1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:21:26 p/FluttU

ミカサ「どうしよう。アルミン?」

アルミン「いや、どうしようって言われても」

ミカサ「部分的だけどハゲてしまったの」

アルミン「…見えないけどどこかな?」

ミカサ「ほら。ここ…」ファサ


○←側頭部

アルミン「…」



ねんどろいど 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 再販分
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) (2019-09-28)
売り上げランキング: 20,324
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:22:26 p/FluttU

アルミン「たしかにコイン状にハゲてるね…」

ミカサ「どうしよう…?」

アルミン「うーん…」

アルミン「ミカサは最近ストレスを感じてる?」

ミカサ「ストレス?」

アルミン「うん。これは多分、円形脱毛症だよ」

アルミン「円形脱毛症はストレスが一因にあるらしいからね」

ミカサ「なるほど」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:23:39 p/FluttU

ミカサ「エレンに会えない。それがストレス」

アルミン「ああ。それが原因だ」

ミカサ「私はエレンと家族になってから、こんなに長い間会えないことは初めて」

ミカサ「一ヶ月近くも会えないないんて訓練兵時代でもなかった」

ミカサ「ので、凄く寂しい…」シュン


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:25:10 p/FluttU

アルミン「ミカサ…」

アルミン「僕もエレンに会えないのは寂しい。けど今は仕方ないよ」

ミカサ「それは理解している。でももう我慢出来ない」

アルミン「いやそこは我慢してよ」

ミカサ「きっとエレンも私に会えなくて寂しい思いをしているはず」

ミカサ「違わない?」



6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:29:14 p/FluttU

アルミン「え。ん、まあ…そうだね」

ミカサ「だから今晩にでもエレンのいる旧調査兵団本部に行く」

アルミン「ダメだよ!ミカサ。落ち着いて」

ミカサ「大丈夫。バレないようにこっそりと潜入する」

アルミン「ミカサなら出来そうだ。…普通の場所ならね」

ミカサ「どういうこと?」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:31:23 p/FluttU

アルミン「あそこには人類最強と呼ばれるリヴァイ兵長がいる。いくらミカサでもバレずに潜入は難しいだろうね」

ミカサ「またしてもあのチビか…」ギリギリ

アルミン「だから止めておいた方がいいと思うな」

アルミン「(ミカサとリヴァイ兵士長の戦闘なんて考えたくもないよ)」


ミカサ「いや…逆に言えばあのチビに報いるチャンス」

アルミン「本当にやめて!」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:33:43 p/FluttU

アルミン「それに問題を起こせば、エレンの監視もより強化されるだろうし、ミカサもエレンから離されるよ?」

ミカサ「それは困る」

アルミン「だからね?」

ミカサ「しかし」

アルミン「お願いだから…

ミカサ「ぐぎぎぎぎぎ」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:36:36 p/FluttU

ミカサ「くっ…アルミンがそういうのなら止めておく」

アルミン「よかった」ホッ

アルミン「それに近いうちにエレンと会えるんじゃない?」

ミカサ「本当?」

アルミン「調査兵団の活動が本格化すれば合流する機会が増える」

アルミン「特にミカサは即戦力だからね。あの聡明な団長のことだ。どうすればミカサの力が最大限に引き出されるかわかるはずだよ」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:37:56 p/FluttU

アルミン「それが人類にとっての最大の益になることもね」

ミカサ「…」

ミカサ「わかった」

ミカサ「やっぱりアルミンは正解を導く力がある。相談して良かった」

アルミン「そう言ってもらえると僕も嬉しいよ」

ミカサ「してなかったら、エレンの下に突撃していた」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:39:51 p/FluttU

アルミン「ははは…」

ミカサ「じゃあ私は気晴らしに散歩に行ってくる」

ミカサ「さっきより我慢は出来るけど、寂しいのは変わらないから…」

アルミン「うん。いってらっしゃい。僕はその頭に効きそうな薬でも調べておくよ」

ミカサ「ありがとう」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:41:22 p/FluttU

----------------------

エレン「オルオさん。ちょっとトイレに行ってきていいですか?」

オルオ「チッ。さっさと行けよ」

エレン「すみません!」タタタ


エレン「ふぅ。すっきりした」

エレン「ん?」

ミカサ「」トボトボ


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:42:40 p/FluttU

エレン「おっ。ミカサじゃねえか」

エレン「おーい!ミカサー」

ミカサ「!」

ミカサ「今エレンの声が!」キョロキョロ

エレン「ようミカサ。なんだか久しぶりだな!」

ミカサ「エレン!」

エレン「おう」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:44:00 p/FluttU

ミカサ「この感触」ペタペタ

ミカサ「この匂い」クンクン

ミカサ「本物のエレン!」キラキラ

エレン「お、おう…」

ミカサ「どうしたのエレン!?もしかしてあのチビから離れられたの!?」

エレン「まさかリヴァイ兵長のこと言ってんのか…?」

エレン「先輩たちと出掛けるだけだ。また戻るよ」

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:45:23 p/FluttU

ミカサ「そう…残念」チッ

エレン「じゃあ俺はオルオさんを待たせちまってるから…ん?」

ミカサ「?」

エレン「おい、ミカサ。頭どうしたんだ?」

ミカサ「!」

ミカサ「だ、だめっ!」ババッ

エレン「ちょっと見せてみろよ」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:47:13 p/FluttU

