1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 23:59:29.97 ID:6hH9igmX0
P「あのー、アンドロイドを買いに来たんですけど」

「あ、お話は伺ってます」

「詳しい性能などは、本人たちに聞いてください」


春香「お客さんだよ!お客さん!」

小鳥「ピヨッ」ガタッ

美希「小鳥、落ち着くの」

伊織「まーでもさすがに今回は伊織ちゃんが選ばれるわね」

引用元: 小鳥「今度こそ、きっと私、貰われていきます!」 


アイドルマスター 缶バッジ「音無 小鳥」
ブロッコリー (2016-03-18)
売り上げランキング: 576,800
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:01:26.78 ID:6UD9tkpv0
小鳥「スルーされ続けてX年……、今度こそ……」

伊織「で?どんな奴だった?」

春香「何か、普通の人だったよ?メガネで……」

美希「どうせモテない男が彼女の代わりでも探しに来たの」

小鳥「か、彼女!?」

春香「か、彼女!?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:03:11.77 ID:6UD9tkpv0
春香「彼女かあ……」

小鳥「私、ちょっとお化粧を直しに……」

美希「無駄なことは止めておくの」

伊織「何だか今日は毒舌ね?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:06:09.94 ID:6UD9tkpv0
美希「だって、わざわざアンドロイドを彼女の代わりにする男なんて

  ろくなもんじゃないの」

美希「キモいの」

春香「そ、そうかなー」

美希「そうなの」

美希「どうせ、ミキ達のこともいやらしい目で見てくるに違いないの」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:08:40.88 ID:6UD9tkpv0
P「こんにちはー」

春香「いらっしゃいませ!!」

伊織「いらっしゃいませ^~!!」

小鳥「いらっしゃいませ!!」

P「おお、凄い元気なあいさつですね……」

美希「あふぅ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:11:49.50 ID:6UD9tkpv0
伊織「ちょっとあんた、何寝てんのよ?」小声

美希「だってヤル気出ないの」小声

伊織「はあ?ちょっと美希、あんた売れないと廃棄処分よ!?」

美希「むう、それは困るの……」


小鳥「さあさあ、どうぞこちらにお掛け下さいませ」

P「あ、どうも……」

春香「お茶が良いですか?コーヒーが良いですか?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:15:24.31 ID:6UD9tkpv0
小鳥「あの、今回はどのような個体をお探しで?」

P「あ、それはですね、ちょっとお話してから……」

小鳥「お、お話!?」

P「どういう性能なのかを見させてもらってですね」

小鳥「せ、性能!?」

P「なぜいちいち驚くんですか?」

小鳥(スペックの話になると勝ち目がない……)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:18:47.98 ID:6UD9tkpv0
美希「見てみるの。どう考えてもモテない男なの

  あんなの落とすのはラクショーなの」

伊織「そうね……。どう見てもモテないタイプね……

  ここで一発伊織ちゃんの魅力でメロメロにして……」

春香「そ、そうかなあ?」

春香(でも確かにモテないタイプ……かも……)

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:22:04.80 ID:6UD9tkpv0
春香「じゃあ私から売り込むね!!」



春香「はいはーい!私、お料理出来ます!」

P「うわっ!びっくりした」

小鳥(まずい……春香ちゃんからとは……)

P「えーっと、春香ちゃん?へー、料理出来るんだ?」

春香「はい!古今東西を問わず、レシピが残っていれば

  全て完璧に再現できます!!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:25:39.39 ID:6UD9tkpv0
伊織「しまった……」

美希「モテない男は料理を作られると一発でオチるの

  これは決まったかもしれないの」

美希「まったく、胃袋を掌握されるとオチるなんて安い人間なの」


春香「あ、それからですね、レシピ再現モードもありまして……」

P「え?何か凄そう」

春香「失われたレシピを解明するため、世界の果てまで行って

  調査研究を機能停止まで行うモードです!!」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:28:18.36 ID:6UD9tkpv0
P「え?」

春香「もちろん、障壁になるような政治的関門はクラッキングでどうにかしますし、

  相手が実力を行使したら、こちらも実力で排除を……」

P「ス、ストップストップ!別にそういうのは求めてないから!」

春香「えー?」

P「いいじゃない!ね?普通に料理!素晴らしい!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:30:51.57 ID:6UD9tkpv0
伊織「まずいわ……。次、私が行くわよ!」


伊織「性能で言うなら、私の方が上じゃない?」

春香「げっ、伊織……」

P「た、助かった……」

伊織「私、ビーム出せるわよ」

P「え?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:33:17.00 ID:6UD9tkpv0
伊織「こう、額から……、照射角度を絞って……」

