1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 15:08:17.75 ID:U1RIDnq0O

セシリア「ペラペーラ」

シャル「ペラペーラ」

ラウラ「ペラペーラ」

一夏「日本語くらい勉強してこいよ……!」

引用元: 一夏「何言ってんのかわかんねえよ」 


 

 
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 15:15:30.38 ID:U1RIDnq0O

箒「おい、一夏」

一夏「お前に関しては、言葉はわかるんだよ。わかるんだけど……」

一夏「理不尽すぎんだよ!」

箒「なんだと?」

一夏「ほら、また殴ろうとする!もう俺に関わらないでくれよ!」

箒「」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 15:21:35.35 ID:U1RIDnq0O

一夏「もう嫌だ……」

鈴「一夏、大丈夫?」

一夏「なあ、鈴」

鈴「ん?」

一夏「なんでお前二組なんだよ?」

鈴「あたしに言われても困るんだけど」

一夏「ふざけんなよ……俺の心のオアシス返せよ……」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 15:23:12.67 ID:9pn3FQfL0
セシリア「I'd like to practice manipulating IS on you after class...」

一夏「ふむ」

シャル「Quel est votre temps libre apres l'ecole aujourd'hui?」

一夏「ああ…」

ラウラ「Ich liebe dich. Bitte heirate mich.」

一夏「考えとく」

鈴「请吃我做的糖醋猪肉?」

一夏「日本語でおk」

実際はこうなるはず

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 16:17:08.52 ID:9pn3FQfL0
一夏「放課後になった…」

一夏「なんかみんな俺を誘ってくれてたみたいだけど何言ってるかよくわかんなかったな…」

一夏「>>26誰のところに行こうか」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 16:17:49.82 ID:6arLRYR20
鈴ちゃん

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 16:25:45.43 ID:9pn3FQfL0
一夏「2組に行けば会えるかな?」

-------2組-----------

一夏「よお、鈴。さっきは『日本語でおk』とか言って悪かった」

一夏「てゆうかお前日本語喋れたよな?」

鈴「我忘了日本…ゴメンネイチカ」

一夏「まじかよ。どうする>>30

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 16:26:46.54 ID:VjQT5Loa0
身体に教え込む

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 16:30:21.64 ID:dvP2uW8Z0
>>29

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 16:38:07.81 ID:9pn3FQfL0
一夏「よし鈴。その身体に教え込んでやろう」

鈴「........到...........イチカノバカ...」ダッ

一夏「おい!鈴!!!」

一夏「行ってしまった…。殴られなかっただけよしとしよう」

一夏「まだ時間がある。>>38のところへ行こう」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 16:40:43.15 ID:tjexJ6X20
ラウラ

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:01:32.00 ID:9pn3FQfL0
一夏「ラウラの部屋でも行ってみるか」

-------ラウラ&シャルロットの寮室-------------

一夏「ラウラいるかー?」コンコン

シャル「Oui. qui etes-vous?」ガチャ

一夏「俺だけど…ラウラは今いる?」

シャル「ラウラハイナイヨ イチカ。ヨウジガアッテキョウハモウカエッテコナインジャナイカナ...」

シャル(Actualy, Laura est la pratique de la manipulation IS maintenant a l'ecole.(ほんとはラウラは今学校でISの練習中なだけなんだけどね))

一夏「そうか。てか結構お前日本語しゃべれるんだな。助かったよ、ありがとう」

一夏(この後どうするか…?)

>>44
1.もうちょっとシャルと話す
2.ほかの人を探しに行く

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:05:21.66 ID:6arLRYR20
2

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:20:02.66 ID:9pn3FQfL0
一夏(ほかの人を探しに行こう)

一夏「じゃあなシャル」

シャル「Je voudrais etre avec vous, n'est-ce pas? ////(ボクもうちょっと一夏と居たいなあ、ダメかな一夏?////)」ニコッ

一夏「おう、また明日学校でな!」

一夏(せいぜい『またね!一夏!!』とでも言っているのだろう…)


-----------------------


シャル「xxxx!xxxx!xxxx!!!!!!!!!!!!!!!(糞が、糞が、糞が!!!」

シャル「Laura est un fils de pute. comment at-elle l'amadouer?(ラウラとかいう糞ビ  、どうやって一夏をたらしこんだクソッ)」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:23:25.49 ID:9pn3FQfL0
一夏「俺がラウラの部屋を去った後、廊下からシャルの怒号が聞こえた…」

