1: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:30:54.89 ID:2JdkaIn/o

――――――――――――事務所


拓海「……」

涼「……」

夏樹「……」


P「……おめでとう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429637454

引用元: モバP「いつものあいつらを旅立たせてみる」 

 

アイドルマスター シンデレラガールズ 向井拓海ストラップ
コスパ (2013-09-22)
売り上げランキング: 248,271
2: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:31:51.49 ID:2JdkaIn/o


P「拓海、CDデビューだ」


拓海「なっ……!」




夏樹「…マジかよ」

涼「……」

3: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:32:36.53 ID:2JdkaIn/o

P「これからデビューに向けてレッスンやレコーディング、取材に打ち合わせと忙しくなるぞ」

拓海「夢じゃ……ねえんだな?」

P「ああ、夢じゃない」

拓海「そうか……って、それじゃあ今のこいつらとのユニットは?」

P「一時休止だ。2つを並行してやっていけるほど甘いモノじゃない」

拓海「でもよ……」

夏樹「何言ってんだ、拓海? 折角のチャンスだぞ?」

拓海「……そうだけど」

5: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:34:06.68 ID:2JdkaIn/o

夏樹「アタシらのことは心配いらないって。なあ、涼?」


涼「……ムカつく」


夏樹「おい、涼?」

涼「なんだよ、その態度? 憐れんでるつもり? 馬鹿にすんなよ!」

拓海「は? そんなんじゃんねえよ!」

涼「こっちはアンタみたいなのがいなくてせいせいしてんだ。さっさと行っちまいな」

拓海「あ゛? ケンカ売ってんのか?」

涼「ワガママでやりたい放題しやがって、振り回される身にもなれっての。夏樹と二人のほうがよっぽどやりやすいよ」

拓海「てんめぇ……」グイッ

6: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:34:53.10 ID:2JdkaIn/o

涼「なに? 殴る気? 殴れば? デビュー前に暴力事件とかアンタらしいよ」

夏樹「やめろ! お前ら! 涼! 言い過ぎだぞ!」

拓海「チッ! ひがんでんじゃねえよ! 人気もねえ落ちぶれロッカーが!」

夏樹「拓海!!」

涼「言ってくれんじゃん。もう腐れヤンキーと組むなんて懲り懲りなんだよ!」

拓海「上等だ!! こっちから辞めてやらあ!」


P「……」

7: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:35:29.70 ID:2JdkaIn/o

――――――――――――屋上


涼「……はぁ」

夏樹「……ここにいたのか」

涼「……何の用? 謝るつもりなんかねえからな」

夏樹「わかってるよ。何年の付き合いだと思ってんだ?」

涼「……」

夏樹「寂しくなるな……」

涼「全然っ! あんなヤツ、いらねえって!!」

8: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:36:16.95 ID:2JdkaIn/o

涼「だいたい、二人でロックなユニット目指すつもりが、突然Pが押しこみやがって!」

涼「歌もめちゃくちゃ、声も出てない! リズム感もまるで無いし、ダンスも合わせる気がない」

涼「おまけに気に入らなけりゃ、仕事のお偉いさんにまで歯向かうし、いい迷惑だったっつうの」

夏樹「……」

涼「最初のライブなんてマイク使わず拡声器だぜ? ヤンキーの集会じゃあるまいし」

涼「あんなのより、よっぽどアタシの方がデビューしてやっていけるよ!」

夏樹「そうか……」

9: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:37:08.03 ID:2JdkaIn/o

夏樹「……悔しいのか」

涼「ち!ちが……違わ……ない……でも」

夏樹「本当は嬉しいよな」

涼「あったりまえだろ! いつも一緒にいたんだ! あいつが頑張ってる姿は間近でいつも見てきたんだ! 夏樹もそうだろ?」

夏樹「……そうだな」

涼「あいつは頭の悪いヤンキーだよ……でも」

涼「でも、根性だけはある。他の誰よりも悔しい思いをして、歯がゆさに耐えて努力してんだ」

涼「なにくそって、頑張ってきたんだ!」

涼「それはアタシ以上にさ……だから嬉しいよ」

10: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:37:46.76 ID:2JdkaIn/o

涼「なんなんだろうな……この気持ち……すっげえ……腹立つ」

涼「でも……本当は叫びたいくらい嬉しいんだ……」

夏樹「……ほら」

涼「なにこれ?」

夏樹「ハンカチ……とりあえず顔拭きな」

涼「!!……べ、別に泣いてなんか……」グスッ

夏樹「わかってるよ」

涼「ちくしょー、笑うな」

夏樹「はいはい……これから、アタシたちがやること、わかってるよな?」

涼「……」

11: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:38:14.94 ID:2JdkaIn/o

――――――――――――屋上扉裏

拓海「……」

12: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:38:49.04 ID:2JdkaIn/o

――――――――――――翌日、事務所

拓海「……」

拓海(あまり、眠れなかった……)


がちゃ


P「来たか、拓海。今日は記者会見だからな。そろそろ…」

拓海「P……」

P「ん?」

拓海「あのな……あたし、やっぱ」


ばあん


夏樹「うーっす!」

涼「おはー」

拓海「!」

13: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:39:25.88 ID:2JdkaIn/o

夏樹「おわっ! なんだ? 拓海、その顔? クマができてんぞ?」

拓海「え? こ、これは…」

涼「なになに? 緊張で眠れなかったとか? アンタ遠足で寝不足で楽しめなかったほうだろ?」

拓海「う、うるせえよ!!」

夏樹「とりあえず、こっちに来いよ。メイクで隠してやるから」

涼「ったく、最後まで世話の焼ける」

拓海「……」

14: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:40:24.67 ID:2JdkaIn/o

――――――――――――メイク室


夏樹「ほら、動くなって」

拓海「わーってるよ……なあ?」

夏樹「なんだよ?」

拓海「あたし……本当にいなくても…」

涼「まだ、そんなこと言ってんのか」

拓海「そりゃあ…」

涼「調子にのんなっての。第一、別にアンタがNo1じゃなくて1位はシューコじゃん」

拓海「は?」

15: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:41:12.65 ID:2JdkaIn/o

涼「人の心配するならトップ取ってから言えって」

拓海「う、う、うるせえ!  この圏外女が!!」

涼「……」

拓海「あ……」

涼「……」ブルブル

拓海「ち、違う! い、今のは……」

涼「ばあ」

拓海「!!」

涼「あっはっはっは!」

拓海「!」

16: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:42:07.47 ID:2JdkaIn/o

涼「馬鹿だなーアンタ。レースはコーナー回ってからが面白いだろ?」

拓海「は?」

涼「ゴール手前で呑気に構えたヤンキーを、最後の末脚で交わしてこそロックってもんだ」

夏樹「それをさらに交わす、バイクのあたしこそロックだな」

拓海「てんめえら……」

涼「悔しかったら一番になってみな」

夏樹「そういうこと。天狗になるには10年はええよ」

拓海「てめえらこそ、ゴール前に出てこいよ!」

涼「心配しなくても、来年見てなって」

夏樹「だな」


拓海「……」

涼「……」

夏樹「……」

17: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:42:35.96 ID:2JdkaIn/o

P「そろそろ時間だぞ、拓海」

拓海「わかってるよ」

18: ◆yfWmR9mD4k 2015/04/22(水) 02:43:18.41 ID:2JdkaIn/o

拓海「待ってるからな」

涼「おう」

夏樹「そんときはまたライブやるか」

拓海「ちっ、しょうがねえ。付き合ってやるよ」

涼「偉そうに……じゃあな」

夏樹「じゃあな」

拓海「必ず来いよ」



おしまい