前回 P『…Pの嫁限定女子会ですか?』小鳥『そうらしいんですけど』

4: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:00:33.04 ID:DNcSw2Cc0


P『…下らないですね』

小鳥『冷たい!?』

P『そんなもの買う暇あったら仕事してくださいよ…全く』

小鳥『…だったら試してやるぴよ!』カチッ

P『よっと』スカッ

小鳥『躱された!?』

P『割と遅いですね…では、お仕事行ってきます』


小鳥『…プロデューサーさん、なんであんなに化け物じみてるのかしら…』

引用元: ・P『アイドルたちの性別を変える?』小鳥『うむ』 



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 33 Starry-Go-Round
歌:前川みく、大槻唯、アナスタシア、姫川友紀、二宮飛鳥
日本コロムビア (2019-10-23)
売り上げランキング: 34
7: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:02:32.05 ID:DNcSw2Cc0

春香『…それに加えて…私たちには全く恋心とか抱かないんですよ』

小鳥『…あら春香ちゃん、本当?』

春香『…はい、この前なんてアタックしてもスルーされましたからね…』

小鳥『…ドンマイね』



↓2『おはようございます』

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 21:03:46.67 ID:xxEmDKFz0
P

16: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:12:35.99 ID:DNcSw2Cc0

ガチャ

P『忘れてました…音無さん、この前の書類できてます?』

小鳥『あ、はい…これです』

P『ありがとうございます…それでは行ってきます』

小鳥『……』カチッ

P『…よっ』スカッ

小鳥『…ちっ』

P『しつこいですね…』

P『そんなに撃たれてほしいなら』ヒョイ

小鳥『…え』

P『自分でやります』カチ



P『…本当に女になるとは…』

春香『わぁ…すごい綺麗なんですけど』


小鳥の反応↓2

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 21:13:41.29 ID:97HAzikOo
食べたくなっちゃう

20: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:19:43.01 ID:DNcSw2Cc0
小鳥『…これはぁ…いただきますっ!』

P♀『…ほい』スカッ

小鳥『ぬわーっ!』ガシャーン!


P♀『…油断も隙もありゃしない』

春香『…でも気持ちはわかりますよ…すっごい綺麗ですよ』

P♀『…髪は肩まであるな…邪魔』

春香『…胸、私よりありますよ…美希くらい…かな』

P♀『…おかげで肩が重いよ』


P♀『…おっと、仕事行かなくてはな』

P♀『そこの気絶してる鳥、なんとかしててくれ』ガチャ


春香『…これでも仕事だなんて…本当に化け物ですよ』


↓2『おはようございます』
アイドルで

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 21:20:30.93 ID:6iNpEL8+0

24: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:27:23.96 ID:DNcSw2Cc0
真『おはようございまーす!』

春香『あ、真…おはよう』

真『…あれ、プロデューサーは?』

春香『さっき出て行ったよ…私もちょっと行ってくるね』

真『分かった!いってらっしゃい!』


真『…いないのか…あれ?何この銃…なんだろ』カチッ





『…あれ?何か違和感が…』

小鳥『…うう、痛い』

『…あ、小鳥さん、おはようございます』

小鳥『…誰このイケメン』

『…へ?』

小鳥『…不審者…には見えないけど…部外者よね』

小鳥『あの、今なら警察とか呼ばないんでお帰り下さい』





『…?なんで追い出されたの…』


↓2

真の行動

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 21:28:25.15 ID:Pc7lgruc0
ってなんでですかー!と戻る

28: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:31:22.90 ID:DNcSw2Cc0

事務所

『…って、なんでボクが追い出されなくちゃいけないんですか!小鳥さん!』

小鳥『ええっ!?さっきの人…』

『ボク、真ですよ!なんでボクを追い出すんですか!?』

小鳥『っえーと、これって…何?どうすればいいの?』


小鳥アクション↓2

ちなみに性別が変わると見た目では分かりません

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 21:32:40.00 ID:6iNpEL8+0
昨日の真の事務所での行動を聞く

34: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:38:39.02 ID:DNcSw2Cc0

小鳥『…えと、真ちゃんなら…昨日の予定、知ってる?』

『えっと…』



小鳥『…本当に真ちゃんなのね』

真♂『そうですよ!なんでボクだってわかんないんですか!』

小鳥『…えと、もしかして…』

真♂『…あ!そういえばボク仕事あるんでした!』

真♂『…時間がないので行ってきます!』

小鳥『…え、ちょっと真ちゃん!』







真♂『…スタジオ行ったら追い出された…なんで?』テクテク

ドンッ!

