1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 00:57:26.12 ID:uxP+xnud0

七宮「勇者ぁ、勇者…勇者…勇者…勇者…勇者…勇者…勇者…勇者…勇者大好きだよ?大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる」


勇太「七宮ぁどうしちまったんだよぉー!!」
 



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394812645

引用元: 勇太「……なんでこうなった?」

 

 
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 01:03:25.34 ID:uxP+xnud0

七宮「何がぁ?分からないよ勇者…」

勇太「何でいきなり俺の事好きって//」

七宮「だって好きなんだもん、気持ちが抑えられないくらいにね?勇者が大好きなんだよ?」

勇太「……何か照れる//でも何か怖いから止めてくれ」

七宮「えっ?何で?私は勇者の事こんなにも想っているのに勇者は私が怖いの?何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で何で?」



5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 01:15:46.42 ID:uxP+xnud0

七宮「今日の勇者変だよ?闇の力のバランスが崩れたのかな?」

勇太「七宮、何で……」

七宮「……ねぇ邪王神眼と別れて?だって勇者は私のなんだから他に契約者が入るのは定款法則の原理に基づけば可笑しいことなんだから」 

勇太「いっ嫌だ!!六花と別れるなんて…」

七宮「死体と付き合いたいの?」

勇太「!?」

七宮「別れないなら、確実に邪王神眼や周りの勇者にまとわりつくゴミは愉快な人形になるよ?勇者ぁ、お返事は………?」


勇太「わかった………」



8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 01:32:29.29 ID:uxP+xnud0

七宮「ふふふっ、ありがとう勇者ぁ」

勇太「なんで…こうなったんだ?」

七宮「明日別れてなかったら、邪王神眼は殺すから」 

俺は家に帰ると六花に別れるように説得した…拒まれ続けたが最後には納得してくれて新たな拠点も確保するらしい

勇太「………ハァ」

七宮「何を溜息ついているの?」

勇太「七宮!?どうやって入ったんだよ!!」

見ると窓の一部が破損していた、七宮の手にはハンマーの様な物が握られていた…そしてもう片方の手には俺の隠していた本が……


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 01:50:52.43 ID:uxP+xnud0

七宮「年頃の男の子だからこういうの持ってても普通だけどさ……私以外の女に欲 するんだぁだったらここに出ている人達も全員殺さなきゃね」

勇太「えっ待て七宮!!」

七宮「どうしたの?」

勇太(七宮を犯罪者にする訳にはいかない)

勇太「俺ならどんな罰も受けるしその本を好きにしても良いが人を殺すのは止めてくれ」

七宮「勇者がそこまで言うなら…じゃぁまた明日ね?」



13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 02:08:18.18 ID:uxP+xnud0

七宮「…………ボフッ」

七宮「どーーしよーー!!」ジタバタ

七宮「勢いとは言え、邪王神眼と別れさせるなんて……明日邪王神眼に謝ろうかなぁ…でもそれじゃヤンデレの意味がなくなるしぃ」足をバタバタさせて



勇太「七宮どうしちまったんだ?さてと未来日記でも読むかな…それともスクールデイズを見ようか……」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 02:25:36.63 ID:uxP+xnud0

七宮「うぅー取りあえずメールを送りまくっとかなきゃ」

勇太「うわっ、着信鳴りっぱなしだ」


七宮「でも、これで勇者は私の物になったでも凄く複雑な気分……大好きだよ勇者」ギュッ



勇太「隙間風寒いなぁ」


六花「……嘘だ勇太と別れるなんて」ボロボロ



17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 23:25:45.44 ID:uxP+xnud0

勇太「んぅーまだ眠いな…ってなんか息苦しい…」

モコモコ

七宮「ぷはっおはようゆうたん」ニッコリ

勇太「なっ何やってんだよ、七宮!?」

七宮「あっ、そうそう私の事はちゃんとソフィアちゃんって呼んでね?」

勇太「えっ!?」

七宮「嫌とは……言わないよね?」

勇太「わっわかったよソフィア……ちゃん」

七宮「にっーはっはっ、それで良いんだよゆうたん」

勇太(ゆうたんって何だ?)



