1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 20:34:20 ID:Hw2CJbaQ
「う~~トイレトイレ」

今トイレを求めて全力疾走している僕はIS学園に通うごく一般的な男の子
強いて違うところをあげるとすればオタク趣味があるってことかナー
名前は織斑一夏

「ここのトイレは男子に優しくないで御座るwwww」

トイレに駆け込むが、やはり、女子しか通わないと言う事で、トイレの内装は全てピンク色で大便器しかない。
しかし、それがかえって今の俺には丁度いい。
俺は、藍越学園に通うことになっていたのだが、何の因果か、間違えてIS学園の入学試験で、ISを動かしてしまったのだ。

引用元: 一夏「女子が一杯居るでござるwwww」 

 

IS<インフィニット・ストラトス>2 【公式】アンソロジーコミック (オーバーラップコミックス)
蜜キング 浅川圭司 稍日向 つつみあかり ひさまくまこ 双葉ますみ ぺけ 椎名悠輝 実々みみず すいひ 森あいり RO・GA まっち 日辻ハコ chany
オーバーラップ (2014-01-23)
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 20:42:57 ID:Hw2CJbaQ
個室に入り、便座に座る。
別にトイレの為にやって来た訳じゃないからだ。

「女子ばかりは流石にキツイwwww
某、女子に対しての免疫は姉上しかないでござるよwwwポコォwwwww」

取り敢えず、トイレに入って、ISに関する操縦や基本の技術等が書かれた電話帳並の本を広げる。
正直、このトイレは俺しか入れないので、ぶっちゃけ、俺の第二の部屋とさせてもらう事にした。
掃除のおばさん(おじさんかは知らない)が居るかもしれないが、『故障中』と言う張り紙をしておけば大丈夫だろう。

「にしても、これを覚えるのはキツイで御座るwwww
ポケモンの名前を全て覚える方が楽で御座るwww」

取り敢えず、排便をする場所なので、机替わりになるものがない。
今度、板を持って来て、机にしよう。

「帰って溜まっている●●●ーをクリアしたいで御座るwwww
おぉっと、そろそろ教室に戻らねばwww
姉上に引っぱたかれるで御座るwww」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 20:58:56 ID:Hw2CJbaQ
急いで教室に戻ると、教室中にいた女子の動きが一瞬止まる。

「お?」

周囲を見回すと全員がすぐに視線を逸らす。
最初の挨拶が効いているようだ。

 HR時

「織斑一夏で御座るwww
織斑千冬の弟で御座候wwwww
夢の桃源郷IS学園に入学出来てもう死んでも良いと思っていまするwwww
彼女イナイ歴=年齢!
彼女募集中で御座るwwww
これから1年間、よろしくで御座るwwwwポコォwwwww」

 回想終了

我ながらあれは酷かった。
だが、その御蔭で女子は誰も近づいてこない。

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 21:36:55 ID:Hw2CJbaQ
俺の望む物は『植物の様に平穏な生活』だ。
つまり、このIS学園と言う学校自体、願望から程遠い存在なのは間違いない。
趣味を楽しみながら、悪友達とごく普通の学校生活を藍越学園で過ごすはずだったのだが、ご存知のとおりだ。
そして、この学校、知っての通り、女子しかいない。
ハーレムは●●●ーの中で十分だ。
二次元から飛び出したそれは悲惨たるそれでしかない。
つまり、男子の願望とは実現すると、それはもはや地獄だろう。
二次元の少女たちは実にいい。
うるさくない、金はかからない、臭くない、劣化しない。
眺めているだけで幸せになれる。
平穏な存在だ。

「……」

どこからか視線を感じ、首を巡らす。
すると、一人の少女と目があった。

「……」

少女は俺の視線に気がつくとプイと視線を反らせてしまった。

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 21:48:49 ID:Hw2CJbaQ
彼女の名前は篠ノ之箒と言う、俺が小学生の頃の友人。
いや、幼馴染だ。
彼女の姉であり、俺の姉である、織斑千冬の親友、篠ノ之束がISを開発した。
IS、正式に言えばインフィニット・ストラトスと言い、直訳すると、無限の成層圏という意味だ。
本来は宇宙用のパワードスーツを目指して作られたが、気がついたら軍事転用されていたでござると言う兵器が、ISである。
正直、最新技術と軍事産業は表裏一体の関係で、特に宇宙技術に関しては言うまでもない。
冷戦時代の宇宙開発競争なんか最たるもので、ロケットはICBM、大陸間弾道ミサイルの技術と同じだ。
PS2なんか、コントローラーがミサイルの操縦が可能になると某米国が発売中止を求めたほどだ。
ちなみに、戦車の射撃管制などの機械はファミコンレベルの機能らしい。
PS3積んだらより命中率とかが高くなるのではと思ったのは内緒だ。
まぁ、兎も角、彼女は、姉である篠ノ之博士のせいで、俺が小学生の頃転校していった。
幼馴染と高校で再開とかsnegだな。
まぁ、向こうが話しかけてこない限り、俺も話さないし、できるだけ話し掛けられない様にトイレに行く。
全ては『植物のように平穏な生活』のためだ。

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 21:59:27 ID:Hw2CJbaQ
二時間目、やはり、非常に難解な言葉をベラベラと山田先生は並べ立てていく。
取り敢えず、教科書を広げ、電子辞書を広げ、更にはIS関連の用語辞典を広げる。
正直、俺は一般高校へ受験するための勉強しかしておらず、さらに言えば、このIS学園は超エリート高校でもある。
それ故に、周囲の生徒たちは、教科書と辞書ぐらいしか広げていない。
隣の女子なんか、さも当然の如くノートにツラツラと板書を書き連ねていく。
うむ、字も綺麗だ。

「えっと、何?」

俺の視線に気が付いた女子が恐る恐るという感じに俺を見る。

「何でも無いでござるよwwwww
某に気にせずどうぞ、山田教員の授業を聞くで御座るwwwww」

女子生徒は気持ち悪いものを見る顔で前を向いた。
危ない危ない。

「織斑くん、何か分からない所がありますか?」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:10:29 ID:Hw2CJbaQ
山田先生が俺にニッコリと微笑みながら尋ねた。

「おお、山田教諭wwww
ちょうど良い所にwwww
P12ページの3行目で御座るがwwwww」
「はい!」
「ナチスドイツの開発したV1ロケットとありますがwwww
V1は飛行爆弾でござるよwwww
しかも、正確に言えば、ナチスドイツではなく、V1はドイツ空軍向けへwwww
V2はドイツ陸軍が開発したで御座るwwww
ちなみに、V1飛行爆弾の正式名称はフィーゼラーFi103と言うで候wwww
この教科書は適当なことが書いてありますなwwwwポコォwwwwww」
「そ、そうなんですか?
織斑くんは物知りですね~」

アハハハと山田先生が苦笑する。

「いえいえwwww
それほどでもありますwwwww」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:23:54 ID:Hw2CJbaQ
それから、微妙な空気が流れたまま2時間目は終了した。

「ちょっと良しくて?」
「ダメで御座るwwww」

俺の席にやってきた縦ロールのお嬢様っぽい女子生徒にそう告げ、トイレに向かう。

「おい」

また、背後から俺を呼び止める声。
振り返ると、篠ノ之箒がむっつりとした不機嫌そうな顔で腕を組み立っていた。

「おぉwwww
これはこれは、篠ノ之殿wwwww
お久し振りでござるなwwww
6年ほどで御座ろうか?wwww
いやはや、某の事をお覚えで御座るか?
織斑一夏でござるよwwwwデュフフwwwww」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:30:18 ID:Hw2CJbaQ
「ッチ……
ちょっと来い」

周囲の視線を気にしたのか箒は一人でズンズンと歩いていく。
なんだろうか?

「待つで御座るよwwww
そういえば篠ノ之殿」
「なんだ」
「去年、剣道の全国大会に優勝したでござろう?」
「ああ」
「おめでとうで御座るwwww
流石、篠ノ之殿でござるな!wwww
某、中学時代はけんどうをやって居らなんだ故、新聞で篠ノ之殿を見た時は随分驚いたで御座るwwwww」
「そうか」

うむ、会話が続かない。

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:41:52 ID:Hw2CJbaQ
もともと、箒はおしゃべりという感じの女子じゃないしな。
いや、女子というより、男子以上に男子だ。
多分、其処等辺の男子に刀を持たせるなら、箒に持たせるほうがよっぽど様になるだろう。
そして、廊下の端の方に行くと、箒が振り返る。

「久しぶりだな」
「そうで御座るなwwww」
「その喋り方はなんだ?」
「鬱陶しいでござるか?」
「わかっているのならやめろ!!」

箒がギロリと俺を睨む。

「まぁ、箒なら良いか」
「お、おう…」

箒が少し驚いた顔で俺を見た。

「どうした?」
「な、何でもない!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:46:17 ID:Hw2CJbaQ
「しかし、何故そんな訳の分からん話し方をするんだ?
小学生のことは普通だったろうが」
「ああ、そうだな。
箒、俺が小学生の頃書いた作文覚えているか?
将来の夢って題名の」
「ああ、確か『植物のように平穏な生活』だったか?」

箒が苦笑しつつ俺を見る。

「ああ、そうだ。
この学校は俺の『植物のように平穏な生活』から遠くかけ離れている。
そもそも、俺の歯車が狂い始めたのはお前と同じ理由だよ」
「……篠ノ之博士か」

箒の顔が不機嫌になる。

「ああ、そうだな。
そこを責めるつもりはない。
過ぎた事だ。
だから、俺は現状で対処できる限り『平穏な生活』を目指すつもりだ」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 19:27:44 ID:A1FO6/sE
「激しい「喜び」はいらない・・・

そのかわり深い「絶望」もない・・・・・・・・

だったか?」

箒が俺を見る。

「ああ、そうだな。
それが一番ベストな日常だ。
俺の人生は死人の心電図の様に、平坦を望む。
起伏は要らない。
そういう訳だから、某にあまり関わるでないでござるよwwww」

箒にじゃあと別れを告げ、教室に戻る。
教室に入るとやはり、ザワ付きが止まった。
ヒソヒソと、箒が居ない事を指摘する声が聞こえたが、あえて無視する。

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 19:40:46 ID:A1FO6/sE
「ちょっと良いかしら?」

そこに先ほどの金髪縦ロールが現れた。

「何wwでwww御wwww座wwwwwるwwwwwwwかwwwwwwww
金髪縦ロールさんwwwwww」
「なっ!?
誰が金髪縦ロールですって!?」
「御宅以外に誰が居ようかwwwww」
「私には「いやいやwwww
御宅の名前は知っているで御座るよwwwww
イギリスの代表候補生のセシリア・オルコット女史wwwww
生で見るオルコット女史はやはり違うで御座るwwww
いと美しきかなwwwww美しきかなwwwww」
「わ、私の名前を知っているとは殊勝なことですわね」

オルコットは少し引いた様に俺を見る。
一体何の用だ?

「してwww
そのイギリス代表候補生であるオルコット女史が某に何用で御座ろうかwwwww」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 19:58:19 ID:A1FO6/sE
「貴方、少し位知識があって男でISが操縦できるからといって調子に乗っていませんこと?」

ああ、メンドくさいパターンの。

「調子に乗っている様に見えるで御座るかwwww
あいや、それは失礼wwww
そんな事よりオルコット女史wwww
ひとつ頼み事が有り候wwww
良ければサインをお願いするで御座るよwwwwポコォwwww」

ルーズリーフとサインペンをオルコットに差し出す。

「は、はぁ?」
「いやはや、オルコット女史は有名人www
しかも、大英帝国の代表候補生で御座るwwwww
同級生のよしみでサインを書いてくれまいかwwww」
「ま、まぁ、それぐらいなら良いですわ。
貴方宛で宜しくて?」
「できれば親友の分も書いて欲しいでござるよwwww
名前は『弾』で御座るwww
『五反田弾』で御座るwww」
「分かりましたわ」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 20:33:05 ID:A1FO6/sE
セシリア・オルコットはアホと見た。
唆せばコロッと態度を変える。
そして、セシリア・オルコットがサインを書き終えると千冬姉と山田先生がやって来た。

「ありがとうござまするwwwww
この恩は一生忘れませぬwww忘れませぬべりぃwwwwwポコォwwwww」
「そ、そうですか…
私は失礼しますわ」

オルコットは言うとそそくさと席に戻った。
うむ。

「織斑、何をしている」
「織斑教員wwww
見て下されwwww
オルコット女史にサインを貰ったで御座るwwww
羨ましいで御座るか?wwwww
羨ましいで御座るか?wwwww
羨ましいで御座ろうwwwwww
生憎、サインは某と親友の分しか御座らんwwww
だから、織斑教員には上げれんので御座るwwww」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 21:37:21 ID:A1FO6/sE
「誰がいるか」
「負け惜しみをwwww
さぁ、時間で御座る。
3時間目を始めるとイイでござるよwwww」

ちょうど鐘が鳴る。

「起立」

号令と共に立ち上がる。
そして、礼、着席と続いた。
教壇には千冬姉が立つ。

「まず、授業を始める前に、再来週行われるクラス対抗戦に出る代表者を決めて貰う」
「織斑教員wwww
質問があり候wwww」
「なんだ、織斑」
「はいwwww
織斑一夏で御座るwwwwポコォwwww
クラス対抗戦とは何か某に教えてくだされwwwww
何分、某、急に入学が決まった訳でwwwww
行事に関してまで目が通らなかったでござるよwwwwフヒヒwwwww」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 21:43:04 ID:A1FO6/sE
「……まぁ、良いだろう。
クラス対抗戦とは聞いて名の通りだ。
クラスで代表を決め、その代表者がISを使って戦うのだ」
「ほうほうwwww」
「で、今はそれを決める。
自薦他薦を問わないぞ」

千冬姉が言った瞬間、俺は手を上げる。

「今度は何だ、織斑」
「フヒヒwwww何度もサーセンwwwwww
某、オルコット女史を推薦するで御座るwwwwポコォwwwww
推薦理由はwwwオルコット女史が代表候補生である事とwwww
専用機を持っているからで御座るwwwwプゲラwwwww」
「成程。
ほかに」

千冬姉が周囲を見回す。
すると一人の女子が立ち上がった。

「織斑君も良いと思います!」
「思wwwわwwwwぬwwwww伏wwwwwww兵wwwwww
まさにポルナレフwwwww
ポルナレフもびっくりで御座候wwwwwww」

めんどくさい事になったぞ……

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 21:53:49 ID:A1FO6/sE
「織斑教員wwww
織斑教員wwwww
某は辞退するで御座るwwwww」
「ダメだ。
他薦された者には拒否権はない」
「なwwwwんwwwwたwwwwwるwwwww横wwwww暴wwwwwwww
アドルフ・ヒットラーも吃驚の独裁政治で御座るwwwwww
教員職の立場を利用した職権乱用wwwwww
流石織斑教員wwwwww
俺達が出来ない様な事を平然とやってのけるwwwww
そこに憧れるwwwww
痺れるwwwwwwコポォwwwwww」
「黙れ」

千冬姉が俺の頭部に出席簿を振り下ろし、俺はそれを白刃取り。

「当たらなければどうと言う事はないwwwwwww」
「他に居ないか!」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 22:07:01 ID:A1FO6/sE
千冬姉が周囲をコレでもか睨みつける。
そのせいで全員が固まって動かなかった。

「ならば、二人で話し合って決めろ!」

バンと教卓に出席簿を叩きつけた千冬姉はそれっきり黙ってしまった。
おい、こら、仕事しろ教師。

「取り敢えず、私が代表者で問題ないですわね」
「異議があろうかwwwwwいや、あるまいwwwww
そうだろうwwwwwそうだろうwwwwww」

周囲からエーっと声が上がった。

「なっ!?
私が代表に何が不満なのですか!!」

オルコットがムッとしたように周囲の女子を睨む。

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 22:16:33 ID:A1FO6/sE
「だいたい、抑が可笑しいんですわ。
こんな極東に態々来て、物珍しいという理由だけで素人の訳の分からない事おっしゃっているお猿さんがこのイギリス代表候補生セシリア・オルコットを差し置いて代表になるなんて!!
ISの技術を取得しに来ているのであって、私はサーカスをしに来ているわけでありませんわ!!」

オルコットが白人至上主義を前面に押し出し考えを述べていく。

「だいたい、こんな島国で、生の魚を食べるような野蛮な国で3年間も暮らさないといけないと言う事自体、私は我慢できないのに!」
「聞いたで御座るかwwww
皆の衆wwww
聞いたで御座るかwwwwww
オルコット女史の白人至上主義wwwwww
イギリス人はやはり差別主義者で御座るwwwwww
オーストラリア人やアメリカ人が差別主義者なのはwwwwwwww
元々がイギリス人だからで御座るなwwwwwwwww」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 22:25:43 ID:A1FO6/sE
「な、なんですって!?!」
「何が島国だ、この野郎。
黙って聞いてりゃベラベラと。
テメーの国だって島国だろうが。
だいたい、何時まで大英帝国気分なんだ?
アジアでのテメー等イギリスは俺等『猿』にすら勝てなかった雑魚なんだよ。
プリンス・オブ・ウェールズやレパルスだって30分足らずで沈んだ。
ハリケーンだって隼にコテンパンにやられた。
お前が馬鹿にする、『生魚を食べる野蛮な猿』にな。
しかも、お前が習いに来ているISの技術だってどうだ?
そもそもISは何人が作ったか言ってみろ。
そうだよ、日本人だよ。
お猿さんの日本人だ。
お前の様な屑が一番嫌いだ。
人種差別主義者の糞め。
お前の様な存在がいるから、未だ黒人=下等生物の様な思想が蔓延っているんだ」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 22:33:26 ID:A1FO6/sE
「い、一夏!!!」

ガタリと箒が立ち上がる。

「……クソ」

やっちまった…
ついカッとなって周りが見えなくなる。
俺の悪い癖だ。
この癖があるからこそ、俺は『植物のように平穏な生活』を求めるようになったのに…

「なにはともあれ、オルコット女史に代表者をやって貰うで御座るwwwwポコォwwwww」
「言ってくれましたわね、お猿さん…」
「お猿さんじゃないで御座るwwww
織斑一夏で御座るwwwwデュフフwwwデュフフwwwww」
「決闘ですわ!!」

オルコットはガタンと立ち上がり、ナワナワ震えている。

「だがwwww断るwwwwwww
この織斑一夏wwwww
女子に手は上げないで御座るwwwwww」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 22:42:51 ID:A1FO6/sE
「怖いんですので?
だったらそうおっしゃいな」
「怖いで御座るwwww
オルコット女史はとても怖いで御座るwwww
怖すぎて    漏れちゃいそうで御座るwwwwwポコォwwwww」
「なっ!?
なんて下品なんですの!!!!
男なら正々堂々、私と戦いなさい!!」

メンドくさい女だな…

「しょうがないで御座るwwww
某の飛天御剣流でオルコット女史を一撃で倒してしんぜようwwwwデュフフwwwwwデュフフwwwwww」

取り敢えず、適当に戦ってすぐに負けよう。
相手は腐っても代表候補生だ。
俺が勝てるハズがない。
だったら、せめて、千冬姉に怒られん程度に力を抜いて戦えば良い。
何事も力を抜いてやるのが一番だ。
本気を出すと禄な事にならないからな。

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/27(水) 23:46:04 ID:A1FO6/sE
「お、織斑くん、まさか、セシリアとISで戦うつもり?」
「如何にもwwwww
オルコット女史が某との戦いを剣道で付けてくれるとは到底思わんで御座るwwwww」
「じゃあ、ハンデ付けてもらった方が良いよ」
「そうですわね。
確かに、ど素人のあなた相手に全力で行くのは大人気ないですわね。
ハンデをあげますから言ってご覧なさい」

オルコットがフサァッと髪の毛を広げる。

「それならばwwwww
オルコット女史は射撃系の武器を使ってはいけないと言うのはどうで御座ろうかwwwww」

オルコットの使うブルーティーアーズは射撃メインの所謂狙撃兵の様なISだ。
射撃禁止とはつまり、ブルーティアーズのほぼ全部の攻撃を禁止するようなもの。

「な、何を言っているんですの!?」

それみろ、動揺し始めた。

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 00:15:59 ID:O.9H9onY
「冗談で御座るwwww
オルコット女史のブルーティアーズは射撃メインのISwwwww
射撃兵器の使用を禁止すると残るはインターセプトのみwwwww
格闘用のショートブレードwwwww
故にwww故にハンデは要らんで御座るwwwwww
相手の手の内は既に見切っているで御座候wwwwww
敵を知りwwww己を知ればwwwww百戦危うからずwwwwウェwwwwwウェwwwww」

そして、ブルーティアーズは機体名にもなったファンネルのようなビットを持っている。
その名のとおり、ブルーティアーズと言う。
確か、6つ。
4つはビーム、2つはミサイルだ。
それにさえ注意すれば、あとはどうとでもなる。
取り敢えず、あとはネットでブルーティアーズと戦う為のシュミレーションを漁るだけ。
ネットの住人はそういう下らん事を大真面目に議論するんだから、ありがたい。
俺の使うのはきっと打鉄だろう。

「あぁ…メンドくさい……」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 00:49:08 ID:O.9H9onY
「とりあえず決まったな?
試合は一週間後の月曜日、放課後に第三アリーナで行う」
「うはwwwwwおkwwwwww」
「分かりましたわ」
「二人はそれまでに準備をしておくように」

準備つってもほとんどする事ないな…
とりあえず、体力は付けておこう。
まぁ、中学は部活に入ってはいなかったが運動は欠かさなかったしな。

「それでは授業をする」

うむうむ、授業だな。
とりあえず、オルコット対策は万全にしておかねば、無駄に怪我をする。
こんな下らない事で怪我をしていたらただのアホだ。
と、言うか今日から一週間枕を高くして、ぐっすりと眠れない…
ストレスが半端ない。
許すまじオルコット…
許すまじ自分の癖……

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 15:19:03 ID:O.9H9onY
そんなこんなで一日が終わった。
予習をしてきたが、授業についていくので精一杯だ。
流石エリート高校。
事前に専門書の用語辞典を持ち込んでおいて本当に良かった。
しかし、専門過ぎて、非常に分厚い上にお値段が半端ない。
お値段以上ニトリレベルだったが、生憎、お値段以上にするためには3年は確実に頑張って貰わねば元が取れんだろう。

「あ、織斑くん。
良かった、まだ教室にいてくれて」

そこに山田先生がやって来る。
周囲には女子も居り、俺に話しかけはしないが、話が聞こえるレベルに話し合っている。

「おぉwww
これはwwwこれはwwwww
山田教員wwwww
某に何用で御座ろうwwwwww」
「えっと、ですね、寮の部屋が決まりました」
「おぉwwww早いで御座るなwwwww
政府の匿名でござろうwwwww」
「え、ええ、そうです。
事情が事情だけに……」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 15:23:32 ID:O.9H9onY
「相分かったっで御座るよwwwwww
一旦家に帰って荷物を持ってくるで候wwwww」
「その必要はない。
お前の必要品は私が手配してやった」

そこに千冬姉がやって来る。

「それはwwwwそれはwwwwwウェwwwwウェwwww
それはそうとwwwww洗濯物は如何したwwwww」
「取り込んでおいた」
「織斑教諭はwwwwww
家事がいと下手クソで候wwwwww
取り込んだ=竿ごと部屋に投入wwwwwwポコォwwww
風呂掃除=水を流すだけwwwwwデュフフwwwww
故にwwww故にwwwww
嫁遅れているで御座候wwwwwwうぇwwうぇwwwwww」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 16:12:13 ID:O.9H9onY
実際問題、千冬姉は家ではジャージで髪の毛を梳かさない。
だから、このIS学園で再開した時、一瞬別人かと思ったほどだ。

「貴様、覚悟は出来ているんだろうな?」
「覚悟は出来ているか?