真♂『わっ!…ごめんなさい!』


P♀『…ん?怪我はないか?』


真♂『え…あ、大丈夫です』

真(綺麗な人…見たことないなぁ)

真アクション↓2

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 21:40:13.54 ID:97HAzikOo
反射的に口説く

37: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:47:34.60 ID:DNcSw2Cc0
真♂『す、すごく綺麗ですね…』

P♀『…一応、ありがとうと言っておくよ』

P♀『ん、膝を擦りむいてるじゃないか…貸してみな』

真♂『…え、ちょっと』

P♀『…ちょっとしみるぞ』

真♂『…っ!』

P♀『…これでいい、立てるか?』

↓2

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 21:49:01.56 ID:ZsdGP2WAO
ときめく

41: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:51:54.48 ID:DNcSw2Cc0
真(…え、なんだこの気持ち…ダメ、ボクには…)

P♀『大丈夫みたいだな、では俺は行くよ…』

真(行っちゃう…どうしよう)

↓2

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 21:53:07.67 ID:/qMYIIJxo
お茶に誘う

46: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 21:57:04.14 ID:DNcSw2Cc0
真♂『あ、あの!』

P♀『…どうした?』

真♂『…こ、今度…お茶でも…』

P♀『…それはナンパか?』クスッ

真♂『…!』ドキン

P♀『…いつか、逢えたらな…じゃあな』タタタッ


真♂『…約束、しちゃった…あれ?』

真♂『…カーブミラーに映ってる男の子って…もしかして…ボク!?』

↓2



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 21:57:52.24 ID:3VEZFqLxo
あまとうかもーん

51: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 22:00:27.89 ID:DNcSw2Cc0
真♂『なんで…男になっちゃってるの…!?』


冬馬『…今日も仕事か…』テクテク

真♂『…あ、ジュピターの…』

冬馬『…何見てんだよ』


↓2


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 22:01:33.98 ID:6iNpEL8+0
誰だっけ?

55: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 22:05:16.97 ID:DNcSw2Cc0

真♂『…誰でしたっけ』


冬馬『…俺もまだ有名じゃないのか』

冬馬『覚えときな…俺は天ケ瀬冬馬…何時しかトップアイドルになる男だ』

冬馬『…じゃあな』


真♂『…あれ、板橋さん…じゃなかったのかな』

↓2

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 22:06:02.95 ID:ZsdGP2WAO
連絡先を聞く

59: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 22:09:22.29 ID:DNcSw2Cc0

真♂『…あの!』

冬馬『…なんだ、まだあるのか』

真♂『連絡先…教えてください』

冬馬『…なんでそうなる…初対面の奴に教える奴はいないだろ』

↓2

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 22:10:39.25 ID:3VEZFqLxo
ぴよが甘党狙撃

63: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 22:14:25.54 ID:cqyz8A5TO

小鳥『…さっきの銃、試し損なったわね…適当な人に撃ちましょう』カチッ


冬馬『…っ!?』

真♂『…わっ!?』


冬馬♀『…なんだ?肩が重いぞ』

真♂『目、目の前で女の子に…!?』

↓2

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 22:15:52.67 ID:Kl5k0YIAO
原因の小鳥を発見

66: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 22:17:55.98 ID:cqyz8A5TO

真♂『…ん?』

小鳥『見つかったぴよ!』

真♂『…犯人、見つけた…』


↓2毎度お馴染み小鳥処刑

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 22:18:28.86 ID:6iNpEL8+0
性別変えた後金的

70: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 22:23:27.72 ID:cqyz8A5TO

冬馬♀『…おい、どうなってんだ』

真♂『…それよりも、男の人が一番効く攻撃って何?』

冬馬♀『…そりゃ』




小鳥♂『…っ!!っ!!』ピョンピョンッ

真♂『…本当に痛いんだ』

冬馬♀『…当たり前だ、痛くないはずがない』

真♂『…蹴らないでね?』

冬馬♀『誰が蹴るかよ』

↓2

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 22:24:34.90 ID:muw4bFS+0
P合流

73: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 22:38:14.81 ID:cqyz8A5TO

P♀『…ん?まだいたのか』

真♂『…あ』

冬馬♀『…っ!?』

冬馬(な、なんだこいつ…めっちゃ綺麗じゃねぇか)

↓2

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 22:39:03.69 ID:3VEZFqLxo
一目惚れしました!
付き合ってください!

79: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:01:26.24 ID:TJrGVAH+0
真♂『一目惚れしました! 』

冬馬『付き合ってください!』


P♀『断る』

二人『…え』

P♀『…まず同時に言うな同時に』

P♀『そこの少年は助けてはやったがまだ会って何分くらいだろ…お茶は付き合うけど、付き合うのは無理だ』

P♀『…そしてそこの女の子、君はもはや誰だ』

↓2


81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 23:02:20.74 ID:ftmpbcOo0
とりあえず脱がせる

85: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:07:54.96 ID:TJrGVAH+0

真♂『…と、とりあえず…あの、暑くないですか?』

P♀『暑くないな』

冬馬♀『…スーツだと暑いですよ…ほら、脱いで下さい、持ちますから』

P♀『警察呼ぶぞ…いい加減にしなさい』ピンッ

真♂『あうっ』

冬馬♀『いてっ』

P♀『…災難だ、早く家に帰りたい』

↓2 二人の安価

86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 23:08:46.61 ID:CUwLCDZno
二人が名乗る

