2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:45:12.09 ID:YrHakBqj0
モバP(俺の名前はモバP。今日は自分がプロデュースしてるアイドル兼恋人の卯月とのデートに行く、予定だったんだが……)

モバP(『今日は予定があるんです!』って言われちゃってお預けくらったんだよなぁ。はぁ)

モバP(デートを断られたとはいえせっかく休みを取ったんだから、と買い物がてら街に出てきてみたはいいものの、特に買いたいものもなく見て回るだけ……)

モバP(退屈だよなぁ実際。何か面白いことでもあれば別なんだが)

モバP(……ん? あれは、卯月?)

引用元: モバP「SS集のようなもの」 


アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 第3巻 [Blu-ray]
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-07-26)
売り上げランキング: 424
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:46:48.17 ID:YrHakBqj0
モバP(間違いない、あれは卯月だ)

モバP(予定があるって言ってたよなぁ。しかしこんな偶然があるとは……これって運命的?)

モバP(しかし何だろう、格好がいつもと違うというか……)

モバP(あ、そっかあれだ。あの格好は『私もアイドルですから! 変装もしっかりしないといけないんですよ!』って言って着てた服だ)

モバP(だけど、俺と付き合いだしてからはあの服一回も着てるとこ見たことなかったんだよなぁ)

モバP(……)


モバP(怪しい)

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:47:42.85 ID:YrHakBqj0
モバP(いやいや、別にあれだ。卯月が俺に嘘までついて隠れて誰かに会いに行こうとしてるなんて考えてるわけじゃない)

モバP(……でも、気になるのは確かだ)

モバP(……)

モバP(こそっと、後をつけてみるか)

モバP(何というか、スパイみたいでドキドキするな)

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:48:48.70 ID:YrHakBqj0
モバP(あとで『おいおい、予定って実は◯◯だったんだろー?』って行って驚かせてやろうかな。『何でわかったんですか!?』って驚く卯月の顔が浮かぶな)

モバP(ふふふ……ん? 卯月が歩くのをやめたな)

モバP(……)

モバP(卯月のやつどうし――っておい! すっごい車来たじゃん! あれってフェ◯ーリだよフ◯ラーリ! うわー、生では初めて見たぜ)

モバP(ん、運転手が出てきたな。……ってめっちゃ若いじゃん! 俺より年下っぽいぞ。くそぉ~、お金持ちめぇ~)


モバP(……ん? 今、あの運転手、卯月に向かって手を上げたような……)

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:49:47.56 ID:YrHakBqj0
モバP(いや、卯月も反応したな。間違いない、あの2人は知り合いだ)

モバP(……何ドキドキしてるんだ俺。別に卯月に若い男友達がいたって驚く必要ないだろ。年頃の女の子なわけだし)

モバP(……)

モバP(周りを気にしてるな……ってオイ!?)

モバP(き、キキキキキキス!? おいおいあいつら、いきなりキスしたぞ!)

モバP(し、しかも卯月、そのままあの男の車に乗るつもりだ! と、止めないと……!)

モバP(……あれ、体が動かない。なぜ? このままじゃ卯月が行ってしまう……!)

モバP(……)

モバP(い、行ってしまった)

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:50:59.12 ID:YrHakBqj0
モバP(……はぁ、マジかよ)

モバP(そういう事、だよなぁ、あれは。出来心でちょっと後をつけただけなのにこれって、正直シャレになんねぇよ。こんなことになるなら後を付けるなんてするんじゃなかった)

モバP(……あ、ヤベ。涙出てきた)

モバP「……うづきぃ……」

モバP(あんな金持ちで若くてイケメンな彼氏がいたのにさぁ……所詮俺はキープだったってことかぁ? 嘘までついて俺と付き合ったのは何でだよぉ……)

モバP(……)

モバP(……いや、まだあいつが彼氏だって決まったわけじゃない。もしかしたら相手は最近知り合ったばっかりかもしれないし、それなら俺の方が立場的に有利だ)

モバP(あいつとは何回もデートした。手を繋いだこともあったし、思いっきり抱きしめたりだってした。キスだってした)


モバP(そうだ、全部俺が最初だ。あいつは2番目だ。俺が卯月の初めての相手なんだ!)

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:52:40.22 ID:YrHakBqj0
モバP(……)

モバP(だけど……)

モバP(運転手の若い奴とキスしてた時の卯月、嬉しそうな顔してた。あんな顔、見たことなかった)

モバP(それにあいつ、すっげー金持ちなのは間違いない。きっと卯月はいろんなもの買ってもらったりしてるんだろう)

モバP(……あいつの方が、俺より卯月を幸せに出来るのかも、しれない)

モバP(……ははっ。なんか情けねぇなぁ、俺)




卯月「ホント、情けないですね」

モバP(!?)

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:54:05.26 ID:YrHakBqj0
卯月「あーあ、見られちゃいましたね」

モバP「う、卯月!?」

卯月「見られちゃったからにはもう隠せないですよね。今までありがとうございました、プロデューサーさん」

モバP「えっ?」

卯月「私、これからはこの人とお付き合いしますね」

チャラ男「チョリースww 卯月の元カレさんおつかれっすww」

モバP「ま、待ってくれ卯月! そんな急に」

卯月「ごめんなさいプロデューサー。私、やっぱり若くてお金持ちな男の人が好きなんです。それじゃあ」

チャラ男「おつかれーっすww」


モバP「ま、待ってくれ卯月! 卯月!!! 卯月ィィーー!!」

11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:56:36.52 ID:YrHakBqj0
――――――

――――

――



モバP「卯月ィィィーーー!!!」

卯月「わぁっ!」

モバP「……? あれ、ここは?」

卯月「あいたた……。だ、大丈夫ですか、プロデューサーさん?」

モバP「う、卯月……? あれ、確か俺街にいて、それで卯月の後つけてて……それで」

卯月「ぷ、プロデューサーさん? ま、街って? それに私の後をつけるって一体?」

モバP「……そうか、そっか夢かぁ」

卯月「???」

モバP「あぁ、すまん卯月。実は――」



【プロデューサー、卯月に夢の内容を説明中】

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 01:57:27.43 ID:YrHakBqj0
モバP「――って夢を見たんだ」

卯月「……」

モバP「卯月?」

卯月「……!」

モバP「うぉっ!? どうしたんだよ、急に抱きついてきたりなんかして?」

卯月「……プロデューサーさんって私のこと、そんな浮気症な女の子だと思ってたんですね?」

モバP「え? い、いや、そんなことは」

卯月「いいえ、絶対そうです。確か夢って、見た人のしんしょーしんりっていうのが関係してるって聞きました」

モバP「深層心理な」

卯月「どっちでもいいです。だから……」

モバP「? ……うわっ!?」



卯月「そんな酷い夢を二度と見ないように、今日は今から、いっぱいいっぱい愛してあげますからね! 覚悟して下さい、プロデューサー!」



終わり