俺は出来てる…

ブチャラティ乙ですwwwww
某は何時からプロシュートに成ったで御座るかwwwww
ならばwwwwならば某は一言wwwww

『ブッ殺す』と心の中で思ったならッ!

その時スデに行動は終わっているんだッ!

以上で御座るwwww
某、織斑教諭が放り込んだ洗濯物と風呂掃除があるでござる故wwww
故に一度家に帰らせて貰うでござるwwwww
寮の部屋番号を教えてたまふwwwww」

部屋番号を教えてもらい、その場を後にした。
やれやれ。
やっと一日が終わった。

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 16:35:21 ID:O.9H9onY
家に帰り、とりあえず、数日家を空ける用意をする。
また、趣味のモノとか必要なものをトランク2つ分に選び抜き、再び寮に戻る。

「某の部屋は何処で御座ろうwwwwww
此処ではないwwww否、此処だろうwwwwww」

扉を開けると、其処には箒が立っていた。

「ん、同室の者か。
私は篠ノ之箒って…何故、貴様が此処にいる」

箒が俺を睨んだ。

「何故で御座ろうかwwwww
文句があるのならばwwwwww
織斑教諭に言うが良かろうてwwwwwww
某が決めた訳ではないで御座るwwwwwポコォwwwwww」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 17:26:21 ID:O.9H9onY
「そ、そうか…
しかし、男子と同室とは……」

箒はちらっと俺を見る。

「安心しろ。
俺はちゃんと基礎が出来た人間だ。
そんなことより、今日届いたゲームをやりたいからテレビを占領するが、構わんよな」
「あ、ああ…
と言うか、ゲームを持ってきたのか?」
「当たり前だ。
俺は今日、発売のロボティクス・ノーツをクリアせねばならんのだ。
悪いが、話しかけないでくれ」
「あ、ああ…分かった」

テレビにPS3を接続。
ああ、これ、HD用のコネクターが対応してる!
流石IS学園!!
税金で作られただけあって設備が完璧だ!!!

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 19:16:57 ID:O.9H9onY
その後、夕飯の7時までしっかりとやった。
うむ。

「一夏、先程からずっとゲームをしていたが、大丈夫なのか?」

場所は食堂、同室のよしみ、幼馴染のよしみという感じでふたり揃って夕飯を食べる。

「ああ、大丈夫だwwww
某にかかれば鬼畜米英の尖兵なぞwwww
竹槍一本で勝つるwwwwww
うはwwwww某wwwww最強wwwwww
そして、味噌汁うめぇwwwwうぇwwwwうぇwwwwwww」
「他人がいるとその喋り方になるのか…」
「なんの事だかwwwww
某wwww分かりかねまするwwwwwwわかりかねまするぞwwwww篠ノ之殿wwwww」

ちなみに、お好み定食Aだ。
内容は白米、味噌汁、豚肉の炒め、お新香である。

「国民の血税wwwww
注ぎ込まれているだけあってwwwwww
飯wwwwテラウマスwwwwwポコォwwwwwww」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 19:26:55 ID:O.9H9onY
「少しは黙って食えんのか」

ギロリと睨まれる。

「コワスwwwww
篠ノ之殿が切れたで御座るwwwww
テwwwwwラwwwwwコwwwwwwワwwwwwwwスwwwwwww
白米のおかわりは無料ですかwwwwww」
「おかわり自由だ。
ついでに、どのオカズもおかわり自由だ」

箒がさっさと去れと言わんばかりに顎でしゃくってカウンターを見遣る。

「タダ飯ウマスwwwwww
お代わりしてきますぅwwwwwデュフフwwwwww」

茶碗を片手にカウンターのおばちゃんにおかわりを要求すると山盛りで返却された。
素晴らしきIS学園!

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 19:32:39 ID:O.9H9onY
そして、席に戻ると箒が呆れた顔で俺を見る。

「食堂のおばちゃん気前良すwwwww
大盛りくれたで御座るwwwwww」
「ねぇねぇ!」

そこに複数の女子がやって来る。

「何で御座ろうかwwwwww」
「一緒に食べていい?」
「一向に構わんwwwww
ウハwwwww女子増えたwwwwww
テラwwwwモテモテwwwwww」

取り敢えず、箒はあからさまに嫌そうな顔をした。
俺だって嫌だよ。
だが、肉を切らせて骨を断つって戦い方があってな、箒。
俺は今からそれを実行するわけだ。

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 19:38:44 ID:O.9H9onY
「ねぇねぇ、織斑くん」
「何で御座ろうwwwww」
「織斑君って織斑先生の弟なの?」
「如何にもwwwww
某wwww織斑千冬の唯一の肉親にして保護者wwwwwww
織斑一夏で御座そうらえばwwwww
今後共姉をよろしく頼むで御座るwwwwwうぇwwwうぇwwwwww」
「そ、そうなんだ…」

女子がいい具合に引いている。

「所で話は変わるがwwwwww」
「な、なになに!!」
「御宅は何処の国の人間で御座ろうwwwwww
ヨーロッパ系で御座るかwwwwwポコォwwwww」

見立てではドイツか、フランスだろう。

「私?
私はベルギーだよ」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 19:42:27 ID:O.9H9onY
「ktkrwwwww
ベルギーktkrwwwww
これで勝るwwwwww」
「え?」
「某wwww
ベルギー大好きで御座るwwwww」
「ほ、ホント!?」

女子生徒が嬉しそうに俺を見る。

「ベルギーwwwww
漢字で書けば白耳義wwwww
チョコレートとFN社の国で御座候wwwwwww
FN社wwwwwwポコォwwwwwww
名門銃会社wwwwwww」
「え、えっと、まぁ、うん…
確かに、ベルギーはFN社で有名だけど…」

女子が苦笑しながら周囲の女子に助けを求める。
よしよし。

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 19:49:54 ID:O.9H9onY
「某wwwwww
F2000が欲しいで御座るwwwww
P.90やFNCもイイ銃で御座るなwwwwwww
と、言うかwwww
アメリカ軍の主力火器はほとんどFN社で御座るなwwwww
ベルギー人としては鼻高々で御座ろうwwwwwww
ウハwwwwwテラ羨ましすwwwwwww」
「そ、そうなんだ…」

女子生徒はハハハと笑う。
よし、これで女子は近づかないだろう。
一応念のためにもう一人の女子も。

「して、御宅はwwwwww」
「あ、えっと…
オーストリア……」

オーストリアか。
うん、良いね。

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 19:54:56 ID:O.9H9onY
「キタ━(゚∀゚)━wwwwwwww
オーストリアktkrwwwwwww
篠ノ之殿wwwwww
聞いたで御座るかwwwww
聞いたで御座ろうwwwww」

前に座る箒に話を振る。
箒はこっちくんなという顔をするが、アイコンタクトを送ってやる。

「よ、よかったな…
それで、な、何が来たんだ?」
「デュフwwwデュフフwwwwwwww
篠ノ之殿wwwww
オーストリアと言えばwwwww
グロック社とステアー社をお忘れかwwwwwwwwクポォwwwwwww」

なんだそれはという顔をする箒。
隣の女子は地雷を踏んだという顔をして遠い目をしていた。

「某がwwwwww某がwwwwwww
教えてしんぜようwwwwwww
耳糞カッポジってよく気がヨロシwwwwww」

そこから延々と銃の話を3人にする。
箒ににゃ悪いが、これも俺の『植物のように平穏な生活』がかかっているんだ。
すまんな。

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 20:03:27 ID:O.9H9onY
千冬姉が来て強制解散になるまで銃の話をし、食堂には俺と箒、そして、千冬姉が残った。

「まったく、貴様という奴は何をしているんだまったく」
「こうすれば、俺に干渉してくる奴等を排除できるだろ?
さっきは悪かったな箒」

コーヒーを飲みながら隣で未だゲンナリしている箒に謝罪する。

「その歳で女子に興味がないとか貴様は病気か?」
「病気じゃねーよ。
それよか、千冬姉。
パンツのゴムが伸び切って、更には穴があいた奴を洗濯機に放り込むな。
一緒に洗っちまったじゃねーか」

御蔭で、何となく損した気分になったじゃないか。

「今はそんな話をしなくてもいいだろう」

千冬姉が俺を睨む。

「よくねーよ。
だいたい、千冬姉は何時も良い加減過ぎなんだ。
ゴミの分別も、最近厳しいんだぞ?
可燃ごみに透明のフィルムが1つでも入っていると、持って行ってくれないんだ。
赤は可燃ごみ。
青は資源ゴミ。
前も言ったろう」

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 20:29:39 ID:O.9H9onY
「知るか」

千冬姉がフンと鼻を鳴らす。

「はぁ……
良いか、千冬姉。
女尊男卑の世の中とは言え、望んでも結婚できない女子はいるんだぞ。
千冬姉は幸か不幸か、外見“だけ”は飛び切り良いんだ。
だが、外見が良くても中身がダメだったら、結局、ダメだ。
外見がマイナスでも、料理が出来たり、性格がよかったりする女性は結果的に結婚できている。
まぁ、千冬姉が働いて、主夫をやってくれる男を探すって手もあるが、やっぱり、難しいぞ。
だいたい、何時までもブラコンじゃ社会でもやっていけないだろう。
今日の部屋割りだって、箒がたまたま居たから良い物を、もし居なかったら、俺に個室与えただろう」
「当たり前だ。
お前がほかの女子生徒を襲うかもしれなんからな」

脇で箒で私は襲われてもいいのかと呟くが、千冬姉には聞こえていないようだ。

「兎も角、俺だって何時までも千冬姉の面倒ばかり見てられないんだぞ?
こう言う、細かい所から直していかないと、30超えても独り身のままだぞ」
「うるさい。
お前が姉の将来の心配をするなんて100年早いわ。
さっさと部屋に戻れ。
それと、風呂は、部屋のを使え。
篠ノ之は大浴場だ。
良いな」
「は、はい、千冬さん…」

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 20:35:50 ID:O.9H9onY
千冬姉はそれだけだと言うと去っていった。
バツが悪くなるとすぐに逃げる性格も直した方が良いな。

「箒、俺たちも部屋に戻るか」
「ああ」

二人で廊下を歩いてると女子生徒がヒソヒソと話をはじめる。

「いやはやwwwwwww
織斑教諭もあの素晴らしさが分からぬとは如何ともしがたいですなwwwww
篠ノ之殿もそうは思わんで御座るかwwwwww」
「お、お前が訳の分からん話をするからいけないんだ」

俺の意思が伝わったのか箒がフンと鼻を鳴らし、言う。

「訳のわからないwwwwww
失敬なwwwwww
失敬で御座るwwwww
失敬で御座るよwwwwww
篠ノ之殿wwwwww
FN社とグロック社とステアー社に謝罪文を書くべきで御座ろうwwwww」
「誰が書くか!!
まったく、鉄砲だのなんだと…
所詮、ISの前では無力だ」

箒はフンと鼻を鳴らし、先に部屋に入ってしまった。

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 20:42:56 ID:O.9H9onY
やれやれ。
箒、それは違うぞ。
ISは世界最強だなんて、言われてるがな。
あんなもの幻想に過ぎない。
確かに、サイロから飛んでくる核ミサイルは迎撃できるだろうが、それ以外のミサイルは、特に潜水艦からのミサイルはキャッチはほぼ不可能だ。
それに、ISを操縦する兵士は大抵が女子だ。
目の前で、兵士が死ぬのに耐えられるのか?
俺は無理だ。
殺すの無理だ。
この場にいる奴等は全員、その覚悟があって此処に来ているのか?
いいや、違うだろう。
だいたい、みんな、兵士としての自覚がないはずだ。
だが、ISに乗る、乗れると言うことはつまり、この場にいる生徒は皆徴兵されるという事だ。
日本じゃ徴兵は内が、国がそうはさせないだろう。
半ば強制的に自衛隊にいるれるだろう。
何時かの防衛大臣が言っていた、
『徴兵された兵士は専門的な技術を教えてもすぐに流れ出てしまう。
専門的な兵器を扱う兵士は志願制によって成り立たなくてはいけない』

と。

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 20:49:56 ID:O.9H9onY
つまり、どういう事かと言うと、徴兵された兵士は2年半(旧軍)で兵役義務が終わる。
その後はほかの一般の仕事に就くために、せっかく苦労して機械の使い方を教えても、兵役が終わり、兵士達が消えてしまうのだ。
ISなんて、それを更に厳しくしたもので、操縦出来る人まで制限されている。
今までの兵器なら、健康で鍛えた人なら、教えれば大抵は扱える。
だが、ISは違う。
男はまず無理だ。
女も、全員が全員操縦できるわけではない。
適正があるからな。
ISは兵器ではないと言うが、あんなもの兵器だ。
いや、兵器と呼ぶに呼べない、玩具だ。
人を殺す目的で作られた非効率極まる玩具。
それがISだ。
兵器とは、自国で製造、生産出来、システムを完璧に把握していなければいけない。
ISは強力だが、兵器としては最悪だ。
どれもできないのだから。
世界中の国がISを使わず戦争をするという事態に発展したらどうだろうか?
どんなに篠ノ之博士が苦心して作ったISでも、使う人がいなければ、結果的に意味を成さないではないか。

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 20:59:11 ID:O.9H9onY
核抑止論という言葉がある。
お互いが核兵器を持つ事で、お互いに牽制し合い、膠着状態を作る事だ。
これは国にとっては実に利益がある。
なぜなら、お互いがお互いを警戒しあう為に、軍需拡大が見込まれ、それ故に経済が発展する。
もちろん、余りに緊張を膨らませると、破裂した時に地球がなくなるかもしれない。
要は冷戦時代がそれだ。
お互いに適度なガス抜きをする場を設けることで、科学技術は発展し、経済は豊かになった。
現に、人間が宇宙に行ったとき、世界は冷戦中だった。
篠ノ之博士は『世界平和』を目指してISを作ったのだろう。
確かに平和は尊い。
だが、結果として、様々な国や人々に迷惑を掛けた。
そして、今に至るが、正直、ISが出来るころより悲惨な世界だ。
中東や第三諸国では相変わらず、紛争が起こっているし、先進国の環境汚染や犯罪率は逆に増えた。
女尊男卑になったからだ。
世界は平和とは逆の状況にある。
まぁ、正直な話、そんなことは『どうでもいい』んだ。
俺は『俺に火の粉が降り掛かって来なければ良い』んだから。
しかし、現状は火の粉どころか、俺を囲んでキャンプファイアー状態だ。

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 21:08:09 ID:O.9H9onY
オルコット、IS学園、篠ノ之箒、織斑千冬。
片付けられるモノから素早くそして、確実に消していく。
そうしなければ次々に燃え移っていく。
それだけは防がねばならない。
俺はアニメや漫画の主人公を羨ましいと思わない。
彼等は一様にして損しかしていない。
本人達はイイだろうが、俺はよくない。
それを見るのは良いが、なるのは良くない。
だから、俺は全力で火種を消していく。

「待つで御座るよ篠ノ之殿wwwww
某を締め出すとは何事かwwww」

扉を開け、中に入っていく。
さて、取り敢えず、オルコットのブルーティアーズの攻略を考えねばな…
やれやれ、だぜ…

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 21:54:21 ID:O.9H9onY
その晩、夜の10時までしっかりとオルコットと自身の事と、ブルーティアーズについてみっちりと調べた。

「ああ、よく寝た」

目を開けると朝の6時だ。
うむ、昨日は色々とあって早めに寝たが、やはり、睡眠時間8時間と言うのは体に染み付いているらしい。
“6時キッカリ”に起きてしまった。
となりではまだ箒が寝ている。
そっとしておこう。
無理やり起こすのも可哀想、だ。
早く起きるのも良い。
取り敢えず、『早く起きれた』と言う興奮から体を動かしたくたまらないな。
そう言えば、全く関係ない事だが、このIS学園のグラウンド一周が5kmだったはずだ。
早速、ジャージに着替え、廊下に出る。
そして、十分に準備運動をし、イヤフォンを付ける。
流すは『チャイコフスキー序曲1812年』演奏は陸上自衛隊だ。
軽いランニングに近いウォーキングでグラウンドに向かうと、陸上部だかバスケ部だかの女子達がちらほらいる。
彼女等は2年だろうか?
まぁ、良いさ。
兎も角、ランニングだ。

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 22:05:06 ID:O.9H9onY
ランニングは良い。
走っている間は様々なことを考えるが、結局最後の方でどうでも良くなる。
ランナーズハイになった時は最高だ。
無心になって走れる。
個人的に、ランナーはドMだと思う。
こんな苦しいのに、こんな辛いのに、なぜ走るのだろうか?
きっとこのランナーズハイの瞬間が非常に気持ちが良いのだろう。
つまり、エクスタシーを感じられるのだろう。
最初は女子の陸上部たちにスピードを合わせて走る。
体が温まって来たら、本格的にスピードを出して走り出す。
だいたい1500を4分程で走りきるスピードで走る。
確か、高校での世界記録では3分40秒ほどだったはずだ。
4分だと、だいたい女子の記録ぐらいだろう。
だいたいグラウンドを2週する頃になると、ランナーズハイがやって来る。
足が軽くなり、フワフワとした実感だ。
呼吸は少し苦しいものの、ハイに入るまでと比べれば断然の差である。
そして、曲も佳境に入って来た。
大砲を使った伴奏でラストスパート掛け、さらに追い込む。

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 22:15:37 ID:O.9H9onY
曲が鐘がなり、凱旋のシーンに入る。
だいたい13分30秒ぐらいだ。
呼吸を落ち着かせるためにスピードを落としていく。
この1812年はナポレオン戦争で、ロシアがフランスを倒すと言う曲だ。
個人的には冒頭の5分あたりのフランス国家が流れる場所と最後の、13分30秒あたりで鐘と大砲が鳴り響く場所が好きである。

「ふぅ~……」

呼吸を落ちかせつつ、周囲を見回す。
グラウンドの隅に懸垂用の鉄棒があるのを見つけた。
時間はまだ7時20分程である。
体力が無い為に、すぐにランナーズハイになれることを喜ぶべきか、悲しむべきか…
兎も角、次は懸垂だ。
その後、腕立て腹筋背筋をする。
そして、だいたい7時40分程まで運動をしていた。

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 23:16:50 ID:O.9H9onY
部屋に帰ると箒がベッドに腰掛けており、瞑想している。
髪の毛が少し湿っているが、室内で運動でもしたのだろうか?

「……どこに行っていた?」
「ああ、日課の運動だ。
昨日の分をしていなかったので何時もより多くやっていた。
清々しい朝で、非常に有意義な時間を過ごせたぞ」
「そうか」

箒はそれだけ言うと再び瞑想に戻った。

「シャワーを浴びるが、使うか?」

一応声をかけておく。

「いや。
私はもう浴びた。
シャワーが済んだら朝食だぞ」
「ああ」

着替えを持ってシャワールームに入る。
仄かにシャンプーの香りが漂っており、湯気も僅かばかりだが残っていた。
ついさっき出てきたようだ。

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 23:24:09 ID:O.9H9onY
それから、手早くシャワーを浴び、汗を流す。
シャワーが済み、柔軟体操をしてから、箒と共に廊下に出る。

「あ、おはよう織斑くん」
「お早うで御座るwwwww
今日もいい天気で御座るなwwwwwwwコポォwwwwww」
「そ、そうだね…」

女子が苦笑してそそくさと食堂に走っていった。

「何と言うか、お前のその徹底ぶりには感心せざる負えんな」
「良い良いwwwww
序でにwwwww
崇め奉りたまへwwwwwwww
苦しゅうないぞwwwwwwうぇwwwwwwうぇwwwwww」
「……」

箒が俺の脇腹を殴り、早足で行ってしまった。

「ま、待たれよ篠ノ之殿wwwwwwww
今の暴行に付いてwwwwww
謝罪と賠償を要求するニ 、で御座るwwwwwwコポォwwwwww」

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 23:32:01 ID:O.9H9onY
食堂に着くと女子生徒でごった返していた。
取り敢えず、朝はバイキングの様だ。

「篠ノ之殿wwww
篠ノ之殿は何を食べるで御座るかwwwwwww
某はwwwww
白米wwwww塩ジャケwwwwwww味噌汁wwwwww
和食三コンボでダイレクトアタックするでござるよwwwwwwデュフフwwwwww」
「私もそれだな」

箒が白米を茶碗に盛り付けながら頷く。

「おぉ、ここのパンは美味しそうで御座るwwwwww
某、和食コンボにプラスしてwwwwwww
洋食を召喚するで御座るwwwwww
クロワッサンとロールパンを生贄にwwwwwww
イチゴジャムを召喚wwwwww
さwwwwwらwwwwwwにwwwwwwwww
ベーコンエッグとソーセージwwwww
そして、ゆで卵を場に伏せてwwwww
ターンエンドwwwwwwwクポォwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwww」

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 23:45:36 ID:O.9H9onY
両手に料理の乗ったトレーを持って箒が待つテーブルに向かう。
箒は和食の朝食だ。
ノリ、卵等などの付属品がある。

「相席して良い?」

そこに女子が3人やって来る。
おかしいな…
昨日のでだいぶ周りが引いていたと思っていたのに…

「良いで御座るよwwwwww
ささ、座られよwwwwww」

女子3人の為にスペースを開ける。

「織斑くんいっぱい食べるね~」
「流石、男の子だね」

女子が俺の2つのトレーを見る。

「そうで御座るかwwwwww
女子は余り食べないと聞くがwwwwwww
それは流石にwwwwwww
低燃費wwwwww
低燃費wwwwww
低燃費ピピーで御座るwwwwwwうぇwwwwwwうぇwwwwwww」

82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 23:52:54 ID:O.9H9onY
箒がじろりと俺を睨む。

「それ古いよ~」
「かなり前のCMソングじゃん」
「古~」

女子達がくすくす笑う。
クソ、何で好感度上げてるんだよ。

「私は先に行くぞ」

気が付いたら箒が食べ終えており、そそくさと立ち去った。

「な、何を言っているのか分ねーと思うがwwwwwww
俺も何を言っているのか分からねーwwwwwww
気が付いたらwwwwwww
篠ノ之殿が 朝 食 を 食 べ 終 え て い た wwwwwwwうぇwwwwwうぇwwwww」

しかも若干不機嫌だ。
俺がほかの女子と仲良くしているのが嫌なのだろう。
だがな、箒。
お前はひとつ勘違いしているぞ。
俺は『仲良くしたい』とこっれぽっちも“思っていない”って事を。

83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 00:07:08 ID:.Xc0riB2
その後、太り過ぎないようにと朝食をほとんど取らないアホ3人組に正しい食生活と、運動がダイエットの近道だということを懇切丁寧に罵倒しつつ千冬姉がやって来た朝食の終了時間まで教え込んでやった。
そして、教室は何時も通りだ。
1時間目をこなし、2時間目はなんだか山田先生がブラジャーの話をし始め脱線し、終了。
3時間目は千冬姉の授業だ。

「おい織斑」
「何で御座ろうかwwwwwww
織斑教諭wwwwwwww」
「貴様のISだが。
準備には時間がかかる」

千冬姉が一言言う。

「うはwwwwww
テラバロスwwwwwww
某wwwww某wwwww専用のISゲットだぜwwwwwコポォwwwwww」

言うと全員がえぇえぇぇ!?!?!と叫ぶ。
実にうるさい。
千冬姉もそう感じたらしく、こめかみがぴくりと震える。

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 00:14:11 ID:.Xc0riB2
「織斑教員wwwww
某のISは赤く塗ってたまふwwwwwww
序でにwwwww
ブレードアンテナを付けて候wwwww」
「そんな改造はせん。
とっとと座れ、休み時間は終わりだ」

出席簿の攻撃を白刃取りしつつ席に座る。
うむ、千冬姉は一撃が強力だが、動きが単純だ。
動きも速いが慣れれば簡単だ。
そして、白刃取りをされた千冬姉はッチと舌打ちをして前に戻った。
教師が舌打ちをするのはどうかと思う。

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 00:21:23 ID:.Xc0riB2
そして、授業は滞りなく再開し、あっという間に昼休みになった。

「正直、ホッとしましたわ」

オルコットだ。
腰に手を当て、相変わらず尊大な態度である。

「これはwwwwwこれはwwwwwwww
オルコット女史wwwwうぇwwwwうぇwwwwww
おはようで御座るwwwwww」
「い、今更ですの?
まぁ、良いですが……
兎も角、貴方、私のブルーティアーズに訓練機で挑もうとしてたのでは?」
「如何にもwwwwww
某wwwww
打鉄かラファールを使う予定で御座ったで候wwwwwwクポォwwwwww」

しかし、と、なると、昨晩調べた機体での戦術や戦法は一切が無駄になった訳だ。
せめて、武装と機体特性が分かれば、やりようは有るだろうけど…

88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 00:35:10 ID:.Xc0riB2
後で、千冬姉に聞くか。

「では、某少しばかり用事があるのでwwwwwww」
「用事?
このセシリア・オルコットが話しかけているのに、そちらを優先するのですか?」
「あwwwwたwwwwwりwwwwwまwwwwwえwwwwww
御宅は何処の女王様気取りですかwwwwwwwうぇwwwwwwwうぇwwwwww
オルコット女史が女王なら某は天皇で御座るwwwwwデュフwwwデュフフwwwwww
そういう訳でござるからwwwww
某は御暇させてもらうで御座るwwwwwうぇwwwうぇwwwwww」

取り敢えず、職員室に直行する。

「織斑教諭は居るで御座ろうかwwwwww」
「なんだ織斑」
「相談がありそうらへば、暫し、時間を作ってたもれwwwwww」
「……ああ、来い」

千冬姉に付いて相談室と書かれた部屋に入る。

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 09:20:27 ID:.Xc0riB2
相談室は6畳ほどの部屋で部屋の中央にテーブルと対面になるように椅子が1つづつ置いてある簡素な部屋だった。

「それで、なんだ?」
「俺の専用機の事だ」
「色を塗ったり角なんぞ付けんぞ」
「当たり前だろ?
何の得があるんだよ、そんなことして。
それより、どう言う機体か教えてくれ。
でないと、勝てるもんも勝てない」

答えると、千冬姉が俺を睨む。

「一言で言えば、私の使っていた暮桜をバージョンアップしたものだな」
「格闘戦だけ、だと!?!」

なんと言う事だ!
オルコットのブルーティアーズは遠距離を主体としたISだぞ!

