穂乃果「安価で1レスラブライブ!」 前編
 

486: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 22:29:56.35 ID:4YR5vNqao
穂乃果「ラーメン二郎ってなんか怖そうだけど、実際どうなの?」

凛「そんな、凛がラーメン二郎に行ったことあるのは当たり前、みたいに聞かれても困るにゃ」

穂乃果「ないの!?」

凛「だってなんか怖そうだもん」

穂乃果「そっか、凛ちゃんもそう思ってたんだ……」

凛「どうかした?」

穂乃果「い、行ってみない…?」

凛「――ッ!!!本気、なの……?」

穂乃果「一度くらい体験しとかないと、勿体ないよ!」

凛「分かった……凛も一緒に乗り込むよ!」

穂乃果「凛ちゃん!」

絵里「ふふ、なかなか面白そうな話してるじゃない」

穂乃果「絵里ちゃん?」

絵里「二郎に行くんでしょう……ついてきなさい、案内してあげるわ」

凛「まさか、行ったことあるの!?」

穂乃果「意外すぎる!」

絵里「教えてあげるわ、本当の二郎を…!」


穂乃果「ここが…!」

絵里「『ラーメン 中華ラブ二郎』よ!」

凛「……絶対違うよここ」

引用元: 穂乃果「安価で1レスラブライブ!」 

 

ラブライブ! The School Idol Movie (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2015-12-15)
売り上げランキング: 2
487: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 22:31:10.42 ID:4YR5vNqao
すみません行ったことないんで分かんないです
今日はここまで
明日の安価>>490

490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 23:29:08.22 ID:2186Mt3O0
進撃の巨大美少女

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 19:57:31.30 ID:UNAKkC+mo
inウォールアキバ

穂乃果「外の世界に行ってみたいなぁ」

ことり「砂の海とか氷の山とか炎の湖とか……見たこともない世界が広がってるんだって」

海未「ダメです、危険ですよ!」

穂乃果「でも、外に巨大美少女<アイドル>なんて本当にいるのかな……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ことり「なに、あれ……」

その日、人類は思い出した
巨大美少女<アイドル>に支配されていた恐怖を…
鳥籠の中に囚われていた屈辱を……


人類の大半は虜にされ廃人になるかダンス中に潰された

残された人類は居住範囲をウォールオトノキまで後退することを余儀なくされた

巨大美少女<アイドル>に対抗するため、あの日絶望を味わった少女は、

調査美少女団<スクールアイドル>へと入団する―――

492: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 19:58:12.48 ID:UNAKkC+mo
次>>493

493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 19:59:32.27 ID:s6xHTdeDO
キャベツ

495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 20:32:32.69 ID:UNAKkC+mo
にこ「あたたたたたたたーっ!」

凛「にこちゃんキャベツの千切りうまーい!」

にこ「このくらい楽勝よ」

TV『綺麗の秘訣は、ずばり、繊維!』

8人「――ッ!」

希「キャベツおかわりー!」

絵里「私も!」

にこ「あいよー!」タタタタタタ

真姫「キャベツおかわり!」

海未「私もお願いします」

ことり「私も!」

にこ「仕方ないわねー!」タタタタタタ

穂乃果「キャベツおかわりー!」

花陽「花陽も欲しい!」

凛「凛も!」

にこ「まったくもー!」タタタタタタ

「おかわり!」「おかわり!」「おかわり!」「おかわり!」「おかわり!」「おかわり!」

にこ「し、仕方ないわ―――」カタン

凛「にこちゃん!?」

にこ「う……腕が……」

497: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 20:33:33.41 ID:UNAKkC+mo
ミスった>>498

498: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 20:34:28.32 ID:wSP3DtLso
格差社会

500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 20:44:15.32 ID:UNAKkC+mo
真姫>>>のぞみ>ことり≧絵里>花陽=凛>海未>穂乃果>>にこ

にこ「ぐぬぬ……」

穂乃果「羨ましい……」

海未「学生なんですからこれくらいで十分です」

真姫「そんなに多い?私のお小遣い」

にこ「フンッ!」

501: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 20:45:25.93 ID:UNAKkC+mo
500突破じゃ
次>>503

503: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 20:57:44.44 ID:s6xHTdeDO
>>484

484: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 22:09:20.58 ID:jOcgyjbq0
猫カフェ

504: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 21:10:58.96 ID:UNAKkC+mo
穂乃果「猫カフェだって!入ってみよう!」

ことり「うーん、私は遠慮しとくよ……」

穂乃果「え、なんで?」

ことり「私昔から猫にはいい思い出なくって」

穂乃果「大丈夫だよ、こういうところの猫って大人しいはずだし」

ことり「そうかなぁ?」

穂乃果「入ってみよう!」ガチャッ

「ふにゃー!」「ふなーご!」「きしゃー!」

ことり「ひぃっ!やっぱり無理ー!」ダッ

穂乃果「ことりちゃーん!」

穂乃果「……追いかけられて出ていっちゃった」

店員「ちょっとちょっと!今の人、ことりという名前なんですか!?」

穂乃果「え、そうですけど」

店員「困ります!そういう名前の人を見ると、うちの猫は追いかけちゃうんですよ!」

穂乃果「そんな馬鹿な!」

ツバサ「リベンジよ!」バァン

穂乃果「ツバサさん!?」

「ふにゃー!」「ふなーご!」「きしゃー!」

ツバサ「きゃぁーーーー!」ダッ

あんじゅ「やっぱりまだ無理だって言ったのに」

穂乃果「ツバサさんまで……」

店員「あの人出禁にしてるんですけどねー」

505: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 21:11:25.92 ID:UNAKkC+mo
あとふたつ>>507

507: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 21:18:21.63 ID:F3pAQVPSO
ボンテージスーツ

508: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 21:32:39.10 ID:UNAKkC+mo
希「絵里ちはボンテージスーツとか着てみたいと思う?」

絵里「思うわ」

希「…………」

絵里「…………」

希「………そう、なんや……」

絵里「えぇ」

希「…………」

絵里「あ、このインテリア可愛いわよ」

希「どれどれ?」

絵里「色使いもいいけど形もいいわよね」

希「確かに」

~~その夜~~

希(意味深発言返し……できんかった…………っていうかほんとに興味あるんかな…………)

希はまた眠れなかった

509: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 21:33:24.45 ID:UNAKkC+mo
最後>>510

510: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 21:34:31.22 ID:NcLzwIw2o
パティシエ

511: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 22:06:17.99 ID:UNAKkC+mo
花陽「ことりちゃんってお菓子作りも上手だよね!凄いなぁ」

ことり「昔はパティシエさんになりたかったんだよね。今は服を作る方に興味あるんだけど」

花陽「ことりちゃんのお店なら絶対繁盛するよ!」

ことり「うふふ、ありがとう!」

穂乃果「はいはーい!穂乃果も絶対毎日通う!」

ことり「じゃあ穂乃果ちゃんにはちょっと安く提供しちゃおうかな」

穂乃果「あ、でも餡子は絶対使わないでね」

花陽「そういえば、この間餡子を使ったスイーツのお店が―――」

穂乃果「花陽ちゃんダメー!」

花陽「えっ?」

ことり「そんなスイーツがあるの!?面白そう!私も作ってみようかなぁ」

穂乃果「ことりちゃんまで餡子攻めしないでよー!」

512: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 22:07:13.24 ID:UNAKkC+mo
今日はここまで
明日の安価>>514

514: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/24(月) 22:39:21.86 ID:NcLzwIw2o
ピンクのワンピース

515: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 19:46:45.13 ID:e75OA/GHo
凛姉「ただいまー」

凛「お姉ちゃんおかえり! 行ってきまーす!」

凛姉「はいはい……あれ? 凛、その服やっと着るんだ」

凛「うん! 似合う……かな?」

凛姉「……ふふ、いいんじゃない。流石、あたしが選んだだけあってセンスいいわ~」

凛「自分でそれ言う?」

凛姉「誕生日プレゼントに買ってあげたのに、ずっとタンスに眠らせとくのかと思ったわ」

凛「大丈夫だよ! たまに取り出してたし!」

凛姉「ほう……」

凛「あっ……」

凛姉「そっかそっか。なんかいいことでもあった?」

凛「うーん、まあ、心境の変化ってやつかにゃー……凛もこれからはワンピースとか着てみようかなって」

凛姉「なるほど、ようやく高校デビューってわけか。ちょっと遅くないかなー?」

凛「別にデビューとかじゃないし!」

凛姉「あんたもようやくオシャレに目覚めたってわけね」

凛「もう、そういうことでいいよ……凛、これからお買い物行ってくるから」

凛姉「気を付けなよー」

凛「はーい!」

凛姉「……さてさて、これからどんなふうに変身していくのかね、凛は」

516: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 19:47:55.89 ID:e75OA/GHo
凛に姉がいる設定最近知りました
次>>517

517: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 19:48:11.92 ID:mSpJlCEnO
もんじゃ焼き

518: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 20:13:44.73 ID:e75OA/GHo
ジュー ジュー

花陽「……」

凛「……」

にこ「……」

ジュー ジュー

凛「なんでもんじゃ焼き食べに来たんだっけ」

にこ「じゃんけんであいこだったからでしょ」

花陽「バーガーにもラーメンにもワッフルにもならないなんてね」

にこ「まあ、そこまでは許されるけど」

ジュー ジュー

にこ「誰がそれら全部入れようって言ったんだったかしら……」

凛「にこちゃんでしょ!」

花陽「でもほら、意外とおいしそう……だよ」

凛「時々くる甘い臭いが凄いにゃ……」

にこ「いやいやいけるでしょ……もんじゃ焼きのポテンシャルなめんじゃないわよ、余裕よこれくらい」

花陽「じゃあ……」

凛「いざ……」

にこりんぱな「いただきます!」パクッ

――――――
――――
――


穂乃果「あれ、にこちゃん達休み?」

真姫「お腹壊したんだって」

519: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 20:14:37.52 ID:e75OA/GHo
次>>521

521: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 20:14:54.08 ID:vs5SFvYeO
ボディスーツ海未

522: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 20:36:53.49 ID:e75OA/GHo
部室に入ると誰もいませんでした。

その代わり、机の上に「海未ちゃんへ」と書かれた手紙と何やら布の塊が置いてありました。

『海未ちゃんへ

   着てね

        ことり(・8・)』

たった一言のシンプルな文面です。

何を着ればよいのかと、置いてあった服を広げてみました。

ただの下着でした。

確かボディスーツと呼ばれる類のものです。

仕方ないので着ましょう。

一先ず鍵を閉めてカーテンを閉めます。

着ました。

着た瞬間なぜかドアが開きました。

カメラを持ったことりがいます。

とりあえず全てを諦めることにしました。

523: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 20:37:48.14 ID:e75OA/GHo
次>>525

525: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 20:38:24.91 ID:qiG4HMLJO
COSTCO

526: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:00:11.38 ID:e75OA/GHo
絵里「コストコで何年暮らせるかしら」

真姫「ごめん、話が突飛すぎてついていけないんだけど」

絵里「あそこって何でも揃ってるじゃない?一年くらいは余裕で暮らせそうでしょ」

真姫「そもそもなんでそんなところで生活しなきゃならないのよ」

絵里「分からないわよ……ゾンビとかがいつ発生するか」

真姫「あぁー……まあ、大丈夫でしょ」

絵里「……微妙に引っかかる言い方するのね」

真姫「別に……パパがこっそりゾンビウイルスについて研究してるとか外国の偉い人たちが来たとかお金をたくさん積まれたそういうことは全然ほんとに全くないから」

絵里「ハラショー……」

527: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:00:46.06 ID:e75OA/GHo
謎飛躍
あとふたつ>>528

528: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:00:54.02 ID:Q0OmujY7o
イオンモール

531: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:22:09.74 ID:e75OA/GHo
穂乃果「へぇー、希ちゃんのご両親って転勤族なんだ」

希「まあ、イオンモールの社員さんやからね。全国のどこにでも行かされるんよ」

穂乃果「すごーい!今はどこにいるの?」

希「南の方」

穂乃果「そこは曖昧にするんだ」

希「ほら、あんまりイオンモールができるの良く思ってない人たちもいるし……商店街の人とか……」

穂乃果「あぁー、うちも潰されかねないかも……アキバになくてよかったぁ」

希「……そ、そうやね」フイッ

穂乃果「やめてよ目を逸らしながら意味深に返事するの!!」

532: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:22:56.16 ID:e75OA/GHo
最後>>534

534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:23:43.84 ID:8fPUlqlXo
りんご

535: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:42:02.84 ID:e75OA/GHo
花陽「桃栗三年?」

凛「凛五年!」

真姫「は?」

花陽「正解っ!」

真姫「イミワカンナイ!」

花陽「あれは凛ちゃんが小学五年生の時……凛ちゃん家の庭にリンゴの木が植えられたの」

凛「あれから五年経ってようやく実が成ったんだよ!」

花陽「その間に凛ちゃんも女としていい感じに成長」

真姫「セクハラと取られてもおかしくないわよそれ」

凛「つまり、リンゴ五年と凛五年を掛けてるわけだにゃー」

真姫「ただの駄洒落じゃない……」

536: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:44:11.85 ID:e75OA/GHo
今回はここまで
明日の安価>>538

538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 21:45:47.26 ID:gMojz+BSO
海女

539: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 19:42:02.29 ID:vdWOl+Kuo
にこ「A-RISEに勝ったからって、ラブライブに簡単に優勝できるなんて思わないことね」

穂乃果「どこのスクールアイドルも可愛いもんね!」

にこ「特に東北の潮騒のメモリーズ……侮れないわ」

花陽「一人は海女さんなんだって」

穂乃果「お坊さんかなにか?」

にこ「その尼じゃない!とにかく、このままで勝てるなんて思ってるならとんだ甘ちゃんね」

花陽「海女さんだけに?」

穂乃果「にこちゃん、その駄洒落はちょっと……」

にこ「今のはわざとじゃないわよ!」

540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 19:42:30.05 ID:vdWOl+Kuo
次>>541

541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 19:44:19.88 ID:wPLvHqmGo
胡蝶の夢

542: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 20:16:07.27 ID:vdWOl+Kuo
穂乃果「もしかしてこれって夢なんじゃ!」

ことり「だとしてもどこから?」

穂乃果「10年後くらい」

ことり「逆に!?」

穂乃果「現実の私は大人で仕事に疲れて部屋で眠ってるんだよそして楽しかった高校時代の夢を見てるんだスクールアイドルに熱中して海外にも行って思いっきり歌って踊るんだ……」

ことり「穂乃果ちゃん疲れてるの!?」


――
――――

穂乃果「はっ……」

ことり「ん……どうしたの?」

穂乃果「空港に降りたらファンのみんなにサインねだられる夢見てた……」

ことり「またまたぁ、そんなことあるわけないって」

穂乃果「だよねぇ……」

――
――――
――――――
――――――――――

穂乃果「はっ……」

穂乃果「寝落ちしてた……昨日はお酒飲んだまま寝ちゃったんだっけ……」

穂乃果「あーあ、スーツのまま寝ちゃった……最悪だよもー」

穂乃果「シャワーでも浴びてもう一回寝よう……」

――――――――――
――――――
――――
――

穂乃果「はっ……」

ことり「ん……どうしたの?」

穂乃果「穂乃果は今一致何歳なんだっけ……」

ことり「寝ぼけてるの?」

543: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 20:18:39.43 ID:vdWOl+Kuo
次>>545

545: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 20:30:29.76 ID:/TQkGH2QO
法被

547: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 20:49:17.58 ID:vdWOl+Kuo
絵里「Happy maker!の衣装が法被じゃない……」

穂乃果「ことりちゃんはそんな駄洒落みたいなことしないよ。ね?」

ことり「う、うん」

希「ちなみにこれが初期案の書いてあるノートなんやけど」

ことり「なんで希ちゃんが持ってるの!?」

希「真っ先に法被書いてあるんよね」

絵里「ことり…!」

穂乃果「ことりちゃん……」

ことり「希ちゃんのいじわるー!」

548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 20:51:02.35 ID:vdWOl+Kuo
なんか駄洒落ネタ多くないすか
次>>549

549: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 20:52:35.52 ID:BM4b4Qu4o
>>465

465: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 23:36:16.74 ID:C/OsDVUYo
九角関係

550: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:20:43.47 ID:vdWOl+Kuo
コロコロッ

