1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/23(火) 19:07:13 ID:sr0RPhNc

 事務所 応接室


トキ「……」


 パリンッ ガシャーン


モバP「ひっ!?」ガタッ

ちひろ「急に花瓶が割れたっ!?」ガタッ


トキ「その手の冗談を、私は好まない……」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/23(火) 19:45:17 ID:sr0RPhNc


モバP「ちょっ、ちょっと残念ですが、うちの事務所としてはこれ以上のアイドルは……」

トキ「……」


トキ「おや、プロデューサーさんの頸動脈に蚊が……」スッ

モバP「ひぃっ、近寄らないでぇっ!!」ガタガタッ


トキ「あの、それで面接は?」

モバP「そっ、そっ、それじゃ……め、め、め、めんっ、面接ぅ、始めますっ、ね?」ガクブル



ちひろ「……」チョロチョロ ジョワァ


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/23(火) 22:04:29 ID:sr0RPhNc


モバP「ほらっ、ちひろさんも起きてください。人前で失禁&失神なんて失礼ですよっ」ペチペチ

ちひろ「……」

ちひろ「うぅっ……はっ!?」キョロキョロ


モバP「はい、ちひろさん。ゆーっくり深呼吸してぇ~」

ちひろ「すぅぅっ……はぁぁっ。すぅぅっ……はぁぁっ」


モバP「落ち着きました? 今から二人で、アイドル志望で来てくれた方の、面接をしますからね?」

ちひろ「……」コクコク 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/23(火) 22:19:18 ID:sr0RPhNc

モバP「ではこれから、アイドル適正も兼ねた質問をしますので答えてください」

トキ「うむ」


モバP「トキさんのご趣味は?」

トキ「パチンコとパチスロ。競馬に競艇と、趣味は広く浅く……どんなアイドルとでも会話が合う」ニコリ


モバP「……」

ちひろ(クズじゃねーですか!!) 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/23(火) 23:51:53 ID:sr0RPhNc


トキ「ああ、それと……」

モバP「それと?」


トキ「恥ずかしながら、●●●●を少々……」ニコリ

ちひろ「下ネタかよっ!!」ガタッ


トキ「……」

ちひろ「あ」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/24(水) 00:03:16 ID:tBrvFHpY


トキ「私はアイドルだ……アイドルは下ネタを言わない。絶対にだ」

ちひろ「えっ、いや、だって今……」


トキ「ちひろさんとやら……」スッ

ちひろ「えひぃっ!!? よっ、寄らないでくださぁい!!!」ガタタッ 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/24(水) 13:48:26 ID:tBrvFHpY


トキ「……」

トキ「おやおや、嫌われてしまったかな?」

トキ「しかしこれからは同じ事務所で働く身。仲良くしましょう」ニコリ


モバP(まだ採用だなんて言ってないんだけど……)

ちひろ(警察呼びましょうよプロデューサーさんっ。このままじゃ私の膀胱がガバガバになっちゃいますよっ)ヒソヒソ 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/24(水) 22:11:12 ID:tBrvFHpY


モバP(いや、なんかそれも危険そうなんで、このまま形だけでも面接を続けて、合否は後日郵送書類で伝えます……とか何とか言って誤魔化しましょう)ヒソヒソ

ちひろ(了解ですっ)ヒソヒソ


トキ「……」


モバP「ああっ、すみませんすみません。それでは面接を続けます」

トキ「うむ」コクリ 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 10:01:45 ID:JMdMnjQw


モバP「え~っと、トキさんがアイドルになろうとし……」

トキ「……」スッ

モバP「ひぃっ!!? 手を伸ばさないでぇっ!!」ガタタッ


トキ「失礼。その前に一つ、質問を良いかな?」

モバP「ど、どうぞっ」ドクンッドクンッ 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 15:19:37 ID:JMdMnjQw


トキ「そこのホワイトボードに貼って有る写真と名前は……」

モバP「えっ? あっ、みんなウチのアイドル達です」


トキ「ふむ」ジィー

トキ「……」


トキ「前川……」

モバP「前川みくですか? 彼女は明るくてファンも……」


トキ「……トキ」

トキ「前川、トキ……しっくり来るな」ニコリ

ちひろ「!!!!????」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 15:25:15 ID:JMdMnjQw

モバP「あのっ、トキさん? それは……」


トキ「トキにゃんだ!!」

ちひろ「!!!!???」


トキ「私の事はこれから、トキにゃん……親しみを込めてそう呼んでくれ」ニコリ


ちひろ(ちょっ、プロデューサーさん!! どうするんですかこのヒゲオヤジ!?)ヒソヒソ

モバP(お、おう……)ヒソヒソ 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 16:24:22 ID:JMdMnjQw


 バタンッ


みく「ぷっろ、でゅうさ~っ♪ みくにゃんがグラビア撮影から戻って来たにゃあ♪♪」

モバP「あっ、おい前川っ!!」


トキ「……」

トキ「ほう」スタッ


みく「アレっ、この人だれにゃ? 新しい事務員かにゃ?」

トキ「私はトキにゃん。この度、前川みくとユニットを組む事になった……よろしく頼む」ポンッ 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 18:48:02 ID:JMdMnjQw
   / ̄ ̄ ̄~\
  / ノ⌒ヽ/ミ\
 / / ノ⌒ミ/⌒ヽヽ
`/ | ///⌒⌒ヽヽ|
| ノソ二ノソソ二三二)))|
|( ノノ∠_ ソ_(((|
( ノノィニO>ヽ/ィOヽ))
)) ((  彡彳∥ヾ |ノハ
(  ))  |∥  |((
)) | rwwニチww 从))
( ノノ人 リイニニリ / (( ニコリ
)) ヽ\リ 人 リ/ ) ))
ノ i | ヽ从从/(( (
ノノノ ヽ ノ  ) ) )
((((    /  ノノノノ人 


