前回 NARUTOに異物が紛れ込みました

1: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 21:42:47.99 ID:mJzm/ZEhO
安価&コンマでオリキャラを操りNARUTOの世界を生き抜いていきます

0や00は特殊判定(特に良い結果のみ)
ゾロ目(00除く)も数値に関わらず0や00よりも弱い特殊判定(良い結果のみ)
多数決で同数結果の場合更に多数決で決定

漫画を読みながらで先の展開もうろ覚えなので遅いと思いますがお許しください

まずは性別

多数決↓1~3まで
1男
2女

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550752967

引用元: ・NARUTOにまた異物が紛れ込みました Part.1 




NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch
バンダイナムコエンターテインメント (2018-04-26)
売り上げランキング: 2,186
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 21:43:39.45 ID:olsQIx54o

4: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 21:56:18.75 ID:mJzm/ZEhO
キャラ決めの時の多数決は連取りしても(同じ多数決はNG)良いということで
どうせ人なんていない


オリ主は女

【ルート分岐】

1木の葉の忍びルート
よくあるナルト世代(ひとつ上も含む)やイタチ兄さん世代
ナルトたちとのコミュを楽しみたいならここ


2ランダムA
 木の葉の忍び率が4割くらいでこっちだとハードになりやすい代わりに大抵血継限界をデフォ持ち

3ランダムB
全ては安価次第
クソザコナメクジが出来て即死ぬかも? 復活権はある程度成長するまで与える気がないので死んだら特典持って最初から


多数決↓1~5
上記の3つのルートのどれがいい?

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:03:03.11 ID:iwgSsE++O
2

17: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 22:09:58.93 ID:mJzm/ZEhO
全く同じ多数決とかじゃなければキャラ決めの時に関しては連取りはOKです



コンマ↓2

80~99  好きなの選べる安価
60~79 やべえヤツらから生まれた
40~59 五大国や滝など(音はなし)
0~39 木の葉

ゾロ目 ???
0や00 やめて

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:11:15.06 ID:L6j6GXTfO
前はとんでもだったな…

20: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 22:14:25.29 ID:mJzm/ZEhO
次回からコンマは直下にしますか


女は木の葉生まれです



安価↓1~3
木の葉の中での生まれ

日向や猿飛などの木の葉の忍び(元でも可)なら誰でも良い

詳しいキャラ設定はこの後

24: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 22:24:09.00 ID:mJzm/ZEhO
多数決↓1~5

1 奈良
 影忍術とかいう不思議忍術が9割がた使える
 隠遁系の素質もあり、更に家族にハブられることがほぼない(見つけ次第やるぞ!)

2 うみの
 素質は安価コンマで好きに選べるかも?でも下手したらイルカ先生レベルになるかも

3 大蛇丸!
 これが選ばれると大蛇丸の実子か実験体かはたまた?な判定がある
多分この中で1番強くなるかもしれないけど即死もありえる

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 22:33:07.28 ID:UW/q7gWcO
2で

38: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 22:59:51.66 ID:mJzm/ZEhO
充電切れてしまったすまない

その女の姓はうみのという

年齢層は?

多数決↓1~5
1 イルカと同年代(子供の時の描写はしない)
2 イタチ世代
3 ネジ兄さん世代
4 ナルト世代

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 23:15:09.46 ID:TmYKvUO+0
3

48: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 23:29:56.00 ID:mJzm/ZEhO
調べたらイルカ先生あれでSランクも数回受けてるとかマジかよ




俺には9歳年下の妹がいる

俺、うみのイルカの両親は昔のある事件で死んでしまった

当時の俺は両親を殺した化け物が憎くて憎くて仕方がなかったが、生まれてまもない妹を俺が護らなければと必死に生きてきた

やっと妹も走り回れるくらいには大きくなって少しだけ俺自身にも余裕がでてきた

イルカ「俺の妹なんというか……」



安価↓1~3
オリ主はどんな性格や特徴のある女の子?

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 23:31:47.91 ID:uLRyYXk/O
異性同性分け隔てなくフレンドリー

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 23:33:37.33 ID:olsQIx54o
ブラコン病んでる

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 23:38:50.09 ID:1rcAUHDJo
ポイズンクッキング女子

52: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/21(木) 23:51:02.42 ID:mJzm/ZEhO
イルカ「この前公園デビューしたんだけどさ、物怖じせずに突撃して行ったんだよ。やっぱり俺の妹だよな」

ミズキ「はぁ」

イルカ「大きくなったら俺の元から離れて結婚しちまうんだと思うと……はぁ。まあ今は俺と結婚するなんて言ってるしまだまだ周りの子達には負けないけどな!」

ミズキ「はぁ」

イルカ「……でも料理だけはさせないって決めたんだよ。なんでおにぎりを握っただけなのにそれを食ったら俺はぶっ倒れたんだ? 俺の妹は無意識に毒でも盛るのか?」

ミズキ(……いつもなげえよ)



イルカ「それでさ。俺と同じことがしたいっていうからちょっとだけ、ちょっとだけ忍術を見せたのよ。そしたらさ」



コンマ直下
これまでの安価やコンマの範囲にゾロ目が2つに00が1つだったので
補正は+20とゾロ目寄せ+-1に判定緩和

81~  こやつやはり天才か!?
61~80 ナルトやサスケクラスのポテンシャル
41~60 主要メンバーの特殊な素質持ちクラス
21~40 主要メンバーと同等の素質
~20  犬のいないキバくらいの素質


ゾロ目 ???
00   ……

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 23:51:39.79 ID:TmYKvUO+0
ゾロー

58: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 00:00:05.70 ID:hxGItlp7O
事前に言い忘れましたが+補正後の値がゾロ目でもゾロ目にはなりません
+補正後の値にゾロ目寄せは使えません

ヒラメに対してのみゾロ目やゾロ目寄せが使えます

ただし今回は言い忘れていたので


コンマ直下
67~  ただの00
34~66 ただのゾロ目
~33  ただの99(ゾロ目ではない)

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 00:00:17.84 ID:mxHFOVQ4o

60: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 00:10:22.72 ID:pO6tFxxqo
今話しているイルカは年齢的にはアカデミーくらい(大戦時なので普通に忍びしていますが)です

素質00




イルカ「壁を歩けるのを見せたらそのまま妹も壁を走って俺のところまで来たんだよ」

ミズキ「……は?」

イルカ「いやー、俺の妹は天才だな!!」

ミズキ(大蛇丸……には伝えなくていいか。どうせ妹可愛さから出た嘘だろうな)


ただしまだ使いこなせるとは限らない

コンマ
80~  六道仙人が慌てて登場
60~79 六道仙人が登場
40~59 ただの特殊な上位瞳+特殊忍術
20~39 ただの特殊な瞳+特殊忍術
~19  うみのなのにうみのじゃない

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 00:11:09.93 ID:BkbDw9xL0
なんか面倒なコンマだしてごめんね

66: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 00:22:59.88 ID:pO6tFxxqo
その少女は夜に眠るといつの間にか白い場所にいた

六道仙人「ゲホッ、ゴホゴホ、ゲボっ」

少女「だいじょうぶ?」

六道仙人「問題ない。汝は如何なるものか、その成り立ちを、その意味を理解しておるか?」

少女が眠ったはずなのに、何故か全力ダッシュをしてきたように全身から汗をダラダラと垂らして過呼吸を起こしているおじいさんが目の前にいていきなり喋りかけてきた

少女は他の子たちよりも物事がわかる

少女はこの身の力とこの想いの力を合わせることで発生する力がどういうものなのか、言葉にできないがなんなのかが分かる

だがおじいさんの話している言葉は大好きな兄のこの場とは違いすぎて何を言っているのかわからない

首を傾げるとおじいさんはもっと砕けた言い方をしてしたがこの前公園デビューをしたばかりの子供がわかるわけがない

六道仙人「幼すぎるその器に過ぎた力を何故得ているのかは分からぬが、良いか……その力に決して溺れてはならぬ」

少女「???」

六道仙人「ダメじゃ、全く話が通じん。片手で数えても足りる程度の子供では理解出来ぬか。まあ良い。もしお主が悪しき道に進んだとしても、今のわしにはそれを止める資格はない。だが悪に染まらぬように願っておる……輪廻の果てに我が母の魂を受け継ぐものよ」


夜空に輝く大きな月には兎がいると言われている
しかし本来なら宿っているはずのその兎の魂は留まらずに輪廻を巡って新たなる器へと宿っていた

67: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 00:29:25.28 ID:pO6tFxxqo
異性問わずフレンドリー
ブラコンで病んでいる
料理は全て毒になーれ

そして大筒木かぐやの転生体

オリ主の名前
安価↓1~3でコンマの高かったもの(あまりにもあんまりなものは省く)

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 00:31:10.84 ID:H758v5+qo
うみのシャチ

72: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 00:41:07.02 ID:pO6tFxxqo
イルカ「シャチ起きろ!」

シャチ「はーい!」

うみのシャチ

本来なら女の子らしい名前をつけられるはずだったその女の子は両親が名をつける前に死んでしまった
正確に言えば女の子ならこの名前、男の子ならこの名前と決められていたのだが、男の子用の名前しか当時のイルカは発見できず結果この名前となった

イルカよりも長い髪をポニーテールにしているのは海のシャチの尾を真似ていると言っていたが、イルカは自分の真似をしているということを知っている

イルカ「今日は任務がないから一緒に公園に行こうか」

シャチ「やったー!こうえん!こうえん!」

イルカ「おっとと、しょうがないな。朝ごはん食べたら公園な」

シャチ「ごはんー!」

シャチは最近夢によく小難しい事を話し続けるおじいさんが出てくるので、眠っているだけなのにとてもストレスが溜まっている

その意識していないストレスを解放するかのようにイルカに飛びつく

まさかイルカも思うまい

あの化け物狐よりも妹の方が10倍以上はやべぇやつだということを

73: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 00:50:48.11 ID:pO6tFxxqo


イルカとシャチが公園につくとたくさんの子供が遊んでいた

火の国の木の葉の里は五大国と呼ばれている国の中でも断トツに戦力を保持しており、里内の治安は随一を誇っている

それもこれもうちはという一族が警邏をしているおかげなのだがその話は別にいいだろう


シャチ「前に遊んだこがいなーい!」

イルカ「次会った時に遊べばいいさ。兄ちゃんとは家でも遊べるから他の子に声をかけてきな」

シャチ「にいが言うならそうする!」

シャチは周りを見渡して目が合った人の方へと走っていった


安価↓1~3
誰がいた? 公園に居なさそうな人が選ばれた場合コンマ判定が発生します

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 00:53:51.38 ID:FsZyaGnpO
ネジ

いるかな?

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 00:54:09.36 ID:mxHFOVQ4o
ナルト

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 00:58:58.32 ID:BkbDw9xL0
シカマル

78: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 00:59:28.21 ID:pO6tFxxqo
この時期のネジはまだ父親がいるはずですから低確率

コンマ直下
80以上でネジがいた

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 00:59:57.18 ID:H758v5+qo
どうかな?