ミカサ「エレンには見せられない」←しゃがみ込んでる

エレン「いいから」グイ

ミカサ「あ!」


エレン「…」

○←ミカサの側頭部

エレン「ハゲてるな」

ミカサ「うぅっ…」

ミカサ「だめって言ったのに…」グスッ


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:49:01 p/FluttU

エレン「あ、すまねぇ」

ミカサ「エレンには見られたくなかった…」

エレン「悪いって。でもこれって円形脱毛症だろ?」

ミカサ「…アルミンもそう言っていた。知ってるの?」

エレン「ああ。父さんもなったことあるしな」

ミカサ「おじさんが?」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:51:00 p/FluttU

エレン「母さんと喧嘩して一週間くらい口を利かないことがあってな。それで円形脱毛症になったらしい」

ミカサ「ストレス…?」

エレン「そうだ。でもそのあと、父さんが謝って仲直りしたんだ」

エレン「そして母さんが父さんの頭をこうして…」ナデナデ

ミカサ「ほあ!??」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:52:56 p/FluttU

エレン「撫でたら治ったみたいだぞ」ナデナデ

ミカサ「エ、エレン//」

エレン「その晩なぜか父さんから俺は一人で寝ろって言われてな」


『エレン!弟か妹が出来るかも知れないぞ!』

エレン「って。実際は出来なかったけどな」



23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 00:57:35 p/FluttU

ミカサ「でもそのあと私がきた」

エレン「そうだな」

エレン「とにかくストレスが解消されたら治ると思うけど…何が原因なんだ?」

ミカサ「今、私のストレスは解消されている」

エレン「?」

エレン「そっか。なら時期に治るだろ。そろそろ行かないとオルオさんに…」

ミカサ「待って!」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:00:00 p/FluttU

ミカサ「もう少しだけ…エレンと一緒に居たい」

ミカサ「頭を撫でてほしい」

エレン「いやでも待たせちまってるし…」

ミカサ「お願い」

エレン「…」

エレン「わかったよ。もう少しだけたぞ」ナデナデ

ミカサ「//」

エレン「お前は子供かよ」ナデナデ

ミカサ「かぞく」

エレン「…そうだな」



26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:01:57 p/FluttU

----------------------

オルオ「ったく!」

オルオ「あの小僧いつまで!」スタスタ

オルオ「ん?」

「おいミカサ。あんまりくっつくなよ」

「これくらいは仕方ない」スリスリ

オルオ「…」

オルオ「ちっ…」クルッ


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:03:46 p/FluttU

オルオ「最近のガキ共は…」

リヴァイ「おい。エレンはどうした?」スタスタ

オルオ「…。あのガキなら便所です」

オルオ「下痢らしくて長くなりそうなんで、先に行ってて下さい」

リヴァイ「…」

リヴァイ「そうか」

オルオ「すみません。すぐに追いつきますんで」

リヴァイ「ああ」スタスタ

オルオ「…」



32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:23:19 p/FluttU

----------------------

エレン「ミカサ、もういいだろ?」ナデナデ

ミカサ「私はずっとこうしていたい」

エレン「オルオさんに怒られちまうよ」

ミカサ「…」

ミカサ「わかった。名残おしいけど…」

エレン「撫で過ぎて疲れちまったよ」

ミカサ「ありがとうエレン。とても気持ち良かった」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:26:08 p/FluttU

エレン「そりゃよかった。今度こそもう行くからな」スクッ

ミカサ「エレン!」

エレン「なんだよ」

ミカサ「エレンは私に会えなくて寂しくなかったの?」

エレン「馬鹿。俺はガキじゃないんだぞ」

エレン「それに今は巨人化のことや、班のことで頭がいっぱいだ」




35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:29:13 p/FluttU

ミカサ「…そう」

エレン「でも…」





エレン「お前のことを忘れた日は一度もないぜ」

ミカサ「きゅん!」

エレン「またな!」タタタ

ミカサ「//」バタッ



38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:33:32 p/FluttU

・・・・・・
・・・

タタタ

エレン「オルオさん!待たせてすみません!!」

オルオ「おせえんだよ!!!」ポカッ

エレン「いてっ!すみませんちょっと同期に会って…」

オルオ「わーったから早く行くぞ!」

エレン「は、はい!」



40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:35:23 p/FluttU

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~翌日~

ミカサ「アルミン。ハゲが治った」

アルミン「え、もう?」

ミカサ「ほら」ファサ

●←側頭部

アルミン「本当だ…」

アルミン「どうしたの?」


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:37:19 p/FluttU

ミカサ「昨日エレンと会えた。アルミンの言った通り、近いうちだった」

アルミン「(いやそんなに早くとは)」

アルミン「…」

アルミン「ふふ」

アルミン「よかったね。ミカサ」

ミカサ「よかった」


43 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/10(土) 01:42:48 p/FluttU

ミカサ「ありがとう。アルミン」

アルミン「僕は何もしてないよ」

ミカサ「アルミンの助言があったから…」

ミカサ「今度は三人で会おう」

アルミン「うん!」






アルミン「(昨日あの人に貰ったこの育毛剤はいらないみたいだね)」







おわり