1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 22:05:45.78 ID:B4SpZfY/0
~~~~~~~~~~~~~~
幼馴染「男!朝だよ!起きて!」

幼馴染「男!学校いこ!」

幼馴染「男!はいお弁当!」

幼馴染「男!一緒にご飯食べよ!」

幼馴染「男!かえろ!」

幼馴染「男!買い物付き合って!」

幼馴染「男!」

幼馴染「男!男!男ぉ~」
~~~~~~~~~~~~~~

男「……いい加減お前も俺離れしろよ」

幼馴染「…………ぇ」ジワッ

男「あっ!嘘!うそうそ!嘘だからな!」

引用元: 男「幼馴染が俺にベッタリで離れない」 


 

 
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 22:18:12.77 ID:B4SpZfY/0
幼馴染「男!一緒にお風呂入ろ!」ガラッ
男「わっ!ば、ばか!前くらい隠せよ!」

幼馴染「え?なんで?」タユンタユン

男「わわわわわわかるだろ!お互いもういい歳なんだから少しくらい弁えろよ!」

幼馴染「はぁぁ?何を今更ぁ」プルプル

男「あばばばばばば」
 

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 22:25:57.92 ID:66XlqpNU0
幼馴染「というわけで詰めろ!」

男「湯船に入ってこようとすんな!」

幼馴染「冷たいなー昔は一緒に入った仲じゃん」

男「あの頃は出るところも出てなかったから!」

幼馴染「あぁ…確かに今は随分…」

男「背は伸びなかったくせに!」

幼馴染「な、なにおう!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 22:36:02.87 ID:66XlqpNU0
幼馴染「あったまきた!こうなったら意地でも入ってやる!」

男「ちょっ!強引に入ってくんなや!」

幼馴染「えーい!」

男「うわっ!」

幼馴染「ふぃー暖かい…」

男「マジで入りやがった…」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 22:38:43.44 ID:66XlqpNU0
幼馴染「男がいるぶん、2倍暖かいよ」

男「俺はのぼせそうです」

幼馴染「あははー顔真っ赤ー」

男「もう出るわ…」

幼馴染「えー!はーやーいー!」

男「ダメ…これ以上……!絶えられるか……!」

幼馴染「あー!ホントに行っちゃった…ちぇー」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 22:45:09.07 ID:66XlqpNU0
男「はぁ…死ぬかと思った」

男「最近あいつ妙にくっついてくるんだよなー」

男「なにかあったかのかね…」

幼馴染「内緒!」

男「……」

幼馴染「お茶飲ませてねー」

男「あぁ…いいよ」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:04:10.56 ID:66XlqpNU0
幼馴染「ぷっはー!のどごしさわやか!」

男「お前未成年だろ」

幼馴染「お茶だからセーフですー」

男「はいはい」

幼馴染「んー…もうこんな時間かぁ」

男「本当だ。更けてきたな」

幼馴染「と、いうわけで私は一時離脱!」

男「え?お、おい!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:06:42.52 ID:66XlqpNU0
男「あの野郎…玄関とは正反対の方向に走っていったけど…」

男「…大体予想はつく」


幼馴染「私型抱き枕でーす!」

男「……」

幼馴染「柔らかいよ!いい匂いするよ!人肌のぬくもりだよ!」

男「ふんっ!」

幼馴染「いやんっ」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:08:48.44 ID:66XlqpNU0
男「お前さぁ、なんなの?襲われたいの?」

幼馴染「そ、それはまだ早いよぅ…」ポッ

男「まんざらでもない顔すんな」

幼馴染「まぁそれはおいといて、さぁ」ポフポフ

男「俺のベットで我が物顔で誘うな」

幼馴染「やだなぁ…昔は一緒に寝たじゃん」

男「そのベットはつい最近変えたばかりだ」

幼馴染「あり?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:14:42.00 ID:66XlqpNU0
幼馴染「まぁまぁ細かいことは気にしない気にしない」

