1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 22:23:26.22 ID:uCM/1FT8O
緑川「ども、緑川光です」

民安「民安ともえです」

鈴田「どーもー!鈴田ぁー↑美夜子どぅぇーーすっ!」

民安「はいー!今回なんと!」

鈴田「なんと!」

民安「今回はディレクターさんの思いつきで1回限りのナツメブラザーズが復活します!!」

緑川「いえーい!」

鈴田「ひゃほーうっ!」

民安「わぁーーっ!!」

パチパチパチッ

民安「まさかこの3人でもう一度集まるなんて…」

鈴田「ねえ!」

緑川「このイス座るの凄い久しぶりだよね」

民安・鈴田「アハハハッ!」

緑川「フフフッ…あっ、そういえば美夜子ちゃん名前、前回と違うくない?」

民安「ちょっと、兄貴ー!!」

鈴田「ん?ななななんの話ですかー?」

緑川「フッフッフッ!」

民安「アハハハ!はいぃ…まだまだ積もる話もあると思いますがーOPで喋りすぎちゃうとアレですからね」

緑川「いつか神奈君の時とか半分ぐらいまでずっとやってたからね」

民安「あぁー!やってたやってた!」

鈴田「ガッハッハッハッ!!」

緑川「アハハッ!はい!では、こんな感じでお送りしていきたいと思いまーす」

民安・鈴田「「はーい」」

緑川「それじゃあ早速称号引いていきましょうか」

鈴田「うぉーこのセリフも久しぶりに聞いたぁー…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441632206

引用元: 緑川・民安・鈴田「「「ナツメブラザーズ!SS!」」」 

 

ラジオCD「ラジオ リトルバスターズ! ナツメブラザーズ!(21)」vol.15
ラジオ・サントラ 民安ともえ 緑川光 鈴田美夜子 神奈延年
音泉 (2012-02-24)
売り上げランキング: 152,555
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 21:13:07.32 ID:StnaTo1w0
緑川「えーと…ペンネーム3SRさんから頂きました緑川の称号『オレ、また斎藤っす』」

鈴田「おぉー…」

民安「これは斎藤が帰ってきたぞー!みたいな感じですかね?」

緑川「いや、これはきっとアレだよ。今日はずっと僕だけ代打バース風に喋って下さいって言う…」

鈴田「いやいやいや!?それは無理があるんじゃ…!」

緑川「フフフフフフッ!」

民安「あはははっはっ!え?それってずっとセリフを全部それっぽい言葉にすり替えるってことですかっ!?」

緑川「だから例えば『次のコーナー行ってみましょう』を『好きなのこれが一旦木綿』とか…」

鈴田「うわ難っ!ってかそんなこといつもいつも言ってました!?」

緑川「いや、やっぱこれは無理だわ。進まない」

民安「ウハハッ!!」

鈴田「じゃあ台本のセリフだけとか?」

緑川「あーそれいいね」

民安「おおー!じゃあそうしますか?」

緑川「いやそれでも難しいんだけどね…」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 21:24:05.92 ID:StnaTo1w0
鈴田「じゃあ次お民ちゃん」

民安「はぁい…えーと、ペンネーム8ptさんから頂きましたー……アッハッハ!」

鈴田「なに?…おっほー!」

民安「ハッハッハッ、民安の称号『●●●●ロイド』」

緑川「やっぱり●●●●ネタ来るんだねー」

民安「いやまあ、むしろ安心しますよね!」

緑川「アッハッハ!」

鈴田「もう、●●●●といえば民安、民安と言えば●●●●ですから!」

民安「えへへっ!でもロイドって付いてるよこれ」

緑川「ロイドってさあ…アンドロイドのロイドってこと?」

民安「ですかねぇ!ほら、私ボーカロイドの声を当てさせてもらった事もあったのでー」

鈴田「じゃあロボットってこと?」

緑川・民安「「ロボット!?」」

民安「あははっ!ハ、ハモった!」

鈴田「ええぇ!?今変なこと言いましたか私ー?」

緑川「いや、ロボット…フフフッ!確かに間違ってないかもしれないけどさあ!」

民安「じゃあ●●●●についてやたら造詣が深いロボットって事にしましょうか?」

鈴田「いやそれはお民ちゃんが決めていいよぉ!?」

民安「うん、じゃあそうするー」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 21:37:27.40 ID:StnaTo1w0
鈴田「じゃあ私が最後…よいしょっ…てててん」