18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 20:02:31 ID:JMdMnjQw


みく「いっ、イヤにゃ!! 男の人とユニットを組むなんて……」バッ

トキ「……」


トキ「動かない方がいい」

みく「ふぇっ? 何を言ってるにゃ?」


トキ「動いたら……ボン、だ」

みく「ふにゃっ!?」ビクンッ



トキ「動いたら……」

みく「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ!!」ビクビク


トキ「ボン、だ」

みく「……」チョロッ チョロチョロ ジョワァ 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 20:08:21 ID:JMdMnjQw


トキ「……」

トキ「フッ、冗談だ」ニコリ


トキ「これからは私と、ダブルにゃんにゃんズで売り出して行く身……恐がる必要は無い」

みく「う、あ、あ、はわわわわわっ」


ちひろ(プロデューサーさん!!)ヒソヒソ

モバP(わ、分かってますって!!)ヒソヒソ


モバP「トキさん、ちょっと待ってください!!」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/25(木) 20:40:04 ID:JMdMnjQw


トキ「トキにゃんだ!!」クワッ

モバP「トキにゃん、ちょっと待つにゃ!!」


トキ「……」

トキ「何かなプロデューサーさん?」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/27(土) 10:18:15 ID:83ViEWqU


モバP「あまり好き勝手なされるようだと、こちらにも考えがありますよ!?」スッ


トキ「……」

トキ「待ちなさい……」

ちひろ(おおっ、カッコいいですプロデューサーさん!!)


トキ「プロデューサーさんが手を伸ばした先には、テレビと思われるリモコンと携帯電話が有る。どちらを手に取るおつもりかな?」

モバP「……」

モバP「えっ?」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/27(土) 17:56:07 ID:83ViEWqU


トキ「例えばリモコンだ。テレビの電源を点ける……たった一つのボタンを押すだけ。これならば誰からの妨害も受けない」


トキ「……」

トキ「だが……」

モバP「だが?」ゴクリ


トキ「携帯電話……こちらは最短の電話番号、それこそ警察に掛けようとしても、1、1、0、そしてコールボタン。四つもボタンを押さなくてはならない……」

トキ「そんな隙を晒せば、『何かしらのアクシデント』が怒る可能性も充分に有る」


モバP「!!!!!????」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/27(土) 20:45:12 ID:83ViEWqU


トキ「いや、有り得る!!」

モバP「!!!!!????」


トキ「指が千切れ、首が跳ねられる……私の経験上、何らかのアクシデントが起こる可能性は、非常に高い。そう見受けられます」

モバP「……」ブルブル


トキ「ところでプロデューサーさん、テレビを点けたいのならば、私が代わりにリモコンを取って差し上げましょうか?」ニコリ

モバP「あ、あぅあ……」ガタガタ

トキ「それとも、こちらの、携帯電話を……」

モバP「リモコン取ってください!!!」


ちひろ(ちょっ、プロデューサーさん!!) 


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 18:04:52 ID:u64LUmUk


トキ「どうぞっ……」ニコリ

モバP「あ、ありがとう、ございます。ははっ」


ちひろ(骨は拾ってあげますから、ビシッと言ってくださいよ!!)ヒソヒソ

モバP(ちょっと待ってくれよ……取り敢えずテレビでも見て落ち着いてから)ヒソヒソ


 ポチッ


TV「ただいま、あの有名なアイドル事務所からデビューが決まった、超大型アイドルの会見場に来ています!!」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 18:29:36 ID:u64LUmUk


アナ「ファースト写真集が異例の十万部完売となり、鳴り物入りでアイドルデビューが決まりました……」


アナ「ラオウさんです!!」

ラオウ「ぬふぅっ!!」


トキ「ッ!!?」ガタッ


モバP「あ、あっ……」ポカーン

ちひろ(超大型って、体格の事じゃないですか!!) 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 18:35:09 ID:u64LUmUk


トキ「くっ、先を越されたか……」ギリッ

トキ「プロデューサー!! 事態は一刻を争う!! 明日にでも私をアイドルデビューさせるのだ!!」


モバP「えっ、そんなの……」

トキ「これよりアイドル乱世の時代が訪れる!! このままではラオウに覇権を握られてしまうぞ!!」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 18:51:48 ID:u64LUmUk


トキ「では、デビューの内容は任せる……私は、すぐに行かねばならない!!」ダッ

モバP「ちょっ、トキさん!! どこへっ!?」


トキ「ハァッ!!」バリーン 


ちひろ「……」

ちひろ「窓のガラスを破って、どっか行っちゃいましたね?」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 19:12:06 ID:u64LUmUk



TV
  カシャッ カシャッ パシャッ


記者「ラオウさん、こっちにアレお願いします!!」

ラオウ「チャオ☆」ミ☆


カメラマン「こっちにも雑誌用のチャオお願いします!!」

ラオウ「チャオ☆」ミ☆ 


34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 20:55:43 ID:u64LUmUk


 バタンッ!!


