1: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:03:46.38 ID:SsrWqCfwo

【喫茶たきがわ】


るる「3人とも、今日もアルバイトお疲れさま」

ぴょんこ姫「やっと帰れるだわさ……」

カバまろ「カバですメェ~」

ラビット大佐「るる店長、わたくし達はこれで失礼するのであります」

るる「また明日もよろしくね」フリフリ


ガチャ カランカラン

バタン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498269826

引用元: ぴょんこ姫「怪しい男がいるだわさ!」ボルツ「なんだお前?」【DM】 


2: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:08:46.43 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫「今日も疲れただわさ……」

カバまろ「カバですメェ~」コクコク

ラビット大佐「ですが、喫茶たきがわで料理をするのはとてもやり甲斐があるのであります」

ぴょんこ姫「でも、毎回毎回あのオデコにこき使われてやめたくなるだわさ……」

ラビット大佐「ならば、他のアルバイト先を探してみるのでありますか?」

ぴょんこ姫「……冗談で言ってみただけで本当にやめる気なんてないだわさ」

ラビット大佐「ワタシは喫茶たきがわが気に入ってるのでそれはよかったであります」

ぴょんこ姫「私も別に嫌いじゃないだわさ。あのオデコが無茶な力仕事を押しつけてくるのが嫌なだけだわさ」

カバまろ「カバですメェ……」

ラビット大佐「店長は女性としてはかなり腕力の強い方みたいですし、きっと自分と同じ感覚で……おや?」

3: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:11:42.99 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫「どうしたんだわさ?」

ラビット大佐「遠くの方から叫ぶような声が聞こえてくるのであります」

ぴょんこ姫「きっと小さい子供が大声を出しながら走り回ってるんだわさ」

ラビット大佐「いえ、そこまで幼い感じの声ではないのであります」

ぴょんこ姫「じゃあ、こんな夕方から酔っ払いが暴れてるとかだわさ?」

ラビット大佐「……どちらかというと大人の声というより10代の少年の声といった感じがするのであります」

カバまろ「か、カバですメェ~!」ビシッ

ぴょんこ姫「カバまろ、向こうの方を指差してどうしたんだわさ?」

ラビット大佐「むむっ、向こうから誰かがこっちに向かってくるのであります!」


ヘイヘイヘイヘイヘーイ! イヤッハー!

4: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:15:24.07 ID:SsrWqCfwo

???「ヒャッハー! マジでBADだぜ!」ガー

ぴょんこ姫「あ、頭にラジカセを付けた変な男がスケボーに乗ってこっちに来るだわさ!」

ラビット大佐「変わった恰好の少年なのであります……!」

カバまろ「カバですメェ……!」

???「いやっほぉぉ~~いぃ!」ガー

ラビット大佐「あのままこっちに来られたらぶつかってしまうのであります!」

ぴょんこ姫「そこの怪しい男、止まるだわさー!」

???「ヒャッホー! ん? おっとと」スタッ

ぴょんこ姫「な、なんとかぶつかられずに済んだわさ」

カバまろ「カバですメェ……」

ラビット大佐(結構なスピードを出していたにもかかわらず案外あっさりと止まったのであります)

5: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:17:53.20 ID:SsrWqCfwo

???「いやーすまねえ。テンションが上がっちまってて速度を落とすのが遅れちまった」

ぴょんこ姫「気をつけるだわさ。それよりアンタはいったい誰なんだわさ?」

ラビット大佐(おや、そういえばこの少年、喫茶たきがわで一度だけ見たことがあるような……)

???「オレちゃんはボルツ! マジでBADに強いデュエリストを探す男だぜ!」

ぴょんこ姫「マジでバッドってどういう意味だわさ?」

ボルツ「そんなのも分かんねえのかよ。サイッコー! ってことに決まってんだろ!」

ぴょんこ姫「いきなりそんなの分かるわけないだわさ!」

ラビット大佐(この少年……そういえば喫茶たきがわで一度だけ見たことがあるのであります)