花陽「好きだよ、凛ちゃん」

コロコロコロ

凛「真姫ちゃんだーい好き!」

コロコロ

真姫「にこちゃん……好き」

コロッ

にこ「好きなの……希が好きなの!」

コロコロコロッ

希「絵里ち、好きやで」

コロッコロッ

絵里「海未……あなたが好きなの」

コロッコロ

海未「穂乃果が好きなんです!」

コロ

穂乃果「ことりちゃん大好きだよー!」

コロコロコロコロ

ことり「花陽ちゃん、好き」

μ's「…………」

穂乃果「それにしても、全員『隣の人に告白』マスに止まるなんてね……」

希「みんな運がええねぇ」

海未「いや、悪いと言うべきなのでは……」

絵里「結構面白いわね、アイドルすごろく」

花陽「サイコロ振るよー」

551: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:22:05.14 ID:vdWOl+Kuo
あとふたつ>>552

552: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:24:24.45 ID:gNDS2Vgco
もしもμ'sのメンバーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

553: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:52:51.88 ID:vdWOl+Kuo
凛「……」zzZ

花陽「せめて読もうよ凛ちゃん」

554: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:53:18.02 ID:vdWOl+Kuo
散々悩んでこういうのに落ち着く
最後>>556

556: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:54:13.13 ID:/7UxVmM9O
M字開脚

557: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:15:36.52 ID:vdWOl+Kuo
真姫「スノボって結構難しいわね……きゃぁっ!」

希「おっ、ナイスアングル」

真姫「見てないで起こしてよ!」

希「もうちょっと真姫ちゃんのM字開脚姿を眺めとこうかなって」

真姫「全く、スノボでこけたらみんなこうなるでしょ……」

希「ほな、うちは先に下まで降りとこうかな」

真姫「ちょっと、置いていかないでよ!」

希「ごめんね真姫ちゃん、うちは下からみんなのM字開脚を眺めんといかんから」

真姫「――っ!ぜ、絶対希より先に降りなきゃ…!」

558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:17:00.61 ID:vdWOl+Kuo
今日はここまで
いつまで続けようかしら
明日の安価>>560

560: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:19:28.84 ID:pm7oiMRbo
納豆

561: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:01:07.38 ID:00lwL7rko
絵里「納豆ってどうしてもあの臭いがきつくて食べるの躊躇っちゃうわよね」

海未「そんなときは、別の臭いの強い物と一緒に食べるといいらしいですよ」

絵里「へぇ、それはいいことを聞いたわ!」

―翌日―

絵里「おはよう希」

希「うっ……絵里ち、今朝何食べてきたん…?」

絵里「え、納豆だけど?」

希「嘘やろ!他になんか食べたやろ!?」

絵里「あぁ、くさやを一緒に」

希「原因はそれか!」

海未「絵里、本末転倒です」

562: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:01:42.88 ID:00lwL7rko
次>>563

563: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:03:47.05 ID:Cvfn0QPkO
安売り

564: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:11:51.56 ID:00lwL7rko
穂乃果「にこちゃんいつものやったげて!」

にこ「……」

穂乃果「あ、あれ?」

にこ「あのねー、ファンもいないのにそうひょいひょい安売りするわけないでしょ」

穂乃果「私はにこちゃんのファンだよ?」

にこ「にっこにっこにー!穂乃果のハートににこにこにー☆あぁん、どぅめどぅめどぅめ~☆にこにーは、みぃんなのも・の!」

穂乃果(ちょろいなぁ……)

565: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:12:43.30 ID:00lwL7rko
ハートの絵文字の代わりに☆を使えばいいってスクフェスが教えてくれた
次>>566

566: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:13:16.10 ID:ZWtDBm8k0
超巨人アイドル

568: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:34:37.23 ID:00lwL7rko
ツバサ「初めましてμ'sの皆さん、A-RISEの綺羅ツバサです」

あんじゅ「優木あんじゅよ。よろしくね」

英玲奈「……」バンバン

ツバサ「あらごめんなさい、窓を開けてなかったわ」

英玲奈「統堂英玲奈だ」

あんじゅ「英玲奈ちゃんったら成長のし過ぎでとうとうUTXに入らなくなっちゃったの」

英玲奈「大丈夫だ、問題ない」

μ's(あるようにしか見えない……そもそも意味が分からない……)

569: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:35:46.47 ID:00lwL7rko
このスレには○○スーツフェチと巨女フェチがいるらしい
次>>571

571: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:36:41.43 ID:UGc71ri5O
オムライス

573: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:45:35.06 ID:00lwL7rko
にこ「にこにーってぇ、オムライス食べられないんですぅ☆だってだってぇ、ひよこさん可哀想じゃないですかぁ~」

にこ「アイドルならこれくらいキャラ付けしなさい」

真姫「私絶対無理……」

にこ「…………」

にこ「いや、真姫ちゃんは無理しなくても大丈夫よ」

真姫「そ、そう?まあ、やらなくていいんなら別にいいけど」

にこ(サンタさんはいる…とか言う子には必要ないわね)

574: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:46:18.51 ID:00lwL7rko
あとふたつ>>575

575: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:46:28.25 ID:oi0AYa9Mo
くさや

576: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:54:08.40 ID:00lwL7rko
凛「かよちん、嫌いな食べ物ないって本当なの?」

花陽「食べたことあるものは全部大丈夫!」

凛「じゃあ今日は新しい扉を開けてみよう!」

花陽「臭っ!?」

凛「これああんとくさやあよ」←鼻摘まんでる

花陽「え、た、食べろって…?」

凛「かよちんに嫌いな食べ物がないことを証明してもらおうかと」←離れた

花陽「うっ……確かに嫌いなものはないけど食べ物に限るよぉ……」

凛「サラッと冒涜してるにゃ」

花陽「うぅぅぅ誰か助けてぇぇぇぇぇぇぇ!」パクッ

花陽「あ、おいし」

凛「またかよちんのユメノトビラが開いちゃったにゃー」

577: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 20:54:40.95 ID:00lwL7rko
最後>>580

580: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 21:00:11.94 ID:tEXvSEXiO
特撮ヒーロー希

581: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 21:15:05.30 ID:00lwL7rko
ことり「希ちゃんの衣装考えてみたよー」

希「どれど裸やんっ!!!」

ことり「ごめんごめん間違えちゃった。ほんとはこっち」

希「ほうほう、これはヒーロースーツみたいな感じ?」

ことり「うん!希ちゃんには正義のヒーローをやってもらおうかなって」

希「へぇ、コンセプトは面白そうやね」

ことり「ストーリーはまず、世界をトマトの海に沈めようとするサモ・ハン・マキンポーに捕まったところから始まるの」

希「どこかで聞いた名前……」

ことり「そしてお仕置きの数々に耐えながら希望を失わない希ちゃん、でも心は次第に堕ちていって―――」

希「それええの!?正義のヒーローとしてええの!?」

ことり「最終的にアヘ顔に」

希「ダメやん!」

ことり「そして裸で街中に放り出される」

希「最初の絵はこれかー!」

ことり「以上だよ」

希「怒ってるん!?この前法被のノート勝手に見せたこと怒ってるん!?」

ことり「ほわっつ?ナンノコトデスカー?」

582: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 21:17:33.55 ID:00lwL7rko
ことりの方向性が迷子
平日20レスくらいずつ進めて土日頑張れば9月上旬には1000いけるか
明日の安価>>584

584: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 21:18:03.23 ID:oi0AYa9Mo
メイド

586: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 20:47:52.63 ID:A1yqSqeZo
「よーし、負けた人ジュースおごり!」
「あー絵里ちゃんずるーい!」
「あとメイド服を着て一位の人のメイドになること」

その瞬間、本気で駆け出した綾瀬絵里を見たμ’sのメンバーは全てを理解した。
言葉に強制力などなく、本来なら誰もが笑って流してしまえばそれで終わるような戯言だった。
だが彼女の走りはそれを許さなかった。
無言の決意がそこに現れていたのだ。

これは本気でメイドをやらせるつもりだ……と。

真っ先に体を動かしたのは園田海未だった。
メイド服を着るなど彼女にとって耐え難い羞恥であり、断固として回避すべき事案だった。
元々部活動をしていた彼女は、体力はメンバーの誰よりも高く、日々の鍛錬が功を奏して走りも安定していた。
その後ろに迫る影が一つ―――星空凛である。
スタートしたのはかなり遅く、普通ならば簡単に追いつけるものではないが、彼女の天性の運動神経がそれを可能にしている。
彼女もまた、メイド服のような可愛らしい服を着ることに抵抗と覚えていたのだ。
それを追いかけるのは、絵里以上に一位になりたい東條希だ。
元来悪戯好きの彼女に、絵里から与えられた天啓。
メイドになった人間に悪戯し放題の機会を逃す手はないと、彼女もまた本気で駆けている。

トップの綾瀬絵里、追従する園田海未と星空凛、そして東條希。
それに続くのは高坂穂乃果、矢澤にこ。
彼女たちの思考はいかに最下位にならないかであり、元よりメイドになるつもりもメイドを仕えさせるつもりもない。
体力を温存しつつ追い抜かれないように走ればよいのだ。
しかしそれ故に、そう考えてしまうが故に、いつでも最下位になる可能性はある。

そしてメイド争いをしている西木野真姫、南ことり、小泉花陽。
彼女たちは数秒毎に順位を変えながら、決して前方の二人からは離れない距離を保っている。
すなわち、ゴール目前でのダッシュによる抜き去り。
そこに全てを賭けるつもりなのだ。

問題が起こったのはゴール直前のコーナーだ。
なんと、最もご主人様に近かった絵里が通行人にぶつかってしまったのだ。
すぐに追いついたリリーホワイトの三人は、しかし絵里に一瞥もくれず足を止めなかった。
非情であろうか。
否、これは闘いなのだ。
ここで手を差し伸べることこそ本気である彼女たちに対して非礼なのだ。
謝罪の言葉を述べ終わる間もなく、穂乃果たちが次々と順位を上げていく。
一方的に頭を下げ再び競争に加わった絵里の前には、まだ真姫たちの下位グループが見える。
焦っていた絵里であったが、十分追いつき、追い抜ける距離であった。
彼女はラストスパートを掛ける。
あと少しで目の前の花陽に届く。

刹那―――。

花陽の脚力は限界を超えて加速する。

切り札のラストスパートだ・

そのスピードは、絵里にしてみれば決して速いわけではない。
しかし序盤から最高速を維持していた彼女の体力、筋力、精神力は、目の前の事象についていけなかった。
彼女が徐々に失速したのは、ゴール目前で自分以外の全員がそこにいたからだ。

言い出しっぺの法則。

綾瀬絵里は星空凛のメイドへとその身を堕とすことになったのである―――。

587: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 20:48:36.56 ID:A1yqSqeZo
なんで俺こんな話書いてんだろう
次>>588

588: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 20:52:19.05 ID:MVzdx7zJo
ことり殺人事件

589: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:18:28.32 ID:A1yqSqeZo
海未「大変ですことりが殺されました!」

凛「な、なんだってー!」

説明しよう!

3分探偵とは――!

どんな難事件でもカップラーメンができるまでの3分で無理矢理解決してしまう名探偵なのだ!

海未「部室に入ったらことりが顔面血だらけで倒れてて……」

凛「ことりちゃんの周りには今まで使った衣装がたくさん……」

海未「まさか衣装で滑って転んだなんてことはないとも思いますが」

凛「にゃっ!?それ今凛が言おうとしてたのに……」

海未「一体どうしてことりがこんなことに……うぅっ……」

凛「あ、これ全部海未ちゃんの衣装だ」

海未「えっ」

凛「きっとクンカクンカしすぎて鼻血出して倒れちゃったんだね、間違いないにゃ!」

海未「そんなわけありますか!」

凛「これにて事件解決ー!ちょうどラーメンもできたし」

ことり「んん……」

海未「ことり!生きていたのですか!」

ことり「はわわっ海未ちゃん…!?」

海未「何故こんなところで血まみれで倒れていたのですか!」

ことり「えっと、その……海未ちゃんの衣装の匂いを嗅いでたら鼻血が出てきちゃって気絶を……」

海未「……」

凛「このラーメン失敗だったにゃー」

590: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:18:48.35 ID:A1yqSqeZo
次>>592

592: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:22:23.01 ID:xSeLZ73a0
アーチェリー

593: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:37:26.57 ID:A1yqSqeZo
海未「……」スッ

ヒュッ パーン

にこ「弓道って点数とかあるの?」

海未「ないですよ。基本的には的に中ったか中ってないかで判定します」

にこ「じゃああの模様はなんなのよ」

海未「ただの模様です。あの方が狙いがつけやすいとか、そんな理由でしょう」

海未「ちなみに、的の枠に刺さっても中ったと判定されますよ」

にこ「そんなんでいいの!?」

海未「『的を射る』という言葉は、的確に要点を捉えることを指していますが、案外大雑把にでも把握できていれば使ってもいいのかもしれませんね」

にこ「いやダメでしょ……それにしても、点が付かないなんてつまんないわね」

海未「アーチェリーと違って、和弓は正確性に欠けますからね。飛距離も全然違いますし」

にこ「アーチェリーの方が面白そうじゃない」

海未「私は弓道の静かな雰囲気が好きなんです……それに精神力も鍛えられます」

にこ「ふーん……」

海未「さて、もう一本……」スッ

にこ「らぶあろーしゅーとぉー」

海未「ッ!???!!?」カランカラン

にこ「矢が落ちたわよ」

海未「ど……どこでそれを……」

にこ「とある筋の情報でね」

海未「うわわぁぁぁぁっ!」ダッ

にこ「……精神力が鍛えられる、ね……」

594: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:37:55.05 ID:A1yqSqeZo
あれ、弓道の話しかしてない…
>>595

595: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:39:38.48 ID:2/jGvDZHO
防護服

596: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:53:43.91 ID:A1yqSqeZo
真姫(――っ!パパが防護服を着てる……もしかして、感染症か何かの患者さんが…!?)

真姫(もしそうだったらパパには迷惑かけられないし、あんまり接触しない方がいいのかな……)

真姫父(ママが蜂の巣が庭にできたっていうから完全防御で挑んだのに、手の平サイズじゃないか……)

真姫父(しかも蜂の巣コロリで一撃とはな)

この日から娘に避けられ始めた父親
本当の理由を知るのはまだ先のお話……

597: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:54:09.55 ID:A1yqSqeZo
次>>598

598: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:55:06.01 ID:P4eZWr3n0
バンドに挑戦

599: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:13:54.93 ID:A1yqSqeZo
BiBi

Vo&G:MAKI B:NICO2 Dr:ELLY

Printemps

Vo&B:ほのか G:ことり Dr:はなよ

lily white

Vo&J:海未 M:希 R:凛


希「……うちらだけおかしない?」

凛「Rってなんなの?」

海未「それはリンです」

凛「凛?」

海未「いえ、鈴の方の鈴です。お坊さんがチーンと鳴らすあれです」

凛「あー、あれね」

希「なんでそれが出てくるん!?ほなうちのMは!?」

海未「木魚です」

希「そうやと思った!」

凛「じゃあ海未ちゃんのJって……」

海未「Juzzです」

希「やっぱ数珠やん!っていうかJazzみたいに言わんといて!!」

凛「これでバンドやったらリリホワじゃなくてBo'zって言われちゃうにゃー」

希「それどこかで聞いたことあるネタやん……パクリやん……」

600: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:14:34.68 ID:A1yqSqeZo
次>>601

601: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:18:15.66 ID:kSJY3XsqO
不思議の国のホノカ

602: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:36:50.19 ID:A1yqSqeZo
不思議の国のホノカ症候群とは、見たものがだいたい穂乃果に見える症候群である。

花陽「ごほっごほっ……はぁ……風邪辛い……」

花陽「みんな元気にしてるかな……ごほっ」

ピンポーン

花陽「はぁ……」

花陽母「花陽、お友達がお見舞いに来てくれたわよ」

穂乃果「花陽ちゃん大丈夫?」

花陽「あぁ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「かよちんが風邪引いてて真姫ちゃんも寂しがってたにゃー」

花陽「へっ?」

穂乃果「べっ、別にそんなことないわよ!」

花陽「あれれれ?」

穂乃果「それより風邪の方は大丈夫なのですか?」

花陽「えぇっと?」

穂乃果「まだ安静にしてた方がいいみたいね」

穂乃果「そうやね。明日には元気になるとええね」

穂乃果「仕方ないわねー、にこにーがとっておきのおまじないを―――」

穂乃果「にこちゃん、花陽ちゃんを寒がらせたらダメだよ」

穂乃果「どういう意味よ!」

花陽「は、はわわ……」バタッ

穂乃果「花陽ちゃん!?しっかりして!」

穂乃果「花陽!」

穂乃果「かよちん!」

花陽「ダレカタスケテェェェ」

603: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:37:52.52 ID:A1yqSqeZo
600も突破
あとふたつ>>605