ラオウ「むっ? このラオウちゃん様の会見場に遅れて来るとは……どこの局アナだッ!?」


トキ「……」

トキ「ラオウ……」


ラオウ「うぬはっ、トキ!!?」ガタッ 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 21:00:53 ID:u64LUmUk

ラオウ「……」

ラオウ「クッ、ガァッハッハッハッ!!! 一足、遅かったようだなトキィ」ニヤリ

トキ「なにっ?」


ラオウ「今や写真集を出せば十万部売れるスーパーアイドルのラオウちゃん様と、未だに地下アイドルでくすぶっている貴様とでは、天と地ほどに差が開いておるわぁっ!!!」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 21:18:13 ID:u64LUmUk


トキ「フッ……私のデビューは決まっている」

ラオウ「ぬかせっ!! どこの世界に髭ヅラをアイドルデビューさせる事務所がある!?」


トキ「……」

トキ「シンデレラプロダクション……」


ラオウ「ッ!!?」

トキ「是非ともデビューさせてくれとオファーが来ていてな」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 21:22:36 ID:u64LUmUk


トキ「しかも48人の大型ユニット!!」

ラオウ「ハッタリをっ……」


トキ「私はそのセンターだ!!」カッ

ラオウ「ぐぅぅっ!?」ワナワナ 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 21:28:59 ID:u64LUmUk

トキ「……」

トキ「それにな……」


トキ「私は、お前の十万部の秘密を知っている!!」

ラオウ「バカが、十万部は俺の血漿。熱心なファンの数。秘密なぞありはせん!!! そうやって俺の人気を落とそうと……」


トキ「拳王親衛隊……」ボソッ

ラオウ「ヌッ!!?」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/29(月) 21:35:16 ID:u64LUmUk

トキ「お前が恐怖と暴力によって支配し、言う事を聞かせている部下が……ざっと十万人と聞く」

トキ「写真集の十万部を、お前が部下に一部ずつ買うよう命令すれば……」


トキ「おや? 数字が合うな」

ラオウ「ぐぬぬっ……きぃさぁまぁぁぁッ!!!」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 09:43:13 ID:sRNXFOEE

トキ「お前の部下十万人を、私が『のしてしまっても』まだ十万部売れるかな?」

ラオウ「俺はラオウちゃん様として、トップアイドル、そしてトップスターの座を手にするのだ、誰にも邪魔はさせん!!」


トキ「ラオウ、お前がその手に握る星はトップスターでは無い……」スッ

トキ「あの死兆星だ!!」


局アナ(どこを指差してるのあの人?) 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 09:49:54 ID:sRNXFOEE


記者「ラオウちゃん様!! あの人が言っていた、写真集の不正販売水増しについて一言お願いします!!」

ラオウ「……」クルッ


ラオウ「ぬぅぅん!!」ドゴォッ

記者「ぐひぇあぁぁっ!!?」ズザァァァッ 


 カシャカシャ パシャ


ラオウ「トキ……ならば受けてみぃ、デビューシングルの売り上げ対決をッ!!!」

トキ「新人アイドルを制するは地下アイドル……望むところだ」 


46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 18:11:47 ID:sRNXFOEE



  事務所内


モバP「……」ゴシッゴシッ

モバP「ふぅっ……ちひろさんと前川がおもらしした所が、やっと綺麗になったぞ」ニッコリ


ちひろ「てやっ!!」ペシッ

モバP「あいたっ」


ちひろ「プロデューサーさん?」ジトー

モバP「ははっ、つい……」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 18:20:17 ID:sRNXFOEE

ちひろ「もう……あっ、それとガラスは明日の午前に業者が来て替えてくれるそうです」

モバP「なるほど、だからダンボールですか」


 ガチャ


みく「戻って来たにゃあ♪」

モバP「あれっ、どこに行ってたんだ前川?」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 19:42:19 ID:sRNXFOEE


モバP「しかも微妙に変装してるし……」

みく「……」

みく「こ、コンビニにゃ」


モバP「こんな時に、コンビニで何を買って来たんだよ」

みく「言いたくないにゃ……」


モバP「前川……」ツカツカ

みく「あわわっ、しっ、しっ、にゃ!! 近寄ったら見えちゃうからダメにゃあ!! ちひろさんも何とか言ってにゃおん」ワタワタ


ちひろ「……」

ちひろ「あ、そうだった」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 20:39:29 ID:sRNXFOEE


ちひろ(でも、面白いから見てよう)


モバP「……」

みく「うぅっ……」


みく「ぱんつにゃ、パンツ!! 下着っ、ショーツにゃあ!!」カァァッ

みく「さっき濡らしたから、ちひろさんのも買って来たにゃろん!!」

モバP「!!?」

モバP(って事は、二人とも●●●●か……) 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 20:56:41 ID:sRNXFOEE



トキ「ハァッ!!」バリーン



ちひろ「……」ビクッ

みく「……」ビクッ


モバP「ちょっ!? 何でまたガラスを破って侵入するんですかっ!!?」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/30(火) 22:45:47 ID:sRNXFOEE


トキ「ヒゲメン48の件はどうなったかな?」

モバP「へっ? ダブルにゃんにゃ……違う違う!! 勝手に話しを進めないでください!!」




ちひろ「……」ジョロロロッ

みく「……」チョロッ ピチョピチョ 


54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/01(水) 11:48:45 ID:MzWVpqOg


トキ「……」

トキ「プロデューサー、激流に逆らえばのみこまれる。むしろ激流に身をまかせ同化するだ!! 激流を制するは静水」


モバP「ッ!!?」ガタッ


モバP「……」

モバP「つまり……」


モバP「どう言う事でしょうか?」

トキ「……」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/01(水) 13:21:57 ID:MzWVpqOg


トキ「激流に対し逆らっても飲み込まれるでしょ? だから逆に同化することによって、激流に打ち勝つという考えな訳よ?」

モバP「ッ!!!??」ガタッ


モバP「……」

モバP「と、言う事は?」

トキ「……」



トキ「柔よく剛を制す……」

モバP「ッ!!!??」ガタッ 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/02(木) 15:11:04 ID:47o8um62


モバP「……」

モバP「あのっ、そのっ……」


トキ「……」

トキ「もういい」

モバP「すみません」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/02(木) 23:32:44 ID:47o8um62


トキ「プロデューサー、その調子では困る。近い内にラオウとの対決を控えているのだ。ヒゲメン48のメンバーを早々に集めてくれ」

モバP「いや、と言うか……内のメンバーはヒゲ生えてないですが」


トキ「生えてないのか!?」ガタッ

モバP「えっ、あ、はい」


トキ「一人もか?」

モバP「一人もですね」


トキ「……」ガクン

トキ「なんて事だ……これではラオウに勝つ事はできぬ」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 00:04:48 ID:tXo5GRy.


