1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:25:27.38 ID:CDXIJiP20
美希「それとイチゴババロアももってこいなの!!」

店員「しかし、当店はAm2:00がラストオーダーとなっておりまして……」

美希「そんなの知ったこっちゃねぇの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369934727

引用元: 美希「いいからさっさとキャラメルマキアートもってこいなの!!」 

 

アイドルマスター 星井美希 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2015-05-19)
売り上げランキング: 6,645
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:31:11.70 ID:CDXIJiP20
美希「第一、まだ食べてる人もいるし今すぐ持ってくれば閉店にも間に合うの」

店員「しかし、お客様だけを特別扱いするわけには……」

美希「ミキたちは今一番キラキラしてるアイドルグループだし、特別扱いしてもいいと思うな」

店員「……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:34:30.59 ID:CDXIJiP20
美希「春香も何か言ってやるの!!」

春香「ふぇっ、あ、あはは……」

店員「お客様、どうかご理解の程を……」

美希「もうあんたじゃ埒が明かねぇの、責任者を呼んで来いなの!!」バンッ

店員「……かしこまりました」スタスタ

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:40:22.50 ID:CDXIJiP20
美希「まったく、ほんとやになっちゃうの」ハァ

美希「いっつもここでスイーツ食べてやってるっていうのに、礼儀がわかってないって思うな」

美希「春香もそう思うでしょ!?」バンッ

春香「え、あぁ、うん……(常識と友情の板挟み……)」

美希「ただ呼ぶだけなのにいつまでかかってるの!さっさとするの!!」バンッバンッ

春香「(……うわぁ)」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:45:54.33 ID:CDXIJiP20
美希「ふざけんじゃねーの、こんな店こうしてやるの!!」ドカッドッカ

春香「やめて美希、落ち着いて……」

美希「これが落ち着いてられるかなの!」ドンガラガッシャーン

春香「(……帰りたい)」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:52:39.54 ID:CDXIJiP20
責任者「お待たせいたしました、私が責任者ですが」

美希「やっときやがったの、おせぇの、待ちくたびれたの!!」

責任者「……申し訳ありません(うぜぇ)」

美希「さっさとキャラマキとイチババ持ってくるの!!」

責任者「しかし、お客様ラストオーダーの件はお伝えしたはずですが…(イチババってなんだよ)」

美希「知らねぇの、ミキたちはここの常連だしトップアイドルなんだから少しはジョーホして欲しいってカンジ」

責任者「(お話にならねぇな…)」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 02:59:33.77 ID:CDXIJiP20
美希「わかったらさっさと」

責任者「わかりました、お代は結構ですのでお帰りください」

美希「……はぁ?ふざけんじゃ」

責任者「当店の規則にご不満をお持ちであれば、帰っていただくのが一番だと思いますが…」

美希「なんて口の利き方なの……」

責任者「さぁ、どうぞお帰りください」

春香「そうだよミキ、今からほかのお店さがそ、ねっ?(ここは押しとかないと……)」

美希「……」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:06:06.27 ID:CDXIJiP20
美希「冗談じゃねぇの……」ワナワナ

責任者「……(プルプルしてやがるww)」

美希「美希を馬鹿にしたこと、後悔させてやるの」

美希「拡散希望なの、○○っていうお店の店員にいじわるされたの、ミキ泣いちゃいそう(><)……っと」

春香「(でたよミキの必殺技『piyotterで呟く』だ……)」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:13:30.78 ID:CDXIJiP20
=========================================
ファンA『ミキちゃんがいじめにあったって!?待ってろ、○○だな、すぐ行くからね』

ファンB『許すまじ○○……今から人を募って助けに行くよ!!』

ファンC『ミキミキの泣き顔みたいので行きます』

ファンD『今僕が助けてあげるよ……デュフフ』

=========================================

美希「ふふふ、さすがミキのフォロワーさんなの今に見てやがれ、なの!!」

春香「(収拾つかなくなる前に逃げようかな……)」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:19:10.82 ID:CDXIJiP20
---数分後---

責任者「店の外がやけに騒がしいな……」チラッ

責任者「なんだあの人だかりは……」


美希ちゃんをいじめたのはどいつだー、表へ出ろー!!俺がとっちめてやる!!

