1: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 17:44:03.19 ID:jqDdx+fi0

第1話『339の奇妙な物語』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476780242

引用元: 【TUSK】339「地底人vs火星人vsおれ」【DOOM】 


 

 
2: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 17:47:04.27 ID:jqDdx+fi0

2017年
ネオコロンブス・とある雑居ビル


339「仕事の話か?」

老人「ああ、お前にしか頼めない」

339「仕方ないな……」

3: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 17:48:31.15 ID:jqDdx+fi0

老人「これが『標的』の写真だ」サッ

339「ん……」

老人「こいつは存在してはならない」

339「……フム」

4: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 17:50:05.12 ID:jqDdx+fi0

老人「お前はこいつを知っているか?」

339「いや、全然知らないな……」

老人「そうか……FBIやCIAが極秘に追っている」

339「何ものだ、こいつは」

5: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 17:51:28.24 ID:jqDdx+fi0

老人「……」

339「どうした?」

老人「他人に公開しないことを誓いますか?」

339「?……ああ」

6: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 17:53:18.04 ID:jqDdx+fi0

老人「……う」

339「どうした?顔色が悪いぞ」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

老人「……こいつは……人間ではない」

339「……」

339「は?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 18:03:04.36 ID:jqDdx+fi0

339「人間ではない……?」

339「それって……えーっと」

339「ロボットとかエイリアンとかのことォ?」

老人「……う」

老人「こいつは、あまりにも恐ろしい……ッ!」

8: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:05:25.14 ID:jqDdx+fi0

老人「人間の皮を被った『怪物』だ……」

339「……」

339「ハァ……やれやれ」

339「いいか?おれは賞金稼ぎだ!」

339「犯罪者を捕まえるのがおれの仕事だ!オカルト話なんて興味はない!」

老人「……!」

9: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:10:25.48 ID:jqDdx+fi0

老人「お……お前にしか頼めない……ッ」

339「……おいおい」

339「二度も言わせんなよ……?」

老人「……」

老人「……ハァ」

10: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:11:59.96 ID:jqDdx+fi0

老人「入っていいぞ」

339「えっ」

カ゛チャ

??「失礼します……」

??「339様……あなたの命、頂戴しに来ました」

11: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:14:12.83 ID:jqDdx+fi0

339「ええぇぇーーーーーー!?」カ゛ヒ゛ーン

??「……」

老人「お前は知りすぎた……」

老人「誰にも言われないように殺しておく」

339「はァ!?」

12: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:16:19.47 ID:jqDdx+fi0

339「誰にも言いません!誰にも言いません!」

339「神に誓ってもいい!」

老人「……無駄だ」

339「絶対言わない!……言いませんから助けてくださいィィイイーーーッ!!」

13: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:17:43.59 ID:jqDdx+fi0

老人「しつこい小僧だ……」

老人「強い賞金稼ぎがいる、という噂はウソだったのかな」

??「……」

339「マジかよ……」

14: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:19:28.24 ID:jqDdx+fi0

339「な、なら……!」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

339「おれが依頼を承諾すれば……助けてくれるよな……!?」

老人「……ホゥ」

老人「そう来たか……面白いヤツだ」

15: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:21:21.75 ID:jqDdx+fi0

老人「いいだろう!」

老人「……では、仕事の話をしよう」

ト゛ン!!

339「……」

339(あれ……すっかり向こうのペースになってない?)

