1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:16:11 ID:PqKLyo8Y
コルカス「安価よこせよ」 


ベルセルク 40 (ヤングアニマルコミックス)
三浦建太郎
白泉社 (2018-09-28)
売り上げランキング: 1,610
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:19:49 ID:5Ic2PsNg
ガッツより強くなる 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:24:59 ID:PqKLyo8Y
コルカス「へへっ。来た来たぁ。覚悟しやがれよ、ガッツの馬鹿が」

コルカス「さぁて。安価の内容はと……」

コルカス「……あ?」

コルカス「『ガッツより強くなる』?」

コルカス「…………」

コルカス「おいおい……。こりゃ、えらく前向きな……」

コルカス「…………」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:30:28 ID:PqKLyo8Y
コルカス「だが、あのバカより強く……」

コルカス「まぁ、無理ってほどじゃねぇが……」

コルカス「…………」

コルカス「…………」

コルカス「クソッ」

コルカス「上等じゃねぇか! やるよ。やってやろうじゃねぇかよ!」

コルカス「あのバカより強くなって、吠え面でも拝んでやらぁ」

コルカス「ヘッ……」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:36:28 ID:PqKLyo8Y
コルカス「……だが……」

コルカス「ガッツの野郎は、馬鹿みてぇに強ぇからなぁ」

コルカス「まぁ、グリフィスほどじゃねぇにしても」

コルカス「普通に訓練しても、たぶん勝てねえわ……」

コルカス「…………」

コルカス「実際、負けたからな……昔……」

コルカス「…………」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:42:39 ID:PqKLyo8Y
コルカス「チッ。嫌な事、思いだしちまったぜ」

コルカス「…………」

コルカス「まぁいい」

コルカス「昔は昔。今は今。そんで、未来は未来だ」

コルカス「…………」

コルカス「見てやがれよ。ガッツ」

コルカス「絶対に、テメェより強くなってやるからな」

コルカス「そのためにゃ、手段は選ばねぇぞ……」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:45:21 ID:PqKLyo8Y
コルカス「さて、そんじゃ……」

コルカス「どうやって強くなるかだが……」

コルカス「…………」

コルカス「…………」

コルカス「よし。アレやってみるか……」

………
……
… 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 13:55:14 ID:PqKLyo8Y
─ミッドランド王国・肉屋─

肉屋「え? 冷凍庫で肉を殴りたい?」

コルカス「そうだ。殴らせろ」

肉屋「えーと……。なんで、そんなアホな事を?」

コルカス「……トレーニングだ。アホとか言うな」

肉屋「でも……」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 14:00:43 ID:PqKLyo8Y
コルカス「知らねぇのか? 有名な拳闘士もやってた伝説のトレーニングなんだぞ」

肉屋「えっ、そうなんですか?」

コルカス「あぁ。ジュドーが、そう言ってたぜ」

肉屋「はぁ……。まぁ、いいですけど……」

コルカス「よし。分かりゃいいんだよ」

肉屋「えーと。こっちです。コルカスさん」

コルカス「おぅ」

肉屋「…………」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 14:04:33 ID:PqKLyo8Y
コルカス「おい、肉屋……」

肉屋「はい。何ですか?」

コルカス「何だよ、ここは?」

肉屋「冷凍庫ですが」

コルカス「滅茶苦茶に寒いじゃねぇかよ……」

肉屋「えぇ。冷凍庫ですから」

コルカス「チッ、ちくしょう……」

肉屋「止めますか? 変なトレーニング」

コルカス「やめねぇよ。さっさと肉を持ってきやがれ!」

肉屋「はいはい……」

コルカス「うぅっ。寒ぃ……」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 14:10:58 ID:PqKLyo8Y
肉屋「持って来ましたよ。お肉」

コルカス「おぅ。ご苦労さん」

肉屋「えーと。本当に殴るんですか?」

コルカス「当たり前だ。何のために、こんなクソッ寒い所に来たと思ってんだ」

肉屋「はぁ。では、どうぞ……」

コルカス「おぅ。いくぜっ!」

肉屋「…………」

コルカス「くらえっ! コルカスパーンチ!!」

グキッ

肉屋「あっ? やっぱり……」

コルカス「うっ!? うぎゃーっ!?!」

肉屋「あーぁ……」 


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 14:17:46 ID:PqKLyo8Y
コルカス「おっ……おい! 肉屋!」

