1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:15:38 ID:OoRXZ4P.

男「いつから寝てたんだろう」

男「なんかすっげー頭が痛い。二日酔いか?」

男「皿も洗ってないし。だらしないなー」

男「ってもうこんな時間か。さっさと出社しないと」

男「朝飯は...なしでいいか」

男「全く、だらしないなー」

男「まあいいか。行ってきまーす」

男「って言っても誰もいないんだけどね」 


転載元:男「朝だ」

 

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:18:09 ID:OoRXZ4P.

男「最近独り言が増えたなー」

男「元はこんなんじゃなかった気がするんだけど」

男「いつからだろう」

男「でもまあ流石に周りに変な目で見られるのはごめんだ。家の中だけにしておこう」

男「ってもう外に出てるんだった。バカだ」

男「ハハハ...」

男「急ごっと」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:19:56 ID:OoRXZ4P.

男「おはようございます」

課長「おはよう。今日も仕事頑張ってくれ」

男「はい」

男「...」

男(デスクワークは暇だ)

男(決して口には出さないがこんな仕事金のため以外の何物でもない)

男「全く、いつからこうなっちまったんだろう」

男「昔の俺はこんな日常想像してもなかっただろうな」

男「今はなんて言うか、心が死んでるよ」

男「...仕事しよ」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:21:45 ID:OoRXZ4P.

男「無心で仕事をしていたらもうこんな時間か。帰ろう」

男「最近集中力だけは高まってきてるな。現実逃避のためか?」

男「...自分で自分を煽っても仕方ないか」

男「よし!今日は朝から何も食ってねーし豪勢に外食といきますか」

男「金だけはありあまってるしな」

男「となると何処にしようか。この辺知ってるようで何も知らねー」

男「困った時のスマートフォンを使うか」

男「ふーん、この辺って意外と色々あるんだな」

男「決めた。ここにしよう。近いし」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:23:18 ID:OoRXZ4P.

店員「いらっしゃいませ。何名様でのご来店でしょうか」

男「一名です」

店員「かしこまりました。奥の3番テーブルへとお進みください」

店員「ごゆっくりどうぞ」

男「はぁ...信じらんねー。なんでお一人様に用意されるのがテーブル席なんだよ。カウンターにしてくれって言おうと思ってたのに」

男「まあいいか。どうでも」

男「何処にいようと誰も俺のことなんて気に留めないしな」

男「...自虐ネタはやめよう」

男「黙って飯を食おう」

男「うん、美味い。高いだけある」

男「でもそれだけって感じだな」 


6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:26:34 ID:OoRXZ4P.

男「ささやかな贅沢だった」

男「でも今度はもう少し雰囲気のいい店に行ってみたいな。あそこは賑やか過ぎた」

男「落ち着いた雰囲気の店で一人酒を飲む。うん、いいね」

男「孤独が似合う男になろう」

男「お、あそこにいい感じの公園があるじゃーん」

男「寄り道に夜の公園へ。そこのベンチで一人酒を飲む」

男「これもまた一興。冬の夜空は星が綺麗だね」

男「あれはなんて星なんだろう。星を学ぶのもロマンチックでいいかもしれないな」

男「金と時間は有り余るほどあるからな。今度本屋にでも行くか」











女「そんなことしなくていいよ」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:28:35 ID:OoRXZ4P.

男「お前は...」

女「久しぶりだね男。元気だったかい?」

男「お、おう。久しぶりだな女。元気だよ、うん」

女「そうかい、そりゃよかった。と言ってもとてもそんな風には見えないんだけどね」

女「男、今が本当に楽しいかい?寂しさに耐えきれなくなってきているんだろ?」

男「そんなこと!」

女「ないのかい?本当に?」

男「...」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:32:15 ID:OoRXZ4P.

女「無理に孤独を選ぶ必要なんてないじゃないか。こっちへ帰って来なよ」

男「...」

女「おじさんやおばさんだって二人だけじゃ寂しそうだよ」

女「いつまでも意地を張り続けているけど、もうその目的も見失い始めているんだろ」

男「...」

女「誰もキミを追い詰めたりしない。皆歓迎するさ」

女「勿論、僕だってね。僕は誰よりもキミを待っているつもりだよ」

男「...」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:33:47 ID:OoRXZ4P.

女「...じゃあ男。話を少し変えようか」

女「キミは新しい恋を始めてみたかい?否、友達付き合いでもいい。新しい生活に馴染む努力をしてみたかい?」

男「...話が変わってないぞ」

女「そう思うのはキミが何も始めてないからだよ」

女「キミはあの時から何も変わってないんだよ。生活だけ新しくなったんだ」

女「心ここに在らずってね。キミの心はずっと僕らの住む街にあるままなんだよ」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:35:15 ID:OoRXZ4P.


女「ねぇ、男。帰って来てくれよ...」

男「...」

男「俺は...俺は...」












男「んっ...」


男「朝か...女は?...」


男「誰もいない...夢だったのか...」

男「全く、公園のベンチで一人で寝るなんて終わってるな。ハハ」

男「でも夢で良かった...」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:37:06 ID:OoRXZ4P.

男「俺は帰らないよ。というか帰る度胸がない」

男「女に合わせる顔もないしな」

男「確かに新しい生活には馴染めてないけどさ。今を精一杯生きてなんとか孤独を誤魔化していくよ」

男「そしたらまた人付き合いもできるようになって、きっと故郷にも帰れる」

男「まずは、そのリハビリとして...」




男「猫でも拾って帰りますか。丁度そこに一匹野良がいるわけだし」

猫「ニャー」

男「よし!これからも頑張るぞーうぉー!」 


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/06(火) 23:37:40 ID:OoRXZ4P.
終わりです。ありがとうございました