2: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:34:54.03 ID:ExB2cbdw0
橘ありす「フレデリカさんはこの事務所で1番の謎です」

まゆ「確かにいつも自由ですから何をしているかとかは分からないですよね」

五十嵐響子(私にとってはこずえちゃんや茄子さん達の方が謎なんですけど……)

ありす「そこでフレデリカさんの生態を明らかにして対策を立てます」

まゆ「対策?」

ありす「……フレデリカさんはいつも私をからかいますから、その対策です」

藍子(少し前にまゆちゃんも似たようなことしてましたね)

※>>1の過去作参照(ダイマ)

引用元: 佐久間まゆ「ありすちゃんが観察するそうです」高森藍子「何をですか?」 


 

3: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:35:56.25 ID:ExB2cbdw0
まゆ「でもどうやってやるんですか?」

ありす「まゆさんみたいにバレバレの尾行なんてしませんよ」

まゆ「うっ」

ありす「そもそもですね、尾行なんてする必要がないんです」

響子「する必要がない?」

ありす「はい、だって普段通り過ごしていれば周りにフレデリカさんはいます、その様子を観察するわけです」

藍子「なるほど……」

響子(そういえばありすちゃんはなんだかんだ言ってもフレデリカさんと仲良いですよね)

まゆ(フレデリカさんはああ見えて気が利きますから……ありすちゃんが名前で呼ばれるのを嫌がってた時も橘ちゃんって呼んでたんですよぉ)

響子(そうなんですか……)

響子(思考に割り込まれるのはもう気にしてはいけない気がする)

ありす「というわけで、皆さんもいつも通りにしててください」

4: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:36:59.00 ID:ExB2cbdw0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宮本フレデリカ「ふんふんふふーんファ◯デリカ~」

塩見周子「お?今日はフレちゃんコンビニ弁当?珍しいね」

フレデリカ「うーん今日は寝坊しちゃったんだー……でも大丈夫!◯ァミデリカだからこのお弁当は実質フレちゃん手作り弁当なんだよ~」

周子「へーそっかー……ってんなわけあるかーい!」

フレデリカ「きゃ~☆」

5: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:37:32.61 ID:ExB2cbdw0
ありす「何してるんですか……」

周子「ありすちゃん、お疲れー」

ありす「お疲れ様です、それと橘です」

フレデリカ「んふふーありすちゃんお弁当食べる?フレちゃんが食べさせてあげよっかー?」

ありす「いりません」キッパリ

フレデリカ「そんな……そんな……」ガタッ 

ありす「何ですかその大げさな態度」

フレデリカ「そんな……そんなぁ……」

ありす「……」

フレデリカ「そんなぁ!」

ありす「語彙力!!!」

周子(そのツッコミもどうなのさ)

6: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:38:33.81 ID:ExB2cbdw0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐々木千枝「うーん……」

まゆ「千枝ちゃん?どうかしたんですか?」

千枝「えっと、お化粧のこと調べてたんですけど子どもはしないほうがいいって……」

まゆ「うーん確かにあまり小さい頃からすると肌が荒れるとは聞きますから……」

フレデリカ「……そんな時は、この宮本におまかせください……」

まゆ「あら?フレデリカさん?」

フレデリカ「ふふーん、千枝ちゃんお化粧に興味あるの?」

千枝「はいっ、だってなんだか大人っぽいから千枝もやってみたいなぁって」

フレデリカ「ならこのお洒落の伝道師ことフレちゃんが正しいお化粧を教えてしんぜよう!」

まゆ(なんですかその口調)

7: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:39:13.09 ID:ExB2cbdw0
フレデリカ「じゃあ行こっか!」

まゆ「どこに行くんです?」

フレデリカ「もちろん化粧品を買いにだよー☆ちゃんと千枝ちゃんにあったお化粧をしないとねー」

千枝「いいんですかっ、千枝嬉しいです!すぐ準備してきます!」

まゆ「あの……小さい子の肌にはあんまりよくないって聞きますけど」

フレデリカ「もちろん肌に悪いものは選ばないし、使いすぎないように注意するから大丈夫だよ~」

まゆ「……フレデリカさんがいうなら大丈夫ですね」

フレデリカ「ふふふーん泥舟に乗ったつもりで安心してて☆」

まゆ「泥舟は沈みますよぉ……」

8: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:39:59.58 ID:ExB2cbdw0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一ノ瀬志希「zzz」

