2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:44:17.65 ID:xoKC4ELPO
海未「は?なにを言っているんですか、希は」

希「嘘じゃないんやって!ほら!」

えりちか「うみ、あのね、えりちかね、おなかへったの!」

海未「グッハァッ!!」

ことり「海未ちゃん!大丈夫!?」

海未「あれは反則です……あの容姿で無垢な瞳を……ついうっかりやられるところでした……」

にこ「もう十分やられてるじゃない……」

真姫「で?なんで絵里はこうなっちゃったわけ?」

希「それが朝な……」

引用元: 希「えりちの精神年齢が3歳になってもうた!」えりちか「えりちかおなかへった!」 

 

秋のあなたの空遠く
秋のあなたの空遠く
posted with amazlet at 14.11.15
lily white 園田海未(三森すずこ) 三森すずこ 星空凛(飯田里穂) 飯田里穂 東條希(楠田亜衣奈) 楠田亜衣奈 新田恵海 南條愛乃
ランティス (2014-11-26)
売り上げランキング: 14
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:45:49.00 ID:xoKC4ELPO
通学路・早朝
希「あ、えりち~!おはよ~!早いんやね!」

絵里「あら希、おはよう」

希「ん~?」

絵里「どうしたの?」

希「えりちなんか悩んでる?」

絵里「え!?どうして!?」

希「いや、なんとなく雰囲気がいつもと違うなーって」

絵里「…………希には隠し事できないわね」

希「毎日一緒におんねんもん、わからんわけないやん♪それにカードも、友人の悩み事に注意ってでてたし!」

絵里「ハラショー……そのカードはなんでもわかっちゃうのね!」

希「スピリチュアルやからね!で、えりちはなんで悩んでんの?」

絵里「うん、まぁ悩みってほどの悩みじゃないんだけど、今度のライブでするダンスあるでしょ?」

希「うん」

絵里「絶対同じところで間違えちゃうのよ」

希「あー、たしかにあの曲ダンス難しいもんな」

絵里「いえ、私の練習不足よ……」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:46:50.70 ID:xoKC4ELPO
希「えりち」

絵里「うん?」

希「気にし過ぎたら逆に悪くなるよ、肩の力抜いて!」ギュッ

絵里「希……」

?「ソウデース!リラックス、リラックス!」

希・絵里「誰!?」

?「オーゥ、ワタシトシタコトガ自己紹介ガ遅レテイマシタ、私ハどいつデスポーツ医学ヲ研究シテマス、ダイジョーブ博士デース!」

絵里「胡散臭い名前ね……」

ダイジョーブ博士「人ノ名前ヲ胡散臭イトハ失礼ナ!レッキトシタ名前デース!」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:48:24.28 ID:xoKC4ELPO
希「えりちあかん!はよ行こ!」

絵里「え、ええ」

ダイジョーブ博士「金髪のアナタ、ダンスガ上手クイカナイト言ッテマシタネ」

絵里「そうだけど……」

希「えりち!」

ダイジョーブ博士「スポーツ医学ノ進歩ハスゴイデース!アナタノ悩ミ、ワタシガ解決シマショウ!」

希「ダイジョーブ博士やっけ?アンタ怪しすぎるわ!絶対だめやで、えりち!」

ダイジョーブ博士「胸ニ無駄ナ贅肉ヲツケテルアナタハ黙ッテテクダサーイ!」

希「贅肉って……思いっきりセクハラやん!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:49:48.83 ID:xoKC4ELPO
ダイジョーブ博士「ソウデスネ……デハ、ワタシガスポーツ医学ノ権威デアルトイウコトヲ証明シマショウ!」

希「ふーん、おもしろいやん?そこまで言うんやったら見せてもらうで!」

ダイジョーブ博士「デハマズ……金髪ノアナタ、小サイ頃ニモダンス、モシクハソレニ近イコトヲシテイマシタネ?」

絵里「な、なんでそれを!」

希「えりち、この人初めてあったんやよね!?」

絵里「もちろんよ!こんな特徴のある人忘れるわけないじゃない!」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:50:43.60 ID:xoKC4ELPO
ダイジョーブ博士「ダイジョーブデース、ケッシテストーカートカソウイウノデハアリマセーン!」

