6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:11:40.91 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「ということで集合駅に来たけど」

穏乃「誰も来てない……20分前だからかな」

姫子「あれ、まだ高鴨一人?」

穏乃「あ、おはようございます。2人はまだ来てないみたいですよ」

姫子「大星はまだしも先輩は、はよう来るイメージやったんけどなぁ」

姫子「まだ20分前やし仕方なか」

引用元: 穏乃「大将戦の4人で遊園地?」 


 
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:13:25.02 ID:jNDQN9vJ0
淡「お待たせー!」

竜華「……」

姫子「先輩、何か元気なかとね」

穏乃「どうかしたんですか?」

淡「お誘いメールしたらさあ、竜華行かないって言うんだよ!ひどくない?」

姫子(私も行くか迷ったんけどな)

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:17:14.58 ID:jNDQN9vJ0
淡「で説得してたら着拒するしさあ」

竜華「また問題起こしたらうち推薦無くなるんやで?何でそんな危険な橋渡らなあかんねん」

穏乃「遊園地だから大丈夫ですよ」

竜華「……何か電車とか止めそうやん」

穏乃「淡が何かやりそうになったら皆で止めれば大丈夫ですよ」

姫子(あんたのほうが心配なんじゃ……)

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:21:58.04 ID:jNDQN9vJ0
淡「わざわざ家まで迎えに行ってあげたんだよ!夜行列車使って!ね?」

竜華「ほんまに来ると思わんかったわ……」

竜華「しかも早朝やし」

淡「ご近所からの迷惑そうな視線は忘れられないよね」

竜華「あんたのせいやろ

淡「ふふん」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:25:00.72 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「ここが遊園地……」

淡「穏乃来たことないのー?」

穏乃「私にとっての遊園地は山だから」

竜華「服装からずっと思っとったけど、あんた小さい頃からそうだったん?」

穏乃「そうですけど?」

竜華「まわりは止めなかったんか……」

姫子「狼少女?」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:30:52.26 ID:jNDQN9vJ0
淡「ねえチケット早く買おうよー。もうみんな並んでるよ?」

姫子「チケット買う係と並んどる係に別れた方がええんかな」

淡「じゃあ2対2で分担しよっか」

竜華「チケット買った2人でそのあと横入りは顰蹙買うで」

穏乃「1人ならまだ多目に見てくれますよね」

竜華「家族連れならチケット買いに走るんはおとんの役目やけど……」

姫子「じゃんけんで決めよっと?」

淡「じゃあ負けた1人がチケット買いね! 」

淡「じゃーんけーん」


チケット買いにいく子>>18

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:32:33.74 ID:0BNmGeIK0
しず

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:35:04.39 ID:jNDQN9vJ0
淡「ぽん!」

穏乃「あ……私かあ」

竜華「行ってらっしゃーい」

淡「さてどうする?」

竜華「並んどる時間も暇やからなぁ」

姫子「しりとりでもしよっと?」

淡「あ、それいいねー!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:37:39.19 ID:jNDQN9vJ0
淡「じゃあしりとり!」

姫子「りんご」

竜華「ラッパ?」

淡「パセリー、ってここまで大体同じ流れだよね」

竜華「様式美みたいやもんやしなぁ」

姫子「りす」

竜華「スイス」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:43:52.66 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「やっと順番来た……」

穏乃「高校生四枚」


淡「寿司!」

姫子「鹿」

竜華「カラス」

淡「スマイル!」

姫子「え、それええの?ルビー」

竜華「い……椅子」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:47:40.44 ID:jNDQN9vJ0
淡「す?……スミレ」

姫子「レンガ」

竜華「ガラス」

淡「ねえ」

竜華「ん?」

淡「さっきから「す」ばっか言ってるでしょ」

竜華「戦略やろ」

姫子(よくおったなぁ)

淡「うわっ、居るよねこういう嫌がらせする人」

竜華「あん?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:50:18.16 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「買ってきたよー」

淡「ありがとー。じゃあ4人でやり直しね!」



穏乃「入場始まったねえ」

淡「最初どこまわるー?」

姫子「なるべく奥のほうが最初は人おらんよ」

淡「じゃあねえ」

遊園地にあるアトラクション
>>26

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:53:24.88 ID:0BNmGeIK0
フリーフォール

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 20:57:02.16 ID:jNDQN9vJ0
淡「フリーフォールにしよ!」