こんな店やめちまえー!!閉店!閉店!閉店!!

ミキミキー俺だー結婚してくれー!!


責任者「なんなのなの……」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:24:15.65 ID:CDXIJiP20
責任者「とりあえずシャッターを下ろさないと……それから警察に……」

美希「ふっふっふ……そこの人、思い知ったか!なの」

責任者「お前は……星井美希」

美希「美希の勝ちは決まったって思うな。さぁ、観念してキャラマキとイチババをよこすの!!」

春香「(……この期に及んでまだキャラマキとイチババが欲しいんだね、美希)」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:31:03.37 ID:CDXIJiP20
責任者「……くっそぉ!!」ガシッ

美希「きゃっ!いきなりなにするの!!」

責任者「ぐへへ……思い知らせてやるぜぇ、男の恐ろしさってやつをたっぷりとなぁ!!」ビリビリ

美希「きゃあぁ!!やめて!」

責任者「はっ……てめぇのせいでどうせこの店は終わりだ……だったら」バリバリ

美希「スカート……破かないで……」ウルッ

責任者「最期のお楽しみを精一杯満喫するだけだろうがぁ!!」

春香「(春香さんは何も見てない、見てませんよー……)」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:40:35.88 ID:CDXIJiP20
責任者「ぐひぃ、お前ホントに中学生かぁ?こんなくそ●●●カラダしやがって……」スリスリ

美希「いや……やめて……」グスッ

責任者「おまけにこんな●●●下着つけて、誘ってやがんのかよ!!」ブチィ

美希「ミキの、お気に入りのブラが……」

責任者「うひょおぅ!すむしゃぶりつきてぇぜ……だが、お楽しみは最後の一枚を脱がしてからだ!!」グィッ

美希「いやぁ……それは、それだけはぁ……」

美希「(助けて…お願い、誰か、春香、ファンの皆、ハニー!!)」

美希「助けて、ハニー!!」


「そこまでだ!!」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:48:51.66 ID:CDXIJiP20
美希「(……この声は!!)」

責任者「誰だ貴様は……」

P「俺は…美希のプロデューサーだ!!」

美希「ハニー!!」

P「とうっ、喰らがいい悪党!!」ゲシッ

責任者「ぐあぁ!!」

美希「ハニー、来てくれたんだね信じてたの!!」ダキッ

P「piyotterでのお前の呟きを見かけてな……何か起きそうな予感がしてならなかったんだ」

春香「(……要は尻拭いをしに来てくれたんですね)」

P「さぁ、これを羽織って下がっていろ、こいつは俺が始末する」バサッ

美希「はいなの!!」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 03:59:59.28 ID:CDXIJiP20
責任者「ぐぼぉ……よくも俺のお楽しみを邪魔したな……」

P「黙れ悪党が……俺の美希にてを出したこと、あの世で後悔させてやる!!」グッ

責任者「やってみやがれ、貴様ごときに俺を殺せるならな!!」ギュンッ

P「弱い犬ほどよく吠えるとはこのことだ!!」ゴオォッ

責任者「うおらぁ!せいっ!!」ブンッブンッ

P「……」ガンッガスッ

責任者「どうしたどうしたぁ、守るだけじゃあ勝てねえぞ!!」ビュン

P「ぐっ……(こいつ、なんて力だ!)」

責任者「てめえが守りを固めるってんなら、真正面から潰すだけだ、喰らえ!!」ブオンッ

P「ぐはぁっ!!」

美希「ハニー!!」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 04:11:35.68 ID:CDXIJiP20
P「(くそっ、油断したまさか奴にあんな力があるとは……)」

責任者「ぐひゃひゃあ、もろに入ったなぁ……腕の骨がやられちまみてぇだな!」

P「(美希、すまない……俺は、お前を守ることができな)」

春香「プロデューサーさん、あきらめちゃだめです!!」

責任者「なんだぁ、小娘がもう一匹いやがったのかぁ……げへへ、お楽しみが増えてうれしいぜぇ!」ジュルリ

P「春香……何やってるんだ、美希を連れて逃げろッ!」

春香「プロデューサーさん、あなたはわかっていないんです…あなたの帰りを待ってる人たちの気持ちを!!」

春香「あなたがここでやられてしまったら、誰が皆をプロデュースするんですか!」

春香「あなたが死んだら、765プロの皆が悲しみます……」

春香「そして、とりわけ美希は、あなたのことを本気で愛している!!」

春香「あなただって、美希のことを……」

美希「春香……」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 04:19:29.34 ID:CDXIJiP20
P「(そうだ……俺は美希を愛している!!)」