モバP「う~ん……でも、剃ってるかも知れないしな。一応聞いてみるか」


モバP「なぁ、前川?」

みく「……」


モバP「前川?」

みく「ふにゃっ!?」ビクッ


モバP「聞きたい事が有るんだが良いか?」

みく「なんにゃ?」 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 00:14:58 ID:tXo5GRy.


モバP「前川って……生えてるのか?」

みく「……」


みく「ふにゃにゃにゃにゃ!? ふしゅうぅっ!!」カァァッ

モバP「どうなんだ?」


みく「はっ、はえてる……にゃ」

モバP「本当か? 生えてるようには見えないけどな。ちょっと近くで見せてくれよっ」グイッ


みく「っ!? なにするにゃ!? お嫁にしてくれるって言ってくれなきゃ見せないにゃ!! ふしゃあああああ!!! がるるるるるっ」 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 00:32:53 ID:tXo5GRy.


モバP「どうどう、威嚇はヤメて一旦落ち着いてくれ」アセアセ

みく「みゃー、しゃー、にゃーっ!!」


モバP(う~ん、しかし近付いたけど見えないな……もしかして、剃ってるのか?)


モバP「前川、もしかして剃ってるのか?」

みく「……」

みく「ケアが必要なくらい、生えてないにゃ……」


モバP「んっ、ん?」

モバP(もしかして……うぶ毛とヒゲを間違えてるか? 俺は黒々とした固いヒゲが生えてるかどうか聞きたかったんだが……どうりで微妙に噛み合わない訳だし、聞くのは止めよう) 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 00:39:23 ID:tXo5GRy.

モバP(それに、前川もアイドル。アイドルにこんな事を聞くなんて最低だ!! 俺はプロデューサー失格だな。聞くなら……)


モバP「ちひろさん、ちょっと良いですか?」

ちひろ「……」


モバP「ちひろさん?」

ちひろ「はっ!?」ビクッ

ちひろ「……」キョロキョロ



モバP「ちひろさんに聞きたい事が有るんですが?」

ちひろ「ふぇっ? なんですか?」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 10:00:32 ID:tXo5GRy.


モバP「ちひろさんって、生えてるんですか?」

ちひろ「……」

ちひろ「生えてない、ですよ?」


モバP「ですよねぇ。あっ、もし生えてたら剃ります?」

ちひろ「剃りません。生えたら嬉しくなっちゃいますし、今なんて生やしたいから、育毛剤まで塗っちゃってますよ……あははっ、は、はぁぁっ」ガクッ


モバP「そ、そスか?」

モバP(ヒゲ生やしたいなんて、やっぱ変わった人だなぁ……)


モバP「でも、俺個人の意見としてなんですが、女性は無い方が良いと思いますよ?」

みく「っ!!?」ガタッ 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 10:11:35 ID:tXo5GRy.

トキ「……」


トキ「こうなれば」

トキ「仕方有るまい……」グッ


トキ「プロデューサー」

モバP「あ、聞いてくれました? 内のアイドルにヒゲジョは……」


トキ「天敬ッ!!!」

モバP「ひっ!?」ビクッ


トキ「逆転の発想だプロデューサー。48人を私にするのでは無く、私一人が48人を演じる!! これぞ奥義、夢想転生!!!」クワッ 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 10:15:40 ID:tXo5GRy.


トキ「私はソロでデビューする……アーティスト名は、【虎舞龍】!!」


モバP「すっ、すみませんトキさん……【虎舞龍】は、既に存在します」

トキ「……」


トキ「【もっと虎舞龍】……」

トキ「または、【虎舞龍ダークネス】でもいい」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 15:00:10 ID:tXo5GRy.


モバP「アーティスト名……って、アイドルで売り出すんですよね? いや、うちの事務所からって意味じゃないですけど」

トキ「【もっと虎舞龍】だ!! この名は譲れん。どうしてもとなれば、私は他事務所に移籍する考え!!」


モバP「あ、それなら他の事務所を紹介するんで……」

トキ「待つのだ!!」ガタッ

トキ「【もっと虎舞龍】……デビューシングルの曲名にすると言う手もある」ニコリ 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 15:08:14 ID:tXo5GRy.

モバP(この、仕方なく妥協してやったぞオーラは何なんだ?)

トキ「名は、そうだな……やはり『トキ』を入れた方が良いか」




トキ「もっと虎舞龍……」

トキ「もっとToLOVEる……」

トキ「ToLOVEるダークネス……」

トキ「○○○○、ロリ、●●……」



トキ「はっ!!?」 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 15:19:36 ID:tXo5GRy.