一夏「俺が言葉がわからないばっかりに怒らせてしまったに違いない…」

一夏「言葉が通じないというのはつくづく不便なものだな…」

一夏「このことを誰かに相談してみるか…」

一夏(>>50に相談してみよう…)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:25:40.49 ID:VjQT5Loa0
もっぴー

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:32:15.31 ID:9pn3FQfL0
一夏「(…なんだあれは?…)」

モッピー「…」キュムキュム

モッピー「モッピー知ってるよ。一夏が言語の壁に悩んでるってこと」

モッピー「そんな一夏の為にと我が生みの親こと束さんから一夏にと預かっているものがあるよ」

一夏「束さんから…?」

モッピー「うけとるがよい」ムニュ

一夏「これは…まさか伝説の…」

モッピー&一夏「(…翻訳こんにゃく……!!)」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:36:40.95 ID:9pn3FQfL0
モッピー(それは一つしかないものだ大切に使え…!)

一夏(こいつ直接脳内に…!)

------------------------------

一夏「誰に使うべきか…慎重に考えなくちゃな…」

その晩一夏は夜通しで誰に翻訳こんにゃくを使うべきか考えた…






一夏「>>60に決めた」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 17:42:00.70 ID:6arLRYR20
セシリア

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 19:57:09.91 ID:9pn3FQfL0
セシリア「…」はむっ

セシリア「…」モグモグ

セシリア「…」ゴクン

一夏「…どうだ?」

セシリア「…………………………」

セシリア「u......a..............ぐ...........................がはっ..................」ドサッ

一夏「セ?……シリア?」

千冬「おい何をやってるんだお前たちは」

一夏「え…あ………お…俺は…」

千冬「おいっ!!どうしたオルコット!」

千冬はセシリアのもとに駆け寄り、今まで見たことのないような必死な形相でセシリアを介抱し…………

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 20:10:30.47 ID:9pn3FQfL0
それからのことはよく覚えていなかった

苦しそうな顔でうずくまるセシリアと何が起きたのか理解できず茫然と立ち尽くす情けない自分がいたことだけ覚えていた

倒れたセシリアはすぐ駆けつけた千冬姉に運び出され今は病院に搬送されたらしい



俺は寮の自室で待機するよう命じられていた。

気づけば夜になっていた。

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 20:25:02.12 ID:9pn3FQfL0
千冬「入るぞ」ガチャ

一夏「………ぁ」

千冬「電気もつけないで何をやっているんだお前は」パチッ

一夏「………」

千冬「もう聞いてると思うがオルコットは今病院で寝ている。」

千冬「お前があいつに食べさせたこんにゃくには強力な毒物がそれもぎりぎり死に至らない程度の分量で精巧に仕込まれていたようだ」

千冬「命は助かるそうだ。だがもう目覚めることはないかもしれない…とも医者には言われた」

千冬「…こんにゃくに毒物を仕込んだのはお前なのか?一夏。」

千冬「…もしそうならこの場で身柄を拘束し警察に引き渡さなければならない、答えろ一夏」


一夏「…ちが…違う…俺は…ただ…」

千冬「…まあ。わかってはいたが…お前の口から聞かなくてはとおもってな」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 20:40:04.44 ID:9pn3FQfL0
~そのころ束ラボ~

束「ふふふ、うまくいったみたいだね」

モッピー「モッピー知ってるよ。束が毒入りこんにゃくを翻訳こんにゃくと偽って一夏に渡すよう私に頼んだ事。」キュムキュム

束「束さんとしては妹の恋路を応援してやりたくってね」テヘペロ

モッピー「モッピー知ってるよ。一夏が翻訳こんにゃくを使うとしたら箒以外の誰か外人の子に使うだろうって事。」キュムキュム

束「この調子で次もいっちゃおうかー」

モッピー「姉さんもうすんげえ立派な犯罪者なんすけど、いいんすか?」

束「罪は君にかぶってもらうからオールオッケイね!」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 20:59:18.35 ID:9pn3FQfL0
その後俺は千冬姉に事のいきさつを話した

俺が言語の壁に悩んでいたこと、箒に似た女子生徒にこんにゃくをもらったこと、、、


----学校---------

ラウラ「Sie sieht sehr deprimiert? meine Frau.(元気がないようだな?我が嫁。)」

一夏「…。おおラウラ。心配してくれてるのか?俺は大丈夫だ。」

一夏「セシリアのことは悔やんでも悔やみきれないが…」

シャル「Je suis sur que vous n'avez pas tort.(大丈夫一夏は悪くないよ!)」

一夏「シャル…」

シャル(En raison de malheureusement d'autres, mon repas deviennent de delicieux! Et c'est le hasard.(他人の不幸で飯がうまい!そしてこれはチャンス!))

