを かえして あげて ください。

 どうか、 どうか かえして あげて ください。

976: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:26:47.97 ID:t4lG1/uao


 ── すると、 かみさまは いいました。

「さかなよ、 おひめさまに えがおを かえしたら、 ほんとうに どうなっても いいのだな?」


「はい、 ほんとうです。 だから、 おひめさまに えがおを かえして あげて ください」

 さかなは、 ひっしに なって おねがいしました。


「よかろう。 おひめさまに えがおを かえして やろう」

 かみさまは、 つえから まぶしい ひかりを だしました。


「これで、 おひめさまは ぶじに えがおを とりもどせたんだ。 これからは わらう ことが 
できるんだ。 ありがとう、 かみさま」



 さかなは、 それきり うごかなく なって しまいました。

977: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:27:56.56 ID:t4lG1/uao


 ── おひめさまは さかなが やってくるのを まっていました。

 きょうは どんな はなしを きかせて くれるのかしら。

 さかなの ことを かんがえて いると たのしくなって おもわず えがおに なりました。

 おひめさまは じぶんが えがおで わらって いることに きがつきました。

 さかなさんが まいにち まいにち あいに きてくれたから えがおが もどったのだと。


 しかし、 いつまで たっても さかなは あらわれません。

 おひめさまは さかなの ことが しんぱいに なって、 さがし まわりました。

 すると、 いしに されて かたまっている さかなを みつけました。


「さかなさん、 さかなさん、 どうして いしに なって しまったの?」



 おひめさまは いしに なった さかなを みて、 みっかみばん なきつづけました。

978: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:28:58.48 ID:t4lG1/uao


──  「かみさま、 かみさま、 どうか さかなさんを もとに もどして ください。
     わたしは どうなっても いいから、 どうか さかなさんを もとに もどしてください」

 おひめさまは いっしょうけんめい かみさまに おねがいしました。


 すると、 かみさまは いいました。


「ほんとうに どうなっても いいのだね?」


「はい。 だから、 さかなさんを もとに もどしてください」

 おひめさまは まよわずに そう こたえました。

 すると、 かみさまは つえから まぶしい ひかりを だしました。

979: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:30:27.05 ID:t4lG1/uao


── 「おひめさま、 おひめさま、 おきてください」

 おひめさまは めを さましました。


「あなたは だれかしら?」

 みたことのない おとこのこが そこに いました。


「ぼくだよ、 ぼくだよ、 さかなだよ」

 おひめさまは おどろきました。


「あなたは ほんとうに おさかなさんなの?」


「そうだよ。 ぼくは さかなだよ。 かみさまが ぼくを にんげんに してくれたんだよ」

 おひめさまは うれしくて うれしくて たまりませんでした。

 うれしさの あまり なみだを ながしました。


「おひめさまの ないている かおは みたく ないよ。 おひめさま、 どうか わらってください」

 おとこのこが そう いうと、 おひめさまは にっこりと わらいました。




 やがて、 ときがすぎ おとなに なった ふたりは けっこんしました。

 まわりの だれもが うらやむ しあわせな けっこんでした。



 ふたりは たくさんの こどもに かこまれて、 いつまでも いつまでも しあわせに くらしました。

980: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:35:16.65 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×

 ── 月曜日の朝

 今日からまた社畜としての一週間が始まる。

 愛する妻と2人の子どもを養うためにサラリーマン稼業という苦行に励まなければならない。
 働きたくないなと思いつつ、身支度を整え食卓に向かった。

 そうはいうものの、会社には感謝している。
 就活で28連敗した俺を拾ってくれたただ一つの会社だ。
 おまけに本社は千葉市内にある。
 千葉愛溢れる俺にとって最高の環境だ。
 それになんだかんだいって実は第一希望の会社で、仕事も結構楽しい。