トキ「主役はリト。TSでリコ」

トキ「トキと、リコ」

トキ「トキ、リコ」



トキ「トキリコ!!」カッ



トキ「プロデューサーお兄ちゃん、トキリコだ!! トキリコで私はデビューする!!」

モバP「おっ、お兄ぃっ!!?」


トキ「次男を生かしての妹キャラをベースに、暗殺拳を極めた物静かなヤンデレキャラと、病弱キャラ、それと銀髪……に近い白髪に、オマケで可愛らしいおひげが付いて来る。どうだ、こんなアイドルは居まい?」 


74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 20:24:03 ID:tXo5GRy.

モバP(ひげなんてマイナスポイントじゃないか!!?)

モバP(だが、この自信は本物……)ゴクリ


モバP(プロデュース……してみたい!!)



TV < 今からデビュー会見のトリと致しまして、ラオウちゃん様からサプライズプレゼントがございます!!


ラオウ『うぬらに、このラオウちゃん様のデビュー曲をいち早くお披露目してくれるわぁっ!!!』



トキ「ッ!!?」ガタッ

トキ「ラオウのデビュー曲!!?」 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 20:30:05 ID:tXo5GRy.

モバP「スゴい……新人なのに、なんて数のバックコーラス!?」



ラオウ『ぬぅぅん!! 聞けい者共!!』




(」・ω・)」うー!(/・ω・)/はー!
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/はー!
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/はー!

ラオウ『ごうしょうハーッ!!!』




トキ「これはっ!!? 卑劣なりラオウ……売れればそれでいいと言うのか!!?」 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/03(金) 23:35:28 ID:tXo5GRy.


ラオウ『頭つるつる異形のリュウケン~♪』




トキ「……」ポチッ


TV < プチュン 



モバP「……」

トキ「聞くに堪えん……だが、これで分かったはずだ。このままラオウをのさばらせて置けば、有名な原曲を全て食い付くすと。正しく奴は暴風……そしてその暴風を止められるのは、私だけだっ!!!」 



78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 07:53:01 ID:Ekq5Ib1Q


モバP「トキさん……」

トキ「……」


モバP「トキさんは、俺がプロデュースします」

トキ「……」


モバP「いや」

モバP「俺にトキさんをプロデュースさせてください!! お願いします!!」

トキ「……」


モバP「……」ゴクリ

トキ「……」


トキ「プロデューサー」ニコリ 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 07:53:51 ID:Ekq5Ib1Q

   / ̄ ̄ ̄~\
  / ノ⌒ヽ/ミ\
 / / ノ⌒ミ/⌒ヽヽ
`/ | ///⌒⌒ヽヽ|
| ノソ二ノソソ二三二)))|
|( ノノ∠_ ソ_(((|
( ノノィニO>ヽ/ィOヽ))
)) ((  彡彳∥ヾ |ノハ
(  ))  |∥  |((
)) | rwwニチww 从))
( ノノ人 リイニニリ / (( その言葉が
)) ヽ\リ 人 リ/ ) ))  聞きたかった…
ノ i | ヽ从从/(( (
ノノノ ヽ ノ  ) ) )
((((    /  ノノノノ人 


81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 12:01:19 ID:Ekq5Ib1Q


トキ「さっそく曲作りから始めよう」

モバP「トキさん、曲も作れるんですか!?」


トキ「……」

トキ「作れぬ」


トキ「だが、ラオウよりも更に最新の曲を編集して勝負する」カッ 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 12:03:37 ID:Ekq5Ib1Q


モバP「……」

モバP「それって、ラオウと同じでパクっ……」


トキ「プロデューサー!!!」

モバP「ッ!!?」ビクッ


トキ「これはパクりでは無い……知略だ」

モバP「知略?」

トキ「……」コクリ 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 12:06:29 ID:Ekq5Ib1Q

モバP「知略か……」

トキ「分かってくれたかな?」


モバP「なんとなく、ですが……」




トキ「激流を制するは」

モバP「静水……」


トキ「……」ニコリ 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 19:49:33 ID:Ekq5Ib1Q



 ガチャッ


渋谷凜「ただいま……って、うわっ!? 何でこんなに汚れてんのよ?」

トキ「……」


モバP「おっ、凜か? お帰り。こっちは、新しく俺がプロデュースする事になったトキさんだ」

渋谷りん「えっ?」

トキ「……」


渋谷リン「……」

トキ「……」


リン「トキ? トキなのっ!?」

トキ「大きくなったな、リンちゃん……」ニコリ 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 19:59:58 ID:Ekq5Ib1Q


モバP「おっ、なんだ知り合いなのか?」


リン「トキぃっ!!」ダッ

トキ「ははっ、よしよし……」


トキ「バットとは仲良くしているのか?」

リン「……」


リン「バットは、バットは競馬にハマって借金を作ったケンの連帯保証人になって……」

リン「今は、いまはっ、マグロ漁船に……うぅっ」グスッ


トキ「ケンシロウ……血は争えぬか」 


88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 23:38:02 ID:Ekq5Ib1Q

トキ「……」

トキ「ケンシロウは今どこに?」

リン「ケンは、ケンは今日もっ……」




 ~~~


 パチンコ店 マルハン

 ジャラジャラ フィーバー 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 23:42:21 ID:Ekq5Ib1Q


ケンシロウ「……」キョロキョロ



男「ヒャッハー!! 確変当たりGETだぜぇっ!!」

ケンシロウ「むっ……」



男「よ~し、ここから連チャンさせて……」


 ポンポンッ


男「あ? 誰だ俺の肩を叩く奴……は」

ケンシロウ「……」 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 23:47:55 ID:Ekq5Ib1Q


男「ケッ、ケンシロウ!!?」ガタッ

ケンシロウ「邪魔だ……」


男「えっ?」

ケンシロウ「邪魔だ」


男「いえっ、あの、今この台で確変を当てて……」

ケンシロウ「どけ」


ケンシロウ「もう一度は言わん……その台を、どけっ」スッ

男「ひっ、ひぃぃぃぃっ!!? たすけてぇぇっ!!!」ダダダッ 

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/04(土) 23:59:06 ID:Ekq5Ib1Q


ケンシロウ「待っていろバット……パチンコで借金を返済したら、すぐにお前を救い出す!!」


ケンシロウ「……」

ケンシロウ「終わったら焼き肉に行くか……」ジャラジャラ 