ラビット大佐「ぴょんこ姫、わたくし達はこの少年を一度だけ見たことがあるのであります」ヒソヒソ

ぴょんこ姫「本当だわさ?」ヒソヒソ

カバまろ「カバですメェ~?」ヒソヒソ

ラビット大佐「ええ。喫茶たきがわでバッドドックなる食べ物を注文してきたあの少年であります」ヒソヒソ

ぴょんこ姫「切札ジョーが店に連れてきた……! 思い出しただわさ!」ヒソヒソ

6: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:22:50.42 ID:SsrWqCfwo

ボルツ「なんだお前ら、さっきから3人でコソコソしやがって」

ラビット大佐「何でもないのであります」

カバまろ「カバですメェ~」コクコク

ぴょんこ姫「強いデュエリストを探しているって言ってたけど、どういうことだわさ?」

ボルツ「オレちゃんは今、全国をデュエマ武者修行して回ってんだ」

ぴょんこ姫「全国を……ってことはこの辺で生まれた人じゃないんだわさ?」

ボルツ「ああ。日本地図出すからちょっと待ってろ……あった!」

ぴょんこ姫「わざわざ日本地図を持ち歩いてるんだわさ?」

ボルツ「こういう時に説明するためにな。そして俺の出身は火の国と呼ばれる……ここだぜ!」

ラビット大佐(そう言って彼は熊本県のあたりを指差したのであります)

ぴょんこ姫「って九州からここまで来たんだわさ!?」

ボルツ「ああ! スケボーで来たぜ!」

7: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:24:41.46 ID:SsrWqCfwo

ラビット大佐「熊本県とここ埼玉県は直線距離で900km近く離れているのであります」

ぴょんこ姫「その距離をスケボーで移動しようだなんて頭のネジが飛んでるだわさ」

ボルツ「ハハッ、でもオレちゃんみたいにバカなくらいが色々楽しいと思うぜ?」

ラビット大佐「普通の人は真似したくても体力がもたないのであります」

カバまろ「カバですメェ~」

ぴょんこ姫「それで、この辺でめぼしいデュエリストは見つけられたんだわさ?」

ボルツ「ああ。ジョーって奴はなかなか骨のある奴だったぜ」

ラビット大佐(おや、ひょっとして……)

ぴょんこ姫「ジョーってもしかして、前髪だけ金髪っぽい感じになってる男の子だったりするだわさ?」

ボルツ「そうそうソイツ! なんだひょっとしてお前らジョーのダチだったりするのか?」

ぴょんこ姫「ふん、アイツと私たちは友達というより敵同士……もごご!」

ラビット大佐「ええ。彼の知り合いなのであります」

8: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:27:20.27 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫「もごもご……!(ラビット大佐! なんで私の口を押さえるんだわさ!)」

ラビット大佐「切札ジョーの敵対者だと思われたらわたくし達の心証が悪くなってしまうのであります」ヒソヒソ

ボルツ「なるほどな。ということはお前らもデュエリストだったりするのか?」

ぴょんこ姫「ぷはっ……その通りだわさ! なんなら私と戦ってみるだわさ?」

ボルツ「あ? そうだな……(デッキケース狩りはジョーとの再戦までとっておきたいんだよな)」

ラビット大佐(何か考え事をし始めたのであります)

ぴょんこ姫「どうしたんだわさ。何か都合が悪かっただわさ?」

ボルツ(ま、たまにはデッキケース狩りとかそういうのナシでやってみるのもいいか)

ボルツ「いや、いいぜ。大丈夫だ。でももう夕方だし1回やったらお終いな」

ぴょんこ姫「なら、そこの公園にデュエマ台があるからそこでやるだわさ!」

ラビット大佐「ぴょんこ姫、健闘を祈るのであります」

カバまろ「カバですメェ~」

ぴょんこ姫、ボルツ「「デュエマ! スタート!」」

9: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:29:39.94 ID:SsrWqCfwo

ナレーターの助「ウサギ団のリーダーぴょんこ姫と熱き男、ボルツとのデュエマ」

ナレーターの助「ビートジョッキー同士の戦いとなったこのデュエマ、先に動いたのはぴょんこ姫だ!」

ナレーターの助「1ターン目から軽量ビートジョッキーを展開していき、苛烈な攻撃を仕掛けていく!」

ナレーターの助「一方のボルツも負けじとチュチュリスを召喚し、反撃への準備を整えるのであった!」

ボルツ「オレちゃんは2マナで一番隊 チュチュリスを召喚。ターンエンドだ」

ボルツ(クソッ、まさかオレちゃんより先にソッコー勝負を仕掛けてくるとは……)