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 23:08:59.25 ID:ofq+b96v0
↑でPも気づいて名乗る

90: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:14:02.18 ID:cqyz8A5TO

P♀『…だいたい君たちは誰だ…せめて名前教えてくれ』

真♂『菊地真です』

冬馬♀『…天ヶ瀬冬馬』

P♀『…ん?』

P♀『…知り合いと全く名前が同じなんだが…偶然か?』

真♂『…本人ですよ』

冬馬♀『…本人だよ』

P♂『…あの鳥め』

真♂『…え?鳥?』

P♂『…俺も被害にあったんだよ…俺だ、プロデューサーだ』

真♂『』

冬馬♀『』

↓2 二人の安価

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 23:15:21.49 ID:gzzt+k6Wo
まっこまっこり~ん☆

97: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:20:48.28 ID:cqyz8A5TO

真♂『…ま、まっこまっこりーん☆』

P♀『…男になったなら尚更やめとけ…』


冬馬♀『…そんな』

P♀『…悪いな、誤解させちゃったみたいだな』

↓2 二人の安価

101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 23:23:22.87 ID:6iNpEL8+0
喫茶店で作戦会議

103: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:30:40.40 ID:cqyz8A5TO

P♀『…まず落ち着こう…最寄りの喫茶店があるからそこに行くか』


喫茶店

P♀『コーヒーお願いします…お前らは?』

真♂『あ、ボクも』

冬馬♀『…コーヒー』

P♀『…んじゃ、コーヒー三つ』



P♂『…んで、これからどうしようか』砂糖一個

真♂『…仕事には行けませんでした、この体ですから』

冬馬♀『…俺もだな…これじゃ行けねぇ』

P♀『…困ったな』砂糖二個

真♂『…プロデューサーさんは困ってないんですか?』

P♀『俺か?肩が重いくらいだな』砂糖三個

冬馬♀『…結構大きいよな』

P♀『セクハラ、なのか?』砂糖四個

真♂『…ボクは困りますよ、アイドルとして』

P♀『…とりあえず今日は休め、まずは直るまでだ』砂糖五個

真(…プロデューサー、甘党なんだ)

冬馬(…見栄張ってコーヒー頼んだけどコーヒー飲めないんだよ…)

↓2

105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 23:31:38.46 ID:RHUNHdeK0
この姿ならマスコミとか気にせず遊べるんじゃね?となる

106: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:37:40.99 ID:cqyz8A5TO

冬馬♀『…でも、この姿ならマスコミとか気にしなくてもいいのか』

真♂『…確かにそうだね』

P♀『…お前らは楽天的だな』

P♀『…俺にはまだ仕事があるから…夜、付き合ってやる』

真♂『…え、いいんですか!?』

P♀『…その姿で夜彷徨いても大丈夫だろう…それでいいか?』

真♂『…は、はい』

冬馬♀『…俺もいいのか?』

P♀『…好きにするといいさ』

冬馬♀『…ありがとな』

P♀『…じゃ、俺は仕事に行く…料金は三人分置いとくからな…じゃ』



真♂『…夢みたいだ』

冬馬♀『…どうした』

真♂『…プロデューサー、うちのアイドル全員の誘い断ってるんだよ…今回こうして一緒になれるの初めてかも…』

冬馬♀『…何であいつは拒否してるんだ』

真♂『…前聞いたら』


P『…アイドルに手なんか出せるか』

P『だからお前らは俺なんか気にしなくていい。アイドルとして頑張って欲しいんだ』


真♂『…って』

冬馬♀『…なんでこんなに仕事に一生懸命なんだ』

↓2二人はどうする

108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 23:40:09.34 ID:ofq+b96v0
夜に何するか喫茶店で考える

110: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:42:03.58 ID:cqyz8A5TO

冬馬♀『…そういえば夜、どうするんだ?』

真♂『…考えてなかったなぁ』

冬馬♀『…これってデートなのか』

真♂『…さ、三人だからセーフでしょ?』

冬馬♀『…そう、だよな』


真♂『…ま、まず場所は?』

↓2

112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 23:43:28.64 ID:RHUNHdeK0
ゲーセン

115: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:47:44.18 ID:cqyz8A5TO

冬馬♀『…夜に遊びっていったらゲーセンとかじゃないか?』

真♂『あ!確かに!』

真♂『…前、クマさん取ってもらったな…すごかった』

冬馬♀『…そういえば格好はどうするんだ?』

真♂『…うーん、ボクはズボンとか履いてるからこのままで…』

冬馬♀『…俺、大丈夫なのか』

真♂『あまりないかな…プロデューサーよりは小さいから』

冬馬♀『…如月より?』

真♂『…うん』



千早『はくちゅんっ!』

↓2


117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 23:49:13.07 ID:ofq+b96v0
ゲーセンのあとは食事

118: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:51:47.74 ID:cqyz8A5TO

真♂『…そうだ、遊んだ後は食事とかは?』

冬馬♀『…いいじゃないか』

真♂『…これでなんとかスケジュールは出来たね』







P♀『…待たせてすまない』

真♂『大丈夫です!』

P♀『…それでお前らはどこに行きたいんだ?』



ゲーセン!