605: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:38:29.63 ID:PCWF4CLZO
統堂さん

606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:48:50.83 ID:A1yqSqeZo
穂乃果「統堂さん」

英玲奈「英玲奈、で構わないが」

穂乃果「統堂さんはどうしてそんなに歌がうまいんですか?」

英玲奈「昔から歌うのが好きで、ヤマハに通っていたからな……英玲奈、で構わないが」

穂乃果「なるほどー、それが統堂さんの原点なんですね」

英玲奈「英玲奈、で構わないが…構わないが!」

穂乃果「統堂さんの踊りは誰かに教わったんですか?」

英玲奈「英玲奈だが!英玲奈で構わないが!」

607: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:49:36.24 ID:A1yqSqeZo
統堂さんはもう普通に書ける気がしない
最後>>608

608: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 22:52:22.39 ID:8l/c+5b60
妖精のツバサ

609: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 23:07:12.13 ID:A1yqSqeZo
ツバサ「妖精の羽って虫っぽいわよね」

あんじゅ「どうしたのいきなり?」

ツバサ「いや、なんとなくだけど。大体妖精をイメージすると虫の羽ばっかりつけてるじゃない」

あんじゅ「でも、蝶々の羽とか綺麗だと思うわ」

ツバサ「虫なことに変わりはないじゃない」

あんじゅ「そうだけど……」

ツバサ「かといって鳥の翼にしちゃうと天使っぽい感じになっちゃうしね」

あんじゅ「確かに天使といえばそっちよね」

ツバサ「これは巧妙に仕組まれた天使の策略ね……妖精のイメージダウンを狙ってるんだわ」

あんじゅ「天使なのにやることが姑息ね……」

610: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 23:07:53.85 ID:A1yqSqeZo
オチが弱いとか知らない
今日はもう寝る
明日の安価>>612

612: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 23:12:19.04 ID:wfpEdquIO
あんじゅの秘密

614: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 15:10:54.82 ID:9NobAUcKo
あんじゅ「ねえパパ、どうして私はあんじゅって名前になったの?」

あん父「……とうとうお前にも話す時が来たか」

あんじゅ「…?」

あん父「お前の本当の名前は、『あんず』になる予定だったんだ」

あんじゅ「へ?」

あん父「ただな、お袋に役所に提出する紙を書いてもらってたんだが、パパ緊張してあんずのことをあんじゅって言ってしまったんだ」

あん父「それに気付かず、お袋はあんじゅと書いて役所に提出してしまった……」

あん父「すまないあんじゅ……全部パパが悪いんだ……」

あんじゅ「……いいのよパパ。どんな名前でも、パパたちの娘に生まれてよかったわ」

あん父「あんじゅ…!ありぎゃとう!」

あんじゅ「でもいい加減、大事なところで噛む癖を治してね」

615: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 15:11:23.01 ID:9NobAUcKo
また謎設定を増やしてしまった
次>>616

616: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 15:12:18.39 ID:svL8qJ+to
アライズと下町

617: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 15:42:00.82 ID:9NobAUcKo
ジュー ジュー

ツバサ「……」

あんじゅ「……」

英玲奈「……」

ジュー ジュー

ツバサ「どうしてもんじゃ焼きを食べに来たのかしら」

あんじゅ「じゃんけんであいこになったからでしょう」

英玲奈「しかし、もんじゃ焼きとはなかなかにえげつない見た目をしているな……」

ツバサ「下町ではこういうもんじゃ焼きを食べるのが普通なのね」

あんじゅ「私達こういうところに来るの初めてだものね」

英玲奈「普通に焼いているだけでいいのだろうか……」

<もうこうなったら全部入れちゃえばいいでしょ!

<全部ってラーメンもワッフルも!?

<無理だよー!

英玲奈「……なるほど、もんじゃには色々なトッピングをするのだな」

あんじゅ「いや、あれは違うんじゃ―――」

ツバサ「そうだ、私ガム持ってるけど入れる?」

あんじゅ「逆になんで入れていいと思ったの!?」

英玲奈「構わないだろう。私もチョコレートを入れようと思っていたところだ」

ツバサ「じゃあ早速―――」

あんじゅ「待って待って!私達もんじゃ焼きは初めてなんだから、まずは素の状態を味わうっていうのはどうかしら?」

英玲奈「だが他の客は―――」

あんじゅ「物足りなかったら後から入れればいいんじゃない…?」

ツバサ「それもそうね」

これぞ他と一線を画すスクールアイドルA-RISEの危機回避能力である

618: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 15:42:30.30 ID:9NobAUcKo
A-RISEネタ増加中
次>>620

620: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 15:55:35.98 ID:1aPEdPXKO
おでん

621: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 16:22:49.32 ID:9NobAUcKo
希「冬といえばやっぱりおでんやね」

凛「おでんといえば大根に卵、ちくわ!いろいろあってどれから食べようか迷うにゃー」

花陽「熱々おでんには御飯だよねぇ」

絵里「え、花陽っておでんをご飯で食べられる人?」

花陽「普通じゃないの?」

希「うちも食べるけど、おでんは主食扱いでご飯はいらないって人多いよね」

花陽「そんな!御飯こそが主食であっておでんはおかず!これは譲れないよ!!」

凛「凛はご飯なくても食べられるよ!」

絵里「私もない方が好きなのよね」

花陽「そ、そんな……百歩譲ってパンは主食でもいいけど、流石におでんは……」

絵里「そういえば、亜里紗はおでんは飲み物だと思ってたらしいわ」

花陽「飲み物ならまだ許せる……」

希「そこで折り合いつけてええの…?」

622: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 16:24:03.14 ID:9NobAUcKo
次>>623

623: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 16:26:01.07 ID:M9T5FgVKO
10年後

624: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 16:55:14.40 ID:9NobAUcKo
デデンデンデデン

海未「……」

にこ「ちょっとあんた、なんで裸なの!?」

海未「いい服ですね、貰い受けます」

にこ「ちょっまっいやぁぁぁああああ!!!」


海未「高坂穂乃果、あなたを拘束します」

穂乃果「なんで!?」

ことり「こっちに来て!」

穂乃果「あなたは…?」

ことり「私は……私は10年後の世界からあなたを守るために来たの!」

穂乃果「あの人は!?」

ことり「彼女はウーミネーター……穂乃果ちゃんをダラダラしたりしない真人間にするために送り込まれたロボットなの!」

穂乃果「ドラ○もんか何か!?」

ことり「違うよウーミネーターだよ」

海未「穂乃果を鍛えるのが私の使命なのです」

ことり「ダメだよ!穂乃果ちゃんにはダラダラしてもらって私のヒモになってもらうの!」

ことり「そして一生私と一緒にいてもらうの!」

穂乃果「えぇー……それはそれでどうなんだろう……」

625: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 16:56:29.05 ID:9NobAUcKo
既にありそうなネタ
次>>627

627: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 16:57:23.05 ID:26Yrcea7o
子供はどうやってできるのか

628: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:05:42.72 ID:9NobAUcKo
凛「真姫ちゃん真姫ちゃーん!」

真姫「なに?」

凛「子供ってどうやってできるか教えてー!」

真姫「ヴェェ!?」

凛「真姫ちゃんのお父さんってお医者さんなんでしょ?真姫ちゃんもこれくらい知ってるよね?」

真姫「知ってる、けど……」

凛「教えてー!」

真姫「やっぱり嘘!知らないからっ!!」

凛「またまたー、そんなこと言ってほんとは知ってるんだにゃー?」

真姫「なんでよ!」

凛「だって誰も教えてくれないし、真姫ちゃんなら知ってると思って」

真姫「うぅ……」

凛「さあ早く!」

真姫「こ、子供っていうのは……まず男女が愛し合って結婚して……」

凛「その後は!?」

真姫「それでその……」

凛「うんうん!」

真姫「……………………」

凛「カモン!」

真姫「続きはWebで!」ダッ

凛「あぁー逃げた!」

凛(もう少しで真姫ちゃんの口からあんな行為やこんな行為のこと聞き出して辱められたのに……次は逃げられない場所でやらなきゃ)

629: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:06:28.25 ID:9NobAUcKo
次>>630

630: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:07:07.43 ID:svL8qJ+to
マスコットin海未

631: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:27:53.89 ID:9NobAUcKo
とある遊園地

海未(暑い……マスコットのアルバイトとはこうも地獄なのでしょうか……)

子供「おらおらー!中身見せろやー!」

ガキ「くらえー!」

海未「ちょっと、やめてください!」

海未(くっ、手が出せないと思っていい気に……しかし本当にどうすれば……)

スタッフ「はいはーい、あんまりイジメてあげないでねー」

子供「ちぇー」

海未「ありがとうございます、助かりま―――」ドンッ

海未「……え、なぜ肩パンを…?」

スタッフ「マスコットが喋るな」

海未「あっ、は―――」ドンッ

スタッフ「な?」

海未「……」

海未(帰りたい……)

632: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:28:21.57 ID:9NobAUcKo
次>>634

634: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:33:39.46 ID:ScbYrTxDO
四国

636: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:54:01.05 ID:9NobAUcKo
にこ「四国中央市って、何県なの?」

穂乃果「そりゃ、四国の中央の……どれ?」

にこ「愛媛、高知、香川、徳島……真ん中には何もないじゃない」

穂乃果「そもそも穂乃果、四国のことは香川のうどんぐらいしか詳しく知らないんだけど」

にこ「あのねぇ、愛媛のみかんがあるでしょ」

穂乃果「他は?」

にこ「えっと、高知のカツオと……あと徳島は……あ、確かスダチが有名なのよ!」

穂乃果「へぇー」

にこ「そんなことより!結局何県なのよ四国中央市とかいう大層な名前の付いた街があるのは!」

穂乃果「うーん、もう四国中央県でいいんじゃないかな」

にこ「それだと五国になるじゃない!」

真姫「愛媛よ」

637: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:55:16.85 ID:9NobAUcKo
次>>638

638: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 17:55:24.69 ID:azG4zNYLo
夏休みの宿題

639: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:38:38.75 ID:9NobAUcKo
穂乃果「いやー、夏休みはイベント満載だったしライブの練習もあったし!」

凛「宿題やる暇なんてなかったよねー!」

にこ「仕方ないわよねー!」

海未「へえ……ではなぜ私達は終わっているのでしょうね」

3人「返す言葉もございません……」

真姫「ま、予想通りといえば予想通りよね」

希「ちゃんとサボらないように見ててあげるから、頑張ってね」

凛「手伝ってくれないの!?」

絵里「自分の力でやらないと意味ないでしょ」

花陽「分からないところは教えてあげるからね」

ことり「終わったらお菓子用意してるから頑張ってね!」

にこ「分かったわよ、やればいいんでしょやれば!このくらい、にこにーには楽勝よ!」





穂乃果「終わった……」

凛「長い戦いだったにゃー……」

にこ「もう何もできそうにないわ……」

ことり「そっか、それなら良かった……」

3人「……?」

花陽「その、お菓子もうなくなっちゃってて……」

3人「…………」

ことり「ごめんね!」

3人「…………」

絵里「気絶してる……」

640: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:39:08.76 ID:9NobAUcKo
ゆるい
次>>642

642: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:43:00.62 ID:qfJNUhhQO

643: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:54:21.88 ID:9NobAUcKo
希「希パワーたーっぷり注入!はーい」

プシュー

絵里「希…虫除けスプレーかける度にそれ言うのって、正直どうなの?」

希「効き目が段違いよ。なんなら左側は言わずにかけてあげるけど」プシュー

数時間後――…

絵里「左腕と左足ばっかり蚊に噛まれてる……」

644: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:54:53.34 ID:9NobAUcKo
次>>645

645: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:00:31.16 ID:VJu0JIvJO
ポンコツ仮面

646: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:18:00.37 ID:9NobAUcKo
凛「悪の親玉ミナリンスキーだにゃ!」

花陽「誰か助けてぇー!」

ことり「うふふふ、世界中の人をことりのおやつにしちゃいますよー」

???「待ちなさい!」

ことり「またことりの邪魔をするんだねPKE……ううん、ポンコツ仮面エリーチカ!」

絵里「あなたの思い通りにはさせないわ!」

ことり「……変身するまで待ってあげるから」

絵里「あっ」

キュピーン チカァッ

エリーチカ「エリーチカ、見~~~~参ッッッ!!」

ことり「今日こそ決着をつけてあげるっ!」

エリーチカ「いくわよ―――」prrrrr

ことり「もう!来る前にマナーモードにしといてよ!」

エリーチカ「ごめんなさい……もしもし、亜里紗?今私忙しいんだけど……えっ……お婆様が帰ってきてるの!分かったわ、すぐ戻るから!」ピッ

ことり「終わった?」

エリーチカ「ごめんなさい、エリチカおうちに帰るわ」

ことり「へっ」

エリーチカ「勝負はお預けよ!」

ことり「……これで何度目だっけ…………」

647: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:18:50.46 ID:9NobAUcKo
ポンコツの方向性が違う気がする
次>>649

649: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:26:40.08 ID:Y7+KzVfqO
kskしておこう

651: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:36:28.49 ID:9NobAUcKo
穂乃果「雨止めー!」


神「うわっ、なんかJKが叫んでる……でも可愛いから特別にksk起こしておこう」


穂乃果「本当に止んだ!」

μ's「奇跡だ……」

652: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:37:25.52 ID:9NobAUcKo
次は9時くらいですかな
>>655

655: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 19:42:01.29 ID:W46Z4WwJO
ぶる~べりぃ暴走列車

656: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:47:31.35 ID:9NobAUcKo
ことり「たいへんっ電車よ~いそげっ!」





























「次のニュースです。本日正午過ぎ、乗客を乗せた電車が突然暴走を始めました。
 電車は徐々に速度を上げ、各駅停車を無視して走行を続けました。
 電車は30分ほど走り続けた後、停止しました。
 運転手は調べに対し、『突然頭の中に声が聞こえた。初デートの女の子を遅刻させてはいけないと思った』などと供述しており、警察では―――」

657: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:48:09.60 ID:9NobAUcKo
次>>658

658: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 21:48:30.26 ID:0zM3sAOs0

巨大怪獣ミナリンスキー

659: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:10:00.34 ID:9NobAUcKo
ミナリンスキー「みぎゃーっす!」

凛「大怪獣ミナリンスキーが暴れてるにゃ!」

花陽「誰か助けてぇー!」

???「待ちなさい!」ズトーン

凛「あっ!ウミトラマンが来てくれたにゃ!」

ミナリンスキー「ぎゃおー!」

ウミトラマン「何故暴れているのですか!馬鹿な真似はやめなさい!」

ミナリンスキー「ぎゃーす!」

ウミトラマン「せっ!」プリッ

ミナリンスキー「目がっ!」

ウミトラマン「さあ、理由を話して御覧なさい」

ミナリンスキー「……体が大きければその分大きいチーズケーキが食べられると思って」

ウミトラマン「……えぇー」

660: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:10:49.70 ID:9NobAUcKo
今日はことり多い気がする
次>>662

662: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:13:48.26 ID:W46Z4WwJO
カミノケギュインギュイン

663: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:30:15.33 ID:9NobAUcKo
真姫「…………」カミノケクルクル


にこ「何があったのよ。部室に来てから一言も喋らず髪の毛いじってばっかり」

花陽「私にもわからなくて……」


真姫「…………」カミノケクルンクルン


にこ「心なしか髪の毛を回す手振りが大きくなってるわよ」

花陽「何か悩んでるのかな……」


真姫「…………」カミノケグイングイン


にこ「今度は回すだけじゃなくて上下にも降り始めたわよ」

花陽「悩みすぎておかしくなってるのかな……」


真姫「…………」カミノケギュインギュイン


にこ「とうとう両手でいじり始めたわよ!」

花陽「なんかもうしっちゃかめっちゃかに動かしてるね!」

真姫「はぁ……」

花陽「真姫ちゃん、落ち着いた?」

真姫「あぁ、ごめん。いまいち髪型が決まらなくって」

にこ「そりゃそうでしょうよ!」

664: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:31:31.76 ID:9NobAUcKo
あとふたつ>>665

665: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:32:05.62 ID:e8ogoPfd0
一人旅