「火器は?」
「無いと聞く。
まぁ、大丈夫だろう」
「俺は千冬姉じゃねーぞ。
格闘バカは千冬姉だけにしてくれ」

91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 09:32:09 ID:.Xc0riB2
と、言うか、もはや、ISを兵器として考えてないよな。
格闘戦だけって、完全にお遊び用としか言い様がない。
開発者は何を考えているんだ?

「性能はどのぐらいだ?
打鉄ぐらいか?」
「知るか」
「なんだよ。
格闘バカって言われて怒ってるのか?」

フンとそっぽを向いている千冬姉に半ば呆れる。
子供か、まったく。

「まぁ、専用機じゃなくて、打鉄かラファールを貸してくれよ。
格闘戦の機体じゃ、ろくな勝負ができない」
「お前は戦う前から諦めるのか?」

千冬姉が俺を睨みつける。
あんたは蛇か。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。
小学生でも意味が分かる言葉だぞ。
分かりやすい様にポケモンで例えれば、こっちは炎系。
オルコットは水系だ。
どう考えても、俺の方が振りだろうが。
しかも、向こうは代表候補生だぞ?
常識的に考えても、俺はまだISの総操縦時間は30分にも満たないぞ。
俺が坂井三郎やエーリヒ・ハルトマン見たいなエースパイロットレベルの腕を持ってりゃ、ちったぁ、良いだろうけどよ」

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 09:38:28 ID:.Xc0riB2
「お前は、入学試験の時に、山田先生に勝ったのだろう?
彼女は一応、元日本代表候補生だぞ」
「あんなもの勝ったも糞もねぇよ」

自分でコケて壁に突っ込んで自滅した。
言ってみれば、『地面にキス』したのと一緒だ。

「てか、あの人、代表候補生だったのかよ…
大丈夫か、日本?」
「お前の言わんとしている事はわかるが、彼女の操縦技術はかなりのものだぞ」
「そうなのか…
まぁ、どんなに優秀でも、何もないところでコケるような兵士は使えないな」
「正論だけに何も言えんな。
あと、言っておくが、ISに乗れるからといって全員が兵士になるわけではない」

千冬姉が呆れた顔で俺を見る。

「寝言は寝てから言え。
ISはもはや兵器だぞ。
製造、メンテナンスが出来無いが、それを操縦できる奴さえいれば、現状では良い。
それで、戦争になれば、ISに乗れる兵士が死んだら代わりの兵士を確保しなけれべ行けない。
と、なると、ISに乗れる女子はすべからく、ほぼ自動的に国の管理下に置かれるんだぞ?」

93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 09:43:48 ID:.Xc0riB2
「幸か不幸か、この国の国民は軍隊というものを毛嫌いしている。
戦争になる前に日本は敵国の占領下だろうよ」

千冬姉が安心しろと嘲笑する。

「元も子も無い事を言うなよ。
まぁ、いいさ。
取り敢えず、ラファールか打鉄貸してくれ。
銃を使えにゃ、俺の作戦がパーになる」
「作戦?」
「ああ。
何をするにも、作戦、戦術を立てて行動するんだよ。
いわば、計画だ。
だいたい、千冬姉はあんまり計画性がないんだよ。
だから、何時も家ではぐーたらしているんだ。
だいたいな「要件はもう済んだな。
私は忙しんだ」

千冬姉は言うと相談室から出て行く。
ホント、自分の事になると逃げに徹する……

96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 16:34:00 ID:.Xc0riB2
やれやれ。
結局、ISの事は有耶無耶になるし。
取り敢えず、IS板で暮桜で各国の代表候補生ISに勝つ方法を聞くか。
昼休みも中々に忙しいだろうjk
相談室から出て、教室に向かうと、箒がひとり残っていた。

「どうしたんだ?
ほかの連中は?」
「食堂に行った」
「箒は?」
「お前を待っていたんだ」

箒が照れたようにそっぽを向いた。

「そうか、ありがとう。
じゃあ、さっさと行って食っちまおうぜ」
「ああ」

二人でほとんど人の居なくなった廊下を歩き、食堂に向かった。

97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 18:36:23 ID:.Xc0riB2
「なぁ」
「なんだ?」
「ふと思ったんだけどさ」
「ああ」
「この学校って、世界中から人集まってるんだよな?」
「そうだな。
IS適性があって試験に合格すれば国が援助出してくれるからな」
「つーことは、かなり宗教とかめんどくさいよな」

不用意な発言や言動で“敬虔な”イスラム教とかキリスト教の信奉者がいると突っかかってくるよな…

「安心しろ」
「ん?」
「入学する際に、そういう事も審査される。
と、言うか日本人だけだろうな、宗教に無頓着な人種は」

箒がくだらんという顔で鼻を鳴らす。

「そろそろ、生徒が多くなってくるぞ」
「相分かったで御座るwwwwww
そうそう、篠ノ之殿wwwwww
今日、久しぶりに剣を交えようではないかwwwwwwww」
「ああ、構わんぞ」

98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 19:04:32 ID:.Xc0riB2
食堂で昼飯を食べ、午後の授業を難なくこなし、剣道部の道場に向かった。
道着や袴は一番大きいのを借り、防具も同じだ。
竹刀だけは男子用の三八が無いので女子用の三八を使うことになった。
道場には女子生徒が大量に集まっていた。
半分以上が外国人の少女なので、きっと、物珍しいのだろう。

「うwwwwwwはwwwwwwww
観客多すぎワロタwwwwwwwうぇwwwwwうぇwwwwwwww」
「準備はいいか?」

素振りや切り返し、軽い掛かり稽古をし、体が十分に温まった。
審判には剣道部の部長と副部長に部員が立つ。

「今宵の虎徹は血に飢えているwwwwwww
掛かって参られよwwwwwドゥフwwwドゥフフwwwwww」

竹刀を構え、中心で蹲踞。
主審の合図と共に気勢を張り上げる。

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 22:20:06 ID:.Xc0riB2
久しぶりの剣道だ。
実に3年ぶりだろうか?

「……」

じっと相手の目を見、雰囲気を察する。
無効に動く気配があれば、後の先を、こちらから仕掛ける場合は先の先を取る。
剣道とはつまり、一瞬の出来事だ。
そして、大体、15秒程見合って、お互いに先の取り合いを行う。
一歩前に踏み込めば、直ぐに、間合いを保つように下がる。
周囲ではザワザワと話し声。
大抵が、動かないねーとかなにやってんの?とかそういう声だ。
そして、一瞬、箒の視線が、俺の目から、鋒に移る。
ここだ。

「篭手ぇぇ!!!!!!」

すっと前に入り、そのまま軽く鋒を上げ、箒の右手首めがけて振り下ろす。

「!?」
「っ!!」

一瞬、箒が怯み、しかし、手首を返す。

101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 22:26:07 ID:.Xc0riB2
打ち込みが甘い。
直様、鍔迫り合いに入り込む。

「ふっ…
剣の腕は衰えていないようだな…」
「当たり前だ」

鍔迫り合いは基本、推奨されない。
何故か?
お互いに気が抜ける瞬間でもあり、気が抜けない瞬間でもあるからだ。
鍔迫り合いは、お互いが、素直に、離れるか、どちらかが技をかけて下がるの2種類ある。
最近、10秒ほど鍔迫り合いをしていると審判から止めの合図が入るらしいが。
兎も角、お互いに、慎重に慎重を重ね、すっと離れて行く。

「篭手ぇぇ!!!!」

箒が突然、引き籠手を打ってくる。

「っ!?」

直様、それを追い掛け、面を打ち込む。

「メェェェンッ!!!!」

102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 22:37:56 ID:.Xc0riB2
脇をすり抜け、直様、残心を残す。
剣道は打ったら打ちっぱなしでは1本にならない。
ちゃんと残心を残さねば、1本になる面を打っても、無効にされる。
脇をちらっと見ると、主審と副審の一人が赤と白をあげているが、もう一人は首を傾げていた。
主審は俺達に開始線に戻るように伝え、『合議』と叫ぶ。
合議とは言わば、『今の有効打突はどちらが先に入ったか』と言うのを相談することだろう。
俺達は開始線から下がって、試合場の外に接する線で蹲踞か正座をして結果を待つ。
そして、30秒ほどの合議から、中央に集まった3人は別れる。
俺達も主審の合図で中央に戻り、結果を聞く。

「赤、篭手有り、1本。
勝負有り!
篠ノ之箒!」

今まで静かだった周囲が湧き上がる。
箒が直ぐ様異議アリと立ち上がった。

「今の面は確実に1本だ!!」
「落ち着くで御座るwwwwww
今のは打突部位が少し浅かったで御座るwwwwww
故に、篠ノ之殿の一本で御座るよwwwwwww
いやはやwwwwww
某も少し腕が鈍ったで御座るなwwwwwwwコポォwwwwwww」

103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 22:49:36 ID:.Xc0riB2
「なっ!?
今のはっ!!」

箒が尚も抗議しようとしたので、パシンと箒の面を打つ。

「さっさと蹲踞して、剣を収めるで御座る。
話は後で聞くで御座る故に」
「あ、ああ……」

箒が蹲踞し、鋒を合わせる。
そして、剣を収め、下がって礼。
面を取ると、ものすごい勢いで俺の方に飛んで来た。

「今のはお前の一本だからな!」
「分かったで御座るwwwwww
分かったで御座るから余り、寄らないで欲しいで御座るwwwwww」

これでもかと俺に近づいて睨んでくる箒を押し返しつつ苦笑する。

「何っ!?
そう言って逃げる気だろう!!」

105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:00:59 ID:.Xc0riB2
「違wwwうwwwwでwwww御wwww座wwwwwるwwwwww
それとも何かwwwwww
篠ノ之殿はwwwww
某と接吻したいで御座るかwwwwwwww
某は何時でも歓迎で御座るよwwwwwうぇwwwwうぇwwwwww」
「!?!?!?!
馬鹿者!!!」

箒は顔を真っ赤にして、俺に竹刀を振り下ろす。

「真wwww剣wwwww白wwww刃wwwww取wwwwwりwwwwwwww
某wwwww最強すぐるwwwwwwコポォwwwwww
次は二刀流を極めるで御座るwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwww」
「巫山戯た事を吐かすな!
兎も角、今の勝負はお前の勝ちだからな!!!」
「分かったで御座るwwwwww
今度、何か奢るがヨロシwwwwwww
某勝者で御座るwwwwwww
敗者は勝者に奢るがヨロシwwwwwww」
「分かった」

箒は言うと更衣室に戻っていった。
全く、頑固者め…

106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:12:05 ID:.Xc0riB2
それから毎日、箒と剣道をやった。
うむ、やはり、剣道は楽しいな。

「しっかし」
「どうするんだ?」

そして、俺達は第3アリーナのAピットで二人佇んでいた。
結局、打鉄もラファールも貸して貰えず、俺の専用機は今日届くと言う半端ない程に不利な状況だ。
例えるなら、檜の棒とパジャマ装備で魔王戦をするような物だ。

「どうにかなるって」
「お前のその楽天的思想も変わらんな」
「悲観的に考えてもしょうがないだろう。
やれる事はやったんだ。
あとは野となれ山となれ、とは行かないが、善処はする」

取り敢えず、3年間のブランクはあまり取り戻せてはいないが、それでもやらなかったよりはマシだ。
暮桜でブルーティアーズを倒す方法は結果から言えば、ある。
だが、それはほぼ相打ちの様な物で、しかも、上手く事を運んでの相打ちだ。

107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:16:47 ID:.Xc0riB2
「織斑く~ん!!!」

そこにパタパタと山田先生が走って来た。

「山田教諭wwwwww
某専用のISは何処で御座るかwwwwww」
「い、今届きましたよぉ~」

山田先生はそう言うと視界から消えた。
そして、ズテンと音がする。

「転けたな」
「転けたで御座るな」
「うぅ……」

見事な顔面ダイブだ。
漫画みたいな顔面ダイブである。

108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:23:13 ID:.Xc0riB2
途轍もなく痛そうだし、痛いのだろう。
その場でゴロゴロと左右にローリングしている。

「織斑」
「これはwwwwこれはwwwwww
織斑教諭wwwwww
某のISは何処で御座ろうかwwwww」
「ああ、ここだ」

千冬姉が指を鳴らす。
すると、ゴゴゴゴゴとピットの搬入口が開く。

「ほぉ……」

俺専用のIS。
真っ白い機体だ。

「白式だ」
「びゃく…しき……」

なぜだか、知っている。

109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:29:55 ID:.Xc0riB2
ずっと、前から知っていた気がする。

「そ、そうですよ!!
これが、織斑くんの専用IS『白式』です!!!」

復活したらし山田先生が豊満な胸を揺らしてムフーと言う。
アンタが持ってきたわけじゃないだろうが…

「美しい…」

白いボディーに手を添わせる。
入学試験のときとは違い、電撃に似たショックはない。
その代わり、まるで、それが当たり前かのように手に“馴染む”のだ。

「織斑、時間がない。
実戦でフォーマットとフィッティングをしろ」
「ああ、分かった」

畜生め、覚えてろよ、千冬姉…
今度からビールは全てノンアルコールビールに変えてやる。
白式に背中を預け、システムを起動。
すると、全部自動でシステムが俺に最適化する。

110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:37:47 ID:.Xc0riB2
「箒」
「な、なんだ」
「行ってくる」
「あ、ああ!!
勝って来い!!」

箒の声に手を振って答え、ゲートの前に立つ。
ゲートの向こうに、一機のISがいると言う事を白式のレーダーが感知し、俺に伝える。
見なくとも分かる。
セシリア・オルコットが操るブルー・ティアーズだ。
そっと体を傾けると、白式はフワリと浮く。

「一夏、行きまーす!!!!!!wwwwwwwwww」

そして、ゲートが開くと同時に、前傾姿勢で前に飛ぶ。
急速な加速Gが俺を押し付け、アリーナからの光量で一瞬視界がホワイトアウト。
白式がそれを修正し、視界はすぐにクリーンになった。

111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:51:00 ID:.Xc0riB2
「あら、逃げずに来たのですわね」

宙に浮くオルコットがオーッホホホと言う効果音が似合いそうなポーズを取る。

「うはwwwww逃げて良かったので御座るかwwwwwww
なwwwwwらwwwww逃げるで御座るwwwwwwコポォwwwwwww」

そのまま開いているゲートから帰ろうとする。

「ちょ、ちょっとお待ちなさいな!?!」
「何で御座ろうかwwwwww
帰って良いので御座ろうwwwwww
ならば、某、帰るで御座るよwwwwwwwwデュフwwデュフフwwwwww」
「なっ!?!
代表者はどうするんですの!!!」
「知らんで御座るwwwww
某どうでもイイで御座るwwwwww」
「なっ!?
ふざけないでくださいまし!!!」

次の瞬間、オルコットが馬鹿でかいビームガン、スターライトMkⅢだ。

「当たらなければどうと言う事はないwwwwwwwwコポォwwwwwwww」

112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/29(金) 23:58:44 ID:.Xc0riB2
バックステップで中央に進む。
完全同期まではまだ少しかかりそうだ。

「なっ!?
避けられた!?!」

オルコットは驚いた顔をしている。

「取り敢えず、武器はどうで御座ろうか~っと」

確認すると、近接格闘用の剣が1振り。
おぉう…本当に暮桜だよ、うん。

「まぁ、ないよりはマシって?」

オルコットはビュンビュンとビームを撃ってくる。
それをギリギリでかわし、肉薄するべく近づいていくのだが、

「白式が俺のスピードに付いて来ないな…
完全同期するまでちっとキツイな……」

微妙にビームが掠ったりしていくので、HPはオルコットのよりも少し減っているが、問題ない。

115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 01:59:13 ID:2gCu7YDs
それから暫くは相手の手の内を見ようと適度に距離を保って、ビームを切り落としたり避けたりしていた。
あともう少しで同期が完了する。

「逃げてばかりで全く仕掛けてこないんですわね!
まぁ、そうでしょうとも!
格闘武器しか持っていない貴方が、イギリス代表候補生である、私!
セシリア・オルコットに勝てる訳がないんですもの!
そろそろ30分ですわね。
貴方の頑張りに免じて、今までの非礼を詫びるというのなら、許して差し上げますわよ」

オルコットがオーッホホホホと笑う。

「そwwwwれwwwwwはwwwwww
すまん wwwwwww
テラすまん wwwwwwww
だから許してくださり候wwwwwwクポォwwwwww」
「あ、貴方…!!!!
もう許しませんわ!!!
最初から最後まで人を馬鹿にしてっ!!!!!
これで仕留めてあげますわ!!」

オルコットが叫ぶと同時に、ビットが4つ俺を囲む。

116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 02:06:51 ID:2gCu7YDs
「馬鹿にしてんのはどっちだっツーので御座る」

目の前に来たビットはフェイント。
左斜め後ろにいるビットが本命かな?

「ララァ、私を導いてくれで御座るっと…」

そのまま前に飛び、ビットを切り壊す。

「なっ!?!」
「オルコット女史は、詰めが甘いで御座るってね。
このビットを使ってる時は御宅、動けないで御座ろう?
悪いが、某も忙しいんでね……
悪・即・斬!!
で御座るよ~っと!!!」

オルコットのビットからのビームを残るHPとシールドで全て受け、一直線に飛ぶ。

「なっ!?!
ビームを一切避けない!?!?
正気ですの!?!」

オルコットが信じられないものを見たという顔をし、ニヤリと笑う。

117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 02:13:34 ID:2gCu7YDs
ようやく、残る2つのビットを出す気になったか。

「取って置きは最後まで取っておくものでしてよ!!!!」

オルコットは高笑いをするとその2つを射出。
そして、二つのビットはビームではなく、ミサイルを放つ。

「だから、『取って置き』って言うんで御座るよ、オルコット女史」

フォーマットが完了したことを知らせるメッセージが出る。
確認のサインをする。

「正義のヒーローは変身するって知ってるか?」
「ふぁ、ファースト・シフト!?!
まさか、今まで初期設定で戦っていたので!?!?!」

オルコットが驚いた顔で俺を見る。

「その通りで御座るよ、オルコット女史」

119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 02:28:37 ID:2gCu7YDs
ジャキジャキジャキンと機体が変形していく。
リアル系ロボの形から、正義のヒーロー系ロボに変わるように流線型に変化した。
また、剣も光り輝き、さらに伸びた。

《雪片弐型》

それがこの剣の名前である。
そして、その雪片弐型の持つ唯一の技。

《零落白夜》

迷わずに発動する。

「小便はすませたか?
神様にお祈りは?

部屋のスミでガタガタふるえて命ごいをする心の準備はOK?

行くぞ、ライミー!!」

121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 02:33:45 ID:2gCu7YDs
結果から言えば、俺が負けた。
零落白夜はどうも、自分のHPを削って最強に近い攻撃力持つらしい。

「納得いかんwwwww
納得いカんぬべりwwwwwww
断固抗議するで御座るwwwwww
特にwwwwwwwwそこの織斑教諭wwwwwwwwww
なぜ説明しなかったしwwwwwww」
「そんな物、自分で確認しろ」

腕を組み、俺が魔王だ的な雰囲気を垂れ流している千冬姉は答えた。

「『自分で確認しろ』キリッ

だっておwwwwwwww
無茶振りにも程があるで御座るwwwwwww
現実世界はポーズが効かんので御座るよwwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwww
知って居られたかwwwww
知って居られたか、織斑教諭wwwwwwwwポコォwwwwww」

122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 02:40:33 ID:2gCu7YDs
「うるさい。
兎も角、さっさと部屋に帰って休め。
それと、ISは暇さえあれば起動しろ。
靴と一緒で、乗った時間だけ、特性が掴めたり、フィットしてくる」

ISを運動靴と一緒にするなよ…

「そ、それじゃあ、これに目を通しておいて下さいね!!」

山田先生が俺の目の前に電話帳をドサドサと置く。
よく見れば電話帳じゃない。
ISを展開するときのルールというか、規定とかがズラズラと書かれていた。

メンドくさっ!?!

「これイラねwwwww
白式返すからこれも返すで御座るwwwwww」
「寝言は寝てから言え。
山田君、もどるぞ」
「あ、はい!!」

山田くんって言うと、座布団持ちが出てくるよね。

123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 02:47:48 ID:2gCu7YDs
教師二人組はさっさと控え室から出て行った。
それに代わるようにして箒が入ってくる。

「よぉ、箒。
カッコ悪い所見せちまったな」
「全くだ。
あれだけ大見得切って出て行って…」

箒がフンと侮蔑の視線を送る。

「いや、逆に、あそこまで頑張った俺はすごいと思うぞ。
まぁ、接戦で負けたし、目論見通りだから、俺は今日、実に頑張ったと思う。
正直、こんなに頑張ったのは生まれて初めてかもしれないな」
「……なかなかの演技派だな」

箒が呆れた顔で俺を見る。

「だろ!
まぁ、半分、周りが見えなくなってた。
最後、ミサイルビットの攻撃わざと受けてなかったらかろうじて勝ってたわ」

あれは焦ったね。

125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 02:54:35 ID:2gCu7YDs
まぁ、結果オーライ。
俺は明日から普通の生徒だ。
代表生はオルコットが遣れば良い。

「じゃあ、帰ろうぜ」
「ああ。
それと一夏」
「ん?」

箒が夕日をバックに立っている。
なんぞ?