84: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 01:06:03.68 ID:pO6tFxxqo
前作でも魂抜け出してましたからね
そして子供時代にシカマルと居るということは完全孤独なナルトではなくアニオリナルトということに




シャチ「遊びましょ!」

イルカ「……なッ!!」

シャチが声をかけに行ったのはゴーグルをかけた金髪の少年と黒髪を後ろで束ねている少年だった

イルカはシャチにいい子に育って欲しいから本来伝えなければならない暗黙の了解というなの木の葉の闇を伝えていなかった

うずまきナルト(九尾)には近づくな

それを伝えていなかったばかりに

ナルト「……え?俺?」

シカマル「俺ら以外にいないだろ」

うずまきナルトへと向かっていってしまった




六道仙人「……アシュラとの接触早い……早くない?」

85: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 01:13:10.50 ID:pO6tFxxqo
シャチ「そう!あなたとその子に言ったの! 私はシャチ! 遊ぼ!」

ナルト「……いいのか?」

シカマル「……あー、お前、本当にナルトと遊んでもいいのか?」

奈良家は木の葉の中でも特に有名な名家だ
だからこそナルトがあの四代目の子供であることもしっかり把握しているので、木の葉でよく聞くナルトを迫害する考えをシカマルには教えこんでいない

しかし既に他の子供よりも頭が回るシカマルはこの金髪少年がうずまきナルトだと知らずに遊び、最終的にナルトを泣かせることになるかもしれないと考えた

シャチ「……ナルトとは遊んじゃ駄目なの?」

だがシャチはそんなことを知らない

シカマル「お前がが良ければいいんじゃねえの? 俺はシカマルだ」

シャチ「ラーメンのナルトに鹿さんのシカマル! それじゃあ何して遊ぶ?!」

ナルトはシカマルやチョウジなんかが遊んでくれていたが、異性の子とは遊んだことがなかった
まあ今のナルトには異性とか同性とかの考えは一切ないのだが


コンマ↓1
50以上でシカマルが帰ったあともナルトと遊ぶ


コンマ↓2
誰かに見られている
70以上で存在把握

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 01:14:19.30 ID:8qOsvPDKo

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 01:14:35.50 ID:svw4HO/yO
ん?

89: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 01:20:56.60 ID:pO6tFxxqo
イルカ「シャチもう帰るぞ!」

シャチ「えー!」

イルカ「いいから!」

イルカはナルトをチラ見だけしてすぐにシャチの手を握って歩き出した

シャチ「ナルトー!またねー!」

ナルト「……おぅ」

家族に迎えに来てもらい、家族に手を引かれて帰るシャチの姿をナルトは見ずに手を振って答えた



「あの子こっちをチラ見した? いやありえないか。うずまきナルトに異性の遊び友達が出来たのは良かった。慰霊碑に寄ってから帰るか」

90: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 01:26:33.74 ID:pO6tFxxqo
アカデミーまであと4ターン



イルカ「静かに待っているんだぞ?」

シャチ「行ってらっしゃい!! 早く帰ってきてね!」

イルカ「おう!」

イルカは一人でシャチを育ててきた訳では無い
里の皆が助けてくれていたからシャチをここまで育てられたのだ

今回はどうしても断れない依頼で泊まり込みの依頼を受けることになり、近所の人たちにちょくちょく顔を出して貰うようにお願いをしてから出かけて行った

シャチ「なーにしようかなー!」

シャチは大人しくしていろと言われたが最近は外で遊ぶ楽しさを知ってしまった

子供がそんなお約束を守れる訳もなく、シャチは家から飛び出した


安価↓2

1 公園に行く
2 どこかに遊びに行く(忍び込む)
3 忍術の真似事をする

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 01:29:50.69 ID:FsZyaGnpO
2

94: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 01:32:44.14 ID:pO6tFxxqo
前作ほど敵が絆され易くないということを今から言っておきます
ダンゾウがおじいちゃん化とか簡単にできません


シャチ「そうだ! あそこに行ってみよ! にいがいる時はダメって言ってたけど今いないもん!」


安価↓1~3
木の葉の中ならどこでも行けます
入れないところもあるかもしれませんが子供だし許される許される

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 01:33:35.93 ID:mxHFOVQ4o
うちは

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 01:37:19.74 ID:DdHdHgDVO
ナルトのところ

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 01:38:03.67 ID:8qOsvPDKo
火影邸

98: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 01:40:29.37 ID:pO6tFxxqo
多数決↓1~5

1 うちは
コミュ対象 サスケ、イタチ、シスイ

2 ナルトの家
コミュ対象 ナルトとコンマ判定

3 火影邸? 三代目(不在かも)とある物

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/22(金) 01:42:20.53 ID:8qOsvPDKo
3

103: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/22(金) 01:50:28.80 ID:pO6tFxxqo
シャチの火影邸侵入決定

今回の更新はここまでです


まだアカデミーにすら入っていないぺドが火影邸に侵入できるの?と思いましたがドベの時のナルトですら三代目以外は避けることが出来たので割と容易なのかもしれない
子供限定かもしれませんが

116: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 22:11:49.35 ID:ledugLhYo
前作よりもバタフライエフェクトを裏で起こすだけですから




うみのイルカは言っていた
この里で今1番凄い人は三代目火影様だと

シャチは一番すごいのは兄であるイルカだと思っているが兄の言う凄い人と遊んでみたいと思った

ある程度精神が育ち、判断能力を持てれば里のトップと遊ぼうなんて考えないだろう
でもシャチはまだ幼子と言ってもいいほど未熟でありそこら辺の判断基準がまだなかった

シャチ「しゅっぱーつ!!」

見ただけで真似ができるようになった壁走りを使ってシャチは三代目火影が住むと言われている場所に向かって駆け出した

121: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 22:29:08.69 ID:ledugLhYo


前にイルカとお散歩をした時にここが火影様の家だと言っていた屋敷の近くに着いた

屋敷といったが大きな塀に囲まれているその場所は猿飛一族が集まって暮らしている場所だ

うちはの様に閉鎖的ではないので普通に

シャチ「こんにちは!」

猿飛門番「はい、こんにちは」

門の前に立つ忍びの人に挨拶をして猿飛の敷地内に入った

シャチは沢山ある建物の中でどれが三代目火影の家なのか分からなかったが

シャチ「一番偉い人なら1番大きな建物にいるよね!」

と1番大きな建物に侵入した



本来ならコネなしで火影様と会うには高難易度コンマがあるのですが、ある理由により難易度が低下

コンマ
20以上で猿飛ヒルゼンが屋敷のにいた
19以下だと忍びのくせにタバコ吸ってる男がいた

122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 22:31:46.36 ID:TG06eceZO
はい

125: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 22:41:07.46 ID:ledugLhYo
シャチ「火影サマー火影サマーどこだろなー」

侵入しているはずなのに陽気に声を出しながらあたりをキョロキョロと見て回るシャチ

イルカは割とできる忍なので収入も良いため一般家庭よりもだいぶ裕福に暮らせているが猿飛一族のような名家の屋敷には住んでいない

面白い飾り物なんかにフラフラと近寄っては三代目火影と会うという目的を思い出して足を進めを繰り返していたが

シャチ「絵巻ー!」

未来はアカデミーの教師になる程度には人にものを教えるのが得意で好きなイルカは当然シャチへの読み聞かせを怠っていない

猿飛ヒルゼンの住む屋敷の書庫?なので当然絵巻なんてものは置いていないのだが
シャチは巻物=イルカが読んでくれる絵巻だと思っているのでフラフラと中に入っていった

シャチは中に入ってフラフラしながらあるひとつの巻物を取った

コンマ
81~  禁術の巻物
61~80 序章猿飛一族秘伝忍法
40~60 木の葉の名家について
20~39 もし担当上忍になったら下忍に教えるべき10のこと
~19  アカデミーの教科書

126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 22:42:44.61 ID:DApG8PghO

130: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 22:57:38.38 ID:ledugLhYo
シャチ「むむむ!」

シャチが開いた巻物は絵巻などではなく忍術指南書であった

猿飛一族は火遁を主に使う一族であり猿飛一族で火遁が使えなかったものはほとんど居ない
なお猿飛一族で火遁が使えなくても差別されることは無い

それでもシャチが見ているのは術の絵や印の絵が書いてあったからそれを眺めていた

シャチ「……にいに教えればきっと嬉しい!」

イルカとは文字の勉強をしているが漢字まではまだまだ分からない
それでも手の印とどんな絵だったかを伝えれば自分の凄い兄ならきっと使えるはず!
何故それが忍術の書だと分かったのかは彼女もわかっていない

シャチ「えーとね、これ!!」

シャチはおもむろに開いたページの印を手で結んでみた


コンマ
81~  二遁・連弾の術
61~80 火遁・火龍炎弾
40~60 火遁・火龍弾
20~39 火遁・灰積焼
~19  火遁・豪炎の術

131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 22:58:50.12 ID:sVyihOHQO

133: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:07:07.21 ID:ledugLhYo
シャチ「火遁・豪炎のじゅ」

シャチが印を結びながらルビが振られている術名を口にした時、その口をいきなり抑えられた

シャチ「んん!?」

ヒルゼン「驚いた。迷子の幼子が何をしているのかと思って見ていたが、まさか術の指南書を見ただけで使えるようになるとは」

シャチ「んー!」

ヒルゼンはシャチが書庫に入っていったところを見ていた

普通の猿飛なら直ぐに止めるが何だかんだ子供に弱いおじいちゃんは小難しいものしか置いていない書庫なんてすぐに出てくると思って遠目から見ていた

そしたら印を結び始めてなんかチャクラが活性化しだす
あと少し止めるのが遅ければ制御できていない火遁・豪炎の術で書庫が焼かれてしまっていた

シャチはモゴモゴと何かを言いながら後ろから口を抑えているヒルゼンを叩き、そして抑えたままなことに気がついたヒルゼンは手を離す

シャチ「あ! 火影サマー!」

ヒルゼン「火影じゃよ。ここはつまらんから別の部屋に行こうかのう」

シャチ「にいがね、木の葉では1番火影サマが偉いって言ってたからね、会いに来たの!」

ヒルゼン「そうかそうか」

シャチはヒルゼンに手を引かれてその場をあとにした

134: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:19:21.56 ID:ledugLhYo
ヒルゼンコミュ前にナルトとのコミュありのためイベント



ヒルゼンは遠眼鏡の術という水晶に遠くの風景を移す術で少し前にナルトを見ていた

本来ならもっとナルトに会いに行きたいのだが里の感情が火影が九尾に逢いに行くことを許さない

なので遠くから見ていたのだがこの少女、あのイルカの妹はナルトに普通に話しかけて普通に遊んでいた

ヒルゼン「のう、ナルトと前に遊んでいたであろう? ナルトとは友達なのかな?」

【性別関係なくフレンドリー】

シャチ「ナルトは友達!」

ヒルゼンに出された饅頭を食べながらヒルゼンの言葉に答える

ヒルゼンに手を引かれてヒルゼンの部屋に来たシャチはイルカについてや最近公園に行くようになったことをヒルゼンに一方的に話していた

話し終わると喉が乾いたのかお茶を所望し、ヒルゼンは饅頭も一緒に持ってきてくれたのだ

ヒルゼン「そうかそうか……もし、もし良ければまたナルトと遊んでもらえんかのう?」

シャチ「分かった……おかわり!!」

ヒルゼン「夜ご飯が食べられなくならないようにあと1個だけじゃよ?」

シャチ「うん!」

その日シャチは夜ご飯が食べられず、それを隣の家の人にイルカが帰ってきてから告げられ、シャチは数日おやつ抜きになった

135: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:24:30.71 ID:ledugLhYo
ヒルゼンが裏からシャチをちょいちょい見てくれるようになった(見られてしまうようになった)

アカデミーまであと3ターン




イルカ「よし、勉強もちゃんとやったことだし、遊びに行くか!」

シャチ「今日はおやつをたべていいんだよね!?」

イルカ「ああ、いいぞ」

昨日に火影より妹にお菓子を与え過ぎたことを謝られたイルカは自分がいない時に火影邸にシャチが遊びに行ったことを聞いた

顎が外れるほど驚いたが子供は風の子、自由に走り回るのが1番というヒルゼンの言葉を受けてシャチには何も言わないことにした


安価↓2

1 公園に行く(公園に居そうなキャラとは会える)
2 どこかに遊びに行く(イルカがいるので入れなさそうなところは無理(うちはとか無理))

137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 23:25:20.77 ID:DApG8PghO
1

139: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:30:15.14 ID:ledugLhYo
イルカと行く場所の安価

ゾロ目なので大抵の場所に行けます
ただし暗部の本拠地とか女湯とかは無理無理

安価↓1~3
行きたい場所(保護者同伴)

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 23:33:13.89 ID:6JsM+ey2o
公園、だよね?