666: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:44:40.79 ID:9NobAUcKo
女性シンガー「この国をずっと一人旅してたんだけど、ここで歌ってみようって決めたんだ」

穂乃果「すごーい!どこら辺から旅を始めたんですか?」

女性シンガー「君はどこの空港に降りたの?」

穂乃果「え、ここから一番近いやつだったはずですけど」

女性シンガー「おんなじだね!」

穂乃果「短い一人旅ですね!?」

667: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:45:55.99 ID:9NobAUcKo
最後>>669

669: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 22:53:55.94 ID:Dt9qCWGPo
留年

670: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:07:20.97 ID:9NobAUcKo
穂乃果「真姫ちゃんは一年生なのに大人っぽいねえ」

真姫「別に、普通でしょ……」

穂乃果「なんでそんなに大人っぽいのかなぁ」

真姫「ま、きっと私が完璧だから―――」

穂乃果「ほんとは留年してて一年生は三回目とかなんじゃ……」

真姫「そんなわけないでしょ!」

穂乃果「そっか!それなら勉強ができることも説明がつく!」

真姫「人の努力を留年のせいにしないでくれる!?」

671: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 23:10:33.18 ID:9NobAUcKo
かなり進んだなぁ
今日はここまで
明日の安価>>674

674: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 00:05:11.98 ID:CeHGbH+Bo
シンデレラにこ

675: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 19:41:59.62 ID:VacWKmGao
ヒデコ「これより、μ'sによる『にこデレラ』を開幕いたします」

フミコ「昔々、あるところににこデレラという少女がおりました。にこデレラの両親は死んでしまい、継母の家で暮らすことになったのです」

絵里「あなたがにこデレラね?これからはコキ使ってあげるザマス!」

にこ「にっこにっこにー!よろしくお願いしますにこー!」

絵里「……とりあえず食事から作ってもらうザマス」

ミカ「継母と三人の娘はとっても意地悪で、シンデレラに家事を全てやらせ、汚い服と少しの食事しか与えませんでした」

希「まさかにこデレラが料理できるとは思わんかったなあ」」

花陽「確かに料理は美味しい……でも御飯の炊き方がなってないよ!何度も言ってるでしょ、御飯を炊くときは―――」

穂乃果「花陽お姉ちゃん、ご飯中は静かに」

ヒデコ「そんなある日お城で舞踏会が行われることになりました。でもにこデレラは留守番を任されてしまいました」

にこ「くっ……にこの可愛さを王子様にアピールできないなんて……あぁ、なんてにこは可愛そうなの……」

フミコ「すると突然、にこデレラの前に魔女が現れたのです」

凛「あなたに魔法をかけてあげましょう!リン・リン・リンガベー!」

ミカ「にこデレラの服はあっという間に綺麗なドレスになり、裸足の足にはガラスの靴が、ネズミは馬に、かぼちゃは馬車になりました」

海未「ヒヒーン!」

にこ「ただでさえ可愛いにこにーがさらに可愛くなっちゃうなんて…!」

凛「さあ、これで舞踏会に行くにゃ!ただし、魔法は午前0時に解けちゃうから気を付けてにゃ」

ヒデコ「お城では舞踏会が開かれていました。しかし王子様は誰とも踊っていません。婚約者と決めた相手としか踊るつもりはなかったのです」

真姫「なかなかいないわね、このパーフェクトで美しい私にふさわしい相手は……」

にこ「にっこにっこにー!真姫王子、ダンスの相手をしていただいてもよろしいにこ?」

真姫「……どこかにいないかしらねー」

にこ「し・て・い・た・だ・い・て・も?」

真姫「普通にお願いしなさいよ……」

フミコ「王子とにこデレラのダンスはとても素晴らしい物でした。踊ってすらもらえなかった継母や姉妹は心底悔しそうにしています」

絵里「ぐぬぬ……もういい!エリチカおうち帰るザマス!」

穂乃果「待ってよお母さん!」

花陽「美味しい……こんな豪華な料理、家じゃ絶対食べられないよぉ」

希「帰るで花陽ちゃん」

ミカ「時間はあっという間に過ぎ、とうとう午前0時が近づいてきました。シンデレラは帰らなければなりません」

にこ「さようなら王子……にこは帰らなきゃダメなのっ!」

真姫「待っ……もう行っちゃった……ん?あれは、ガラスの靴?」

ヒデコ「王子様はその靴の持ち主を探すことにしました」

ことり「すみませーん、こちらのお宅ににこという名前の娘さんはいらっしゃいますか?」

絵里「にこデレラという名前の者ならいるザマスけど」

ことり「きっとその人だね。一応この靴を履いて確認してもらわなきゃいけないんだけど」

フミコ「にこデレラは自分のことを『にこ』と呼んでいたので、探すのは簡単でした」

真姫「やはりあなただったのね……私と結婚してほしいの!」

にこ「仕方ないわねー……にこがお嫁さんになってあげるわ!」

ミカ「こうしてにこデレラと王子様は幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし」

676: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 19:43:17.94 ID:VacWKmGao
真姫王子の時のリサイクル、ついでにザマス絵里
次>>677

677: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 19:43:23.44 ID:qkSn9o2No
みそ汁

679: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 19:57:58.17 ID:VacWKmGao
穂乃果「これから毎朝俺に味噌汁を作ってくれないか」

真姫「……」

穂乃果「って言う告白のセリフあるでしょ?」

真姫「いきなり何事かと思ったわ」

穂乃果「もしパン派だったらなんて言うんだろう」

真姫「毎朝俺にトーストを焼いてくれ、とかじゃないの」

穂乃果「なるほど、それいいね!」

真姫「それ聞いてどうするのよ」

穂乃果「毎朝私ににトーストを焼いてくれない?」

真姫「……」

穂乃果「……」

真姫「…………」

穂乃果「…………」

真姫「………………えっ…?」

680: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 19:58:28.49 ID:VacWKmGao
みんなも使ってみよう
次>>682

682: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 20:01:55.98 ID:lTM+akdE0
大日本帝国

683: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 20:23:32.91 ID:VacWKmGao
ことり「ううぅぅっ……火垂るの墓は何回見ても泣いちゃうよね……」

希「うちもや……」グスッ

海未「大日本帝国の時代が終わる頃……このような話も、当たり前のように起こっていたのでしょうね……」

ことり「可哀想だよぉ……」

希「なんで蛍すぐ死んでしまうん?」

ことり「節子ちゃぁぁぁぁんんんっ!!!」

海未「それは蛍が成虫になった後水しか飲まず求愛活動をしていて―――」

希「海未ちゃん、感動が薄れるからあとで聞くね」

684: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 20:24:22.33 ID:VacWKmGao
ネタが浮かばなかった…
次>>685

685: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 20:25:26.57 ID:InmeDNotO
保育士 穂乃果

686: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 20:50:03.89 ID:VacWKmGao
虎太郎「みゅーずー」

穂乃果「はわぁ~、虎太郎君柔らかぁ」プニプニ

にこ「悪いわね、虎太郎の相手してもらっちゃって」

穂乃果「可愛いなぁ」ナデナデ

にこ「さてと、今のうちに洗濯物片付けなきゃ」

穂乃果「癒される~」ペチペチ

にこ「なんか仲良くなれそうじゃない」

穂乃果「弟にしたいよぉ~」サワサワ

虎太郎「いもうとー」

にこ「穂乃果でよかったわ、同じレベルだからちょうどいいのかしらね」

穂乃果「にこちゃん酷くない!?」

虎太郎「ふぁいとー」

687: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 20:51:03.21 ID:VacWKmGao
次>>689

689: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 20:51:38.85 ID:bPeAqCqHO
坂本龍馬

692: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 21:26:34.86 ID:VacWKmGao
亜里紗「日本だと坂本龍馬さんが人気なんだね」

雪穂「日本の偉人さんだからね。尊敬してる人も多いよ」

亜里紗「そんな偉い人からなんで私達の担任みたいな人が生まれたんだろう」

雪穂「別に全国の坂本さんが龍馬の子孫なわけじゃないよ」

693: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 21:30:56.13 ID:VacWKmGao
次>>694

694: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 21:31:00.57 ID:VxQKnGNno
誘惑プランタン

695: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 21:56:25.59 ID:VacWKmGao
花陽「これが噂のチョコレート…!」

穂乃果「海未ちゃんこれをどこで!?」

海未「これは真姫からあなたたちにと預かってきた分です」

ことり「食べていいの!?」

海未「そう思ったのですが……なぜ練習もせず、だべっているのでしょうか」

穂乃果「いや、ほら、今は休憩中っていうか……」

海未「おかしいですね。練習が始まって30分ほどしか経っていないのにもう休憩ですか」

花陽「えっと、ちょっとお喋りしてから始めようって言ってんだけど、なかなか始まらないっていうか……」

海未「分かりました……これは練習が終わるまでお預けということにします」

穂乃果「待ってよ海未ちゃん!」

海未「なんですか、練習する気に―――っ!?」

ことり「海未ちゃん…お願ぁい……」

海未「くっ……その手にはもう乗りません!」

花陽「海未ちゃん…お願いだからぁ……」

海未「花陽まで……」

穂乃果「海未ちゃん…お願いっ!」ギュッ

海未「……穂乃果を見たら正気に戻りました」

穂乃果「なんで!?」

海未「穂乃果は甘やかしては駄目だともう心に刻まれているからでしょうね……とにかく練習をしてください!」

ことり「んみちゃぁん……」

海未「……わ、分かりました……渡します……」

ほのぱな(ことりちゃんに勝てないのも心に刻まれてるんだ……)

696: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 21:57:00.57 ID:VacWKmGao
あとふたつ>>698

698: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 21:57:33.56 ID:aqpE3RGaO
バイクライダー絵里

700: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 22:13:45.37 ID:VacWKmGao
希「まさか絵里ちがバイクに乗りたいなんて言うとわなあ」

絵里「昔ライダースーツを貰ったのを思い出してね。せっかくだから使ってみようと思ったのよ」

希「どれに乗りたいかは決めてるん?」

絵里「正直全然。だからこうしてカタログとか眺めてるんだけど……」

希「あっ、これでええんやない?絵里ちにぴったりやと思うよ」

絵里「へぇー、黒くてかっこいいわね……名前は、エリミネーター……」

希「な?」

絵里「駄洒落じゃない!」

701: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 22:15:22.72 ID:VacWKmGao
700も突破
最後>>702

702: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 22:15:46.53 ID:zUxFIVcrO
こころあ

703: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 22:47:01.53 ID:VacWKmGao
花陽「じゃあ、今日は私先に帰るから」

凛「ばいばーい!」

真姫「最近花陽ってば、いっつも一人で帰ってるわよね」

凛「そうなんだよねー。理由が分からないんだにゃ」

真姫「心当たりはないの?」

凛「ダイエット……」

真姫「またやってるの!?気にしすぎなんじゃないかしら」

凛「もしくはアイドルグッズを買うためのアルバイト……」

真姫「ありえるかも……バイトしてる姿はあんまり浮かばないけど」

凛「あるいはお米券争奪戦……」

真姫「なによそれ……」

凛「まさかゲーセン……それとも限定スイーツ……はたまた新しい家族が……」

真姫「心当たり多すぎない!?」

704: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 22:47:56.94 ID:VacWKmGao
今日はここまで
明日用>>707

707: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 23:07:08.05 ID:qkSn9o2No
朝ごはん

709: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 19:41:14.35 ID:HP+2RfzPo
にこ母「はぁー、久しぶりにみんな揃って朝ごはん食べられるわね」

にこ「うーん、やっぱり5枚一辺に目玉焼き焼くと気持ち悪いわね……」

ここあ「お姉ちゃん醤油取って」

こころ「はーい」

ここあ「違うよ、今のはにこお姉ちゃんに頼んだのに」

こころ「それならそう言ってくれないと分からないじゃない!」

ここあ「こころはこころって言うもん」

こころ「お姉ちゃんを呼び捨てにしないでっ!」

ここあ「ママもお姉ちゃんもこころって言ってるじゃん」

こころ「ママー!お姉さまー!」

にこ母「分かったわ……今度からこころのことはここ姉ちゃんと呼びなさい!」

ここあ「ちぇー」

虎太郎「ここねーちゃん」

にこ「ダメよママ、今度は虎太郎が混乱するわ」

710: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 19:42:43.26 ID:HP+2RfzPo
お詫びに混ぜてみた
次>>711

711: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 19:43:16.28 ID:Y4BzN2p50
ガム

712: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:01:55.03 ID:HP+2RfzPo
凛「かよちん真姫ちゃん、ガム食べるー?」

真姫「ありがと」

花陽「ありがとう…あれ、これって確か―――」

凛「かよちん、しーっ!」

花陽「え?」

真姫「なによ、どうかした?」

凛「なんでもないよ!それより早く食べて食べて!」

真姫「急かされなくても食べるわよ」パクッ

真姫「んんーっ!?」

凛「やったー!真姫ちゃん大当たりー!」

真姫「酸っぱ……」

花陽「3つの中で1つだけ酸っぱいやつがあるんだよね」

真姫「2人とも嵌めたわね!」

凛「ごめんにゃー」

花陽「あはは、ごめんね真姫ちゃん」パクッ

花陽「んんーっ!?」

凛「あ、真姫ちゃんに確実に味わってもらおうと思って全部酸っぱいのにしてあるんだにゃ」パクッ

凛「んんーっ!」

真姫「そこまで体張らなくてもいいでしょ!?」

713: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:02:23.21 ID:HP+2RfzPo
次>>714

714: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:05:19.72 ID:jQxT9EXGO
●●トリオ

715: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:38:01.18 ID:HP+2RfzPo
花陽「待ってろって言われたけど、どの部屋だろう……こっちかな」ガラッ

雪穂「ふぎぎぎ……せめてもうちょっと……」

パタン

花陽「ノーコメントで……こっちかな」ガラッ

にこ「ふぎぎぎぎ……なぜ高一から変わらないの……」

パタン

花陽「誰だろうあの人……じゃあ、ここかな」ガラッ

凛「ふぎぎ……なんで凛がこんなことを……」

パタン

花陽「なんで凛ちゃんが……」

花陽「なんで凛ちゃんが!?」ガラッ

ゆきりんにこ「…………」ジトッ

花陽「!!?!!?!??!???!?」

716: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:38:43.54 ID:HP+2RfzPo
イミワカンナイ
次>>718

718: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:40:26.51 ID:oOdJRunwo

719: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:59:08.71 ID:HP+2RfzPo
穂乃果「亜里紗ちゃんみたいな妹がいればなあ」

亜里紗「私は海未さんみたいなお姉さんが欲しいです」

絵里「えっ」

海未「私は凛みたいな妹なら楽しそうだと思ったことはありますね」

凛「凛はにこちゃんが妹だといいと思うよ」

にこ「私年上よ!?」

穂乃果「ということは、私と海未ちゃんが双子でその下に凛ちゃん、亜里紗ちゃん、にこちゃんって感じかな」

にこ「順番おかしいでしょ!」

絵里「亜里紗……信じてたのに……」ズーン

雪穂「わ、私は、絵里先輩みたいな人が姉だといいと思いますよ!はい!」

絵里「ほんとっ!?」

雪穂「え、えぇ……勿論です」

雪穂(妹がいたらこんな感じなのかな……)

720: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:59:43.33 ID:HP+2RfzPo
次>>721

721: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:01:15.04 ID:PCUWn6UC0
巨女になった矢澤にこ

722: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:16:01.12 ID:HP+2RfzPo
にこ「大きくなれって願ってたらまさかこんなに大きくなるなんて……」

真姫「まさかにこちゃんを見上げる日が来るなんて……」

ことり「どうして……」

にこ「そんなのにこが知りたいわよ……」

ことり「どうして服のサイズも大きくなってるの…?その服なんなの……?」

にこ「そこは今どうでもいいでしょ!」

723: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:16:26.48 ID:HP+2RfzPo
次>>725

725: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:16:56.61 ID:oOdJRunwo

727: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:32:23.69 ID:HP+2RfzPo
真姫「絶対選ばなきゃダメなの?」

希「絶対や」

絵里「真姫は誰を姉にしたいのか……これは真剣勝負なのよ!」

海未「なんのですか」

ことり「なんとなくでいいんだよ?」

にこ「ま、にこのお姉さんっぷりを知ってたら答えは一択だけど」

穂乃果「穂乃果も知ってもらってるもん!」

真姫「……」

6人「さあ!」

真姫「…………選べないわよ……」

穂乃果「えぇー!」

真姫「ぜ……全員がいい……じゃ、ダメ…?」

6人「ノープロブレム…!」グッ

728: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:32:59.53 ID:HP+2RfzPo
あとふたつ>>729