男「気にします」

幼馴染「もう!何が不満なのさー」

男「強いてあげるなら、お前が俺のベットを占領してることかな」

幼馴染「占領してない!一緒に寝ようって言ってるでしょ!」

男「俺は寝たくない!」

幼馴染「またまた~照れちゃって~」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:16:49.25 ID:66XlqpNU0
男「はぁ…」

幼馴染「ため息つくと幸せが逃げるぞー」

男「……」バタン

幼馴染「あ、あれ?男?なんで部屋を出たの?」

幼馴染「お、男?」

幼馴染「……」

幼馴染「戻ってきてよぉ……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:18:45.22 ID:66XlqpNU0
男「はぁ…疲れた。無駄に疲れた…」

男「あいつのことはほっとこう」

男「それがいい」

男「……」

男「……」

男「…テレビ、つまんねーな」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:21:27.81 ID:66XlqpNU0

男「……そろそろ寝たかね?」

男「……」ソロー

幼馴染「…すぅ…すぅ…」

男「寝てる寝てる……ん?」

幼馴染「…ばかぁ……」

男「……目腫れてら。泣いてたのか?」

幼馴染「……おとこ…」

男「……」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:28:49.40 ID:66XlqpNU0

幼馴染「んん……朝…?」

幼馴染「私…昨日……ん?」

男「……」クカー

幼馴染「…男?」

男「…んー」ゴロン

幼馴染「……」

幼馴染「…んふふふ」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:33:30.20 ID:66XlqpNU0
幼馴染「……」スゥー

幼馴染「起きろー!」

男「おぉぉお!?なんだなんだ!?」

幼馴染「朝ですよー!」

男「朝!?朝?え!?」

幼馴染「起きたか!」

男「え?あ?ん?……幼馴染?」

幼馴染「そうです私です」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:35:51.70 ID:66XlqpNU0
男「俺どうしたんだっけ…?」

幼馴染「私と一緒に寝たんだよ」

男「あぁ…そういえば」

幼馴染「全く男は…私がいないとダメだねぇ」ヤレヤレ

男「え?お前泣いてなかった?」

幼馴染「そ、そんなことありませんー!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:38:54.44 ID:66XlqpNU0
男「とりあえず着替えたいから出てってくれない?」

幼馴染「うん」

男「のぞくなよ」

幼馴染「昨日裸見ておいて何言ってるのさ」

男「あれはお前が!」

幼馴染「私も一旦着替えてくるね。それじゃあまた後で!」

男「…嵐のようなやつだな」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:41:38.91 ID:66XlqpNU0
男「あいつってあんなに積極的だったかな…」

男「元々元気なやつではあったが…風呂に乱入するようなやつじゃなかったはずだ」

男「…なにか理由でもあるんだろうか」

男「っと…もうすぐ来るな」


幼馴染「おーとーこーくーん!」

男「はーい」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:44:48.24 ID:66XlqpNU0
幼馴染「そいやっ」

男「ん?」

幼馴染「右側もらい!」

男「な…おい!人がいるんだぞ!」

幼馴染「人がいるからって腕に抱きついちゃいけないなんて法則ないよ?」

男「法の問題じゃない!俺が恥ずかしいんだよ!」

幼馴染「私だって恥ずかしいよ!」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:46:55.85 ID:66XlqpNU0
男「言ってることとやってることがオカシイぞ!」

幼馴染「だ、だってこうでもしないと……」

男「……?」

幼馴染「な、なんでもない!」パッ

男「あ」

幼馴染「……」タタタ

男「……わからん」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:48:45.88 ID:66XlqpNU0
男「……」ガラッ

友「お、おはよ」

男「あぁ、おはよう」

友「幼馴染ちゃんは?」

男「なんか走ってどこか行った」

友「お前何したんだ…」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:51:00.30 ID:66XlqpNU0
女「男くんおはよう!」

男「おはよう」

友「お

女「あれ?幼馴染ちゃんは?」

男「えーと、あいつなら……タタタタタ

男「ん?」

幼馴染「……」ドーン

男「うごっ!」

友・女「!?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:53:33.85 ID:66XlqpNU0
幼馴染「……」