142: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:34:54.73 ID:ledugLhYo
公園ですね


イルカ「いいか、シャチ……そのうずまきナルトとは」

シャチ「ナルトとは?」

イルカ「……いや、なんでもない。いってらっしゃい」

シャチ「行ってきます!」

うずまきナルトとは遊ばないこと
そんなことを自分の妹に言うことなどイルカにはできなかった



安価↓1~3
安価の中で一番コンマが高いキャラと絶対に会える
ただし木の葉に居る人のみとする

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 23:35:29.63 ID:5ZOIQjemo
ネジ

146: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:37:17.33 ID:ledugLhYo
会えたのはネジ兄さん


コンマ
49以下で既にヒアシは死んでいる

147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 23:38:16.48 ID:6JsM+ey2o
どうなる

151: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:44:56.36 ID:VEaSYYWNO
年齢的にはまだ死んでない気がするけどまあいいか
生きてたらヒアシと公園に散歩に来ていました



公園の端のベンチに座り周りを無表情に眺めている少年がいた

額には額当てをつけたその少年がシャチは気になり近づいた

シャチ「あーそーぼ」

ネジ「他にいけ」

シャチ「あーそーぼ」

ネジ「他にいけと言った!」

シャチ「いーやーだ! あーそーぼ!!」

ネジ「気分転換にこんな所に来たのが間違いだった。帰る」

その少年の前に行き、シャチは遊びの誘いを連呼したが、ぎゃくにその少年日向ネジは帰る素振りを見せた

遊ぼうとした相手がすげなく対応して帰ろうとしたので、シャチはネジの手を掴もうとした

ネジ「触れるな!!」


コンマ
50以上でネジは感情のコントロールをミスる

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 23:46:08.01 ID:5ZOIQjemo
よっ

154: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:49:31.87 ID:VEaSYYWNO
ネジは発動しそうになった白眼を抑えてシャチの手を弾いてそのままその場をあとにした

シャチ「むぅ……ちょっとくらい遊んでくれてもいいじゃん!!」

初めてあんな扱いを受けたシャチは機嫌が悪くなり、そのあとのご機嫌取りにイルカはとても苦労したとか

155: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/23(土) 23:58:50.16 ID:VEaSYYWNO
父親が死んだあとのネジとコミュをちゃんと行えるようになるには何回か行く必要性があります

アカデミーまで2ターン


イルカ「いいか? 遊びに行ってもいいから、他の人の家に勝手に入るのはダメだぞ?」

シャチ「はーい」

今日も今日とてイルカは任務のために家を空けることになった

シャチは可愛らしくはいと答えたが冒険をするとおいしい物が待っていることをヒルゼンとの出会いで知ってしまったので当然イルカの言葉は右から左に受け流した


安価↓2

1 公園に行く(公園にいそうな人なら大抵会える)
2 どこかに遊びに行く(忍び込む)
3 忍術の真似事をする

157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 00:00:49.26 ID:oQQL6ZFWo
2
指定できるならナルトのところ

158: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 00:02:54.58 ID:LpEcnQqNO
場所指定ならこの後です
場所指定の安価にも参加してもらって平気です


安価↓1~3
遊びに行く場所はどこ?
コンマが高かった場所に行きます

159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 00:04:54.18 ID:oQQL6ZFWo
ナルトの所

163: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 00:16:21.05 ID:LpEcnQqNO
ナルトって一人でなんとか暮らせるまでどうやって生きてきたんだろう?



シャチはヒルゼンから聞いたナルトの家にやってきた

ヒルゼンがナルトと遊んでくれと言ってきたし友達なのでナルトと遊ぼうと思っていたのに、ここ最近は公園ではちゃんと会えなかったので家に直接乗り込むことにした

シャチ「ナールート!」

シャチがボロいアパートの扉をバンバン叩くと家の中からすぐにナルトが飛び出してきた


ナルト「な、なんだお前がいるんだってばよ!?」

シャチ「遊びに来たの! 入れて!」

ナルト「い、いいぞ!!」

友達が家に遊びに来てくれたことを喜び、ナルトはシャチの手を引っ張って中に入っていった


コンマ↓1
謎の視線1
70以上でシャチはナルトの家なのに変な目線を感じる

コンマ↓2
暗部はこの時監視していた?
49以下で監視していた

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 00:16:58.80 ID:HWyjS0g+0
はい

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 00:18:07.82 ID:NEpepmNIO
監視とか怖いでしょう…

168: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 00:26:17.51 ID:LpEcnQqNO
シャチとナルトはナルトの家にあったおもちゃで遊ぶことになった

どれもひとり遊び用のものばかりだったがそれでも子供は創意工夫をして遊んだ

ナルト「女の子っておままごととかしたいんじゃなかったのか?」

シャチ「おままごとはやらなーい」

イルカという男性に育てられたためそういう遊びを学ばなかった影響で女の子らしさが少し欠如していた
まず女の子と遊ぶよりも男の子と遊ぶ方が多いのでしょうがないのだが

シャチとナルトは忍ごっこを家の中でやっているとシャチは何者かの視線を感じ取った
視線を感じたというよりもその存在の放つチャクラを感じ取った

シャチはナルトがみんなに嫌われていることを何となく遊んでいるうちに理解していた
大人達は遠くからナルトを見ながら悪口を言っているのも知っている

だからこそその視線もナルトを悪く言うやつのものかと思い口に出した

シャチ「誰!」

シャチは折り紙の手裏剣を視線の主がいる方向に投げた

カカシ「……本気ではやってなかったけど子供にバレるような隠密はしてなかったと思うんだけどな」

ナルト「だ、誰だお前!」

ベランダから現れたのは白髪の口を隠した男だった

169: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 00:34:34.50 ID:LpEcnQqNO
その男、はたけカカシは自分の師である波風ミナトの子供をよく遠目から見ていた

カカシは任務がないと木の葉の里にある慰霊碑の元に行き、そのあとナルトを見守りながら本を読むのがルーチンワークとかしていた

自分がここまで強くなれたのはミナトのおかげであり、その子供であるナルトにもっと接して守りたい

だが今の彼は上忍であり、木の葉を代表する忍びの1人
その自分が人柱力にみだりに接触するのは外聞が悪いため、こっそりと見守っていたのだ

しかし何故か最近遊ぶようになった女の子に自分の存在がバレたので、開き直って顔を出すことにした

カカシ「俺ははたけカカシ。君のお父さんにお世話になった人のひとりだよ」

ナルト「と、父ちゃんのこと知ってんのか! 教えて教えて!!」

そのあとカカシはナルトに父親のことを話した

当然火影のことや九尾のことは話さなかったが、ナルトが産まれた時のミナトやクシナのことを掻い摘んで話すと、ナルトはカカシにとても懐いた

シャチ「よかったねナルト!」

ナルト「ありがとだってばよ!……でもあんなに話してくれるなら、父ちゃんと母ちゃんの名前も教えてくれて良かったのによ!」

ナルトの安全のためナルトが火影の子であることに気が付かないようにカカシは二人の名前を伝えなかった

170: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 00:41:35.45 ID:LpEcnQqNO
アカデミーまでラストターン



シャチ「ねえ! どうだった!」

イルカ「すまない、分からなかったよ」

シャチももう少しでアカデミーに入学することになるため、イルカはシャチに勉強を今日も今日とて教えていた

勉強も一通り終わってシャチがイルカに教えてと言っていたことの回答を口にした

「ナルトの父親と母親はどんな人なのか?」

シャチは聞いた特徴をイルカに話して特定を頼んでいたのだ
だが当然ミナトがナルトの父親であることは特A級の機密のため、中忍であるイルカでは知ることは出来なかった

イルカ「その代わりとアカデミーお祝いも兼ねて、どこにでも連れて行ってやるぞ! 焼肉でもお寿司でもなんでもいい。映画だって見に行きたいなら行ってもいいぞ!」

シャチ「わーい!」




安価↓1

1 公園に行く(公園にいそうな人なら誰でもいる)
2 どこかに遊びに行く(やべえ場所以外は行ける)
3 アカデミーに行く(大人と割と会える)

171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 00:44:28.83 ID:C2dVYk5LO
3

172: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 00:51:44.24 ID:LpEcnQqNO
シャチ「にいの働いている場所が見てみたい!」

イルカはそのシャチの言葉に笑みを浮かべながらシャチを肩車してアカデミーに向かった


イルカはシャチを担ぎながらアカデミーを歩いて回る

入ってはいけない場所や何かあったらこの場所にいる人たちに伝えに行くなどの注意事項を喋りつつアカデミーを回った

途中から勝手知ったる我が家のようなドヤ顔をしながらシャチはイルカから降りてはしゃいで歩き回っていると、廊下の角である人とぶつかりそうになった


安価↓1~3
誰とぶつかりそうになった?
木の葉の忍びなら誰でもOK(抜け忍はなし)
コンマが高い安価を採用

173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 00:53:48.89 ID:oQQL6ZFWo
イタチ

176: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 01:13:15.61 ID:L7/Ov00ho
シャチ「あっ!」

イタチ「おっと、すまない」

シャチは曲がり角を駆けたまま曲がり、人とぶつかりそうになったが、ぶつかりそうになった人が受け止めてくれて事なきを得た

イルカ「だから走るなって言ったじゃないか! すみません、ってうちはイタチさん」

イタチ「あなたはイルカさん……ということはこの子が妹さんですか」

イルカ「そうですよ。シャチ挨拶とお礼をしなさい」

イルカはぶつかりそうになったのがあの天才うちはイタチだと分かると顔を少しだけ青くしながら、やるべき事をシャチにやらせる

シャチ「ぶつかりそうになってごめんなさい。私はうみのシャチです! もうすぐアカデミーに入ります!」

イタチ「……初めまして俺はうちはイタチだ。今年ということはサスケの一個上か」

イルカ「そういえば来年はうちはの子が入学するんでしたね。楽しみです」

イタチ「そう……だな。シャチちゃん、来年俺の弟のサスケが入学する。宜しくやって欲しい」

イタチはこの平和になった木の葉の里でサスケはちゃんとアカデミーを卒業できるかと、今のうちはの内情がふと頭を過ってしまう

シャチ「はい!」




初遭遇のうちはが万華鏡持ち
コンマ

80~99 この瞬間に写輪眼の開眼
60~79 写輪眼がアカデミー中に開眼
40~59 写輪眼の開眼フラグ自体はたつ
0~39 うちは成分が足りない

177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 01:16:23.99 ID:vIkXC/lLO
どうかな?