 ~~~~


リン「ケンは、変わっちゃったの……」グスッ

トキ「暗黒面に堕ちたかケンシロウ!! パチンコで借金は返済できんぞ……」


トキ「だが、安心するのだ……このデビューシングルが売れたら、私がバットを連れ戻そう」ニコリ


リン「トキ……」 


95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/05(日) 14:52:49 ID:OI6sAG/.


リン「トキは、ギャンブルなんかしてないよね?」

モバP「あ」

トキ「……」ビクッ


トキ「競馬を、少しだけ……」

リン「競馬? 借金は在るの?」


トキ「借金も、少しだけ……」

リン「どこから借りたの? 借りた金融の名前を教えて!!」 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/05(日) 15:02:59 ID:OI6sAG/.

トキ「松田金融……」

リン「何それ? 聞いた事ないよ!?」バンッ


リン「たぶんトキは大手のサラ金に断られて、スポーツ新聞かなんかの『うちは50万まで すぐ!』『ほかで断られた方でも ぜひ!』なんて言う謳い文句につられて、その業者をたずねた。

 でも、そこは『金融』とは名ばかりの、ただ他社へ客を回す事で喰っている紹介屋。

 うちじゃ貸せないいけど、貸すことができる業者は紹介できる……と言い、他社を紹介。

 この時の紹介料が借りた金の20%……

 仮にそこで50万借りたとすると20%の10万が引かれて手元には40万しか残らない」 

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/05(日) 15:09:40 ID:OI6sAG/.


リン「もう末期的よ!! 考えてみて? トキは最初に20%引かれて、その残ったお金で控除率25%の馬券を買ってるのよ? それでお金を増やそうとしてる……」

トキ「……」


リン「トキが頭の中で、この事にどう辻褄を合わせてるのか知らないけど、はたから見たらこれはもうメチャクチャ!!」

トキ「……」グッ


リン「狂気の沙汰なのよっ!!」

トキ「ぐっ……」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/05(日) 15:15:23 ID:OI6sAG/.

トキ「……」

トキ「だっ」

リン「だ?」


トキ「だからとて分からぬ……それでも勝つ事はある!!」

リン「……」


トキ「現に昨日、日曜のレースは、厚く張った馬券で『浮いた』!!」

リン「……」

リン「浮いたって、いくら?」


トキ「……」

トキ「3000円……」

リン「フッ」 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/05(日) 15:21:31 ID:OI6sAG/.


リン「で、一昨日は?」

トキ「えっ?」ドキッ


リン「とぼけないで。週末のレース、やってないわけ無いでしょ?」

リン「言ってみてよ、収支……」


トキ「……」

トキ「25万負けた……」


リン「トキ……」

トキ「それでも勝つ事はあるのだ!! パチンコなどよりずっと……」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/05(日) 20:01:01 ID:OI6sAG/.

リン「ばかっ」パチーン

トキ「……」


リン「バカッ、ばかっ」パチン パチーン

トキ「ッ」

モバP「凛……」



リン「ばかっ」パチーン

リン「ばかっ」パチーン

リン「ばかっ」パチーン

リン「ばかっ」パチーン

リン「ばかっ」パチーン

リン「ばかっ」パチーン

リン「ほぉぉぉっ……」

リン「ばぁかバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカッ、トキのばかぁっ!!!」パチン パチン パチン パチン パチン パチン 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/05(日) 23:35:05 ID:OI6sAG/.

モバP「そこまでだ凛!! トキさんはこれからアイドルになって働くんだぞ!? アイドルは顔が命……それは凛も分かっているだろっ!?」ガシッ


リン「あっ」

りん「ごめん」

凛「なさい……」シュン


トキ「ひげが乱れたに過ぎぬ、構わないさ」ニコリ 

トキ「それに、これで余計負けられなくなった。必ずやラオウに勝とう!!」 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 08:27:44 ID:C2jt9XtQ



 それから数日後、シンデレラプロダクションは、トキのアイドルデビューへ向けて本格的に動き始めた……




  『前代未聞! おひげのアイドル!』


  『アイドルだってヒゲを生やしたい!』


  『白ひげの天使 ついにデビュー!!』




ラオウ「トキ……来たか」ニタリ 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 12:09:07 ID:C2jt9XtQ


 そして デビュー曲も発表!



 アーティスト名 トキリコ

 曲名 静かなる巨人~激流に身を任せ~



 レコーディングスタート



トキ「Toki Sie sind das Essen und Wie sind die J"ager.」



 発売日を、ラオウのデビュー曲と同日に決定!!


 激突!! 異例の大激突!! 竜虎相打つ!!! 試されるシンデレラプロダクションの底力!!!!


…… 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 16:59:40 ID:C2jt9XtQ


 宿命の日は金曜日 夜八時


 対決の場はMステ 視聴率20M%の全国放送!!



埼玉県民「次は、みゅーじっくすて~しょん、だゾ!!」



 そこで、デビューと新曲発売を明日に控えてのプロモーション!!


 トキリコ VS ラオウちゃん様

     死闘開始!!!