姫子「一発目からヘヴィや」

穏乃「私高いところ好きなんだよね!」

淡「私もー!」

竜華「バカと煙はなんとやら?」

淡「何それことわざー?」




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:00:41.23 ID:jNDQN9vJ0
ガタガタ……

姫子「緊張してきた……」ドキドキ

淡「動き出した直後が一番緊張するよね」

竜華「カメラもあるみたいやし、変な顔撮られたら嫌やなあ」

穏乃(カメラあるんだ……)

淡「おー高ーい!」

姫子「絶景やー」

竜華「もうすぐ落ちるでー」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:05:16.64 ID:jNDQN9vJ0
ゴトンッ ゴオオオオオオオ

キャーーーワーーーー


竜華「胃がひっくり返るかと思ったわ」

淡「これ夜乗ってたら夜景綺麗だよねー」

姫子「あっ、そこで写真あるとよ」

淡「……何で穏乃白目向いてるの?」

穏乃「いやあカメラ意識して変顔してみたんだよね」

姫子「怖い」

淡「ズルい!次私も変顔しよーっと」


淡「どうせならアトラクション全部制覇したいよね」

淡「次はー」

>>35

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:07:16.34 ID:5I1Hhw5m0
メリーゴーランド

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:11:09.65 ID:jNDQN9vJ0
淡「メリーゴーランドにしよう!」

竜華&姫子「えっ」

淡「あれ、何その反応」

姫子「この年でメリーゴーランドは……」

竜華「ちょっときついやろ」

穏乃「小さい子に混じってやるのも楽しいですよ」

穏乃「私もよく遊びますし」

竜華「あんたがそういう子なんはよう分かったから」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:14:03.91 ID:jNDQN9vJ0
淡「確かに女子高生4人がメリーゴーランドはきっついかー」

淡「でも制覇したいしー……」

穏乃「2人保護者になって外から見れば良いんじゃない?」

穏乃「ただ乗ってるだけじゃ居たたまれないよ」

淡「それもそっかー。じゃあ乗る人ジャンケンね」

メリーゴーランドに乗る子
>>38 >>39

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:14:56.28 ID:H8+IIriy0
穏乃

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:15:46.88 ID:FHyC+5j40
りゅーか

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:18:20.21 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「あ」

竜華「ぐっ」

姫子「良かった……」ホッ

淡「じゃあほら、あそこの子供たちの列に並んできてねー!」

竜華「あそこ並ぶんか……うう……」

穏乃「うわー、どれ乗ろうかなー!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:24:29.64 ID:jNDQN9vJ0
「ママー!」
「はっちゃんこっち向いてー!写真撮るよー」

淡「2人ともこっち向いてよー!」ニヤニヤ

穏乃「ピース!」

竜華「……」

淡「ねえ竜華ってばー!竜華ー!」タッタッタ

穏乃「ピース」

姫子(顔上げるまで追いかける気か……)

淡「竜華ちゃーん!こっち向ーいてー!」パシャ!パシャ!パシャ!パシャ!

穏乃「……」

竜華(……淡あとでしばく)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:31:37.44 ID:jNDQN9vJ0
淡「おかえりー」ニヤニヤ

竜華「……」

淡「い、痛い痛い頬抓らないでよ!」ギリギリ

竜華「よくも恥を……」

穏乃「いつか本当の馬に乗ってみたいなあ」

姫子「あんたなら乗りこなせそうやね」


淡「とりあえずメリーゴーランドはクリア!」ヒリヒリ

淡「次どこ行くー?」

>>52

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:33:58.31 ID:PLb/T0WX0
お化け屋敷

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:39:02.81 ID:jNDQN9vJ0
淡「お化け屋敷!」

穏乃「ここかなり怖いって有名なところだよね」

姫子「うー、私お化けは苦手とよ……」

竜華「緊張するわあ」ドキドキ

「あ、すいません。一組ずつ入る決まりなので別れて下さい」

淡「大人数だと怖くないもんね」

竜華「どう別れる?」

穏乃>>57 淡>>58 竜華>>59 姫子>>60
コンマが一番大きいのと二番目に大きいのがペア

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:43:59.31 ID:jNDQN9vJ0
淡「私と穏乃が最初ね」