ぴょんこ姫
盾5
マナ2(ジェットセット・バイト、アッポー・チュリス)
墓地0
手札2
山札29
場2(ホップ・チュリス、ステップ・チュリス)

ボルツ
盾3
マナ2(ドドンガ轟キャノン、ラウド"NYZ"ノイジー)
墓地0
手札6
山札28
場1(一番隊 チュチュリス)

10: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:34:14.95 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫 ターン3


ぴょんこ姫「私のターン、ドローだわさ!」

ぴょんこ姫「フライパン・マウンテンをマナに置いて3マナ、サイド双車 ジェフトを召喚だわさ!」

ラビット大佐「おお、あのクリーチャーは……!」

ぴょんこ姫「この子はスピードアタッカーのビートジョッキーだわさ。3体で攻め込んでシールドを0枚にしちゃうだわさ!」

ボルツ「オイオイ、マジかよ!」

ぴょんこ姫「まずはステップ・チュリスでシールドを攻撃だわさ!」(盾3→2)

ボルツ「残念だったな。来たぜ、シールド・トリガー! ドリドリ地底車 ドカパンクを召喚だぜ!」

ぴょんこ姫「あ、あれは……!」

ボルツ「能力で2000以下のクリーチャーを1体破壊だぜ! ホップ・チュリスを破壊だ!」

ラビット大佐「攻撃クリーチャーを1体減らされてしまったのであります!」

ぴょんこ姫「でもまだシールドは減らせるだわさ! ジェフトでシールドを攻撃だわさ!」(盾2→1)

ボルツ「チッ、こっちはシールド・トリガーじゃなかったぜ……」

ラビット大佐「さすがぴょんこ姫。3ターン目にして相手をシールド1枚まで追い詰めたのであります」

ぴょんこ姫(手札にバクゲットーもいて、手札切れ対策もバッチリだわさ!)

ぴょんこ姫「ターンエンドだわさ!」


盾5 マナ3 墓地1 手札1 山札28 場(ステップ・チュリス、サイド双車 ジェフト)

11: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:36:45.43 ID:SsrWqCfwo

ボルツ ターン3


ボルツ「オレちゃんのターン、ドロー!」

ボルツ「お、いいカードを引いたぜ! "BC"ヒットをマナチャージして3マナ! 行くぜ!」

ボルツ「出てこい! ビートジョッキーの大幹部、ドープ"DBL"ボーダーを召喚だ!」

ぴょんこ姫「むむっ、なんだか凄そうなクリーチャーが出てきただわさ」

ボルツ「反撃開始だぜ! まずはドープ"DBL"ボーダーでステップ・チュリスを攻撃!」

ドープ"DBL"ボーダー4000
VS
ステップ・チュリス1000

ぴょんこ姫「くっ……ステップ・チュリスが破壊されてしまっただわさ」

ボルツ「DBLボーダーの能力を発動! バトルに勝った時アンタップされ、パワーが2倍に跳ね上がるぜ!」

ラビット大佐「パワーが8000になってしまったのであります!」

12: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:38:54.36 ID:SsrWqCfwo

ボルツ「こいつがバトルに勝った時の能力はそれだけじゃねえぜ?」

ぴょんこ姫「まだ何かあるだわさ!?」

ボルツ「ボーダーはバトルに勝った時、能力で相手のシールドを1枚ブレイクできる! シールド破壊だ!」(盾5→4)

ぴょんこ姫「くっ、シールド・トリガーは出なかったわさ」

ボルツ「アンタップされたからまた攻撃ができるぜ。ドープ"DBL"ボーダーで今度はジェフトを攻撃だ!」

ドープ"DBL"ボーダー8000
VS
サイド双車 ジェフト1000

ぴょんこ姫「ま、またバトルに勝ったということは……」

ボルツ「能力でボーダーはアンタップされパワーが2倍に、さらにシールドを1枚ブレイクだ!」(盾4→3)