男「げほっ…お前…いいタックルだ…」

友「おおおおい!?生きてるか!?」

男「な、なんとか…」

幼馴染「……」ギュッ

男「ちょ…立たせて…」

友「お、おう…」

男「その前に…こいつどかして…」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:56:08.93 ID:66XlqpNU0
友「お、幼馴染ちゃん?どいてくれるかなー…」

幼馴染「……」ギュッ

女「幼馴染ちゃん?」

幼馴染「……」ギュッ

男「おい…お前……」

幼馴染「……」ギュッ

友「…こりゃ無理そうだな」

女(コアラみたい)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 23:59:09.81 ID:66XlqpNU0
男「よっこしょ…」

幼馴染「……」ギュッ

友「くっついてんのか?これ」

女「服掴んじゃって可愛い」

幼馴染「……」

男「ちょっとお前さぁ…ここ学校だから…」

幼馴染「……」ギュッ

友・女(可愛い)

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 00:01:38.59 ID:9wfjEsGF0
男「離せぇ……」グググ

幼馴染「うぎぎぎ……」ギュー

男「…はぁ…はぁ」

幼馴染「……」ギュッ

男「こいつ…俺にベッタリで離れない…」

友「いつも一緒にいるとは思ってたけど、ここまでベッタリなのは初めてだな」

女「……」カシャ

男「おいこら」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 00:04:03.74 ID:9wfjEsGF0
友「授業が始まればさすがに離れるだろ」

男「だといいが…」

キンコンカンコン

友「お、言ってるそばから」

男「幼馴染、そういうわけだから…」

幼馴染「……」プクー

男「膨れてもだめ」

幼馴染「……」タタタ

友「あっさり離れたな」

男「…ますますわからん」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 00:08:46.87 ID:9wfjEsGF0
友「メシだー!」

男「腹減ったー!」

幼馴染「男」チョイチョイ

男「ん?」

幼馴染「失礼します」

男「は?……っておい」

友「…おぉ、これは……」

幼馴染「……」チョコン

友「子供みたいだな」

男「…重くはないからいいけど、前が見え辛い」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 00:11:52.56 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「お弁当は今日は作れなかったんだ。ごめんね」

男「まぁ、泊まってったわけだからな」

友「なにそれ詳しく」

男「出世したらな」

友「えぇー…」

幼馴染「だから今日は男と同じ、パン食」

男「同じなのはかまわんが、邪魔だな…」

幼馴染「……」ガーン

友「ショック受けてんぞ」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 00:17:08.07 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「じゃあこれで」クルッ

友「おぉ…男と幼馴染ちゃんが向かいあう形に…」

幼馴染「これなら邪魔じゃないよね?」

男「まぁ…目のやり場に困るけど…」

幼馴染「男は私を見てれば良いの」

男「ずっと見てるのも辛いな…」

幼馴染「すぐに慣れるよ」

男「うーん…」

友「ははっ、端から見る分には面白いな、お前ら」

友(でもなんだろう…この気持ち……なんかこう…胸の奥でなにかが燃えてるような…そんな感じ)

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 00:22:17.96 ID:9wfjEsGF0
男「……」モシャモシャ

幼馴染「……」モシャモシャ

友(シュールだな)

男「…幼馴染」

幼馴染「なにー?あ、男。ほっぺにソースついてるよ。とったげる」

男「あぁ、さんきゅ」

幼馴染「んふふーどういたして。それで、なに?」

男「えーっとさ……お前さっきから俺の目を見ながら食べるのやめてくれない?」

幼馴染「えー…やだ」

男「俺のことも考えてくれよ…結構恥ずかしいんだよ」

幼馴染「私は恥ずかしくない」

男「だから、俺は恥ずかしいの!」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:13:07.00 ID:9wfjEsGF0
体育