伊織「そこの壁のハエ、見ててね」

P「はあ……」

伊織「……」くわっ

P「……」

P「壁ごと真っ二つ……」

P「瞬殺無音……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:35:53.30 ID:6UD9tkpv0
春香「そういうことなら、私、一時的に分裂してですね!」

伊織「分裂しても私のビームで真っ二つよ」

伊織「強度を変えれば5cmの鉄板だって……」

春香「でもビームしか……」


P「いや、僕は別に戦闘兵器が欲しいわけじゃないから」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:39:45.70 ID:6UD9tkpv0
美希「もー、見てらんないの」

伊織「げ、美希……」

美希「そんなんだから、二人とも貰い手が無いの」

小鳥(三人なんですけど……)

美希「この人は、モテないかわいそうな人なんだから

  もっとビジュアルでアピールするの」


P「あ?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:43:01.58 ID:6UD9tkpv0
美希「美希、この中では最新モデルだから、

  デザインは一番だって思うな」

春香「む、それはそうかも……」

伊織「そんなことないわよ!伊織ちゃんだって……」

美希「……」ニヤッ

伊織「何よ……」

美希「モテないで毎日モンモンとしてる男の人は、おっぱいが

  大きい方が好きに決まってるの」


P「何このイジメ」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:48:39.50 ID:6UD9tkpv0
美希「さらにミキには、このビジュアルを保つ凄い機能がついてるの」

P「……まあ一応聞こうか」

美希「スリープモードなのー!!」

美希「オプションのキットを買ってもらうと、一般家庭でも

  お手軽に冷凍睡眠を再現できるの」

美希「あ、でも、ミキの体のモーターを使うから、ミキしか

  冷凍睡眠はできないの」

美希「あはっ、ミキの美しい姿を半永久的に眺められるなんて

  買った人は超幸せだよねー」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:51:38.36 ID:6UD9tkpv0
伊織「寝てるんじゃ意味ないじゃない」

春香「そうだよ!」

美希「どうして?」

伊織「だって、この人モテないんでしょ?

  ずっと寝てたら、モテなかった青春を取り戻せないじゃない」

美希「……がーん」

美希「そこは気が付かなかったの……」


P「どうして僕がモテないことになってるの?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:55:46.64 ID:6UD9tkpv0
美希「ミキ、そこまで考えてなかったの……」

美希「モテない人の気持ちを全然考えてなかったの……」

伊織「美希……。そんなに悲観することないじゃない

   あなたの性能は誰しもが認めるところよ?」

春香「そうだよ。元気出しなよ、美希。今日ひとつ成長できたんだし」

美希「うう……二人とも、ありがとうなの……」


P「……」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 00:58:07.55 ID:6UD9tkpv0
P「えーっと、あなたはどういう機能をお持ちで?」

小鳥「ドウセコノママウレノコッテハイキショブンピヨ」

P「あのー?」

小鳥「は、はい?」

P「あなたの性能を聞かせていただきたいんですが」

小鳥「性能……」

小鳥「普通の機能しかついてないです……」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:02:12.51 ID:6UD9tkpv0
小鳥「簿記3級程度の事務処理能力が付いてるくらいです……」

小鳥「ハイパーモードとか、強力兵器とか、絶対領域とか付いてないです……」

小鳥「普通に家事ができる程度です……」

小鳥「もうX年も売れ残ってる程度の性能しかないです……」


P「……」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:04:22.90 ID:6UD9tkpv0
P「決まりました」

「はいはーい!」

P「春香と伊織と美希、お願いします」


春香「三体!?」

伊織「ふぇ!?」

美希「結構お金持ちなの?」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:06:23.74 ID:6UD9tkpv0
「では梱包はお任せください」

P「よろしくお願いします」


春香「私たち……ついに……」

伊織「貰われる先が……決まったのね……」

美希「あふぅ」


小鳥「」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:09:26.57 ID:6UD9tkpv0
春香「あの……小鳥さん、元気出して……」

伊織「そうよ……。きっとすぐいい人が見つかるわよ」

美希「ま、どこにも物好きはいるの」

小鳥「えへへ……みんな……元気でね……」


「あて先は事務所でいいんですか?」

P「ええ」

「しかし大丈夫ですかね?アンドロイドをアイドルデビューさせるなんて」

「しかも問題児三体を」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:12:20.10 ID:6UD9tkpv0
「まあスペックは申し分ないんですが……」

「何分製作者の頭が……」

P「学習能力は高いんですよね?」

「それはもう」

P「今日の3人を見て確信しました」

P「一人だと無理だけど、三人なら何か得体のしれない化学反応を

 起こして、上手くいきそうな気がします」

「そういうもんですか」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:15:53.33 ID:6UD9tkpv0
P「あ、それから、小鳥さんも梱包してください」