「きょ、今日のお前はかっこ…良かったぞ……」

小声でボソボソと何かを言った。

「はぁ?
なんつった?」
「な、何でもない!!」

箒はそう言うと部屋から出て行った。
やれやれ…

「恥ずかしいなら、言うなよ。
それに、俺は何時でもカッコイイんだぜ?」

129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 14:00:20 ID:2gCu7YDs
翌日、清々しい気持ちで俺は教室にいた。
昨日の代表者決めは俺の負け。
つまり、俺は代表者に成らなくても良い。
ああ、なんて素晴らしい。
しかも、昨日のあの負け方は、千冬姉からの叱責は無かった。
つまり、十分な戦いに値したということだ。
ただ、気掛かりな事が増えてしまった。
篠ノ之箒だ。
久しぶりに会った箒だが、何だか様子が変だ。
簡単に言ってしまえば、恋する乙女だ。
相手は俺、だと思う。

「一年一組の代表は織斑一夏くんに決定です」
「!?」

クラスがワーッと盛り上がる。

「山田教諭wwwwwww
某wwwwww
耳が可笑しくなったで御座るwwwwwwwww
もう一度wwwwww
もう一度今の言葉をwwwwwwwwポコォwwwww」

130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 14:21:50 ID:2gCu7YDs
「ですから、このクラスの代表は織斑くんに決定です」

ニパーと言う効果音がつきそうなくらいの満面の笑みを浮かべた山田先生が言う。

「冗談ではないwwwwwwww
某wwww昨日の戦いでwwwwwww
オルコット女史に敗北したで候wwwwwww
故にwwwww故にwwwwww
某ではなくwwwwwwww
オルコット女史が成るべきで御座るwwwwwww
しかしwwwww
何故wwwwwww某がwwwwww」
「それは私が辞退したからですわ!」

そこにオルコットがやって来た。

「そもそも、昨日の戦いは貴方が負けて当然の事。
なにせ相手がこのセシリア・オルコットなのですから!」

なんと言う自信家。
俺が本気を出せば10分程で決着が付いたとも知らずに…

131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 14:44:58 ID:2gCu7YDs
「そして、私、反省いたしまして。
些細なことで怒ってしまい、お詫びとして、『一夏さん』に代表の座をお譲り致しますわ」

聞いたでござるか?
某はしかと聞いたでござる。
オルコットが『一夏さん』と言いやがった!!

「要wwwwwwらwwwwwwwんwwwwwwwwでwwwwww御wwwwww座wwwwwwwるwwwwwwwww
同情するなら金をくれwwwwwwwwwww
同情するなら金をくれwwwwwwwwうぇwwwwwwwうぇwwwwwwww」
「黙って代表の座に付け」

そこに千冬姉が呆れた顔で言う。

「嫌で御座るwwwwww
絶対に嫌で御座るwwwwww
と、言うかwwwww
昨日、織斑教諭は自分で言った事を忘れたで御座るかwwwwwwww」
「忘れた。
これは教師命令だ」
「横暴wwwwww
カエサルも吃驚の独裁者で御座るwwwwwwプギャァwwwwwwww」

132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 14:55:22 ID:2gCu7YDs
「何でも良いからお前が代表だ」
「独裁者で御座る……」

クソ、ノンアルコールビールからコーラに変更だ!

「付きましては、私が一夏さんのIS操縦を監督して差し上げようと思いまして…」
「要らん」

そこに割り込んできたのは箒である。
しかもセシリアをコレでもかと睨み上げているのだ。
多分、新たなる恋のライバルの出現に危機感を覚えているのだろう。
セシリア・オルコットVS篠ノ之箒…
そして、巻き込まれる俺……

「一夏の監督役は『私が』担っている」

私がの所をこれでもかと言うぐらいに強調した。
箒が先生なら、多分テストに出したな。

133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 17:06:38 ID:2gCu7YDs
「でも貴女、適正ランクはCなのでしょう?
私はAでしてよ!」

オーッホホホと言う効果音が似合いそうなポーズでオルコットは言う。
ちなみに、俺はBらしい。
あのテストで計測したらしいが、正直、立ち上がって歩いて、山田先生がこけたのを見ていただけ何が分かるというか。

「下らん言い争いはやめろ」

千冬姉が二人の頭部を出席簿で殴る。
バシンといい音がすると同時に、二人は頭部を抑えて悄々と席に戻っていった。
うむ、痛そうだ。

「お前にもしてやろうか」
「結構で御座るwwwwwww
某wwww何もしてないで御座るよwwwwwwwデュフwwデュフフフwwwwwww」
「態度が気に入らん」

そして、真剣白刃取り。

「当たらんで御座ろうよwwwwwww
いと当たらなき候wwwwwwww」

135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 17:18:13 ID:2gCu7YDs
「う~~トイレトイレ」

今トイレを求めて全力疾走している僕はIS学園に通うごく一般的な男の子
強いて違うところをあげるとすればオタク趣味があるってことかナー
名前は織斑一夏

「何時まで経ってもこの学園は男子に優しくないで御座るwwwwwww」

廊下をダッシュし、俺の第二の部屋、トイレに向かう。
トイレで着替えれば、ぶっちゃけとても近いのだ。
便利かな、トイレット。
すぐに着替えを済ませ、集合場所であるグラウンドへ向かう。

「遅いぞ」
「だったら某にも近い更衣室を寄越すがヨロシwwwwwwww
女子の更衣室より更に遠い某にはこれでも最速で御座るwwwwwww」
「なら、もっと早く来い」

千冬姉はそう言うと、俺から全員へ視線を戻す。
コーラからファンタに変えてやる。

136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 17:30:09 ID:2gCu7YDs
「今日はISでの飛行操作の訓練だ。
オルコット、織斑、やってみろ」

千冬姉が言うと俺とセシリアは前に出る。
あの一件以来オルコットは自分を『セシリアとお呼び下さいまし』と言われたのでセシリアと呼ぶことにした。

「ライダー……
変身っ!!!
トォォォ!!!!!」

手をおお振りに回し、ポーズを決める。
すると、体がピカーンと光に包まれ、ISが展開した。

「織斑、なんだその余分かつ不必要な動きは」
「仮面ライダーで御座るよwwwww
ちなみにwwwww
1号の変身で御座るよwwwwwww
本郷猛で御座るwwwww
得意技はキックで御座るwwwwwデュフwwwデュフフwwwww」

138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 17:47:39 ID:2gCu7YDs
「そんな下らんことは必要ない。
熟練のIS操縦乗りは1秒とかからんぞ」
「知らんで御座るwwwwww
某、乗るならISよりもイーグルライダーの方がイイで御座るwwwwwww
F15かっこよすwwwww
残念ながら空自だとF35ライトニングⅡが採用され、だんだんF15とF2の立場が無くなって来ているでござるwwwwww」
「安心しろ。
ISが出てきてからはF35も立場がないからな」
「寝言は寝てから言うで御座る。
ISをF35やF15、F2と一緒にするなで御座る。
F35やF15の方がもっと偉大で御座る。
そして、兵器としてとても有能で御座る」

千冬姉はロッキードとボーイング、三菱に謝罪するべきだ。

「あ、ISが出てからは既存の兵器では手も足も出ないですわよ、一夏さん」

セシリアが慌てて俺と千冬姉の間に割ってはいる。

「セシリア女史。
ISが世界に何機あるか知っているで御座るな?」
「え、ええ、もちろんですわ」

139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 18:12:59 ID:2gCu7YDs
「ISVS戦闘機。
確かに、1on1では負けるで御座ろうな。
IS1機に対して戦闘機1個中隊だろうが1個郡いようが瞬時に負ける筈で御座る。
では、訪ねるが、セシリア女史達は18名の兵士を殺して、平気で居られるで御座るか?
某は到底無理で御座る。
多分、戦争になれば、ISと戦う事になるパイロットは文字通り死を覚悟して戦うで御座ろうて。
下手をすると、特攻してくるで御座るよ。
F15なら最低でも12トンの戦闘機がマッハを超えた速度で体当たりを敢行してくるで御座る。
幾らISとは言え無事では済まないで御座る」
「ま、待ってくださいまし!
IS=兵器で話が進んでいますがISの軍事転用は禁止されていますわ!!」

セシリアが前に出る。

「本気でそう思っているなら、本当におめでたいで御座るな。
平気じゃないなら、何故、各国『軍』が研究しているで御座る?
ドイツ軍だってIS専門の特殊部隊を作っているで御座る。
千冬姉、織斑教諭がそこで教官をしていたで御座る。
つまり、ドイツ軍、軍事転用が何時でも出来る体制で御座る」

140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 18:25:40 ID:2gCu7YDs
「そ、それは…」
「それに、条約なんてお互いに示し合わせた約束で御座る。
複数の国がお互いに不干渉条約を結んだらどうなるで御座る?
第3次世界大戦で御座る。
これはナチス・ドイツの農業用トラクターと一緒でござるよ、ISは。
トラクターという名の戦車。
空飛ぶパワードスーツと言う名の兵器。
まぁ、戦争が始まっても某、いや、日本は憲法9条があるで御座る。
自衛隊が頑張ってくれるでござるが、セシリア女史の国はそうじゃないでござる。
国に帰ったら、国際平和に尽力するがイイで御座る。
さぁ、授業を再開するで御座る」

千冬姉を見る。

「あ、ああ。
よし、飛べ」

千冬姉が頷く。

141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/30(土) 18:31:41 ID:2gCu7YDs
言われて、セシリアはビュンと空を飛ぶ。
おお、速い速い。
俺もそのあとに続いてピューと飛ぶ。
安全運転だ。

「織斑。
貴様、ふざけているのか?
何故、スペックが上のお前はセシリアより遅いのだ」
「安全運転で御座るwwwwww
某、車で言えばまだ若葉マークを付けてるレベルで御座るwwwwwwポコォwwwwwww
故にwwww故にwwwwww
ゆっくり運転で御座るwwwwwwポコォwwwww」
「昨日教えただろうが」

千冬姉は呆れた顔で言う。

「織斑教諭の指導は分かり難いで御座るよwwwwww
前方に角錐をイメージwwwwwww
まだ、ヴァンガードやってた方がイメージしやすいで御座るwwwwww」

146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 01:30:00 ID:RZBIG8B6
「なんでもいいからとっとと降りて来い。
急降下で完全停止。
目標は地上から10センチだ」
「了解で御座るwwwwwww」
「それでは一夏さん。
私が先に降りますわ」
「了解で御座るwwwwww
地面にキスだけはするなwwwwwwww」
「は、はぁ…
よくわかりませんけど、分かりましたわ」

セシリアは言うとヒューンと降りて行って着地、いや、停止した。
当たり前だが、上手いものだ。

「しかしwwwww
某はwwwwww
そう簡単に出来るとは思えぬwwwww
思えぬべりwwwwwww
故にwwwwww
故にwwwwww
吶喊!!!!」

地上に向けて急降下。
僅か200mを3秒で駆け抜け、落着。

「馬鹿者!!!
貴様は何をしている!!!」

濛濛と立ち込める砂煙。

147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 01:37:02 ID:RZBIG8B6
千冬姉の声が凛と響く。
うん。
かなり怒ってるぞ。

「急降下爆撃で御座るwwwwww
某wwwwルーデル閣下を尊敬しているで御座るwwwwwwwポコォwwww
故にwwwww故にwwwwww
某wwwww着陸と攻撃を併せ持つこの技を考えたで御座るwwwwww
名付けてwwwwww
シュトゥルモヴィークwwwww
単純明快wwwww」
「私は、地上から10cmに停止しろと言ったんだ」
「よく見るがヨロシwwwwww
ちゃんと、10cm浮かんでるで御座るwwwww
穴は停止する衝撃で出来た穴で御座るwwwww」

148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 01:44:56 ID:RZBIG8B6
「嘘を吐くな」
「バwwwwwレwwwwwwてwwwwwwらwwwwwwwwうぇwwwwwwうぇwwwwwww」
「一夏さん、お怪我はありませんか?」

そこにセシリアがやってきた。

「ナッシングwwwwww
さすが白式だwwwwwwなんともないぜwwwwwwww」
「織斑、馬鹿な事をやっていないで、武装を展開しろ」

千冬姉が服に付いたホコリを払いながらやってくる。
ジャージぐらい来てくれば良いのに。

「武装はピンチに成らないと出ないで御座るwwwww
故にwwwww故にwwwww今の某には取り出せないでござるwwwwwwwポコォwwwwww」
「馬鹿なこと言ってると、留年させるぞ」

IS学園で留年とかあるのかよ。
別に、留年とかどうでもイイけどさ。

149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 01:57:10 ID:RZBIG8B6
「ま、まぁまぁ、織斑先生。
まずは私から…」
「まぁ、いい。
セシリアの後でやれよ」

言うとセシリアが前に出る。
そして、腕を真横に突き出すと一瞬だけ光って、スターライトMk.Ⅲが出る。
しかも、既に撃発も下がっており、トリガーを引けば撃てる状態だ。

「そのp「超格好良いで御座るwwwwww
さすがイギリス代表候補生で御座るwwwww」

千冬姉がセシリアに説教を垂れようとしたので、それを遮る。

「そ、そうでしょうか?」
「そうで御座るwwww
正義のヒーローみたいで御座るwwwww」

151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 02:04:41 ID:RZBIG8B6
千冬姉が俺を睨んでいる。
まぁ、千冬姉が言わんとしていることは分かる。
どうせ、真横に構えて出したら、咄嗟の時に撃てないだろうがという話だろう。

「しかしwwwww
横で出現させるとwwwwww
咄嗟に撃てないで御座るwwwwwww
故にwwww某wwwwwセシリア女史はバーンスタイル風に出現させる事を提案するで御座るwwwwww」
「ば、バーンスタイル?」
「ピースメーカー見ろしwwwwwww
まぁwwwww咄嗟に撃つ事なんて絶対無いで御座るけどなwwwww
何故ならwwww何故ならwwwwww
ISは『兵器』ではな無いそうで御座るからなwwwwwww
だwwwwかwwwwらwwwww
そっちの方が格好良いで御座るwwwwwwwww」

ちらりと千冬姉を見ると俺をコレでもかと睨んでいるのでニヤリと笑ってやる。
ISは兵器じゃないんだろ?
銃は咄嗟に構えて撃てる様に、安全装置を素早く動かす訓練をする。
しかし、IS自体スポーツでしか使うことはないから、逆に、安全装置は開始直前まで触っちゃダメなんろ?
クレー射撃だって、競技が始まる直前までは銃のチャンバー閉じないし。
クレーが射出される直前までトリガーに指をかけない。

152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 02:13:05 ID:RZBIG8B6
スポーツに使う銃は銃であって武器じゃねぇ。
その方式で言えば、千冬姉の言わんとしている事は大いに間違いだ。
『咄嗟の』ってスポーツであるのか?
ボクシングだろうが剣道だろうが、街中歩いていて、突然試合を吹っ掛けられる競技か?
いいや、違うね。
千冬姉、アンタは言ってる事は間違いだぜ。
さらに指摘するなら、『周りに人がいると危ないから、銃口は上か下に向けろ』と言う所だぜ?

「それかwwwww
周囲に人がいると危ないからwwwwww
銃口は上か下に向けるで御座るwwwwww
ISはwwwww
人を殺せるで御座るwwwwww
取り扱いには注意するで御座るwwww
安全装置もwwwww
ハンマーもwwwwww
競技が始まる直前まで銃には弾は入れない方が良い、いや、入れちゃダメだな。
本当に、ISが兵器じゃないと思うなら、そう言う所から気を付けた方が良いぞ」

153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 02:30:55 ID:RZBIG8B6
「そ、そうですわね!
さすが一夏さんですわ!!」

セシリアはうんうん頷く。

「セシリア女史が格好良く武器を出したで御座るからwwwwww
某も取って置きの演出で武器を出すで御座るwwwwwwプゲラwwwwwww」

パンと手を合わせ、ハァァァと気合を込めていく。
すると、まずは柄が登場。

「我が盟約に従い現れよ!!!!
神刀《天之尾羽張》!!!!!!」

そして、左手の人差し指、中指を揃え、刀身をなぞる様にして指を動かす。
すると、柄の先から徐々に銀の刀身が可視化される。

「それは雪片弐型だ」

千冬姉が呆れ顔で言う。

158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 16:04:58 ID:RZBIG8B6
「雪片弐型とは世を忍ぶ仮の名前wwwwww
この神刀《天之尾羽張》は火之迦具土神の首をはねる際に用いられた伊耶那岐命の十拳剣wwwwww
つまりwwwwwww神が神を殺す際にwwwww
使用した剣wwwwwwww
神殺しの剣wwwwwwwwうぇwwwwwうぇwwwwww」
「それは雪片二型だ。
オルコット、格闘用の武器を出せ」

千冬姉が俺への追求を諦めたのか、セシリアを見る。

「え、ええ、分かりましたわ」

セシリアは頷くと銃をしまう。
そして、代わりに、格闘用ブレードのインターセプトを取り出すのだが、なかなか出ない。
千冬姉に急かされて、インターセプトの名前を叫び、漸く取り出す。

「セシリア女史wwwwww
叫ぶならwwwwww
叫ぶならwwwwww
もっと格好良くポーズを決めるで御座るwwwwww」

160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 16:29:37 ID:RZBIG8B6
「か、格好良く、ですか?」
「そうで御座るwwwwww
ISは所詮スポーツ用wwwwwww
レーシングカーも機能性は重視しつつも恰好良さを前面に押し出しているでござるwwwwwwww
プロレスwwwww
ボクシングwwwww
サッカーwwwwww
野球wwwwww
選手は皆wwwwwww
一様に己の独自のアピールを持ってるで御座るwwwwww
サッカーならカズダンスwwwww
野球ならイチローのホームラン予告wwwwwww
セシリア女史も考えておくがイイで御座るwwwwwww
某、登場する曲からポーズまで考えているで御座るwwwwwポコォwwwwwww」
「お前は何を考えているんだ?」

脇の千冬姉が呆れた顔で俺を見た。

「ちなみにwwwww
千冬姉はダースベーダーの、帝国軍のテーマかターミネーターの曲がセットされてるで御座るwwwww」

ISの便利機能を活用し、曲を再生する。
ダースベーダの登場するシーンに流れる曲、帝国軍のテーマが流れ出す。

「どうで御座るwwwww
あっているで御座ろうwwwww」

161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 17:42:02 ID:RZBIG8B6
「織斑、あとで覚えていおけよ」

千冬姉はそう言うと今日の授業は終わりだと言う。

「織斑。
貴様は、その大穴を埋めておけよ」
「承知wwwwwwww」

グラウンドの土ってどうするんだろうか?
適当に他の場所を削って、入れれば良いのか?
いや、大抵は、倉庫みたいな所に土が持ってあるんだよ。
雨降った時に、土被せて、水溜りを無くす様にさ。
それを持って来て、入れれば良いんだな。

「一夏。
私も手伝おう」

そこに箒がやって来る。

「大丈夫で御座るwwwwww
某に掛かれば穴埋め何ぞwwwwww」
「私もお手伝いしましょう!」

セシリアもやって来た。

「話聞いてたで御座るかwwwwwwww
大丈夫で御座るwwwwww」

162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 19:18:48 ID:RZBIG8B6
結局、二人が喧嘩をし始めたので、その間にISで土を運び、穴埋めを完了した。
さすが、宇宙空間での作業用をモデルに考えられただけあって、土木作業も完璧だ。
まぁ、IS用の工具がなかったから、脇に置いてあった鉄板をそれ代わりにしてやったんだけどな。

「某の為に喧嘩は止めれwwwwwww
某モテモテで困っちゃうwwwwww」

そして、結局三人で昼食をとることになったのだが、食堂でも喧嘩をしているのでメンドくさい。
これだから、女という奴は……

「「だ、誰がお前(一夏さん)のためか!(ですの!!)」」
「仲良しこ良しで御座るなwwwwwwwデュフwwデュフフwwwwwww」

二人は顔を真っ赤にしてそっぽを向き、食べ始めた。
全く、騒がしい。
特にこの二人は。
箒は一人でいれば、静かだが、セシリアが混ざると非常にうるさい。
化学反応を起こしやがる。
シノノーホーキリンとセシリーアオルコットーサンが混ざると爆発する。
化学式で書くとSnHk+SshiRol=Co2+H2Oだな。
二酸化炭素と水が生まれます。

「何か失礼な事を考えてはいないか?」
「そうですわ、何か失礼なことを考えていますわね」
「知らんで御座るwwwwwww
冤罪で御座るwwwwwwwwポコォwwwwwww」

166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 20:26:34 ID:RZBIG8B6
女ってのは勘が鋭いことも特筆すべき点だな。

「それではwwwww
某wwwwww
先に行ってるで御座るwwwwwwww」
「あら、なら私も!」
「わ、私も行くぞ!!」
「女子と一緒に連れションwwwwww
うはwwwww某wwwwwモテモテwwwwww
でもwwwwww個室wwwwwうぇwwwwうぇwwwwwww」
「なっ!?!」
「と、トイレならそう言ってくださいまし!!!!」

二人が顔を真っ赤にして慌てて座る。

「某は大歓迎で御座るwwwwww
一人でトイレは寂しいで御座る故wwwwwwデュフwwwデュフフwwwwww」
「食堂で下品な話をするな」

背後から殺気を感じ、咄嗟に真剣白刃取り。

「まwwwwwだwwwwwまwwwwwだwwwwwだwwwwwwwねwwwwww」

某テニヌの王子様の真似をする。

「さっさと行って来い!」

今度は拳を振り上げたので、緊急離脱。
トレーをおいてきてしまったが、まぁ、仕方ないだろう。

167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 20:43:36 ID:RZBIG8B6
その後、無事午後の授業も完遂し、箒やセシリアの押しかけISコーチを済ませ、部屋に戻る。

「今日も今日とて疲れた」

ベッドに倒れ込もうかと思い、シャワーを浴びてからにすると決めた。
ちなみに、箒は部活中である。
俺のIS特訓に付き合うと言うのだが、『こう、ギューギューンと』とか『違う、バーン!!とだ!!』と幼稚園児並みの擬音語多用説明しかしない。
それ故に、言葉巧みに部活に行って貰うのだ。
ちなみに、セシリアは理屈っぽい。
そして、やたらとスキンシップを測ってくる。
うむ、どうやら、知らない内にフラグを立ててしまったようだ。
俺の『植物のように平穏な暮らし』と言うのはどんどん遠ざかっていく。
可笑しい……
手っ取り早くこれ以上被害を拡大しない方法は、適当な女子と彼女になっちまう事だ。
まぁ、非常にリスキーな選択とも言えるがね。
候補としては、

篠ノ之箒

セシリア・オルコット

最近よく絡んでくる、布仏本音

あたりだろうか?