18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 23:34:38.79 ID:uxP+xnud0

勇太「あっ樟葉からメールだ……やばいソフィアちゃん上へ逃げろ!!」

七宮「えっ?どうし」窓が吹っ飛ぶ

森夏「雌の匂い……卑しくて私の大事なものに触れる……浅ましい雌の匂い……」

勇太「…遅かったか…」

森夏「ソーフィーアー、説明……」

七宮「クスリ、彼氏とベッドで2人きりって事は決まってるじゃないか…モリサマー…」

森夏「あっ!?モリサマ言うぅな」

七宮「と言うことで、ラブラブな2人の邪魔をしないでくれる?」

森夏「勇太君、小鳥遊さんはどうしたの?」

七宮「別れさせたよ?だってゆうたんは私のだもん」ダキシメテ

森夏「……殺す…」

七宮「…奇遇だねモリサマー私も同じ事考えてたよ…」ジャキッ


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 23:46:17.81 ID:uxP+xnud0

樟葉「……もっもう!!お兄ちゃん達早く行かないと学校遅れちゃうよ?」

森夏「そうね……決着はまたいずれ…」

七宮「そうだね……」

樟葉「智音ちゃんもご飯食べていく?」

七宮「おぉぅ樟葉ぁ~うん樟葉の手料理美味しいからご馳走になるよぉ」

勇太(ナイス、樟葉!!)

樟葉(当然よ!!)


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 00:17:21.52 ID:k5u6MDa40

勇太(そして、そのまま飯を食べ終わると俺と森夏と六花の3人で登校した…七宮は何か用があるらしく先に行ってしまった)

七宮「ハァハァ、まだドキドキしてるよぉ何あのモリサマー!?凄く怖かったよ…あれが本物のヤンデレなのか?」

六花「……手」

勇太「…ごめんな、それは無理だ」

六花「うぅ、了解」

森夏「……」ニタア 



21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 00:18:45.03 ID:k5u6MDa40

勇太(そして、そのまま飯を食べ終わると俺と森夏と六花の3人で登校した…七宮は何か用があるらしく先に行ってしまった)

七宮「ハァハァ、まだドキドキしてるよぉ何あのモリサマー!?凄く怖かったよ…あれが本物のヤンデレなのか?」

六花「……手」

勇太「…ごめんな、それは無理だ」

六花「うぅ、了解」

森夏「……」ニタア 



22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 00:32:18.82 ID:k5u6MDa40

森夏(にしても、ソフィアが私と同じ属性を…長く一緒に居たから感染したのかな…)


七宮「ふぅ学校行かなきゃ」トコトコパリッ

七宮「パリッ?ガラスの破片だ危ないなぁ…あれこれ……包丁…ハッ」ウエヲミツメテ

七宮「やっぱり、これはモリサマーの……」

30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 21:12:53.96 ID:k5u6MDa40

六花「………これで良かったのかも知れない、私達の関係は以前からモリサマーに脅かされていた……」



勇太「…………」

森夏「…………どうしたの?」

勇太「いやっ別に……」

一色「おーっす富樫ぃ」

勇太「……おっ」

森夏「……」ダンッ

勇太「」ビクッ

一色「どっどうしたぁ!?」

勇太「…………」

一色「とっ富樫ぃ?」




31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 21:46:04.10 ID:k5u6MDa40

勇太「……昼飯」

森夏「…作ってきたよ~勇太君の大好きな物一杯作ってきたの食・べ・て・ね」

勇太「おっおう」

勇太(確かに丹生谷の料理は美味いが…何か味気ない六花と一緒に食べた弁当の方が美味しい)

森夏「はいっあーん」

勇太「あーん」

森夏「おーいしぃ?」

勇太「あぁ、最高に美味いぜ!!」

森夏「うふふふっ嬉しい…」


33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 22:25:35.50 ID:k5u6MDa40

勇太(今まで俺の心を癒してくれたのは、六花の存在だしかし今それをも失った……)

森夏「勇太君元気ないね……キスしたら元気出るかな?」

勇太「きっキスは結婚まで取っておきたいんだ」

森夏「うふふ、何それ」


勇太(俺は引きこもった、何もかもが嫌になった俺は部屋の中に引き籠もり事が良い方向へと傾くまで此処に居ようと思った……)

勇太(毎日の様に鳴り響いた、ドアを叩く音とチャイムの音…窓は強化して入れないようにした…いっそこのまま此処に居させて欲しかった…なのに何で)

コンコン

勇太「……」

樟葉「……私だから開けて?」

勇太「…樟葉どうした?」

樟葉「お兄……否ーダークフレイムマスターよ!!何だその無様な姿は、魂の抜かれた屍同様では無いか!!」

勇太「何のつも」

樟葉「ダークフレイムマスターでも良いから…中2病でも何でも良いから……元気出してよぉ」ボロボロ


34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 22:38:40.57 ID:k5u6MDa40

樟葉「……丹生谷さん達のせいでしょ?」

勇太「えっ?」

樟葉「あの人達のせいでお兄ちゃんはこうなった……私の大切なお兄ちゃんを…」

震えながらも拳を作り力強く握り締めていた

樟葉「お兄ちゃんがこうなってるのに、許さない!!」

勇太「待てっ!!」ウデヲツカミ

樟葉「離せっあの馬鹿共に押し込んでやるんだぁ、お兄ちゃんの気持ちもお兄ちゃんが誰の物なのか!!」

勇太(樟葉まで…駄目なのは分かっているけど樟葉を止めるにはこれしか……)

