1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 18:50:25.36 ID:Z8yHaRfZO
アキ「私、遊星が食事している所一度も見た事ないんだけど?」

龍亞「俺も俺も。もしかして遊星って改造人間でご飯食べる必要ないのかな?」

龍可「龍亞、テレビの観すぎ。そんな訳ないでしょ」

アキ「実際の所どうなの、クロウ?」

クロウ「いや、遊星だって人間だからちゃんと飯は食ってるよ。まあ比較的小食の方ではあるけどさ」

引用元: アキ「遊星ってちゃんとご飯食べてるのかしら?」 


遊戯王OCGデュエルモンスターズ RARITY COLLECTION レアリティ・コレクション
コナミデジタルエンタテインメント (2018-02-10)
売り上げランキング: 1
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 18:54:30.95 ID:Z8yHaRfZO
クロウ「ただ何かやってると……例えばDホイールの整備や新型パーツの開発なんかしてる時は集中し過ぎて食事を抜かす事が多々あるかもな。
遊星が食事してるイメージが少ないのはそのせいもあるんだろうぜ」

アキ「ちょっと、そこは同居人であるあなたやジャックがちゃんと注意しなさいよ。
もし遊星が栄養失調で倒れたら貴方どう責任取るつもりなの?」プンスカ

クロウ「責任って……ジャックは知らねえけど俺は気づいた時には何か食べとけよって声くらいは掛けてんだぜ?
でもあいつ「ああ」って言うだけで結局そのまま作業続けちまうし……」

アキ「それじゃあ意味ないでしょ!」テーブルドン

クロウ「わ、悪い」ビクッ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 18:58:50.03 ID:Z8yHaRfZO
アキ「まったく、それにどうせ食べるとしてもカップ麺とかインスタント系がほとんどなんでしょ?
それじゃ絶対に何時か体を壊すわ。もっと栄養バランスを考えた食生活を送らせなさいよ」ガミガミ

クロウ(何で遊星の食事の事で俺が怒られてんだろ……)

龍亞「(ヒソヒソ)相変わらず遊星の事となるとアキ姉ちゃんは怖いね~」

龍可「あはは(苦笑」

アキ「そこ、何か言った?」ギロリ

龍亞「あ、いや、何でもないよ。ていうかそんなに心配ならアキ姉ちゃんが遊星に何か作ってあげればいいじゃん」

アキ「え、私が?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:01:46.18 ID:Z8yHaRfZO
龍可「確かにお弁当とか作ってあげたら遊星きっと喜ぶわよ。龍亞にしては良い考えね」

龍亞「俺にしたらって何だよ」ブー

クロウ「アキは料理上手そうだしな。あ、勿論その時は俺とジャックの分も作ってくれるよな?」

アキ「だ、駄目よ! だって私……」

遊星「ただいま」ガチャ

龍亞「あ、遊星お帰り」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:05:44.29 ID:Z8yHaRfZO
龍可「あれ、ジャックと一緒じゃなかったの?」

遊星「途中で別れた。寄る所があるらしい」

ジャック「あの野郎、ま~た高いコーヒー飲んでんじゃねえだろうな?」

遊星「向かったのはカフェの方ではなかったと思うが……それより四人で盛り上がっていたみたいだが何の話をしていたんだ?」

龍亞「そうそう、実はアキ姉ちゃんが遊星に、むぐぅ!!」

アキ「な、何でもないわ! ただの世間話よ、遊星が気にする必要はないわ!」アセアセ

遊星「そうか」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:07:35.87 ID:Z8yHaRfZO
>>12 ミス

龍可「あれ、ジャックと一緒じゃなかったの?」

遊星「途中で別れた。寄る所があるらしい」

クロウ「あの野郎、また高いコーヒー飲んでんじゃねえだろうな?」

遊星「向かったのはカフェの方ではなかったと思うが……それより四人で盛り上がっていたみたいだが何の話をしていたんだ?」

龍亞「そうそう、実はアキ姉ちゃんが遊星に、むぐぅ!!」

アキ「な、何でもないわ! ただのちょっとした世間話よ、遊星が気にする必要はないわ!」アセアセ

遊星「そうか」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:12:03.82 ID:Z8yHaRfZO
アキ「あ、私急用思い出したから今日はもう帰るわね! 遊星もみんなもまたね!!」ノシ

遊星「ああ、気をつけて帰れよ」ノシ

龍可「龍亞、大丈夫?」

龍亞「ケホッケホッ……いきなり口押さえられてびっくりしたよ、もう」

クロウ(押さえ付けられた時、思いっ切りアキの胸が龍亞の後頭部に当たってた……正直羨ましい)

遊星「…………」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:15:13.33 ID:Z8yHaRfZO
十六夜邸……