187: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 01:22:07.76 ID:L7/Ov00ho
シャチはイタチと目を合わせた
そう、ただ挨拶をして「話す相手とはしっかり目を合わせましょう」というイルカの教えに従っただけなのだ

シャチの目にはイタチはただの普通の眼に見える
だがそれと重なるように勾玉模様が3つほど見える
それに重なるように風魔手裏剣のような模様も見える

それに重なるように六芒星の写輪眼(インドラの万華鏡写輪眼)、万華鏡写輪眼が見えた

その瞬間シャチは一瞬だけ気を失った

192: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 01:27:50.60 ID:L7/Ov00ho
誰かが泣き叫んでいる

それを返してと泣け叫ぶ

それが無ければ夫を、周りの人を、この国を、守れないと泣き叫ぶ

狂ってしまった自分はもう既に力を求めた真因は思い出せない

だがあの力は私のモノだ

それなのに愛を育んであの人の子を産んだら、その子供たちに力を奪われた

あの力がなければこの平和な生活がなくなる

あの力は私が持っていなければならない



しかし二人の子供に私は封印された

あの目が憎い、あの目は私のモノだ

あの力(仙術)が憎い、あれも私のモノだ

力を失った強い喪失感と子供が自分を理解してくれない悲しみ、そして自分が何故力を求めたのかすら忘れてしまった虚無感

それをシャチは知った

196: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 01:36:51.18 ID:L7/Ov00ho
シャチが一瞬気を失った時、受け止めていたイタチはそのままシャチを支えた

イタチ「……」

イルカ「シャチ!?」

イルカはシャチがいきなり力が抜けたように倒れかけたのを見た瞬間、瞬身で近づいて背中から抑えた

その一瞬後シャチは気絶から目覚めて目を開けた

イタチ「……!? その目は!」

シャチ「……」

開いたシャチの目は3つ勾玉の写輪眼だった
それに驚愕するイタチだったが、更に驚くことになる

シャチ「それは私の」

シャチは怒ったようにイタチの目を見ると、イタチの目が勝手に写輪眼、そして万華鏡写輪眼に切り替わる

そして鏡写しのようにシャチの眼の紋様がイタチの三枚刃の手裏剣の紋様に変わり


コンマ
50以上で天照の暴走
49以下で月詠の暴走

197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 01:37:34.04 ID:s+4pfIuVO
あいよ

201: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 01:45:27.49 ID:L7/Ov00ho
シャチの固有はまだないです



写輪眼とは本来段階を踏んで強さを増していく瞳術である

勾玉の紋様が1つなら動きのトレースや動体視力の上昇程度の力しかなく、逆に勾玉が3つにもなればチャクラの流れを色で見たり分身と本体を見分けたりできる

それの更に上位が万華鏡写輪眼だ
その瞳には固有の力が宿り、その力は一騎当千の力を持つ

だが万華鏡写輪眼は大抵が強すぎるため使用すればするほど視力を消耗していく
スタミナだって使うしチャクラコントロールもしっかり出来なければならない

万華鏡写輪眼に至る忍びはそれまでの過程でそのコントロールを身につけている筈なのだが、唐突に目覚めてしまったシャチは力の顕現した月詠を制御できず飲み込まれた

そしてその瞳を見ていたうちはイタチも月詠に掛かってしまった

シャチとイタチはその場で倒れた

イルカ「……え? シャチ? イタチさん? おい、誰か! 誰かいませんか!!」

206: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 01:54:02.95 ID:L7/Ov00ho
シャチ「痛い痛い痛い痛いよ! にい助けて! 痛いよぉ!!」

何も無い真っ白な場所でシャチは目を手で覆って蹲っていた

その魂は大筒木かぐやのモノであったとしてもその肉体はうみの夫婦によって産み落とされたものだ

彼女の脳は写輪眼を開眼するように創られていないし、その眼は強力な瞳力を受け止めるだけの下地がない

水風船に限界以上の水を入れたら破裂するのと同じように、シャチの眼はいきなり脳内で発生したチャクラでこわれてしまいそうになっていた

イタチ「……」

イタチはサスケと同じくらいの子が泣き叫んでいるのに眉を寄せながら、冷静に周りを分析する

ここは確かに月詠の作りだした幻術世界のように見える
自分ならここに景色や人物を投影出来るが、目の前の少女はやり方がわからないから真っ白な世界になっているのだと分析した

そしてこの世界のシャチという少女を殺せば幻術も解けるだろう
この幻術世界で殺されたとしても、殺された痛みを追うだけでこの世界を解除できる

イタチ「……」



安価↓1~3 この後に多数決
この後イタチの取る行動は?

207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 01:55:32.98 ID:QxmGKiqc0
シャチを[ピーーー]

210: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 01:58:57.41 ID:L7/Ov00ho
イタチ「俺は……」


イタチが行う行動は?

多数決↓1~5
1.シャチを普通に殺す
2.月詠を使って幻術返し
3.最小限の痛みで殺す

211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 01:59:17.57 ID:QxmGKiqc0
2

216: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 02:07:45.11 ID:L7/Ov00ho
イタチはクナイを手に持ってシャチに近づいた

シャチ「痛いよにい! 痛いよイタチ! 誰か!……」

シャチの悲鳴が一瞬だけサスケと重なり、すぐにそのビジョンは霧散した

イタチ「己の器すら理解出来ず壊れようとしている幼子を手に掛ければ、己の器を制約するだけのうちはと何も変わらない」

イタチは殺すことで解決しようとしたことに嫌悪感を抱きながら、シャチの手を優しく握った

シャチ「……え?」

イタチ「俺を見ろ」

幻術とは化かし合いであり、幻術を幻術と理解していない限り幻術での勝負で勝利できない

イタチ「それを制御する術を教えよう、月詠!」

シャチの眼の紋様はその都度その都度蠢いている
その眼をイタチは強く見ながら月詠世界で更にイタチは月詠を発動させた

217: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 02:19:10.82 ID:L7/Ov00ho
イタチは自分の部屋の布団で寝ている少女を見ながら月詠空間で作りだしたみたらし団子を口にする

既に月詠を使って十時間は経っているが、未だにシャチは目覚めない

イタチ「幻術世界で月詠を掛けると、月詠による負荷は掛からないのか? 月詠世界で月詠を使ったから……情報が足りない」

そう、イタチにもきっとこの少女にも、あのうみのイルカにも情報がないはずだ
いきなり写輪眼に目覚め、月詠を暴走させたシャチ

イタチ「写輪眼はうちは固有の瞳術。決して他の者が開眼するものでは無い。瞳が切り替わったのだから移植ということは無いだろう……隔世遺伝、それもうちはが木の葉のうちはになるよりも前に枝分かれした遺伝が今の時代に現れた?」

イタチはこう考察しているが、まさかチャクラの祖による影響などと考えは至らない

イタチ「問題は今のうちはは外来の写輪眼使いを認めないことだ。はたけカカシは戦争時にオビトの目を受け継ぎ、四代目が証人になったからなんとか許された。だが純正の写輪眼覚醒者を今のうちはは許さないだろう」

イタチ「まずこの秘密はどうするべきなのか。俺だけの秘匿とするか、三代目に伝えるか……ダンゾウに伝えるのは有り得ない。あの化け物にこの少女が喰いものにされるだけだ」

イタチは考える



多数決↓1~3
1 イタチだけの秘匿とする(シャチが使わない限り絶対に周りにバレない)
2 三代目には言う(下手したらダンゾウにもバレる)
3 公表する(お前がうちはになるんだよ!!)

219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 02:20:21.06 ID:PhRTXSThO
1

222: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 02:30:10.71 ID:L7/Ov00ho
イタチ「三代目は優しい方だ。だからこそそこに甘さがある。護りたいと思っているうずまきナルトが結果的にああなって知っていることから、三代目も万能ではない。俺だけの秘としよう」

方針は決まった時にちょうどシャチは目を覚ました

シャチ「……イタチ?」

イタチ「ああ、具合はどうだ?」

シャチ「目が痛い。でもさっきみたいに痛くはない」

少しだけ表情や話し方が会った時よりも大人に近づいている気がするが、本当にあって数口しか話していないので判断ができない

イタチ「今は君に幻術……君の目が痛くならないように術をかけている」

シャチ「ありがと!」

イタチ「ああ。でも俺がずっと君についている訳にはいかない。難しいと思うけど君には選んで欲しい」

シャチ「何を?」

シャチは元々人懐っこかったが、あの死にそうな痛みから助けてくれたイタチをより好きになった
当然この好きは好ましいというだけであり、異性とかそんなものでは断じてない

イタチ「1つ目は君のその目を封印する。君に力がついたら解けてしまうかもしれないが、制御できず……あー、大人になったら痛くならないようになれるからそれまで抑えておく」

シャチ「じゃあそれ! 痛いのやだ! って痛い!」

イタチはシャチの額を指で小突いて動きを止める

イタチ「最後まで話を聞くように。2つ目は君のその力を制御できるように訓練をする。どこまで出来るか分からないが、痛みを抑えたりいきなりその痛みが来ないように出来るかもしれない」

シャチ「最初でいい!」

イタチ「君の友達やイルカさんが死ぬ……居なくなってしまいそうになった時、もう会えなくなりそうな時に、君のその力が使えれば助けられるかもしれない。それでもいいかい?」

シャチ「むむむ!」

シャチは幼いながらも考える



多数決↓1~5
1 写輪眼の封印(ナルト少年期にピンチで覚醒(制御できるかはコンマしだい))
2 写輪眼の特訓(やっても制御できない可能性がある。制御できないと下手したら死ぬ)

226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 02:34:24.00 ID:C2dVYk5LO
2

232: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 02:47:15.28 ID:L7/Ov00ho
多数決でも00が出たら採用するようにしているんだ
そしてファンブルはクトゥフルで嫌な思い出しかないから採用しない
ぬるくなるけど許して?



シャチ「……この痛いのを自分で抑えられれば、にいが居なくなる時に居なくならなくできる?」

イタチ「それは君の頑張り次第だ」

シャチはイタチの目を見て強く頷いた
子供はリスクなど考えず、ただ自分が思うが股を選べるのが強みである

シャチ「教えてください! よろしくお願いします、イタチ先生」

イタチ「先生、先生か。分かった、俺は今から君の先生だ」

そうして月詠万華鏡写輪眼教室が開催された



コンマ
00があったので最低保証で11以上は確定
補正地+10

91~  普通に万華鏡写輪眼が使える
81~90 万華鏡写輪眼が数秒なら使える
71~80 万華鏡写輪眼を数秒なら使える(ただしスタミナ切れ)
61~70 制御できる(チャクラも色で見える)
51~60 制御できる(ただし初期サスケ写輪眼程度)
41~50 痛くないし制御もできる(ただし初期サスケ写輪眼程度でスタミナすぐ切れる)
31~40 痛いけどなんとかなる(見た目のオンオフ可能性)
21~30 痛いけど何とかなるがずっと瞳が写輪眼(力のオンオフはされるけど見た目は変わらず)
11~20 失明しないけど入院のためアカデミースキップ(君麻呂のようなもん)
~10  瞳力に飲み込まれて失明

ちなみに万華鏡写輪眼で使える瞳術は月詠と天照

233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 02:47:54.37 ID:96wDSqzqO
やばいな

238: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 02:58:08.12 ID:L7/Ov00ho
47 痛くないし制御もできる(ただし初期サスケ写輪眼程度でスタミナすぐ切れる)




写輪眼を学ぶにあたりシャチはチャクラコントロールを学んだ
ちゃんと学んでいなかったから暴走させてしまったが、シャチはチャクラ関係には天性……最上の才能がある

その才能を遺憾無く発揮して、何とか写輪眼を制御できるようになった

イタチ(もし制御が出来なかったら少し面倒だったが、アカデミー入学前で写輪眼が制御できるなら十分天才だな。スタミナ切れになるのはまだアカデミーにすら入っていない年齢から考えれば妥当)