樟葉「離しておにっんぅっ!?」

勇太(これしか方法は無かったんだ)

異様でありながも普通にある光景がそこにあった……兄妹で抱き合いキスをしている仲の良い兄妹なら当たり前だろう…

樟葉「んっ、んっ//」クチュレロ

勇太(やばっ舌絡めて…離れなきゃ)

ドサッ

勇太「!?」




35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 22:51:01.33 ID:k5u6MDa40

森夏「キスは結婚まで…じゃなかったけ?」 

持っていたビニール袋が床に落ちていく、ドアは無くなっていた我慢の限界が彼女に来ていたのだろう

勇太「んー、んーんー」

必死に首を振るも、樟葉が振り向いてしまった
最悪の状況へとなってしまったのだ

樟葉「…手間が省けました」

森夏「……発病したんだ、ふーん」

樟葉「少し五月蝿いですよ?家に何かご用でも?」

森夏「勇太君にどーしても会いたくなっちゃってぇ」

樟葉「引きこもった理由を知った上で?」

森夏「勇太君の事ならすべて知っているわよ」

樟葉「クズが」

森夏「お互い様よ」




36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 23:02:40.91 ID:k5u6MDa40

森夏「ここで、やりあったら勇太君に迷惑だから私は帰ることにするわね」

樟葉「二度と来ないで貰えませんか?」

森夏「えぇ、勇太君が登校してくれればね?」

勇太「分かった、明日からはまた通うから」

樟葉「おにっ!?」

勇太「良いんだ、何も変わらないって分かったからな…俺はこのリアルを俺の力で変えてやる!!」


七宮「ゆうたんに会いたいよぉ、何でゆうたんに会えないの?ソフィアちゃんやりすぎたかなぁ…謝るにも会ってくれないしぃ」ジタバタ

七宮「ゆうたーん」ジタバタ




37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 23:35:36.40 ID:k5u6MDa40

七宮「うぅっ胸が痛いよぉ、寂しいよぉゆうたん寂しいよぉ……ゆうたんも同じだよね?ゆうたんも私に会えなくて寂しいんだよね?……もう1人にしないから……ゆうたん…」



勇太「行ってきまーす」

樟葉「あの雌共とは話をしないでください、勘違いしたりしてお兄ちゃんを奪いにくるかも知れないので」

勇太「おっおぅ」


勇太「ふぅ、久々の学校……珍しいな森夏が居ないなんて……」

七宮「勇者ぁ、久しぶりだねぇ」

勇太「んっ、ソフィアちゃん」

勇太(あれっ?)

七宮「どうしたの勇者、ソフィアちゃんなんて呼んじゃってさぁ」

勇太「えっていうか勇者?」

七宮「えっ勇者は勇者でしょ?それともゲル…」

勇太「それは言うなぁ!!……あれは夢だったのか?」

七宮「にっーはっはっ、何を言ってるのかなぁ勇者…それより新たなる魔法を身に付けたから見てて!!」

勇太「えっ、はぁまだそんな事やってんのかよ」

七宮「ソフィアちゃんは永遠の魔王魔法少女だからねぇーいくよぉ!?眠りの呪文『ラリ○ー』」

勇太「パクリだろそれぇ!!」

七宮「ニヤッ」カチッ

勇太「えっ急に眠気が……まさか本当に…」

七宮「おっとぉ、危ない危ない…さてとこれから永遠に2人きり……ゆうたん…」

ガスマスクを着用したソフィアが勇太を抱えどこかへ消えてしまった




39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 00:13:30.51 ID:islbOsfv0

勇太(あれから何日経ったのか、それともそんなには経っていないのか……今が朝か夜かさえも分からない)

七宮「おはよぅ、ゆうたん」

勇太(起きては、現実の悪夢の続きを見る寝ても悪夢を見る…大体ソフィアちゃんは一方的に甘えてくるこちらが何の反応を見せなくともお構い無しで甘えてくる)

七宮「えへへ、ゆうたんの腕ぇナデナデしてぇナデナデ嬉しぃ///」

勇太(勝手に手を持って行っては自分の頭に乗せている、後は毎日キスをしてくるこちらはする気が無くとも勝手に唇を重ね舌を絡めていく)

勇太(俺は何もする事は無い、その内考える気力さえ失われつつある)

七宮「ずっぅーと一緒、永遠に」

勇太(口癖の様にその言葉を何度も語りかけてくるそれを聞く事さえも最早苦痛と化している)

ドカーン

七宮「!?」

森夏「やっと、見つけた勇太君それとソフィア………」

体調が悪いので今日は寝させて貰いやす
雑談でもしててくださいなぁ


43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/18(火) 02:26:10.16 ID:LYhO8FUH0