729: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:33:26.15 ID:rGcu0hqlo
女騎士花陽とオーク凛

730: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:46:56.85 ID:HP+2RfzPo
花陽「くっ……殺すなら殺し……やっぱり殺さないでっ!」

凛「最後に言いたいことはあるかにゃ」

花陽「お腹一杯御飯が食べたい……」





凛「食糧が全部消えたにゃ……」

花陽「幸せ……もう死んでもいい」

731: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:47:23.47 ID:HP+2RfzPo
最後>>732

732: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:48:33.64 ID:Ts3SCaKvo
かまぼこ

734: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 22:11:47.47 ID:HP+2RfzPo
絵里「かまぼこ板?」

海未「何に使うのですか?」

にこ「かまぼこ板に絵を描くコンテストに応募するらしくて、妹たちが張り切ってるのよ」

にこ「それで、いらないかまぼこ板があるなら貰おうかなぁって思ったわけ」

希「うちに使いかけのがあるから、明日持ってきてあげる」

にこ「さすが希!話が早いわ」

希「今夜はおうどんさんにしよかな……おうどんさんには、かまぼこがないとね」

ことり「かまぼこ板に絵を描くなんて、オシャレで可愛いよね」

真姫「普通は捨てちゃうものね」

穂乃果「面白そう!穂乃果も描いてみようかな」

花陽「妹ちゃん達は、どんな絵を描くか決まってるの?」

にこ「当然!宇宙No.1アイドルのにこにーを描くに決まってるにこ~☆」

凛「その題材じゃにゃー」

にこ「な・に・か?」


入賞したらしい

735: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 22:12:31.31 ID:HP+2RfzPo
みんなも応募してみよう!締め切りは今日だぞ!
明日の安価>>737

737: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 23:08:40.95 ID:n6/4dS270
社交ダンス

739: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 18:08:21.84 ID:v6h9NCSZo
英玲奈「綾瀬絵里……ロシアでは常に社交ダンスコンクールの上位だったと聞いている」

絵里「あの、社交ダンスじゃなくてバレエなんですけど」

英玲奈「……」

あんじゅ「そして西木野真姫は―――」

絵里「あ、訂正するつもりはないんですね」

740: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 18:11:24.90 ID:v6h9NCSZo
>>738
今気付いた
亜里沙が全部亜里紗になってる…ごめんなさい許してくださいなんでもします

次>>741

741: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 18:12:32.12 ID:R8s/opW4o
マラソン

742: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 18:41:59.67 ID:v6h9NCSZo
穂乃果「フルマラソンの距離っていつも度忘れしちゃうんだよね」

海未「42.195kmです。『死に 行く GO』と覚えれば簡単ですよ」

穂乃果「嫌な覚え方だね……」

743: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 18:42:47.45 ID:v6h9NCSZo
次>>744

744: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 18:52:32.84 ID:oma2vnzjo
マシソン

745: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 19:41:30.66 ID:v6h9NCSZo
亜里沙「日本語って難しいよね」

雪穂「例えばどんな?」

亜里沙「石鹸とゼッケンとか、おはぎとおぎやはぎとか」

雪穂「二つ目のは違うね、なんか」

亜里沙「マラソンとマシソンもそっくり」

雪穂「両方日本語じゃないよね……っていうか、マシソンってなに…?」

亜里沙「野球選手だよ」

雪穂「待って亜里沙のその趣味知らない」

746: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 19:42:11.13 ID:v6h9NCSZo
浮かばないん
次>>747

747: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 19:42:40.27 ID:WvL38g6qO
理系

749: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 19:57:50.70 ID:v6h9NCSZo
にこ「思うに、アイドルが数学出来なくてもそれはそれで美味しいと思わな」

希「」スッ

にこ「さぁて数学の勉強がんばるにこ~☆」

希「にこっち、理系科目は芳しくないんやね」

にこ「そうなのよ……でも、数学は何とかなりそうな気がするのよ」

希「ほう?」

にこ「なんかこう……初期設定のにこが降りてくれば数学は得意科目になって」

希「」スッ

にこ「さぁて次の問題を解くにこ~☆」

750: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 19:58:16.52 ID:v6h9NCSZo
次>>752

752: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 20:02:08.02 ID:R8s/opW4o

753: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 20:19:23.62 ID:v6h9NCSZo
穂乃果「あ、犬カフェだって!猫カフェは失敗だったけど、ここならいけるんじゃない?」

ことり「うん!入ってみよっか」

店員「申し訳ありません。当店ではペットのわんちゃんと一緒でないと入店いただけない決まりとなっております」

ことり「そうなんですか……穂乃果ちゃん、今日は諦めよっか」

穂乃果「ち、違います!私が犬なんです!わんわん!!」

ことり「ホノカチャン!?」

穂乃果「ことりちゃんのペットで犬なんです!だから入れます!わんわん!!」

「あの子友達をペットにするとか……」「最近の若い子はすごいな……」「レベル高いな……」「俺も犬になりたい……」

ことり「あわわわ……」

穂乃果「さあことりちゃん入ろう!わんわん!!」

ことり「私帰るーっ!」ダッ

754: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 20:21:24.13 ID:v6h9NCSZo
次>>755

755: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 20:22:08.59 ID:DNJUCUiDO
ロリライブ

756: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 20:44:20.79 ID:v6h9NCSZo
ロリ穂乃果「はじめまして!みゅーずです!」

ロリ絵里「わたしたちは、アイドルをやっています!」

ロリことり「たくさんれんしゅうしたので、たのしんでいってください!」

ロリμ's「みゅーず……みゅーじっく、すたーとー!」

後に彼女たちは気付く

これはただのお遊戯会だ……と

757: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 20:45:05.21 ID:v6h9NCSZo
次>>759

759: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 20:48:15.29 ID:IWSAVAs4o
ババライブ

761: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:07:08.30 ID:v6h9NCSZo
かんぱーい!

こと父「いやぁ、こうして皆さんとお会いできるとは光栄ですよ!」

海未父「いつも娘がお世話になっております。特に西木野さんには別荘に連れていってもらったりと大変お世話になっているようで」

真姫父「とんでもない。こちらこそ娘が楽しくさせていただいて」

花陽父「アイドルアイドル言ってた娘が、まさか本当にアイドルになるとは……」

希父「しばらく見ない間に、大きくなるものですね」

穂乃父「……」

凛父「どうです高坂さん、もう一杯」

穂乃父「……」コクリ

花陽父「アイドルか……あんなに激しく踊ったりして大丈夫なんですかね」

絵里父「しかし娘たちにできるなら、我々にもできるのでは…?」

海未父「何を仰います、流石にそれは―――」

こと父「おや、園田さんは日本舞踊をやられているんですよね?」

海未父「いや、まあ……」

凛父「ぜひ見たいですなあ!」

海未父「そうですか……ではひとつ」

希父「よっ!待ってました!」

絵里父「園田家!」

後に彼らは気付く

これはただの宴会だ……と

762: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:07:52.64 ID:v6h9NCSZo
にこ父の消息不明なんでスルーしました
あとふたつ>>763

763: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:08:15.21 ID:qV8NfOEH0
>>733

733: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:48:40.21 ID:hwdKIE770
淡路島

765: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:42:19.33 ID:v6h9NCSZo
希「淡路島はあの伊弉諾尊と伊弉冉尊が最初に生み出したという島なんや」

凛「読めないにゃ」

花陽「イザナギノミコトとイザナミノミコト?」

希「そんな島やから、島全体でスピリチュアルなパワーに溢れとってね」

花陽「そんなにすごいんだ」

希「うちが昔住んでたんやけど……淡路島のおかげでスピリチュアルパワーに目覚めたんや」

凛「じゃあ凛たちも住んでたら希ちゃんみたいになれるの!?」

花陽「希ちゃんの強運は羨ましいもんね」

希「あと関西弁にもなれるで」

凛「それはいらないにゃ」

希「………………そう」

766: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:43:19.01 ID:v6h9NCSZo
>>764
ほんとだ…お詫びにババライブで書きます

それとは別に最後の安価>>768

768: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:45:12.83 ID:KfsSS++4O
石仮面

769: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 21:51:24.91 ID:v6h9NCSZo
婆穂乃果「この老人ホームももうすぐ閉館するらしいぞい……」

婆絵里「……あんだって…?」

婆海未「私が逝くのとどっちが早いでしょうねぇ……」

婆ことり「最後までここで暮らしたいのにねぇ……」

婆穂乃果「そうじゃ!私らでアイドルをやろう…!」

婆希「名前は美渦……なんてどうや…?」

婆真姫「昔みたいにピアノは弾けないけど……曲を作ってみたわよ」

婆花陽「アイドルか……昔は私も憧れてたなぁ……最後の最後に、やってみようかね」

婆にこ「ふぃっふぉふぃっふぉふぃー……入れ歯忘れてたわ……年をとってもぷりちーなにこもやってあげるわよ」

婆凛「ちょっと寒くないかのう……いやいや、お迎えはまだじゃにゃー」

婆絵里「……あんだって…?」

婆穂乃果「ようし、みんなで頑張るんじゃぁ…!」

770: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 22:20:32.93 ID:v6h9NCSZo
凛「アイドルのグッズがいっぱいにゃー!」

花陽「こ、これは…!」

にこ「フッ…気が付いたようね」

花陽「古代よりメキシコで言い伝えられている世界最古のアイドル『族長族長<オサオサ>』のライブアイテム、石仮面!」

花陽「この仮面を被って血を浴びたアイドルは人間をやめたようなライブパフォーマンスができるという噂!!」

花陽「どうしてにこ先輩が!?」

にこ「知り合いに貰ったのよ」

真姫「どんな知り合いよ!」

希「うちや」

穂乃果「希先輩!?」

771: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 22:21:18.13 ID:v6h9NCSZo
オチてない気がするぞ
今日はいろいろとすみませんでした
明日の安価>>773

773: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 22:43:46.34 ID:B9EMkCCxO
夏太り

774: 【凶】 2015/09/01(火) 22:55:01.62 ID:v6h9NCSZo
希「今月のにこっちの運勢は↑や」

にこ「いや、上とか言われても……」

希「なるほどなぁ……」

にこ「納得してないでにこにも教えなさいよ!」

希「でもなぁ、これ言ってもええんかなぁ」

にこ「……そんなに悪いの…?」

希「どうかなぁ」

にこ「良いの!?」

希「これはなぁ」

にこ(腹立つ…!)

777: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:09:46.48 ID:MYSRMpMMo
雪穂「ばっ…バカな……そんな馬鹿な……!」

雪穂「制服のスカートが履けないなんて……まさか、夏休みの間に太った…!?」

雪穂「確かに涼しい家でお饅頭ばっかり食べてたような……」

穂乃果「雪穂ー、亜里沙ちゃん来てるよ…って、なんでまだパンツなの」

雪穂「お姉ちゃん!部屋入るときはノックしてって言ったでしょっ!」

穂乃果「あはは、ごめんごめん。なんか雪穂に話があるんだって」

亜里沙「あの……その……スカート、間違えてないかな…?」

雪穂「え?」

亜里沙「亜里沙のスカートちょっと大きくって……もしかして、この間ここで一緒に脱いだ時に間違えたんじゃ―――」

雪穂「亜里沙ストーップ!」

穂乃果「ちょっとその話詳しく聞かせてもらおうか」

778: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:10:46.41 ID:MYSRMpMMo
次>>779

779: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:14:28.61 ID:CHsoj1xNo
いたずら

780: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:28:16.71 ID:MYSRMpMMo
真姫「希、ガム食べる?」

希「あ、これって一個だけ酸っぱいやつが入ってるガムやん」

真姫「知ってたの!?」

希「そら有名やしなあ」

真姫「はぁ……いたずら失敗ね」

希「ふふふ、残念やったね」パクッ

真姫(かかったわね…!このガムは三つとも酸っぱいものに変えてあるのよ!)

希「うん、甘くておいしっ!」

真姫「ヴェェ!?そんなはずないわ!」

希「何が?」

真姫「だって全部……」パクッ

真姫「んんんっ!?」

希「すっぱーっ!やっぱり全部変えてあったんやね」

真姫「は、図ったわね…!」

希「んふふ、いたずら返しや。うちにいたずらで挑もうなんて10年早いんと違う?」

781: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:28:52.61 ID:MYSRMpMMo
次>>783

783: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:30:04.86 ID:pfkX6CEnO
統堂さんギャップ

784: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 20:05:42.88 ID:MYSRMpMMo
統堂英玲奈

A-RISEのメンバーで、そのクールな外見と性格から女性にも大人気

そんな英玲奈も家に帰ると……


英玲奈「……また緊張してうまく喋れなかった」

英玲奈「あんなに練習したのに初対面だとどうしてもダメだ……」

英玲奈「μ'sのみんなに変に思われなかっただろうか…?なんだあのロボット女とか言われてないだろうか……」

英玲奈「ああー!一人だとこんなにすらすら喋れるのに……ツバサたちにはかなりマシになったのに……」

英玲奈「歌は大丈夫なのに一体どうして……」


かなり流暢に饒舌である

785: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 20:06:45.70 ID:MYSRMpMMo
次>>786

786: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 20:07:09.11 ID:sgQBzHif0
ラブライス!

788: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 20:56:26.62 ID:MYSRMpMMo
海未「まさか花陽が歌詞を考えてきてくれるなんて思いませんでした」

花陽「少しでも海未ちゃんの助けになればいいなあって」

海未「どれどれ……」


あこがれの あかね空へ かぐや姫へと思いを馳せよう
夢いっぱいに広がる 愛の夢は きっと 恋心の花キラリと光る
ミルキープリンセスのお気に入り スノーパールのようだね
ミルキークイーンの雪化粧は 一目惚れしちゃうね
あぁ なごり雪のようだね 大地の星が見る夢は 月の光に照らされて
あぁ アケボノにはもう 秋の詩が聞こえてきて まだ私は夢心地


海未「なかなか素敵な歌詞ですね」

花陽「お米のこと考えてたらすらすらと……」

海未「流石、お米への愛が溢れているわけですね」

花陽「うん!この中には19種類あるね」

海未「何がですか?」

花陽「お米」

海未「!?」

789: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 20:57:21.86 ID:MYSRMpMMo
綺麗な言葉が多い
次>>790

790: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 20:58:20.80 ID:sHC/KNqg0
汽車

791: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 21:24:49.84 ID:MYSRMpMMo
穂乃果「電車に取り残されたり乗り遅れたり……穂乃果は電車にいい思い出がないんだよね」

凛「でも汽車なら大丈夫じゃない?早く乗ろうよ」

穂乃果「まあ、流石に何度も起こったりはしないよね!」

「ただいま台風の影響で運転を見合わせております」

穂乃果「そう来たか……」

凛「穂乃果ちゃんはあんまり電車とか使わない方がいいと思うにゃ」

792: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 21:25:18.65 ID:MYSRMpMMo
あとふたつ>>794

794: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 21:29:52.49 ID:mtd9ynrBo
うどん

796: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 21:43:46.84 ID:MYSRMpMMo
ことり「希ちゃんの得意料理楽しみ~!」

希「はーい、おうどんさんお待たせ!」

ことり「まさかの伊勢うどん…!?」

797: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 21:44:19.70 ID:MYSRMpMMo
最後>>799

799: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 21:47:12.36 ID:wMBhU9bS0
ウニ

800: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 22:39:53.78 ID:MYSRMpMMo
アイドルの使いやあらへんで ~園田海未はどこまで園田海未なのか~