P♀『…懐かしいな』

冬馬♀『…何からやるんだ?』

↓2

120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 23:53:02.34 ID:3VEZFqLxo
はるかさん人形げっと

124: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/28(水) 23:56:43.68 ID:cqyz8A5TO

P♀『案外簡単だったな』ハルカッカ!

真(…はるかさんの人形、頭に乗せてる)

冬馬(可愛いもの好きなのか)

P♀『田舎には中々ないから大変なんだよ』ハルカッカ!

真♂『え?』

P♀『なんでもない』ハルカッカ!

↓2

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/28(水) 23:58:45.92 ID:JqVgi6L3o
ガタイのいい柄の悪いナンパに遭遇

128: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:04:00.94 ID:gKfN6vOBO

『…おう姉ちゃん、随分楽しそうだけど、もっと面白いことしない?』

P♀『次シューティングやっていいか?』ハルカッカ!

冬馬♀『…え、いいのか』

『…無視は良くないな…姉ちゃん』

P♀『…久々に腕がなるな』ハルカッカ!

真♂『…プ、プロデューサー…』

『…おい!!てめぇ舐めてんのか!』

P♀『…!!』ブンッ

『ぐふぅぅ!?』ボッギャァーンッ

がしゃーんっ!

P♀『…はるかさんに何をする』ヴァイッ!

真(…やっぱり気に入ってたんだ)

↓2

130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 00:05:43.97 ID:quzoe3ye0
野次馬が来たので急いで逃げる

132: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:09:42.63 ID:gKfN6vOBO

なんだなんだ?

なんの音だー

はい、変わったー


真♂『…人いっぱい来てますよ!』

冬馬♀『早く逃げようぜ!』

P♀『待て、はるかさんが落ちる』ヴァイッ!



公園

P♀『ここまで来れば大丈夫か』

冬馬♀『…ぜぇ…ぜぇ』

真♂(男の体…疲れないなぁ)

↓2

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 00:11:28.88 ID:FgcFmB5+o
職務質問される

136: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:17:35.29 ID:gKfN6vOBO

『すいませーん、そこのお姉さんいいですか?』

P♀『ダメです』ヴァイッ!

真♂『プロデューサー!?』

『すぐ終わるんで、少しだけお話いいですか?』

P♀『嫌です』ヴァイッ!

冬馬♀『おい!?』

↓2

138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 00:19:36.82 ID:dNqQB9J7o
まこりんを生贄ささげ女2人で逃走

139: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:23:29.20 ID:gKfN6vOBO

真♂『…ここはボクがやります…二人は逃げてください』

冬馬♀『…おい、いいのか』

真♂『…どうせ元に戻るんです、その時に逃げます』

P♀『そんなことできるか!俺も残る!』

真♂『…プロデューサー、お願いします』

P♀『…ちっ』


『おい!どこにいく!待てぇぇ!』


P♀『……』

冬馬♀『…逃げ切ったのか』

↓2



137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 00:19:22.48 ID:yMz8TVyh0
律子がPを殴る

151: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:35:26.72 ID:gKfN6vOBO
把握

P♀『…ん?ここ事務所前、だよな』


『こら!そこの二人組!』

P♀『ん?』


律子『こんな遅くになにしてるの!見るからに若く見えるけど…こんな遅くに遊んでたら怒られるでしょうが!』

P♀『…律子か』

律子『…え?私の名前…なんで?』

P♀『…そういいながら遅くまで残業するな。俺が仕事全部片付けたろうが』

律子『…なぁっ…!?』

P♀『律子こそ早く帰んな…夜は危ないぞ』

律子『…あなたたちには言われたくないわっ!』ブンッ

P♀『…ほいっ』スカッ

律子『…!?』

P♀『…見慣れてるからな』

律子『…そ、その余裕…プロデューサー殿!?』

冬馬♀『…それでわかんのかよ』

↓2

153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 00:36:35.86 ID:wYzZInDq0
事情を説明
小鳥は終わる

155: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:41:11.84 ID:gKfN6vOBO


P♀『…やっぱダメだ』

P♀『律子、こいつ預かってくれ、ちょっと行ってくる』

冬馬♀『お、おい!?』

律子『プロデューサー殿!?』



『…それで?君たちはこんな遅くに何してたの?』

真♂『…えと、その』



P♀『デートだよ』

真♂『…え』

『…見るからに未成年を連れ回してるように見えるんですけど?』

P♀『家同じなんでね。泊まってるんだよ俺…私の家にね』

『…帰るところだと?』

P♀『そういうこと。デートの邪魔すんな。帰れ。』



真♂『…助かりました』

P♀『…なんともない。無事でよかった』

↓2

156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 00:41:57.87 ID:quzoe3ye0
じゃあ、今日はプロデューサーの家に泊めてくれるんですよね