 両陣営のアイドルとプロデューサーも現場へ一斉に集い、固唾を飲んでこの激突を見守る。 


106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 21:02:26 ID:C2jt9XtQ



   観客席 後方


 テテテテ~ テテテテテ~ テテッテ~ テテテテテ♪



モバP「始まるぞっ!!(番組が)」ゴクリ

凛「トキ……」




女子アナ「それでは、今週のアーティストのみなさんに登場していただきましょう!!」バッ 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 21:24:58 ID:C2jt9XtQ


女子アナ「まずは同じ日にデビューとなりました、新人アイドル二人が揃って登場です!!」



ラオウ「……」

トキ「……」


ラオウ「ゆくか……」ザッ

トキ「うむ……」ザッ



女子アナ「角兜がチャームポイント、既に十万枚の写真集を売り上げて鳴り物入りのデビュー、ラオウちゃん様!!」

女子アナ「そして……チャームポイントはヒゲとシラガ、あの大手シンデレラプロダクションが放つ最終兵器、トキリコさんです!!」 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 21:53:43 ID:C2jt9XtQ


 ゴゴゴゴゴゴッ

トキ「ラオウ!!」


 ゴゴゴゴゴゴッ

ラオウ「トキィ!!」



トキ「……」スッ

ラオウ「……」スッ


トキ ラオウ
「「この闘いッ!! 是非など問わず!!!」」


トキ ラオウ
「「北斗、天帰掌ッ!!!」」パァン 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/06(月) 23:02:31 ID:C2jt9XtQ


凛「あれはっ!?」

モバP「あの構えを知ってるのか?」


凛「……」コクリ

凛「あれは、相手の技で自分の命が絶たれたとしても、この世に悔いを残さずに天へ帰ると言う儀式」

モバP「な、なるほど……」

モバP(今が、全てを賭ける時なんですね!!?) 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 13:42:06 ID:Pasi5Kn6

女子アナ「トップバッターは、キラリと光るおひげがプリティー、トキリコちゃんです!!」



トキ「先に言って置こう……私のデビューシングルも確実に十万枚を売り上げる!!」

ラオウ「なにっ……ハッ、まさかっ!!?」

ラオウ「キサマも、恐怖と暴力で従わせて!!?」


トキ「……」

トキ「ラオウよ……」ニコリ


トキ「言ったはずだ、貴方の全てを目指したと!!」

ラオウ「ぐっ、トキ……敵に回すとここまで恐ろしい男か」ギリッ 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/07(火) 22:41:51 ID:Pasi5Kn6


女子アナ「それではトキリコちゃん、ステージで準備お願いしま~す」


トキ「そこで見ているがいい……」ザッ

トキ「私の、無想転生をっ!!」


ラオウ「無想転生だと!!?」




  ~~♪


モバP「イントロが始まった……俺にも秘密に訓練していた、トキさんの謎が今明かされるのか!?」ゴクリ 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 00:23:44 ID:ZWLB6izE


トキ「……」ザッ


トキ「Toki Sie sind das Essen und Wie sind die J"ager.」



 ~~♪



ラオウ「フン、何が無想転生だ……ただ、歌い舞っているだけではないか」


ラオウ「……」

ラオウ「いや、アレはっ!!?」ガタッ 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 00:27:32 ID:ZWLB6izE

モバP「何て事だ……」

ラオウ「アレはッ!!?」




トキ「うっうー!!」
やよい『うっうー!!』




ラオウ「アレは、やよいの歌声!!?」




トキ「なのー☆」クルッ
美希『なのー☆』




ラオウ「そしてアレは、美希の舞い!!!」 


115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 10:30:59 ID:ZWLB6izE


トキ(ラオウ、お前は確かに強い。しかし強過ぎる故に、お前は常に一人、孤独の強さ!!)

トキ(だが私の背中には、シンデレラプロの、765プロの、強敵(とも)が、アイドルが居る!! 全てのアイドルの特徴を完全にパクった!!!)

トキ(それが無想転生!! この技の前には、ラオウのアイドル生命も死あるのみ!!!)



ラオウ「……」

ラオウ「フッ」


ラオウ(トキ、思えば俺には、強敵(とも)と呼べる者はお前しか居なかった)

ラオウ(さぁ、歌い切れ!! そして、このラオウを倒したアイドルの顔を見せてくれ……) 