174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 22:52:37 ID:RZBIG8B6
だが、しかし、IS学園の中で彼女を作るとなると、大変めんどくさいことになるな。
しかも、前述した2名に関しては、家庭が非常かつ、大いに複雑だ。
調べた話、セシリアはなんでも名門貴族のお嬢様とかで、両親は列車事故で死んだとか。
ぶっちゃけ、重すぎだろう。
セシリアと結婚できれば、一気に大金持ちになるだろうが、貴族って色々とめんどくさいと聞く。
中世の貴族とかよりはましだろうけど、それでも、絶対、『メンドくさい』ことはある。
しかも、俺は日本人だ。
イギリス人は、特にそういう貴族系は少なからず、差別主義があるとと言う偏見がある。
しかも、イギリスには住みたくねぇ。
治安悪すぎだ。
日本人は、日本以外の国には住めない。
料理も不味い。
ただ、セシリア自身に関しては非常に良い。
●●●●は一般的な外人にくれべれば小さいが、それでも日本人より大きいし、何より体型にマッチしている。
しかも、天然の金髪。
つまり、染めてない。
と、いうことは、アンダーも金髪だ。
剃っているかどうかは知らんが。
下手をすると、金持ちだから永久脱毛をしているかもしれん。
金髪  パンとか、もうね。

 
180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 23:56:27 ID:RZBIG8B6
次に、箒だ。
箒は素晴らしい。
キング・オブ・大和撫子だろう。
剣道をやっているだけあって、非常に礼儀も正しいしな。
評価すべき点はクールビューティーなところと、ツンデレな点だろう。
キング・オブ・幼馴染だろう。
多分、デレ期に入ったら凄まじいぞ。
あのけしからんスタイルで迫ってくるだろう。
胸も非常に素晴らしい。
同室だけあって、私服姿も見ることができるが、実にいいね。
しかも、あまり化粧品をつけないの為に、シャンプーと女子特有の匂いだけで素晴らしい。
正直、箒には何時もお世話になっています。
ただ、問題は、箒が『篠ノ之束』の妹であると言う事だろう。
しかも、父親である柳韻おじさんは行方不明とかね。
まぁ、束さんも行方不明だが、千冬姉あたりが行方を知ってそうだ。
と、言うか、千冬姉か箒が呼べば飛んできそうだ。
頭がパーだし。
バカと天才を両立すると言う素晴らしい人間だからな、あの人は。

181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 00:07:51 ID:mm3convI
最後に、のほほんさんこと布仏本音だが…
これは、下手をすると、ダースベーダー以上の黒幕だろう。
彼女には姉がいるらしく、しかも生徒会。
調べたところ、ここの生徒会、『実力至上主義』とか言う奴で、学校で一番強い奴が生徒会長らしい。
つまり、この妹の姉も生徒会の一人と言う事は、姉も相当なのだろう。
そして、その関係者と言う事で、色々と面倒を抱え込んでいるはずだ。
間違いないだろう。
のほほんさん自身は素晴らしい。
いっつものっそり喋ってて、ペカチューパジャマとか着ぐるみ見たいなパジャマを着用している。
そして、よくくっついてくる。
あの服の下は一体どうなっているのか?
裸だろう。
いや、裸に違いない。
  ブラ、  パンである。
つまり、臨戦態勢だ。
抱きついてくる=何時でも来いと認識しているからな。
ただ、多分、襲ったら襲ったで、俺の平穏な生活は一生俺の元へはやってこないだろう。
うん。

182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 00:32:21 ID:mm3convI
まぁ、なんにせよ、この学校卒業するまではおとなしくしていよう。
これ以上、オリジナリティー溢れる奴が来ません様に、と。
しかし、この後、俺の願いとは裏腹の展開が……

「なんてね。
取り敢えず、久しぶりに、 助をM60で片っ端から撃ち抜いてやるぜ!」

PS3を起動。
アメリカ軍は何時までM60を使うんだろうね?
正直、あの国は機関銃系に至っては随分と長い間使うよな。
M1919に然り、M2ブローニングに然り。
あと、アサルトライフルも結局M16から、M16A3、A4と来て、漸くSCARに機種変し始めたけど。
正直、SCARはぶしょったくて嫌いだ。
XM8は非常に優秀な銃なのに、コルトがロビー活動妨害しまくって白紙に戻しやがったからダメなんだ。
陸軍は頭硬過ぎだし。
個人的にアサルトライフルはAK系か89式が神だと思う。
別に、右セレクターが好きって訳じゃないが、好きだ。
うん、どうでも良いな。

191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 19:11:30 ID:mm3convI
「もーなんで昨日、食堂に来なかったの~!!」


翌日、食堂で箒にセシリアと一緒に朝食を食べていたら女子が一人やって来た。

「誰で御座るwwwwww」
「あ、私?
私は黛薫子!
二年の新聞部副部長よ!!」
「新聞部k wwwww t wwwwwww k wwwwwww r wwwwww
某の魅力に気が付いたで御座るかwwwwwwwww
よかろうwwwwwwwよかろうwwwww
某が不遇の扱いをされる突撃銃界の二組wwwwww
XM8の魅力について存分に語り尽くそうぞwwwwwww
まぁ、座るで御座るwwwwwポコォwwwwwww」
「あ、いや、代表就任に付いて聞きたいんだけどさ…」
「そwwwwんwwwwwなwwwwww事wwwwwww
どうでもヨロシ。
今一番大事なのは、H&K社の開発した最新鋭の突撃銃、XM8で御座る」

192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 19:19:11 ID:mm3convI
「まず、XM8が如何に素晴らしい銃かと言うのを説明するとd「一夏さん!
そう言えば、今日転校生が来るらしいですわよ!!!」

セシリアが慌てた顔で俺のXM8の話をぶち切る。

「転校生で御座るかwwwww
そwwwwれwwwwはwwwwwうちのクラスにで御座ろうかwwwwww」
「ち、違いますわ。
隣のクラスですわ」
「ならどうでも良いで御座るwwwwww
重要なのはXM8で御座るwwwwww
黛殿wwwwww
耳糞かっぽっじってよく聞くで御座るwwwwwwwww」
「え、いや、あの」
「ほらほらwwwww
ちゃんとレコーダーをセットするで御座るwwwwwwww」
「いや、だから…」
「ちょっとアンタ!!」

そこに再び誰かに邪魔される。
俺のXM8物語を邪魔するとはいい度胸だな……

194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 20:03:16 ID:mm3convI
「って、鈴じゃないか!?!」

振り返った先にいたのは鈴だ。
凰鈴音ってのが本名だが、俺は鈴と呼んでいる。
箒が転校したあとに来たのが鈴だ。
しかし、鈴も中学時代に、彼女の祖国、中華人民共和国に帰っていった。

「懐かしいなぁ!!!
いつ来たんだ!!
お前もここの生徒なのか!!」
「ちょっ!?!
く、苦しい!!!
抱きつかないでよ!!!」
「お、おお、済まない。
つい、懐かしさのあまり…
しかし、懐かしいなぁ~…
弾の奴にも知らせておかないとな。
そうだ、千冬姉にも合わせよう!!」
「い、いいわよ、千冬さんは…」

195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 20:07:15 ID:mm3convI
鈴は顔を引き攣らせながら言う。
そう言えば、鈴は千冬姉が苦手だったな。

「そうか…」
「い、一夏。
彼女が誰かを紹介して欲しいのと、演技を忘れてるぞ」

箒が俺に耳打ちする。

「クソッタレ……」

取り敢えず、振り返ると、その場にいた全員が俺と鈴を見ている。

「紹介するで御座るよwwwwwww
凰鈴音殿で御座るwwwwww
某の親友で幼馴染Mk.Ⅱで御座るwwwwwwww」
「え、何その喋り方!?」
「気にするな、で御座るwwwwうぇwwwwうぇwwwwww」

196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 20:24:37 ID:mm3convI
「鈴殿wwww
こっちが幼馴染Mk.Ⅰの篠ノ之箒殿で御座るwwwwwww
で、そっちがイギリス代表候補生のセシリア・オルコット女史で御座るwwwww
ちなみに、某とセシリア女史は専用機持ちwwwww
クラス代表で専用機持ちは某とwwwwwww
4組の更識簪女史で御座るwwwwwwww」
「その情報、古いよ」

言うと、鈴がニヤリと笑った。

「私も専用機持ちなのよ!!」

鈴がどーだ凄いだろうという顔をした。
すぐさま、携帯を開く。
中国 IS 専用機で検索すればヒットするだろう。

「出たで御座るwwwwww
甲龍と書いてシェンロンwwwwww
ギャルのパンティーおーくれwwwwwwww」

言った瞬間、三方向からパンチが飛んでくるが、すべてを華麗に避けた。
俺、天才!

199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 23:11:11 ID:mm3convI
その後、食堂で、ギャーテーギャーテーと騒いでいたら、千冬姉に怒られ、そうそうに教室に向かった。
午前の授業は特記すべき事項無しと言う事で割愛し、昼休み。
鈴も揃ってと思い、昼食に呼びに行ったら既に食堂に行ったと言われ、仕方なく、箒とセシリアの二人を連れて食堂に向かう。
ちなみに、他の女子生徒もついくるのでちょっとした大名行列みたいな感じだ。

「鈴殿が居たで御座るwwwwwwww
入口で何をしているで御座るかwwwwwwww」
「アンタを待っていたのよ!」
「某も鈴女史を呼びに行ったで御座るwwwwwwww
手に持っているのは何で御座るかwwwwwwww」
「ら、ラーメンよ」
「伸びるで御座るよwwwwww」
「そう思うならさっさと来なさい!!!」
「理wwwwww不wwwwwwww尽wwwwwwwwww
だが、それが良いwwwwwwwwww
それでは箒殿とセシリア女史も食券を買うで御座るよwwwwwwwwwwコポォwwwwww
某はチャーシューメンにするで御座るwwwwwww
そして、大盛り券とチャーハン券を融合しwwwwwww
チャーハンチャーシューセット大盛りを召喚するで御座るwwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwwww」

201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 23:23:46 ID:mm3convI
「だから、さっきからその変な口調なんなの?」
「後で教えるで御座るよwwwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwwwww
さぁさぁwwwwwww
席に座るで御座るwwwwwww
某のチャーシューメンも伸びてしまうで御座るwwwwwwwww」
「そうね。
向かいの席が空いてるわよ」
「行くどすえwwwwwww」

10人近い女子を連れてぞろぞろと移動していく。
俺はキャプテン・マリオーか…
掴んで投げたりしたら千冬姉と一戦交えることになるだろうからやめておこう。
どうでも良いが、箒はきつねうどん、セシリアは洋食ランチを頼んだ。
このふたりは何時もこれだが、どれだけこのランチが好きなのだろうか?
俺は同じ物を食べ続けると飽きるぞ。
ちなみに、中学の頃ハーベストを1ヶ月で一生分ぐらい食べたら、もう、ハーベスト食べたくなくなったぜ。

「さてwwwwww
鈴には積もる話があるがwwwwww
まwwwwwずwwwwwwはwwwwwww
シェンロンの弱点教えれwwwwwwwww」
「誰が教えるか!!!」

まぁ、普通はそうだろうな。

202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 23:28:29 ID:mm3convI
「良いではないかwwwww
良いではないかwwwwww」
「なら、あんたの弱点を教えなさいよ!」
「俺の弱点は●●●●です」

言った瞬間、全員がぴしりと固まる。

「大きいのからwwwwww
小さいのwwwwwwww
某すべて網羅しているで御座るwwwwwwwポコォwwwwwww
鈴殿はwwwwwww
あんまり中学時代と変わっておらぬ御様子wwwwwwwプギャwwwww」
「う、うるさいわね!!!
人の気にしている事を!!!!」

鈴がムキーと怒鳴る。

「さもありなんwwwwwwwさもありなんwwwwwwwww
鈴殿=貧 wwwwwww
しかしwwwwwwww
鈴殿は貧 故にそれが良いwwwwwwww」

203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 23:36:57 ID:mm3convI
「お前はなんの話をしているんだ、馬鹿者」

背後からさっきが飛んできたので、箸で受け止める。
うむ、真剣白刃取り成功。
宮本武蔵は食事中、飛んできたハエを箸で捕まえたらしいが、正直、汚すぎだよな。
ハエって●●●の上に止まるんだぜ?
それを箸で取るとか、マジ、イミフっていうか、頭おかしいよな。

「げぇ、千冬さん!?!」
「人の顔を見て、ゲェとは随分な挨拶だな、凰」
「あ、いえ、お、お久しぶりです、千冬さん」
「そして、学校では織斑先生と呼べ」

鈴の奴、千冬姉に睨まれてかなり縮こまっている。

「お、お久しぶりです、織斑先生」
「ああ。
食堂ではあまり騒ぐな。
良いな」
「了wwwwww解wwwwwwでwwwwwwww御wwwwwwwwww座wwwwwwwwるwwwwwwwwwポコォwwwwwwww」

千冬姉は俺を睨みつけると去っていった。

207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 00:42:11 ID:/tLLcy8w
その後はどうすれば巨  になるかという話になり、巨  を志す愚かなる貧 淑女共に如何に貧 が大切なのかを昼休み命一杯、使い教えた。
午後の授業も特筆すべき点はないので割愛し、放課後、俺はセシリアと共に競技場に居た。

「おぉwwwwww
箒殿箒殿wwwwww
打鉄の使用許可が降りたで御座るかwwwwwww」
「ああ、そうだ。
今日は格闘戦の訓練だ。
セシリアでは格闘戦ができないからな」

箒がセシリアのブルーティアーズを鼻で笑う。

「なっ!?!
だいたい、本日、一夏さんのお相手をするのはこの私、セシリア・オルコットでしてよ!!」
「打鉄が使えるのは今日なのだ。
お前は引っ込んでろ」
「な、なんですって!?!
貴女こそ引っ込んでいなさいよ!!!」
「邪魔だてする気か!!!
ならば斬る!!!」

箒が格闘用ブレードを抜き放つ。
おぉ、かっけぇ!
俺もその『邪魔だてする気か!!!ならば斬る!!』ってのを使おう。

208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 00:53:19 ID:/tLLcy8w
セシリアはセシリアで左手にインターセプトを展開し、逆手で持っている。
逆手は基本的に、防御の為の握りである。
セシリアの攻撃方法は基本的に近づかれぬ様、弾幕を張り、近付かれたら、安全圏に至るまで逃げの一手だろう。
最初はその作戦は卑怯だの、堂々としていないなどと言っていたが、狙撃兵の鉄則を押し込み、戦いでの鉄則を教えた。
しかし、今は俺の教えた作戦に忠実に守り、近づいてくる箒の攻撃を避け続け、合間を取ろうと下がり続ける。

「逃げるな臆病者め!!!」
「そんな安っぽい挑発には乗りませんわ!
私のブルーティアーズは遠距離戦用のISですわ。
それが何故泥臭い、格闘戦を行わなくてはいけませんこと?」

オーッホッホッホと高笑いしながら徐々に合間を広げていくセシリア。
基本的に、ブルーティアーズの方が性能が良いので、当たり前と言えば当たり前なのだが。

「ック!!
猪口才な!!」

セシリアの放ったビームを箒が、格闘用ブレードで切り落とした。
何あの子、半端ねー…
新選組の源さんかよ…
源さんが死ぬシーンマジで泣いた。
俺、一番好きなのが源さんだったもん。
ちなみに、フルネームは井上源三郎。
6番隊隊長だった。

209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 01:03:46 ID:/tLLcy8w
なんてことを考えていたら、二人の動きがぴたりと止まり俺を見る。

「何wwwぞwwww」
「一夏!」
「先程から何を黙って見ているのですか!!!」
「おkwwwwww
我が天然理心流奥義とくと味わうがヨロシwwwwwwwww」

雪片二型を抜き、上段で構える。

「どこからでも掛かってくるがよいwwwwwww
某は一撃で倒して進ぜようwwwwwwwwww」
「上等だ一夏!」
「吐いた唾は飲み込めませんことよ!!!!」

二人は束になって掛かって来た。
所詮、烏合の衆よ!
お互いの連携が取れていなければ、一人の方が身軽に動けるのだよ!!!

210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 01:20:23 ID:/tLLcy8w
それから1時間ほど、二人に手解きし、終わった。

「着替え終わったらお説教で御座るwwwwww
食堂に来るで御座るよwwwwwww」
「わ、わかった…」
「きょ、今日も勝てませんでしたわ…」

二人がヨロヨロとピットに向かったので、俺も逆のピットに向かう。
ピットに入ると、誰かいた。

「お、鈴か」
「お疲れ様、一夏!
スポーツドリンクとタオルよ!」
「おお、サンキュー」

鈴からタオルを受け取り、顔を拭く。

「それで、アンタ、あの頭悪そうな喋り方はなんなの?」
「ああ、それな。
俺が中学の時に書いた作文覚えてるか?」

211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 01:27:50 ID:/tLLcy8w
「えっと、『俺が平穏な生活を送るために必要な事』だったっけ?」
「そうそう」
「え、で、あんたが平穏な生活を送るためにあんな馬鹿そうな喋り方してるの?」
「おう。
この学園は色々と俺の平穏な生活をぶっ壊しやがるからな。
現に、俺に惚れた女が2人もまとわりついている」
「あ~…
あの篠ノ之箒って子とセシリア・オルコットって子ね」

鈴が苦笑する。

「ああ、そうだ。
だから、俺は、これ以上、めんどくさい事を抱えない様に注意を払っているんだ」
「め、めんどくさい事ってねアンタね…
と、いうか、か、彼女作っちゃえばいいのよ!」

鈴が少し顔を赤らめて言う。
ああ、コイツも危ないな~

「バカ言え。
この学園内で彼女なんか作ってみろ、それこそ大戦争が起こるぞ。
主に千冬姉との」
「た、確かに、なりそうね…
千冬さん、ああ見えてブラコンだし」

鈴が苦笑する。

212: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 01:36:19 ID:/tLLcy8w
俺が中学時代、授業参観とか運動会は学校やIS関係の事すべてぶっちして来てたもんな~
最前列を束さんと確保して。
少しでも邪魔する者がいるなら、持ち前の鬼殺しの睨みで黙らせるし。
相手グループが少しでも有利になりそうだと、しれっと妨害していたし。
束さんを脅しにかかって、訳分からん装置UFOみたいな装置で俺の事いろんな角度で撮ってたし。
それから、鈴と中学時代の思い出話に花が咲いた。

「まぁ、だいたいの事情は分かったわ」
「ああ、分かってくれて有難い。
それじゃあ某wwwwwwww
シャワーを浴びてから食堂で反省会をするで御座る故wwwwwwww」
「むかつくから二人の時はそれやめて」
「わかった。
じゃ、また後で」
「ええ」

鈴と別れ、部屋に向かう。
ああ、コイツもダメだな。
クソ、中学の時は全然気が付かなかったが、ありゃ、完全にダメだ。
久しぶりに会った幼馴染が想像以上に格好良くなってて惚れ直した的な顔だ。
地雷っつーか対戦車地雷踏んだ気持ちだ。
なんで、歩兵に反応しやがるんだ。
100kgオーバーで発動するはずだろうが、バカ野郎。
信管仕掛け間違えてるぞ、工兵め……

220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 16:05:39 ID:/tLLcy8w
取り敢えず、部屋に戻ると箒が腕を組んで立っている。

「どうした?」
「遅かったから私が先に浴びたぞ」
「ああ悪い。
鈴の奴と昔話で盛り上がってな」

取り敢えず、鈴を嫁にしてご飯を毎日作ってやると言う約束を持ち出されないよう実に頑張ったと思うよ、俺。

「それで?」
「それでってな、それ以外何もねーよ。
俺はめんどくさい事にならんよう頑張ってるんだ。
お前が心配する様な事は何一つ持ち込ませねーよ」

そう、お前も例外じゃないぜ、箒。
俺の気持ちを知ってか知らずか、箒はどことなく安心した顔をだった。

「じゃ、俺はシャワー浴びてから行くから、箒は先に行って席確保してくれ」
「ああ、わかった!
早く来いよ!」

箒は実に嬉しそうに出て行った。
やれやれだぜ。

221: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 16:15:10 ID:/tLLcy8w
そこから、数週間。
3人を交えたISの特訓は続いた。

「いよいよ、来週だな」

脇にいる箒が感慨深そうに言う。

「そうで御座るなwwwwwwww
一回戦目は鈴殿wwwwwww
勝ったら願いをひとつ叶えてくれで御座るwwwwwwww」
「いいわよ、ただし、『勝てたら』の話だけど」

鈴がフフンと鼻で笑う。

「大丈夫ですわ。
私が教えたのですから、鈴さんは足元にすら及びませんわ」

相変わらずのセシリア。

「願い事、とはなんだ?」

箒が俺を見る。

「ギャルのパンティーおーくれwwwwwwww」

言った瞬間三方向からの攻撃。
しかも、全員がISを着用している。

「当たらんで御座るwwwwwww」

222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 16:34:14 ID:/tLLcy8w
そして、対抗戦が始まった。

「それじゃあ、本気で行くぜ、鈴」
「当たり前よ。
手、抜いたら逆に殺すわよ」

俺の5m前で悠然と立っている二組の代表、凰鈴音が不敵に笑う。
鈴の甲龍は俺と一緒でパワータイプだ。
しかし、俺のとは違い、肩に衝撃砲というのが搭載されているらしい。
ネットの世界は便利だぜ、鈴。
いくら、お前が黙っていても、お前の国はペラペラ喋ってくれてるんだから。
そして、衝撃砲の仕組みも載ってる。
周囲の空間に異常な圧力を加えて砲身を形成。
そして、その余剰圧力で弾を発射するんだ。
敵を知り、己を知れば百戦危うからず。
そして、兵とは詭道なりってね。
最初は騙されておくべきだな。
HPの5分の3までは減らしても良い。
“接戦”をしましたと言う結果さえ残せば、あっちの名誉も守られ、俺も突出して目立つわけじゃない。

223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 16:42:43 ID:/tLLcy8w
「ウラァァァ!!!!」

試合開始の合図と同時に鈴が共産党特有の叫び声を上げながら突進してくる。
手に持っている双天牙月と言う、ぶっちゃけ、青龍刀を二つつなげた大きなトンファーみたいな武器だ。
ちなみに、青龍刀と青龍偃月刀は違う武器だぜ。
時々、ごっちゃまぜの奴がいるが、青龍偃月刀は関羽の持ってる奴だ。
青龍刀とは、いわゆる柳葉刀と呼ばれる、幅広の刀の事を言うんだぜ。
つまり、マシエットみたいな奴だな。
重さと遠心力でぶった切る用法を取る刀で、要は肉包丁だ。
そして、そんな肉包丁を持った鈴が俺に斬り付けてくる。

「おぉっと!?」

雪片二型を構え、それを受け流す。
刀は攻撃を受けたらダメだ。
攻撃はすべて受け流す。
で、ないと刃が欠けたり、下手をすると折れてしまう。
今回は問答無用で折られそうなので、鈴の格闘技はすべていなして行くことにした。

224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 16:48:32 ID:/tLLcy8w
「私の初撃を避けるとは!
さすがね、一夏!!」
「当たり前だ。
今の攻撃が避けれなくちゃ、箒どころか千冬姉に殺される」
「でもね!!」

鈴が言った瞬間、俺の視界が歪む。
正確に言えば、鈴の両肩が、ぐにゃりと歪むのだ。
異常な圧力を捉え、それを視覚に映すよう設定したおかげである。
そして、『Danger』と視界に出る。
知ってる。
肩のスラスターがバカリと開くと、ピカリとフラッシュの様に光った。

「何っ!?!」

そして、衝撃。
もちろん、演技だ。
急所を狙った場所は全て、雪片二型で軌道を逸らし、どうでも良い部分に着弾させる。

「アンタ、運が言いわね」

225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 16:54:09 ID:/tLLcy8w
鈴が少し驚いた顔をするが、未だ不敵な笑みは消えていない。

「ああ、太宰府天満宮でお守り買ったからな!」
「勉学のお守り関係ないでしょうが!!」

鈴がすかさずツッコミを入れる。
いや、関係あるんだぜ、勉学。
喧嘩は頭を使ったもん勝ちだ。
スポーツもそうだぜ、鈴。
勝負事は全て計算されるんだぜ。
運も実力の内ってね。

「でも、私の龍咆はそんなに甘くないわよ!!」

次は、4つだ。
両腕と両肩。
あれは避けねば、限界ダメージを超えてしまう。
一撃が想像以上に強かった。

226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 17:01:58 ID:/tLLcy8w
「やれやれ…」

一撃必殺を無効は撃つ気だ。
ならば、俺もそれに答えようじゃないか、えぇ?
俺の雪片二型には諸刃の剣、大技があるんだよ。
相手のバリアーをぶった切って、攻撃できる、零落白夜がな。

「なんか来る!!」

カリカリにまで上げたセンサーが別の熱源を捉える。
上だ。

「龍h――」

鈴が叫ぶと同時に、アリーナの天井が崩壊した。
そして、崩壊した破片が鈴目掛けて降ってくるが、鈴は突然の出来事に反応できない。
バカ野郎!!