162: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:44:48.99 ID:gKfN6vOBO

真♂『…あの』

P♀『どうした』

真♂『…さっき言ったみたいに今日、泊めてくれるんですか…?』

P♀『…ダメ』

P♀『…と言いたいが今は泊まる場所はないだろう』

P♀『…泊まって行きな』

真♂『…!』

↓2

164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 00:46:10.20 ID:/zmDwx6yo
あまとう大丈夫かな

167: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:50:48.41 ID:gKfN6vOBO

P♀『まず一旦事務所行くぞ』

真♂『…はいっ』


『…ぐぉぉぉ…まだ股間が』

P♀『邪魔』ゲシィッ!

『ぴよぉぉぉぉぉ!!』


真♂『…知っててやったんですか?』

P♀『知らん』



律子『…あ!帰ってきた…その子が真なのね』

冬馬♀『事情はある程度喋ったぞ』

P♀『さんきゅ。さて、冬馬は律子んちに泊まるか?』

律子『…私んちですか?』

P♀『俺も女だが他人の裸を見るのは申し訳ないからな…そっちで泊めてやってくれないか』

↓2

169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 00:51:35.05 ID:wYzZInDq0
うむ

170: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 00:53:26.25 ID:gKfN6vOBO

律子『分かりました、任せてください』

冬馬♀『…ありがとな』

P♀『どういたしまして。黒井社長によろしく』


ちょっと飛ばしてPんち!

P♀『ゆっくりしてきな』

真♂『…はい』

↓2

172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 00:54:15.04 ID:44TvSohc0
小鳥襲来

174: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:00:05.78 ID:gKfN6vOBO
ピンポーンッ

P♀『はい』ガチャ

小鳥♂『こんばん』

P♀『お帰りください』バタンッ

ピンポーンッ

P♀『…はい』ガチャ

小鳥♂『こん』

P♀『帰れ』バタンッ

ピンポーンッ

P♀『……』ガチャ

小鳥♂『こ』

P♀『不審者』バタンッ


ピンポーンッ

P♀『あ、警察ですか?うちの前に不審者がいるんで』


P♀『静かになったな』

↓2

176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 01:01:22.90 ID:wYzZInDq0
若干病んでる美希が来る

177: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:04:28.02 ID:gKfN6vOBO

ピンポーンッ

P♀『…警察振り切ってきたのか』ガチャ

美希『…はにぃ…いるぅ?』

P♀『いらっしゃい』

美希『……』

美希『…間違えましたの』バタンッ

P♀『正解だから』



美希『…へぇ、ハニー、女の子なんだ』

真♂『…んで、ボクが男の子なんだ』

P♀『肩こるから嫌なんだ』

P♀『…んで、どうしたんだ美希』

↓2

179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 01:06:46.57 ID:/zmDwx6yo
親と喧嘩して出てきた

181: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:11:00.84 ID:gKfN6vOBO

美希『…親と喧嘩したの』

P♀『…当ててやる、アイドル活動のことだろう?』

美希『…え、分かるの?』

P♀『…まぁな。学業とアイドル活動。両立は中々難しいからな』

P♀『公務員の親だ、心配して声くらいはかけるだろう』

P♀『…そこで喧嘩になったんだろ?』

美希『…全部あたり、なの』

P♀『…どうしたいんだ、美希は』

↓2

183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 01:12:19.82 ID:wYzZInDq0
よくわからない

185: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:18:26.55 ID:gKfN6vOBO

美希『…どうしたいのかも、よく分からないの』

P♀『…はぁ』

P♀『…枕』

美希『…え?』

P♀『…最近悩み多くて枕変えたんだよな、ふわふわの』

P♀『それ使えば悩みとか消えそうだなーっ』

P♀『でも今俺悩みないし、誰か使わないかなー?』

美希『…つ、使っていいの?』

P♀『おっと、悩みがあるなら仕方ない。俺の代わりに使いな』

美希『…ありがとなの!』


美希『…zzZ』すやすや

真♂『…優しいんですね、プロデューサー』

P♀『…褒めても何も出ないぞ』

↓2

187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 01:20:06.18 ID:/zmDwx6yo
美希の親に連絡

188: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:23:56.06 ID:gKfN6vOBO

P♀『もしもし、星井さんの御宅でしょうか』

P♀『…はい、こっちで預かってますので』

P♀『大丈夫です、彼女には何もありませんから』

P♀『…では後日お願いします』


P♀『…やれやれ』

↓2

186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 01:19:47.84 ID:quzoe3ye0
真が、プロデューサーって優しいのに何で僕達に壁を作ってるんですか?と聞く