アキ(まったく、遊星にお弁当を作ってみたらどうかだなんて……)

アキ(そりゃ作れるものなら作ってあげたいけど……正直紅茶は入れられても料理なんてほとんど作った事ないのよね)

アキ(出来てレンジでチンするか、お湯を入れるかで……うぅ、私もクロウに偉そうな事言えないじゃない)

アキ(けど……)

龍可『遊星、きっと喜ぶわよ』

アキ「(ボソッ)……本当に喜んでくれるのかしら?」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:19:31.83 ID:Z8yHaRfZO
アキ「…………」

アキ「……よし、作ろう」

アキ「遊星は私達の要ですもの。もし倒れたらジャックやクロウ達だって困るはずだわ」

アキ「それに遊星には日頃からお世話になってるし、純粋にお礼という意味で作ってあげるのも決して悪くないはずよ」

アキ「そうよ、だから下心なんかこれっぽっちもないわ。そもそも私が遊星に下心を抱く必要もないしね!」

アキ「…………」

アキ(……一人で何騒いでんだろ、私)///

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:23:58.20 ID:Z8yHaRfZO
アキ(さて、そうなると問題は料理のやり方よね……やっぱり料理が得意な誰かから教えて貰うのが一番かしら?)

アキ(身近な相手だとママだけど、急にお弁当作るなんて言ったら変に勘繰られそうなのよね。
この前もパパと一緒に「最近遊星君とはどうなの? 何か進展あった?」なんて聞いてくるし)

アキ(龍可は料理得意だって話だけど、さすがに小学生に教わるのはちょっと……)

アキ(出来れば年上の人が良いんだけど……あ)

アキ「深影さんとかどうかしら?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:28:26.01 ID:Z8yHaRfZO
アキ(深影さんなら人生経験豊富そうだし、それに『あのジャック』の世話係を勤めていたほどの人だわ。
きっと料理も得意なはずよ)

アキ(この時間なら今はセキュリティ本部かしら? さすがに仕事中に頼みに行くのは悪いわよね)

アキ「…………」

アキ「……いえ、今は遊星の健康がかかったある意味で緊急事態だわ。すぐに会いに行きましょう」ダッ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:34:18.45 ID:Z8yHaRfZO
ネオ童美野シティ・セキュリティ本部……

アキ「え、深影さん今日お休みなの?」

牛尾「どうやら風邪を拗らしちまったみたいでな、昨日から休んでんだ。
今朝パトロール中にたまたまジャックに会った時には伝えたんだが聞いてないのか?」

アキ(そういえば遊星、ジャックとは途中で別れたって言ってたけどもしかして……)

牛尾「何か伝言あるなら伝えておくぜ。早くても明日になるだろうがな」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:40:10.64 ID:Z8yHaRfZO
アキ「い、良いわ。そんなに大した用事じゃないから」

牛尾「そうか。あ、悪いが飯にして良いか?
深影さんが居ないから色々と忙しくてな、昼飯まだなんだよ」

アキ「ええ。私もすぐに帰るから」

アキ(風邪ではしょうがないわね。他に頼めそうな人は……ん?)

アキ「牛尾さん、お昼はお弁当なのね」

牛尾「見ての通りそうだが?」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:44:37.90 ID:Z8yHaRfZO
アキ「……彼女出来たの?」

牛尾「何だ、嫌味か。残念ながら俺のかっこ良さに気付いてくれる女はまだ現れてねえよ」

アキ「でもそのお弁当、手作りよね?」

牛尾「自分で作ったんだよ」

アキ「えぇ!?」

牛尾「そこまで驚く事ねえだろ」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:50:22.94 ID:Z8yHaRfZO
アキ「驚くわよ! 彩りも鮮やかで全体のバランスも良くとっても美味しそうだし……ウィンナーはちゃんとタコさんで、おまけにタッパに分けてデザートのフルーツまで用意しているなんて!?」

牛尾「別に良いだろうが。食後のデザートは健康の秘訣なんだよ」

アキ「とてもそんな分厚い手で作られたとは思えない出来だわ……牛尾さん、料理得意だったのね」

牛尾「と、得意って訳じゃねえよ。一人暮らししてたらこれくらい作れる」テレッ

アキ「ああ、独り身の期間長そうですものね」

牛尾「女でもぶん殴るぞ、畜生」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:55:37.98 ID:Z8yHaRfZO
アキ(でも凄い出来だわ。こんなの食べさせてあげたらきっと遊星も……)

牛尾「う~ん、これくらい簡単に作れると思うんだけどな」

アキ「……本当に簡単に作れるの?」

牛尾「ん?」

アキ「牛尾さん、折居って貴方にお願いがあるんだけど……」

…………

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 19:58:44.89 ID:Z8yHaRfZO
3日後……