鈴田「………いや、これ大丈夫なの?」

緑川「え、なによ?」

民安「とりあえず言ってみて?」

鈴田「『アイドル…スター鈴田』」

民安「フッフフフ!」

鈴田「ダメでしょこれー!いいんですかスタッフさん!?」

緑川「いや違うよ。まだ完全にアウトじゃないから」

鈴田「えっ?なにがですかー?」

緑川「だからーその○の所に何を入れるかで変わるからぁ…」

鈴田「えっ、そういう!?」

民安「なるほど!アイドルポスターとかパターとか…」

鈴田「アイドルパスターってなに!?パスタ作るの!?」

緑川・民安「「アッハハハハ!」」

鈴田「えーじゃあどうしようー…アーイドルーー……シスター?」

民安「おおおお!シスターいいじゃない!」

緑川「えっ、じゃあ妹ポジョンが二人って事?」

民安「あっ!」

鈴田「ゲッヘヘェー鈴さんから妹の座を奪い取るのですっ!」

民安「うわ、いやなクドだこれ!」





ペーペペペーーペペペペーーペーペーー

緑川・民安・鈴田「「「ナツメブラザーズ!SS!」」」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 21:57:02.05 ID:KTr+1dLkO
緑川「オレ、また斎藤っす!緑川光です」

民安「●●●● ロイド 民安トモエ デス」

鈴田「アイドル…スターの鈴田ですっ」

緑川「ナツメブラザーズ!ssはゲームブランドkeyの作品、リトルバスターズのラジオ番組です」

鈴田「あれ?称号は?緑川さん」

緑川「いやここは変えちゃマズイでしょ」

鈴田「ガッハッハッ!」

民安「スポンサーさんだからね!」

鈴田「ウフフ…そういえばさっきなんでお民ちゃんあんな口調だったの?」

民安「あー ソレハ 私 ガ ロボット ダカラデス」

鈴田「あーなるほどね!じゃあロボットさん●●●●について語ってよ」

民安「畏マリマシタ! えっと 世界一 オッキイ ●●●● ハ 25キロ モ アリマス」

鈴田「えええぇぇぇえ!!」

緑川「うお、それでっかいなぁ…」

民安「しかも片方で25キロですよ?だから両方合わせて」

鈴田「50キロ?ぶははははっ!!」

緑川「それ絶対アレだよね、空きカン潰せるよね?ふっふっふっ!」

民安「あはははははは!!それありましたね!!」

鈴田「えーなんだっけそれー?」

民安「ほら、やっこちゃん、あのね?昔リスナーの人が空きカンを●●●●だけで潰せる人がいたっていうハガキを…」

鈴田「あ…あー!!思い出した!●を遊ばせてる人!」

民安「それそれ!」

緑川「フフフフフフッ!そんな訳で今日も最後までお付き合い下さいー」」

鈴田「ナツメブラザーズ!この番組はビジュアルアーツ、ブシロード、タブリエコミュニケーションズの提供でお送りいたします!お兄ちゃん!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 22:09:34.39 ID:StnaTo1w0
メーン! セェイ!

謙吾「ほーぅ。俺は出なかったナツメブラザーズssがもうまとめられるのか」

メーン!コテェ!メーン!

謙吾「恭介と鈴に能美が加わり更に●●…面白くなったな」

メーン!マーン!セェイ!

謙吾「とり下ろし番組『スーパーナツメワールド』ではこの俺が逆にうなぎパイを食わされるハメになるとは…」

マーン!マーン!マーン!マーン!マーン!マーン!マーン!マーン!マーン!マーン!

謙吾「ナツメブラザーズss!好評更新中」

謙吾「ナツメブラザーズは…不滅だぁ!!」

マーン!