希「じゃあなんでわかったん!?」

ダイジョーブ博士「フフフ……ワタシクライニナルト筋肉ヲ見タダケデナンノスポーツヲシテイタカワカルノデース!」

絵里「ハラショー!!この人すごいわ!希!」

希「う、う~ん……認めたくない……」

ダイジョーブ博士「ソシテ贅肉ノアナタ!」

希「贅肉言うなー!!!」

ダイジョーブ博士「腕ヲヨク使ッテイマスネー、ソウデスネ……コレハ掃キ掃除ナド頻繁ニシテイマスネ」

希「な!」

絵里「す、すごいわ!」

ダイジョーブ博士「図星デスカ?フフーン!ワタシウソハツキマセーン!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:52:02.37 ID:xoKC4ELPO
希「認めなあかんみたいやね……」

絵里「で?どうやって治してくれるのかしら?」

ダイジョーブ博士「簡単ナ手術ヲシマース」

希・絵里「手術!?」

絵里「手術なんて聞いてないわ!それに今私には手術を受ける時間もお金もないし……」

ダイジョーブ博士「ダイジョーブデース!手術ハ一瞬デース!始業マデニハ間ニ合イマース!オ代モイリマセーン!」

絵里「それなら……」

ダイジョーブ博士「実験体デスカラ……」ボソッ

希「なんか言った?」

ダイジョーブ博士「イエ!サアサア、ソウト決マレバ早速イキマショウ!」グイッ

絵里「え、あ、ええ……」

希「心配やから私も付いていく!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:53:19.60 ID:xoKC4ELPO
ダイジョーブオフィス手術室
希「意外としっかりしたとこやねんな」

絵里「そうね、ちょっと安心したわ」

ダイジョーブ博士「ゲドーくん!手術ノ準備ヲ!」

ゲドーくん「ギョギョ」

絵里「ひっ!お、お化け……!」

ゲドーくん「ギョー!!ギョギョ!ギョギョギョ!」

希「な、なんなん急に!?」

ダイジョーブ博士「フムフム、ゲドーくんハオバケト言ワレタコトガ嫌ダッタミタイデース」

絵里「でも見た目が……」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:54:22.94 ID:xoKC4ELPO
ダイジョーブ博士「ソンナノ今ハ関係ナイデース!サア!ココニ寝テクダサーイ!」

絵里「わ、わかったわ……んしょ、これでいいわね?」

ダイジョーブ博士「イイデショウ、ソレデハ贅肉サンハデテッテクダサーイ」

希「だから!もうええわ……」ガチャッ

ダイジョーブ博士「デハ、ハジメマース!」パチッ

絵里「や、やだ!く、暗くしないで!」

ダイジョーブ博士「仕方ナイデスネ、ゲドーくん、豆電球ニシテクダサーイ」

ゲドーくん「ギョギョ」パチッ

絵里「ふぅ……いつでもいいわよ」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:55:30.26 ID:xoKC4ELPO
ダイジョーブ博士「努力ナシニ生マレカワルトイウコトガドンナ痛ミヲトモナウカ・・・・・・身ヲモッテ知ルガイイデース・・・!」

絵里「え?」

ダイジョーブ博士「神デモ悪魔デモ好キナ方デモ祈ガイイデース!!」

絵里「きゃあああああ!!」

ダイジョーブ博士「科学ノ進歩、発展ニ犠牲ハツキモノデース」

えりちか「あれ?えりちかこんなとこでなにしてたんだろ?なんかひどいことされたきがするけどいえにかえろーっと。」

希「それで、出てきた時に様子がおかしかったから話したらこの様子で……」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:01:18.96 ID:xoKC4ELPO
凛「それでそのダイジョーブ博士ってのはどこいったんだにゃー」

希「気づいた時にはもういなくて……」

花陽「逃げられちゃったってこと!?」

希「うん……でもこれが置いてあって……」パラ…

ことり「手紙?」

穂乃果「なになに?手術ハ成功デース!モシカシタラ変ニナッテルカモシレマセンガ、スグナオリマースだって!」

海未「すぐ治るって……怪しいことこの上ないですね……」

希「とりあえず家に帰らせて……」

花陽「でも絵里ちゃんの親御さんにはどうやって説明するの?」

凛「それもそうにゃー、急にこんな状態の絵里ちゃんを帰しても混乱するだけにゃー」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:02:24.50 ID:xoKC4ELPO
にこ「はっ!そしたら絵里の親が警察に連絡して、それで事情聴取されて止めなかった希が逮捕……そしたらμ's解散……ダメよ!希!絶対私たちだけで解決するのよ!」