春香「お願い、プロデューサーさん!私たちのために……美希のために!!」

P「(そうだ……俺には皆との絆が、そして美希への愛があるっ!)」

P「こんなところで……負けられるかぁ!!」ゴォォォオオオ

美希「ハニーが、立ったの!!」

春香「やりましたねプロデューサーさん!ここから逆転ですよ、逆転!!」

責任者「がははh、よく立ったな……しかしその腕でどうやって戦うつもりだ?」

P「……」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 04:30:40.61 ID:CDXIJiP20
P「お前は聞いていなかったのか、春香の言葉を」

責任者「……なにぃ?」

P「俺には765プロの皆との絆と、美希との愛がある……」

P「愛の力さえあれば、この程度の痛みはもはや痛みではないのだ!!」グッ

責任者「馬鹿な……腕が動いている、だとぉ!?」

P「行くぞ。一撃で決めてやる……はあああああぁぁぁぁぁぁあああ!!!」ヒュン

責任者「き、消えた……ぐぅ、いつの間に懐にッ!!」

P「これで、おわりだぁぁぁぁぁぁああああ」ベキャァ

責任者「がはっ……ぐぁっ」

美希「やったの!ハニーの腕があいつの腹を貫いたの!!」

春香「(やりすぎですよプロデューサーさん……)」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 04:43:05.48 ID:CDXIJiP20
---しばらくして---

責任者「礼を言うぜ……俺をまっとうな人間に戻してくれてよ……」

P「礼には及ばない。なぁお前、まさか……美希のこと」

責任者「そうだ……俺もミキミキのファンの一人だった」

P「……」

責任者「しかし、自分が苦労して作った店で好き勝手するミキミキを見てついかっとなっちまって」ゲホッ

P「それで、あんなひどいことを……」

責任者「自分でも歯止めがきかなかった、気付いたら襲ってしまっていた……ぐっ、がはっ!」

P「もういい、もう喋るな」

責任者「俺はファン失格だな……なぁ、あんたに頼みがあるこいつを……ミキミキに……」

P「これは……」

責任者「冷蔵庫のカギだ、そこにミキミキの望むものがある……ゲホッゲホォッ」

責任者「もう一つ頼みだ……ミキミキのこと、トップアイドルにッ……」

P「……あぁ、まかせろ」

責任者「……ニッコリ」ガクッ

P「……」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 04:51:50.74 ID:CDXIJiP20
美希「これは……世界に一つしか無いと言われる伝説のキャラマキと伝説のイチババなの!」

P「あいつがこれをお前にと……」

美希「そっか……あの人も、ミキのファンだったんだね……」

P「あぁ、せめてもの手向けだ、そいつを食ってやれ、新鮮なうちに……」

美希「わかったの……せっかくだから思いっきり味わうの!!」

美希「いただきまーす、なの!!」アーンッ

春香「ねぇ美希」

美希「なんなの、春香……もう。いただきまーすなの!!」アーンッ

春香「ねぇ美希、美希ってば!」

美希「なんなの春香…いい加減怒るよ??」

春香「美希!!美希!!美希ってば!!」

美希「もうっ、いい加減うるさいのッ!!」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 05:03:32.68 ID:CDXIJiP20
春香「よかった……ようやく起きた」ハァ

美希「あれ…ここは、事務所??伝説のキャラマキとイチババは……??」

春香「何寝ぼけてるの??そんなものここにはないよ(イチババって何?)」

春香「そんなことより、もう夜も遅いから早く帰らなきゃ!!(終電がやばい…)」

美希「ミキ、夢の中でキャラマキとイチババ食べ損ねたから食べに行きたいの、いこっ春香!!場所は○○だよ☆」

春香「うえぇ……帰りたいよぉ(今から行ってラストオーダー間に合うかな…)」

美希「それじゃあ、出発進行~、なのっ!!」

------------------------------------------------------------------------おわり---------------