穏乃「あー緊張する」

竜華「緊張して腰抜かさんようになー」ハハハ

姫子「入り口の雰囲気から怖か……」

淡「お化け屋敷なんてよゆーよゆー!ほら行こっ」

穏乃「うん」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:46:57.37 ID:jNDQN9vJ0
淡「こんなのよゆーよゆー!ね、穏乃!」

穏乃「まあ作り物だしね」

淡「そうそう!作り物作り物!こんな子供騙しに……」

ガタガタガタッ

淡「」ビクッ

淡「ふ、ふう。ただの物音じゃないの」

穏乃(怖いんだろうなあ)

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:51:59.23 ID:jNDQN9vJ0
「次の方どうぞー」

竜華「うちらの番やなあ」

姫子「う、うん」

姫子「さ、先行って貰って良かと? 」

竜華「え?ああうん。別にええよ」

ガタガタ…

姫子「わっ」ビクッ

竜華「おぉ」

竜華「結構雰囲気出とるわぁ」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:56:24.56 ID:jNDQN9vJ0
淡「そもそもお化けなんて人の作ったものだし」

淡「日本映画だって結末は結局生きてる人間が元凶なのばっかりだし」

淡「こんな子供騙しに怖がるわけないよね」

淡「ね、穏乃」

シーン

淡「あれ、し、穏乃?」キョロキョロ

淡「え、ど、どういうこと?」

穏乃「わっ!」

淡「うわああああ!」ビクゥッ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:01:33.16 ID:jNDQN9vJ0
ウワアアアア

姫子「い、今の淡の叫び声……」

竜華「そうみたいやね」

姫子「あ、あの淡も叫ぶなんてどんなんが待ち受けてるのか………」ガクガク

竜華(あれは虚勢やと思うけどなぁ)

「ウオアアアア」ズルズル

姫子「きゃー!!!」

竜華「大丈夫?」

姫子「も、もうあかん……」

竜華「あー……手でも繋ぐ?」

姫子「そうする……」ビクビク

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:07:09.60 ID:jNDQN9vJ0
淡「び、びびびビビらせんな!」

穏乃「あ、ビックリした?」

淡「は!?ビビってなんかないし!怖くなんかないし!」

穏乃「あはは、とりあえず先進もうよ。竜華さんたちが追い付いちゃうよ」

淡「」ドキドキドキドキ

穏乃「じゃあ景気付けに面白い話でもしよっか」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:15:07.02 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「昔このお化け屋敷で事故があったんだって」

淡「え、ここの話するの!?」

穏乃「キャストの人が突然倒れてね。心臓発作だったんだけど」

穏乃「死んじゃったんだよね」

淡「や、やめてよ」

穏乃「そのキャストの人はここに凄い思い入れがあって……」

穏乃「今でもここに念が残ってるとか残ってないとか……」

淡「」ビクビク

穏乃「そのキャストの人が倒れたのがこの辺らしいんだけど……」

「ウオオオオオ」

淡「ああああああ呪わないでええええええ!」ダダダダッ

穏乃「あっ、走ったらダメだって!」タッタッタッ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:21:40.76 ID:jNDQN9vJ0
ノロワナイデエエエエエ

姫子「の、呪いとか聞こえる……」

竜華「淡はよく叫ぶ子やねえ」

「ウオアアア!」ガタガタガタッ

姫子「ひいっ!」

「アアアア」ズルズル

竜華「おわっ」ビクッ

姫子「お、追いかけてくるとよ!」

ダダダダ

姫子「はあ……はあ……」

竜華「ほんまに大丈夫か?」

姫子「こ、腰抜けたかも……」

竜華「ほら、支えたるから」

姫子「出口はまだなんかな……」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:26:11.43 ID:jNDQN9vJ0
淡「酷い目に合った……」

穏乃「怖くないっていうから怖くしてあげようと思ったんだけど……」

淡「だからって実話使うのはズルいでしょ!」

穏乃「いや、あれ作り話だし」

淡「えっ」

穏乃「そんな事になったらニュースで有名になってるよ」アハハ

淡「……」ガクッ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:29:52.93 ID:jNDQN9vJ0
竜華「出口やでー」

姫子「ああ、光が眩しか……」ヨタヨタ

淡「あ、出てきた」

穏乃「って姫子さん大丈夫ですか?」

姫子「何とか……先輩に支えて貰ったし……」

竜華「それにしても淡めっさ叫んでたな」

竜華「うちらにまで聞こえよったで。呪わないでーとか 」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:35:13.58 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「凄かったですよ。走り出すし」