ことり「逮捕まではされないと思うけど……」

真姫「でも、大事になるのは確かね」

にこ「だめよ!絶対ダメ!自分たちでなんとかするのよ!」

花陽「自分たちでなんとかするっていっても……」

凛「どうすればいいかわからないにゃー」

えりちか「えりちか病院いくの?」ウルウル

希「うっ……」

穂乃果「絵里ちゃんお腹減ってるんでしょ?」

えりちか「うん、ペコぺコだよ!」

穂乃果「じゃあ絵里ちゃんには私のパンをあげよう!」

えりちか「わーい!ありがと、ほのか!」

穂乃果「よく噛んで食べるんだよ?」

希「穂乃果……」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:03:30.15 ID:xoKC4ELPO
穂乃果「多分今一番不安になってるのは絵里ちゃん自身だよ、大事なのは絵里ちゃんの気持ちなんじゃないかな」

海未「そうですね……絵里、あなたは今なにをしたいですか?」

えりちか「んとね、みんなともっと遊びたい!」

穂乃果「そうと決まれば今すぐ街へ出掛けよう!今日は絵里ちゃんのやりたいこと全部しよう!」

えりちか「ほんと!?やったー!!!」

穂乃果「さあいくよ、みんな!」




希「ありがとう、穂乃果……」ボソッ

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:04:37.14 ID:xoKC4ELPO
街、とあるボーリング場
えりちか「えりちかボーリングしてみたかったんだ!」

穂乃果「ボーリングかぁ、私いつくらいぶりだろ?」

ことり「私もいつからやってないか覚えてないよ~」

海未「二人とも覚えてないんですか?小学六年生の時に三人いっしょに連れてってもらったではないですか」

ことり「え?そうだったっけ?」

海未「そうです!」

穂乃果「そんな昔のことなんてノーカンだよノーカン!」

海未「まあ確かに小さい頃に連れてってもらった程度ではほぼ意味はありませんからね」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:05:36.25 ID:xoKC4ELPO
真姫「」ビクビク

にこ「うぷぷ……真姫、アンタもしかして、ボーリング場にすら来たことないんじゃないの~?」

真姫「ヴェェ!?そ、そんなわけないわよ!小さい頃からよくやってたわよ!」

凛「そうだよにこちゃん!流石に高校生にもなってボーリングしたことないなんてありえないにゃー!」

花陽「私でもあるくらいだもん!」

真姫「そ、そうよ!二人の言うとおり!失礼よ、にこちゃん!」

にこ「ぐぬぬ……わかったわ!それなら私と勝負よ!」

真姫「ヴェェ!?しょ、勝負!?」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:06:39.24 ID:xoKC4ELPO
えりちか「なになに?ボーリングでしょうぶするの?」

希「なんか面白そうや~ん、えりち、ウチらも参加しよ!」

えりちか「うん!えりちかもしょうぶする!」

にこ「いいわ、受けてたってやろうじゃない!この恐怖を体現したようなスーパーにこちゃん投法でアンタたちは絶望を目の当たりにするのよ!」

えりちか「なにいってるかわかんないや」

にこ「ムキー!バカにして~!!じゃあこうしましょ!2位以下の人は1位の言うことをなんでも聞くこと!」

真姫「ちょ、ちょっと!いくらなんでも……」

希「望むところやん!ウチが勝ったらみんなワシワシの刑やで~!」

にこ・真姫「ワシワシ……!」ゾワゾワ

えりちか「ワシワシ?」

希「そうやで~ワシワシするんやで~」ワシワシ

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:07:39.29 ID:xoKC4ELPO
にこ「ま、負けなければいいのよ!というかにこが絶対勝つし!」

