前回 【デレマス時代劇】三村かな子「食い意地将軍」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:20:55.25 ID:pVIxyO240
二宮飛鳥は、羅生門の上にすむ怪であった。

もとは人であったものが変化した。

といっても1人ではなく、

水子の霊が集まって形を成していた。

ものを食べるようになる前に死んだからか、

飛鳥の食欲は旺盛だった。

たびたび人を襲っては肉を喰らい、臓腑を啜る。

住民達は飛鳥を、

“門上の悪鬼”と呼んで、ひどく恐れた。

引用元: 【デレマス時代劇】二宮飛鳥「阿呆の一生」 


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:21:47.11 ID:pVIxyO240
その悪名が広まると、

「僕はアスカ。二宮飛鳥。

ボクはキミの事を知らないけど、

キミはボクを知っているのかい?」

このような台詞を吐いて、

飛鳥はさらに人を襲うようになった。

その精神は捩くれていた。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:22:27.12 ID:pVIxyO240
だが飛鳥は怪であったため、殺されなかった。

高名な剣豪とやらが

やってきたこともあったが、逆に食ってやった。

また、数多の霊が集まっているからか、

供養も祈祷も意味を成さなかった。

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:23:35.15 ID:pVIxyO240
飛鳥が大人しくなったのは、都を大飢饉が襲った頃。

毎日夥しい餓死者が出て、

その死体は羅生門の上に捨てられた。

飛鳥は、わざわざ人を襲う必要がなくなった。

日がなごろごろして、

死体が運ばれてくるのを待つ。

気分はまるで殿様である。

いや、もしくは乳飲み子か。

そう自分で思って、飛鳥は苦笑した。

乳の味など、知らなかったから。

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:24:14.99 ID:pVIxyO240
退屈しつつも、腹はふくれる毎日を過ごしていると、

ある時、薄幸そうな女がやってきた。

髪の色は、青みがかった黒。目尻がすこし尖っている。

顔立ちは美人だが、

こちらが気後れするような鋭敏さが感じられる。

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:25:09.38 ID:pVIxyO240
「やあやあ初めまして。

 狭いし散らかっているが、くつろいでくれ給えよ」

満腹でやることもなかった飛鳥は、女に言った。

暇つぶしのつもりだった。

「あなたが門上の悪鬼…」

女は、飛鳥の方をじろじろ見た。

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:26:04.21 ID:pVIxyO240
「せっかく会いにきてくれたのに、

こんな格好で申し訳ないね」

飛鳥は肩をすくめた。

飛鳥が身にまとっているのは、

死体からはぎとった襤褸である。

“生まれて”からずっと、それを着ている。

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:27:08.38 ID:pVIxyO240
「突っ立ってないでかけなよ。

腐った死体って、

けっこう柔らかくて心地いいんだ」

飛鳥は積み重なった死体の上で跳ねた。

汁っぽい音がして、

死体の口から百足が這い出してきた。


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:28:10.40 ID:pVIxyO240
それを見て女は眉をひそめたが、

物怖じせず飛鳥に言った。

「お願いがあるの」

まさか、日々の死体は貢物で、

自分は神だと勘違いされているのか。

飛鳥は苦笑した。

人間達は生きているくせに、目が腐っているのか。

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:29:23.10 ID:pVIxyO240
「こんなボクに御利益がありそうに見えるなら、

まあ言ってみたまえよ」

飛鳥はそう皮肉を飛ばした。

まこと、まわりくどい話し方をする怪である。

女は一息すいこんで、願いを言った。

「私を食べてほしいの」

「はあ」

気怠げに飛鳥は返した。今は満腹である。

くわえ、人間の方からどうぞ

食べてくださいましと言われるのは、なんだか興冷めだった。

そこで飛鳥は退屈しのぎに、ある提案をした。

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:30:20.40 ID:pVIxyO240
「1日1話、何か話して。

 それが100話になったら、

 キミを食べてあげる」

二宮飛鳥と和久井留美の関係は、

こうやって始まった。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:31:49.50 ID:pVIxyO240
飛鳥はまず、和久井に

食われたがる理由を尋ねた。

聞いてほしかったのか、

和久井はよく喋った。

結婚を約束した許婚がいて、

身体まで許したのに、捨てられたのだという。

でも自殺すると、本気になっていたと相手に

知られるから、嫌。だから食べて欲しいのだと。

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:32:55.41 ID:pVIxyO240
阿呆な女だ。

飛鳥は思った。

食うに困って餓死するものが多いのに、

贅沢なのは格好だけではないのか。

和久井の服装は、

藤色の立派な着物で、裕福な武家の娘だと分かる。

「キミ、いままで苦労したことなかったんだね」

飛鳥ははっきりと伝えた。

和久井は、うぐ、と呻いた。

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:34:08.57 ID:pVIxyO240
飛鳥は、和久井から外の世界の話を聞いた。

それによると、

他所にも自分とおなじような怪がいるらしい。

一目会ってみたいと思ったが、それはできなかった。

飛鳥を構築する水子たちは羅生門に憑ついていて、

そこを離れると、形を保っていられなくなる。

2度も死ぬのはごめんだった。

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:59:31.76 ID:pVIxyO240
和久井は、飛鳥によくお土産を持ってきてくれた。