肉屋「はい……」

コルカス「何だよコレ! 滅茶苦茶に固いぞ。鉄板殴ったみてぇじゃねぇかよ!」

肉屋「えぇ。凍ってますからね」

コルカス「くっ……」

肉屋「…………」

コルカス「…………」

肉屋「えーと。変な音、しましたよね?」

コルカス「あっ、あぁ……」

肉屋「確か、ゴキッって……」

コルカス「…………」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 14:25:37 ID:PqKLyo8Y
肉屋「ちょっと失礼……」

コルカス「うぎゃっ!? やめろ……」

肉屋「あー……。やっぱり折れてますね。拳の骨……」

コルカス「げっ……」

肉屋「…………」

コルカス「…………」

肉屋「コルカスさん。どうします?」

コルカス「あ?」

肉屋「続けます? このトレーニング?」

コルカス「テメェふざけんな! 二度とやるかってんだよ! このボケナスがぁ!」

肉屋「……はいはい。お帰りはこちらです。コルカスさま……」

コルカス「チッ……ちくしょうがぁ……」

………
……
… 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 14:37:01 ID:PqKLyo8Y
リッケルト「えっ? 骨折しちゃったの?」

コルカス「あぁ。ジュドーの馬鹿のせいだ……グシュッ」

リッケルト「コルカス?」

コルカス「ついでに風邪までひいちまった……」

リッケルト「災難だったね」

コルカス「クソッ。ジュドーの馬鹿のせいだ……」

リッケルト「大丈夫? リンゴすってあげようか?」

コルカス「おぅ、頼むわ。リッケルトちゃんは優しい」

リッケルト「あははっ」

コルカス「こりゃ、いいお嫁さんになるわ……」

リッケルト「からかわないでよ」

コルカス「へっ」


……コルカスの挑戦は、まだ始まったばかりだ…… 


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 16:55:20 ID:PqKLyo8Y
コルカスの怪我が治ったら再開するんで
次のトレーニング決めといて

>>23 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 19:57:46 ID:jqOwmSE.
魔法を習得する 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 21:44:32 ID:USR5Kho.
─翌日─

コルカス「……さて。風邪の方は、もう治ったが」

コルカス「イテテッ。拳の方は、もうちぃとかかるか……」

ジュドー「よぅコルカス。骨を折ったって?」

コルカス「あっ、ジュドー。テメェのせいで!」

ジュドー「おいおい。落ち着けよ」

コルカス「ケッ」

ジュドー「邪険にすんなよ。見舞いに来たんだし。ほら、いい物やるよ」

コルカス「いい物? 何だよ?」

ジュドー「薬だよ。妖精の粉って薬さ」

コルカス「妖精の粉?」

ジュドー「あぁ。魔法の薬だ。貴重品なんだぞ」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 21:56:02 ID:USR5Kho.
コルカス「魔法の薬だぁ?」

ジュドー「あぁ」

コルカス「うさんくせぇなぁ」

ジュドー「まぁ、そう言うな。ほらよ」

コルカス「この粉か。塗るのか? 飲むのか?」

ジュドー「怪我なら塗ればいい。試しに、痛い所にパラパラでもいいぞ」

コルカス「パラパラねぇ」

ジュドー「軽い骨折くらいなら、半日で治るはずさ」

コルカス「んなわけねぇだろ……。アホらしい……」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 21:57:58 ID:USR5Kho.
ジュドー「とにかく、騙されたとでも思ってやってみろって」

コルカス「あぁ? 俺はお前に騙されて骨を折ったんだが?」

ジュドー「おいおい。騙したって……。あれは昔、ロッキーって拳闘士がだな……」

コルカス「あぁあぁ、分かった分かった。使う使う。ありがとよ」

ジュドー「やれやれ。純粋に善意なのに……」

コルカス「ケッ。何が善意だ。嘘くせぇ」

ジュドー「まぁ、使えばすぐに分かるさ。ほら」

パラパラ パラッ……

コルカス「…………」

………
……
… 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:01:41 ID:USR5Kho.
─翌日─

コルカス「…………」

コルカス「……手が痛くねぇだと?」

コルカス「しかも、普通に動きやがる……」

コルカス「…………」

コルカス「妖精の粉? マジだったのか?」

コルカス「…………」

コルカス「いや、でも魔法なんざ、この世にあるわけが……」

コルカス「…………」

コルカス「……あるのか?」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:04:17 ID:USR5Kho.
コルカス「少なくとも、この粉は本物だった」

コルカス「…………」

コルカス「もし、マジで魔法ってのがあるなら……」

コルカス「…………」

コルカス「……あるなら、利用しねぇってのは馬鹿だよな」

コルカス「…………」

コルカス「使えば、ガッツにも楽に勝てるじゃねぇか」

コルカス「へへっ。面白くなってきたかぁ?」

………
……
… 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:06:36 ID:USR5Kho.
コルカス「おーい。ジュドー! ジュドー! ジュドーちゃんよぉ!」