えりちか「えりちかも負けないよ!」

穂乃果「さぁ始まりました!チキチキボーリングバトルロイヤル!」

海未「なんかネーミングセンスが古いですね」

穂乃果「そうかな?まぁ細かいことは気にしない気にしない!」

海未「はぁ、わかりました、それでは実況は私、園田海未と」

穂乃果「高坂穂乃果でお送りしまーす!」

海未「解説には南ことりさんをお呼びしています」

ことり「私あんまりボーリングのこと知らないんだけど……」

穂乃果「こんなのは雰囲気だよ雰囲気!」

海未「そうです、ノリですノリ」

ことり「海未ちゃん性格かわってるよ!」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:08:46.76 ID:xoKC4ELPO
穂乃果「さぁそろそろ始まるでしょうか……おっと!期待の新人、真姫選手にファンがやってきました!」

凛「真姫さん!頑張ってください!」

花陽「あ、あの!デビューの時からファンでした!」

真姫「デビューなんてしてないわよ!」

海未「そうです、真姫選手は今日がデビュー戦なんです!」

ことり「つまり暗に今日からファンということを言ってるんですね」

真姫「2年生ホントノリノリね……」

ピーンポーン

穂乃果「おっとこれは!試合開始のジングルです!それでは選手入場!」

ことり「いやぁ、こうやって並んででてくると壮観ですね」

海未「そうですねぇ、やはり貫禄がありますね」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:09:36.84 ID:xoKC4ELPO
穂乃果「まずは選手番号1番、矢澤にこ選手、ボールは12ポンド、投法はスーパーにこちゃん投法です」

海未「女性にしては少し重めのボールですね」

ことり「そうですね、口だけではないということでしょうか」

穂乃果「続きまして選手番号2番、西木野真姫選手です、ボールは……これは7ポンドですかね?投法はストレートです」

海未「これはまた軽いボールですねぇ」

ことり「なにか初心者感が否めないポンド数ですね、非常に心配です」

真姫「重いの持てないんだからしょうがないでしょ!」

穂乃果「続きまして選手番号3番、絢瀬絵里選手です、ボールは11ポンド、投法はストレートです」

海未「彼女の能力は未知数ですからね、試合が楽しみですね」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:10:32.36 ID:xoKC4ELPO
穂乃果「そして最後、選手番号4番、東條希選手です、ボールは11ポンド、投法はカーブです」

海未「カーブですか、これは面白くなりそうですね」

ことり「彼女はなんでもこなしてしまいますからね、きっとボーリングもやってのけるでしょう」

穂乃果「さぁ!ピンが降りてまいりました!」

海未「試合開始ィー!!」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:11:26.62 ID:xoKC4ELPO
にこ「にっこにっこにー!さあ、くらいなさい!スーパー……にこちゃん……投法!」

海未「勢い良く投げたー!!!しかしこれは普通の投げ方と同じでは……」

ことり「いや、よく見てください、投げた後の手がにこにーの手になってます!」

真姫「投げる時関係ないじゃない!」

穂乃果「まっすぐピンに向かって……ヘッドピンにヒット!」

海未「割れたー!!左右に1ピンずつ!いきなりスプリットです!」

ことり「これは幸先悪いですねぇ」

真姫(スプリットってなに?)

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:12:15.35 ID:xoKC4ELPO
にこ「フン、こんなの全然ピンチじゃないわ」

穂乃果「2投目です、投げた!」

海未「ボールは左側のピンへ!ヒット!そのままピンは右側のピンに飛ばされて……全てのピンがなぎ倒されました!スペアです!」

ことり「うまいですね、確実に倒しに来ましたね」

にこ「私くらいになるとこれくらい余裕なのよ!」

凛「す、すごいにゃー!!」

花陽「にこちゃん本当にボーリングできたんだ……」

にこ「当然よ!」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:13:20.77 ID:xoKC4ELPO
穂乃果「続いて期待の新星、西木野真姫選手です!」

真姫(ど、どうしよう、投げ方なんてわかんない……もういいわ!)
「えい!」ゴロゴロ……

海未「真姫選手投げた!おっとこれは……」

ことり「えらく球速が遅いですね、ミスでしょうか?」

にこ「ぷぷぷ!真姫!やっぱりアンタ、ボーリングできないじゃない!」

真姫「バ、バッカじゃないの!?こういう投げ方なのよ!」ノロノロ……

にこ「こんなのじゃ1ピンも倒れないわよ!」

穂乃果「いや、よくみてください!真姫選手の球は球速は遅いものの真っ直ぐヘッドピンに向かっています!」

ことり「もしかしたらもしかしますね」

海未「今ヘッドピンにヒットォー!!」

バタバタ

穂乃果「もしかしたらもしかしたー!!ストライクだー!!」

海未「まさに奇跡!いや、実力か!?」

ことり「久々にいいもの見させてもらいました」ホロリ

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:14:02.19 ID:xoKC4ELPO
にこ「バ、バカな……こんなことありえないわ!」