イタチ「この力は君を守ってくれるし、あの痛い力(万華鏡写輪眼)も君を守ってくれる。でも痛い力が使えるようになっても、たくさん使わないこと」

シャチ「なんで?」

イタチ「目が見えなくなるから」

シャチ「それは嫌だ!」

イタチ「嫌だろう? だから無闇に使わないようにしろ」

シャチ「はい! ありがとうございました! イタチ先生!!」

イタチ「もし……時間があればまた見てあげよう」

シャチ「わーい!」



シャチはイタチのおかげで写輪眼のオンオフが出来るようになった

写輪眼のオンオフが出来るのでダンゾウ、うちは、大蛇丸、オビトのフラグが立ちませんでした

イタチ先生による授業のコミュが解禁されました(なお次回からうちはクーデターカウントダウン)

247: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 17:29:09.76 ID:L7/Ov00ho
コミュ回数にミスが発覚(ナルトよりも1世代上やん)
入学式→2回→学年上がる→1回→うちは→3回→卒業試験とします



アカデミーの入学式はこれと言って特殊なことは無かった

ヒルゼンが火の意志というものについて語っていたがシャチやその他の子達は多分理解できない内容だろう
シカマルでさえ理解するのに恩師を失う必要があったものだ

シャチ「むむむ!」

あと分かったのはイルカは割と女性から声をかけられるということだ
一部壊れの忍を除けば十分力を持っていて、更に力がある程度あるのに性格がやばくない。どうやら木の葉は強いものは性格に一癖も二癖もあるものが多いようだ

シャチ「にいに変な人が近づかないかちゃんと確認しないと!」

その気持ちが何なのかはシャチにはまだ分からないが、このままではイルカが取られてしまうとでも思ったのか、シャチは拳に力が入った

248: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 17:44:17.24 ID:d9odB44do
入学式が終わり校庭でイルカを待ってる時、遠目に知り合い?が見えた

もちろん他にも知り合いや友達はいるがここでは省略



多数決↓1~3
1 三白眼の少年に声をかける
2 イルカとお祝いの一楽に一楽スペシャルを食べに行く
3 視線を感じたのでそちらに向かう

249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 17:44:30.21 ID:QxmGKiqc0
1

252: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 17:59:23.42 ID:+A/I6WR2O
2はナルトで3はランダムでした
シカマル……忘れてた



シャチを初めてガン無視した三白眼の少年の元へと足を運んだ

そちらに歩いている時、その少年は父親と手を繋いでいる親子を見ているような気がした

シャチ「何してるの?」

ネジ「……貴様か。ただ空を見ていただけだ」

それだけいうとまたネジは帰ろうとし始めた
みんなといつもフレンドリーに遊べない人はいないと言えるかもしれないほど色んな人と交流をしているシャチにその態度は逆に構ってください戸言っているようなものだ

シャチ「名前教えてよ! 私はうみのシャチ! あなたは?」

ネジ「……」

ネジはこういう輩は無視し続けると引っ付いてくるのではないか?と思い至り、名前を告げることにした

ネジ「ネジ、日向のネジだ」

ネジはそれをボソリとつぶやくと我関せずとばかりにそのまま出口に足を向けた

シャチ「じゃあね、ネジ!」

その返事は帰っては来なかった

253: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 18:09:11.72 ID:+A/I6WR2O
卒業後のスリーマンセルどうしよう……


アカデミーでは特にこれと言って問題起きていないし、シャチは問題を起こしていない

シャチが変なことをすればイルカに迷惑がかかることくらいは分かっているのでシャチは大人しかった


下記は変動したりします
コンマ↓1
学力
イルカがちゃんと下準備をしたと思うので+20

コンマ↓2
体術
イルカがちゃんと体力をつけさせたと思うので+10

254: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 18:11:44.72 ID:QxmGKiqc0
ほい

255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 18:11:53.45 ID:UmS/cuR/O

259: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 18:26:50.44 ID:+A/I6WR2O
補正後はならないです
学力90代 サクラクラス(ドベイベント回避)
体術50代 苦手でもなく得意でもない(ドベイベント回避)



エビス「敵地に侵入して最もこの中で活用すべき忍術はなんですか? シャチくん」

シャチ「分身の術です」

エビス「それは何故?」

シャチ「敵地なら素早く情報を……」

シャチは絵巻好きが高じて勉強も大好きな女の子になっていた

知らないことを知ることがとても楽しくて、最近はイルカが勉強時間を制限するほどだ
制限しなければ永遠と読んでいるかだ

リー「気合いです!」

ネジ「……」

シャチ「あはははは!」

体力や体術は一般的な素質は持ち合わせていた
これも子供の頃から外でしっかりと遊ばせていたからだろう

そんなある日

先生「二人一組を組んで互いの顔の絵を描きましょう。任務で人相を描くこともありますからね」

二人一組を組む授業があった

 
二人一組を組むひとは?
多数決↓1~5
1 お団子娘
2 ふとまゆ
3 ネジ

261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 18:28:29.11 ID:oQQL6ZFWo
2

265: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 18:33:26.74 ID:+A/I6WR2O
女の子とのコミュがない
同性とこいつちゃんとコミュしてるのか?


リー「よろしくお願いします!! 僕はロック・リーです!!」

シャチ「私はうみのシャチ! 先生のイルカにいの妹だよ」

描き合いをしようと声をかけたのはシャチだった
決して顔が特徴的だから描きやすそうだとは思ってはいない

シャチ「思ってないからね!」

リー「何がですか!!」

シャチ「なんでもない」

271: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 19:55:22.27 ID:+A/I6WR2O
紅は上忍ですけどアカデミー内の探索を使えば会えます


ナルト達入学まであと3ターン
うちはクーデター予定まで4ターン


シャチ「……」

リー「……あ、あの」

シャチ「動かないでね」

リー「はい!」

シャチはひとつのことに集中できる
知らないことを知ることは好きだし、やったことがないことをやるのも好きだ

リーも運動に関しては集中できるが、如何せん絵を書くということはまだそこまで集中出来ない
ガイと出会った後なら出来たかもしれないが、それは数年後だ

シャチはリーの顔の特徴(眉毛)をいい感じに描き、リーはシャチのポニテ(イルカの真似)を意識して描き、子供が書いたにしてはうまく出来ただろう


シャチ「アカデミーも終わったけどどうしよう? リーやナルトやシカマルと遊ぶ? それともネジ? イタチはいるかな?」



多数決↓1~5

1 公園に行く(公園にいそうな人なら誰でもいる)
2 どこかに遊びに行く(やべえ場所以外は行ける)
3 アカデミーで誰かを指す
4  知り合いに会いにいく(ナルト、シカマル、ネジ、リー、イタチ)

272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 19:56:03.80 ID:oQQL6ZFWo
4

278: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:01:12.87 ID:+A/I6WR2O
この後人物指定をやろうとしたけどこの時に人物も一緒に指定してもらえばいいか


4 イタチに逢いに行く


イタチはシャチと会うのはうちはや木の葉に秘密にしている

コンマ
20以下で会うのにアクシデント(会うことは出来る)

279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 20:01:22.53 ID:PZ3LGTFHO
はい

280: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:11:07.88 ID:L7/Ov00ho
暗部後輩「何処に行くんですか?」
イタチ「甘味処だ」

サスケ「俺に修行を、いた!」
イタチ「許せサスケ、また今度だ」

イズミ(恋人)「イタチくん」
イタチ「すまない、先約が入っている」




イタチは街中で目が合ったシャチがこちらをじっと見ていたので、修行をつけて欲しいと口に出さずに言っていることに気が付く

尾行がいないことを確認してから、いつも使っている修行場所ではない場に向かった

イタチ(あそこにはサスケが居そうだからな)


うちはの所有する森のある一角にイタチとシャチはたどり着いた

イタチ「今日はどうした?」

シャチ「イタチがいたから声を掛けたかった! お喋りしよう!」

イタチ「……それだけか?」


多数決↓1~5
1 ガチでコミュだけ
2 写輪眼修行
3 忍術教えてよ
4 体術教えて!

281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 20:12:12.80 ID:UmS/cuR/O
2

286: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:22:35.16 ID:L7/Ov00ho
仕事仲間も弟も恋人も無視してアカデミー入りたての女の子と秘密の会合をするイタチ兄さん……



シャチ「本当は写輪眼を教えて欲しい!……駄目?」

イタチ「……俺はお前の先生だ。遠慮することは無い。君が己の器を見極めようとするなら先生として手伝おう」

シャチ「やった!」

イタチとシャチはある約束をしていた

戦いにおいて命懸けの戦い以外では写輪眼を使わない
写輪眼を使う時は自分の家の中で締め切った状態で使う

全く使わせないとそれはそれで写輪眼に慣れられないのでこのようなルールを付けられていた

写輪眼を使うだけで疲れはするが今のシャチではできないような動きもできるようになる
その万能感がシャチは好きだが、みだりに使えばイタチはもう何も教えないとも言っていた

この約束は破ってはいけないものだとシャチは理解している




コンマ↓1
覚醒イベント外であり通常コミュのイベントのため
補正値-10

90~ 万華鏡写輪眼が数秒なら使える
80~89 万華鏡写輪眼を数秒なら使える(ただしスタミナ切れ)
70~79 制御できる(チャクラも色で見える)
60~69 制御できる(一戦闘中であれば普通に維持できる)


コンマ↓2
忍び寄る影
10以下で……

287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 20:23:13.30 ID:NSNFvevDo

288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 20:24:23.79 ID:R0vs1uN1o
さかひさかひ

292: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:30:32.37 ID:L7/Ov00ho
すまない1レスに書いてある0や00ってようは00のことであり10とかの0のことではないのです
なぜ重複する意味を書いていたのかは前作からコピって来たので不明

00>ゾロ目>高コンマ順
コンマは上記の順に強い



シャチ「むむむ!」

ただ写輪眼を使うだけなら今は少しなら持ってくれる
でも修行の時に動き回りながら写輪眼を使うと途端に使えなくなってしまう

イタチ「やはり肉体が瞳力に追いついていないのだろう。写輪眼の修行は1度置き、別の修行をして肉体が成長するのを待った方がいいだろう」

シャチ「えー! かっこいい目をもっと使いたい!」

イタチ「写輪眼はカッコイイから使うものでは無い」

シャチ「えー! なら何のために使うの? イタチはその眼を何のために使ってるの?」

イタチ「俺は……」



安価↓1~3のあとに多数決
イタチが何に写輪眼を使っているか

296: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:37:19.87 ID:L7/Ov00ho
イタチはなんと答える?

多数決↓1~5
1 ふくしゅ……いや、世界のためだ
2 自分を守るためだ
3 平和のためだ

297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 20:38:05.41 ID:PZ3LGTFHO
2

301: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:48:11.50 ID:L7/Ov00ho
イタチは考えた

イタチ自身は既にうちはだけに留まらず木の葉のため、更に大きな括りのために動いている

だからこそうちはの内情を木の葉に伝えているのだ

ここで平和のためと答えてもいいとは思う
だがこの少女は今、この時、忍道を定め始めている
そんな少女に自らをないがしろにする平和など口にしていいのだろうか?