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 22:20:55.61 ID:StnaTo1w0
ペーンペンペンペペーンペンペペペーンペンペンペペーンペンペペペーンペンペンペペ……

「「「ナツメブラザーズ!SS!」」」


民安「トークランキングー!」

民安「ゲーム ノ 中ノ バトルランキング ニ チナンデ リスナー ノ 皆サン カラ 送ラレテキタ オ題 デ トーク ヲ シテイク コーナーデス」

緑川「ともえちゃんのお題いいなーなんかロボットっぽくやっとけばいいもん」

民安「いやいやいや!」

鈴田「そうだよぉー!緑川さんなんか今必死に一人だけ代打バース考えてるから!」

民安「アハハッしかもみんなと違って時間制限あるしね!」

緑川「本当だよまったくぅー…フフフッ!これ結構頭使うからね…もう喋んなくていいですか?ずっと考えてるんで」

鈴田「いやダメですよ緑川さーん!今収録中だから!」

緑川「だって君だって妹っぽいキャラ演じたらいいんでしょ?」

鈴田「ああ、いやこれはですね。コロコロ変えていきたいと思います」

民安「えっ、どういうこと?」

鈴田「だからー今のコーナーはシスターだけど次のコーナーに行ったら別の○スターとか!」

民安「あー…じゃあ、やこちゃんも何か考えるんだ」

鈴田「うん!考えておくからお民ちゃんあとよろしくー」

民安「えっ、一人!?」

緑川「フッフッフッ!!」

民安「ダメだよやっこちゃん!緑川さんも!」

緑川「はいじゃあ引いていきます…」

民安「はーい」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 22:46:07.18 ID:StnaTo1w0
緑川「ペンネームnbrさんから頂きました。『緑川さん、民安さん、鈴田さん、代打バース!』」

民安・鈴田「「代打バース!」」

緑川「『ナツブラがもう一度だけ復活するとのことでメールさせていただきました!さて、私が小学生の頃、クラスでどこの幼稚園に行っていたかという話題になったことがあり、そのうちの一人がカトリックの幼稚園に通っていたと言いました』あー僕と同じだね」

民安「そうそう、前にもラジオで言ってましたよねー!」

鈴田「ああ、ご飯の前にお祈りするのですねっ」

緑川「はい『そしてこんな事言わなければ良かったのですが、僕はその瞬間受けを狙ったのか『えっ?マトリックスの幼稚園?』』」

鈴田「ガッハッハッハッハッ!!」

緑川「『と、聞いてしまい、以降その子のあだ名が『マトリックス』になってしまいました。というわけでお題は【不名誉なあだ名】でお願いします』…という事ですけども」

鈴田「えー?マトリックスって全然不名誉なあだ名じゃないよねー?」

民安「うん、むしろかっこいい!」

緑川「ねぇ?そーれーか、もしかしたらこのハガキ送ってきてくれた人がマトリックスの敵を応援してたのかも」

民安「えっ、まさかの敵側!?」

鈴田「マトリックスの敵ってことはあの機械の方ってことですよねえっ…!」

民安「うーん!」

緑川「ちなみにお二人は不名誉なあだ名を付けられたことは?」

鈴田「そりゃーありますよぉー!」

緑川「えっ、なに?」

鈴田「V3とかー酢豚とかー」

民安「あっはっはっはッは!!!」

緑川「フッフッフッフッフッフッ!!」

鈴田「まったくもー!もっと可愛いあだ名が欲しかったですぅ!」

民安「あったねえー!」

緑川「ホームページとかでも変わってたしね!フッフッフッ」

鈴田「台本にまでV3とかイジメかっての!聞いてますかスタッフさん!?」

民安「あっ、今みんな目逸らした」

緑川「フッフッフッ!!」

鈴田「ちょっと緑川さんもツボに入りすぎでしょ!ところでタミーちゃんは?」

民安「うーん私はないかなー?緑川さんはどうですか?」

緑川「ないですね。じゃあ次いきましょうか」

鈴田「えっ!ちょっと待ってよぉおーー!!くっそーみんなしてイジメやがってぇ……」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 21:53:53.83 ID:VJPFJpj10
ピロピロピロピロ…ピロリン♪