淡「全部穏乃のせいでしょ!バカ!」

竜華&姫子(穏乃と組まないで良かったわ……)

穏乃「次どうします?もうお昼ですけど」

淡「じゃあお昼前にあと一個乗ろっか」


>>88

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:43:05.55 ID:jNDQN9vJ0
淡「プリキュアショーだってー」

竜華「アトラクションやないやん」

淡「いや、でもイベントだし」

淡「それに菫がプリキュアちょー好きだから写真とかあげよーかな」

姫子「菫って白糸台の部長の?」

淡「そうそう」

竜華「へえ……」

穏乃「大きいお友達ってやつだね」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:49:04.44 ID:jNDQN9vJ0
竜華「めっちゃ混んどるなあ」

淡「私達浮いてるね」

穏乃「でもチラホラ独り身の男の人とか……」

姫子「言うたらあかん!」

「キュアハッピー!」

ハッピー!ウワー!

竜華「凄い人気やな」

姫子「これが国民的アニメの実力……」

100: プリキュア見たことないから適当に書く 2012/10/07(日) 22:52:55.08 ID:jNDQN9vJ0
「キュアドリーム!」

ワーーーーキャーーー

竜華「……プリキュア多くない?」

穏乃「オールスターショーって書いてありますしね」

ザケンナー「ザケンナー!」

姫子「あ、あの敵は知っとるよ」

淡「ヒーローショーみたーい」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 22:57:03.27 ID:jNDQN9vJ0
「ザケンナー!」

キャーーー!

淡「あれ、ステージ降りてきたよ」

「くっ、人質を取る気ね!」
「何て卑怯なの!」

穏乃「人質取るんだって」

竜華「小さい子やと泣いてまうやろ」

姫子「……こっち向かってきとーと?」

人質>>105

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:02:01.87 ID:jNDQN9vJ0
「ザケンナー!」ガッ

竜華「えっ」

「ザケンナー!」

竜華「え、ちょ、何でうちなん!?」ズルズル

竜華「え、ステージ上がんの!?」

穏乃「頑張って竜華さん!」

淡「菫だったら超喜ぶのにねー」ニヤニヤ

姫子「良かった……」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:08:07.65 ID:jNDQN9vJ0
「くっ、手が出せない!」

ザケンナー「助けてーって叫んで」

竜華「えっ」

ザケンナー「ほら!」

竜華「……た、助けてー」

「ザケンナー!」
「絶対に許さないわよ!」

プリキュアー!ガンバレーオネエチャーン!

淡「ぶっww」

淡「カメラどこ置いたかなカメラ」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:12:03.24 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「うわあ……」

姫子「拷問とよ……」

「みんなの応援で力が漲る!」
「喰らいなさい!」ビカーッ!
「ザケンナアァァァァ……」

竜華「……」カオマッカ

「勝ったわ!みんなのおかげだよ!」
「あなたもありがとう!お名前は?」

竜華「えっ」

竜華「りゅ、竜華……」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:18:47.85 ID:jNDQN9vJ0
「ありがとうりゅーかちゃん!」
「みんな、これからも応援よろしくね!」

ワーーーー

「これでプリキュアショーは終了します。尚この後握手会が……」

竜華「……」

淡「お帰り竜華ー。ぷぷっ」

竜華「……」ギリギリ

淡「痛い痛い耳抓らないで!八つ当たりはんたーい!」ギリギリ

穏乃「さすがにこれは辛い」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:23:38.24 ID:jNDQN9vJ0
淡「握手会だってー。ねえ行く竜華ぁ?」

竜華「……」

淡「うそうそジョークだよジョーク。そんな目で見ないでよ」

姫子「遊園地にはとんでもない魔物が眠っとった……」

穏乃「じゃあお昼ご飯にします?」

淡「そうだね。結構ショー長かったし」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:28:40.77 ID:jNDQN9vJ0
竜華「一気に疲れたわ……」

淡「あっ、ねえプリキュアお子様ランチがあるよ竜華」

竜華「何か言うた?」

淡「何でもありません……」

姫子「あれは辛か」

淡「んー、メニュー何でも良いか」

穏乃「あ、じゃあ私が頼んでこようか?」

淡「良いの?じゃあよろしく」



穏乃「私はラーメンでいっか」

穏乃「三人のは、」

>>125 竜華>>126 姫子>>127

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:34:17.65 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「これでいっか」