191: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:32:59.21 ID:gKfN6vOBO

真♂『…プロデューサー?』

P♀『…なんだ真』

真♂『…プロデューサー、そんなに優しいのに…どうしてボクたちに壁を作るんですか?』

P♀『…壁なんてないだろ』

P♀『…俺はお前らのプロデューサーだ。それ以上、以下はない』

P♀『…俺はお前らを信じてるぞ』

P♀『…壁なんてありゃしない』

真(…プロデューサーの目、濁ってる)

↓2

192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 01:35:15.19 ID:quzoe3ye0
僕は、僕たちはプロデューサーのこと大好きですよ……

194: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:41:47.88 ID:gKfN6vOBO

真♂『…ボクは…ボクたちは』

真♂『…プロデューサーのこと、大好きですよ…』

P♀『…大胆だな、真』

真♂『…ボ、ボクは!!』

P♀『…俺はその言葉に返せる言葉が見つからないんだ』

真♂『…!』

P♀『…好きになってくれて、嬉しいよ』

P♀『…だが、それ以上はいけないんだ』

P♀『…そこは分かっているだろう』

↓2

196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 01:44:11.20 ID:quzoe3ye0
今ならボクの方が力は強いですよ、と涙を流しながら押し倒す

197: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 01:52:52.60 ID:gKfN6vOBO

どんっ

P♀『…っ!?』


P♀『…押し倒されるとは…油断…したな』

ポロポロ

P♀『…涙』

真♂『…今は』

真♂『…今は、ボクの方が力が強いんですよ…?』ポロポロ

真♂『…なのに、強がらないで下さいよ…』ポロポロ

P♀『…真』

P♀『……』スッ…

真(…腕を上げた)


P♀『…ダメ…だ』バスッ

真♂『…抱き締めてくれないんですか…?』

P♀『…ダメだ。これ以上は…ダメなんだ』

P♀『…お前は疲れているんだ…美希の隣で寝ろ』

↓2




199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 01:54:45.67 ID:b0QKl2k7o
美希の胸にうずくまって寝る

203: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:01:07.16 ID:gKfN6vOBO

真♂『…っ!』ギュッ

美希『…んっ…そこはダメなの…zzZ』


P♀『…諦めてくれたか』

P♀『…まさか泣いてくれるとはな…』

P♀『…ダメなんだよな』

P♀『…なぁ、 ……』



204: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:05:13.95 ID:gKfN6vOBO

翌日

P『…ふむ』

律子『プロデューサー殿?どうしたんですか?』

P『…昨日、女の体で仕事に行ったらな』


ディレクター『…あら、新人さん?』

P♀『…いえ、私は』

ディレクター『皆まで言わないで!可愛い新人さんのためにお仕事ばんばんあげるわ!』

ディレクター『…その代わり今度…お食事とか////』



P『…あの人女性だったんだがな』

P『…とにかく、女性の体の方が営業受けがいいみたいだ』

律子『…難しいですね』


↓2『おはようございます』

アイドル安価

206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 02:07:24.36 ID:/zmDwx6yo
千早

207: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:10:38.51 ID:gKfN6vOBO

千早『おはようございます』

P『…ん、千早おはよう』

千早『どうしたんですか?』

P『…いや、ちょっと悩み事でな』


律子『そういえば小鳥さん帰ってこないですね』

P『彼女なら男から戻れるまで警察にお世話になってます』

P『個人差あるみたいですね』

↓2

209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 02:13:12.64 ID:Jp1G4OiWo
亜美真美とTS銃の組み合わせは美しいと思わんかね

212: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:16:58.31 ID:gKfN6vOBO

P『千早、今日はレッスンだけだったな』

千早『はい…今日は付き合ってくれますか?』

P『もはや俺の指示などいらないだろう。それに俺は専門じゃない』

千早『…はい』


真美『真美参上!』

亜美『降臨…満を辞して』

亜美『およ?この銃は何でしょう?』

真美『ぴよちゃんの机にあったね→』

↓2

214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 02:18:31.10 ID:/zmDwx6yo
千早を打つ

215: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:23:21.48 ID:gKfN6vOBO

亜美『これで遊んじゃお!』

真美『千早姉ちゃんに…どーん!』


P『…さて、行くか千早』

『……はい』

P『…誰だ?』

『…え』

P『…待った、落ち着いて聞いてくれ、お前は千早か?』

『当たり前です。如月千早です』

P『…はぁ』

『…何か』

P『…ん、鏡見てこい』

『…はぁ』



きゃぁぁぁ!!