16: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:24:06.96 ID:jqDdx+fi0

老人「『標的』の正体は『地底人』……」

老人「食料を求めて地上に上がってきた……」

老人「現在、確認されているのは3名……」

老人「とんでもない身体能力を持っていて……まず一般の公安では捕まえられない」

17: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:26:22.15 ID:jqDdx+fi0

老人「そして『地底人』に似たこいつは『火星人』だ……」

老人「新しい土地を求めて進出してきた」

老人「こいつらは現在2名……」

老人「『地底人』とは違って、頭がとんでもなくいい……」

18: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:28:20.95 ID:jqDdx+fi0

339「うむ……」

老人「地底人と火星人の抗争が勃発しようとしている」

老人「それを止めてほしい」

339「……」

老人「……」

19: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:31:04.23 ID:jqDdx+fi0

339「なかなか興味深いな」

老人「そうだろう、そうだろう!」

老人「報酬は60.000.000ドルだ……」

老人「戦闘用の武器や装備は、すべて我々が負担する」

20: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:32:42.19 ID:jqDdx+fi0

老人「どうだ……?」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

339「ふふ……報酬には文句はない……装備もある」 ニヤ ニヤ

339「本当に約束できるんだな?」

21: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:35:24.12 ID:jqDdx+fi0

老人「『約束」する」

339「ぐふふ……」 ニヤ

老人「断ったら『殺害」するぞ?こんなにいい話があるか?」

老人「さぁ!はやく『YES』って言えよォオーー!」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

339「……」

339「だ が 断 る」

22: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:37:01.29 ID:jqDdx+fi0

老人「ナニッ!?」

??「……!」カ゛タッ

339「ああ……確かにウマイ話だ……!」

339「だが、おれのようなアウトローに……こんな『ウマイ』話があると思うか?」

23: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:38:37.07 ID:jqDdx+fi0

老人「やれ」

??「……了解」

339「来いよ……クソッタレがァ……」

??「……」ホ゜キホ゜キ

24: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:39:23.37 ID:jqDdx+fi0

339「うおおおおおおおおおおおッ!」

399「おおお、おお……」

339「お……」


……………

25: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:40:36.67 ID:jqDdx+fi0
……………


……………

…………

………

……




26: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:41:52.10 ID:jqDdx+fi0

339の記憶はここで途切れた。

プツンと……。何も覚えていない。思い出せない。

27: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:42:28.48 ID:jqDdx+fi0




……

………

…………

……………


……………

28: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:44:02.18 ID:jqDdx+fi0
……………


339「……」ハ゜チッ

339「……」キョロキョロ

339「……う」キョロキョロ

29: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:47:00.12 ID:jqDdx+fi0

「目覚めたかい?」

339「こごは……どごですが……?」

339「おれは……いっだい……?」

「落ち着いて聞いてくれ……お前は事故で3日間も意識不明だった」

「ここは病院……集中治療室だ」

30: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:49:05.36 ID:jqDdx+fi0

339「目が……あまり見えまぜん……」

339「声も……しわがれでいる」

「ホゥ……」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

「『実験』は成功だよ……」

31: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:52:48.01 ID:jqDdx+fi0

339「え……?」

「記憶は欠如している……」

「改造手術のおかげで『視力』と『聴力」が回復しつつある」

「ならば、もう一度破壊しますか?」

「……いや、大丈夫だ。3回も再生は実証されている」

「今度は戦闘能力を見てみたい」

32: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:54:55.13 ID:jqDdx+fi0

339「う……」

339「お前たちは……?」

339「……少しボヤけるが」

339「……ハッ!!」

33: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:56:30.84 ID:jqDdx+fi0

老人「うむ……少し強引だが……拉致させてもらった」

??「……」

339「お前ら……ッ!!」

老人「……視力と声は回復完了だな」カキカキ

34: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 18:58:15.50 ID:jqDdx+fi0