穏乃「お待たせー」

淡「あ、おかえ……」

竜華「」

姫子「」

穏乃「どれにするか迷っちゃったよ」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:37:25.01 ID:jNDQN9vJ0
淡「こ、これ前の缶詰めじゃん!」

淡「ダメ!戻してきなさい!」

穏乃「美味しいのにー」ブツブツ


竜華「……え、うちらこれなん」

姫子「……亀?」

淡「あの缶詰めじゃ逮捕されちゃうでしょ!」


穏乃「ちぇっ。どれにしようかな」

穏乃「すいませーん。これ下さい」

まだ食べられるもの>>141

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:41:43.95 ID:jNDQN9vJ0
穏乃「はい」

淡「太っ」

穏乃「ウィンナーソーセージだよ」

淡「……まあ食べられるから良いけどさ」

竜華「ちょう待て」

姫子「うちらのは……」

穏乃「冗談ですよイヤだな」

穏乃「ほら、」

食えるもの
竜華>>150 姫子>>151

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:48:59.18 ID:jNDQN9vJ0
竜華「……」

姫子「私は普通のや」ホッ

竜華「あんたうちに恨みでもあるんか」

穏乃「え?いや糖分とか必要かなーって」

竜華「お菓子やないかい!」ビシッ

竜華「てかさっきから思っとったけど何であんただけまともなもんなん!?」

淡「どうせならケチャップとマスタード付けて欲しかったー」

穏乃「みんな注文多いなあ」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 23:55:43.68 ID:jNDQN9vJ0
竜華「ぐぬぬぬぬ」

姫子「竜華さん、落ち着いて」

姫子「私の一緒に分けて食べればよかとよ」

竜華「姫子……」パアァァ

竜華「味方はあんただけや……」メソメソ

淡「私が敵みたいじゃん」

穏乃「チョコバナナ美味しいのに」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:01:56.94 ID:ifPtAtV70
淡「さて腹ごしらえも済んだところで」

穏乃「次のアトラクションだね」

竜華「食後にきついんは嫌やなあ」

姫子「他にあるんは……」

>>166

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:07:11.13 ID:z3zXVakC0
淡「ジェットコースター!」

竜華「最悪のチョイスやん」

姫子「絶叫系はあんま好きじゃなかと……」

穏乃「楽しみだなぁ」


ガタン……ガタン…

穏乃「あードキドキする」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:10:25.53 ID:v8AgfyBB0
ゴオオオオオオ

淡「きゃー!!!!」

竜華「早いなあ!」

姫子「」プルプル

ゴオオオオオオ

穏乃「あ、カメラだ!」ピース

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:12:28.16 ID:v8AgfyBB0
淡「はー、楽しかったー!」

竜華「やっぱ遊園地はジェットコースターやな!」

姫子「う……」クラクラ

竜華「おっとっと。大丈夫かいな」グイッ

姫子「よ、酔った……」

淡「あー、グルングルン回ってたしねえ」

穏乃「ねえ写真あるよ写真!」

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:17:30.38 ID:v8AgfyBB0
淡「写真なんてあったんだ」

竜華「うちがついとるから写真見に行ってええよ」

淡「そう?ごめんね」

竜華「ほら、あそこにベンチあるから」

姫子「う……」フラフラ

竜華「食後やしな。無理もないわ」

竜華「背中さすったるから」ナデナデ

姫子「ほんま申し訳ない……」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:23:17.79 ID:v8AgfyBB0
淡「何で穏乃だけカメラ目線なの?しかもピースしてるしさ」

穏乃「あったからだよ」

淡「私そんな余裕無かったのに」

穏乃「ほら私よく山疾走するから」

淡「野生の力ってやつ?なるほどね!」

穏乃「淡と竜華さん顔凄いね」

淡「姫子は……下向いてる。余計酔いやすくなるのに」

穏乃「絶叫が苦手な人のジレンマだよ」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:28:25.80 ID:v8AgfyBB0
淡「姫子大丈夫ー?って膝枕してるー!」

淡「ズルい!」

姫子「あ……もう大丈夫、だと思う」

竜華「そう?調子悪くなったらすぐ言うんやで」

淡「私もしてよー!」

竜華「なんでやねん」

穏乃「ねえ、あそこにコーヒーカップあるよー!」

竜華&淡「!?」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:31:25.17 ID:v8AgfyBB0
竜華「あ、あんたは鬼か」