酒と菓子。

酒の方はにがくって駄目だったが、

菓子の方は甘くほろほろ溶ける。

飛鳥の口は人肉で脂っこくなっていたから、

こういう感触は新鮮であった。

腹にはたまらないが、舌が喜んだ。


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:00:15.27 ID:vgo2k3nS0
話に疲れたときなどは、

和久井が持ってきた双六で遊んだ。

“遊び”という概念すら知らなかった飛鳥は、

これに夢中になった。

和久井が帰った後も、

次はどうやって勝とうか、などと熱心に考えた。

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:00:47.56 ID:vgo2k3nS0
時々、飛鳥のほうからも話をした。

「親に捨てられた水子の霊があつまって、

 二宮飛鳥という人格を形成しているんだ」

飛鳥は、特段悲しげな様子もない。

母の顔は知らない。

知らないから、恨みようも、悲しみようもない。

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:01:26.30 ID:vgo2k3nS0
「それで平気なの」

そう和久井が尋ねても、飛鳥はけろりとして、

「割り算が難しくなると、分母を減らすのが世の習いさ」

などと言った。

飛鳥は、門の周りしか知らぬというのに。

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:02:15.57 ID:vgo2k3nS0
ある日、和久井がいつもと違って、

明るい顔をしてやってきた。

腹に子どもがいる。

だから、ここに来るのはやめるという。

「なんだ、やっぱり相手に本気だったんじゃないか」

そう茶化した。

実際、飛鳥は喜んでいた。

飛鳥“達”は水子であったから。


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:02:51.74 ID:vgo2k3nS0
しかし、いきなり和久井がいなくなると、

門の上が随分広い。

広いのに、息苦しい。

飛鳥は門の下に降りた。

そして、周りをぐるぐるしていると、

水子供養の地蔵を見つけた。

飛鳥を鎮めるために置かれたものだった。


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:03:39.31 ID:vgo2k3nS0
こんなものがあったって、

満足するのは生者だけだ。

腹の足しにもなりゃしない。

飛鳥はそう毒づいて、門の上に戻った。

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:04:14.87 ID:vgo2k3nS0
そうしてしばらく退屈にしていると、

和久井がまた門の上にやってきた。

「やあやあ、せっかく顔を見ないで済むと思っていたのに」

本当は一寸寂しかったが、

飛鳥はそう減らず口を叩いた。

だが、和久井が流産したと聞くと閉口した。

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:04:45.26 ID:vgo2k3nS0
和久井はまた話をしてくれるという。

1000話ぐらいにしておけばよかったな、と飛鳥は思った。

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:05:25.74 ID:vgo2k3nS0
和久井の着る服は、

どんどんぼろぼろになっていった。

「ボクに会いたくてしょうがないからって、

そんな立派な格好で来なくても」

飛鳥はそう言った。

本当に、捩くれた性格である。


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:06:05.44 ID:vgo2k3nS0
和久井によると、家を追い出されたらしい。

だから、土産物は持ってこれなくなるという。

その代わり、と和久井は飛鳥に風鈴をくれた。

風が吹くと、本当に綺麗な音がした。

退屈と死体を友とする生活が、

ほんのすこし和んだ。


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:07:15.93 ID:vgo2k3nS0
そしてとうとう、100の話が終わった。

飛鳥は和久井を食うのが惜しくなっていた。

「いまは満腹だから、明日また来てくれないか」

飛鳥は空腹をこらえながら、そう言った。

しかし和久井は、

「約束よ…約束」と飛鳥を見た。

その眼差しに、飛鳥はたじろいだ。


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:07:45.88 ID:vgo2k3nS0
そして結局、和久井を食べてしまった。

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:08:12.74 ID:vgo2k3nS0
その後、飛鳥は重い腰を下ろした。

脆い人間風情に、何を感傷的になっているのか。

自分は門上の悪鬼。

そう言い聞かせて、飛鳥は眠ろうとした。

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:08:50.22 ID:vgo2k3nS0
しかし息苦しかった。

ひどく、息苦しかった。

部屋がずいぶん小さくなって、

自分の身体をぴったりと覆っているようだった。

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:09:29.39 ID:vgo2k3nS0
堪え切れなくなって、飛鳥は門の下に降りた。

時刻は夜明け前で、風はない。

飛鳥はぼんやりと、上ってくる朝陽を眺めた。

いつもと同じ、ただ明るいだけの、鬱陶しい朝陽だった。


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:10:36.86 ID:vgo2k3nS0
苛立ちながら、門の周りを

ゆっくり歩いていると、

あの地蔵が衣を纏っていた。

擦り切れた藤色の衣だった。

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:11:02.47 ID:vgo2k3nS0
飛鳥はがっと近づいて、それを剥ぎ取った。

自分の体に、

ぴったりと合うように作られていた。

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:12:00.65 ID:vgo2k3nS0
阿呆は。

本当の阿呆は、ボクの方だった。

二宮飛鳥は、衣を抱えながら都を駆けた。

母を呼ぶ赤子のように、泣き叫びながら。

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:12:51.44 ID:vgo2k3nS0
門からぐんぐん離れ、身体が崩れていった。

それでも、飛鳥は走るのをやめなかった。

やがて飛鳥の身体は、形のない風になった。

その風が、町中の風鈴を、ちんちろ、ちんちろ、

寂しげな音で揺らした。

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 00:13:19.38 ID:vgo2k3nS0
おしまい