穂乃果「穂乃果は『ウニちゃん』で行こうと思うよ!」

絵里「響きが似てるからいけそうね」

真姫「早口ならバレないかもね」

―実践―

海未「一人で練習しても意味がありませんよ…三人でやらないと」

穂乃果「ウニちゃん…!」

海未「……」

穂乃果「うmにちゃん!」

海未「……さあ、やりましょう!」

~~セーフ~~


絵里「ちょっと誤魔化し入ってなかった?」

穂乃果「セーフなんだからセーフだよ!」

真姫「次は私ね。私は『ウニ先輩』で行こうと思うわ」

絵里「なんでまたウニなの!?」

穂乃果「みんなそこに落ち着くんだね」

―実践―

ことり「やっぱり穂乃果ちゃんがリーダーでいいと思うけど」

にこ「仕方ないわねー」

真姫「私はウニ先輩を説得した方がいいと思うわ」

海未「ん?」

真姫「……わ、私はウゴホンゴホンニゴホッゴホン先輩を説得した方がいいと思うわ」

海未「……はぁ」

にこ「仕方ないわねー」

~~セーフ~~


絵里「思いっきり誤魔化してきたわね」

真姫「セーフでしょ!」

穂乃果「にこちゃんに助けられた感あるよね」

絵里「最後は私ね。シンプルに『ウニ』で行こうと思うわ!」

真姫「流石にそれは……」

―実践―

海未「確かにA-RISEとぶつかるのは苦しいですが、だからといって諦めるのは早いと思います」

絵里「ウニの言うとおりね」

海未「はい?」

絵里「……やる前から諦めていたら―――」

海未「絵里、今何と言いましたか?」

絵里「う……ウニの言うとおりね」

海未「私は海未です!ウニではありません!」

綾瀬絵里 ~~アウト~~

801: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 22:41:15.01 ID:MYSRMpMMo
ネタは決まったのにクッソ時間かかった
とうとう800到達
明日の安価>>804

804: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 22:46:25.04 ID:ha2TPzoMO
課金

805: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 20:36:12.94 ID:PX20Xqxno
にこっ家

凛「あれ?にこちゃん、この携帯誰のかにゃ?」

花陽「にこちゃんのじゃないよね」

にこ「あぁ、それは……パ…お父さんの形見なの」

凛「あっ……ごめん」

にこ「別にいいわよ……ちょっと電源付けてみなさい」

花陽「へぇ、まだ動くんだね」

にこ「そこに『アルパカクエスト』ってゲームがあるでしょ」

凛「これかにゃ……うわぁ、レベル高いにゃ」

花陽「武器とかも強そうだね」

にこ「それ、お父さんがやってたゲームなの。課金しまくってかなり強かったらしいわ」

凛「そうなんだ……」

にこ「そして課金でうちのお金使いまくったから離婚されたってわけ」

花陽「そんな理由で!?」

にこ「課金を甘く見るんじゃないわよ!パチンコやギャンブルのように次から次へとお金を注ぎ込んでんのよ!?しかも親が!!」

凛「なんていうか……ごめん」

806: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 20:36:48.39 ID:PX20Xqxno
次>>807

807: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 20:38:18.99 ID:B42iN98Ho
ホノ神

808: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:00:35.79 ID:PX20Xqxno
ホノ神・・・神シックスの第一神。太陽を司り、雨天を晴天に変える奇跡を起こしたと言われる

コト神・・・神シックスの第二神。翼を司り、神シックスの纏う羽衣を生み出したと言われている。

ウミ神・・・神シックスの第三神。詩を司り、紡ぎだした言葉は今なお語り継がれている。

パナ神・・・神シックスの第四神。豊穣を司り、米を実らせ皆に分け与えたと言われている。

リン神・・・神シックスの第五神。生命を司り、その姿を見た者は皆活気に満ち溢れだしたと言われている。

マキ神・・・神シックスの第六神。歌を司り、その歌声は聞いた者全てを魅了したと言われている。



穂乃果「こんな感じで神シックスとか伝承になったりしないかな!」

五人「しないしない」

809: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:00:54.56 ID:PX20Xqxno
次>>810

810: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:01:41.80 ID:faKtwfbvo
変身!

811: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:17:11.37 ID:PX20Xqxno
凛「こんな~わたし~でさーえも~♪」

凛「変~身っ!」


翌朝、星空凛はベッドの上で自分の体が毒虫に変わってしまっていることに気付いた―――。

812: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:17:51.86 ID:PX20Xqxno
なんだ夢か…
次>>814

814: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:26:44.37 ID:vWv5r9Pwo
ピクニック

816: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:51:40.69 ID:PX20Xqxno
にこ「じゃーん!にこにー特製サンドイッチにこ~!」

真姫「へぇー、結構美味しそうじゃない」

にこ「やっぱりピクニックといえばサンドイッチよね」

真姫「いただきます……あ、普通に美味しい」

にこ「普通にとは何よ!素直に『ちょー美味しいまき~☆』って言いなさいよ」

真姫「そんな語尾付けたことないわよ!」

にこ「それにしても晴れてよかったわね。絶好のピクニック日和にこ!」

真姫「ほんとね……まさか効くとは思わなかったわ」

にこ「もしかしてホントにてるてる坊主作ったの?」

真姫「なっ…にこちゃんが作った方がいいって言ったから作ったのに!」

にこ「あの真姫がてるてる坊主をね……」

真姫「ほの字マークの穂乃果仕様にしたのが良かったのかしら」

にこ「それは……ご利益ありそうね」

817: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:52:08.64 ID:PX20Xqxno
次>>819

819: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 21:54:11.33 ID:vWIiWFpF0
うどんかそばか

820: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 22:10:46.20 ID:PX20Xqxno
海未「嫌な予感がします」ガラッ

花陽「赤いきつねだよ!」

絵里「緑のたぬき!」

海未「……いいんです言わなくてもわかりますまた争ってるんですね」

花陽「今μ'sは赤いきつねと緑のたぬきで戦争中なの!」

海未「でしょうね」

希「ちなみにうちと花陽ちゃん、穂乃果ちゃん、にこっちが赤いきつね派」

絵里「私と真姫、凛とことりが緑のたぬき派よ」

凛「凛はラーメン派なんだけどにゃー」

花陽「海未ちゃんはどっち!?」

ことり「他の選択肢はなしだよ」

海未「私は……」

8人「……」ゴクリ

海未「続きはWebで!」ダッ

穂乃果「海未ちゃんが逃げた!」

にこ「早く追いかけなさい!!」

821: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 22:12:09.14 ID:PX20Xqxno
三回目だぞこのパティーン…
あとふたつ>>822

822: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 22:13:10.82 ID:npEviWHdO
全身タイツ

825: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 22:31:04.80 ID:PX20Xqxno
生徒会長って大変そうに見えるでしょう?
実際結構大変なのよね。
どうしても辛くなる時だってあるわ。

そんな時は、気分転換に服を脱いで全身タイツを着ることにしてるの。
勿論真っ黒なやつよ。
これを着ると、不思議と気持ちが落ち着いてくるの。
昔バレエをやっていたからか、レオタードを着ているみたいな感覚なのかもしれないわね。

「ほっ」

Y字バランスをとってみたりして。
お婆様に褒められたあの頃を思い出すことができて、また気分が落ち着いてくるの。

あ、言っておくけどちゃんと鍵を閉めた誰もいない部屋でやるわよ?
流石にこんな姿を誰かに見られるわけにはいかないものね。

なぜかドアが開く。

ビデオカメラを持った希がいた。

「犯人は……あなたや!」

言葉の意味は分からないけど、とりあえず全てを諦めることにしましょうか。

826: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 22:31:48.89 ID:PX20Xqxno
最後>>827

827: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 22:43:19.15 ID:58L+YvGAO
清水寺

828: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 23:09:53.45 ID:PX20Xqxno
海未「ことりが留学することになりました……」

ことり「ごめんね……何度も言おうと思ってたんだけど……」

穂乃果「なんで……なんで黙ってたの!」

ことり「どうしても言えなくて……でも決めなくちゃいけなくって……」

海未「穂乃果、ことりだって迷っていたんです……でも、清水の舞台から飛び降りる気持ちで決めたことなんです」

穂乃果「清水寺とか関係ないよ!なんで清水寺が出てきたの!?意味わかんないよっ!!」

希(そら関係ないからなぁ……)

絵里(でもここでツッコむのは野暮すぎる……)

829: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 23:10:39.22 ID:PX20Xqxno
今日はここまで(AA略)
明日の安価>>832

832: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/03(木) 23:50:23.03 ID:6+kZDPx9O
ゾンビパニック

833: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 19:57:35.64 ID:l28kcpt0o
前回のラブライブ!

なんか世界中の人間がゾンビになった。


穂乃果「あそこに逃げよう!」

バタンッ

ことり「はぁ……はぁ……コストコがあって助かったね」

絵里「まさか本当にコストコに籠城することになるなんて……」

海未「一体どうしてこんなことに……」

真姫「知らない……」

花陽「真姫ちゃん?」

真姫「私は何も知らない!」ダッ

穂乃果「真姫ちゃん待って!」

希「穂乃果ちゃん待って!」

穂乃果「なに!?」

希「ここもダメや……」

にこ「嘘でしょ……」

凛「ここにいる人も全員……ゾンビになっちゃってるの…?」

花陽「誰か……誰か助けてぇえぇぇぇええええええ!!!!」

「いや、暇なんでゾンビごっこしてるだけです」

μ's「ズコーッ!!!」

834: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:02:06.53 ID:l28kcpt0o
次>>835

835: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:03:37.03 ID:hAB6RvdDO
オウンゴール

836: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:23:28.43 ID:l28kcpt0o
海未「墓穴……墓穴……リビングデッド……」

希「なに悩んでるん?」

海未「希、ちょうどいいところに。『墓穴を掘る』を英訳したいのですが、なかなかしっくりこなくて」

希「難しいなぁ……あ、オウンゴールとかそれっぽくてええんやない?」

海未「なるほど、それです!これで歌詞の続きが書けそうです」

希「ちょっと待って、うちらオウンゴールとか歌う曲歌わされるん?」

837: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:23:55.73 ID:l28kcpt0o
次>>838

838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:24:46.09 ID:vTe8pEsno
卒業アルバム

841: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:44:30.10 ID:l28kcpt0o
希「にこっちー、ここに寄せ書き書いて」

にこ「さっき絵里も来たわよ。全く、面倒なんだから一緒に来なさいよね」

希「にこっちのにも書いていい?」

にこ「仕方ないわねー…特別に、にこの卒アルに寄せ書きしてもいいわよ」

希「……ふふ、なんか嬉しいなぁ」

にこ「なにがよ」

希「小学校も中学校も、卒アルに寄せ書き書いてもらうことなかったから。ほら、やっぱり転校ばっかりやったからみんなとの思い出とかそんななかったし」

希「はい、書けたで」

にこ「こんな時に暗い話題出さないでよ……こっちも書けたわよ」

希「そう?明るい話題のつもりやったんやけど……ほうほうこれはこれは」

にこ「言っとくけど!誰かに見せたりするんじゃないわよ!」

希「はいはい」

絵里「あ、希こんなところにいたのね」

希「ちょうどにこっちに寄せ書き書いてもらってたんよ」

絵里「うふふ、にこに書いてもらった寄せ書き見る?私ちょっと泣きそうになっちゃった」

にこ「コラー!誰にも見せるなって言ったでしょう!?言ったわよね!?」

絵里「あっ……」

希「ほなうちも絵里ちに見せてあげよっかなぁ」

にこ「ちょっ、マジでやめなさいっ!!」

絵里「じゃあ三人で見せ合いっこしましょう!」

にこ「人の話聞きなさーい!」

842: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:45:01.47 ID:l28kcpt0o
次>>844

844: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 20:46:54.31 ID:MyNSVMZ4o
彫刻

845: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 21:27:57.30 ID:l28kcpt0o
凛「まさか彫刻の授業があるなんて思わなかったにゃ」

花陽「……」ガッ ガッ

真姫「花陽は何掘ってるの?」

花陽「話しかけないでください集中してるんです」

真姫「……ご、ごめん」

花陽「1/10スケール綺羅ツバサを作ってるんです」

真姫(一応答えてくれるのね)

凛「いったー!指切ったー!」

真姫「大丈夫?」

凛「んむんむ……舐めとけば治るかにゃー」

真姫「絆創膏あるのに」

凛「早く言ってよー!片手じゃ着けにくいから着けてほしいにゃ」

真姫「いいけど」

凛「……」

真姫「……」

花陽「……」カッカッカッ

凛「……」

真姫「……」

花陽「……」スッスッ

凛「真姫ちゃん早くしてよー!」

真姫「まず拭きなさいよ!」

846: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 21:28:24.18 ID:l28kcpt0o
次>>847

847: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 21:29:14.93 ID:17Ui7wd+0
オンラインゲーム

848: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 21:50:22.02 ID:l28kcpt0o
ことり「アングリーちゅんちゅん?」

凛「今流行のオンラインゲームなんだって!」

穂乃果「みんなで小鳥を飛ばし合って相手のゴールにシューッ!する3Dアクションゲームなんだって」

ことり「それは確かにアングリーになりそうだね……」

凛「超エキサイティン!だにゃ」

穂乃果「ことりちゃんもやってみる?」

ことり「じゃあ、ちょっとだけ……」

これが後にトップランクまで上り詰める伝説のプレーヤー「MINALINSKY」の初陣となる……

849: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 21:51:00.25 ID:l28kcpt0o
あとふたつ>>851

851: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 21:51:52.47 ID:MyNSVMZ4o
カピバラ

853: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 22:11:40.78 ID:l28kcpt0o
ことり「―――っ!!」



海未「で、つい買ってしまったと」

ことり「カピバラさんもふもふ~!」

海未「ふふっ、あんなにアルパカにお熱だったのに今度はカピバラですか」

ことり「……」

海未「ことり…?」

ことり「違うの……もちろんアルパカさんだって好きだよ!?」

ことり「でも、仕方ないよ!最近お世話してくれてる花陽ちゃんにべったりしてるしそうじゃなくても二匹でいちゃいちゃして、ことりのことなんか全然見てくれないんだもん!」

ことり「だから寂しかったの……辛かったの!分かってほしかったの!」

ことり「そんなときにカピバラさんがもふもふだったの……優しくことりを迎えてくれたの!」

海未「落ち着いてことり、浮気した女の人みたいになってます」

ことり「ごめんなさぁぁいことりはカピバラさんに浮気しましたぁぁぁぁぁぁああ!!!」

海未「大丈夫です、浮気じゃありませんから!」

854: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 22:16:21.67 ID:l28kcpt0o
最後>>855

855: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 22:16:43.27 ID:gU//DEL90
バイク

856: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 22:35:06.57 ID:l28kcpt0o
凛「海未ちゃんに似合いそうなバイク見つけたにゃー!」

海未「SYMのUMIでしたらいりませんよ」

凛「何故それを…!」

海未「どうせなら山を登れるオフロードバイクとかにします!」

凛「あぁ……話が長くなりそうだからまた今度―――」ガッ

海未「まあバイクなんかなくても山は登れますけどね。どうです>凛も今度山へ行きませんかそうです行きましょうそれがいいです!」

凛「誰か助けてぇー!!」

857: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 22:36:19.89 ID:l28kcpt0o
今日はここまで
明日の安価>>860

860: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/04(金) 22:43:54.96 ID:7rItmp6to
旅行

862: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 18:28:41.52 ID:RbfFJkk9o
凛「修学旅行楽しみだねー!今年はどこに行けるのかなー?」

花陽「うーん、去年穂乃果ちゃん達は沖縄で、確か絵里ちゃん達は北海道だったらしいし……」

花陽「間を取って真ん中になるのかな?」

凛「それどこにゃー……かよちんはどこに行ってみたい?」

花陽「私は北陸がいいなぁ」

凛「それお米食べたいだけじゃ……」

花陽「凛ちゃんはどこがいい?」

凛「楽しいところがいいにゃー。遊園地があればいいから千葉でもいいんだけど」

花陽「修学旅行にはならなそうだね」

凛「あ、真姫ちゃん真姫ちゃーん」

真姫「何の話してたの?」

凛「修学旅行どこに行きたいかって話だよ」

真姫「それならさっき聞いてきたわよ」

花陽「どこになったの?」

真姫「真ん中」

凛「だからそれどこにゃー!」

真姫「地球の」

りんぱな「!?」


地球のへそ―――オーストラリアのエアーズロック

863: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 18:29:10.44 ID:RbfFJkk9o
次>>864

864: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 18:32:01.73 ID:gPy7ucsDO
画力

865: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 19:14:09.13 ID:RbfFJkk9o
ことり「~~♪」

穂乃果「おぉー、ことりちゃんの描いたポスター可愛い!」

ことり「ありがとっ!これでみんなライブに来てくれるかなぁ」

穂乃果「絶対来てくれるよ!」

美術部員「やれやれ、こんな画力でお客さんを呼べると思ってるようじゃ、ほんとにスクールアイドルやるつもりがあるのか怪しいものね」

ことほの「!?」

美術部員「明日もう一度ここに来なさい。あなたたちが作ったようなポスターよりずっと上手なポスターを御覧に入れるから」スタスタ

ことり「……今の」

穂乃果「誰…?」

866: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 19:14:58.92 ID:RbfFJkk9o
次>>867