P『…犯人確保っと』

亜美『ぎゃー』

真美『ぬわー』

↓2

217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 02:26:17.06 ID:ypZpc4P70
かわいいもので釣る→逃げる→乱れ打ち→何故か来たあまとうに当たる

218: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:31:06.91 ID:gKfN6vOBO

亜美『…へ!兄ちゃんの弱点は知ってるもんね!』

真美『じゃじゃーん!はるかさんクッション!』
※非発売

P『そんな罠に』パッ

P『引っかかるとでも』テクテク

P『思っていたのか?』ギューッ


真美『今だー!逃げろー!』

亜美『乱れ打ちだー!』カチッカチッ


冬馬『…おい、この前の礼を…ぬわっ!?』


冬馬♀『…またかよ』

P『おう冬馬、いらっしゃい』

↓2

219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 02:32:31.07 ID:bt2Xwehb0
あまとうが銃を取り上げて亜美真美に撃つ

221: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:36:24.38 ID:gKfN6vOBO

冬馬♀『…お前ら許さん!』カチッ

亜美『な、何をするだァー!?』

真美『ぬわーっ!』


亜美♂『おぉう?なんぞこれ…』

真美♂『男の子になっちゃったよ!』


P『…ややこしくしやがって』

P『…ん、レッスンの時間だな』

P『千早、泣いてないで来い』

千早♂『…だってぇ、プロデューサー…』

P『今日は先生のレッスンはキャンセルした…相手が変わったみたいなものだからな』

P『その代わり俺が引き受ける、いいか?』

千早♂『…はいっ!』パアッ

↓2

223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 02:40:11.66 ID:/zmDwx6yo
レッスンの前にトイレ

224: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:42:32.66 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…っ!』

千早♂『…プロデューサー』

P『千早、どうした』モフモフ

千早♂『…トイレ、行きたいです』

P『ん?行って来ればいいだろう』モフモフ

千早♂『…あの、その』

P『…俺はここで待ってるから、行ってきな』モフモフ

千早♂『…あの、クッションじゃなくて…』



千早♂『…どうしましょう』

↓2

226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 02:45:19.22 ID:Jp1G4OiWo
男は度胸っしょ→

227: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 02:48:27.17 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…っ!』

千早♂『…やるしか、ないのね』

千早♂『…こう、かしら…』


『あっ、ちょっとずれた!?』

『きゃぁぁ!?止まらない止まらない!?』




P『…ん、準備出来たか?』

千早♂『…////』

↓2

229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 02:54:36.46 ID:wA9xeEjno
イケメンボイスでデモテープ録ろう

230: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 03:05:29.27 ID:gKfN6vOBO

スタジオ!

P『千早、歌い方はいつも通りでいい』

P『…ただ、音程に違和感はあるはずだ。それは気にしないで集中してくれ』


千早♂『…はい』

アクション安価↓2


一旦中断です

232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 03:08:49.76 ID:mLHvNfkT0
なんか恐ろしいくらいうまくいく

233: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 07:23:43.08 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…青い鳥 もし幸せ』

P『いいじゃないか、その調子だ』


P『さっきの音の取り方は上手だったな』

P『次は…少し録音して聴いてみるか』


『泣くことなら 容易いけれど』

千早♂『…これが私の声ですか』

P『今は男になってるから違和感はあると思うがそうだ』

P『俺も聞き惚れてしまいそうだな』

千早♂『…嬉しいです』

↓2

235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 08:14:49.50 ID:xI3L0gEt0
P再び女体化

236: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 08:23:39.25 ID:gKfN6vOBO

千早♂『歩こう 果てない道』


P『…ん、あそこにいるのは昨日の営業先か』

P『…不本意だが後は女の俺でいくか』カチッ



千早♂『…終わりました…あれ、プロデューサー?』

P♀『お疲れ様、千早』

千早♂『…え』

↓2

237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 08:25:28.18 ID:A5v+GS16o
なんかドキドキ

238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 08:27:39.94 ID:quzoe3ye0
↑と、何で私よりあるんですか?

239: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 10:33:58.78 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…プ、プロデューサーなんですか?』

P♀『そうだが』

千早(…とても綺麗)

千早(…何?この気持ち…)ドキドキ

千早(…それと)

千早♂『…なんで生まれてから女の私より…あるんですか?』

P♀『さぁな』ボインッ

↓2

241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 10:43:16.94 ID:Jp1G4OiWo
もう一回あの銃を食らえばあるいはボインに!?

242: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 10:49:51.67 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…もしかして、あの銃を使えば私もこうなるんですか?』

P♀『元に戻るだけだろ』

千早♂『…くっ』


↓2

245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 10:56:28.62 ID:MbhTt/T+0
一応打つ

247: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 10:58:50.16 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…やってみないと分かりません!』カチッ


千早『……』ストーン

P♀『これが現実だ』

千早『…くっ』

↓2

249: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 10:59:22.20 ID:BncQFjGxo
大泣き

250: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 11:56:14.54 ID:gKfN6vOBO

千早『…ふぇ』ブワッ

P♀『?』

千早『ずるいですよぉぉ…私だって努力してるのにぃ…』ポロポロ

千早『…あんまりですよぉ…』ポロポロ

P♀『そんなに気に病むなよ…』

↓2

252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 12:01:58.41 ID:JRnI2cdz0
プロデューサーにはわからないですよ、と悪化

253: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 12:03:37.66 ID:gKfN6vOBO