クロウ「遊星、俺仕事行ってくるからな」

遊星「ああ」カタカタ

クロウ「仕事熱心なのは良いけど、昼飯くらいはちゃんと食べとけよ」

遊星「ああ」カタカタ

クロウ(また生返事かよ……)

クロウ「じゃあな。多分今日も夕方には戻るぜ」

遊星「ああ」カタカタ

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:02:53.70 ID:Z8yHaRfZO
遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタ

遊星(よし……一先ずはこんなもんか)

遊星「ふぅ~……ん?」グゥー

遊星(そういえば昨日の朝から何も食べていなかったな。集中していて全然気付かなかった)

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:05:53.24 ID:Z8yHaRfZO
遊星(ちょうど昼か……さすがに空腹だな。何かないかな?)ガサゴサ

遊星(お、ピリ辛レッドデーモンズヌードルか。よし、昼飯はこれで……)

『勝手に食べた奴はアブソリュート・パワーフォースする J』←マジックで書かれてる

遊星(……止めておこう。しかしどうやらカップ麺はこれだけの様だな)ガサゴサ

遊星「外に食べに行くのも金が掛かるし……仕方ない」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:09:47.89 ID:Z8yHaRfZO
…………

アキ(遂に、遂に出来たわよ! 対遊星用のお弁当が!!)

アキ(まだ見た目がちょっとだけ悪いけど栄養のバランスと味は問題ないはずよ。ちゃんと味見もしたし)

アキ(思えば長い戦いだったわ。
この3日、仕事以外の時はずっと付き合ってくれた牛尾さん、本当にありがとう。でも全然簡単じゃなかったわよ?)

アキ「とにもかくにもこれで準備は整ったわ! 待っていなさい、遊星とその胃袋!!」フンス

アキ「…………」

アキ「……ちょっと気を落ち着かせる為に深呼吸しときましょう」スーハー

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:13:04.93 ID:Z8yHaRfZO
アキ(さて、あっという間にガレージに着いたわ)

アキ(時間もお昼にはちょうど良い頃ね。まだ何も食べてないと良いんだけど……それは心配し過ぎか)

アキ(遊星、喜んでくれるかしら?)

…………

遊星『ありがとう、アキ。美味しいぞ』モキュモキュ

…………

アキ「……エヘヘ♪」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:19:43.02 ID:Z8yHaRfZO
アキ「遊星、私よ。まだお昼……って、あれ?」ガチャ

アキ(居ない? 出掛けているのかしら? でも鍵は掛かってないし……)

じゅうぅぅぅ……

アキ「あら、何かしらこの音? それに何だか良い匂いがする様な……」

遊星「ん、誰か下に居るのか?」←上の階から

アキ「あ、遊星。上に居るの?」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:23:36.38 ID:Z8yHaRfZO
遊星「アキか。すまない、今手が離せないんだ。
悪いが上まで来てくれないか?」

アキ「え、ええ」

アキ(この音と匂い……まさか?)タッタッタッ

ガチャ

遊星「やあ。良く来たな、アキ」

アキ(……遊星がエプロン着けて料理してる)

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:28:27.04 ID:Z8yHaRfZO
遊星「今日は学校は休みなのか?」

アキ「ええ……それで遊星は?」

遊星「見ての通り昼飯を作っている。とは言ってもただの肉野菜炒めとスープだけどな」

アキ「ゆ、遊星って料理出来たのね」

遊星「サテライトに居た頃は良く作っていたんだ。簡単なものしか作れないが……よっと」

アキ(フライパンを返すのも凄く様になってる……)

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:31:15.78 ID:Z8yHaRfZO
遊星「だが久しぶりだから少し感が鈍っているというか……アキ、良ければ少し味見してみてくれないか」

アキ「え?」

遊星「確かこんな感じで良かったと思うんだが……あ、箸はそこにあるのを使ってくれ」

アキ「そ、それじゃあ……いただきます」パクッ

遊星「どうだ?」

アキ「……美味しい」モグモグ

アキ(少なくとも、私のよりもずっと……)

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:35:16.83 ID:Z8yHaRfZO
遊星「そうか。アキにそう言って貰えると何だか嬉しいな」

アキ(確かにただの肉野菜炒めだけど、凄く美味しい)

遊星「アキは昼飯はまだか? 良かったら……」

アキ(そうよね。遊星は何だってそつなくこなすもの。料理が出来たって全然おかしくないわ)

遊星「アキ?」

アキ(私が料理を作ってあげる必要なんて……最初から無かったのよ)

遊星「おい、アキ」

アキ「……え?」ハッ

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:38:10.65 ID:Z8yHaRfZO
遊星「どうしたんだ、急にぼんやりして……もしかして俺の料理、本当はまずかったのか?」