花陽「す、凄いよ!真姫ちゃん!」

凛「すごいにゃー!!にこちゃんよりすごいにゃー!!」

真姫「……フッ、フン!当然じゃない!」

にこ「ぐぬぬ……」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:14:56.96 ID:xoKC4ELPO
えりちか「次はえりちかの番だよ!」

海未「絵里選手、場の空気を読まずそのままいったー!!」

穂乃果「豪快に腕を振り上げその勢いのまま投げ切ったー!!」

海未「ピンがクラッシュ!!全部吹き飛ばしたー!!ス、ストライクです!!」

ことり「いやー、やはり精神年齢が幼児でも体のポテンシャルが高いですからねぇ、瞬時にボーリングに対応したのでしょう」

えりちか「やったー!ストライクだー!」ピョンピョン

にこ「え、絵里までストライクとは……」

希「よかったなぁ、えりち!ほな、ウチもがんばろか!」ギュッ

穂乃果「な、なんでしょうかあれは……」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:15:51.64 ID:xoKC4ELPO
海未「ちょっと待ってください、いや、まさかあれは!」

希「フフフ……」ゴトン

海未「マ、マイボールにマイグローブだ!ガチプレーヤーです!」

にこ「ひ、卑怯よ!そんなの知らなかったわよ!」

希「ミステリアスなほうが女の子はモテんねんで?」

えりちか「すごーい!のぞみ!カッコイイ!」

希「ありがとうえりち!それじゃあいくで!」

穂乃果「ボールを振り上げて……投げた!すごい!綺麗なフォームです!」

ことり「これは相当やってきてますね」

海未「ボールレーンの少し右側を通って真っ直ぐ進んでいきます!」

穂乃果「ここでカーブの本領発揮!軌道が左へ!ヘッドピンにヒット!あー!しかし右奥に1ピン残ってしまいました!」

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:16:51.64 ID:xoKC4ELPO
ことり「これはまずいですね」

海未「まずいとは?」

ことり「右側はカーブをかける選手にとっては苦手なゾーンですからね」

にこ「ちょっとビビったけど大したことないわね!」

希「フフフ……にこちゃん、言ったはずやで?ミステリアスなほうがいいって!」

海未「投げた!ボールは真っ直ぐ進んでいく!こ、これは!!軌道が右へ変わったー!!シュートです!」

ことり「なんと、どちらも習得していましたか」

にこ「で、でもまだまだ勝負は始まったばかりよ!最後に勝つのはこのにこちゃんなんだから!」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:17:46.90 ID:xoKC4ELPO
それからの戦いは鎬を削る戦いとなった。
ほぼ全部のスコアにマークが付くという女子高生らしからぬハイレベルで戦いはさらにヒートアップした。
はたして勝者は……!?

えりちか「わーい!!勝ったー!」

にこ「このにこちゃんが負けるなんて……」

真姫(途中から私がボーリング知らないことより勝負に集中してくれて助かったわ……)

穂乃果「すごいよ絵里ちゃん!初めてで勝っちゃうなんて!」

えりちか「えへへ///」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:18:43.56 ID:xoKC4ELPO
海未「ふぅ、実況というのも大変ですね」

ことり「はぁ~、しったかで喋るの疲れたよ~」

凛「真姫ちゃんもすごかったにゃー!まるで初心者のごとき投げ方でいい勝負してたにゃー!」

真姫「ギクッ!な、何言ってるのよ!?そ、そんなわけないじゃない!」

花陽「ほら、にこちゃんも顔上げて!にこちゃんもがんばったでしょ!」

にこ「花陽……フ、フンッ!そもそも凹んでなんかないわよ!」

えりちか「のぞみ、のぞみ!えりちか勝ったよ!」

希「強いな~えりちは、全く歯たたへんかったわ!

えりちか「えへへ///でもねでもね!のぞみもすごかったよ!」

希「えりち!ありがとう!!」ギュー!

