1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/15(火) 06:58:41.04 ID:Wo7vagd+0
キャラ崩壊注意



凛「学校の勉強にかこつけてプロデューサーとイチャイチャするよ」

未央「わざわざ宣言しなくていいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1547503120

引用元: 【モバマス】凛「P、どこにも行かないで」 



2: 一次 ◆T6gcRY9JL6 2019/01/15(火) 06:59:17.12 ID:Wo7vagd+0
凛「プロデューサー。英語教えてよ」

P「いいぞ。どこが分からないんだ?」

凛「この『I love Rin』って文の和訳なんだけど……」

P「『私は凛を愛しています』だな」

凛「うーん。ジョンの性格的には『私』じゃなくて『俺』。あと敬語でもないかな」

未央(そんなとこまで気にする必要ないでしょ)

P「じゃあ『俺は凛を愛している』だな」

凛「録音するからもっかい言って」

P「なんで?」

凛「『俺は凛と結婚したい』……と」カキカキ

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/15(火) 07:00:01.08 ID:Wo7vagd+0
凛「プロデューサー。化学教えてよ」

P「いいぞ。どこが分からないんだ?」

凛「リンとPって結合したらどうなるんだっけ」

未央(リンとPって一緒でしょ)

P「忘れちゃったな」

凛「実際に私と抱き合ってみようよ」

P「うん」ムギューッ

凛「はぁ……『幸せな気持ちになれる』……と」カキカキ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/15(火) 07:00:32.85 ID:Wo7vagd+0
凛「プロデューサー。社会教えてよ」

P「いいぞ。どこが分からないんだ?」

凛「女性は何歳から結婚できるんだっけ?」

P「16からだろ?」

凛「じゃあ私とも結婚できるね」

P「いや凛は15歳じゃん」

凛「それは私がアイドルになった時の歳でしょ?あれから何年も経ってるじゃん」

未央(そこは踏み込んじゃダメでしょ)

P「あ、そっか」

凛「『私とプロデューサーは結婚できる』……と」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/15(火) 07:01:03.34 ID:Wo7vagd+0
凛「プロデューサー。国語教えてよ」

P「いいぞ。どこが分からないんだ?」

凛「この漢字が分からないんだけど……」

P「ふむふむ……これ俺の名字じゃん」

未央(分かれよ)

凛「分かんないからこの紙に書いてもらっていい?」

P「ほい」サラサラ

凛「ありがと」スッ

P「ところでこれ何の紙?横に凛の名前も書いてあったけど」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/15(火) 07:01:38.75 ID:Wo7vagd+0
凛「数学……はどうやってイチャつこうかな。三平方の定理……たすき掛け……うーん。どれも苦しいなぁ」

未央「まるで今までのは苦しくないみたいな口振りだねしぶりん」

凛「……そうだ!」ピーンッ


凛「P、どこにも行かないで」

P「ずっと側に居るよ。凛……」

凛「点Pが点Fに到達する確率は0……と」カキカキ



  -おわり-