イタチ「自分のためだ」

シャチ「自分のため?」

イタチ「そうだ。俺は俺自身が生き残るため。そして俺が守りたいものを守るため、俺の願いを叶えるためにこの目を使っている」

この言い方なら変な悪影響を及ぼさないだろう

シャチ「自分のため、自分のため……わかった! ありがとうございます!!」

イタチ「ああ」

そのあと二人はその場で別れた

302: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:53:07.29 ID:L7/Ov00ho
イルカは今はアカデミーの教師になったので日を跨いで家を空けることなんてなくなった

そんなイルカだが、来年は初めての担任を任せられることになり、事前準備を進めていた

だからだろうか? イルカは自分で作ったお弁当を忘れてしまった

シャチ「イルカにいに届けないと!!」

ピンクの包みのお弁当箱の隣に青いお弁当箱が置いてあったことに気がついたシャチは、その弁当箱も持ってアカデミーに駆け出した



コンマ
91~  三忍のどちらか(蛇は来ない)
81~90 ヒルゼン
71~80 イタチ
61~70 カカシ
31~60 イルカと上記以外の先生(後に安価)
21~30 普通にイルカに届けた
~10  ファンブルった

303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 20:53:50.63 ID:nM/COKdZo
おー

305: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 20:58:03.88 ID:L7/Ov00ho
シャチは忍びが詰めている場所に行くと、ちょうど顔見知りがいたので声をかけた

シャチ「ナルトをストーカーしていた人!」

カカシ「ちょっとちょっと! やめなさい。君、こっちに来て!」

シャチ「ベランダでナルトを覗いていた人!」

カカシ「……お菓子あげるからちょっと黙ろうか」ピキピキ

イチャイチャナンタラという本を読んでいたカカシだったが、いきなり指を刺されてあまり公言して欲しくないことを叫び出したシャチに詰め寄り、別の部屋に引きずって行った

イルカ「シャチの声が聞こえたような!? いない?」

隣の詰所にいたイルカは声に釣られてこちらの部屋に来たが、シャチの姿は見当たらなかった

306: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 21:03:03.91 ID:L7/Ov00ho
カカシはため息をつきながら、お菓子を頬張っている少女を見る

この時代にしては珍しい既に壁橋りや忍術、性質変化まで覚えているアカデミーの一年生うみのシャチ

どうやら後輩のイルカはこの子に英才教育を施していたようだ
あの三代目がイルカに頭を下げているところを見たなんて話もある

カカシ「それで何さ」

シャチ「イルカにいがお弁当を忘れちゃったから届けに来たの! 居なかったから渡しておいて!」

カカシ「……いいけど、次からはカカシ先生とかカカシさんと呼んでくれないかな? あの呼び方はよろしくないよ」

シャチ「ナルトのお父さんとお母さんの名前を教えてくれない意地悪な人はストーカーさんでいいでしょ?」

カカシ「ナルトが中忍にでもなったら教えてあげるさ」

シャチ「約束だよ?」

カカシ「ああ」

シャチとカカシはそんな約束をしながら、部屋を出るのだった

307: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 21:08:15.28 ID:L7/Ov00ho
ナルト達入学まであと2ターン
うちはクーデター予定まで3ターン



シャチ「もっと難しい授業をして欲しいな!」

アカデミーはいろんな人がいて楽しいが、勉強という面で見れば既にイルカに習っている場所ばかりでちょっとつまらない

それでも先日のように知っている人の知らない表情を知れたりするので登校は絶対にする
それにアカデミーを休んでしまったらイルカが心配するので当然行く

シャチ「名前のシャチってお魚さん見てみたいなー」

まだシャチは魚と海にいる哺乳類の違いを理解できていない


多数決↓1~5

1 公園に行く(公園にいそうな人なら誰でもいる)
2 どこかに遊びに行く(やべえ場所以外は行ける)
3 アカデミーで誰かを指す
4  知り合いに会いにいく(ナルト、シカマル、ネジ、リー、イタチ)(4選択時は人物名も書いてください)

314: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 21:21:39.79 ID:L7/Ov00ho
あー自主練入れ忘れてた
忍術の真似事が自主練に切り替わるの忘れてた



再多数決(+忘れていたもの)
↓1~5
1 公園に行く(主に子供に会える)
3 アカデミーで遭遇(主に大人に会える)
5 自主練(写輪眼の修行は大きなマイナス補正)

318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 21:25:57.82 ID:a3KPcwKt0
じゃあ5

323: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 21:34:34.48 ID:L7/Ov00ho
写輪眼入れ忘れた

多数決↓1~5
1 忍術(見たり経験していないため習得できる忍術はなし。ゾロ目で何かがある)
2 イタチも体を鍛えろと言っていたので体術や筋トレなど(成長判定)
3 写輪眼修行(イタチと居る時よりも大きなマイナス補正)
4 瞑想(ゾロ目以外意味なし)
5 あれ?こんな所に本が落ちてるぞ?(コンマ)

324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 21:34:55.44 ID:SZuniYey0

329: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 21:43:25.50 ID:L7/Ov00ho
シャチは何をしようか考えていた時、視界の端に本が見えた

シャチ「……気になる」

シャチは周りをキョロキョロして人がいないことを確かめるとそそくさとその本へと向かった

修行の場で本の虫に本を与えてはいけない




ゾロ目が一つあったのでゾロ目寄せ+-1

コンマ
91~  影分身の術が書いてある
71~90 高難易度の性質変化について
51~70 うちは火遁の術・序章
31~50 低難度の忍術のやり方の走り書き
~30  ただの●●本

330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 21:43:51.46 ID:CDWFCtUz0

332: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 21:46:10.78 ID:L7/Ov00ho
書いてあったチャクラ性質は?
多数決↓1~5
1 火遁
2 風遁
3 水遁
4 雷遁
5 土遁

333: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 21:47:18.16 ID:SZuniYey0

338: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 21:57:10.35 ID:L7/Ov00ho
シャチ「えーっと、印はこうして……それで息を思いっきり吸って、ふぅ!!」

そこに書いてあったのは吐息をチャクラで増幅させる攻撃【風遁・突破】
印の数も少なく印さえ結べば手も開くというなかなかに強い術だ

しかも今のシャチが覚えている火遁・豪炎の術と組み合わせることが出来れば相乗効果で更なる威力アップを狙えるだろう

シャチ「やった! 風だから家の近くで忍術練習しても怒られない!」

火遁は家屋に火をつけるので使っちゃダメとヒルゼンに言われていた
なので風なら空に撃てば問題ないだろう

シャチ「……でもなんでイタチの秘密の修行場所にこんなモノが落ちてたんだろ? まあいいや!」

シャチはその本をその場において、何度か風遁・突破と火遁・豪炎の術を練習してからその場をあとにした


イタチ「あの年で二属性を使えるなんて……」

ヒルゼンには豪炎の術が使えるのは秘密だよ?と言われていたが、先生であるイタチが使える術を教えてと言った時に口にしていた

イタチは勘のような天啓を得て、風遁の忍術の走り書きを自分とイズミとシャチしか知らないあの場所に置いていた

イタチ「……力あるものは争いに巻き込まれる。だからこそ、力をつけてやらねば」

ただしサスケの修行は見ないイタチだった

340: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:03:36.38 ID:L7/Ov00ho
スリーマンセルはテンテンを犠牲にしないといけないのかな……


ナルト達入学まであと1ターン
うちはクーデター予定まで2ターン



エビス「これから君たちには組手を行ってもらいます」

アカデミーの授業では今まで格闘技の打ち合いはあったが本格的な組手はなかった

だからなのかシャチも含めて声を上げて喜びを表現している

ネジ「……甘い奴らだ」

組手とは命懸けで技を盗むための場
ネジは日向の組手を思い浮かべて周りの呑気さを鼻で笑う

それからいくつかのペアが組手を行い、次のペアを決めるためにくじ引きをした

エビス「次はシャチと……」


コンマ
67~  ネジ
34~66 リー
~33  テンテン

341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:04:05.89 ID:SZuniYey0

344: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:09:39.44 ID:L7/Ov00ho
エビス「……ネジ。さあ、前に出て構えてください」

シャチ「やった!」

シャチは自分は強いと自覚している
でもその強さはイタチには全く通じないし、イルカにも今はまだ勝てないと理解している

そして同世代で1番強いのは確実にネジだ

シャチは自分の力がどれくらいあるのか確かめたくなっていた

ネジ「組手を喜ぶなんて、貴様たちは甘過ぎる!」

シャチ「ネジは話しかけても、一緒に練習しようって言っても無視してたじゃん! でも今回は逃げられないよ!」

ネジ「……いいだろう。格の違いを見せつけてやろう」



3ラウンドで2ラウンド先取した方の勝ち

今回は組手で体術だけなので圧倒的不利
補正-20

コンマ
70以上で一ラウンド先取

345: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:10:50.00 ID:QxmGKiqc0
ボルト

351: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:15:59.11 ID:L7/Ov00ho
コンマ↓1
体術レベルが成長60代へ
それ以上だと経験値ボーナス
イタチやイルカやカカシがこの後のことを知る

コンマ↓2
95以上で……

コンマ↓3
50以上でネジは好印象

352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:16:32.04 ID:nM/COKdZo
のー

353: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:16:43.72 ID:Sg8vI98wO

354: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:16:57.06 ID:wFsiX0Of0
ほー

357: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:27:57.43 ID:L7/Ov00ho
シャチはイタチに体を鍛えろと言われた時に一通り体術の動きを教えてもらった

忍術ではないので忍術のように直ぐに理解して使える訳では無いが、それでもそれを夢想して似せることは出来る

本気の戦いに反応したのか写輪眼が開きそうになるが、それを意思で押さえつけてネジに向かっていく

イタチは先生と言うだけあって、イルカと同じように知識も伝えていた
イルカと違う点は、戦いの知識に特化していることだ
その中には柔拳とはどういう武術なのかも含まれていた

イルカやイタチのせいで更に女の子らしさがなくなってしまっているが、女の子らしさを知らないシャチはそれを求めることも無い

ネジ「……な、何故だ!」

ネジは困惑していた
柔拳が当たらないのだ

武術としての柔拳は経絡系への攻撃を抜きにしても相当上位に入る強さの体術なのに、当たらない……いや、当たるような攻撃ができない

シャチの挙動はまるで虚ろなのだ

優れた武術家は相手の動きの始めを見て、どう動くのかを想定して動く
なのにシャチの視線は行動と真逆だし、全く無駄に思える動きが最終的に理にかなっていた

動作だけで幻術を掛けるガチ勢の動きを写輪眼でトレースし、それを反復練習していたことが功を奏し、同年代の子達なら確実に惑わせられる不思議な戦い方ができるようになっていた

そして消耗させられたネジは顎を思いっきり殴られ

ネジ(……俺が負ける? 全てを捨てて武に邁進している俺が、おちゃらせている女風情に……ふざけるなぁ!!!)

ネジはその場で気絶した


00なので確定勝利となりました

リーはその光景を目にした
テンテンはその光景を目にした
イルカ、カカシ、イタチにあの日向のネジに勝ったことが確実に伝わった
ネジのヘイトがクソ高まりました

359: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:34:48.15 ID:L7/Ov00ho
ターン制のためイベントの時間軸が早くなったりしています



シャチ「ネジが起きたら思いっきり吹き飛ばされた……」

テンテン「プライドの高そうなネジが負けた相手に心配されてたらああなるってしょうがないよ」

シャチ「……私は悪くない!」


ネジを倒した後、心配して駆け寄ったシャチだったが、ネジがブチ切れて吹き飛ばし、そのまま帰ってしまった

それはそれこれはこれ。あれは真剣な勝負だったのだ
そして自分は勝ったのだから誇ろう!