男「はぁ…全然味しなかった…」

友「おつかれさん」

男「急にどうしたんだろ、あいつ…」

友「幼馴染ちゃんなぁ……前はあそこまで大胆じゃなかったよな?」

男「あぁ、もっとマイルドではあった」

友「なんか心当たりないのか?あの子がいきなり大胆になるような理由」

男「うーん…」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:16:12.08 ID:9wfjEsGF0
男「ダメだ、思いつかん」

友「そうか…でもまぁ、悪くはないだろ?あんな可愛い子にベタベタされてよ」

男「場所を弁えてくれたらな…」

友「そこは我慢だ。男の器が試されるところだな」

男「そういう問題かねぇ…」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:21:19.94 ID:9wfjEsGF0

幼馴染「男!帰ろ!」

男「あぁ、わかったから引っ張るな伸びる」

幼馴染「ほらほらー」

男「あーれー」ズルズル

友「また明日なー」


幼馴染「ねぇねぇ!今日なに食べたい?」

男「ちゃんこ鍋」

幼馴染「ちゃんこ!?無理だよ!」

男「冗談冗談…ていうかお前」

幼馴染「なにー?」

男「今日も泊まる気だったり…?」

幼馴染「当ったり前でしょ!」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:28:48.85 ID:9wfjEsGF0
男「あのさ…聞きたいんだけども」

幼馴染「なんでもござれ」

男「お前さ、何かあった?」

幼馴染「なにか?」

男「なんか嫌なこととかあったなら相談してもいいんだぞ?」

幼馴染「嫌なことなんて全くないよ!男と一緒だからね!」

男「そうか…じゃあなんで急に俺にくっつくようになったんだ?」

幼馴染「……そんなだからだよ」ボソッ

男「ん?なにか言ったか?」

幼馴染「ううん!なんでもなーい!」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:32:19.80 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「ささっ、早く行こう!」ダキッ

男「だからこんな人が往来するような場所で抱きつくのやめろ!」

幼馴染「やめませーん!離しませーん!」

男「あぁもう!離さないと嫌いになるぞ!」

幼馴染「え…」

男「…あ」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:35:36.35 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「…嫌いに、なっちゃうの?」

男「あー…その…」

幼馴染「……やだ」ギュ

男「そのだな…今のは言葉の綾であって…本当に嫌いになるわけじゃないから…」

幼馴染「…迷惑かな?」

男「……幼馴染?」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:39:23.06 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「男に…こんな風に接するの…迷惑かな」

男「……」

幼馴染「私は…男に見てもらいたくて…このままじゃダメだって思って……」

男「……おい」

幼馴染「ごめんねっ」タタタ

男「あ、幼馴染!」

男「……」

男「……デジャブ」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:43:03.35 ID:9wfjEsGF0
男「……とりあえず、あいつのいきそうな所と言えば」

男「……」

男「…あそこ、だな」


幼馴染「…グスッ……ごめん…ごめんね…おとこ…」

幼馴染「迷惑ばっかりかけて……ダメな幼馴染で…」


男「ダメなんかじゃねーよ」バサッ

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:47:02.20 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「男…」

男「お前って親に怒られたときとか、よくここにきてたよな」

幼馴染「……」

男「ここに来て、ここで丸くなるんだ」

幼馴染「……うん」

男「お前さ、さっきまで謝ってたわりには全く反省してねぇだろ」

幼馴染「……」

男「俺の部屋のベットで包まりやがって、ばーか」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:51:44.94 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「だって…ここ落ち着くんだもん」

男「自分のじゃダメなん?」

幼馴染「…うん」

男「もう高校生だぞ」

幼馴染「昨日ここで久しぶりに寝たせいか、ここの良さを再認識しちゃったみたいで…」

男「だからついつい来ちゃった、と?」

幼馴染「うん…」

男「はぁ…」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 01:55:42.20 ID:9wfjEsGF0
男「でもさ、ここそんなにいいところか?俺の匂いしない?」