「避けろ馬鹿!!!」

227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 17:07:13 ID:/tLLcy8w
鈴をお姫様だっこして、ひとまず上空に退避。
さっきまで鈴がいた場所に10mほどの骨組み落っこちて、砂を巻き上げた。

「大丈夫か?」
「え、あ、うん…
ありがと……」

鈴がようやく我に返ったように俺を見る。

「な、何が起きたの?」
「知らん。
だが、『何かが』起きてる」

アリーナの天井はISと同じだけのバリアーが張られていると聞く。
そして、それをブチ破ると言う事は、その攻撃は『ISを破壊できる』と言う事だ。

「鈴、よく聞け」
「え、ええ」
「相手の攻撃は多分、ビームだ。
そして、そのビームは、非常に強力だ。
多分、俺やお前のISを一撃で破壊する。
つまり、当たれば一発KOどころか、ゲーム・オーバーだ」

228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 17:19:13 ID:/tLLcy8w
「そ、ば、嘘!?!」

きっと、そんな、馬鹿な、嘘と言いたかったのだろうが、言えていない。

「俺がお前に嘘ついてどうする」

答えた直後、煙を切るようにビーム。
高感度センサーが事前に知らせてくれたので、鈴を抱えていても難なくよけれる。

「降りるぞ」

そして、濛濛と立ち込める土埃の外に着陸する。
さっきから、センサーが俺にロックされているから回避運動を取れと煩い。
うっせぇ、エスコンやBFやってるからわかるけど、ミサイル発射されるまではチャフはまかねーぞ。
それに、回避運動して、ビームが、観客席に当たったらどうする、馬鹿。

「取り敢えず、ピットに戻る事を優先したいが、無効はさせてくれねーみたいだな…」

229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 17:22:09 ID:/tLLcy8w
濛濛と立ち込める土埃の中からなにか黒いのがゆっくりと出てきた。

「なっ!?!」
「ワォ」

それは真っ黒い、いや、黒に近い灰色のISだった。
しかも、フルスキンだ。
腕は非常に長く、足元まで伸びていやがる。

「不気味なヤツめ…」
「アンタ誰よ!!」

鈴が怒鳴るが、もちろん答えない。

「あいつはISじゃねーな」
「わかってるわよ!!」

230: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 17:37:34 ID:/tLLcy8w
ISならわざわざ“完全装甲”にする必要はない。
何故なら、ISの操縦者はIS自身に守られているからだ。
しかし、あれがフルスキンと言う事は、あれがISじゃないか、それとも、『絶対に顔が見られたくないから』のどちらかだろう。
もちろん、コアが限定され、全ての居所が分かっている以上、ISである確率が限りなく低い。
つまり、あれはISではないと言う事になる。

『織斑くん!
凰さん!!
今から、教員でその侵入者を制圧します!!』

山田先生の焦ったような声が耳に届く。
プライベートチャンネルだ。

「なら、先生たちが来るまで俺たちが抑えてますから。
さっさと来て下さい。
千冬姉、急いでくれよ。
じゃないと、他人に知られたくない秘密ばらすからな」

そばにいるだろう、千冬姉にも言う。

『喋ったら殺す』
「なら仕事しろ教師」

そう言って、無線を切る。

231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:16:53 ID:/tLLcy8w
「で、具体的にはどうするのよ」

鈴が黒いのと退治しながら俺に聞く。

「どうするもこうするも、先手必勝だろ。
取り敢えず、あいつに制圧射撃。
俺が接近してぶった斬る。
単純明快だろ?」
「そうね」

鈴が頷くと腕を前につきだし、肩のスラスターを開く。

「間隔2秒。
4連射。
当たらんでもいい」
「分かったわ。
3,2,1!」

鈴がカウント0で衝撃砲を撃ち始める。
俺もそれと同時に前に飛ぶ。
黒いのは突然ヒュンヒュンと回り始めた。
回転して攻撃するようだ。
アホか、あいつ?

「攻撃が弾かれるわ!!」
「知ってる」

232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:22:32 ID:/tLLcy8w
「なら何とかしなさいよ!!!」
「足元狙え、そう叫ぶなよ、相棒」

鈴がハッと我に返り、軸足を狙い始めた。
もちろん、無効はそれに気が付き、飛び上がる。
逃げるのだ。

「逃げるわよ!!」

黒いのは濛濛と立ち込める煙の中に姿を消す。
もちろん、そんな所に入っても、ISのセンサーの前には無意味だ。

「逃げるんじゃないわよ!!!」

鈴は衝撃砲を乱射しまくる。
向こうもビームを撃ってくるが、俺がそれを弾いたり、切り落としたりして、鈴への攻撃は防がれた。
当たらなければ、どうという事はないってね。

233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:29:19 ID:/tLLcy8w
「どうやら、アイツは俺と鈴を各個撃破したいようだな」

さっきから、俺と鈴を離すかのように動く。
鈴は挑発に乗りやすいが、俺がそれを止めているので、今のところ、大丈夫だ。

「そうなの?」
「そうなの。
取り敢えず、なんで、増援がこないのか、判明した。
観客席を見ろ」

鈴が俺の指を辿って、観客席を見た。
観客席には人はいないが、奥の出入り口には生徒たちが大量に留まり、扉を必死に叩いている。

「何やってるのよ!?!」
「開かないんだよ。
あの黒いのがシステムにハッキングしてロックしやがったんだ」
「ますますフザけた野郎ね!!!!」

鈴が飛んでくるビームを双天牙月で叩き落としながら言う。

234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:36:35 ID:/tLLcy8w
さて、それはそうと、どうするか……
こうなると、敵と消耗戦になる。
数的にはこっちが上だが、スタミナ的にはあっちが上だ。
力量差も、あっちが上だろう。
だが、特徴は掴んだ。
アイツは教科書大好きなようだ。
そして、俺達から何か情報を収集しようとしている。
会話の最中、ほとんど攻撃してこない。

「鈴」
「なに!?」
「ちょっとおしゃべりだ」
「はあぁぁ!?!?!
何暢気な事言ってるのよ!!!」
「余裕を持って対処するためだよ。
良いか鈴」
「なによ!!」
「アイツは、機械だ」

235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:45:53 ID:/tLLcy8w
言った瞬間、鈴がぽかーんと俺を見た。
アホみたいな顔だな。

「アンタ、今更何言ってんのよ!?
そんなもの当たり前でしょう!!
ISは機械よ!!」

鈴が馬鹿なこと言うと殴るわよという感じで双天牙月を構える。

「ちげー、そう言う意味じゃない。
あれは、『中身も機械』って事だよ。
良いか、鈴。
あいつの動きを見てみろ。
学習装置をつけてねーのか知らねーが、全て単純だ」

鈴が牽制射をすると、煙の中に隠れる。
先程からずっとこれの繰り返しだ。

「!?!
確かに、そうね!!」

236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:50:23 ID:/tLLcy8w
「で、だな。
作戦はこうだ。
俺がアイツに斬りかかる」
「ええ」
「お前が、俺の背後から衝撃砲を撃つ」
「アンタの!?!」
「Exactly!
俺はサイド、イグニッション・ブーストでアイツに急接近してぶった斬ってやる」
「!?!
なるほど、でも、一回しか通用しないわよ?」
「だから、だよ。
そろそろ頃合だ。
HP“も”無いしな」
「分かったわ。
じゃあ、合図してよね」
「おう。
火力全開で頼むぜ」

鈴に拳を突き出す。

「任せなさい!」

鈴が拳を合わせた。
よし、行くか。

237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:03:30 ID:/tLLcy8w
結果から言えば、あの黒いのは倒されたらしい。
なんで、『らしい』なのかって言うと、俺の目論見は半分成功し、半分失敗したからだ。
背中に最大限の衝撃砲を受け、それをブーストのエネルギーにしたのは良いが、衝撃砲の威力が高すぎて、残った衝撃が俺のHPを奪ったそうだ。
まぁ、目的である、零落白夜をあの黒いのに叩き込んでやったから問題ないけど。
しかし、全身が痛い。

「全くお前と言う馬鹿者は」

そして、その事を教えてくれた千冬姉が夕日を背景に仁王立ち。
気のせいか、顔はほんのりと笑っていた。
多分、無事でいてくれて良かったという気持ちと、強くなったなという顔だろう。

「でも、あいつ倒すにゃセシリアが必要だったんだけど、セシリアがいなかったし、ああするかなかったんだよ」

そう、アイツはセシリアがいれば更に簡単に倒せた。

「それでは、私は仕事があるから行くぞ」
「ああ、ありがと。
それと、心配をかけて悪かったよ、千冬姉」
「ふん」

千冬姉は馬鹿者と言い、出て行った。
ちなみに、場所は保健室。

238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:09:43 ID:/tLLcy8w
そして、入れ違いになるように箒が入ってくる。

「大丈夫なのか!!」
「ああ、大丈夫だぜ。
しっかし、俺はトコトン馬鹿な男だな」
「当たり前だ!!
あんな無謀な事を!!!」
「ちげーよ。
そっちじゃねーよ。
俺の当初の目標を言ってみろ」
「植物のように平穏な生活」
「だろ!?
どう考えても、今回は先生に任せるべきだったんだよ!!
クソ、あの黒いのめ……
作った奴と会ったらゼッテーぶっ飛ばしてやる!」
「……心配した私が馬鹿みたいだ」

箒はそう言うと大きなため息を吐いた。
それからクスリと笑う。

「まぁ、その、か、かかかか、カッコよかった…ぞ……」

最後の方が全く聞こえんぞ、コラ

239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:19:14 ID:/tLLcy8w
箒はそれだけ言うと、バタバタと逃げるようにして出て行った。
やれやれ。
少し寝るか。
――――
―――
――


「……」
「!?!?!?!?」

目を開けると、目の前3cm程に鈴が居た。
こいつ、ぜってー俺が寝ている間にキスしようとしたな。

「なにやってんだお前?」
「ちゃ、ちゃんと生きしてたのか確認したのよ!!!」

なんだよその、言い訳…
まぁ、イイけどさ。

「ちゃんと息してたろ?」
「そ、そうみたいね!!」

240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:23:21 ID:/tLLcy8w
鈴は顔を赤くしたまま、脇の椅子に座る。
てか、今何時だ?
1日ぐらいたったのか?

「その、さ…」

鈴が、もじもじと足元を見つめながら切り出す。

「ん?」
「その、ごめん…私のせいで……」
「はぁ?
お前バカか?」
「なっ!?!
なによ人がせっかく謝ってるのに!!!」

鈴が顔を真っ赤にして俺をポカポカ殴りつけてくる。

「わ、悪い悪い。
でも、俺は、お前のせいだなんて思っちゃいねーよ。
逆に、お前のおかげで勝てたんだ。
ありがと、鈴」

鈴の頭をポンポンと撫でてやる。

241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:32:07 ID:/tLLcy8w
「ば、馬鹿!!
恥ずかしいわよ!!!」

しかし、鈴は逃げようとしない。
やれやれ。
まぁ、今回は、こいつのおかげってのはその通りだし。
今日までは平穏な生活から遠ざかるか。
こうして、また、無駄なフラグを建設していく俺だった。

第1巻分 完

取り敢えず、この>>1は剣道やってました
鈴が不憫すぎて泣いた
次はみんな大好きシャルラウラが出てくる
以上

242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:35:48 ID:/tLLcy8w
6月某日、俺は五反田弾の家に居た。

「それで、IS学園はどうよ?」
「最高だな。
ハーレム学園だ。
副担がまいっちんぐマチコ先生並みのボ  だ」
「画像くれ」
「千冬姉に殺されるぞ」
「それはそれで本望だ」

俺と弾は中学時代の親友だ。

「あ、あと、鈴が居た」
「鈴!?
マジかよ!!
胸は!!」
「相変わらずだ」
「そいつは、残念だ。
彼女は作ったか?」
「俺ののぞみを言ってみろ」
「『植物のように平穏な生活』だもんな~
マジ裏山だわ、死ね。
氏ねじゃなくて、死ね」

243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:42:57 ID:/tLLcy8w
現在、二人してゾンビモードをプレイ中。
襲い来るゾンビ共をちぎっては投げちぎっては投げの大活躍。
場所はドイツの研究所だ。
FGとStGマジ最強だわ。

「何が裏山だ。
お前が死ね。
あの空間に立ってみろ。
お前が女に望んでいる事裏切られまくるぞ」
「それでも裏山だ。
死ね」
「テメーが死ね」
「あ、死んだ」

弾が拳銃を片手に這いつくばっている。

「無理。
トレイン中に死んだてめーが悪い。
しかも、お前がクラウス持ってんだらな」
「助けろォォォ!!!!
俺のポーターがぁぁあ!!!!
俺のサンダーガンがぁぁあぁ!!!!!!」

244: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 20:50:13 ID:/tLLcy8w
それからすぐに俺も死に、呼びに来た弾の妹、蘭と久しぶりの再会を果たした。

「お前の妹とくっつくの有りだよな」
「それだけは絶対に許さん。
お前にお兄さんと呼ばれることがあってたまるか」
「いいじゃねーかよ、お兄さん」
「呼ぶんじゃねぇぇぇ!!!!!!
だいたい、お前は漫画の主人公見てーな人生送ってながらなんで鈍感じゃねーんだよ!!!」

弾がムガァァと俺に殴りかかる。

「知るか!
そして、寄るなホ 野郎!!」

どったんばったんと取っ組み合いの格闘をしていると、蘭も乱入し、弾が圧倒的不利のもと終了した。
貴様に味方は居ないのだよ、弾。
哀れな奴め……

245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 21:01:42 ID:/tLLcy8w
その後、一階に降りる。
一階はご存知、五反田食堂。
そして、先に出て行った蘭が待っていた。
服装は外出をするかの如く、一張羅だ。
いや、あれが一張羅かは知らんが。
取り敢えず、ここはボケておいた方が良いのかと考え、やめた。
その代わり、予備フラグを立てておくことに。

「おお、可愛いぞ、蘭」
「そ、そっそそそそうですか!?!?!」

脇で敗者が俺を睨んでいたが気にしない。
そして、俺達は実に有意義な昼食を過ごすこととなった。
ちなみに、蘭がIS学園を受験すると言いだし、しかもランクが俺より上のAだった時は、先ほど立てたフラグを思いっきりへし折ってやりた気分になった。

254: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 21:37:48 ID:/tLLcy8w
その後、午後は弾とともにゲーセンで遊んだ。
夕飯時ちょっと前に帰ってくる。

「うむ、あいも変わらず女子ばかり。
取り敢えず、夕飯時まで部屋にいるか」

部屋に入ると、誰もいなかった。

「そう言えば、もう、箒は居なかったんだな…」

別に死んだわけじゃねーぞ?
引っ越したんだ。
なんでも、部屋の都合がついたらしい。
で、ちょっと前に、山田先生が渋る箒を連れて行ってしまった。
やる時はやる山田麻耶だった。

「一夏~居る~」

扉がノックされる。
この声は鈴だな。

255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 21:45:50 ID:/tLLcy8w
「いるぞ~
開いてるから入れよ」
「お邪魔しまーす」

鈴がそう言うと入ってくる。

「どうした?」
「いや、もうそろそろ夕飯だから一緒に食べようと思ってさ、誘いに来た」
「もうそんな時間か?」

確かに、気がついたら、もうそろそろ食堂が夕飯を並べ出す時間だった。
時間は経つのが速いな。

「じゃ、行くか」

廊下に出ると、各部屋の扉がチラホラと開く。
皆、食堂に向かうのか。
まぁ、それは結構なのだが、全員の格好が非常にラフなのだ。
まるで俺に見せびらかすかのように。
なので、俺はあえて、こう言う。

「目の保養で御座るwwwwwwwwwポコォwwwwwww」

256: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 21:50:54 ID:/tLLcy8w
「あ、ちょっと!?
何見てるのよアンタ!!!
目、閉じなさいよ!!」

隣を歩く鈴が慌てて俺の目を隠そうとする。

「嫌で御座るwwwwwww
今後のオカズゲットで御座るwwwwwデュフwwwwデュフフwwwwww」
「こら!!
本当にやめなさい!!」

鈴がポカポカと俺を殴る。

「あ~おりむーだ~」

そこに拍子抜けする様な声がかかる。
見ると、ダボダボのパジャマ姿ののほほんさん。
正式名称、布仏本音。
俺と同じクラスの女子だ。

257: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 21:57:46 ID:/tLLcy8w
「こwwwwれwwwwwはwwwwwwこwwwwwwれwwwwwwwwはwwwwwwww
のほほん女史wwwwwwww
相変わらずで御座るなwwwwwwwwポコォwwwwwww」
「ん~そーだよ~
でも、おりむー相変わらずだよ~
そっちはリンリンだね~
おひさ~」

のほほんさんが鈴を見つけ、ダブダブで、余った袖を旗のように振る。

「り、リンリンって呼ぶな!!」

鈴がガビーンとショックを受けたように言う。
そう、昔、鈴が『リンリンってパンダみたいな名前だな』っていじめられ、俺が弾と共に大立ち回りをしたのが。
あと、『~~アル』って言うのも禁句だ。
中国人はそんなこと言わないわ、アホ!との事。

「おりむーも私とかなりんと一緒に夕飯食べよーよ~」

そして、のほほんさんは俺に寄ってくると抱きつき言う。

258: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 22:04:12 ID:/tLLcy8w
この抱きつくまでの流れが某千葉県のネズミーランドに住む住民達もびっくりな自然な流れで抱きついてくる。
なんと言うか、抱き着かれるのが当たり前、みたいな感じだ。

「某は構わんで御座るwwwwwうぇwwwうぇwwwwww」

そして、身長差20センチ近いのほほんさんを持ち上げてくるくると回る。

「しwwwwwwwかwwwwwwwしwwwww
かなりんが不在で御座るwwwwwww
どこに行ったで御座るかwwwwwww」
「あれ~
本当だ~」

のほほんさんがキョロキョロと周囲を見回す。

「あんたの連れなら、先に走っていったわよ」
「あ~ん。
まって~」

そして、鈴が指さした先をのほほんさんがトテトテと走っていった。
3歳児が走る感じだ。

260: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 22:36:15 ID:/tLLcy8w
「和むわ~」
「アンタね……
ところでアンタさ」
「何で御座るwwww」
「モテるの?」
「モテモテで御座るwwwwww
それはもうwwwww
取っ替え引っ変えwwwwwwww」
「げ、下品よ!!!」

鈴は顔を真っ赤にすると、俺に一発良いのを入れて先に行ってしまった。
取っ替え引っ変え、HDDに居ますよ、二次元の嫁が、うん。
そして、やろうと思えば全員陥落するでしょう、うん。
現に、三人、いや4人か?
確定してるからな、うん。

261: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 22:42:10 ID:/tLLcy8w
翌日。
教室では、女子たちがカタログを広げて何かを見ていた。
その何かとはぶっちゃけ、ISスーツなんだけどさ。

「一般的に小口径の拳銃弾ぐらいなら受け止めれますよ」

よく見れば、山田先生が紛れ込んでいた。
すげー、気付かなかった…

「小口径の拳銃弾ってwwwww
22口径ぐらいですかwwwwww」
「え?
えぇっと、詳しくは、スーツごとに違いますけど…
まぁ、大体は、その程度ですね」

山田先生がびくんと震えて俺を見た。

「22口径wwwww
そんな物wwwww
そんな物食らっても逆に重傷にならないで御座るwwwwwww」

262: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 22:49:15 ID:/tLLcy8w
「正直、IS乗りを殺そうと思うなら、遠距離から狙撃するか、爆弾で殺す方が手っ取り早いで御座るwwwwww
わざわざ近づいて銃で撃つ人なんか居ないで御座るwwwwww
故にwwwww
故にwwwww
スーツはそんな物よりもwwwww
こっちをおすすめするで御座るwwwwww」

指差したのは、かなり露出しているスーツ。
ビキニスーツの一歩手前だ。

「織斑くん!?」
「山田教諭wwwwww
山田教諭も如何で御座ろうwwwwww
きっとけしからん事になるで御座るwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwww」

きっと、たゆんたゆんになるだろうね。
胸とか●●●●とか●●とか。
激しい運動をするとポロリもあるよ!!

263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 23:02:29 ID:/tLLcy8w
「お前は何をしているか」

背後から殺気を感じ、真剣白刃取り。
見事…

「甘い」

しかし、よく見れば、左手にも何かあった。

「当たらなければどう言う事はないwwwwwwwww」

バックステップでそれを避ける。

「腕を上げたなwwwwww
ガンダム!!!」
「誰がガンダムか!
さっさと座れ馬鹿者!!!!」

千冬姉は一喝すると全員が席に戻る。
山田先生も前に飛んで行く。
おぉ、怖い怖い。

264: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 23:12:29 ID:/tLLcy8w
そして、山田先生が教壇に立ち、本日の予定や連絡事項を告げるのだが、そこで驚くべき発言をした。

「今日はなんと、転校生が来ます!
2人も!!」

全員が驚いた顔をし、えぇぇえぇえぇと言う。
まぁ、そうだろうな。
ちょっと前に2組に転校生。
今度は1組に転校生。
しかも、この時期だ。
ぜってー問題事を抱え込んでいる決まってる。
東京を爆撃しようとしたドゥーリットル爆撃隊の様に爆弾を腹にたんまりと抱え込んでるに決まってる。
俺は、ぜってー驚かねーぞ。
そして、ノータッチだ。
たとえ、転校生ですと言って、100歳超えるおばあちゃんが来ようが、T-800やT-1000みたいな奴が来ようが。
ぜってー、俺は関わらねー
そいつ等に関わったが最後、俺の『植物のように平穏な生活』はウサイン・ボルトもびっくりな速さで俺から遠ざかって行く。

265: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 23:18:23 ID:/tLLcy8w
結果から言おう。
転校生の二人は外人だ。
一人はフランス人。
一人はドイツ人。
フランス人は男だった。
そして、ドイツ人だが…
コイツは非常に厄介だ。
なにせ、俺にビンタしてこようとしたんだからな。
名前をラウラ・ボーデヴィッヒと言う。

「手を離せ」
「ふざけるな。
お前等ドイツ人は理由もなく他人をぶん殴るのか?
えぇ?
ラウラ・ボーデヴィッヒ少佐」

たしか、シュヴァルツェ・ハーゼの隊長だったはずだ。
そして、シュヴァルツェ・ハーゼは千冬姉が教官をしていた部隊である。

266: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 23:24:00 ID:/tLLcy8w
シュヴァルツェ・ハーゼって言いにくいから黒兎でいいや。

「離せと言っているんだ!!」

少佐殿が手を引っ張るが、男の俺の握力に敵う訳が無い。
そして、向こうもそれが分かったのか左手を問答無用で放ってくる。
もちろん、こっちもそんな事は承知済みだ。
握っている左手をそのまま俺の右頬を庇う様にして避ける。
思わぬ行動に、少佐殿は目を丸くした。

「お前は俺の信条を邪魔する敵だな?
お前が何を考え、どうしようと勝手だ。
だが、そこに俺を巻き込むな。
俺は警告したぞ。
次は、無い。
良いな、ラウラ・ボーデヴィッヒ少佐」

左手を離す。

「ッチ!」

267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 23:30:24 ID:/tLLcy8w
少佐殿は舌打ちを一つすると、手首を確かめながら空いている席に勝手に行ってしまった。

「超wwwww怖wwwwwwいwwwwwwww
少佐!wwwwww
少佐殿!!!wwwwwww
代行!wwwww
少佐!wwww
大隊指揮官殿wwwwwww
少佐!!wwwwwwww
代行!!!!wwwww
第二次ゼーレヴェ作戦は何時決行で御座るかwwwwwwwポコォwwwwww」

少佐殿にこれでもかと嫌味のつもりでナチス式敬礼をしてやった。
こういう事するから、問題を抱え込むんだよ、俺。
学習しろ、アホ。
でも、やらずには居られないんだよなぁ~
オタクのサガと、あのクソムカつくちび眼帯のせいだ。
断じて俺のせいじゃない。
そう、悪いのは全て周りなんだ。
うん、なんかの漫画で小物がそう言っていた。

268: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 23:36:08 ID:/tLLcy8w
そして、千冬姉が視線でそれこそロンドンを落とせるんじゃないかというぐらいに睨まれつつHRは終了した。
1時間目は2組とISの模擬戦をするとか。
故に、俺はフランス人のシャルル・デュノアを更衣室に連れて行くことになった。

「デュノア氏wwwwww
これから大変で御座るよwwwww
お触りの覚悟はよろしいかwwwww」
「は?え?」
「吶喊wwwwwww」

デュノアの腕を引き、廊下に出る。
すると、噂を聞きつけたほかのクラスの女子が出迎えた。

「スーwwwwwwパーwwwwwwwwお触りwwwwwwwwwタイムwwwwwwww
説明しようwwwwww
この時間はwwwwwww
合法的にwwwwwww
女子の胸を触ったりwwwwwww
尻をもんだりwwwwww
抱きついたりwwwwwwww
しても問題ないwwwwwwwwwww
つwwwwwまwwwwwwwりwwwwwwwww
周囲が女だらけの満員電車と同じで御座るwwwwwwwwwwww」

269: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 00:11:11 ID:x2SgL182
混乱したままデュノアを更衣室に連れて行く。

「ここが更衣室だ」
「えっ!?
あ、うん…」
「どうかしたのか?」
「あ、いや、さっきまでの変なテンションは?」

デュノアが俺を恐る恐るという感じで見る。

「ああ、何?
さっきのテンションの方が良かった?
あれ、疲れるからめんどいんだよね。
それとさ」
「な、なに?」
「お前の厄介事に、俺を巻き込むなよ」

念を押してから、反対側のロッカーに移る。

「俺、こっちで着替えるから」
「!?!?!」

デュノアが驚い顔をしていた。

272: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 00:26:02 ID:x2SgL182
正直な話をしよう。
シャルル・デュノアは女だった。
さっきの、女子郡を乗り切る際に、そこはかとなく、あいつの 間を触った。
しかし、あいつの 間には、男にあって当然のものがなかった。
そう、●●●だ。
日本語だと、 茎。
可愛らしく言うなら、●●●●●。
フランス書院風に言えば肉 とか肉 。
腐女子風に言えば、竿。
もう、どう考えても厄介事の塊だろ、シャルル・デュノア。
俺は、絶対こいつに深く関わらんぞ……
核爆弾どころの騒ぎじゃないぐらいに危ない。
下手すりゃ、俺の人生という地球が崩壊する。
故に、俺はこの核爆弾は見て見ぬ振りをするぞ。
核爆弾なんてソ連が大量に抱えて、崩壊したあと世界にばらまいてるんだ。
責任はロシアとアメリカにあるんだ。
俺は関係ない。
そう、関係ないんだぜ!