シャチは放課後何をしようか考えることにした



多数決↓1~5

1 公園に行く(公園にいそうな人なら誰でもいる)
2 どこかに遊びに行く(やべえ場所以外は行ける)
3 アカデミーで誰かを指す
4  知り合いに会いにいく(イルカ、ナルト、シカマル、ネジ、リー、カカシ)
5 自主練

6 イタチが修行場で黄昏ていた

361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:36:13.86 ID:wFsiX0Of0

367: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:45:18.55 ID:L7/Ov00ho
シスイ死んでからイタチの万華鏡写輪眼開眼だったな……ま、まあええか。このイベントで完全な万華鏡写輪眼になったということでスサノオ覚醒したってことで

このターン限定イベント【シスイが死んだ】




シャチは結局イタチの秘密の場所で修行をする事にした

そしてその場所に行くと、シャチは直感?いや、自分の目、写輪眼が導いているような気がして、更に奥へと歩みを進めた

そこは目の前が崖になっていて、その横に滝がある場所だった

そしてその崖の縁にうちはイタチがいた

368: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:49:19.67 ID:L7/Ov00ho
シャチ「イタチ?」

シャチは膝をついて俯いているイタチに近づいて声をかけた

シャチに敵意も害意もなかったからイタチは反応しなかったのかもしれない

イタチ「ああ、シャチか」

シャチ「どうしたの? なんかあった?」

イタチの顔には涙のあとと、血涙のあとがあった
いつもよりもだいぶ疲れていて、今にも死にそうな顔をしている


3度目のコミュがあったため60%

コンマ
30以上でイタチは想いを零してしまう

369: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:49:50.61 ID:CDWFCtUz0

372: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 22:57:51.05 ID:L7/Ov00ho
イタチ「友が、親友が死んだんだ」

うちはでもない、木の葉の暗部でも上層部でもない
もちろん忍びですらない

本来ならイタチは巻き込むかもしれないからと口にすることは無いはずだが、心が弱っていたのだろう
今の思いの丈を口にした

シャチ「……えっと、その」

シャチは忍びは戦って死ぬこともあるとは知っているが、知り合いが物心ついた時から死んだことは無い
だからどう答えていいかわからない

とりあえず怪我をして痛い時にイルカがやってくれたように、患部を抑えたりしようとしたが、イタチ自身は怪我をしていないようだ

イタチの頭を抱きしめてみた

イタチ「あいつは、シスイは死んでいいやつではなかった。あいつほど里の安寧を願っていた奴はいない」

イタチ「それなのに、あいつがやろうとした穏便な解決をあいつは」


コンマ
70以上であいつの名前が出る

373: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 22:58:54.20 ID:Sg8vI98wO
でるか?

375: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 23:07:55.97 ID:L7/Ov00ho
お前のような対応ができるアカデミーほぼ二年生がいるか!!



イタチ「ダ……」

イタチは話したらやばいことを話していたが、無意識にダンゾウの名前を出すのだけはやばい、シャチが狙われてしまうと無意識に思ったのか口にはしなかった

イタチ「あいつは力ずくで手段を奪い取った! 何故シスイが死ななければならなかったんだ!!」

イタチは縋るようにシャチを抱きしめ、憎しみの限り力を入れてしまう

シャチの腕の骨にヒビが入るが、今のイタチを突き飛ばすことは何となくできない

シャチ「……その人とはちゃんとお別れは出来たの?」

イタチ「あとは任せた……あいつは俺にそう言った」

シャチ「なら頑張らないとね!」

イタチは見た

忍びの闇も知らず、ただ木の葉の光のみを見ているであろうシャチの笑顔を

イタチ(そうか、シスイはこれを守るために俺に力を残して、託してくれたんだな)

イタチ「…………先生なのにみっともない所を見せた。腕の治療をしよう」

イタチは強く抱き締めすぎて軽く折れているシャチの腕を服を破って剣を挿し木にして固定しながら木の葉を救う覚悟が完了した

380: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 23:17:15.63 ID:L7/Ov00ho
テンテン「ねえ、面白そうな子いた?」

シャチ「えーとね、うちはサスケとか?」

テンテン「あー! あのうちはイタチの弟だっけ? うちはイタチは凄い忍びなんだよね? なら弟のうちはサスケも凄いんだろうね!!」

シャチ「うーん? どうなんだろう?」

シャチたちは二年生に上がり、今日はアカデミーの入学式だ

テンテンとシャチはシャチがネジを倒してから声をかけられることが多くなった

曰くネジは日向の中でも天才と呼ばれるほど強いらしい
そのネジを女の身で、名家でもないのに倒すなんて物凄いこと
だからどんな鍛錬をしているのか教えて?

そんな風には話すようになったテンテンとシャチは今年の新入生を屋上から見ていた

テンテン「うーん、サスケくんは噂通りカッコイイね」

シャチ「……そう?」

シャチが好きなのはイルカやイタチなどの主に年齢が上の人たちばかりであり、その人たちを基準にしているため少しだけサスケは幼く見える


入学式が終わり、新入生は解散するようだ

テンテンは今年入学の友達の所に行くと言って、シャチを誘ってきている


多数決↓1~5
1 ナルトの元へ
2 噂のサスケの元へ
3 友達のシカマルがいる猪鹿蝶の元へ
4 あのネジの親戚の日向の元へ
5 そのまま帰る

381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 23:17:51.83 ID:QxmGKiqc0
1

389: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 23:29:13.54 ID:L7/Ov00ho
1000でコンマ50以上になったら書かれたレスの内容のボーナスがある
その時の進行具合で無理がないレベルでならという条件はつくけど




ナルトの周りには人がいない
露骨に保護者が距離を取らせているので当然だろう

いつもは人が並んでいるブランコに腰をかけても、その後に並んでいる人は誰もいない

皆は母親や父親がアカデミー入学をお祝いしてくれている
でも自分の父親と母親はナルトが生まれた時に死んでしまったとカカシ先生が言っていた

悲しい、羨ましい

そんな風にブランコに座って眺めていると、いきなり後ろから蹴り飛ばされた

ナルト「痛ぇ! 何すんだ、ってシャチ!? なんでここにいんだよ!」

シャチ「私は既にアカデミー生だからいてもおかしくはないでしょ? 入学式を上から見てたの」

ナルト「そうじゃなくて、」

シャチはナルトが何を喚いているのか分からないが、去年シャチが入学した時にイルカが言ってくれた言葉を口にする

シャチ「ナルト、アカデミーに入学おめでとう」

ナルト「え、あっ……へへっ、ちょっと先輩だからって調子にのんじゃねえぞ! 俺がすぐにシャチなんて追い抜いてやる!!」

シャチ「……私勉強の成績もいいけどそれも抜く気?」

ナルト「えー、あー……」

ナルトは届いた教科書を読み始めて数分で投げてしまった程度には勉強が苦手だ
それを知っているシャチは笑いながらそれを突く

シャチ「私の勝ち! このあとイルカにいと一楽行くけど一緒に行く?」

ナルト「やっほー!」

ナルトの孤独の入学式はなんてものはなかった




ヒナタ「ナルトくん……」
ヒアシ(あやつがネジを負かしたうみのシャチ)
カカシ(俺が出る幕はなかったか)

395: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 23:41:05.86 ID:L7/Ov00ho

うちはクーデター予定ラストターン



ナルト達が入学してきてから少し時が経った

イタチが全然修行を見てくれなくなったが、鍛錬の仕方は残してくれたのでそれに従って自己練をしている

ナルトの学年はサスケが体術で1番の成績を出していて、既に火遁・豪火球の術といううちはのメイン忍術が使えるらしい

シャチ「……見れば覚えられたりするかな?」

アカデミーでシャチは2学年で1番強い奴候補のトップにいる
ネジが今ではトップだったが、それを打ち負かしたので台頭していたのだ

1学年上のトップ候補であるシャチは何故かうちはサスケに微妙に敵視されている
乗り越えるハードルのように見られている気がしないでもない


それはそれとて

シャチ「せっかくのお休みなんだからなんかしよう! イルカにい!」

イルカ「あの馬鹿共のせいで疲れているんだ。朝ごはんは作ったから遊びに行ってきな」

シャチ「昼ごはん作る?」

イルカ「やめてくれ!!!」

ナルトたち糞ガキ共のせいで疲労困憊のイルカ
もう年齢かな?とかちらりと頭に過っていたりする



多数決↓1~5
1 公園に行く(公園にいそうな人なら誰でもいる)
2 どこかに遊びに行く(判定によっては行けない場所もある)
3 アカデミーで誰かを指す
4  知り合いに会いにいく(イルカ、ナルト、シカマル、ネジ、リー、カカシ)
5 自主練

6 イタチが待っていた

396: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 23:41:26.99 ID:oQQL6ZFWo
6

401: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 23:45:08.25 ID:L7/Ov00ho
シャチが外に出るとカラスがポストに止まっていた

その足には手紙がついていて

【あの場所で待つ】

それだけ書かれていた

402: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 23:46:37.36 ID:L7/Ov00ho
ゾロ目1なので次の判定にボーナスがつくのですが
多数決↓1~5
1 補正値+20(これでコンマの最低選択枝は回避出来る)
2 ゾロ目寄せ+-1

404: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/24(日) 23:47:02.14 ID:PZ3LGTFHO
1

408: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/24(日) 23:59:06.46 ID:L7/Ov00ho
あー、前回イタチが腕を折った時に添え木にしたイタチの刀はシャチが持っています
補正値+20

時限イベント【イタチの離別】
コミュ3回以上+弱音暴露の条件を満たしたためイタチが話します



シャチはイタチの秘密の修行場所につくと、シスイの時よりもだいぶ表情がよい……いや、覚悟の決まった顔をしているイタチがいた

シャチにはその顔がキリッとしていてかっこよく見えたが、覚悟云々は分からなかった

イタチ「シャチ」

シャチ「はい! あっ、この剣返すね」

イタチ「それは君が持っていていい。本題だが、俺がもし木の葉から居なくなっても探すな」

シャチ「え?」

シャチはイタチが木の葉が好きなのを知っている
うちはの区画から出てすぐにある甘味処のぜんざいをこよなく愛していることを知っている

それなのにそのイタチが木の葉から居なくなる?

シャチ「なんかあったの?」

イタチ「詳しくは聞くな。いや……」

イタチはシャチは話さなければ自分を探してしまうかもしれないと思った
これからイタチが行うことを知って、それがイタチの本心ではないとこの前の弱音暴露によって気がついてしまう

だから軽く説明をしようとしたが、それをすればシャチが危険に巻き込まれる可能性がある



コンマ
補正値+20
1だけは補正値でも回避不可能

99    イタチもうちはだった
80~98  イタチの加護
60~79  月詠(君を今から72時間鍛え続ける!)
40~59  イタチの置き土産
20~39  月詠(君を今から72時間殺し続ける)
2~19  写輪眼によってシャチのイタチに関する記憶は封印される(万華鏡写輪眼を運用できるようになったら思い出す)
1    絶望

409: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 00:00:15.66 ID:MtB/tdfYO
はい

414: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 00:09:33.28 ID:Jwt4kINjo
イタチ関連で前作も含めてゾロ目多すぎ
イタチ兄さんだけはマジでスペックおかしいからな


多数決↓1~5
1 月詠教室で50以上で写輪眼3つ勾玉49以下で1つ勾玉
2 シャチッ! 君は俺にとっての新たな光だ!(うちはイタチに本当の意味で好かれる。うちは的な意味で)(サスケが除外される訳では無い)
3 月詠教室始めるよー今日のお題はイタチ忍術セットッ!!