幼馴染「そ、それが…いいんだよ…」

男「貴様変態か?」

幼馴染「ち、違っ…!あぁもう!」バフッ

男「だから俺の布団で隠れるなよ」

幼馴染「……」

男「はぁ…埒があかん…このまま話をさせてもらっていいか?」

幼馴染「…うん」モソッ

男(ジャミラみたいになっとる)

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:00:46.66 ID:9wfjEsGF0
男「さっきお前さ、俺に見てもらいたいって言ってたけど…」

幼馴染「…そのままの意味だよ」

男「俺に見てもらいたくて、いつもより過剰にくっついてきたってこと?」

幼馴染「…うん」

男「…別に行動で示さなくても、言ってくれればいいのに」

幼馴染「…それじゃ効果はないと思うから」

男「効果…?」

幼馴染「行動で示さなくちゃ…男が私を意識してくれないから…」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:02:50.49 ID:9wfjEsGF0
男「意識って…それどういう…」

幼馴染「男はさ…私をどう思ってるの?」

男「俺は…」

幼馴染「私は、好きだよ。男のこと」

男「……は?」

幼馴染「覚えてる?昔のこと。もう10年近く前にした、約束」

男「約束…」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:04:25.96 ID:9wfjEsGF0
男「……約束」

幼馴染「…覚えてない?」

男「…ちょっと待って…今探してる……」

幼馴染「……」

男「…うーん」

幼馴染「…けっこん」

男「……!」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:07:07.53 ID:9wfjEsGF0
男「思い出した…」

幼馴染「……遅い」

男「あぁ!アレか!よく覚えてたなお前!すげぇ!」

幼馴染「…あはは」

男「お前、まさかあの時から…?」

幼馴染「…そう、あの時からずっと」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:10:03.50 ID:9wfjEsGF0
男「はは…そうか…随分長いもんだな……」

幼馴染「うん…長かったよ…」

男「そりゃな…だからお前はあんな大胆に…」

幼馴染「そういうこと。いままでのままだと進展が全くなさそうだったんだもん」

男「ははは…ごめん」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:11:58.69 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「さーて、カミングアウトも終わったところで!」

男「え?」

幼馴染「お風呂に行こう!」

男「は?」

幼馴染「昨日は男がのぼせちゃったからあんまり一緒に入れなかったからね!今日はとことん付き合ってもらうよ!」

男「いやいや待て待て!」

幼馴染「待たん!」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:14:05.85 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「さぁ服を脱いで!」

男「や、やだよ!恥ずかしい!」

幼馴染「女々しいぞ、このこの!」

男「ちょっおい!どうした!テンションがおかしいぞ!?」

幼馴染「これが私ですー!」

男「あぁそうだなこんちくしょう!」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:16:27.35 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「わーい!お湯だ!」

男「まずは体を流せ」

幼馴染「えー?んふふ!わかった!」

男「じゃあいくぞ」シャワー

幼馴染「…つべた!うわ!冷たいよ!」

男「…水だよ。お前少し頭冷やせ」

幼馴染「……」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:19:12.70 ID:9wfjEsGF0
男「俺に告白して恥ずかしいのはわかる。無駄にテンション上げてはしゃぎたい気持ちもよーくわかる」

幼馴染「…はい」

男「だがな、お前、大事なことを忘れちゃいないか」

幼馴染「……?」

男「俺の返事、聞いたか?」

幼馴染「……?」

男「……」

幼馴染「…あっ」

男「一番肝心なこと忘れてただろ」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:21:19.06 ID:9wfjEsGF0
幼馴染「…聞いてもいいかな?」

男「どうぞ」

幼馴染「私は…あなたが好きです…あなたは…?」

男「……俺は」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 02:26:01.74 ID:9wfjEsGF0

友「……で、その後は?」

男「その後か?俺は…

幼馴染「男ー」タッタッ

男「ん?」

幼馴染「失礼します」チョコン

男「……」

友「……」

幼馴染「んー、やっぱり男の膝の上は落ち着くー」

男「大体わかるだろ?」

友「そうだな……」

幼馴染「男ー!いい加減私の目を見ろー!」




おわり