117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 18:56:48 ID:ZWLB6izE



 ~~~♪



トキ「囚われった屈辱は、反撃っの、はいやあぁぁぁぁぁぁっッ!!!」ダンッ


 ブワァッ


ラオウ「おお……」


モバP「跳んだっ!! 頭上高く!!!」

凛「まさかトキは、鉄棒も無いのに……」 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 19:00:09 ID:ZWLB6izE




トキ「イェェェガァァァァアア!!!」


凛「やっぱり!!」






120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 19:25:39 ID:ZWLB6izE


モバP「だが、技は決まった」



トキ「HaHa Ha Ha Ha……」スゥッ




モバP「後は着地を決めて終わりだ」

凛「おめでとう、トキ」グスッ



トキ「Ha! attack o……ぐぼあぁぁぁぁっッ!!?」ゲボォッ


 ゲロゲロゲロゲロッ ビチャビチャビチャビチャ!!


モバP「空中でゲロったぁっ!!? いや、吐血もして撒き散らしているッ!!!」

凛「トキぃぃぃぃぃぃぃっ!!?」


ラオウ「トキ……病んでさえいなければ」 

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 19:37:03 ID:ZWLB6izE




 翌日朝刊


『高視聴率音楽番組で不祥事!!』

『流血沙汰!!あまりにもショッキングな映像に気絶する視聴者続出!!!』

『デビューアイドル!!デビューにて引退?全テレビ局から出入り禁止命令!!』

『シンデレラプロダクションの社長は関与を否定!!あのヒゲに脅されていた!!』



 トキは干された…… 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 19:45:00 ID:ZWLB6izE




 それから数ヶ月後……



 夜の歌舞伎町



店員「うちでは●●プレイは行っていません!! 嬢への着衣●●●●の強制も禁止です!! 出てってください!!」ドンッ

モバP「うわっ、ちょっ!?」


モバP「……」

モバP「なんだよ……ちぇっ。仕事のストレスぐらい発散させてくれよ」トボトボ 

123 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 19:53:39 ID:ZWLB6izE



トキ「おや、プロデューサーさん?」

モバP「えっ?」クルッ

モバP「……って、トキさんじゃないですか!? 急に病院から居なくなったから心配しましたよ」


モバP「今は何をしてるんですか?」

トキ「ふふっ……キャバクラの店員として働いているよ。給料が中々に良くてな」ニコリ 



125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 20:42:53 ID:ZWLB6izE


モバP「へぇ~っ、トキさんがボーイとか、想像できませんね」


トキ「ふっ、そう言うな……」

トキ「そうだプロデューサー、私の働いてる店で飲んで行かないかな?」


モバP「……」

モバP「キャバクラ、ですよね?」キョロキョロ 

126 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 20:48:25 ID:ZWLB6izE


トキ「ははっ、安心しなさい。アイドルに言ったりはしない」

トキ「それに今は新規の客に限り、3000円ポッキリで一時間飲み放題だ。女の子も揃ってる、充分に羽を伸ばすがいい」


モバP「一時間で3000円ポッキリかぁ……よしっ!! それじゃあお願いしますトキさん!!」

トキ「心得た……」ニコリ 

127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 20:55:22 ID:ZWLB6izE





 一時間後 キャバクラ店内



キャバ嬢「あっ、残念ですけど時間になっちゃいました……延長はどうしますか?」

モバP「あれっ、もうそんな時間? ん~っ、今日は帰るよ。レジはあそこ?」


キャバ嬢「はいっ、入り口まではお見送りしますねっ♪ また来てください」

モバP「そうだね、機会が有ったらまたくるよ」タッタッ



モバP「すみませんボーイさん、会計お願いします」

ボーイ「ありがとう↓ござぃ↑まぁす↑↑」

モバP(ん、ボーイはトキさんじゃないのか?) 



129 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:02:41 ID:ZWLB6izE


ボーイ「えー……」

ボーイ「テーブル代が一時間3000円、ビール飲み放題二人分で10万円……合計10万3000円になります」


モバP「はいはい、10万3000……」

モバP「10万3000円!!?」ビクッ



モバP「3000円の間違いでしょ!?」

ボーイ「いえ、10万3000円です」 

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:09:39 ID:ZWLB6izE


モバP「ちょっと待ってください!!」

モバP「飲み放題で一時間3000ポッキリだって言われたから来たんです!!」


ボーイ「そう言われましても……」

モバP「こんなの、ぼったくりじゃないか!?」

モバP「そうだ……トキさんを呼んでくださいっ。この店で働いてるトキさんに案内されて来たんだ!!」 

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:14:40 ID:ZWLB6izE


ボーイ「お客様、先生をご存知なんですか?」

モバP「……」

モバP「先生?」


ボーイ「先生っ!! お願いします、せんせーーーっ!!!」



 ザッ

トキ「はて、何かトラブルでも起こったかな?」キリッ 

132 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:19:25 ID:ZWLB6izE


ボーイ「このお客様が、会計を渋られまして……」

トキ「ふむ。私に任せなさい」


モバP「どう言う事なんですかトキさん?」

トキ「プロデューサー、キャバクラに入って酒を飲んだら金を払う……これは常識だ」


モバP「なっ!?」

モバP「俺は3000円ポッキリだって言われたから、ここへ入ったんだ。3000円しか払いませんよ!!」 

133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:23:54 ID:ZWLB6izE


トキ「……」

トキ「困ったプロデューサーさんだ」ガシッ


モバP「……」ビクッ

モバP「あの……俺の腕を掴んでどうするつもりですか?」

トキ「3000円ポッキリだ」


モバP「いててっ、そ、そうですよね……3000円払うんで、腕を離してくれませんか?」

トキ「3000円ポッキリだ」 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:27:04 ID:ZWLB6izE


モバP「……」


モバP「もしかして3000円ポッキリって……」


モバP「3000円しか払わなかったら、腕の骨を……」



トキ「……」



トキ「……」ニコリ 

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:28:00 ID:ZWLB6izE





   / ̄ ̄ ̄~\
  / ノ⌒ヽ/ミ\
 / / ノ⌒ミ/⌒ヽヽ
`/ | ///⌒⌒ヽヽ|
| ノソ二ノソソ二三二)))|
|( ノノ∠_ ソ_(((|
( ノノィニO>ヽ/ィOヽ))
)) ((  彡彳∥ヾ |ノハ
(  ))  |∥  |((
)) | rwwニチww 从))
( ノノ人 リイニニリ / (( 正解
)) ヽ\リ 人 リ/ ) ))
ノ i | ヽ从从/(( (
ノノノ ヽ ノ  ) ) )
((((    /  ノノノノ人 

136 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:28:48 ID:ZWLB6izE





   ぽ っ き り






終わり 

137 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/08(水) 21:32:41 ID:ZWLB6izE





ここまで読んだ北斗ファンの方々お疲れ様でした


北斗「チャオ☆」