ぴょんこ姫「やられっぱなしじゃ済まさないわさ! シールド・トリガー、イフリート・ハンド発動だわさ!」

ラビット大佐「おお、いい呪文を引いたのであります!」

ぴょんこ姫「対象をコストで選ぶこの呪文ならパワーが16000のクリーチャーにも効くだわさ。DBLボーダーを破壊だわさ!」

13: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:41:25.67 ID:SsrWqCfwo

ボルツ「そうはいかねえぜ。DBLボーダーは破壊されるときに味方1体を身代わりにすれば生き残れるのさ」

ぴょんこ姫「ま、まだ能力が付いてたんだわさ!? コスト4のクリーチャーの性能じゃないだわさ!」

ボルツ「オレちゃんはDBLボーダーの代わりにドカパンクを破壊するぜ」

ぴょんこ姫「あの厄介なクリーチャーを破壊し損ねただわさ……」

ボルツ「まだまだ行くぜ! 一番隊 チュチュリスでシールドを攻撃!」(盾3→2)

ぴょんこ姫「シールド・トリガーじゃないだわさ」

ボルツ「そんでもってドープ"DBL"ボーダーでさらにシールドを攻撃!」(盾2→1)

ぴょんこ姫「何も出なかっただわさ……」

ラビット大佐「今度はぴょんこ姫がシールド1枚まで追い詰められてしまったのであります!」

ボルツ「へっへっへ……ターンエンドだ」


盾1 マナ3 墓地1 手札6 山札27 場(チュチュリス、DBLボーダー)

14: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:42:43.12 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫 ターン4


ぴょんこ姫(この状況……新しくデッキに入れたあのカードを引き当てないと危ないだわさ!)

ぴょんこ姫「私のターン! 行くだわさ!」

ぴょんこ姫「すっごい切り札引いちゃうんだわさー! オーン!」

ぴょんこ姫「切り札切り札どこだぴょーん♪ 見つけただわさ、それだわさわさわさわさ……わさーっ!」

ぴょんこ姫「この子で勝っちゃうだわさ♪」

ぴょんこ姫「トツゲキ戦車 バクゲットーをマナに置いてまずは2マナ、一番隊 チュチュリスを召喚だわさ!」

ぴょんこ姫「そして残りの2マナでチュチュリスから進化! ランド覇者 ガンブルマンを召喚だわさ!」

ラビット大佐「いきなり6マナのクリーチャーを召喚したのであります!」

カバまろ「カバですメェ~」

15: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:44:43.45 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫「この子は進化クリーチャーとして出すかどうかを選べるNEOクリーチャーだわさ!」

ぴょんこ姫「そして、進化して出すときにコストが3下がる能力も持ってるんだわさ!」

ボルツ「ほう。チュチュリスの効果と合わせて4コスト下げて召喚したってわけか」

ぴょんこ姫「その通り、そしてこの子は攻撃するときパワー3000以下を1体破壊するだわさ!」

ラビット大佐「ということは……!」

ぴょんこ姫「行くだわさ! ガンブルマンでチュチュリスを破壊しつつDBLボーダーを攻撃だわさ!」

ガンブルマン8000
VS
ドープ"DBL"ボーダー4000

ボルツ「チッ、身代わりにするクリーチャーがいねえ……DBLボーダーは破壊されるぜ」

ぴょんこ姫「ターンエンドだわさ!」


盾1 マナ4 墓地4 手札2 山札27 場(ランド覇者 ガンブルマン)

16: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:47:03.17 ID:SsrWqCfwo

ボルツ ターン4


ボルツ「オレちゃんのターン、ドロー」

ボルツ(チッ、ガンブルマンを破壊できるカードが手札にねぇ……仕方ねえがソッコーで勝負を決めにいくか)

ボルツ「DBLボーダーを倒してくれやがったお礼に、オレちゃん流のコストダウンを見せてやるぜ!」

ボルツ「オレちゃんのマジなBADを見せちゃうぜぇ、ミュージックスタート!」カチッ

ラビット大佐(頭につけたラジカセの電源を入れたのであります)

