1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:05:20.51 ID:fmEq2VDC0
P「最近なんとなく暇だからな。ここで一つコミュニケーションと洒落込もうか」

P「さて、問題は誰にするかだよな」

P「うーん…」

P「よし!!>>5にしよう!!」

P「あ、ちなみに765プロのアイドルにだけにしてくれ。出かけるのはちょっと面倒だから」

引用元: P「事務所のアイドルに悪戯してみる」 


 

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:11:10.34 ID:1SrFJQKI0
やよい

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:13:14.94 ID:fmEq2VDC0
P「よし、やよいにしよう」

P「ん?待てよ…。何をするか決めていなかったな…」

P「じゃあ、>>12でもしてみるか」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:15:23.00 ID:QUqlVHGk0
弟たちを人質に身代金を要求する

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:15:55.12 ID:QUqlVHGk0
>>10

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:18:41.86 ID:fmEq2VDC0
P「…少し良心が痛むが…」

P「やってみたいという気持ちがあふれ出て来るな」

P「よし、まずはこの覆面を被って…」

P「やよいの家へ、向かうぞ!!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:23:57.29 ID:fmEq2VDC0
※長介とかの口調がよく分からないので、おかしくてもスルーして

やよい宅

ピンポーン!!

長介「はーい、どちら様ですか?」

P「あ、こちらピヨピヨ宅配の者です。荷物を届けにあがりました」

長介「はーいご苦労…」ガラガラ

P「…………」ニタア

長介「あ…ぁ…」ガクガク

P「上がらせていただきますね…」ニッコリ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:29:42.42 ID:fmEq2VDC0
ところ変わって

やよい「うっうー!!撮影が長引いちゃいました…」

やよい「早く帰ってご飯作らないと」

キラメキラリー…

やよい「あ、お家から電話です。きっとご飯のことだろうな」

やよい「もしもし?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:36:12.24 ID:fmEq2VDC0
P「…………」

やよい「あれ?もしもし?」

P「お前が姉か…?」

やよい「え…?は…はい」

P「お前の兄弟たちは俺が預かった…。おとなしく返してもらいたければ…5000円を用意しろ…」

P「さもなくば…」

P「命は保証しないぞ!!勿論、警察なんかにも言ったらな!!」ブツ!!

やよい「…………」

やよい「うっうー…↓」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:41:25.32 ID:fmEq2VDC0
P「ふう…。声を変えるのも疲れるな」

長介「P兄ちゃん!!」

P「ん?どうした?」

長介「こういうことやるなら最初に言ってよ。ちょっとびっくりしたじゃん」

P「はは。悪かったな。しかし、お前よくこの悪戯を容認してくれたな」

長介「うん。姉ちゃんの驚いた顔ちょっと見てみたかったから」

P「お主も悪だな」

長介「兄ちゃんに言われたくないよ…」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:46:10.72 ID:fmEq2VDC0
765プロ

やよい「プ、プロデューサー!!」

美希「あ、やよいなの。久しぶりなの!!」

やよい「あ、美希さん!こんばんわです!!あのプロデューサー知りませんか?」

美希「ハニー?ハニーなら今はいないの。何かあったの?」

やよい「あ、あの…実は…」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:49:59.24 ID:fmEq2VDC0
美希「え!?誘拐!?」

やよい「そうなんです…。私どうしていいか分からなくて…」

美希「ミキ、それは警察に連絡した方がいいと思うな」

やよい「それでも、長介達は殺されちゃいます…」

美希「それで、身代金はどのくらいなのかな?」

やよい「うっうー…ごせんえんです…」

美希「………」

美希「アレ?」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 22:56:11.08 ID:fmEq2VDC0
美希「それ、少しおかしいと思うな」

やよい「?…どうしてですか?」

美希「ミキなら5000円なんてお金、身代金としては使わないの。安すぎるの」

やよい「そ、それでも…万が一のことが!!」

美希「うーん。じゃあ、取りあえずミキの5000円を上げるから、これをもってお家に帰るの」

やよい「美希さん…。ありがとうございます!!」ダッシュ!