ジュドー「どうした? コルカス」

コルカス「へへへっ。会いたかったぜぇ。ジュドーちゃん」

ジュドー「気味悪いなぁ……。あんまり寄るな……」

コルカス「おいおい。ひでぇなぁ。俺は謝りに来たんだぜ」

ジュドー「謝りに?」

コルカス「あぁ。昨日は悪かったよ。嘘くさいとか言ってさぁ」

ジュドー「あぁ、なるほど。どうだ、あの粉。よく効いただろ?」 

コルカス「おぅ。マジで一晩で治っちまったよ。大した薬だぜ」

ジュドー「そりゃ良かった」

コルカス「へへっ。そこでだな、ジュドー」

ジュドー「ん?」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:08:17 ID:USR5Kho.
コルカス「ちょっと聞きてぇんだが……」

ジュドー「何だ?」

コルカス「もし……。もしもだぞ……」

ジュドー「……ん?」

コルカス「もし、世の中に、マジで魔法ってのがあるならよぉ」

ジュドー「あぁ」

コルカス「お前。他に何か知らねぇ?」

ジュドー「他にって?」

コルカス「あぁ。そうだなぁ……」

ジュドー「…………」

コルカス「えーと。あー……例えばだな……」

ジュドー「……?」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:10:01 ID:USR5Kho.
コルカス「例えば>>33」

A ガッツの馬鹿を丸焼きにする魔法とかだ

B ガッツのアホに雷を落とす呪文とかだ

C ガッツのボケを●●●にする呪いとかだ

D ガッツのマヌケを俺様の下僕にする秘術とかだ

E その他 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:13:14 ID:uYlNO592

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:26:53 ID:USR5Kho.
コルカス「ガッツのアホに雷を落とす呪文とかだ」

ジュドー「おい……」

コルカス「どうだ? あるか? あったら教えろ」

ジュドー「知らねーよ。つーか、あっても教えない……」

コルカス「あぁ? 何でだよ?」

ジュドー「いや……。雷落としたら死ぬだろ……いくらガッツでも……」

コルカス「そん時はそん時だろ。別にいいじゃねぇかよ」

ジュドー「お前なぁ……」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:29:31 ID:USR5Kho.
コルカス「おいジュドー。お前にだってあるだろ? 一回や二回は」

ジュドー「何がだ?」

コルカス「戦場で、ガッツの背中にボウガンの照準合わせたりだなぁ……」

ジュドー「無い……無いから……」

コルカス「おいおい。素直になれよぉ。ジュドーちゃんよぉ」

ジュドー「いや、だからマジで知らないぞ。魔法の事なんか」

コルカス「あぁ? 嘘つくなよ」

ジュドー「嘘じゃないって」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:32:13 ID:USR5Kho.
コルカス「……じゃあ、あの魔法の薬は何だったんだよ?」

ジュドー「あれは旅芸人達から、偶然もらっただけさ」

コルカス「旅芸人? そいつら、今はどこにいるんだ?」

ジュドー「どこかで旅はしてるだろうが、場所は知らない」

コルカス「……なんだよそれ……。使えねぇ……」

ジュドー「残念だったな。ガッツに雷落とせなくて」

コルカス「うるせぇよ!」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 22:38:48 ID:USR5Kho.
コルカスが魔法の習得に失敗した模様なので
次に何をするか決めてくれ

>>40 


40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/27(日) 23:31:35 ID:15jtBrK.
ジュドーに頼み込んでナイフの投擲術を身につける 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 00:49:58 ID:ohgunSgg
コルカス「あぁっ、ちくしょう! 分かったよ。とりあえず、魔法は諦める」

ジュドー「賢明だな。じゃあな……」

コルカス「おい、待てよ」

ジュドー「どうした?」

コルカス「他にも用事があるんだよ」

ジュドー「……?」

コルカス「実はだなぁ……」

ジュドー「あぁ」

コルカス「ジュドー。俺にナイフを教えろ」

ジュドー「え?」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 00:51:49 ID:ohgunSgg
コルカス「お前。ナイフ投げるの上手いだろ」

ジュドー「あぁ。まぁな」

コルカス「そいつを教えてくれよ」

ジュドー「別にいいけど。何でだ?」

コルカス「ガッツより強くなるんだよ」

ジュドー「ガッツより強く?」

コルカス「あぁ。そうだ」

ジュドー「……誰が?」

コルカス「俺様がだよ!」

ジュドー「…………」

コルカス「……何だよ? その間は?」

ジュドー「無理だろ?」

コルカス「てっ、テメェ!」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 00:54:26 ID:ohgunSgg
ジュドー「まぁ、覚えたいって言うなら教えるよ。ほら、ナイフ」