 でも、家族と離れ離れにされる月曜日の朝は憂鬱である。


「おとうさん、めがゾンビになってるよー」
「おとうさん、めがゾンビになってるよー」

 双子のステレオ音声が聞こえてきた。

 俺は台所で3人分の弁当を作っている雪乃に近づき、そっと耳打ちした。


「雪乃、お前子どもたちにいったい何教えてんだよ」


「何かしら?」

 雪乃はフライパンを揺すりながら、しらばっくれている。


「お前、子どもたちに『ゾンビの目』だとか言われたじゃないか。俺泣いちゃうよ」

 雪乃は満面の笑みでこう言った。


「あら、八幡。あなたの泣き顔を見ようものなら、私や子どもたちの目まで腐ってしまうからやめてもらえないかしら」

 子どもたちに聞こえないように小声で言うが、相変わらず雪乃は雪乃だった。
 このままで済むと思うなよ。

 雪乃にニヤッといやらしい笑みを向けると食卓に戻った。

981: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:36:48.41 ID:t4lG1/uao


    ×   ×   ×   ×


 歯磨きを終えるとネクタイという名の社畜の証の首輪をつけ、スーツの上着を羽織った。
 2人の子どもはそれを合図とばかりに立ち上がって、鞄とコートを手にした。


「じゃあ、そろそろ行ってくるわ」

 俺、子ども、雪乃の順に玄関に向かった。

 靴を履き終えるて振り返ると、3人並んで俺を見つめていた。


「せーの……」

 ふたりの子どもが息をピッタリに声を揃えた。


「おかあさん、『あいのあかし』は?」
「おかあさん、『あいのあかし』は?」


「なっ……」

 雪乃は顔を真っ赤にして絶句していた。

982: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:38:11.51 ID:t4lG1/uao


「こ、これは……、い、いったい……ど、どういうことかしら」

 雪乃は耳まで朱に染めながら、恨めしい目つきで俺をにらむ。

 新婚当時、雪乃は「愛の証」と称して、出勤前に玄関口でキスをねだってきた。
 そして、キスをしてからふたり別れて、それぞれの会社へと向かっていった。
 そのことを子どもに教えてやったのだ。
 「ゾンビの目」の仕返しだ。


「はやくー」
「はやくー」

「早くー」

 俺も便乗してやった。


「くっ……」

 雪乃はそのまま発火しそうなくらい肌を紅潮させ、唇をかみしめている。

983: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:39:29.82 ID:t4lG1/uao


 さて、仕上げといくか。


「この勝負、俺の勝ちだな」

 子どもたちから、鞄とコートを受け取り、身を反転させようとした瞬間……

「勝負」という単語に反応してしまった 雪乃が、俺の顔を両手で固定していきなり唇を奪ってきた。


「フフ……。私の勝ちね」

 雪乃はお得意のウインクに小首をかしげる仕草をした。
 俺はその狂おしい仕草にたちまち真っ赤に染めあがって、凝固してしまった。

 子どもたちはキャーキャー言っている。

 ああ……、俺の負けだな。
 完敗だ。


「早く出ないと遅れるわよ……」

 目をそらしながら、雪乃がそう言った。


 ハッと我に返った俺は、改めて身をひるがえした。

984: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:40:48.64 ID:t4lG1/uao


 その時──


「おとうさん、おかあさん……」

 息子と娘が同時に口を開いた。


 そして、同時にこう言った。


「……ぼくたち、おとうとといもうとのふたごのきょうだいがほしいな」
「……わたしたち、おとうとといもうとのふたごのきょうだいがほしいな」


「へっ?!」
「へっ?!」


 思わず雪乃と顔を見合わせてしまった。


「まさか、昨日の話聞かれたのか……」
「まさか、昨日の話聞かれたのかしら……」

985: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:42:02.05 ID:t4lG1/uao


「かったのはぼくたちだー」
「かったのはわたしたちだー」

 ふたりは手を取り合ってキャッキャと喜んでいた。

 さすが、俺と雪乃の両方の血を引いた子どもだ。

 知らぬ間に俺たちより一枚上手に育っていた。

 
「……おっと、バスに乗り遅れる」

 まだ照れている雪乃を放って家を飛び出した。


「いってらっしゃーい」
「いってらっしゃーい」
「いってらっしゃーい」


「いってきまーす」



 月曜日の朝なのに俺の足取りは不思議と軽かった。

986: ◆GULJi96aoSzS 2013/10/26(土) 22:43:41.07 ID:t4lG1/uao


 俺もこうしてひとかどの幸せというものを手に入れた。


 雪乃と出会わなければ、こんな満ち足りた思いを味わうことができたであろうか?




 ── 人生とはつくづく不思議なものである

     人生は小説よりも奇なりと ──



 そう思いながら駅へと向かっていった。





 ── ラブコメの神様、これからも俺たち家族に幸多からんことを!



 ─完─