867: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 19:17:20.56 ID:C+4rXQjRo
ヒロポン

868: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 19:39:35.82 ID:RbfFJkk9o
海未「ここが宿泊するホテルなのですか……」

ことり「なんか……思ってたのと違う……」

凛「あぁー!聞いてたのと名前が違う!?」

ことうみ「えぇー!?」

海未「どうするんですか!?ここで死ぬんですか!?」

ことり「海未ちゃん気が早すぎだよ!」

凛「えっと、確か本当の名前は―――」ポンポンポン

3人「?」

おじさん「HAHAHA」スッ

ことり「え……お薬?」

おじさん「コレヲ飲メバ、集中力ガ増シテ、思イ出セルヨウニナリマース」

3人「怪しすぎる…!」

おじさん「タダノびたみん剤デース」

3人「嘘だっ!!」

おじさん「HAHAHA」

海未「そもそも誰なんですかあなた!」

おじさん「ナンダちみハッテカソウデス、私ガ変ナオジサンデース」

3人「ズコーッ!」

869: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 19:40:02.23 ID:RbfFJkk9o
ヒロポンおじさんしか浮かばなかった
次>>871

871: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 19:55:57.05 ID:/PRrTN32O
カピバラ

872: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 20:17:31.69 ID:RbfFJkk9o
希「昨日ゲーセンにいったら、鬼天竺鼠さんのぬいぐるみがおってな」

絵里「はい?」

希「もうむっちゃ可愛くて」

絵里「鬼?何?」

希「ついついお金入れまくってしもたんよ」

絵里「天竺…?」

希「ま、そこはうちの運の良さで500円で取れたんやけど」

絵里「ねず…え?」

希「どう?うちすごない?」

絵里「ごめん、全然話入ってこなかったんだけど」

希「カピバラさんのぬいぐるみ取ったって話」

絵里「和名で言わないでよっ!!」

874: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 20:17:57.86 ID:RbfFJkk9o
御飯にする
次>>875

875: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 20:18:54.24 ID:r0Ejvu7DO
のっぺらぼう

876: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 20:59:38.89 ID:RbfFJkk9o
花陽「ううぅぅっ……」

穂乃果「花陽ちゃん、ホームシック?」

花陽「うぅぅぅぅ」フルフル

希「お腹痛いん?」

花陽「うぅぅぅぅ」フルフル

花陽「……クマイ……」

穂乃果「え?」

花陽「白米が……」





















































(   )「白米が食べられないの」

877: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:00:09.50 ID:RbfFJkk9o
次>>879

879: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:05:29.71 ID:5aLTj7oK0
園田式巨大化塾

880: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:16:39.40 ID:RbfFJkk9o
海未「巨人になりたいですかー!」

8人「……」

海未「なりたいですかー!」

8人「……お、おー」

海未「まず第一に基礎トレーニングです!これなくしては巨人になんてなれません!」

海未「そして第二に食事です!プロテインをしっかり摂取してください。タンパク質も大事ですよ」

海未「そして第三……これが一番大事なのですが……」

海未「世界観を決めてください!」

穂乃果「海未ちゃん質問!」

海未「なんですか」

穂乃果「意味が分かりません!」

海未「つまり、ファンタジーの世界なら魔法で巨大化できます」

海未「SFなら医学や技術力で巨大化できます」

海未「ギャグ漫画ならその場のノリで巨大化できます」

海未「どの世界観で巨大化したいかが重要なのです!!」

にこ「かいさーん」

海未「待ってください話はまだ終わってないのですよ!」

881: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:18:02.29 ID:RbfFJkk9o
次>>882

882: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:18:55.74 ID:kUDzvmNF0
唯物論

883: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:47:30.16 ID:RbfFJkk9o
にこ「人々が求めるからアイドルがあるのか、アイドルがあるから人々が求めるのか」

にこ「アイドルという存在を欲したからアイドルは誕生したのか」

にこ「それとも何かアイドルになるべきものがあって、それがいつの間にかアイドルになったのか」

にこ「にこの場合は後者…にこという存在を周りがアイドルになるべきだとしたわけ」

にこ「唯物論から生まれたアイドルがにこにーってわけよ」

絵里「……これ、合ってるの?」

真姫「流石の私もこれは……」

884: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:47:57.71 ID:RbfFJkk9o
ggってもよく分からなかった
次>>886

886: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:48:45.03 ID:mVgEbotEo
揺れる想い

887: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 22:36:49.62 ID:RbfFJkk9o
気が付いたら両方好きになってた。

ずっとずっと悩んでたけど、凛はまだ結論を出せてない。

一つは赤く。

一つは白く。

どっちも大好きだから、どちらかを選んでどちらかを失うなんて、嫌だった。

世の中って不公平だよね。

どうして大事なものに優劣をつけて、順番を決めなきゃいけないんだろう。

どうして一番以外は諦めなきゃいけないんだろう。

悩んでたって答えは出てこないけど、でも、いつかは決めなきゃいけない時が来る。

こんなこと、誰にも相談できない。

凛はどっちを選べばいいんだろう……。

「凛?」

「……にこ、ちゃん?」

そうだ、にこちゃんなら分かってくれる。

にこちゃんなら相談に乗ってくれる!

そう考えたのが、凛の間違いだった―――。

「ここの激辛ラーメンと濃厚豚骨ラーメンどっちにしようか迷ってるの!お金もないし2杯は流石にお腹にも入らないし、凛どうしたらいいんだろう!」

「どうでもいいわっ!」

頭にイワヤマリョウザンパが降ってきた。

888: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 22:37:36.01 ID:RbfFJkk9o
あとふたつ>>889

889: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 22:37:56.52 ID:N5JvzSgoo
ダイエット阻止

890: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 22:54:42.38 ID:RbfFJkk9o
海未「ダイエットしてもらいます」

ほのぱな「はい……」

にこ「全く、アイドルなら自己管理くらいしっかりしなさいよね」

花陽「御飯!?今御飯って言わなかった!?」

にこ「言ってないわよ」

海未「これが練習メニューです」

花陽「米!?今米って言わなかった!?」

海未「言ってないです」

穂乃果「うっ……いつもよりきつめになってる……なんでランニング2回するの!?」

花陽「ライス!?今ライスって言わなかった!?」

穂乃果「言ってないよ」

花陽「うぅっ……みんなが花陽に御飯を連想させてダイエットを阻止させて来るよ……」

真姫「被害妄想にもほどがあるわよ……ちょっと目に余るわよ」

花陽「飯!?今飯って言わなかった!?」

8人(重症だ……)

891: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 22:55:25.58 ID:RbfFJkk9o
最後>>893

893: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 23:01:19.16 ID:G7Yo2G8z0
ヤクザ

894: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 23:37:51.46 ID:RbfFJkk9o
亜里沙「ねえ雪穂、日本のマフィアは掟を破ると小指を斬られるの?」

雪穂「マフィア…あぁ、ヤクザのこと?そういうのもあるらしいね」

亜里沙「ふーん……ぬるいね」

雪穂「亜里沙?」

亜里沙「ロシアのマフィアの場合だと、まず掟を破ると―――」

雪穂「待って聞きたくないから!言わなくていいから!!」

896: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 11:38:34.90 ID:RIF8tYj/o
再開>>897

897: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 11:41:27.08 ID:GDWfsL9i0
台風

898: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 11:52:19.96 ID:RIF8tYj/o
穂乃果「やった!今日は台風で学校休みだって!」

ほの母「あらやだ、暴風警報出てるのね」

雪穂「えぇー、制服着る前に知りたかったなー」

穂乃果「今日は何して遊ぼうかな!」

ほの母「ずっと家にいるなら店番お願いするわ」

穂乃果「えぇー!せっかく平日に休めるのに!」

ほの母「3人で交代しながらね」

雪穂「大丈夫でしょ、こんな日だから誰も来ないって」

穂乃果「じゃあ3人もいらなくない!?」

雪穂「言われてみれば」

ほの母「……あんたたちには社会で働くことの厳しさを教えてあげようとね」

ほのゆき「ブラックだー!」

899: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 11:52:48.65 ID:RIF8tYj/o
次>>900
今日で終わりまで行くのを目標に

900: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 11:55:39.13 ID:9S1/P0Sw0
風船

901: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:05:45.54 ID:RIF8tYj/o
希「うちは見てしもた……にこっちが風船を服の下に詰め込んでるのを……」

希「そして『なんか思ってたのと違う』って顔をしてたのを……」

希「そして風船が服の中で割れて悶絶してるのを……」

希「うちは見てしもたんや……」

雪穂「…………あの、なんで私に言うんですか?」

希「いやぁ、誰かに言いたくて仕方なかったんやけど、μ'sのみんなに言うと絶対ばれるし」

希「雪穂ちゃんなら大丈夫かなって」

雪穂「はぁ……」

希「おんなじ経験してそうやし」

雪穂「なんでそれを!?あ、いや、えっと」

希「あースッキリしたー!ほなうち帰るわ」

雪穂「私はスッキリしてないです!!なんで知ってるんですか!?」

902: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:06:12.91 ID:RIF8tYj/o
900じゃー
次>>904

904: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:07:52.31 ID:9hu5tXOx0
園田、怒りの巨大化

905: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:18:04.75 ID:RIF8tYj/o
海未「いい加減にしてください!」

いつもいつも理不尽にスーツを着せられる園田海未。

彼女の怒りがついに巨大化へと導いた―――!!

海未「これは一体!?まさか、SFの世界に来てしまったというのですか…!」

ことり「違うよ海未ちゃん!ここはギャグの世界だよ!」

海未「それはつまり、ノリで……」

ことり「それにしても、そのラバースーツ凄いね」

海未「はっ!そういえば、普通の服なら絶対に破れていたはず……まさかラバースーツに助けられるとは」

ことり「良かったね。やっぱりいろんなスーツを着てみないと分からないこともあるんだよ!」

海未「いや、そもそも着せられなければ巨大化することもありませんでしたから」

906: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:18:30.50 ID:RIF8tYj/o
次>>907

907: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:28:01.87 ID:Z7t4T1jno
中学校

908: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:49:58.50 ID:RIF8tYj/o
花陽「中学生になったとき、中学校がやたら大きく感じられたよね」

凛「分かるにゃー。それで小学校の前とか通ったら、やたら小さく感じたりね」

花陽「高校生になったときも、高校ってこんなに大きいんだなあって思ったの」

凛「あんなに大きいと思ってた中学校も、今じゃ小っちゃく感じちゃうよね」

花陽「きっと大学生になったら、音乃木坂も小さく感じちゃうんだろうね」

凛「そうかもしれないね……少しずつ凛たちも大人になってるってことかにゃー」

花陽「うん……凛ちゃんは、大人になってもずっと、花陽の傍にいてくれる?」

凛「当ったり前にゃ!凛はかよちんとずーっと一緒にいるよ!」

花陽「ありがとう凛ちゃん!」

凛「でも、なんでいきなりそんな話になったの?」

花陽「最近お腹周りが大きくなったような気がして、そしたら大きくなるって何だろうって思って……」

凛「だいぶ飛躍したんだにゃー」

909: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:50:52.67 ID:RIF8tYj/o
>>911

911: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:52:53.81 ID:GqUCR4D7o
サイコロ

912: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:02:51.05 ID:RIF8tYj/o
希「サイコロがうちにそう告げるんや」

にこ「これ何面サイコロよ……」

希「13面や。ちなみに13が出ると死ぬで」

にこ「死ぬの!?」

希「ふふ、にこっちも占ってあげるよ」コロコロ

にこ「…………」

希「…………」

にこ「13なんだけど」

希「最後にやり残したこととかない?」

にこ「死なないわよ!」

913: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:04:03.31 ID:RIF8tYj/o
次>>914

914: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:06:53.30 ID:3GbPda3DO
自販機

915: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:20:27.54 ID:RIF8tYj/o
亜里沙「わぁ、見たことない飲み物がある……お姉ちゃんと海未さんにはこれでいいかな」ピッ ガコン

ピピピピピピピー

亜里沙「ハラショー!当たっちゃった!もう一本出てくるなんて」

ピピピピピピピー

亜里沙「わっ、もう一本!どんどん連鎖していく」

ピピピピピピピー

ピピピピピピピー

ピピピピピピピー

ピピピピピピピー

亜里沙「まだ当たるの!?」




絵里「で、こんなにおでん缶があるわけね」

亜里沙「流石にこんなには飲めないよね……」

海未「飲むというか食べられないですね……」

916: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:23:05.34 ID:RIF8tYj/o
>>918

918: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:27:11.21 ID:GNw6CYTNO
バスロマン

919: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:33:21.68 ID:RIF8tYj/o
真姫「ふぅー……冬といえば温泉よね」

真姫母「たまには家族で行くのもいい物よね」

真姫「……そうね」

真姫母「真姫もそろそろお友達と行きたい年頃かしら」

真姫「べ、別にそんなことはないけど!」

真姫母「ふふふ、素直になればいいのに」

真姫「むぐぐぐ……そ、それより、ここの温泉って凄くいい香りね!」

真姫母「そうねえ、いろんな効能もあるみたいだし」

真姫「こんなにいい温泉なのに人が少ないわね」

真姫母「秘湯中の秘湯なのかしらね」


~数日後~

『バスロマンを入れたお湯を天然の温泉だと詐称して営業していた旅館が、今日立ち入り検査を受けました』

真姫(この間行ったところだ……)

920: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:33:47.41 ID:RIF8tYj/o
次>>921

921: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:34:35.12 ID:GqUCR4D7o
理事長モフモフ

923: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:48:54.90 ID:RIF8tYj/o
こと母(たまにテレビとかで見る、社長とか偉い人が清掃員とかに成りすまして組織の様子を見てるやつ……)

こと母(私も学院の理事長として、やってみたい…!)



こと母(そんなわけでアルパカに紛れてみたけど……)

白パカ「……」ジー

茶パカ「……」ジー

こと母(怪しまれてる……)

ことり「わぁっ!アルパカさんが増えてるー!」

こと母(ことり!?どうしてここに!)

花陽「あれ?そんな話聞いてないのに……これじゃあ餌が足りないよぉ」

ことり「どこから来たの?」

こと母「……」

ことり「触ってもいい?」

こと母(えぇ!?触られたらバレちゃう…!)

こと母「……」フルフル

ことり「ありがとう!」ガバッ

こと母(この子話聞かない……話してないけど)

ことり「アルパカさんもふもふ~!」

こと母(……そういえば、いつからことりに抱き付いてもらえなくなったんだったかしら……)

こと母(あんなに小さかったのに、今じゃこんなに大きく……)スゥ

こと母(いけないっ、ここで泣いたら……でも……でもっ!!)