民安「ペンネームuCMさんから頂きましたー。『緑川さん、民安さん、鈴田。代打バース!』」

鈴田「なんで私だけ呼び捨てなの!?」

民安「『私は先月、ふと旅がしたいと考えて兵庫から鹿児島まで自転車で旅行してきました!理由はもちろん燃えるからです!』ですって!」

緑川「へぇ、凄いねぇー」

鈴田「えっ、自転車で!?」

民安「うん!あ、ママチャリなんだって!競技用じゃなくて」

鈴田「いや、これミッションスタートのコーナーじゃないよ!?」

緑川「フッフッフッ!」

民安「続けるねー『道中では色々な人に親切にされてなんとか着くことが出来ました。この経験を今後に活かしていきたいと思います。と言うわけでお題は『旅行』で、お願いします』どうですか?」

鈴田「いやぁーよく頑張ったねえ…あっ、それ写真?」

民安「あ、本当だ。これは旅行中に撮った写真かな?」

緑川・民安・鈴田「「「おおー!」」」

緑川「綺麗に撮れてるね、これ」

鈴田「うんうん」

民安「こんなところゆっくり漕いでみたいよねー!」

緑川「これは労いの言葉を掛けたいよねー。どうですか?シスターの鈴田さん」

民安「うん、やっぱりねー!」

鈴田「え?私ですか?えー…ごほんっ」

鈴田「uCMさんっ、よく頑張りましたっ(エコー)」

民安「おおー…ところでお二人は旅行とかどうですか?」

緑川「あー僕、旅行っていうか仕事柄よく海外とかに行くんですが」

鈴田「ああ!」

緑川「韓国行った時はねえ、僕のこと応援してくださってる人がみんな日本語上手でねえー」

民安「そういえば韓国の人って日本語も上手って聞きますよね!」

鈴田「でもさ、逆にウチらあっちの言葉全然知らないよね。しぇいしぇい!とかぐらいしか」

緑川「えっ、美夜子ちゃんそれ本気で言ってる?」

民安「うはははははは!!」

鈴田「あっ、中国か…うわ恥ずかしっ!!中国の皆さんごめんなさい!これカット出来ますか!?」

緑川「はい、ダメですー」

鈴田「えぇーーーーー!!」

民安「以上、トークランキング ノ コーナー デシタ」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 22:16:00.03 ID:VJPFJpj10
ぺんぺんぺぺーぺぺぺーぺぺぺー

緑川「ナツメブラザーズ!SS!」



緑川「棗恭介の一応言っとこう」

民安「あははは!」

鈴田「えっ?緑川さん今なんていいましたか?」

緑川「一応言っとこう(早口)!」

民安「ははははっ!!」

鈴田「あ、ごめんなさいゆっくり言ってもらえます?」

緑川「一応、言っておこう。結構上手くない?」

鈴田「いやちょっと違和感あったかなぁー!?」

緑川「ヘイらっしゃい!!ヘルシアッ」

鈴田「だから代打バースのコーナーじゃないでしょって!」

民安「懐かしー!むしろ逆によく覚えてましたよねっ」

緑川「フフフフフフッ!まあお気に入りだから」

鈴田「す・す・み・ま・せ・ん・か・ら!」

緑川「はいごめんなさいフフフッ!えーこのコーナーは、恭介がみなさんから寄せられた疑問・質問に内容の真偽すら問わず
真っ向から答えていくコーナーですっ」

民安「はーい、じゃあ早速引いていきたいと思いまーす。よいしょっ」

民安「ペンネーム8ptさんから頂きました。『不良だらけの高校を「ロリロリ甲子園」世界一に導いた棗監督に質問です。どうやってロリコンの素質を開花させたのですか?』」