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:19:47.01 ID:xoKC4ELPO
にこ「で?お願いはなににするのよ」

えりちか「あ、あのね……きょうはみんなでおとまりしたいなって……だめ、かな?」ユビサキツンツン

キュン!!!
その時、絵里の指先ツンツンはその場の全員を魅了した!

希「そんなんOKに決まってるやん!!ウチはえりちとお泊りしたいな!」

穂乃果「私も私も!みんなもいいよね!」

一同「もちろん!!」

真姫「し、仕方ないから近場の別荘使わしてあげるわよ!」

花陽「すごい!真姫ちゃん!近くにも別荘あるんだ!」

にこ「じゃあこのにこちゃんが晩御飯作ってあげるわ!」

凛「わーい!にこちゃんの晩御飯だー!美味しいんだよにゃー!」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:20:40.08 ID:xoKC4ELPO
海未「それでは、用意して一時間後に現地に集合としましょう」

ことり「お泊り楽しみだなー!」

穂乃果「よーし!それじゃあ早速用意しにいこう!!」

一同「おー!!」

一時間後……

真姫「ここよ!」

一同「おー……」

にこ「相変わらずすごいわね……」

えりちか「すごーい!!おっきい!!」

希「真姫、ありがとうな、いつも別荘使わしてもらって」

真姫「別にいいわよ、仲間のためにやれることはやるって決めたの」

希「真姫……立派なったなー!!」ムギュー!!

真姫「むぐぐ……」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:21:40.37 ID:xoKC4ELPO
えりちか「おーい、二人ともー!!いくよー!!」

希「わかったー!!」パッ

真姫「プハァ!お、恐ろしい……」

それからはμ'sのメンバーにとって本当に楽しい時間が流れた。
みんなでご飯を食べ、パーティーゲームで白熱し、みんなでカラオケ大会もした。
気づくと時刻は夜中の2時、次の日は休みだが、あまり夜更かしもしてられないと皆床に就いたのであった。

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:22:35.25 ID:xoKC4ELPO
希「えりち、まだ起きてる?」

えりちか「うん」

希「今日はどうやった?楽しめた?」

えりちか「うん!とっても楽しかったよ!」

希「それはよかった……」

えりちか「のぞみは楽しくなかった?」

希「そんなことないよ!めっちゃ楽しかったで!そもそもウチはえりちとやったらなにやっても楽しいんやで」

えりちか「ありがと、のぞみ」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:23:27.37 ID:xoKC4ELPO
希「あんな、えりち」

えりちか「スー……スー……」

希「寝てもうたか……まあええか、えりち、もしえりちがこのままやってもウチはずっと友達やからな」

絵里「…………」

希「おやすみ……」

次の日

???「……ん!……ちゃん!希ちゃん!」ユサユサ

希「ん、んむぅ……朝?」

穂乃果「朝だけど違うよ!絵里ちゃんが!」

希「えりちがどうしたん!?」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:24:10.67 ID:xoKC4ELPO
絵里「おはよう、希」

希「もしかして、元に戻った……?」

絵里「その元に戻ったっていうのがよくわからないんだけどね」

希「え、じゃあ昨日の事は?」

海未「どうやら覚えていないみたいで……」

にこ「でもいいんじゃない?私だったら覚えていたくないもん」

希「それもそうやね!とりあえずえりち!おかえり!」

絵里「ただ、いま?」

希「うん!おかえり!えりち!」

凛「何回いうにゃー!」

希「なんだか久しぶりに見た気がして……」

ハハハハ!……

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:24:46.43 ID:xoKC4ELPO
絵里「昨日は本当ありがとうね、希……」

希「ん?えりち、なんか言った?」

絵里「な、なんでもないわよ!」

希「フフフ……ウチに隠し事するとはいい度胸やね!ワシワシの刑や!」

絵里「いや~!!」

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:27:11.14 ID:xoKC4ELPO
これで終わりになります。
あれ?こんな短かったっけ?
書いてた時はもっとあるとおもってたのに……

そんなことより、貴重な時間を割いてみてくださった方々ありがとうございます!

くぅ~疲やりたかったけどめんどくさいからやりませんw

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:29:18.40 ID:xoKC4ELPO
すみません、かなり初歩的な質問で申し訳ないんですけど完結したらHTML化依頼スレッドってとこに依頼をしたらいいんですよね?