淡「死のコンボじゃん……」

姫子「……わ、私大丈夫やし」ハハハ

竜華「で、でも……」

穏乃「乗ろうよー!」

姫子「大丈夫大丈夫」

淡「くっ……」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:35:47.65 ID:v8AgfyBB0
竜華(4人一緒に乗ったら恐らくこいつがハンドルを握る……)

淡(そうなったら姫子はジ・エンド……)

竜華(そうならんためには穏乃を姫子と違うカップに乗せなあかん)

淡(ただあの子が1人でカップに乗るわけもない……つまり!)

竜華&淡(どちらかが犠牲になるしかない!)

竜華&淡「」ゴゴゴゴ

竜華&淡「じゃーんけん」

竜華&淡「ぽん!」

>>193 竜華>>194
コンマ小さい方が穏乃と乗る

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:40:06.75 ID:v8AgfyBB0
淡「やった……やったー!」

竜華「そ、そんな……」ガクツ

淡「女神は私に微笑んだー!」

竜華「こんな、こんなことが……」ズーン

姫子「何かすいません……」

穏乃「早く乗ろうよー」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:43:33.07 ID:v8AgfyBB0
穏乃「回すぞー!」

竜華「」ガシッ

穏乃「あれ、どうしたんですか竜華さん」

竜華「い、いやうちが回したいなーと思ったんよ」

穏乃「そうですか?じゃあどうぞ」

竜華「ありがとー」ホッ



淡「姫子ほんとーに大丈夫?」

姫子「うん。竜華さんに色々してもろうたし」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:46:23.89 ID:v8AgfyBB0
竜華(このままうちが握って乗り切れば……)

穏乃「うーん」ガシッ

竜華「なっ。ど、どうしたん?」

穏乃「物足りないですよねなんか。もっと回しちゃいましょう」グイッ

竜華(……ですよねー!)

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:52:46.39 ID:v8AgfyBB0
淡「これくらいなら平気ー?」

姫子「気を使わせてもうて……もっと早く回しても別に平気、」



竜華「な、なあ!?ちょっと回しすぎなんちゃうかな!?」

穏乃「早さが足りない!」グリン

竜華「あかんあかん体吹っ飛ぶからぁーー!」

穏乃「うおおお燃えてきたあああ!」グルングルン

竜華「いやーーーーーーー!!!!」



淡「……」

姫子「……」

淡「ほら、平和に回そうよ」

姫子「うん」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 00:59:17.36 ID:v8AgfyBB0
穏乃「スッキリしたー!」

竜華「」フラフラ

淡「大丈夫ー?」

竜華「おかしいやろ……あの子の腕力……」

姫子「お疲れ様です……」ナデナデ

竜華「胃の中出すかと思ったわ……」

穏乃「次あれ乗ろうよあれ!」

>>220

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:03:21.71 ID:v8AgfyBB0
竜華「ミニ列車?」

姫子「まともなのが来た……」

淡「正直あれも恥ずかしいけど、穏乃の気持ちが変わったら困るしあれ乗ろっか」

穏乃「園内を一周するんだってー!」

竜華「長っ」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:06:56.18 ID:v8AgfyBB0
「出発しまーす」

淡「……ねえ」

淡「乗客、私達しか居ないんだけど」

竜華「女子高生四人がミニ列車に並んで座っとるって……」

姫子「好機の目が注がれよっと……」

ポッポー

穏乃「おお、汽笛だ!」

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:12:40.58 ID:v8AgfyBB0
「ねえママあれ乗りたい」
「え?……あれはちょっとねえ?」

「女子高生が乗ってるぞ」
「シュールだな」

「あれなにー?」
「こら、指指しちゃいけません」

淡「」カオマッカ

竜華「死にたい……」

姫子「……」ウツムキ

穏乃「ねえ、またプリキュアショーやってるよ」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:19:43.99 ID:v8AgfyBB0
淡「え?またやってんの?」

「あなたのお名前は?」
「トヨネだよー」
「ありがとう、とよね!」

姫子「はよ終わってほしい……」

竜華「公開処刑や」

竜華「てか普通大きいやつやろ。何で小さいやつ配置しとるねん……」

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:21:19.82 ID:v8AgfyBB0
淡「ミニ列車のせいで大分時間食っちゃった」