今日箒は休みだった。


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 21:11:15.51 ID:9pn3FQfL0
キーンコーンカーンンコーン

一夏「千冬姉。ちょっといいか?」

千冬「学校では織斑先生と呼べと言っただろう。馬鹿者」バキッ

一夏「セシリアのことなんだけど…」

千冬「その事に関してはお前はもう気にするなといったろう」

一夏「そうじゃなくて、もしかしたら束さんならなんとかできるんじゃないかな?」



自分の中で箒に似た生き物がこんにゃくは束さんが作ったものだと言っていたことが引っかかっていた

もちろんそのことは千冬姉にも警察にも話したし、捜査の結果、束さんは無関係ということもわかっていのだが




-----警察署の掃除用具入れ-----

箒「それでも私はやっていない!!!!!」ドグシャァァッァ



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 21:23:20.13 ID:9pn3FQfL0

千冬姉に相談した結果、千冬姉が束さんに掛け合ってくれた。

そしてなんと束さんはあっさりセシリアのための下毒剤を作ってくれたというのだ。

千冬「あの他人に全く興味のないおまえが…意外だ…」

束「いっくんのためですしおすし」



しかもどういうわけか束さんは織斑一夏に解毒剤をとりに来させるように、と言っているそうだ。

俺は居てもたってもいられない気持ちで指定された束さんの研究所に向かった。

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 21:31:38.13 ID:9pn3FQfL0
束「いっくーーん! 待 っ て た よーーーー!!」

束「束さん首を長くしすぎて、もうろくろ首になる寸前のところだったよ~」

一夏「た、束さん…。それでセシリアの解毒剤っていうのは…」

束「まあまあまあ、落ち着いていっくん」

束「この束さん特製、たば茶でも飲んで」

一夏「でも今はそんな場合じゃなくて、一秒でも早くセシリアを助けたいんだ」

束「ふーむ。わかったよ。じゃあちょっと待っててね」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 21:40:51.16 ID:9pn3FQfL0
ガサゴソガサゴソ

束「はい。これが解毒剤」ホイッ

一夏「ありがとう、束さん。これでセシ…」

束「あーあとそれとこれお土産。束さん特製たばね団子とたば茶のセットだよ~。」

束「いっくんのお友達のラウラちゃんやシャルロットちゃん、鈴ちゃんの分も入ってるから、みんなによろしくね~」

一夏「あ、ああすいません、わざわざそんな気を遣わなくても…?」

一夏(なんだこの違和感…)




安価>>130 
1.セシリアのもとに急ぐ
2.束さんともう少し話をする

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 21:43:14.87 ID:dq3N+gdT0
2

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 21:53:16.60 ID:9pn3FQfL0
一夏「ああラウラ達のことよくご存知でしたね」

束「もっちろーん。この前の臨界学校でもあってるし、いっくんの交友関係をこの束さんが知らないはずなかろうて」エッヘン

一夏「そ、そうすか…」ドンビキ

一夏(よく考えたら…束さんが俺と箒と千冬姉以外の、それもIS学園の生徒の名前を記憶いているなんて今までからすればありえない…)

一夏(何かが引っかかる…)



一夏「束さん…」キリッ

束「何かな?いっくん!そんなに見つめられると私…///」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:01:58.61 ID:9pn3FQfL0
一夏「…」

束「///…?///」

一夏「あーなんか俺おなかがすきました。みんなには悪いけどこのお土産のたば団子を食べるとしようかな」

一夏「どれがみんなの分かよくわかんないなー。適当に食べてしまえー」

束「っ いっくん!いっくん!たば団子ならこっちにいっぱいあるよほら、ほら不思議!束さんの手から団子がいっぱい出てくる!」

束「ほら団子がいっぱい!なかよし大家族だよ!ほら!」

一夏「ん?でもさっきもらったののほうがおいしそうだなー。正直手から出てきた団子とかちょっと…」

束「いっくーんてばぁ!」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:11:14.33 ID:9pn3FQfL0
束「いっくんてばもうわがままなんだから!」

一夏「あーなんか喉も乾いたなー。この解毒剤なんか清涼感漂うブルーでうまそうだなー」

束「そ、それを飲んじゃったら48時間後に死…じゃなくてセシリアちゃん助からないよ!ほらこっちにたば茶あるから。今度は股とかから出さないから!」


一夏「…」


束「…」


一夏「…」


束「…」


モッピー「モッピー知ってるよ、束が黒幕だって事。モッ」ドグシャァァァ

束「もういっくんてば気づいてるなら最初から言ってよね!」プンスカ

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:17:44.89 ID:9pn3FQfL0
箒のような生物は目に見えない巨大な何かで押しつぶされたように勢いよくつぶれた

