1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 03:20:27.48 ID:14UEVuBG0
フェイト「なのは、起きて。」

なのは「むにゃ…今日はお休みだよ?」

フェイト「横浜に少し用があるんだ。」

なのは「横浜…でも、私なにも準備してないよ?」

フェイト「大丈夫。準備はしてあるから」バッ

なのは「ピンクの…法被?」 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379269227

引用元: なのは「フェイトちゃん、王国って…?」 


 

ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe 1st (7) (カドカワコミックス・エース)
緋賀 ゆかり
KADOKAWA/角川書店 (2016-08-23)
売り上げランキング: 6,093
2: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 03:29:41.21 ID:14UEVuBG0
フェイト「とにかく、早めに行かないと物販に乗り遅れるから、行こうか。」

なのは「え、ちょっと私まだパジャマ…っていつの間に着替えさせられたんだろう。」

フェイト「あぁ、これ聞いといた方が良いかな…///」つ音楽プレーヤー

なのは「え、わかったの。(あ、ジャケットの写真入ってる…誰だろう?)」

3: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 03:42:59.52 ID:14UEVuBG0
なのは「フェイトちゃん、そういえば何をしに行くの?」

フェイト「それはもちろん姫を崇めに…じゃなくって///」
    「その、好きなアーティストのライブなんだ。」

なのは「その人が、今私が聞いている人?」

フェイト「うん、そうだよ。田村ゆかり。ゆかりんって呼ばれてるんだ。」

なのは「へぇ!フェイトちゃん、そのゆかりんさんって衣装から見るとアイドルみたいだね。」

フェイト「アイドルか。半分合っているかな。ゆかりんの本業は声優なんだ。それで…」

なのは「ふふっ」

フェイト「なのは?」

なのは「あ、ごめんね。その、」
   「フェイトちゃんにもこんなに熱く語ることが出来るくらい
    好きな人がいるんだなって思ったの。」

フェイト「そうだね。昔の私なら想像できないかも。」
    「今ならなのはのことも、語れるよ?」

なのは「にゃはは、ありがとう。でも、電車の中だからね?」

フェイト「…/////」

7: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/16(月) 12:49:17.38 ID:14UEVuBG0
ID変わってた…
--------------------------------
【会場】

なのは「すごい人が並んでるね!ねぇ、この人たちみんな」

フェイト「うん、ファンの人。王国に遊びにきた人たちだよ」

なのは「お、王国?」
   「フェイトちゃん、王国って…」

フェイト「えっと、どう説明すればいいかな。
     とりあえず並びながらで良い?」

なのは「うん。いいよ(あ、女の人も何人か居るんだ。)」

フェイト「簡単に言うとここは今ゆかり姫が統括するゆかり王国なんだ。」
    「そしてファンクラブの人が王国民と呼ばれていて、
     会場にきた王国民ではない人は渡航者…だったと思う」

なのは「へ、へぇー。ちなみにフェイトちゃんは?」

フェイト「もちろん王国民だよ。なのは」

なのは(ふぇ、フェイトちゃんがなんか遠く見えるよぉ。)

フェイト「…あれ、あそこにいるのは」

9: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/16(月) 12:59:13.16 ID:14UEVuBG0
なのは「ちょっと、フェイトちゃん?!」

ザワザワ『今ゆかりんの声が…』

フェイト「なのは、今は大きな声出すと危ないかも。」

なのは「え、なんで?」

フェイト「さっき言い忘れたけど、なのはとゆかりんは声が似てるんだ。」
    「でも、何かあったとしてももしもの時は私がなのはを守るから」

なのは「フェイトちゃん…////」
   (でもフェイトちゃんもさっきからいろんな人に見られてるの…)

「あれ、なのはちゃんにフェイトちゃん?」

なのは「はやてちゃんとヴィータちゃん!」

フェイト「なのは、声」

なのは「にゃはは、ごめんね。」

フェイト「はやても、ライブ見に来たの?」

12: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/16(月) 13:10:40.10 ID:14UEVuBG0
はやて「私は付き添いでなー、ヴィータがどうしても見たい言うから当日券並んでたんよ。」

ヴィータ「はやて、ごめんね。まさかこんなに並ぶとは思わなくって。」

はやて「別にええって。家族の望みを聞くのも主のつとめや。」

ヴィータ「はやて…」

フェイト「あ、そうだ。私たちも買い物終わったし、お昼一緒にどうかな?」

なのは「いいね。あれ、フェイトちゃんその本は?さっき貰ってたけど。」

フェイト「あ、渡すの忘れてた。はい、コール本」

なのは「フェイトちゃん、あなたはホントにフェイトちゃんなの…?」

17: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/16(月) 23:12:56.12 ID:14UEVuBG0
【昼ご飯後、会場付近】

フェイト「なのは、無理して覚えなくてもいいんだよ?」

ヴィータ「そうだよ、楽しみ方は自由なんだし。」

なのは「でも、出来るだけ覚えてから本番にしたいの。」
   「私、フェイトちゃんと一緒に応援したい!」

フェイト「なのは…なら、私も手伝うよ」

ザワッ「ん?今ゆかりんと奈々様の声が…」「幻聴じゃない?」

はやて「二人とも、仲良しなのはえぇけど、少し場所かえよかー。」

なのは・フェイト「…/////」

18: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/16(月) 23:28:35.03 ID:14UEVuBG0
はやて「そういえば、フェイトちゃんは前にも来たことあるの?」