コルカス「おっ、おう……」

ジュドー「えーと。とりあえず、こう持って」

コルカス「こうか?」

ジュドー「あぁ。それから、こう投げる」

ギュインッ ザクッ

コルカス「ほぅ。なるほど……」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 00:55:45 ID:ohgunSgg
ジュドー「あの木が的だ。投げてみなよ」

コルカス「おぅ。でいっ」

ビュッ ゴツッ ぼとっ……

コルカス「おっ、当たったぜ。柄の方だったが」

ジュドー「悪くないな。でも刃の方を当てないと石を投げたのと同じだよ」

コルカス「わーってるよ。そうなるまで教えろ」

ジュドー「えらく横柄な生徒だな……」

コルカス「おい。ナイフもう一本貸してくれ」

ジュドー「はいはい」

………
……
… 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 00:56:27 ID:ohgunSgg
ビュッ ゴツッ ぼとっ

ビュッ ゴツッ ぼとっ

ビュッ ガッ

ビュッ ゴツッ ぼとっ

ビュッ ガッ

ビュッ ガッ

ビュッ ゴツッ  ぼとっ

ビュッ ザクッ 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 01:01:37 ID:ohgunSgg
コルカス「おっ、今のは良かったろ?」

ジュドー「あぁ、70点てとこだな。案外、お前も才能ありそうだな。コルカス」

コルカス「おいおい。出し惜しみしてねぇで100点つけろよ」

ジュドー「いや。今のは70点だよ」

コルカス「チッ。ケチな野郎だ」

ジュドー「ははっ……ん?」

ガッツ「へぇ。お前がナイフをね……」

コルカス「……あ?」

ジュドー「よぅ。ガッツ」

ガッツ「よう。ジュドー、コルカス」

コルカス「……ガッツ?」

ジュドー「……ははっ……ちょっと間が悪かったな……」

ガッツ「ん? 間?」

ジュドー「いや……」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 01:03:44 ID:ohgunSgg
コルカス「おい……テメェ……」

ガッツ「ん?」

コルカス「何でここにいんだ?」

ガッツ「来ちゃマズかったか?」

コルカス「あぁ、そうだよ。俺様とジュドーちゃんの熱い時間を邪魔すんじゃねぇ」

ガッツ「……そうか。そりゃ悪かった……」

ジュドー「……おいおい……」

ガッツ「……俺はこれを返しに来ただけだ。別に若い二人の邪魔はしねぇよ」

ジュドー「……はいはい。で、調子は?」

ガッツ「やっぱり、俺にコイツは向いてねぇ」

ジュドー「いつも通りの台詞だな」

ガッツ「まぁな」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 01:05:51 ID:ohgunSgg
コルカス「おい、ちょっと待て」

ガッツ「ん? 何だ?」

コルカス「お前、どうしてジュドーにナイフなんか借りてたんだ?」

ガッツ「あぁ。暇潰しみたいなもんだ」

コルカス「暇潰しだぁ?」

ガッツ「あぁ。別に戦場で使えるたぁ思ってねぇよ」

ジュドー「あーぁ……」

コルカス「……おい、ガッツ」

ガッツ「ん?」

コルカス「……それ。ちょっと投げてみろ」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 01:08:34 ID:ohgunSgg
ガッツ「投げるのか?」

コルカス「あぁ。あの木が的だ……」

ガッツ「へいへい。ほらよ」

ギュインッ ザクッ

コルカス「…………」

ジュドー「……95点。やっぱ向いてると思うけどね……フゥ」

ガッツ「いや、俺にはデカイ剣を振り回す方が……ん?」

コルカス「…………」

ガッツ「どうした? コルカス?」

コルカス「うるせぇ! この野郎!」

ガッツ「……?」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/28(月) 01:11:37 ID:ohgunSgg
コルカス「デカイ図体の癖に隠れてコソコソとナイフの練習なんかすんじゃねぇボケがぁ!」

ガッツ「…………」

コソコソ「あーっ、やめやめ。ナイフなんぞいらん! 時間の無駄だぁ! こんなもん!」

ジュドー「……いや、お前にも才能あるぜ? 人並み以上に」

コルカス「うるせぇ! 知らん! もう知らん!」

ガッツ「……わけがわからん……」

コルカス「馬鹿野郎! いつか殺す! 覚えてやがれ!」

ジュドー「物騒だなぁ……」

ガッツ「……俺、何かしたか?」

おわり