274: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 01:20:51 ID:x2SgL182
「関係無い事を表明した所でデュノアよ」
「な、何かな?
あ、シャルルって呼んでよ」
「わかった、デュノアくん。
君はフランスのデュノア社と関係があるのかね?」
「え、あ、うん。
僕のお父さんの会社だけど…」

それがどうかしたの?的な感じな声が返ってくる。
確か、デュノア社って、新世代のIS開発に遅れて、経営が危ないとか聞いたが…
そして、社長には子供はいなかったはずだが……
ああ、嫌だ嫌だ。

「それじゃあ、デュノアくん。
僕は先に行ってるから、君も急いだほうがイイよ。
織斑先生は怒ると殺されるからね」

そう言って、核爆弾どころか地球破壊爆弾から猛ダッシュで逃げ出した。

275: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 01:28:43 ID:x2SgL182
「本日よりISでの格闘戦び射撃について行う」

前に立つ千冬姉は凛とした声で言う。
正直、俺は格闘しかないから、半分どうでも良い話だ。
隣に立つシャルルが俺をチラチラと見てくる。
悪い方の意味でのフラグを順調に立てている俺は、やはり馬鹿だ。
タイムマシンが有ったら、俺は迷わず受験する前の俺に会いに行って、そっちに行ってはダメですよと道案内してやるのに。

「うぁあああぁあ退いてくださーい!!!!」

背後から悲鳴が聞こえ、俺は迷わず、後ろに並ぶ、鈴と、デュノア、反対側のセシリアの腕を引っ張って脇に飛ぶ。
ドンガラガッシャーンと凄まじい音。

「ISが転がって来たで御座る…」

正直、死ぬかと思った。
あんな物が激突したら間違いなく俺は死んでいた。
いや、俺が避難させた女子達、あ、一応、デュノアは男か。
うん、そういうことにしておこう。
ともかく4人揃って、死んでいただろう。

「あ、有難うございます、一夏さん…」
「た、助かったわ、一夏…」
「あ、ありがとう、織斑くん」

ちなみに、俺は●●●●に囲まれていた。
うん、セシリアのアダルティックな匂いと鈴の清涼感たっぷりの匂い。
そして、デュノアの少女らしい匂いが俺の鼻腔を擽る。

276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 01:32:16 ID:x2SgL182
セシリアの●●●●は言わずもがな。
鈴の●●●●は残念賞だが、それでも●●●●だ。
デュノアのはまぁ、あれだな。
なんか硬い。
サラシ的な物をまいているのだろう。
●●●●の形変になるぞ?

「で、誰が突っ込んできたんですの?」

見ると、山田先生だった。

「山田教諭wwwwww
コケるのが好きで御座るなwwwwwwwwwww
入試の時もコケたで御座ろうてwwwwwwww
バランサーの調節を入念にするで御座るwwwwwww」
「ご、ごめんなさぁ~い」

山田先生は  グリ返しのまま半泣きであやる。
すごく、●●いです…

「山田くん、さっさと起きないか」

脇の千冬姉が呆れ返った顔で山田先生を見た。

「ぬ、抜けないんです~
誰か引っ張ってくださーい!!」

277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 01:38:01 ID:x2SgL182
「織斑、引っこ抜いてやれ」
「あwwwwいwwwwwwwあwwwwwwwいwwwwwwキャプテンwwwwwwwwwwww」

パイナップルに住んでいる、ズボンが四角い黄色いスポンジのOPを歌いながら、山田先生の足を掴む。

「山田教諭wwwwww
失礼ながらwwwwwwww
本当に代表候補生だったので御座るかwwwwwwww」
「そ、それは事実です……
候補生どまりでしたけど…」

ショボーンと山田先生が肩を落とした。
まぁ、山田先生が候補生止まりだった理由はなんとなくわかるよ。

「それではwwwwww
大きな蕪を引っこ抜くで御座るwwwww」

そして、ぐっと手前に引くと、ズポンと引っこ抜けた。
ついでに、胸に付いているデッカイプリンもぷるるんと揺れる。

「眼福wwwww
眼福で御座るwwwwwデュフwwwデュフフwwwwwwwwww」
「ど、どこ見てるんですか、もう!!!」

282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 15:24:45 ID:x2SgL182
「山田教諭の胸で御座るwwwwwwww
そのスーツと相まって実に●●いで御座るwwwwwwww」
「か、勝手に見ないでください!!!!」

山田先生がブランブランと揺れながら顔を真っ赤にする。

「それより、某もそのラファールに乗りたいで御座る~
局地戦闘機よりもマルチロール機の方が便利で御座る~
山田教諭は危険運転により某にラファールを譲るで御座る~」

ブンブンと山田先生を振る。

「やめんか馬鹿者。
貴様はどのISより高性能な白式があるだろうが」
「使えない高性能機より、汎用性のある一般機。
RX-78よりMS-06で御座る。
故に、某、この白式嫌いで御座る。
山田教諭、ラファールを寄越すで御座る」

284: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 15:30:12 ID:x2SgL182
「いい加減しろ、一夏。
次、ワガママを言うと、HDDを粉砕するぞ」
「やめろしwwwwwwwww」

パッと手を離し、千冬姉に向く。
すると、山田先生が落っこちた。

「い、痛いです…」
「すまん wwwwwwwww」
「もう、お前は下がってろ。
取り敢えず、オルコット、凰。
お前等は山田先生と一戦交えてみろ。
二対一だ」

千冬姉が言うと、二人は一瞬キョトンとし、それから苦笑する。
まぁ、普通は、そうだよな。

「私、山田先生と一度戦っていましてよ?」
「私一人でも十分ですよ」

二人はISを展開しつつ前に出る。

「いいからやれ」

285: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 15:48:34 ID:x2SgL182
千冬姉の問答無用の一喝に二人は前に出る。
山田先生はワタワタと二人に頭を下げて、前に出た。
どんだけ、腰が低いんだ、この教師…

「さて、では織斑、山田先生が乗っている機体を説明しろ」
「教科書見ろしwwwwwwww」
「デュノア!
そこのアホの代わりに説明しろ!!」
「は、はい!!!」

千冬姉のブチギレモード。
動きが3倍速くなるよ。
隣のデュノアは俺をチラチラ見ながら説明していく。
要するに、マルチロール機ですって話だ。
ちなみに、ラファール、正式名称は、ラファール・リヴァイヴのモデルは、フランスが独自に開発したマルチロール機のラファールだと思う。
大体、名前からして同じだし。
ちなみに、第4次F-X選定でも出てたけど、絶対談合があったレベルでF-35が優遇されていた。
選定の詳細はF-Xで調べてくれ。
個人的にはユーロファイタータイフーンの器のデカさが好きだった。
でも、F-15SEを今でも押している。
サイレントイーグルたん可愛いよ、ハァハァだからな!

289: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 18:56:20 ID:x2SgL182
そして、英中合同●●●●攻略作戦は見事失敗に終わっていた。
原因としては、相互援護が出来ていない事と、お互いが突出しすぎて、逆に邪魔し合っていたことだろう。
後で反省会だな。

「それじゃあ、実際にISを装着してください」

二人に勝ったのがそんなに嬉しいのか、ドヤ顔の山田先生が言う。
しかも、視線はバッチリこっちを向いており『やるときはやるんですよ、私』と言う顔だ。

「専用機持ちに8人づつ別れろ。
番号順だぞ」

千冬姉が言うと全員がサッと別れた。

「それじゃあwwwwwww
ISを持ってくるがヨロシwwwwwww」

ISを乗せた台車を全員がゴロゴロと運んで行くのを俺は温かく見守った。
こういうのは何事も経験だ。
バイクの免許を取るときも、倒れたバイクを自分で起こすと言う項目があるように、自分の乗るISを持ち運びできない様ではダメだ。

290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 20:54:59 ID:x2SgL182
そして、ISの搭乗と歩行が始まったのだが…

「何故wwwwww
何故立ったままで解除したで御座るかwwwwwwwwww
もう、馬鹿かとアホかとwwwwwwww」
「ご、ごめん、つい…」

1番目の相川清香、ハンドボール部で趣味はスポーツ観戦とジョギングがてへぺろと頭を小突いた。
これが、運転免許なら早くも減点だ。

「まぁ、良いで御座るwwwwwww
ほら、二番目wwwwww」
「あ、うん…
でも、どうやって乗ったら……」
「某が踏み台になるで御座るからさっさと乗るで御座るwwwwwww」

片膝を付き、手を組み、肩を開ける。
そして、ISに背中を付ける。
軍隊式の人間踏み台だ。
G.I.ジェーンでもやってるから興味あれば見てみろ。
ただし、最初は主人公が恋人と風呂でxxxしてるから、見る時は注意しろよ。

291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 21:04:27 ID:x2SgL182
「し、失礼します…」

女子生徒がドキドキとという感じで俺の手に足をかけ、肩に足をかける。
そして、そのままISに乗る。

「うwwwwはwwwwwwww
予想以上に重スwwwwwwww
のほほんさん軽すぎワロタwwwwwwwww
もっとダイエットしろしwwwwwwwwwプギャwwwwwww」

言うと女子か顔を真っ赤にして俯いた。

「さぁwwwww歩くで御座るwwwwww
アンヨが上手wwwww
いちwwwwにwwwwwいちwwwwwwにwwwwwww」

その後は順調に進み、午前の授業は終了した。

292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 21:38:29 ID:x2SgL182
「ほらwwwww
さっさと運ぶで御座るwwwww
自分たちが使った道具は自分たちで片付けるで御座るwwwwww」
「ちょ、ちょっとぐらいは手伝ってくれても…」

8人の内一人がISの乗った台を押しながら言う。

「自分でやれる事は自分でやるwwwwwww
それがwwwww
織斑家の家訓で御座るwwwwwwwうぇwwwうぇwwwwww
ほらほらwwwww
早くしないとwwwwww
千冬姉に殺されるで御座るよwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwww」

女子たちを応援する尻目、他の班を見る。
見ると、デュノアの班はデュノアには力仕事はさせられないと言い、自分たちで運んでいた。
そして、デュノアは俺をじっと見つめている。
なんだろうね、もう。

293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 23:01:21 ID:x2SgL182
そして、昼食。
俺達は屋上にいた。

「取り敢えず、問題はお前で御座るよ、シャルル・デュノア。
いや、シャルロット・デュノア」

屋上には俺、セシリア、箒、鈴、そして、シャルル・デュノアこと、シャルロット・デュノアの5人。

「な、何を言っているんですの?
デュノアさんは男でしてよ?」

セシリアが俺に弁当箱を差し出しながら言う。

「残念ながら、デュノア社の社長には子供はいないで御座る」

言うと、全員が驚いた顔をする。

「居るのは隠し子が一人。
しかも、女子だ。
名前は、シャルロット。
違うで御座るか?」

デュノアを見る。

294: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 23:05:53 ID:x2SgL182
「たった、一日でバレちゃうなんて…」

デュノアは苦笑し、小さく溜息を吐いた。

「そうだよ。
僕の本名はシャルロット・デュノア。
父親の愛人の子供さ。
なんでわかったの?」
「最初、お前が男じゃないと感じたのは歩き方と声の高さで御座る。
それと仕草で御座るな。
男装の訓練をしていたらしいが、詰めが甘いで御座る」
「詰めが甘い?」

デュノアが少し驚いた顔をした。

「そうで御座る」

立ち上がり、上着を脱いで、シャツも脱ぐ。
そして、ズボンの前をあけ、ベルトも緩める。

「な、何をしている!?!」

295: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 23:08:59 ID:x2SgL182
箒が慌てて立ち上がるが、俺はそれを止める。

「まず、服で御座る。
シャツを、着るで御座ろう?」
「う、うん」

シャツを着て、ズボンを上げる。

「ここで、ベルト締めるで御座ろう」
「うん、そうだね」
「で、  ポジを確認するで御座る」

ズボンを少し調節し、  ポジ確認。
お前、嘘だと思うだろ?
だが、それとなく、ズボンを動かしたりするんだよ、殆ど男は。

「ち、  ポジってなんですの?」

セシリアが俺をきょとんと見た。
全員は?という顔をしているので、デュノアだけに教えてやることにした。

297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 23:19:47 ID:x2SgL182
教えられたデュノアは顔を真っ赤にした。

「以後、気をつけるで御座る」
「うん、でも、多分、今後それに気を付ける事はないよ…」
「何故?」
「僕を、報告するでしょ?」
「誰がするで御座るか、メンドくさい。
良いで御座るか、デュノア氏。
デュノア氏が某に迷惑を掛けなければ、某はデュノア氏が男だろうが、女だろうが、どうでもイイで御座る。
と、言うか、それをバラす事で、某、余計に面倒くさい事に巻込まれるで御座る。
故に、他の3人も黙っておく様に。
口外したら、千冬姉より怖いぞ」

箒達がブンブンと首を思いっきり縦に振った。

「そして、デュノア氏。
氏は、男として生活するで御座る。
それと、この学園に籍を置いた以上。
デュノア氏に干渉する国家や組織は存在しないで御座る。
つまり、デュノア氏の罪は3年間は先伸ばすことが出来るで御座る」

298: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 23:25:03 ID:x2SgL182
「そ、そんな事出来るの!?!」
「出来るできないじゃない。
校則にそう書かれているで御座る。
特記事項の第21項だった筈で御座る。
後で、自分の目でも確認するで御座る」
「あんた、ホント、なんでも知ってるわね…」

鈴が呆れた顔で俺を見る。

「なんでも知っては居ないで御座るwwwwww
知っている事しか知らないで御座るwwwwwww
さて、問題その1が解決した所でwwwww
鈴殿とセシリア女史はスーパーお説教タイムで御座るwwwwwうぇwwwうぇwwwww」

持ってきたノートと筆箱を広げる。
鈴とセシリアがヒィィと逃げようとしたので、すかさず捕縛。

「山田教諭に負けるとかwwwwwwww
糞で御座るなwwwwwwwwwうぇwwwうぇwwwwwww
専用機wwwwwwwデュフwwwデュフフwwwwwww
返却してこいで御座るwwwwwwwプギャァwwwwwww」

299: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 00:00:09 ID:tf/PveeQ
その後、午後の授業が始まるでみっちりと二人の為に、対山田先生用戦術を練った。
そして、午後の授業も終わり、俺の部屋。
部屋にはデュノアと俺。
それに箒、セシリア、鈴の三人も居た。

「うはwwwwktkrwwwwwww」

俺は部屋に届いた箱の梱包を丁寧かつ慎重に開いていく。

「なんですの?」
「どうせ、ゲームだろう」
「え、●●●なのはダメだからね!!」

3人がデュノアを見張りつつも、興味津々という顔で、俺の箱を覗く。

「違うで御座るwwwwww
今wwwwww回wwwwwww届いたのはwwwwwwwww」

ドルルルルルと口でドラムロールをして箱の中に入っている箱を取り出す。

300: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 00:09:07 ID:tf/PveeQ
「デデーンwwwwww
東京マルイ製wwwwwww
ナイトウォーリアたんで御座るwwwwwwwデュフwwデュフフwwwwww」
「なんですのそれ?」

セシリアが怪訝そうな顔をして俺を見る。

「東京マルイが作ったwwwwwww
MEUピストルの派生型で御座候wwwwwww
その中でも、夜間戦闘をモデルとし、ネイビー寄りのMEUwwwww
グリップはガナーグリップで滑り止め抜群wwwwwww
サイトもノバック社製のサイトを装備wwwwww
トリガーは3ホールのアルミ製wwwwww
実にwwwww
可愛いで御座るwwwww
美しいで御座るwwwww
綺麗で御座るwwwww」

4人にほれほれと見せるが、反応はイマイチだ。

301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 00:16:57 ID:tf/PveeQ
「ただの玩具じゃないのよ。
バカバカしい」
「よくできた玩具ですわね」
「くだらん」

3人がバッサリと切り捨てやがった。

「某、怒ったで御座る~
チョー怒ったで御座る~
今日は返さないで御座る~
4人には一晩中ガバメント系の素晴らしさをお説教するで御座る~
故に、覚悟するで御座る~
取り敢えず、ガバメント系が出来た経緯を話すで御座る~
そこに正座するがよろし。
拒否権はないで御座るよ、デュフ、デュフフ」

4人をベッドの前に正座させる。
デュノア以外の3人はバッと正座し、デュノアは取り敢えず、という感じで正座した。

307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 17:58:22 ID:tf/PveeQ
それから数日間実に平和に過ごした。
実に平和だ。
そして、土曜日。
ゆとり教育が終了し、土曜日の授業が復活した。
まぁ、半ドン、つまりは午前だけなので良いのだが。
余談ながら、ゆとり教育が終了し、詰め込み教育に戻って来たが、この周期は基本的に学習指導要領が改訂される大体10年ごとに方針転換される。
つまり、また10年経てば、振り子の様に、ゆとり教育に向かうと思っている。
まぁ、そんな事はどうでも良いのだ。

「ではwwwwwww
デュノア氏wwwwwwww」
「あ、うん。
僕から一夏に言える事はもう無いよ、本当に」

デュノアが苦笑し、答えた。

「それよりも、凰さんやオルコットさんの方が問題かな~
二人共、自分の機体の長所が全然生かせてないよ?」

308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 18:08:56 ID:tf/PveeQ
「あ、貴男方がそれをさせないように動いているんじゃないですの!!」

セシリアが何を言うと顔で言う。

「そうで御座るなwwwwwww
やはりwwwwww
某の作戦は完璧で御座るwwwwwwwポコォwwwwwww
箒殿とデュノア殿が組んでも勝てるで御座るwwwwwデュフwwwデュフフwwwwwww
それよりwwwww
某wwwwww
デュノア氏の様に銃が欲しいで御座るwwwwww」
「え、じゃあ、撃ってみる?」

デュノアがどうぞと俺にライフルを差し出す。

「うはwwwwww撃てるのかよwwwwwww」
「ああ、えっとね、僕の方で一夏に使用権限を一時的に与えてるからね」
「よし、デュノア。
それ、俺に毎回やれ。
ガチでやれ。
俺も射撃武器欲しい」

そんな裏技があったとは…
俺もまだまだ勉強不足だな…

309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 18:15:05 ID:tf/PveeQ
「おい、素が出てるぞ」

箒が呆れた顔で俺を見る。
おお、あぶねぇあぶねぇ…

「では早速wwwwww」

銃を構え、撃とうとした時、周囲がざわつき始める。

「何ぞwwwww」

見回すと、少佐殿が居た。
見たこともないISを纏って。

「あれはドイツの第三世代ISで御座るな…」
「まさか!
まだ、トライアル中だという話ですわよ!!」

セシリアが驚いた顔で言う。
まぁ、どうでも良いけど、面倒事には巻き込まれたくないね。
もっと、端っこに行こう、うん。

310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 18:20:44 ID:tf/PveeQ
「おい」

少佐殿からオープンチャンネル。
おっと、手が滑ってチャンネルを切っちまったぜ…
時々あるよな、電話してて、間違って変なボタン押して通話切れたりすること。
そんな感じ?

「取り敢えずwwwwww
某これを撃つで御座るwwwwww
故にwwwwww
故にwwwwww
もっと端っこに行くで御座るwwwwwwwww
行くで御座るよwwwww
眼帯クソちびに因縁つけられる前にwwwwwwww」

全員の肩を押して、ずいずい行く。
もう、ズイズイずっころばしごま塩ずいレベルだ。

「貴様!!
私を無視するというか!!」

311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 18:31:21 ID:tf/PveeQ
「そう言ってるで御座ろうが、少佐殿。
なんなら、ホルスト・ヴェッセルでも歌うか?
Die Fahne hoch!
die Reihen dicht geschlossen!
S.A. marschiert
mit mutig-festem Schritt」
「い、一夏!!」
「一夏さん!!」

セシリアとデュノアが慌てて俺の口を塞ぐ。

「貴様…
今一度、貴様という男と一戦交えねばならぬようだな……」
「Kam'raden die Rotfront
und Reaktion erschossen
marschier'n im Geist
in unsern Reihen mit 」

すると、ジャキンと少佐殿の肩に担いだ大砲が伸び、弾が発射される。

315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 20:32:44 ID:tf/PveeQ
「んのバカっ!!!」

咄嗟に俺と少佐殿の射線軸上に居たシャルロットを突き飛ばし、代わりに、弾丸を切り落とす。
やってみるもんだな、出来たぞ、コラ。

「オーライ、普段なら売られた喧嘩は買わない主義だが。
人の命に関わる自体なら、話は別だ。
テメーは俺を怒らせた。
デュノア、ライフル借りるぞ」

左手に雪片二型を取り出し、右手にライフルを持つ。

『そこの生徒n「黙れ」

スピーカーに一発弾丸をぶち込み、少佐殿に向かう。

「オラ、ボッシュ。
とっと来いよ。
テメーの脳味噌はフリッツみてーにツルツルじゃねーんだろ?
勝算あっての行動だろう?
ちょび髭伍長みてーに扉蹴破れば家全体が崩れるとか思ってねーよな?」

316: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 20:41:28 ID:tf/PveeQ
「その口二度と聞けないようしてやる!!!」

少佐殿が再び、肩の砲の照準を合わせる。

「死ねぇ!!」

瞬間、右に一跳躍。

「なッ!?!」
「SS marschiert in Feindesland
Und singt ein Teufelslied
Ein Schutze steht am Oderstrand
Und leise summt er mit
Wir pfeifen auf Unten und Oben
Und uns kann die ganze Welt
Verfluchen oder auch loben,
Grad wie es ihr wohl gefallt」

親衛隊は敵地を進むを歌ってやる。
少佐殿は益々顔を真っ赤にし、右肩にも大砲を展開した。

317: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 20:48:39 ID:tf/PveeQ
両肩に大砲で、その場に固定砲座。
左右正面に大型のシールドだ。
砲戦タイプだな、ありゃ。

「ヘッ、ガンタンクってか?
なら、俺はグフカスだな」

赤い信号弾を打ち上げられないのが残念だ。
震える山は感動したね。
正直、ノリスとグフカスのコンビがガンダムシリーズで最高に好きだ。
次に、ランバ・ラルと白兵戦だな。
ジ・オリジンのラルが大好きだ。

「怯えろっ!!!
竦めっ!!!!
ISの性能差を生かせぬまま死んでゆけっ!!!!!」

地面を走破する。

318: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 21:00:13 ID:tf/PveeQ
少佐殿がニヤリと笑っている。
そして、右手が微かに動く。

「今っ!!!」

地面をドンと飛び、砲弾を避ける。

「すばしっこい奴が!!
サルめ!!!」
「そのサルに倒されるお前はジャガイモか!」

地面にライフル弾を叩き込む。

「煙幕のつもりか?
そんなもの高感度センサーで…」
「一つ!!!」

一気に左側面のシールドに近づき、零落白夜で切り落とす。

「なっ!?!」

瞬時加速ってのは便利だなぁ、えぇ?

