1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/25(土) 20:43:18.91 ID:TzgQyfqfO
友「なんだ、またのろけか?」

男「いや、そういうのじゃなくてな」

友「……深刻そうだな、聞こうか」

男「ああ、助かる。それがこの前のテスト期間の話なんだが……」

友「おう」

男「一緒に勉強しないか?なんて言い出したんだ」

友「……」

男「それだけじゃなくてな、突然一緒に帰ろうとか言い出したり……おわっ、あぶねっ」

友「のろけ禁止っつっただろ!」

男「待てよ、今のどこにのろけ要素が……」

友「てめぇの血は何色だ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1558784598

引用元: 男「最近、幼馴染の様子がおかしい」 



恋愛感情のまるでない幼馴染漫画 (2) (バンブーコミックス)
竹書房 (2019-05-27)
売り上げランキング: 3,749
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/25(土) 20:55:00.73 ID:TzgQyfqfO
幼馴染「……なぁ」

幼馴染友「ん?」

幼馴染「やっぱり、逆効果だと思うんだボクは」

幼馴染友「何が」

幼馴染「その……突然馴れ馴れしくしてきたらさ、普通は驚くだけじゃないか」

幼馴染友「それでそれで?」

幼馴染「いい感じに距離感を保ちながら言うか……なんというか……」

幼馴染友「そのいい感じの距離感とやらでここまで来て」ズイッ

幼馴染「……っ」

幼馴染友「進展が無いことに嘆いていたのは誰だったかな?」

幼馴染「……むぐ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/25(土) 21:05:39.98 ID:TzgQyfqfO
幼馴染友「あんたは知らないかもしれないけど、男くんって結構モテるんだよ」

幼馴染「……そうなんだ」

幼馴染友「事実、今目の前に一人男くんに夢中なやつがいるし」

幼馴染「夢中って、ボクはそんな……」

幼馴染友「正直に好きって言っちゃえば早いと思うんだけど」

幼馴染「……じろり」

幼馴染友「それならなんとかしてまず意識させないことには始まらないよ」

幼馴染「むぅ……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/25(土) 21:35:46.59 ID:TzgQyfqfO
幼馴染友「しかしね、確かに男くんも悪いよ」

幼馴染「っ!」

幼馴染友「こんなグラマラスボディに誘惑されて、微塵も揺らがないなんてね」

幼馴染「や、やめ……」

幼馴染友「よいではないかよいではないかー」


友「またアホやってやがる、あいつ」

男「仲いいよな、あの二人」

友「お前も大概だろ?」

男「んー……俺のはどっちかというと腐れ縁、みたいなものじゃないか」

友「……」

男「どういう感情なんだ、その表情」

友(まじ頑張れ、幼ちゃん……)

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/25(土) 22:11:57.63 ID:TzgQyfqfO
幼馴染(さて、今日はどうしたものか……)

男「お、いたいた。幼」

幼馴染「ん、なんだい?」

男「昨日話してた、勉強会のことなんだが」

幼馴染「やっぱり難しそうかな?ボクの要らぬ心配だったなら無理には……」

男「いや、俺としても大いに助かるからぜひお願いしたい」

幼馴染「そ、そうか……それならよかった」

男「それでな、そのあと具体的な話が無かったから。何日にどこでやるのか聞いておこうかと」

幼馴染「……そういえば」

幼馴染(ボクとしたことが……誘うのに必死で何も考えてなかった)

幼馴染「そうだな……」

幼馴染「……」

幼馴染「……ボクの家で、どうだろう」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/25(土) 22:28:25.58 ID:TzgQyfqfO
幼馴染「……ちら」

男「そうだな、幼の家なら勉強道具を俺が持っていくだけで済む」

幼馴染「そうだね、決まりだ。日にちは来週の……」

男「了解……」


幼馴染「ボクばっか気にしてて、何だか癪だ」

幼馴染友「だーかーらー……うっふんで迫れば一撃だって言ってんのに」

幼馴染「……」

幼馴染友「お、少し悩んだ」

幼馴染「な、悩んでないっ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 21:30:17.11 ID:MI1lSo0JO
男(そういえば、幼の家に行くの久しぶりだな)

男(小さい頃はよく泊まりに行った記憶があるが……いつ頃からかなくなってたな)