美希「…………」

美希「ミキ的にはそういう場所には一人で行かない方がいいと思うな」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:01:28.37 ID:fmEq2VDC0
やよい宅

やよい「長介!!」

長介「ね、姉ちゃん!!」

P「フフフ。来たようだな」

やよい「あ、あなたですね!!犯人は!!」

P「ああ、そうだ。だがそれはどうでもいいことだ。それより5000円は?」

やよい「此処に…此処にしっかりあります!!」

P「ほう…」

やよい「さあ、長介達を!!」

P「ああ、約束だからな…」ヌギヌギ

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:07:01.33 ID:fmEq2VDC0
P「離してやるよ、やよい」

やよい「プ、プロデューサー!?」

P「ハハハ。ごめんなちょっと悪戯がしたくなってな。まさかこんなになるとは…」

長介「兄ちゃん…家族が人質になれば普通はみんなこうするよ…」

P「あれ、そうなのか…?ま、ともかくごめんな、やよい」

やよい「…………」

P「やよい…?」

やよい「プロデューサーなんか…」

やよい「プロデューサーなんか大嫌いです!!」

P「えええええええええええええええええええええ!?」

その後やよいは1週間口をきいてくれなかった


やよいバットコミュニケーション!!

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:18:02.40 ID:fmEq2VDC0
P「ううむ。下手に悪戯すると、痛い目に遭うんだな…一つ学んだな…」

P「さて、次はどうしよう…」

P「よし、>>59に悪戯するか」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:19:56.21 ID:Zt5XmLN50
美希

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:21:08.98 ID:fmEq2VDC0
P「よし、美希にするか」

P「じゃあ、美希には…」

P「>>69でもしてみるか」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:22:36.15 ID:l7umPg7m0
おにぎり握りつぶす

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:26:00.37 ID:fmEq2VDC0
P「美希は今レッスンに行ってるのか…」

P「よし、俺が真心を込めておにぎりを握っておこう」

P「しかし、これを自分で握りつぶすのか…」

P「…………」

P「あとで、自分でちゃんと食べよう…」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:31:15.50 ID:fmEq2VDC0
20分後

美希「あふぅ…ただいまなの…」

P「お、美希。おかえり」

美希「あ、ハニー!!ただいまなの!!」

P「随分疲れているみたいだな」

美希「うん!ミキね、今日はいっぱい頑張ったの!!だから、ハニーに褒めてほしいな」

P「そうか。じゃあ、これが役に立つな」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:34:58.15 ID:fmEq2VDC0
P「実はな、美希のために作っておいたんだ」

美希「あ、おにぎりなの!!これ食べていいの?」

P「ああ、勿論だ。だけどな、食べるときにはな…」

美希「……?」

P「こうして、思い切り潰してから、食べるんだぞ!!」グシャアア

美希「…………」

P「ハハハハ!!」

P(手がねちょねちょで気持ち悪い)

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:38:15.59 ID:fmEq2VDC0
美希「…………」

P「どうしたんだ美希?」

美希「ミキね、思うんだ…」

美希「確かに、ミキも疲れてるけど、ハニーの方が疲れてるんだなって」

美希「だからこうして、おにぎりに当たっちゃったんだよね…?」

P「み、美希…?」

美希「ハニーこっちに来て。美希が最高に最高に美味しいおにぎりを握ってあげるの!!」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:42:24.99 ID:fmEq2VDC0
10分後

美希「さあ、ハニー!召し上がれなの!!」

P「あ、ありがとう、美希」モグモグ

美希「ハニー、おいしい?」

P「ああ、美味いぞ」

美希「えへへ。よかったの。まだまだいっぱいあるから、いっぱい食べてほしいの!!」

P「本当にすまないな、美希…」

P(色々な意味で)


美希パーフェクトコミュニケーション!!

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:48:35.24 ID:fmEq2VDC0
P「美希のおにぎり、美味かったな…」

P「さて、もう少し頑張ってみるか…」

P「>>103に悪戯だ」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:49:04.64 ID:aVAkPjQG0
お姫ちん

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:52:59.58 ID:fmEq2VDC0
P「貴音か…」

P「まあ、いいだろう」

P「よし、貴音には、>>115をするぞ」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:54:30.46 ID:KcneJuv80
改造

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:57:31.93 ID:fmEq2VDC0
P「改造…か…」

P「しょっかあにすればいいのか、貴音を…?」

P「ううむ。>>134だよな」

1やっぱり駄目だ
2改造人間本郷猛の復活だ!
3んあー


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 23:58:27.14 ID:Mku+lDAe0
3

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:02:23.26 ID:xSKDNYl40
P「貴音、貴音」

貴音「はい?どうされましたか、あなた様」

P「ああ、もうお昼が近いだろ?だから、一緒にラーメンで」

貴音「ご一緒させてもらいましょう!!」ズイ!