響子「志希さんまた寝てるんですか?寝過ぎはよくないですよ?」

志希「ん~大丈夫だよー……zzz」

響子「こんなところで寝たら風邪ひきますよ?」

フレデリカ「そうだよー志希ちゃん、響子ちゃんのいうこと聞かないと」

響子「それならフレデリカさんコタツから出てください」

フレデリカ「うん、無理☆」

響子「はぁー……」

フレデリカ「コタツってあったかいよねぇ……和の心だよぉ~」

響子「フレデリカさんは和の心半分ですよね」

フレデリカ「わお!そうだったねー忘れてた☆」

9: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:40:51.17 ID:ExB2cbdw0
藍子(この会話全員身体のほとんどをコタツに埋めて話しているんですけど、響子ちゃんも出られなくなってるんじゃ……?)


フレデリカ「あーなくなっちゃった……きょーこちゃーんみかん取ってー」

響子「自分で取りに行ってください……」

藍子(あの響子ちゃんが動かない……こたつの魔翌力ってすごいですよね)

周子(だからアタシ達は場所がなくてこんなストーブの前で固まってるわけで)

藍子(だって今日寒すぎますよ……少し吹雪いてますし)

周子(藍子ちゃんもう少し厚着したら?見てるこっちが寒くなるよ)

ありす「脳内で会話するのやめませんか?」

周子「喋ると口の中の熱が逃げるから」

ありす「口の中って……なんですかそれは」

藍子「ありすちゃん平気なんですか……?子どもは風の子ですね……」

ありす「……はぁ」

10: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:41:27.23 ID:ExB2cbdw0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありす「……………」

響子「……………」

まゆ「あら?ありすちゃん響子ちゃんどうかしたんですか?」

ありす(ちょっと静かにしててください)

まゆ(?)


フレデリカ「…………」



まゆ(フレデリカさん?)

ありす(私、フレデリカさんが喋ってないの初めて見ました)

響子(私もです)

まゆ(あ、響子ちゃんも使えるようになったんですね、脳内会話)

響子(嫌でも慣れました)

11: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:42:02.97 ID:ExB2cbdw0
フレデリカ(ふふーん、どうどう?フレちゃん真面目に見える?)

響子(!?!?)

まゆ(やっぱりありすちゃんが見てるの気がついてたんですね)

フレデリカ(もっちろん!)

まゆ(あ、大丈夫ですよ響子ちゃん、ありすちゃんには聞こえてませんから)

フレデリカ(ちゃんと周波数ズラしてるからね~)

響子(周波数)

まゆ(ラジオみたいなものですよぉ)

響子(ラジオ)

ありす「…………」

12: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:42:41.27 ID:ExB2cbdw0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


藍子「どうですかありすちゃん?フレデリカちゃんのことわかりました?」

ありす「……一つだけ、確実にわかったことがあります」

まゆ「なんですか?」

ありす「分からないことが分かりました」

まゆ「ですよねぇ」

響子(私は分からないことが増えました)

13: ◆rha/UmkIZ2 2016/12/24(土) 14:43:47.40 ID:ExB2cbdw0
藍子「フレデリカちゃんは私たちとは見えてるものが違うんじゃないかと思うときはありますね」

まゆ「志希さんもですね」

ありす「私みたいな凡人には理解できない人々なんですよ……どうせ対策なんてできっこないんです……」

藍子(遠い目をしてる……)
まゆ(ハイライトが薄く……)

フレデリカ「てぇい!」ギュッ

ありす「な、なんですか急に!?」

フレデリカ「ありすちゃんはあったかいなぁ~クールタチバナだけどホットだね!」

ありす「人を暖房にしないでください!!」

藍子(かわいい)
まゆ(かわいい)
響子(かわいい)

フレデリカ「ふんふんふふーんありデリカー♪」

ありす「なんですかそれは!!」

フレデリカ「秘密ー☆」

まゆ「平和ですねぇ」

藍子「残り少ない今年も平和なまま終わるといいですね」