友「おう、なに神妙なツラしてんだ」

男「ああ、今度の日曜に幼の家でな……」

友「あー……うん、今のは俺が悪かったな。そいじゃ」

男「おい、ちょっと待てよ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 23:22:24.89 ID:MI1lSo0JO
友「なんだよ、俺になんか関係あるのか?」

男「日曜、幼の家で勉強会やるんだよ」

友「……それで?」

男「前回のテスト、赤点で補習受けてただろ」

友「何をぉ?お前もギリギリだったろ」

男「ああ、だからさ。お前も一緒にどうかなって」

友「……」

男「……」

友「……はぁー」

男「なんで溜め息」

友「いや、俺は遠慮しとくわ」

男「む……そうか」

友(幼ちゃんの邪魔したとなったらあいつに何言われるか分からんしな)

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 23:56:31.17 ID:MI1lSo0JO
幼馴染(……そろそろ時間か)

幼馴染(片付けは済んだし、格好に変なところはない……よね?)

ピンポーン

幼馴染「……!」

幼馴染「はーい」


男「よっす」

幼馴染「ん、オハヨ」

男「……」

幼馴染「どしたの?入っていいよ」

男「ん、あぁ」

幼馴染「……ボクの顔になにか付いてる?」

幼馴染(鏡を何度も見てチェックしたはず、だけど……)

男「いや、髪を下ろしてるところを久々に見たと思ってな」

幼馴染「ああ、そんなことか。家では割と下ろしてるよ」

男「そうなんだな」

幼馴染(……キミはどっちのほうが好きなの、かな)

男「お邪魔しまーす」

幼馴染「うん、入って入って」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/30(木) 20:04:16.78 ID:uzYda2auO
男「なあ、ここはどうやって解くんだ?」

幼馴染「ん……ああ、これはこの公式を使うんだ」

男「ほうほう、それじゃこっちは……」

幼馴染「……こら、さっきからボクに聞いてばかりじゃないか。自分で考えないと身に付かないぞ」

男「いやー、今からじゃ丸暗記くらいしか方法ないと思ってな」

幼馴染「しっかり教えてあげるから、横着しないっ」

男「分かった分かった」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/30(木) 20:16:25.13 ID:uzYda2auO
幼馴染「……ふぅ」

幼馴染「このへんで少し休憩しようか」

男「お、そうしようか」

幼馴染「飲み物取ってくるね」

男「ちょうど喉乾いてた、助かる」


幼馴染「……ふー」

幼馴染(毎日学校で会ってるだろ……なんでこんなにドキドキしてるんだボクは)

幼馴染(顔に出てない、よね……?)

幼馴染(……部屋に戻る前に鏡見ておこう)

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/30(木) 21:14:40.20 ID:uzYda2auO
幼馴染「お待たせ」

男「おお、モンブランケーキか!」

幼馴染「ふふ、子供の頃から変わらないなキミは」

男「よく覚えてるなぁ」

幼馴染「その喜び方を見たら忘れないさ」

男「そんなにか……」

幼馴染「さ、召し上がれ」

男「うむ、遠慮なくいただきます」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/31(金) 18:10:47.61 ID:04XcBLQ2O
幼馴染「……じぃ」

男「美味いな、これ」

幼馴染「ほんと?それはよかった」

男「どこの店のやつなんだ?」

幼馴染「へ?あ……っと」

幼馴染「貰い物だから分からないんだ、ごめんね」

男「そうなのか……残念だ」

幼馴染「そんなに気に入ったのかい?」

男「ああ、お前も食べてみるか?」

幼馴染「えっ」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/31(金) 19:13:18.48 ID:04XcBLQ2O
男「ほんとに美味いんだって」

幼馴染「キミの食べる分が減るから悪いよ」

男「好物でも流石にそこまでみみっちく無いぞ俺も」

幼馴染「むぅ……」

男「モンブラン嫌いだったか?」

幼馴染「いや、そんなことはないよ」

幼馴染(これって所謂、間接……)

幼馴染「……あむ」

男「どうだ?」

幼馴染「……ぺろ」

幼馴染「まあまあだね」

男「反応がドライ!」

幼馴染「ほら、食べ終わったら続きをやるよ」


幼馴染(試食で何度も食べた味通り……気に入ってもらえてよかった)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/31(金) 19:47:19.23 ID:04XcBLQ2O
ここで終わります
ありがとうございました