緑川『元々全員にロリの気質はあった。あとは簡単さ。常に『ロリータ』を右手に添えるだけだ』

鈴田「いやそもそもロリロリ甲子園ってなんですか!?」

民安「しかも世界一ってことはいろんな国で広まってるからね!」

緑川「ははははっ!」

鈴田「ハッハッハッ…ロリータを右手に添えるだけってことはずっとあの本持ってるってことですか?」

緑川「そうだよ。かく言う僕も一度ロリコンになっちゃったことあるからね微ロリだけど。フッフッフッ!」

民安「ああ惜しくも卒業されてしまったアレですね!」

緑川「惜しくもってなに?」

民安「ハッハッハッハ!」

鈴田「などと供述しており、昨日ロリを認めた緑川容疑者でした」

緑川「えっ、急になに!?」

鈴田「いやほら称号ですよ!さっきはシスターでぇ…次は……」

民安「あっ、分かった!」

緑川「えっ?」

民安「キャスターだ!」

緑川「…………あぁーー!なるほど『キャ』スターね!上手い上手い」

鈴田「でしょでしょー?」

民安「アハハ!はぁい…!次引きまーす」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 22:40:56.26 ID:VJPFJpj10
民安「ペンネームnbrさんから頂きましたーあっ、この人さっきも読みましたねー」

民安「『ど根性を持ったカエルと一緒に生活したことのある棗先輩に質問です。そのカエルが一番ど根性を見せた時っていつですか?』」

緑川『ガタイが凄い筋肉質な友人に貸した時。破れそうな所をずっと気張ってたな』

鈴田「あーその友人ってどう考えても真人ですよねー」

民安「そういえばど根性ガエルって見てたことあります?」

緑川「あーー確かねえー僕が小学生くらいの頃に新しい方のアニメをぉーやってたかな?」

民安「新しい方ってなんですか?」

緑川「いやね、確か記憶が正しければ僕がその頃見てたのよりも古いのが幼稚園くらいの時にやってたんだよねー」

鈴田「えっ、緑川さんが幼稚園くらいっていったらもう…」

緑川「だからもう19…75くらい?」

鈴田「ええー!ど根性ガエルってそんなに古かったんだー!」

民安「確かちょっと前に実写版の映画やってましたよねー!」

緑川「へぇー知らなかったー」

鈴田「んでお題なんですが棗先輩っ」

民安「はいっ」

緑川「これは、ひょんな事で友人Mに渡してしまったのが不幸の始まりだよね」

民安「いや友人Mって言い方は誤解を招きますよねヘッヘッヘ!」

緑川「考えすぎだよぉ~!」

鈴田「まあそれでなんとか気張って助かったと言うわけですね」

緑川「なんだかんだで全然体格違うからねえあの2人」

民安「いや恭介は普通かもしれないけど真人達がデカすぎるだけですよ!…あっ、もう時間ですねっ」

鈴田「以上、棗恭介の一問一答が、お送りいたしました」

てんてんててーててててーてててー

民安「ナツメブラザーズ!SSにゃあ…」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 23:28:59.12 ID:VJPFJpj10
緑川「えーーーー……………球筋に出てるぜ!」

鈴田「ああぁぁあーー!!!」

民安「あーーー!!」

緑川「だって!だって思いつかなかったんだもん!」

鈴田「ガッハッハッハッハ!!」

民安「あはははははっ!」

鈴田「妥協したー!」

緑川「このコーナーは皆さんの球筋に出ている一言を募集します!」

民安「あっ!それ私の台本のセリフですよ!」

鈴田「今、強引に誤魔化そうとしたー!!」

緑川「フッフッフッ!はいそれでは引いていきましょう!」

鈴田「もー!」

緑川「ペンネームnbrさんから頂きました。『そんなにジーンズのチャックがいつの間にか開いてるのかい?球筋が見えそうだぜ』」

鈴田「見えそうだぜ!?」

民安「あっはっはっ!」

緑川「これはアリだな」

鈴田「おっ、アリですって」

緑川「ジーンズとか僕よくねーチャック開いてるんですよ。トイレに行っていざ開けようとするともう既に開いてて…」

民安「うわー…それ冷や汗かきません?」

緑川「もう物凄く掻くよ…あれっ?俺いつからこれ開いてたんだ…?みたいな」

鈴田「うわ怖ー!じゃあそれって、たとえば電車の人とかにも緑川さんのパンツを見られていたかもしれないって事ですよね?いや、それじゃ逆にその人達はラッキーだったんじゃ…」