ボルツ「バーッド、アクショーン、ダイナマイトォ! バッド・アクション・ダイナマイト 発動だぜ!」ズンチャカ

ボルツ「ジャジー・トランパーをマナに置き、一番隊 チュチュリスを召喚だぜ」

ボルツ「そして残った2マナで"破舞"チュリスを2体召喚だぜ!」

ぴょんこ姫「2マナしか残ってないのにコスト4のクリーチャーが2体出てきただわさ!?」

17: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:48:22.34 ID:SsrWqCfwo

ボルツ「バッド・アクション・ダイナマイト2は1ターンで使い捨てにする代わりにコストを2下げる能力だぜ」

ぴょんこ姫「チュチュリスの能力と合わせて3下げたってことかわさ」

ラビット大佐「先ほどのガンブルマンの意趣返しなのであります」

ボルツ「"破舞"チュリスはスピードアタッカーだ。一気に攻め込むぜ!」

ボルツ「"破舞"チュリスで最後のシールドを攻撃!」(盾1→0)

ラビット大佐「シールド・トリガーが出なければもう1体のチュリスにトドメを刺されてしまうのであります!」

ぴょんこ姫「そうはさせないだわさ! スーパー・シールド・トリガー! ドドンガ轟キャノンを発動だわさ!」

ボルツ「チッ、そう簡単にはいかねえか……!」

ぴょんこ姫「その能力で相手のコスト7以下のクリーチャーをすべて破壊だわさ!」

ボルツ「オレちゃんのクリーチャーが全滅しちまった……ターンエンドだ」


盾1 マナ4 墓地6 手札3 山札26 場0

18: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:49:33.01 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫 ターン5


ぴょんこ姫「私のターン、ドローだわさ!」

ぴょんこ姫(アイツはガンブルマンを放置したままトドメを刺しに来て失敗した……チャンスだわさ!)

ぴょんこ姫「ブルマン・チュリスをマナに置いて、3マナでサイド双車 ジェフトを召喚だわさ」

ぴょんこ姫「そして残った2マナでステップ・チュリスを召喚だわさ!」

ラビット大佐「おお、スピードアタッカーが一度に2体増えたのであります!」

ぴょんこ姫(アイツのマナにドドンガ轟キャノンが1枚見えている……あのシールドに入ってる可能性は低いだわさ!)

ぴょんこ姫「一気に勝負を決めるだわさ! ステップ・チュリスで最後のシールドを攻撃だわさ!」(盾1→0)

ラビット大佐「ぴょんこ姫の攻撃クリーチャーは残り2体、よほどのことがない限り勝てるのであります!」

カバまろ「カバですメェ~!」

19: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:50:54.16 ID:SsrWqCfwo

ボルツ「残念だったな! スーパー・シールド・トリガー! 爆殺!! 覇悪怒楽苦を発動だぜ!」

ぴょんこ姫「むむっ、轟キャノンとは別のスーパー・シールド・トリガーだわさ!?」

ボルツ「まずは合計コスト8以下になるように破壊! ステップ・チュリスとガンブルマンを破壊だ!」

ぴょんこ姫「で、でもまだサイド双車 ジェフトが攻撃できるだわさ!」

ボルツ「まだだ。スーパー・シールド・トリガーとして発動したから、覇悪怒楽苦の2番目の能力を発動できるぜ!」

ラビット大佐「いったいどんな能力なのであります?」

ボルツ「山札の上5枚の中から進化でない火のクリーチャーを1体出し、そいつと相手のクリーチャーをバトルさせられるぜ!」

ボルツ「よし来た! ボール"BOMB"ボマーをバトルゾーンに出し、ジェフトとバトルさせるぜ!」

ボール"BOMB"ボマー6000
VS
サイド双車 ジェフト1000

ぴょんこ姫「クリーチャーがいなくなってしまっただわさ……ターンエンドだわさ」


盾0 マナ5 墓地9 手札0 山札26 場0

20: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:52:37.41 ID:SsrWqCfwo

ボルツ ターン5


ボルツ「オレちゃんのターン、このままボール"BOMB"ボマーでトドメを刺してもいいが――」

ボルツ「――BADな攻撃を見せてくれたお礼に、オレちゃんの切り札でトドメを刺してやるぜ!」

ぴょんこ姫「さっきのDBLボーダーを超えるクリーチャーが出てくるんだわさ!?」

ボルツ「行くぜ!」

ボルツ「ミュージック、クライマックス! ヒャッッハァー!」

ボルツ「ド、ド、ド! ド、ドドッドド! ド、ド、ドドドドロー!」

ボルツ「来たぜオレちゃんの切り札!」

ボルツ「まずは2マナでダチッコ・チュリスを召喚! 能力で次に出すビートジョッキーのコストを3少なくするぜ!」

ボルツ「ダチッコの能力で3、さらにバッド・アクション・ダイナマイトでコストを2下げ――」

ボルツ「――"魔刃"戦車 ゴーディオをコスト1で召喚!」

ラビット大佐「コスト6のクリーチャーがたった1マナで出てきたのであります!」

21: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:55:03.56 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫「そいつがアンタの切り札だわさ?」