415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 00:10:28.52 ID:hOODRpxCO
1

420: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 00:17:46.14 ID:Jwt4kINjo
イタチ「月詠」

イタチは瞳にダメージを負うことも厭わずに月詠を発動させた

そして幻術世界で投影されたのは今さっきいた秘密の修行場所

イタチ「今から72時間、シャチには写輪眼の修行をしてもらう」

シャチ「そんなに出来ないよ? 疲れちゃって」

イタチ「俺の幻術空間なら君の体力すらも俺が自在に操ることが出来る」

シャチ「え? なにそれ?」

イタチはにっこりとシャチに笑いかける

その笑みに何となく嫌な予感のしたシャチは写輪眼で幻術返しをしようとするが当然無理

イタチ「72時間君には写輪眼を操り続けてもらう。それじゃあ、初め!!」

シャチ「いやあああああ!!」

チャクラの使いすぎによる疲弊も、瞳力を使いすぎによる疲労も何から何まで全て

イタチ「月詠で改変した。これも一種の愛だ。頑張りたまえ」

と言ってイタチがねじ曲げて、72時間ぶっ通しでシャチは写輪眼を使い続けた


コンマ
50以上で3つ勾玉写輪眼(終末の滝の時のサスケの写輪眼)
49以下で1つ勾玉の写輪眼(中忍試験時くらい)

421: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 00:18:11.33 ID:j6H4GbZA0
へい

427: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 00:25:59.57 ID:Jwt4kINjo
イタチでゾロ目からのゾロ目は前に見たぞッ!!



シャチ「イタチはこのあと居なくなっちゃうんだよね?」

イタチ「ああ」

イタチは手加減をして写輪眼で幻術を掛け、それに写輪眼で反撃をする訓練中にシャチは話しかけた

シャチ「私がもっと強ければイタチは木の葉に居られる?」

イタチ「……」

イタチはシャチの優しさに言葉が出なかった
これからイタチはうちはを皆殺しにする
これは確定事項であり、そのあと木の葉に居られる可能性なんて0だ

しかしその沈黙をシャチは是として話を進めた

シャチ「……」

思い出すのは自分(かぐや)が封印された時の光景
相手のうち一人は写輪眼に年輪のような模様がついていた

それを今呼び出すことは出来ない
それを今習得することは出来ない

魂がそう告げている
だけどそれの前、万華鏡写輪眼なら?



コンマ↓1
50~ 万華鏡写輪眼が数秒なら使える(使用後も動ける)
~49 万華鏡写輪眼を数秒なら使える(ただしスタミナ切れのカカシみたいになる)


コンマ↓2
早過ぎる万華鏡覚醒
アカデミー卒業前なので
75以上で何も無い(これのゾロ目は無効として権利を付与)

428: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 00:26:58.42 ID:hOODRpxCO

429: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 00:27:07.28 ID:PmB+dAfpO
ほい

436: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 00:36:55.18 ID:Jwt4kINjo
シャチの瞳はゆっくりとその紋様をイタチの万華鏡写輪眼へと変えていく

シャチ「私も戦えるよ?」

イタチ「ありがとう。でも今はおやすみ」

イタチはシャチが万華鏡写輪眼に足を踏み入れたことを理解し、前のように暴走はしないこともわかった

だがこれ以上は駄目だ
きっと自分がこの子供に甘えてしまう

イタチはシャチの精神に負荷を与えてそのまま気絶させた

現実世界に戻ってきたイタチは影分身の術で影分身を作りだし、その分身に変化でそこらへんの一般人に変化させる
そしてその影分身にシャチをシャチの家に連れて生かせる

イタチ「先生なのにこれから行うことは君に悪影響を与える。済まない」

イタチは連れていかれる前にシャチの額を1回だけ小突いた




【コンマ】
クーデターラストターン
イタチが去ることを知っている(弱音暴露+コミュ3回)
ラストターンに万華鏡写輪眼をイタチが使った

クーデター前のイタチと接し過ぎた為判定が発生

【見ていたぞ】
66~  見ておったぞ
34~65 兄さん今のはどういうことだ!
~33  ほう、今のはどういうことだ?

437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 00:37:41.60 ID:u0K0s0vMo
おったぞ

440: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 00:42:53.36 ID:Jwt4kINjo
ヒルゼン、サスケ、オビト



最近兄のイタチの様子がおかしかった

兄の部屋には何故か子供向けの鍛錬指南方法の書いた書物があったり、イタチが大切にしていた刀を無くしたと言っていたり

サスケは今日こそは秘密を見つけてやると意気込み、しかし巻かれてしまっていた

しかしたまたま、そう本当にたまたまその場所を見つけてしまった
この場所はうちはの領域内だからこそ、サスケはたまたま見つけた

崩れ落ちる自分と同じくらいの女の子……あれは噂のうみのシャチとかいうやつを、大切そうに抱き上げた
影分身の術と変化で別人になった影分身にその子を預けて、サスケにやるように「許せサスケ」の小突きをやっていた

あれは自分がやってもらう特別だ

しかもシャチの背中にはイタチの刀だったものが見えた

サスケ「兄さん、今のはどういうことだよ!!」

イタチとシャチに関係性があることがサスケにバレてしまった

441: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 00:50:07.78 ID:Jwt4kINjo
シャチはそのあと普通にアカデミー通いを続けていた

何故かサスケがイタチとの関係を聞いてきていたが、イタチには秘密と言われていたので、知らぬと言い続けた


そしてあの日から数日後

うちははサスケを除いて、うちはイタチによって全滅した





クーデター前日にヒルゼンとイタチは密談をしていた

イタチ「三代目様。サスケを頼みます」

ヒルゼン「ああ、分かっておる」

イタチ「……もうひとつだけ宜しいでしょうか」

ヒルゼン「もちろんじゃ。お主に背負わせる業に比べたら、願いのひとつやふたつ、容易いことだ」

イタチ「……うみのシャチを知っていますか?」

ヒルゼンはあの後もちょくちょく遊びに来ていたシャチを思い出し、軽くうなづいた

イタチ「彼女は俺にとっての(弟子として)初めての子ですので、どうか目を掛けてやってください。彼女の存在は俺にとってのもう一つの光ですので」

ヒルゼン「あいわか……は?」

ヒルゼンは考えた
イタチにとって初めての子? それってえ? あれ? とヒルゼンはむっつり●●ジジイなのでそちら方面に考えてしまった

イタチは言葉が足りないのはいつでもどこでも変わらない

イタチ「では」

ヒルゼン「え?」

454: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 21:31:08.82 ID:Jwt4kINjo
その日はアカデミーが急遽休みになった

なぜ休みになったのかは告げられず、イルカは険しい顔をして家から出ていった

シャチ「どうしたんだろう? 今日はテンテンと忍具を見て回ろうって約束してたのに」

緊急招集は時々あるので、シャチは特別なことだとは思わなかった
空が夕焼けに染まる少し前、イルカは帰ってきて告げた

イルカ「今からある場所に一緒に行こう。この服を着て欲しい。出来るかい?」

シャチ「私は服が着れない子供じゃないもん!」

シャチは黒のリボン黒のワンピース
黒ずくめの服を着て、険しい顔のイルカに連れられて、そこにたどり着いた

木の葉墓地にたどり着いた



イタチはこの時点でサスケ以外の木の葉の光を見つけられているため
コンマ↓1
50以上で原作と違う行動をしていた

サスケにイタチと密会しているのを見られたので
コンマ↓2
80以下で対象となる

455: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 21:31:43.67 ID:u0K0s0vMo
ん?

456: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 21:31:51.27 ID:j6H4GbZA0
ほい

458: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 21:44:20.41 ID:Jwt4kINjo
シャチ「誰か死んじゃったの?」

イルカ「……うちはが死んだんだ」

シャチ「……え?」

イルカはしゃがんでシャチと目線を合わせ、手を握ってゆっくりと説明した

うちはが一夜にして壊滅したこと

その犯人はうちはイタチであり、弟のうちはサスケ以外は誰も生き残れなかったこと

大抵の人が一刀の元に斬り殺されていたが、うちは当主のうちはフガクとうちはミコトは目や首、心臓など誰か分からなくなるほど細切れにされていたこと

そしてこれについては語られなかったが、写輪眼を開眼していたであろううちはの目は全て抉り取られていたこと

いずれは知ってしまうだろうと、ここでイルカは全てを話した

シャチ「うっぷ……」

シャチは吐いた
そして思った

イタチはやりたくてやっていない
親友のシスイという人に任されたと泣きながら語っていたイタチがこんなことをするはずがない!

だがそれをシャチは必死に堪えて口にしなかった
聡明な彼女は理解していた
もう木の葉にはイタチの居場所などどこにもないのだと

459: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 21:52:06.07 ID:Jwt4kINjo
何故自分のためと言いながら里の安寧を親友のシスイという人と同じくらい求めていたはずのイタチがこんなことをしたのか

ヒルゼン「……このようなことになり、うちはイタチは特Sのビンゴブックにて指名手配することとなった。うちはと親しかったものも居るじゃろう。憎しみや恨みもあるじゃろうが、その心の嘆きのみで行動するのだけはよして欲しい」

ヒルゼンが話している時シャチと目が合った気がする




コンマ
イタチの初めて(の弟子)宣言を言ってもらえるほど親しかったため
補正値+10

70以上でヒルゼンはイタチとシャチに繋がりがあることを知っていることがわかった



多数決↓1~5

【シャチの目的】
1 イタチがうちは皆殺しを行った真実を追い求め、イタチと会うことを今後の目的とする
2 まだシャチの今後の目的を決めるべきではない


460: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/25(月) 21:52:45.52 ID:hOODRpxCO
2

466: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 22:00:22.81 ID:Jwt4kINjo
シャチ(今火影サマがこっちをじーっと見てたような?)

流石に火影モードのヒルゼンは顔に出ることは無かった


シャチはイタチの真実を追い求めるためにこれから生きていこうと考えた時、イタチ自身の言葉を思い出した

イタチは写輪眼をあくまでも自分のために使っていると言っていた

あれは平和を求めているであろうイタチがあえてあの言葉を使ったのは、平和(イタチ)に囚われて欲しくないと思っていたからだろう

シャチ(いつかは話してよね、先生!)

いつか機会があれば、強くなった月詠で説教をしてやる!とシャチは思った



一方その頃、サスケは病院で目覚めていた

サスケ「殺してやる、復讐してやるッ!! うちを皆殺しにしたイタチは絶対に許さない。それにイタチとあの時に密会していたうみのシャチ、あいつはきっとイタチの何かを知っている。ぶっ殺して吐かせる!!」

復讐者うちはサスケが誕生していた

468: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 22:04:43.26 ID:Jwt4kINjo
イタチの描写を忘れていた


マダラ(オビト)「どうした? 未練でも感じているのか?」

イタチ「……いや、ああする以外に里の安寧を維持する術はなかった」

オビト「だろうな。イタチ、お前は犠牲になったのだ。木の葉の安寧のための犠牲にな」

イタチ(……何故俺は父さんの眼を持ってきたのだろうか。あと俺の価値はいつかサスケが殺しに来た時に、目を継承するだけのはずなのに)

オビト「どうする? 完全なる万華鏡写輪眼に今すぐにするか?」

イタチ「いや、まだいい」

イタチは謎のマダラと名乗る男に連れられて何処かに消えました

471: ◆.5dCvMNp2o 2019/02/25(月) 22:13:58.60 ID:Jwt4kINjo
サスケは卑劣な穢土な転生は突然覚えていないです



あんなことがあったがそれでも木の葉は普通に運行する

アカデミーだって、大半の人は何も無かったかのように授業が進められていく

シャチ「……」

リー「どうしました? 元気がありませんよ!」

シャチ「ちょっとお腹が痛くて。保健室に行ってくるね」

リー「なんと、行ってらっしゃい!」

シャチは未だに知り合い、しかも自分の先生がうちはを何かの理由があったとはいえ、皆殺しにした事を受け入れられていなかった

シャチ「……うーん、なんかやる気が出ない」

それでも時は進んでいく


コンマ
20以下でうちは


多数決↓1~5
1 誰かが会いに来た(人物指定で木の葉の表の忍びなら誰でも良い)【サスケは除く】
2 自主練


次回 NARUTOにまた異物が紛れ込みました Part.1 後編