P「お、おう…。そうか…」

貴音「らぁめん…心躍る言葉です…」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:07:14.34 ID:xSKDNYl40
貴音「あなた様。先ほどの店のらぁめん。真美味でした」

P「そうか、喜んで貰えてよかったよ」

P「あ、そうだ貴音」

貴音「どうかされました?」

P「ちょっと付き合ってほしいところがあるんだが…いいか?」

貴音「ええ。らぁめんを奢ってもらったのですから、お供しましょう…」

※貴音の口調が可笑しかったら言って下さい

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:12:51.07 ID:xSKDNYl40
P「…………」コツコツ

貴音「…………」コツコツ

貴音「あ、あなた様…ここは…?」

P「見ての通り倉庫だよ。海辺の」

貴音「ど、どうしてこのような場所へ?」

P「ああ、それはな…」

P「お前を改造するためだよ…貴音」

貴音「め、面妖な!!」

161: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 2012/06/18(月) 00:21:09.91 ID:xSKDNYl40
※真、美味です。すみません。

貴音「改造…とは?」

P「実は、俺は8世紀に今のアンゴラに住んでいた、んあー族の末裔でな…本来俺はんあーとしか喋ってはいけないんだ」

貴音「面妖な!」

P「今、んあー族は世界に俺とあと一人…。しかも、もう一人は98歳と高齢なんだ」

P「つまり、ここで俺が子孫を残さないとんあー族は滅亡することになる」

貴音「真、悲しいことです…」

P「そこで、貴音…」

P「俺と結婚してくれないか?」

貴音「!?」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:25:37.47 ID:xSKDNYl40
貴音「あなた様と契を交わすのは構いません…」

貴音「ただ、そうなると、わたくしも、『んあー』としか…」

P「さすが貴音だな…。そう…だから…」

P「お前を改造するんだ。んあー、としか喋れないようにな」

P「…勿論…嫌なら断っていいんだぞ…?」

貴音「…………」

貴音「あなた様と、一緒になれるのであれば…」

貴音「喜んで、お受けしましょう…」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:26:58.00 ID:xSKDNYl40
2年後

貴音「んあー!」

P「んあー!!」

貴音「んあー…」

P「んあー!!」

貴音「んあー」

P「んあーwww」


貴音、俺が悪いんじゃない。安価がこうしたんだend

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:31:48.48 ID:xSKDNYl40
P「取り敢えず。貴音はもとに戻しておいた」

P「さて、次はどうするか、特例で、もう一度貴音もありにしよう」

P「それを含めて…>>189だな」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:33:11.95 ID:XyCRo3ig0
北斗

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:35:00.20 ID:xSKDNYl40
P「おいおい。出かけるのは嫌だといったろ、765プロだけで選んでくれ」

P「というわけで、>>207にしよう」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:35:37.81 ID:7f0lef9P0
自分

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:37:29.37 ID:xSKDNYl40
P「え、俺か!?」

P「自分に悪戯をするのか…?」

P「…じゃあ、>>220とでもいこうか」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:38:52.01 ID:u3+3skuZ0
アイドルに●●を見せつける

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:41:20.85 ID:xSKDNYl40
P「よし、早速準備に取り掛かるか」

P「まずは、念入りに●●●を用意…」

P「ん?待てよ…」

P「目の前に今をトキメクアイドルたちがいるんだ!!●●●なんていらないじゃないか!!」

P「となれば、皆が集まるまで事務所で待機だ!!」

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:44:20.48 ID:xSKDNYl40
ワイワイガヤガヤ

P(ふっふふふ。みんな居るみたいだな…)

P(さて、ここから敏腕プロデューサーの…)

P(  行為を見せつけてやるぜ!!)

ガチャ

P「おうい!!みんなー!!」

やよい「あ、プロデューサーです!!」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:47:14.68 ID:xSKDNYl40
P「今からちょっと見せたいものがあるんだ」

春香「なんですか?プロデューサーさん?」

P「それはな…」

P「これだ!!」 !!

雪歩「ひい!!」

真美「に…兄ちゃん!?」

亜美「うあ→!!兄ちゃんが狂ったYO!!」

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:52:33.14 ID:xSKDNYl40
P「亜美…これだけじゃ終わらないぜ…今回はな…」

P「特別にxxxxもみせてやるぜええええええええええええええ!!」 

アイドル一同「…………」

P「ハハハハ!!いいぞその顔!!その顔が俺に活力を与える!!」

美希「こんなのハニーじゃないの…」

P「ははははは、開始20秒だがもう   しまいそうだ!!おおおおいくぞおおおおおお!!」

P「おおおおおおお!!」

バチーン!!

P「お……おお…」 

律子「目を覚ましてください。プロデューサー殿…」

Pフライパンで殴られ、絶 とともに昇天end