アキ「そ、そんな事ないわ! とっても美味しかったわ、本当よ!!」

遊星「そこまで必死になって言わなくても良いが……ん、その手に抱えている包みは何だ?」

アキ「こ、これは!?」サッ

アキ(見せられないわ。こんな、不格好なお弁当……)

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:42:33.25 ID:Z8yHaRfZO
遊星「アキ?」

アキ「これは何でもないの……私、帰るわね。
ご飯時にお邪魔しちゃってごめんなさい」

遊星「待て、アキ。お前何だか様子がおかしいぞ?」

アキ「別におかしくなんてないわよ。遊星の気のせいじゃない?」

遊星「ここに来たのも何か用があったんじゃないのか? もしかしてその包みに関係が……」

アキ「もう、何でもないって言ってるでしょ!!」

ツルッ

遊星&アキ「「あ」」

グシャ

アキ(お弁当が床に落ちて……おまけに包みも解けて中身が!?)

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:45:43.74 ID:Z8yHaRfZO
遊星「アキ、このお弁当は……?」

アキ「み、見ないで!」サッ

遊星「……もしかして俺に作ってくれたのか?」

アキ「ち、違うわ! こ、これは自分用で……」

遊星「……ご飯の所に海苔で『ユウセイ☆ガンバ』と書かれているみたいなんだが?」

アキ(うわぁぁぁ、この部分だけ崩れずきっちり残ってるぅぅぅ!?)

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:49:20.41 ID:Z8yHaRfZO
アキ「ち、違うの! こ、これは遊星を食べて強くなろうっていう意味で……あ、でも食べるって言っても嫌らしい意味はないのよ、全然!!」

遊星「落ち着け、アキ」

アキ「ち、違うの! これは、その……」ウルウル

アキ(勝手に舞い上がって、勝手に嫉妬して、勝手にヘソ曲げて)

アキ(その揚句にせっかく作ったお弁当をぶちまけて、台なしにして……)

アキ「違うの……違うのよぉ……」ポロポロ

遊星「…………」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:52:09.28 ID:Z8yHaRfZO
遊星「………」

アキ「ひくっ……ひくっ……」

遊星「…………」ヒョイ

アキ「ひくっ……遊星?」

遊星「…………」パクッ

アキ「!?」

遊星「うん、美味しいじゃないか、この肉団子」モキュモキュ

アキ「ゆ、遊星!? 何床に落ちた物食べてるのよ!!」アセアセ

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 20:55:45.09 ID:Z8yHaRfZO
遊星「手づかみは行儀が悪かったか?」

アキ「そういう問題じゃないでしょ! そんな床に落ちたお弁当、汚いわよ!!」

遊星「全部零れた訳じゃない。それに零れたのだって埃を払えば十分食べられる」

遊星「それに食べ物を粗末にするとマーサに怒られるからな」ヒョイパクッ

アキ「ああ、また食べた! ポンポン痛くなっても知らないわよ!?」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 21:02:31.74 ID:Z8yHaRfZO
遊星「それにせっかくアキが俺の為に作ってくれたんだ。床に落ちたくらいで食べないなんて勿体ない。
今日の昼飯はこれにしよう」

アキ「に、肉野菜炒めはどうするのよ?」

遊星「それは夕飯に回す。今はアキの弁当が食べたい」

遊星「作ってくれてありがとうな、アキ」ニコッ

アキ「///」カァァァ

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 21:05:22.80 ID:Z8yHaRfZO
遊星「さて、とりあえず肉野菜炒めとスープは冷蔵庫に閉まって……」

アキ「……や、やっぱり駄目!!」バッ

遊星「お、おい?」

アキ「こ、これでもしお腹壊したら私のせいになるでしょ? そういうの、やっぱり、嫌だし……」

遊星「俺は気にしないぞ?」

アキ「私が気にするの! そ、それに……」

アキ「こ、こんなお弁当なら……これから何度でも作ってあげるから」///

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 21:11:46.98 ID:Z8yHaRfZO
アキ「そ、それじゃ私は帰るから!!」ダッ

遊星「あ、アキ」

ドアバタン!

遊星(……本当に帰った)

遊星「仕方ない、飯にするか……皿はっと」

遊星「…………」カチャカチャ

遊星「(ボソッ)肉団子……」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 21:14:58.88 ID:Z8yHaRfZO
…………

アキ(何よ、何よ、何よ! あそこであんな笑顔は反則じゃない!)

アキ(決めたわ。今度は絶対、遊星の作った物よりもっと美味しい物を作ってあげるんだから)

アキ(覚悟してなさいよね、遊星!)





深影「あら、今度は牛尾君が体調崩したの?」

牛尾(あんなに不器用な奴とは思わなかった)ゲッソリ

おわり