「お買い上げありがとうございます。あて先はいかがいたしましょう?」

P「僕の部屋でお願いします」



小鳥「廃棄処分は嫌ー!!」

春香「小鳥さん……」

伊織「ま、まだ大丈夫よ……。多分……」

美希「今までもしぶとかったんだし、今度も大丈夫なの」


終わり

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:46:26.25 ID:6UD9tkpv0
小鳥「ううーん……」

小鳥「あと十分……」

小鳥「あと十五分……」

小鳥「このさいあと三十分……」

小鳥「……」

小鳥「はっ!」

小鳥「知らない……天井……」

P「あ、起きた?」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:48:51.00 ID:6UD9tkpv0
小鳥「……え?」

小鳥「あなたは……」

小鳥「え?」

小鳥「えー!!!」

P「おはよう」

小鳥「……」

小鳥「あなたが……私のご主人様ですか?」

P「ああ、うん、君のマスターコードは俺になってるね」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:52:02.69 ID:6UD9tkpv0
P「あ、ご飯出来てるけど食べる?俺、結構上手いんだよ」

小鳥「……」

小鳥「いただきます……」

小鳥「……」ズズッ

P「いやー、食べ物が同じでいいなんて便利だね」

小鳥「美味しいです……」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:54:56.07 ID:6UD9tkpv0
P「えっと……部屋を案内しようかな?」

小鳥「どうして……」

P「え?」

小鳥「どうしてあの3人じゃなくて私だったんですか?」

P「うーん」

P「どうしてかなあ?」



TV「アンドロイドの人権に関する法案が審議入りし……」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 01:58:58.81 ID:6UD9tkpv0
小鳥「結構、お部屋片付いてますね?」

P「そう?割とまめに掃除するからね、俺」

小鳥(あんまり私の出番が無さそう……)

P「おっと、いかんいかん。ゆっくりしすぎたな」

P「そろそろ出勤の準備しないと」

小鳥「……?」

小鳥「そういえば、どちらにお勤めなんですか?」

P「あー、それはね……」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:03:10.22 ID:6UD9tkpv0
―事務所―

社長「いやー、よくやってくれたよ!」

P「申し訳ありません。僕の独断でいきなり3人になってしまいまして」

社長「いや、3人とも粒ぞろいじゃないか」


小鳥「……どうして私がここに……?」

美希「あー、小鳥なの!!」

春香「小鳥さんも事務所に?」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:06:42.91 ID:6UD9tkpv0
伊織「何があったか知らないけど、無事でよかったわ」

小鳥「ありがとう……」

小鳥「実は、そちらのPさんに貰われて……」

春香「な!?」

伊織「そんな……」


社長「ほう……君もアンドロイドをね……」

P「はい。これからは彼女に身の回りの世話をお願いしようかなと」

社長「これから忙しくなるからね」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:10:22.62 ID:6UD9tkpv0
小鳥「みんなは何を?」

春香「それが……」



小鳥「アイドル!?」

小鳥(よりによってこの3人……大丈夫かしら……)


P「ここの事務もお願いしようかなと」

社長「それなら、事務服を支給しよう。何、いくらでもある

  持って行きたまえ」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:16:11.13 ID:6UD9tkpv0
―ダンスレッスン―

トレーナー「さあ、頑張っていきましょう」

トレーナー「私がお手本を見せますから、その通りに踊って下さいね」


美希「あの通りに踊ればいいの?」

P「そうだよ」

美希「じゃあ、もういいの。踊れるの」

トレーナー「す、すごい……」

P「流石性能だけはお墨付き」

小鳥「踊ってみたら足首関節がぐきっと行ったピヨ」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:19:35.31 ID:6UD9tkpv0
―ビジュアルレッスン―

伊織「熱源察知!!」

伊織「こっちね!!」

P「おお!」

伊織「次はこっちかしら?」

P「……伊織、凄いけどいちいちビーム撃たないで」

伊織「……戦場では一瞬の油断が命取りなのよ?」

小鳥「うっふ~ん」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:23:33.90 ID:6UD9tkpv0
―ボーカルレッスン―

春香「タハー」

春香「トブー」

P「なんだろう……不安と心地よさが同居している」

P「製作者の趣味なんだろうか?」

小鳥「♪~」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:26:37.94 ID:6UD9tkpv0
―帰り―

小鳥「アイドルって大変そう……」

P「うん」

小鳥「でも、楽しそうですね……」

P「うん、夢を売る仕事だからね」

P「君もやりたくなった?」

小鳥「……いいえ」

小鳥「私は……あなたのお世話がいいです」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/10(月) 02:29:17.23 ID:6UD9tkpv0
P「さて、着いた着いたっと……」

小鳥「あ、ちょっと待ってください」

P「ん?」

ガチャ

小鳥「お帰りなさい」

P「……」

P「ただいま」