339「うおおおおおおおおおッ!」

339「うおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!」フ゛チフ゛チ

ト゛カ゛ァァン‼

??「……!」

老人「なに!拘束を破壊したか……ッ!」

35: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:13:51.05 ID:jqDdx+fi0

339「うおりゃああああ!!」シュン‼

ト゛コ゛ォッ

老人「ブギャアアアアア」タ゛ラタ゛ラ

老人「」チ-ン

36: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:16:13.23 ID:jqDdx+fi0

??「こいつ!」

339「おう……来い!」

ハ゛ッ‼

??「おりゃりゃりゃあああああああああッッ!」シュハ゛

339「ウラウラウラウラウラウラァァーーッ!」シュハ゛

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:31:59.86 ID:jqDdx+fi0

ト゛コ゛ト゛コ゛ト゛コ゛ト゛コ゛

339「ウララァァーーーーーーーッ!!」シュハ゛

339「ウラウラウララァァァアーーーーーーーーーーッッ!!!」シュハ゛

??「ブゲェェ」

??「」チ-ン

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:34:23.25 ID:jqDdx+fi0

339「おれ……」

339「すごい力を手に入れてしまったぞ……!」ワクワク

339「『超破壊力』!『再生性能』!」

339「フハハ!この339は全ての生物の頂点に立ったのだ!」ト゛ン‼

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:36:16.41 ID:jqDdx+fi0

地下・武器庫


339「これが老人の言っていた武器か……」

339「なかなか近未来チックな装備だな」

339「少しもらうとするか……迷惑料として」

40: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:39:33.09 ID:jqDdx+fi0

339(うーん、地底人と火星人の抗争はおれにとっても邪魔だしな……)

339(なんとかしないとな……)

339「……」

339「仕方ねぇ……戦うか!」

41: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:41:39.98 ID:jqDdx+fi0

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

339(武装)「フゥ……」

339「この完璧な肉体に装備はいるのかは疑問だが……」

339「『強化スーツ』や『ジェットブーツ』はもらっておこう」

339「……」

42: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:42:45.47 ID:jqDdx+fi0

339「お、そうだ」

339「ここでは地底人たちの研究をしていたかもしれない」

339「何か資料は残ってないかな……」

43: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:44:32.91 ID:jqDdx+fi0

資料室


339「ふむふむ」

339「地底人と火星人は明日から戦争をするのか」

339「ちゃんと政府に許可もらってるんだな」

339「……だが!おれがお前らは倒す!」

44: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:46:56.49 ID:jqDdx+fi0

339「うむ……まだ、情報が足りないな」

339「これで勝てるとは限らない」

339「相手は合わせて5体だよな……」

339「……こうなったら、掲示板で聞くか!」

45: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:50:59.69 ID:jqDdx+fi0

地底人と火星人の情報を教えろください

1:名無しの宇宙人[sage]

教えて

2:名無しの宇宙人[sage]

はいはいワロスワロス

3:名無しの宇宙人[sage]

マジレスするとタコ


46: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:53:56.33 ID:jqDdx+fi0

4:名無しの宇宙人[sage]

マジレスするとタコですよ!

5:名無しの宇宙人[sage]

>>3->>4
結婚

6:名無しの宇宙人[sage]

オカ板いけボケ

47: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 22:59:08.07 ID:jqDdx+fi0

7:名無しの宇宙人[sage]

地底人ってアレだろ?モグラだろ?

8:エス氏

初レスになります(^o^)
地底人は火が弱点です(≧∇≦)
火星人は水が弱点です(^^)

9:名無しの宇宙人[saga]

>>8
クソコテ顔文字死ね

48: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/18(火) 23:00:26.90 ID:jqDdx+fi0

339「なるほど、火と水か」

339「よし、作戦を思いついた」

339「明日、一掃する」

49: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:17:49.73 ID:O1OtxJPk0

339「場所は『ケープカナベラル』……ッ!」

339「そして『明日』……戦争が始まる!」


……………

50: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:19:08.64 ID:O1OtxJPk0
……………


翌日
ケープカナベラル


339「うーむ……」

339「誰もいないじゃんか……」

51: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:20:25.60 ID:O1OtxJPk0

339「ガセネタを掴まされたのか!?」

339「くそォ~~!」

339「……」

339「帰るか……」

カ゛サッ

52: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:21:43.05 ID:O1OtxJPk0

339「!?」

カ゛サッ‼

カ゛サカ゛サッ‼

339「どこだ……!?」

339「ハッ!まさか地面からか!」

53: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:23:01.44 ID:O1OtxJPk0

339「出てこいィィーーーーーー!!」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

「……」

339「……」

「……ガサッ!」

「ガサガサッガサッ!」

54: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:24:20.85 ID:O1OtxJPk0

ス゛ホ゛ォッ‼

339「!!」

地底人1「……ガササ……?」

地底人2「ガサッ!ガサガサ……」

地底人3「……ガガガサ……?」

55: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:26:39.41 ID:O1OtxJPk0

339「こいつが地底人か……」

339「写真の通り気持ち悪いヤツだな」

339「だが、おれの敵ではなァァァーーーーーーーーいッ!」

サ゛ッ!

