1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 01:35:54 ID:ZlOk3Was
男「よう。朝からどうした?」

幼馴染「あのね?実は……ヒック!」

男「うんうん、どうした?」

幼馴染「だから、あの……ヒック!」

男「どうしたんだよ?早く言えよ?」

幼馴染「……もうっ!」

男「いてっ!いきなり殴るなよ……しゃっくりが止まらないのか?」

幼馴染「ヒック!」 

 

助けてと言えない 孤立する三十代 (文春文庫)
NHKクローズアップ現代取材班
文藝春秋 (2013-06-07)
売り上げランキング: 27,418
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 01:39:19 ID:ZlOk3Was
幼馴染「ビックリさせてよ!」

男「……はぁ?」

幼馴染「だから……ビックリしたらしゃっくり止まるって……ヒック!」

男「ハハハ、ナイスタイミング」

幼馴染「もぅ!笑い事じゃないんだから!早くビックリさせてよ!」

男「え~?そんな事言われてもなぁ……?」

幼馴染「早くっ!早くっ!……ヒック!」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 01:42:53 ID:ZlOk3Was
男「よし、わかった……」

幼馴染「うんっ!」

男「……幼馴染」

幼馴染「……何よ?早くびっくりさせ……ヒック!」


男「……好きだ」

幼馴染「……えっ?」

男「………」

幼馴染「………」

男「………」

幼馴染「……ヒック!」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 01:47:16 ID:ZlOk3Was
男「ちょっと待てっ!何故、ビックリしないっ!?」

幼馴染「……そんな事いいから、早くビックリさせてよ」

男「いや、待て!待つんだ、幼馴染!今のでビックリしないって事は、お前は俺がお前の事を好きだと思っていたのか!?」

幼馴染「う~ん……そうかもしれない……」

男「!」

幼馴染「……ヒック」

男「ふざ……自惚れんな、このバカっ!な~んで、俺がお前みたいな貧乳の事なんか……ぐおっ!」

幼馴染「もうっ!次、次!早くビックリさせてよ!」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 01:50:32 ID:ZlOk3Was
男「くそっ……よし、わかった……」

幼馴染「早くっ!早くっ!」

男「……幼馴染」

幼馴染「……何よ?早くビックリさせ……ヒック!」

男「昨日……俺は、お前の部屋に忍び込んで……」

幼馴染「……えっ?」

男「……パンツを盗んだ」

幼馴染「………」

男「………」

幼馴染「……ヒック!」 


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 01:55:04 ID:ZlOk3Was
男「ちょっと待て!何故、ビックリしないっ!?」

幼馴染「……そんな事いいから、早くビックリさせてよ」

男「いや、待て!待つんだ、幼馴染!今のでビックリしないって事は、
お前は俺の事を部屋に忍び込んで、パンツを盗む変態野郎と思っていたのか!?」

幼馴染「う~ん……そうかもしれない……」

男「!」

幼馴染「……ヒック!」

男「ふざっ……ふざけんなバカっ!誰がお前のうんこついたパンツなんて盗む……ぐおっ」

幼馴染「うんこなんてついてないっ!次っ!次っ!」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 01:58:41 ID:ZlOk3Was
男「う~ん……もう、なんにもないぞ……?お前、俺が宇宙人でしたなんて言ってもびっくりしないだろ?」

幼馴染「……ヒック!」

男「ほら……困ったなぁ……?」


女先輩「あっ?男君に、幼馴染ちゃん、おはよう?」

男「!」

幼馴染「あっ、おはようござい……ヒック!」

男「おおおおおはようございますすす女先輩っ!」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 02:02:41 ID:ZlOk3Was
女先輩「幼馴染ちゃん、しゃっくり……?」

幼馴染「うぅ……そうなんです、さっきからずっと止ま……ヒック!」

男「ささささっきからずっと、びっくりさせようとしているんですが、止まらないんですっ!」

女先輩「そうなんだ、大変だね~?」

幼馴染「はい……ヒック!」

女先輩「あっ、そうだ!いい事思いついた!」

幼馴染「?」

女先輩「……男君、ちょっとごめんね?」

男「……ん?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 02:06:29 ID:ZlOk3Was
ダキッ


男「!」

幼馴染「ななななな何してるんですか!?先輩っ!?」

女先輩「えへへ」

幼馴染「朝から、破廉恥な……いや、それよりこんな奴に触ってたら、腐りますっ!離れてっ!離れて下さい!」

女先輩「どう、幼馴染ちゃん?ビックリした?」

幼馴染「何をあなたはっ……!」

女先輩「しゃっくり、止まった?」

幼馴染「……えっ?」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 02:08:42 ID:ZlOk3Was
幼馴染「………」

女先輩「………」

幼馴染「……あっ」

女先輩「ふふ、止まったみたいだね?」

幼馴染「……はい」

女先輩「じゃあ、私先に行くね?今日、委員会なんだ」

幼馴染「あっ……ありがとう……ございました……」 


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/28(土) 02:11:55 ID:ZlOk3Was
幼馴染「………」

男「うふふ」

幼馴染「………」

男「うふふふふ」

幼馴染「………」

男「女先輩に抱きつかれちゃったぁ~」

幼馴染「………」

男「うふふ、女先輩に抱きつかれちゃった~♪うふふふふ」

幼馴染「……この、バカっ!」


男「うおっ、うおおっ……!誰か、誰かっ!鼻血の止め方を教えてくれっ!」


おわり