緑川「不潔っ」

鈴田「ガッハッハッハッハ!!」

民安「うはははははは!!」

緑川「いやこれねえー多分僕のチャックがちょっと壊れ気味だったからと思ってたんだけど同じような人がいたようでちょっと安心した」

鈴田「その時買い直そうと思わなかったんですか?」

緑川「いやなんかもう忘れちゃうの」

鈴田「あー」

緑川「思い出すのはいつもチャックが開いてた瞬間だから」

鈴田「アッハッハッ!なるほどですねー!」

緑川「じゃあ次のお便りを引きましょう」

民安「はい」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:46:54.13 ID:b9JkT2uR0
緑川「ペンネームgNlさんから頂きました。『世界征服のために部下の女の子を露出の高い格好をした魔法少女に変身させて他のミニスカ魔法少女と戦わせたいのかい?球筋に出てるぜ』」

鈴田「変態だー」

緑川「これはアリかな」

鈴田「ええーー!!アリなんですかー!?」

緑川「なんかさ、仮面ライダーとかでもよくそういう男心をくすぐる格好した女の子の幹部っているけどあれ全部ボスの命令であんな格好なんだよね」

民安「あ、確かに!」

鈴田「えー?じゃあこういうことですか?そういう幹部の人の衣装は全部ボスの趣味って…うわー!イメージ一気に台無しだよ!!」

緑川「フッフッフッ!」

民安「いや、衣装は自由な職場かもしれないかも…!」

鈴田「職場ってなんだよ!」

民安「ハハハッ」

緑川「でも自由だと相当な●●だよ?」

鈴田「しかも大抵ノリノリですしね!ハハハハッ!!」

緑川「以上球筋に出てるぜ、でした」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:10:44.69 ID:b9JkT2uR0
ぺんぺんぺーぺーぺぺぺーぺーぺぺぺー

パーパーパーパーーパーパーーパーパパー

「ヴァイスシュバルツ。リトルバスターズEXが遂に正式参戦!棗鈴、能美クドリャフカ他ヒロイン全員を収録。ヴァイスシュバルツ『リトルバスターズEX』好評発売中。ブシロード!」


てんてっててーんてんてーてっててー

民安「エンディングです!」

緑川「はーい」

鈴田「早いねー」

民安「どうですか皆さん。久々のラジオは」

緑川「いやー変わんないよねー!だって言ってもこのメンツで終わったの去年でしょ?」

鈴田「だから半年前ですよねっ。まあどうせまた復活すると思いますけどね」

民安「やめてやっこちゃん!スタッフさん達困った顔してるから!」

緑川「多分次やるとしたら映画化かリトルバスターズ2の時くらいかな?」

民安・鈴田「「おおー!」」

鈴田「リトバス2いいねー!クドはもうアフター…いや、わふたーやっちゃいましたけど!」

民安「ああ、じゃあアレじゃない?クド以外の全部のキャラクターのアフターをやっていくとか」

鈴田「え?じゃあその時私要らなくないっすか!?」

民安「アッハッハ!ごめん、いやそういうつもりじゃないから!」

緑川「ちゃんとクドの出番もあるよー」

鈴田「そうですかー?じゃあkeyさんよろしくお願いしますねー?」

緑川「そんな訳でお相手は!オレ、また斉藤っす!な棗恭介役、緑川光とぉ?」

民安「●●●●ロイド 棗鈴役、民安ともえと!」

鈴田「アイドル…っスター!能美クドリャフカ役の鈴田美夜子でした!」

緑川・民安・鈴田「「「さよーーならーー!(また来週ー!)」」」

鈴田「あっ、また来週言っちゃった」

緑川「いや来週もスタジオ借りてやっていこうよ」

鈴田「うぇえ!?」

民安「ナツメブラザーズ!この作品はビジュアルアーツ、ブシロード、タブリエコミュニケーションズの提供でお送りいたしました!」


終わり