339「ウラララァーーーーーーーーーーッッ!!」シュハ゛ッ

地底人1「ガサササン?」

56: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:45:22.11 ID:O1OtxJPk0

339「ウッラァァーーーーー!」

ト゛コ゛ト゛コ゛ト゛コ゛

地底人1「ぶぎゃ」

地底人1「」

57: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:46:58.56 ID:O1OtxJPk0

339「フゥ……楽勝楽勝……」

339「このまま全員倒してやるか……」

地底人2「……」

地底人3「……」

58: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:48:37.21 ID:O1OtxJPk0

「……&\%#€£*"@」

「/\%#[|€=@……・」

339「何語!?」

火星人1「(:&-)>|€\^€~+……」

火星人2「):8>|$|+{*$\£@&……」

59: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:50:44.88 ID:O1OtxJPk0

339「火星人……!間に合わなかったか……!」

339「はやく『アレ』が来ないと……ッ!」

339「……」

火星人1「……」

地底人3「……ガサ」

60: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 07:52:23.90 ID:O1OtxJPk0

火星人1「\€*%\*£{[>\%!'……」

地底人2「ガサッガササ」

火星人2「&/)-@:)38€~£|^]+]=」

地底人3「ガササササ……」

339「……」

61: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:33:58.45 ID:O1OtxJPk0

339「おい、お前ら……何を喋ってーー

火星人1「日本語ではどうですか?」

339「」

火星人1「なるほど、理解しました」

火星人2「我々は侵略に来たのではありません」

62: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:36:03.62 ID:O1OtxJPk0

339「えっ」

火星人1「この星のボスに会わせてください」

火星人2「穏やかにいきましょう」

地底人3「ガサガサッガサ!」

火星人2「うむ、地底人の言語も理解しました!ガサガサガサッガガサ!」

地底人3「!!」

63: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:37:31.16 ID:O1OtxJPk0

339「ってことは……」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

地底人1「」ヒクヒク

339(やっべェーーー!!殺しちゃった!?)

地底人2「ガサガサ!」

64: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:39:40.56 ID:O1OtxJPk0

火星人1「ガサガサ」

火星人1「ハイ……その地底人は死刑囚だそうです」

339「?」

火星人1「二人で追っていたところをあなたが殺したということです」

339「あ!」

65: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:42:08.09 ID:O1OtxJPk0

339「で、でもおれが殺したってことは罪には……!?」

火星人2「はは……それはない」

火星人2「冷静に考えてください」

火星人2「地底人に人間を裁く法律があると思いますか?」

火星人2「それに、人間の法律にも地底人を殺して罪になるというものはありません」

66: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:43:59.19 ID:O1OtxJPk0

地底人3「ガガササガ」

339「な~~んだッ!心配して損したじゃん!」

火星人1「ハハ!」

火星人2「ハハハ!」

地底人3「ガガガ!」

地底人2「ガガガササ!」

67: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:45:22.59 ID:O1OtxJPk0

339「わ~~はっはっはっはっは!」

カ゛ヤカ゛ヤ


…………

68: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:47:38.62 ID:O1OtxJPk0
……………


339は火星と地球を繋ぐ大臣となり、

地底人の一部は地上に移住してきた。

その後、地球には、『地球人』、『地底人』、『火星人』の三種類が住み、

お互いの文化を共存している。


……………

69: ◆H7SYS0ml.M 2016/10/19(水) 16:48:13.79 ID:O1OtxJPk0
……………


おわり