七宮「……モリサマー」

森夏「……どうしたのかしら?」

七宮「…何で此処が…バレないように遠出したというのに…それと何の用かしら?」

森夏「ふんっ私のストーカー能力を舐めないでくれる?勇太君の匂いを辿れば直ぐよ、後ね樟葉ちゃんに勇太君を連れ戻してきてって言われたのよ………もちろん私もそのつもりだったしね」

七宮「………チッ」

樟葉「お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん!!」

森夏「樟葉ちゃん、私はソフィアの相手をするから勇太君お願いね?」

樟葉「お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん」

森夏「………平気よね?」ジャキッ

ソフィア「………」ジャキッ

先に動いたのは森夏だった、首元を狙った一撃は交わされてしまい腕を捕まれるが必死に振り退いた

ソフィア「………マビノギオンー第7章ー真実の愛」

森夏「…………」ビクッ


45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 00:31:52.01 ID:WLJhpcLj0

七宮「恋人などが居るから諦めるそれは偽り愛……真実の愛とは愛する人を常に見守り誰の手にも届かぬようにすること……他に愛する人が居るならば奪い去るこれが真実の愛なのです!!」

森夏「………/////」

七宮「…貰った!!」

森夏「……なんてね」ニタァ

七宮「!?」ビクッ

森夏の包丁が七宮の胸元を突き刺す、予想外の動きに対応出来なかった七宮は目をみひらいていた

七宮「……」

森夏「……ふふっ過去の私が正しいと分かったのよだからマビノギオンも通用しないわよ」

七宮「………」ニコ

刺されている、七宮は痛そうにしなかったそして突き刺さった包丁は動かなかった……その瞬間森夏の喉元にナイフが突きつけられた

森夏「何故だぁ!!」

七宮「にーはっはっ、これだよ」

包丁が刺さった場所には違う包丁があった、森夏はその見覚えのある包丁に悔しそうな顔をする

七宮「急所を狙うと思ってたから仕込ませて貰ったよ?君の負けだね……!?」

七宮「カハッ!!」

森夏「あらあら、嘘だろって目をしてるけど嘘じゃ無いのよ」

腹から血を流していく七宮を見て微笑む森夏、両手に握られた包丁の片方からはポタポタと地面に血が落ちていった



46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 00:38:28.38 ID:WLJhpcLj0

森夏「邪魔者は片付いたし、帰ろうか私の可愛い勇太君と義妹さん」

樟葉「ヨイショッ………はい帰りましょうか丹生谷さん」

森夏(七宮のお陰で、邪魔者は2人も消えた六花さんと七宮からの邪魔はこれで入ることは無い……あとはこの子だけ)

樟葉「お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん」

森夏(まぁ、ゆっくりと……ねっ?)


樟葉「疲れたのね、ゆっくりおやすみなさい」

真夜中

ヴヴヴヴ

勇太「メール…六花からだ、あの時の神社で待ってるって………」


六花「………ダークフレイムマスター」




47: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 00:45:24.90 ID:WLJhpcLj0

勇太「やっと着いたぜ…」

六花「勇太……久しぶり…」

勇太「あぁ、久しぶりだな」ダキシメ

六花「ゆっ勇太ぁ?」ボロボロ

勇太「ごめんな?ごめんな?」ナデナデ

六花「勇太……私達はもうお終い…どう頑張っても醜い終わりしか存在しない…」

勇太「……そんなこと…」

六花「だから私達の契約は変わった…」

勇太「んっ?って近い近い!!」アトズサリ

六花「」ジリジリ

勇太「なんだよぉ//」

六花「この世で結ばれないなら……来世でもっと強力な力を持って契約を結ぶ…契約…」

勇太「…待てっそれって……!?」

六花「…一緒に来世へ行こう勇太ぁ」




48: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 00:59:54.27 ID:WLJhpcLj0

勇太「……チッ!!」

俺の体はやけに軽かった、宙を舞って後は落ちるだけ……そして俺は六花を突き飛ばした

六花「…………勇太ぁぁぁ!!」

最早意識は殆ど残ってはいない…痛みも感じないし何も感じない…さっきとは違った意味で体がとても軽かった自分自身の血の上で鉄臭い匂いを少し感じ後は死ぬのを待っていた
いつの間にか、血の中に綺麗な雫が落ちてきていた…残り少ない意識を集中し起きあがろうとするが…無駄だった

「………たぁ……ぁ」

掠れる意識の中、俺は人肌の温もりを感じながら闇の中へと逃げていった…二度と戻れない闇へと逃げていった…

六花「…勇太ぁぁぁ!!」


樟葉「お兄ちゃんが居ないどうやって抜け出した……お兄ちゃんの足は……」

樟葉「…あの泥棒猫か…」ギリッ

この日多くの人間が来世への闇へと逃げ込んでいった………

Fin