フェイト「いや、ないよ。DVDとかは見たけど、今回が初めてなんだ。」

ヴィータ「じゃあ、プレーヤーに入っているメタウサは何処で手にいれたんだ?」

フェイト「あ、それはクロノがくれたんだ。」

なのは「そ、そうなんだ…」

はやて「えぇお兄さんやなぁ。」

なのは・はやて(まさかクロノ君が…)

フェイト(そういえば、何であの時CD持ってたんだろう。)

なのは「よし、大体頭に入ったの!」

ヴィータ「じゃあ、あたし達は他に会う人が居るから。」

はやて「なのはちゃん、フェイトちゃんまたなー」

なのは「うん、また話そうね!」

フェイト「ヴィータもはやても楽しんでね。」

ヴィータ「あぁ!」

なのは「私たちも戻ろっか。」

フェイト「そうだね。もうすぐ開場だ。」

20: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/17(火) 00:27:18.95 ID:Akbp2rGA0
【会場内】

なのは(ピンクの法被にピンクのハチマキ、ライブTシャツ…)
   (そして極めつけはピンクのペンライトなの?!〔公式〕)

フェイト「うん。完全装備。はい、なのはも。」

なのは「うん、ありがと…」

フェイト「あ、今日は宜しくお願いします。」

なのは(挨拶か、ちゃんとしているんだなぁ。)

フェイト「はい、二人で。実は初めてなんです。」

なのは(フェイトちゃん、楽しそうなの。)
   (よし、私も出来るだけ頑張るの!)バッ←装備完了。

フェイト(もしかしたらなのはに引かれるかもって思っていたけど)
    (楽しそうで良かった…)

フェイト「楽しもうね、なのは。」

なのは「…うんっ!」

21: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/17(火) 01:07:55.04 ID:Akbp2rGA0
【ダイジェストでお送りします】

フェイト「ゆーかり、はいっ!ゆーかりっはい!」

なのは(こんなに弾けたフェイトちゃん初めて見たの。)
   (わたしも周りに圧されないようにしないと!)



なのは「ウンウンそだそだ!」
フェイト「ウンウンそだそだ!」



なのは・フェイト「はい!はい!はい!はい!」

なのは(なんか、すごく…たのしいかも!)
フェイト(なのは、たのしそうだ…。)


ゆかり「じゃあ、海外からきた人ー」
   「あ、姉妹かな?どこから来たの?」

<エルトリアです!

ゆかり「エルトリア…何処にあったっけなぁ。」

ワハハ…

フェイト「いいな、ゆかりんと話せて。」
なのは「フェイトちゃん今日は日本から来てるからね。」
   (いま、もっと気になる単語が聞こえたんだけどな…)

22: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/17(火) 01:39:31.60 ID:Akbp2rGA0
なのは・フェイト「ゆかり!ゆかり!ゆかり!ゆかり!」



フェイト「世界一可愛いよ!」

なのは「フェイトちゃん」ツンツン

フェイト「なに?なのは」

なのは「これ、あげる!」つティモうさ

フェイト「なのは…」ぱあぁぁ!

なのは(喜びを隠せないフェイトちゃん可愛いの。)



フェイト「キミと夢になる天使になれる脈打つ光の…」ペラペラ

なのは(さすがに無理だったの。)


なのは・フェイト「誰にも負けないこの気持ち ゆかりに向かって咲いている」
        「世界で一番大好きな ゆかりにもっと恋したーい!」

フェイト「ふふっ」
なのは「息ぴったり、だね!」

23: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/17(火) 01:54:54.52 ID:Akbp2rGA0
アンコール!アンコール!

なのは「フェイトちゃん、電車が!」
フェイト「平気だよ。もしもの時は、飛ぶから」
なのは「普通に怒られるから!仕方ないよ、帰ろう?」
フェイト「うん…」

【電車】

フェイト「なのは、どうだった?」

なのは「正直最初はびっくりしたけど、凄い楽しかった!」

フェイト「…良かったぁ。」

なのは「フェイトちゃん?!」

フェイト「正直、最初は一人で行こうとしてたんだ。」
    「なのはに迷惑かもって。でも、誘って、二人で楽しんで。」
    「何よりなのはが笑顔なのがすごく、嬉かった。」
    「なのはと、二人で来られて良かったなって。」

なのは「…」ぎゅっ

フェイト「!!」

なのは「こんど、またライブに行こう?」
   「私が好きなアーティストの。もちろん二人で!」

フェイト「うん。楽しみにしてるね!」
    「ところでなのは、電車だし、離してもらっても…///」

なのは「あ…////」


おしまい

25: ◆/FMfUd8/UQ 2013/09/17(火) 02:07:28.05 ID:Akbp2rGA0
【後日】

ゆかり「ねぇ、奈々ちゃん。昨日来てたりした?」

奈々「うぇ?行ってませんよぉ。行きたかったですけど生憎仕事で…」

ゆかり「うそだぁ。ゆかり奈々ちゃんの声聞いたよ?」

奈々「世の中には同じ声の人が三人居るとか…」

ゆかり「そういう類の話じゃないんだけど。」

奈々「すいません…」

ゆかり「うーん。あの声量と声、絶対奈々ちゃんだと思ったんだけどなあ」

奈々「あ、そういえばブログにもそんな感じのコメント来てました!」

ゆかり「2ちゃんとか調べたら出てくるかな…」ぽちぽち

田村ゆかりのライブ会場にフェイトちゃんいた!声もそっくりとかビビったわ

ゆかり「」

奈々「ゆかりさーん?どうしたんですか?ゆかりさぁーん!」


本当におしまい!