束「いっくーーん!」ニコニコ

一夏(ど…どうするか…)


安価>>150
1.とりあえずこの場は逃げる
2.ISを展開
3.「実を言うと股から出たものが今一番飲みたい」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:21:36.72 ID:RaXqythL0
1

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:29:11.30 ID:9pn3FQfL0
一夏(とりあえず逃げるしかなさそうだ…!)ダッ

束「逃がさないよいっくん!」

研究所の非常シャッターが次々としまっていく


一夏「くっ、逃げ損ねた」

とっさに白式を部分展開

シャッターを切り開こうとするがびくともしなかった

束「いっく~ん、これで束さんとラブラブ密室~愛の巣~が出来たね!」

安価>>160
1.こうなったからには束さんと戦う
2.ISを解除しおとなしく束さんに従う
3.その他自由な状況の打開策

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:34:07.72 ID:tykrItzt0
束さんと1回ラブラブしてあげるから、モッピーを嫁にくれ
後ついでにセシリア助けて

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:44:38.73 ID:9pn3FQfL0
束「とりあえず真実を知ってしまったいっくんには眠っていてもらおうかな」

一夏「まってくれ!交渉しよう!」

束「交渉?」

一夏「束さんとは一回ラブラブしてやる、そしてモッピーを嫁にくれ」

一夏「後ついでにセシリアを助けてやってくれないか?」

束「ちょっと何言ってるかよくわかんないなー」

束「私は一回じゃ満足できないし、そもそもいっくんはモッピーには渡せないし、セシなんとかとか知らないし」

一夏「>>170

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 22:49:26.18 ID:ciqPh46W0
千冬姉を召喚しますよ

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:02:06.41 ID:9pn3FQfL0
一夏「千冬姉を呼びます」

束「一体どうやって呼ぶんだい?」

束「ここは電波も妨害されているし連絡手段はないんじゃないかな?」

一夏「くっ」


その時、自分の後ろのシャッターが開いた

千冬「こういうこともあるかと思ってな…」

千冬姉は伝説のIS白騎士を身に纏いそこに立っていた

それはまだ幼い頃、大会を棄権して誘拐された自分を助けに来た千冬姉を思い出す光景だった

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:10:01.28 ID:9pn3FQfL0
束「まじか」

千冬「私の生徒に毒を盛った罪は重いぞ!貴様とて容赦はしない。覚悟はできているな?」

束「非武装の一般庶民相手にISを使うなんてひどいよちーちゃん?」

白騎士は高速で束に接近し一閃--------

千冬「くっ」

だがその刃は空中で受け止められていた

束「私自身は実は武装してないんだけど…こんなこともあろうかと用心棒を配置していたのでした。やっぱり束さんって天才!」

束「本音ちゃんお願い」

さっきまで透明だった巨大な物体が姿を現す。

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:26:22.19 ID:9pn3FQfL0
のほほん「えへへ、聞いてよおりむー!箒ちゃんのお姉ちゃんが専用機作ってくれたんだよ!えへへへ///」

千冬「」

一夏「ってのほほんさん!」

束「この機体は全高28.4m本体重量57.3t出力1,840kWを誇る史上最大の大型機でなんとコアを10個搭載している第6世代機なのだ。
この前木星に旅行に行ったときに近くに止まってた輸送船…なんて言ったかな…じゅぴとりす…?とかそんな感じの船から拝借した設計図を基に作ってみたんだけど、っていうかそれに乗ってたきのこっぽい髪型のシロップ?いやシロッコだったかな?とかいう男が最悪でさー、
『これからは女の時代が来る』キリッとか言っちゃっててさあ、
たば茶飲ませたら黙ったんだけどね、
それでそれで話は戻るけど機体制御の補佐システムとして新たにサイコミュシステムを搭載しているのが特徴で、
それがなんと感応波の増幅並びに追従性能向上に対する効果が予想以上でさー…」ペラペラ



のほほん「えいっ」

千冬「」バキィ

千冬「ぁ」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:31:28.81 ID:9pn3FQfL0
布仏本音の巨大ISの活躍により

世界は再び火の7日間に包まれた。

箒以外のヒロインは死に絶え、なるべくして一夏は箒と結ばれることを余儀なくされた…

もうろうとする意識の中一夏は夢を見ていた…

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:33:46.96 ID:9pn3FQfL0
箒「束姉さんに逆らうからよ、莫迦な人…」

おわり