こと母「ことりーっ!」ガバッ

ことり「お母さん!?」

花陽「理事長!?なんでアルパカさんの中から!?」

こと母「ことりー!もふもふ~!もっともふもふしていいのよぉ!!!」

ことり「状況についていけないよぉー!」

924: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:49:20.82 ID:RIF8tYj/o
次>>925

925: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 13:49:45.79 ID:Z7t4T1jno
メイド喫茶

926: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:08:32.37 ID:RIF8tYj/o
ことり「お帰りなさいませご主人様ー!って、真姫ちゃん?」

真姫「……」

ことり「今日は一人?」

真姫「ちょっと、アイディアに行き詰っちゃって……気分転換になるかなって」

ことり「次のライブあるもんね……あ、こちらへどうぞ、ご主人様!」

真姫「普通に真姫でいいのに」

ことり「そうはいきませんっ!ことりは今メイドさんなので」

真姫「ことりはいつまでメイド喫茶でバイトするの?」

ことり「うーん……せっかく始めたことだから、納得いくまでやりたいんだけど」

真姫「何に納得するのよ?」

ことり「ことりは今メイドだけど……本当に仕える側でいいのかな?もしかしてご主人様側の方が合ってるんじゃないかな?」

ことり「そこの見極めについて」

真姫「待って、ご主人様側の判断はどう決めるの?」

ことり「実はもう一つ掛け持ちでバイトやってて……そこではご主人様って言うか女王様って呼ばれてるんだけど」

真姫「!?」

927: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:08:58.39 ID:RIF8tYj/o
次>>929

929: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:11:50.04 ID:pqdTejX4O
温泉卓球

930: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:32:13.33 ID:RIF8tYj/o
希「せっ!」パカーン

絵里「はぁっ!」ポコーン

にこ「一球目からどんだけラリー続けるのよ!」

希「ここやっ!」パコーン

絵里「くっ!」

にこ「フィフテーィンラブにこ」

絵里「それテニスのやつでしょ!」

希「もう、せっかく温泉入って汗流したのにまた汗かいてしもたなぁ」

絵里「また入ればいいじゃない。さ、次行くわよ!」

にこ「にこもやりたいんだから早く終わらせてよね」

希「せっ!」パカーン

絵里「はぁっ!」ポコーン

にこ(それにしてもよくスリッパでラリー続けられるわね……)

931: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:32:40.83 ID:RIF8tYj/o
950目標にする
次>>931

932: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:32:48.13 ID:eUPrNhKzo
>>679の続き
みそ汁

穂乃果「これから毎朝俺に味噌汁を作ってくれないか」 

真姫「……」 

穂乃果「って言う告白のセリフあるでしょ?」 

真姫「いきなり何事かと思ったわ」 

穂乃果「もしパン派だったらなんて言うんだろう」 

真姫「毎朝俺にトーストを焼いてくれ、とかじゃないの」 

穂乃果「なるほど、それいいね!」 

真姫「それ聞いてどうするのよ」 

穂乃果「毎朝私ににトーストを焼いてくれない?」 

真姫「……」 

穂乃果「……」 

真姫「…………」 

穂乃果「…………」 

真姫「………………えっ…?」

933: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:38:25.55 ID:RIF8tYj/o
ここにきて安価ミスってた
>>932で書く

934: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:42:20.19 ID:RIF8tYj/o
真姫「あの……穂乃果の気持ちは嬉しいけど……」

真姫「まだ私達には早いって言うか……そもそも女の子同士なんておかしいし……」

真姫「でも……その、穂乃果がどうしてもって言うんなら……考えないこともないけど……」

真姫「穂乃果のことは別に嫌いじゃないし……どっちかっていうと…………」

穂乃果「…………」

真姫「……な、何か言ってよ・………」

穂乃果(どうしようドッキリだって言い出せなくなっちゃった……)

935: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:43:13.33 ID:RIF8tYj/o
次>>936

936: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:44:52.22 ID:qrYZG252o
ミニスカート

937: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:50:51.34 ID:RIF8tYj/o
海未「こ、こんな短いスカート履けません!恥ずかしすぎます……」

ことり「うーん、制服のスカートはあんなに短いのに」

海未「えっ……」

ことり「あれくらいならいけるかなって思ったんだけど」

海未「迂闊でした……確かに制服だってミニスカート……なぜ私はあんな破廉恥なものを…!」

ことり「今更すぎない?」

海未「一体いつから……確か入学当初は長かったはずなのに……」

ことり「あぁ、それはね、ことりが数ミリずつ短くしてたからだよ」

海未「――っ!!」

ことり「一度に短くしたらすぐばれちゃうけど、少しずつだと気付かないでしょ?」

海未「まさに茹でガエル状態だったというわけですか!?」

ことり「今も絶賛短くしてるんだけどね」

海未「」

ことり「海未ちゃん?」

海未「」

ことり「茹でガエルみたいになってる……」

938: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:52:21.44 ID:RIF8tYj/o
次>>940

940: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 14:54:35.38 ID:MNP4OeouO
ダイビング

942: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 15:11:01.23 ID:RIF8tYj/o
卒業後プロデュースしてもらっているA-RISE


P「今度のA-RISEは……空へ行ってもらいます」

ツバサ「順を追って説明してくれる?」

P「次に出演予定の歌番組で、スカイダイビングしながら歌ってほしいとの要請がありまして」

ツバサ「できるわけないでしょ!」

あんじゅ「あれって確か生放送よね?絶対放送事故になると思うんだけど」

P「私もそう思ったんですが、どうしてもやってほしいと……」

ツバサ「ダンスチューンである以上、普通に歌わせてほしいわね」

P「断りましょうか?」

ツバサ「そうしてくれる―――」

英玲奈「いや、やってみたい」

あんじゅ「英玲奈ちゃん?」

英玲奈「難しいとは思うが、私達も新しいことに挑戦してみる時期だと思う」

ツバサ「英玲奈……」

英玲奈「ツバサ、やってみる価値はあると思う」

ツバサ「……そうね、面白いかもね」

ツバサ(あの子たちが教えてくれた……飛べる……そう、いつだって飛べる…!)

P「ちなみに、ツバサさんのツバサと翼を掛けてるとか」

ツバサ「駄洒落で決められたの!?やっぱり断ってくれる!?」

943: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 15:12:32.90 ID:RIF8tYj/o
あと10
次>>944

944: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 15:13:16.80 ID:nNiZ7Xrdo
黒スト

945: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 15:40:32.82 ID:RIF8tYj/o
絵里「花陽っていつもストッキング履いてるわよね」

花陽「うん、これがないと心許なくって……あと、足が細く見える効果も期待してて」

絵里「そんなに気にするほどかしら?」

花陽「気になるの!」

海未「なるほど、その手があったのですね」

花陽「え?海未ちゃんは別にストッキング履かなくても足細いし、大丈夫だと思うけど」

海未「いえ、そうではなく…ストッキングを履けば、多少スカートが短くても恥ずかしさが緩和されそうです!あぁ、どうしてもっと早く気が付かなかったのでしょう」

絵里「むしろ今まで気にしてなかったの?」

海未「花陽、ストッキングを選ぶコツを教えてください!さっそく放課後買いに行きます!」

花陽「えっと、ストッキングにはまず生地の厚さとかが重要で―――」

海未「ふむふむ」

~翌日~

穂乃果「おはよー!あれ、海未ちゃんがストッキング履いてる!?」

海未「おはようございます穂乃果。今日から私も黒ストデビューです!」

穂乃果「へぇー、海未ちゃんついにセクシー路線に変更するんだ」

海未「えっ」

穂乃果「穂乃果はストッキング履いてるほうがセクシーだと思ってたから」

海未「あわ、あわわわわ……今日は帰りますっ!!」ダッ

穂乃果「海未ちゃん!?」

946: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 15:40:59.07 ID:RIF8tYj/o
あと9
次>>948

947: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 15:50:15.05 ID:RIF8tYj/o
ksk

948: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 15:50:32.56 ID:Z7t4T1jno
正月

949: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:01:59.14 ID:RIF8tYj/o
凛「甘酒美味しいにゃー……」

にこ「初詣に来て飲む甘酒の美味しさたるや……」

希「にこっち、サボらんと巫女さんの手伝いしてや」

にこ「分かってるわよ……あと一杯だけ」

希「にこっちぃぃぃ」

にこ「はいはい、分かりました分かりました」

花陽「3人とも頑張ってね」

希「ところで、絵里ち見てない?」

花陽「絵里ちゃんならさっきそこで休憩を―――」

真姫「ダレカタスケェー!」

凛「真姫ちゃんどうかしたの?」

真姫「凛!エリーを何とかして!」

絵里「えぇー、逃げないでよマッキー……寂しいじゃないのぉぉ」

希「絵里ち……何してるん?」

真姫「甘酒でこうなってるのよ!いい加減離しなさい!」

絵里「つれないわよマッキー!」

花陽「私、甘酒で酔っぱらう人初めて見た……」

凛「お正月からレアな映像みれたにゃー」パシャパシャ

950: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:02:30.83 ID:RIF8tYj/o
あと8
次>>951

951: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:03:19.25 ID:8XV7HxpAO
夏の高校野球

952: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:06:45.82 ID:RIF8tYj/o
カキーン

亜里沙「おぉー!打ったー!これは大きいよ!!絶対ホームランだよ!」

雪穂「待って私亜里沙のこの趣味知らない」

亜里沙「日本の夏といえば高校野球だよね!」

雪穂「亜里沙って日本に来てそんなに経ってないよね!?」

953: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:07:57.73 ID:RIF8tYj/o
あと3~7
次>>954-958

954: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:11:56.79 ID:3GbPda3DO
ウォッカ

955: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:14:20.40 ID:8XV7HxpAO
トリプルアクセル

956: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:15:50.19 ID:GqUCR4D7o
桜餅

957: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:15:58.14 ID:iPgn9pPPO
監獄学園

958: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:16:30.59 ID:nDmnsaT1O
フルフェイスヘルメット

959: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:32:06.61 ID:RIF8tYj/o
絵里「ロシア人とのクォーターだからってお酒に強いなんて思わないでよね……」

凛「まさか絵里ちゃんがあんなにお酒に弱いとは思わなかったにゃー」

絵里「確かにお婆様はウォッカ1瓶程度じゃ酔わないけど、私はお父様の血が強いみたいで……」

凛「1瓶…?」

絵里「亜里沙は逆にお婆様の血が強いみたいでウォッカ程度なら余裕で―――」

凛「絵里ちゃんストップ!それ以上は駄目にゃ!!」

※未成年の飲酒は法律で禁止されています

960: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:42:14.92 ID:RIF8tYj/o
花陽「にこちゃん*がトリプルアクセルできるって聞いたけど、ほんと?」

にこ「……あ、当たり前でしょっ!スーパーアイドルならそれくらいできて当然よ」

真姫「また見栄張ってる」

にこ「なわけないでしょ!やってやろうじゃないっ!!」

にこ「……行くわよ」

花陽「うん!」

にこ「ほんとに行くわよ!」

花陽「うんうん!」

にこ「後悔するんじゃないわよ!!」

花陽「うんうんうん!」

にこ「ほんとに行くわ―――」

花陽「早くっ!」ドンッ

にこ「ほわああぁぁぁああぁぁああぁぁぁぁぁああああぁああぁぁぁぁあああぁぁぁぁ!!!!!」

真姫「滑ることすらままなってないじゃない……」

花陽「まあ、流石にできるわけないよね」

真姫「知ってて行かせたの?」

花陽「あたふたするにこちゃん可愛いよね」

真姫「……ノーコメントで」

961: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:58:10.64 ID:RIF8tYj/o
穂乃果「いらっしゃいませー…って、希ちゃん!」

希「こんにちは」

穂乃果「どうしたの?だって、今日出発するから、あとでみんなでお見送りに行くって言ったのに」

希「そうなんやけど、ちょっと思うところがあってお散歩してたんよ」

穂乃果「わざわざこんなところまで……あ、疲れたよね?お茶淹れるから座ってて」

希「ありがとう、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ラストライブも終わって、あっという間だね」

希「そうやね……楽しかったね、ライブ」

穂乃果「うん……はい、お待たせ!」

希「そうそう、お土産に穂むらのお饅頭買って帰りたいんやけど、一箱お願いできる?」

穂乃果「はいはーい!お買い上げありがとうございまーす!ついでに新作の桜餅はいかがですかー?」

希「新作なん?」

穂乃果「まあ、毎年春になると出してるんだけどね。今年は改良してあるんだよ」

希「ほな、それも一つ貰おうかな」

穂乃果「毎度ありっ!見た目は去年と同じなんだけど、味はこっちの方が美味しいよっ!」

希「……そうやね。変わってないように見えて、ちゃんと変わってるんよね……桜餅だって、うちらだって……」

穂乃果「何か言った?」

希「なんでもないよ……ほな、そろそろ帰ろうかな。ごちそうさま」

穂乃果「どういたしまして。あとでまた会おうね」

希「うん……また来るからね」

穂乃果「……うん!また、絶対、また来てねっ!!」

962: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 17:11:15.33 ID:RIF8tYj/o
廃校阻止のため来年から男女共学校になる音乃木坂学院

男子生徒の暴走を防ぐために、生徒会は校内に監獄を設置することを決定

やがて音乃木坂学院は、監獄学園と呼ばれるようになる―――!



穂乃果「……あれ、学院なのか学園なのかはっきりしない」

963: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 17:29:34.74 ID:RIF8tYj/o
卒業後プロデュースしてもらっているA-RISE


P「今度のA-RISEは……CMのオファーです」

ツバサ「へぇ、何のCMかしら」

P「ヘルメットです」

ツバサ「繋がりが見えないわね!?」

あんじゅ「私達、別にバイクに乗ったりしてないんだけどね」

P「こういうのは今が旬のアイドルを使うことに意味があるという面もありますから」

英玲奈「ヘルメットか、なかなか面白そうだな」

P「三人には、このフルフェイスヘルメットを被っていただきます」

ツバサ「これ顔見えないじゃない!」

英玲奈「ライダースーツも着るのか…本格的だな」

あんじゅ「英玲奈ちゃんならスーツ似合いそうね」

ツバサ「まあ、せっかくのCMのオファーだし、断る理由はないわね」

あんじゅ「どこの会社なの?」

P「Araiです」

ツバサ「また駄洒落じゃない!!」

964: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 17:30:01.37 ID:RIF8tYj/o
あとふたつ>>966

966: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 17:30:43.22 ID:GHYpEMpCo
矢澤姉妹

968: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 18:15:35.04 ID:RIF8tYj/o
******

こころ「お姉さまスクールアイドルを始めたんですか!?」

にこ「そうよ!これから宇宙NO.1アイドルが誕生するの!いえ、もう誕生しているのよ!!」

ここあ「すっごーい!」

虎太郎「にー」

にこ「ほら、早くご飯にするわよ。今日はにこにー特製豆腐ハンバーグにこっ!」

******

こころ「お姉さま!ライブはどうでしたか!」

にこ「えっ……」

ここあ「きょうだったんでしょ?」

にこ「…………」

こころ「お姉さま?」

にこ「……と、当然大成功よ!にこにーの魅力がいろんな人に知れ渡って、大変だったんだから!」

ここあ「さすがおねえちゃん!」

虎太郎「……にー、めー」

こころ「目?そういえばお姉さま、目の周りが赤いですよ」

にこ「――っ!こ、これはその……目にゴミが入ってたのよ……だから気にしないで」

******

にこ(結局μ'sに入っちゃったわね……あの子たちになんて言おう)

にこ「こころ、ここあ、虎太郎……実は、にこは―――」

ここあ「もしかして、次のライブが決まったの!?」

こころ「流石お姉さま!宇宙NO.1アイドルは人気者ですね!」

にこ「いや、その…………」

こころあ「?」

にこ「そうなのよ!実はライブをやることになったの!しかも今回から、えっと……バックダンサー!バックダンサーが一緒に踊ってくれるのよっ!」

こころ「そうなのですか!?流石お姉さまです!」

ここあ「どんな人たちなの?」

にこ「えっと……μ'sっていう人たちで、アイドルを目指して修行中で、みんな困った後輩なんだけど……結構楽しい後輩たち、で……」

こころ「おぉー!お姉さまのバックダンサーを務められるなんて、光栄ですね!」

ここあ「ライブ楽しみにしてるね!」

にこ「えぇ、そうね……」

虎太郎「にっこにっこにー」

にこ「さあほら!ご飯にしましょ!」

******

にこ母「ねえ、にこ。あなた、こころ達にμ'sのことをバックダンサーって言ってるんですって?」

にこ「……なんでそれを」

にこ母「二人に聞いたのよ。μ'sって、一緒にやってるメンバーなんでしょ?どうしてあんな嘘を―――」

にこ「ママには分かんないわよっ!私が自分のことをこころ達にどう言おうが、私の勝手でしょっ!!」ダッ

にこ母「にこっ!……ごめんね……にこのこと、全然見てあげられなくて……」

にこ母「でも、μ'sに入ってからのにこは、本当に楽しそう……いつか、本当のことが言えるといいわね……」

969: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 18:16:06.98 ID:RIF8tYj/o
とうとう最後>>971

971: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 18:17:28.26 ID:AvfXX+EGO
ラスト

972: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 18:37:30.79 ID:RIF8tYj/o
穂乃果「これが正真正銘、μ'sのラストライブだよ…!」

海未「いろいろなことがありましたね……全ては音乃木坂の廃校問題からでした」

ことり「うん……初めて3人で踊ったときから、あっという間だったね」

真姫「曲作りを頼まれた時はびっくりしたけど、でも、楽しかったわ」

凛「練習がきついときもあったけど、全部楽しかったにゃ!」

花陽「憧れてたアイドルになれて……私、本当に良かったって思う」

にこ「にこも、ラブライブに出場できて、しかも優勝までして……ほんと、μ'sは宇宙NO.1アイドルグループよ」

希「この9人やからここまで来れたんよ……うち、μ'sのメンバーになれて、最高やった!」

絵里「みんな、ラストだけど……ラストにふさわしい、最高のライブにしましょう!」

穂乃果「さあ、いこう!μ's―――」

μ's「ミュージック、スタート―――!!!」








ペーペーッペ ペーペー ポーポ ペーッペーペ♪

穂乃果「ってこれA-RISEの曲だよっ!!!!!!」


おしまい