ボルツ「いや違え。コイツはオレちゃんの真の切り札の前座にすぎねえぜ」

ボルツ「行くぜ! 残り1マナ! バッド・アクション・ダイナマイトを超えたさらなるB・A・Dを見せてやる!」

ボルツ「マスターB・A・D発動! オレちゃんのマスターカード、"罰怒"ブランドを召喚だぜ!」

ぴょんこ姫「今度はコスト7のクリーチャーが1マナで出てきただわさ!」

ボルツ「こいつは通常の2コスト減少の他に、同じターンに召喚した火のクリーチャー1体につき追加でコストが2ずつ下がるんだ」

ラビット大佐「すでにチュリスとゴーディオを出していたからコスト1で出てきたのでありますね」

ぴょんこ姫「まだ5ターン目なのにW・ブレイカーが3体……メチャクチャだわさ」

ボルツ「それじゃいくぜ、オレの拳を食らいやがれ! "罰怒"ブランドでダイレクトアタックゥー!」

ぴょんこ姫「ま、負けただわさ……」

ボルツ「BADな勝利だ」


ボルツ 勝利!

22: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:56:21.10 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫「完膚なきまでに叩きのめされただわさ……」

ラビット大佐「シールド0枚にされてから4体も並べられたのであります……」

カバまろ「カバですメェ……」

ボルツ「オレちゃんもトリガーが出なかったらトドメ刺されてたし、結構危なかったと思うぜ?」

ぴょんこ姫「トリガーの運が良かったのは私も同じだわさ」

ラビット大佐「それにしても、わずか3ターンで2人のシールドが1枚まで減ったのには驚いたのであります」

ボルツ「あれな。オレちゃんからソッコーを仕掛けようと思ってたのに逆にソッコーを決められたときは焦ったぜ」

ぴょんこ姫「でも、あの猿のクリーチャー1体であっという間に逆転されちゃっただわさ」

ボルツ「ドープ"DBL"ボーダーか。あそこでアイツを出せてなかったらオレちゃんが負けてたかもな」

ラビット大佐「ほしいタイミングで必要なカードを引き当てるのも実力のうちなのであります」

カバまろ「カバですメェ~」コクコク

23: ◆Zm050HBajw 2017/06/24(土) 11:57:16.63 ID:SsrWqCfwo

ぴょんこ姫「それで、アンタはもうしばらくこの辺にいるんだわさ?」

ボルツ「そうだな。ジョーと再戦の約束もしてるし、そこまで遠くには行かないと思うぜ」

ラビット大佐「それでは機会があればワタシやカバまろとも今度戦ってみてほしいのであります」

カバまろ「カバですメェ~」

ボルツ「いいぜ。また今度会ったらな」

ラビット大佐「それではぴょんこ姫、今日はもう遅いので帰るのであります」

ぴょんこ姫「分かっただわさ。ボルツ、今日は楽しかっただわさ」

ボルツ「おう。お前もなかなかBADなソッコーだったぜ! じゃあな!」

ラビット大佐(そう言うと彼はスケボーに乗ってあっという間に走り去っていってしまったのであります)

ぴょんこ姫「あれ? そういえばアイツはいったいどこで寝泊りしてるんだわさ?」

ラビット大佐「……ワタシにも分からないのであります」

ぴょんこ姫「この辺にしばらくいるって言ってたし、今度会ったときでにも聞いてみるだわさ」

ラビット大佐「彼はなかなかの強敵のようですし、彼に負けないようわたくし達ももっとデッキを練る必要があるのであります」

ぴょんこ姫「さっそくアジトに戻ってデッキを作り直すだわさ! ラビット大佐、カバまろ、行くだわさ!」

ラビット大佐「はいであります!」

カバまろ「カバですメェ~!」