319: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 21:14:25 ID:tf/PveeQ
「クソっ!!!!」

少佐殿は咄嗟に左手を俺に向ける。
コイツは、危ないな……
ライフルを構えバースト。

「えぇいっ!!」

少佐殿は咄嗟に手を引っ込めて顔を隠す。
人間の反射だな。
愚か者め。
俺はそのまま少佐殿の後方に逃げるように走り抜ける。

「後ろに回って勝ったつもりか!!」

今度は肩から何か射出した。
ミサイル?

「否っ!!」

ワイヤーが付いた何かだ。
有線式ミサイルっぽいが、微妙に違うな。
俺を掴みに来る気だ…

320: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 21:20:00 ID:tf/PveeQ
テメーはジオングか?
足あるけど。
なら、パーフェクトジオングだな。

「足なんて飾りですよ。
偉い人にはそれが分からんのです」

大きく弧を書くように移動していたが、一気に、足を蹴り、少佐殿の右側面にイグニッション・ブースト。

「チィィッ!!!!」

これで左右の装甲板は消えた。

「ふん、他愛ない」

そこで、動きを止めてライフルをデュノアに投げる。

「弱い者イジメは詰まらん。
千冬姉に1年間指導して貰ってその程度なら、もう、IS乗るな。
千冬姉の名前をそれ以上汚すな、フリッツ」

雪片二型を収納し、ISを解く。

「帰るで御座るよwwwwwww」

326: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 22:23:33 ID:tf/PveeQ
「ま、待て貴様!!!
まだ、話は終わっていないぞ!!!」
「終わったよ。
何もかもが。
お前は、俺には勝てない。
俺は、お前には負けない。
格闘用武器しかない俺が、射撃系武器のあるお前に勝った時点で、お前は俺に勝てない。
何故なら、お前は自分のISの優位点を見い出せていない上に、理解出来ていない。
所詮、お前はその程度なんだよ。
特殊部隊だか何だか知らんが、所詮その程度だ。
分かったか、小娘。
次 俺と俺のダチに手を出したら、殺 す か ら な」

少佐殿に振り返り、睨み付ける。

「い、一夏!
早く行こう!!」
「それと、口調が戻ってるぞ!!」

デュノアと箒が俺を担ぐとそのままピットに逃げるようにして走っていった。
鈴とセシリアはISを纏って飛んでくる教員達を宥めに掛かった。
うむ、後で千冬姉に呼び出されるな、こりゃ。

328: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 23:01:51 ID:tf/PveeQ
その夜。
案の定、千冬姉に呼び出された。

「頼むから、問題を起こさないでくれ」
「俺が問題を起こすのではない。
問題が俺の方にやってくるのだ」

殺気を感じ、真剣白刃取り。
黒い悪魔、出席簿が俺の手に収まっている。
千冬姉は何時も持ち歩いているのか、出席簿?

「可愛くないヤツだな、お前は本当に!」
「褒めても何も出ないぞ」
「こんな事なら、自衛隊の知り合いなんぞ紹介するんじゃなかった」
「後悔先に立たずってな」

そう、俺は誘拐されたあと、千冬姉の知り合いだった(どういう知り合いかは不明)の自衛隊の偉い人に頼み、みっちりと訓練をした。
何の訓練かと言うと、簡単に言えば、自分の身を守る方法だ。
俺のせいで、千冬姉が世界大会を2連覇できなかったのだ。
つまり、俺と言う負い目があったから、千冬姉に迷惑をかけてしまった。
だから、俺は千冬姉の負い目にならないように、自己鍛錬を重ねたわけだ。
おかげで、自衛隊の徒手格闘は大体できるんだぜ?
みんなには内緒だけど。
これを知っているのは俺と、千冬姉、そして、弾だけだ。

329: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 23:06:59 ID:tf/PveeQ
「まぁ、良い。
なんであんな事したんだ。
お前は『植物人間のように生活したい』が夢じゃなかったのか?」
「いや、なんだよそれ。
なんでベッドの上で意識無いんだよ。
『植物のように平穏な生活をしたい』だよ」
「なんでも良い。
ともかく、それを望むお前らしくないじゃないか、特に最近」

千冬姉がハァと溜息を漏らし、コーヒーカップを二つ、俺と自分の分を置く。

「俺らしくないって言うか、俺はそもそも、この学校にいるべきじゃない。
確かに、千冬姉が何やっているのか分かったのは嬉しいけどさ。
日常生活がずれる。
千冬姉は料理洗濯掃除全てにおいて不可レベルの成績だからさ。
せめて「私の話はいいと言っているだろうが」

千冬姉が飲み掛けていたコーヒーを吹き出す。
汚いな……

330: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 23:13:38 ID:tf/PveeQ
「この際言わせて貰うけどな千冬姉。
俺が結婚して家を出ることになったらどうするつもりなんだ?」
「安心しろお前に付いて行く」
「おいこら姉。
貴様姉としての威厳はないのか!!」

なんたる堕落者…

「威厳で飯が食えるか馬鹿者」

え、なんでこんなに偉そうなの?
馬鹿なの?
ねぇ、馬鹿なの?

「取り敢えず、自分で料理ぐらい作れるようになってくれ…」
「作れるぞ」
「熱湯入れて3分待つのは料理じゃないからな」
「なっ!?」

馬鹿言うなという顔で俺を見る。

331: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 23:20:48 ID:tf/PveeQ
「まぁ、良い。
これ以上千冬姉に家庭的作業を期待する事は不可能だと判明した」

どれぐらい不可能かって言うと、宇宙服無しで船外活動する並に不可能だ。

「失礼な奴だな」
「そう思うなら野菜炒めぐらい作れるようになってくれ」
「なぜ私がそんな事をしなくては成らない」

ブン殴りてぇぇ……

「まぁ、良い。
お前に構っていると話が進まん。
それで、今日の騒ぎの原因は」
「あの少佐殿のせいだな。
今度会ったら挙手式敬礼してやる」
「やめろバカ」
「そして、ハイル・ヒトラーって言って、ドイツ万歳耳元で歌ってやるつもりだ」
「死ねバカ」

332: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 23:26:49 ID:tf/PveeQ
「ダー!!
話が進まん!!
お前は私の質問以外に発言するな、一夏!」
「だが、断る!
この織斑一夏の最も好きな事の一つに『自分より強いと思っている奴にNOと言ってやる事』がある!!」
「お前、その性格さえ直せば、お前の望む生活が出来るだろうよ」

干冬姉が溜息を吐くと背凭れに凭れかかった。

「兎も角、ラウラは弱い。
お前の様に誰もが強いわけじゃないんだ。
そう、イジメてやらんでくれ。
アイツは私の初めての教え子でもあるんだから」
「はぁ~……」

今度はこっちがため息を吐く番だった。

「わかったよ、千冬姉。
でも、きっちり報酬は貰うぞ」
「如何わしい物はダメだぞ」
「ちげーしwwwwww」

333: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/05(木) 23:31:18 ID:tf/PveeQ
翌朝。

「清々しい朝だな!
起きろデュノア」

未だ寝ているデュノアをベッドから放り出す。

「い、痛いよ一夏…」

デュノアが寝ぼけた顔で俺を見る。

「さぁ、ジャージに着替えるで御座るwwwwwww」
「今何時……?」

デュノアがゴソゴソと脇の時計を見る。

「ま、まだ5時じゃないか!?」
「そうで御座る。
さっさと起きてジャージに着替えるで御座る」
「な、なんで!?」
「ランニングで御座る」
「えぇぇ……」

334: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 01:48:05 ID:Igapk99U
その後、朝の8時まで素晴らしい運動。
もちろん、デュノアも共に。

「さぁwwwww朝食だwwwwww」
「ちょ、ちょっと休ませて……」
「ダメなのですwwwwwww
朝食が済んだらwwwwwwww
今度はISの練習で御座るwwwwwww」
「……」

デュノアの口からなんか白い変なのが出てる。
気のせいだな。

「朝食はたっぷり食べるで御座るwwwwwww
ご飯は丼に山盛りwwwwwwwwうぇwwうぇwwwwwww」
「そ、そんなに食べれないよ、僕!?!?!」
「デュノア氏、世の中にはたった一つのパンすら食べれずに死んでいく子供もいるんで御座る。
氏は、腹が減ればいつでも食べ物を食べたい時に食べれる……
そんな幸福を、自ら放棄すると言うので御座るか?」
「何いいこと言ってる風にまとめてるの!?!」

336: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 01:58:54 ID:Igapk99U
デュノアが俺を見てショックを受けた顔をする。

「いや、実際いいこと言ってるで御座るからwwwwww
さぁ食えwwwwwwww
食って食って喰い尽くせで御座るwwwwwwwwポコォwwwwwww」
「さっさ退け、邪魔だ」

背後で少佐殿が何か言っているが気にしたら負けだと思う。

「デュノア氏wwwwww
魚を食べるで御座るwwwwwww
この時期は鱸が旨いで御座るwwwwwwwww
味噌汁も飲むで御座るよwwwwwwww」
「退けと言っているだろうが!」
「うっせーよ、無能。
ザワークラウトと蒸し芋でも食ってろボッシュが」

少佐殿の皿にマッシュドポテトとキャベツの千切りを山盛りに乗せてやる。

337: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 02:07:01 ID:Igapk99U
「貴様ぁっ!!」

少佐殿がトレーを放り投げ用としたので、それを掴む。
そして、左手で、少佐殿の首を締め上げる。

「おばあちゃんが言っていた…

『食べ物を粗末にする奴は死ね』

と」
「は、離せ……」

かろうじて呼吸ができる程度に締めているがそれでも声を出せるのが軍人といったところか。

「おばあちゃんが言っていた…

『Yes.Lolita No.Touch』」

思いっきり触ってんじゃん、デュノアが呟いたが、気が付かなかった事にしよう。
俺はTwitterはやっていないんだ。

342: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 09:10:25 ID:Igapk99U
「千冬姉はお前に優しくしろと言っていた。
だから、この程度にしてやる。
だが、俺はお前を許さんぞ。
結局、お前は自分の力じゃ何も出来ないんだ。
人は強くないと誰かが言った。
だが、強くなろうと思うことは出来る。
お前はその方向が違うんだ。
お前はどこに行きたい?
お前は何になりたい?
お前の目標はなんだ?
お前の目的は何だ?
お前にとって自分とは何だ?
俺の質問に答えれるように成った時。
初めてお前は強くなれるんだ。
今のお前はただ吠えているだけの野良犬だ」

手を離し、トレーを差し出す。

「お前が本当に強くなりたいなら、やるべき事はもう見えているはずだ」

343: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 09:17:15 ID:Igapk99U
「貴様にっ!!!」

少佐殿がトレーを叩き落とし、俺を睨む。

「貴様に私の何が分かると言うっ!!!!
偉そうに説教を垂れて聖人気取りか!
お前の様な「黙れよ」
「っ!」
「もう良い。
お前に期待した俺がバカだった。
今度の学年別トーナメント。
俺はお前を徹底的に叩きのめす。
死んだほうがマシと思うレベルに叩き潰す。
お前のその腐ったプライドと思い上がりを叩き潰す。
千冬姉の教えをなんにも引き継いじゃいねぇ。
お前は千冬姉の経歴に傷を付けるクズだ。
デュノア、部屋で食べるぞ」
「う、うん……」

脇で様子見をしていたデュノアを連れて食堂を出た。

344: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 09:27:49 ID:Igapk99U
 
「い、一夏」
「何で御座るwwwwww」
「あれは、やりすぎじゃないの?」

俺とともにちょっと遅めの昼食をとっているデュノアがおずおずと言う。

「どこが?
本来なら、トレーを叩き落した時点で、ボッコボコにぶん殴って二度と人の前に出れない顔にしてやっていたぞ、何時もの俺なら。
干冬姉がアイツに優しくしてやれって言ったから、俺はあの程度で済ませてやったんだ。
取り敢えず、トーナメントは俺とお前で出るぞ」
「ふぇ!?」
「お前は汎用性が利くから柔軟な戦略が練れる。
取り敢えず、お前の武器を全て教えてくれ。
あと、今日からお前をシャルと呼ぶ。
咄嗟の時にはそっちのほうが呼びやすい」
「う、うん!
わかったよ!!」

345: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 09:35:39 ID:Igapk99U
それから学年別トーナメントまで俺とシャルは特訓を続けた。
シャルの殆どの武器を俺に使用許可権限を発行して貰い、俺も射撃武器が使える様に成ったので、更に戦略の幅が広がった。
また、途中、セシリアと鈴が少佐に喧嘩を売られ、ISが大ダメージを受けたらしい。

「何やって居るんで御座るwwwwwwww」
「う、うるさいわね!!
あのドイツ人が喧嘩を売ってきたのよ!!」

慌てて駆けつけた時には、二人は保健室で寝ていた。

「そ、それに途中で教師達が割って入らなければ、私共が勝っていました!」

そう、俺と少佐が大立ち回りをして以来、アリーナでは生徒同士が許可なく模擬戦を始めるとISを装備した教員がそれを監視、危なそうな場合には止めに入るらしい。
そして、その日の当番は、山田先生と千冬姉。
凄まじかったらしい。
と、言うか、千冬姉の場合、IS用の格闘用ブレードを生身でもって割って入ったとか。
ISってなんだっけ?

349: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 15:39:39 ID:Igapk99U
「負け惜しみをwwwwwww」

二人の肩をつつくと二人がピキーンと凍りつく。
3時間ぐらい正座した後、その足を指でちょんとした感じだ。

「あ、あんだねぇぇぇ……」
「覚えていらっしゃいよぉぉぉ……」
「ジッとしてろしwwwwwwwww
二人共ついカッとなってやったんで御座ろうwwwwwwww
その癖直したほうがいいで御座るよwwwwwww
それとwwwwww二人はこれを読んでパートナーの大切さを勉強するがよろしwwwwwww」

二人にエーリヒ・ハルトマンの本を渡す。

「なにこれ?」
「誰ですのこの方?」
「イイから読めしwwwwww
そして、勉強しろしwwwwwww」

二人に見舞いの品を渡し、保健室から出る。
今更ながら、保健室っていうか病院だよなここ。
まぁ、確かに、ここIS学園はどこの国の領土でもないから、できる限り、学園内で処置出来る事はやっちまおうって考えなんだろうけどさ。

352: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 20:45:37 ID:Igapk99U
途中、廊下に対戦者が発表されて居り、俺とシャルは運が良く、第一回戦目に少佐と戦う事になった。
運が悪いのは少佐とコンビを組む事と成った箒だろう。

「箒と少佐か……
シャル氏wwwwww」
「う、うん」
「シャル氏は箒殿を片付けてくれで御座るwwwwww
某は大隊指揮官殿をやるで御座るwwwwww」
「や、やるって…」

『殺る』って文字じゃないだけ感謝して欲しいね。

「箒殿には申し訳ないがwwwwwww
箒殿の搭乗ISは打鉄で御座ろうwwwwwww
シャル氏のラファールのカス2に比べりゃ雑魚で御座るwwwwwww」
「か、カスツーって、何か嫌な略称だな…」
「カスターみたいで格好良いで御座るwwwwwwww
第7騎兵隊で御座るwwwwwww」
「そ、それぐらいは知ってるよ。
でも、彼、途中で戦死したよね?」

シャルがオズオズと言う。

353: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 21:00:38 ID:Igapk99U
「ネタバレ乙wwwwwww
伊達男wwwwwwうはwwwwww
シャル氏wwww伊達男で御座るwwwwwwww
女子をとっかえひっかえwwwwwwwwうぇwwうぇwwwwwwwww」
「そ、そんな事していないじゃないか!?」

シャルが慌てて、俺をポカポカ殴る。
周囲の女子がマァマァマァと近所のおばちゃんというか、家政婦は見た状態になっている。
お前等、他人のスキャンダル話すと打撲とかの報い受けるぞ。
家政婦は見たじゃ、市原悦子は包帯巻いてるからな。

「部屋に戻るで御座るwwwwww
作戦を立てるで御座るよwwwwwwww」
「あ、うん、もう!
ちゃんと誤解だって言っておいてよ!?」
「何wwwをwwww言wwwwwwwwwうwwwwwwwかwwwwwwww
昨晩だってグェ」

脇腹を殴打された。

「暴力反対で御座るwwwwwwwwプギャァwwwwwwww」

354: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/06(金) 21:11:00 ID:Igapk99U
そして、大会本番。

「さて、シャル」

隣でISスーツの最終チェックを行っているシャルを見る。

「うん!」
「徹底的に叩きのめすぞ」
「う、うん!」
「よーし!
出陣!!」

そして、ゲートが開き、ピットに選手入場。
その場にいた担当教員からルールの最終チェックを受ける。
ISを展開して、フィールド中央に向かう。
周囲からは歓声が上がり、フラッシュが舞う。
直ぐに『写真撮影の際、フラッシュを炊くのはお止め下さい』とアナウンスが入った。

「よぉ、箒。
今日は厄日だな」
「煩い、黙れ」

釣れないなぁ~

357: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 01:52:39 ID:woyhd0tE
まぁ、良い。
問題は、箒じゃない。
その隣の、少佐だ。

「そっちの眼帯の調子はどうよ?
年中生理みたいな顔してるけどよ」
「一夏、下品だよ」

シャルが俺を軽く睨む。

「下品?
シャル。
下品ってのは、相手と自分に“品”って感覚が通用する場合に使うんだぜ?
あの屑にゃ、到底『品』が有るとは思えん。
向こうに品がないのに、なんで俺が品を気にしにゃならんのだ?
えぇ?」

雪片二型を肩に担ぎ、シャルを見る。

「それじゃあ、箒を頼んだぜシャル。
おい、ナチ野郎。
お前の相手は俺だ。
お前を倒すのも俺だ。
Are You OK?」
「その言葉、そっくりそのまま貴様に返してやる」

少佐が俺を親の敵のように睨み付けた。

359: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 02:24:11 ID:woyhd0tE
そして、カウントが始まり0になる。
同時に、シャルが俺に、デザート・フォックスなる機関銃を寄越す。
砂漠の狐…
これでドイツ人を撃つ事に成るとはなんたる皮肉。
しかし、これもまた、シュタインズ・ゲートの導きか…

「機関銃を手に入れた程度で貴様の行動は既に把握済みだ!!」

少佐は肩のカノン砲を撃ちながら交代していく。
箒は格闘しかないので、そのまま一番近い俺に突っ込んでくるが、少佐の砲撃に慌てて離脱していく。

「エーリヒ・ハルトマンとはえらい違いだ。
貴様のような屑は生きている価値もない。
軍人の恥だ」

俺に飛んでくる砲弾は全て雪片弐型で叩き落としてやる。
正直、実弾で有難い。
鈴のような目に見えない弾はモニター越しで見ないといけないから反応が少し遅れるのだ。
まぁ、コンマ程度だが。

「箒の相手はシャルだ」

なおも俺に斬りかかってこようとする箒と切り結び、蹴飛ばす。
その場に、砲弾が唸りを上げて着弾する。

360: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 02:29:56 ID:woyhd0tE
「何をする!!」

さすがの箒も少佐を見るが、少佐自身はまるで箒は初めから居ないかのように無視している。
最悪だ、最悪。

「箒、マジで退いてろ。
邪魔だ」
「っつ!?」

箒が慌てて俺から離れ、シャルの方に下がる。

「ゴメンね、篠ノ之さん」
「い、いや、構わない…
今のあいつは、下手をすれば千冬さんを超えるぞ…」

二人が何かを話しているが、今は、目の前の屑を殺すことに専念する。
コイツはもう、ダメだ。

362: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 02:57:38 ID:woyhd0tE
軍人云々、俺に対する固執云々、千冬姉に対する云々。

「もう、お前はダメだ。
人間として終わってる。
千冬姉にゃ悪いが俺はもう、お前を許す事は出来ない」
「フン、誰がお前に許しを請うか」

肩のカノン砲がウザイ。
右手が動いた瞬間を狙って、左手の機関銃を撃つ。
しかも、重機関銃だ。
ISの銃器はよくわからん。
61口径とか55口径とか。
パーカッション時代の拳銃やライフルみたいな口径をしていやがる。
実際の銃器は20mm以上を機関砲と言うが。
ちなみに、50口径は12.7mmだ。
で、シャルが撃ってるライフルは55口径、つまり13.97mm。
四捨五入で14mmだ。
規定の20mmや12.7mmじゃダメだったのか?
個人的には20mmや25mm、40mmでもいいと思う。
ちなみに13mmは旧日本軍が規定した2000m以下を飛ぶ航空機及び戦車に損害を与えることができる口径として採用していた。

363: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 03:16:21 ID:woyhd0tE
そして、俺の持っているロンメルは59口径。
14.986mm、つまりは15mmである。
クズの肩についてるのは口径の大きさ不明だが、少なくとも20mm以上はある。
つまり、ロンメルの弾丸はあの中に入るわけだ。

「直線に突っ込んでくるとは…
貴様の戦術は素人だな!」

クズは案の定、砲口を俺に向ける。
実弾系、ビーム系問わず、砲身がある兵器は照準云々の前に、まず、砲口を敵に向けねばならない。
しかも、カノン砲は基本的に間接砲撃用だ。
つまり、直接照準用には出来ていない。
直接照準が“出来る”のと直接照準“専用”とは全く違う。
そして、前者がカノン砲。
後者が俺のロンメルだ。

「照準が甘いぞ!!
クソボッシュが!!!!」

そして、砲が光ると同時に、俺もトリガーを引く。

「なにぃっ!?!」

クズの乗るIS、シュバルツア・レーゲンの右肩を含めた外部装甲が吹き飛ぶ。

364: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/07(土) 03:21:33 ID:woyhd0tE
「砲口に弾丸を叩き込んでやった。
これで、お前は砲撃出来まい、えぇ?」
「このぉおぉおぉぉぉ!!!!!」

ボッシュはドンと前に飛び、一気に加速してくる。
肩から例のワイヤーを射出してきた。

「シャル!」
「お待たせ!」

飛んできたボッシュの背後にシャルが現れる。

「後ろだと!?
あいつは!?」
「負けたに決まってんだろうが、ボケ!」

その場に踏みとどまり、零落白夜を起動。
シュヴァルツェア・レーゲンにはAICと呼ばれる、動きを止める事ができる能力があるらしい。