竜華「次で最後やんな」

淡「あーあ、結局制覇できなかったか」

穏乃「じゃあ最後はあれ!」

>>242

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:28:35.48 ID:v8AgfyBB0
穏乃「スプラッシュマウンテン!」

竜華「あー、最後に水に突っ込むやつ」

淡「濡れちゃうし最初じゃなくて良かった」

姫子「レインコートみたいなの配布しとるよ」

竜華「まああれならそこまで絶叫系でもないやろ」

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:31:14.16 ID:v8AgfyBB0
ドバシャァァァァ ワーーーー キャーー

淡「レインコートしてたのに濡れたんだけど」

竜華「顔とかむき出しやしなあ」

穏乃「涼しかったー!」

姫子「もう秋とよ」

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:38:32.34 ID:v8AgfyBB0
淡「微妙に時間余ったし観覧車乗ろー観覧車ー」

穏乃「おっ、いいねえ」

竜華「最後って感じやな」

姫子「結構大きか……」

淡「普通に4人で良いよね?」

穏乃「いいよー」

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:41:59.65 ID:v8AgfyBB0
淡「何だかんだであっという間だったねえ」

穏乃「楽しい時間は早く過ぎちゃうよね」

竜華「……なあこれ」

姫子「……人が回しとる?」

淡「すげー!」

穏乃「おお……」

268: >>258が面白そうだから採用 2012/10/08(月) 01:47:20.24 ID:v8AgfyBB0
淡「何あれ超すごい!早く乗ろー!」

穏乃「すごいやりたい……!」

竜華「……え、観覧車って余韻に浸るものやないんか」

姫子「良い話になりかけとったのに……」

淡「一応下にマットしてあるよ!さすがに落ちたら死ぬもんね!」

竜華「……2人、乗り……」

穏乃>>269 淡>>270 竜華>>271 姫子>>272

コンマが大きい2つで乗る

278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:51:42.57 ID:v8AgfyBB0
淡「えっ……私穏乃と乗るの……」

竜華「よし。よし!」グッ!グッ!

姫子「竜華さん……」ホロリ

穏乃「早く乗ろうよ!」ウキウキウキウキ

淡「絶対回す側に行くじゃん……」

竜華(他人の振りしとこ)


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:55:09.70 ID:v8AgfyBB0
竜華「ええ景色やなぁ」

姫子「腐っても観覧車ってことですかねー」

竜華「どんな景色も上から見ると綺麗に見えるなぁ」

姫子「……今日は楽しかったとですね」

竜華「うん」

竜華「……うち大分酷い目に合ったけどな」

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 01:59:09.20 ID:v8AgfyBB0
姫子「と、とにかく」

姫子「また4人で集まりたいですね」

竜華「ああ……そやな……」



穏乃「もう我慢ならん!」ガタッ

淡「え、本当に行く気なの!?飛び降りたらまずいって!」

穏乃「うおー!!!」

淡「やめてーーーー!」



竜華「……集まりたい、かなぁ?」

姫子「あ、いや……」

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 02:03:13.58 ID:v8AgfyBB0
「困るんですよ、そういうことされたら」

淡「すいませんほんとすいません」

穏乃「申し訳ありません」

「怪我されたらこちらの責任にもなりますし……」

姫子「あの……」

竜華「他人の振りや他人の振り」

竜華「外で待ってよ」


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 02:07:28.23 ID:v8AgfyBB0
四時間後

淡「ただいまー」ゲッソリ

穏乃「怒られちゃったね」

竜華「えらい長かったな。もう帰ろ思ってたわ」

姫子「何度か本気で帰ろうとしとったしな……」

淡「何だかんだ言って待っててくれたの?ちょーやさしー」

穏乃「いやあ、血が騒いじゃって」

淡「もうどの時代に生きてるのさ……早く帰ろーもう疲れたー」

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 02:10:54.05 ID:v8AgfyBB0
淡「電車いつ来るのー?」

姫子「えーっと時刻表……」

竜華「あんたらのせいでもう深夜やで」

竜華「もう駅誰もおらんし」

穏乃「申し訳ない」フヘヘ

姫子「えーっと、次に電車来るんは……」

姫子「……五時間、後」

淡「」

竜華「」

穏乃「」

カン