千早『…プロデューサーには!私の気持ちなんて分かりませんよ!わぁぁぁん!』ポロポロ

P♀『…肩が凝って困るんだがな、これ』

千早『…うわぁぁぁん』ポロポロ

↓2

255: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 12:08:54.93 ID:qc8Q5TmP0
追い打ちとばかりにプロデューサーの空気の読めない発言

258: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 12:12:05.67 ID:gKfN6vOBO

P『それに胸があっていいものではないだろ』

P『大きいのって不便だぞ?動きにくいし』

P『ダンスをする時とか楽でいいじゃないか、千早』


↓2

259: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 12:18:21.91 ID:SUrDxh8AO
もっかい自分に撃ってうるうるさせてデートで償わさせる

260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 12:19:58.09 ID:MlqYhDLDO
↑のデート先で雪歩と遭遇

261: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 12:28:53.32 ID:gKfN6vOBO

雪歩は後からでます

千早『…プロデューサー、あんまりです』

P♀『そんなに怒るなよ…』

千早『絶対に許しません』

P♀『…どうすればいいんだ』ハァ

千早『…デートしてください』

P♀『アイドルにデートなんてするかよ…』

千早『…じゃあ』カチッ


千早♂『この姿ならいいんですね?アイドルじゃない私なら』

P♀『…屁理屈だな』

P♀『仕方ない、付き合ってやる』

P♀『どこに行きたいんだ?』

↓2

262: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 12:30:51.31 ID:BDDpBHcn0
カラオケ

264: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 12:33:11.93 ID:gKfN6vOBO

移動中…

P♀『…カラオケか、千早らしい』

千早♂『この声ならどんな歌い方が出来るんでしょうか…』


雪歩『…ふぇぇ』


P♀『…ん?雪歩?』

雪歩安価↓2

266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 12:37:04.34 ID:BncQFjGxo
迷子

267: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 12:39:23.50 ID:gKfN6vOBO

雪歩『…ここはどこですかぁ…』

雪歩『…まさか迷っちゃうなんて…』


P♀『…どうした、雪歩』

雪歩『はうぅ!?』

雪歩(き、綺麗な女性が!)

↓1

268: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 12:40:51.80 ID:Sms9nUXm0
びびって逃げる

271: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 13:12:39.33 ID:gKfN6vOBO

雪歩『…ご、ごめんなさぁぁい!』ダッ

P♀『…雪歩?』

千早♂『どうするんですか?』

↓2

273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 13:18:13.31 ID:ypZpc4P70
追いかけて事務所まで誘導
その後カラオケへ

275: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 13:24:52.69 ID:gKfN6vOBO

P♀『仕方ない、追いかけながら事務所に誘導する』

千早♂『そんなこと出来るんですか?』

P♀『任せな』ダッ


雪歩『ひぃぃぃ!来ないでぇぇぇ!』

P♀『次右だな』


雪歩『…事務所に着きました…?』ゼェゼェ


P♀『ほらな』

千早♂『…流石です』

↓2


276: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 13:28:03.68 ID:SUrDxh8AO
では改めてカラオケに

278: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 13:34:52.51 ID:gKfN6vOBO

カラオケ!

千早♂『…何歌います?』

P♀『今なら女性の歌もいけそうだな』

千早♂『先いいですよ』

P♀『…↓2とか』

アイマスの曲

280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 13:38:08.84 ID:ypZpc4P70
追憶のサンドグラス

281: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 13:48:57.43 ID:gKfN6vOBO

P♀『結構ハイテンポなのいくか』ピッ

P♀『You can leave me, I miss you…however there is no replay…』

千早『……』シャカシャカ


P♀『…こんなもんか』

千早♂『…出来ないことないんですか?凄く上手かったです』

↓2




284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 13:57:23.75 ID:jN4EWwP10
ぷちどるのうた

287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 14:04:51.39 ID:B4qY9rgC0
1 おまけに辛いの超苦手でテンションおかしくなる

291: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 15:09:06.33 ID:gKfN6vOBO
 
P♀『…!!!』じたばたっ

千早♂『プロデューサー!落ち着いてください!』

P♀『…っ!!』バッ!!

千早♂『…きゃぁっ!?ひ、膝に…?』

P♀『』プシュー…

千早♂『…収まった…はっ!?これって膝枕…?////』




P♀『辛くなかった』ゴキュゴキュ

千早♂『…嘘ですよねP♀『辛くない』ゴキュゴキュ

千早(…水たくさん飲んでるのに強がってる…)

P♀『…さて、歌うか』

千早♂『…次は何を歌うんですか?』

P♀『今度はバラード系でいく』

千早♂『いいですね、曲名は』

P♀『ぷちどるのうた』

千早♂『どこがバラードなんですか!?』



P♀『「ぷちあいどる」略して「ぷちどる」ってゆう事で決まりぃ!』

千早(…まだ暴走してるみたい)

↓2

293: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 15:10:23.29 ID:QG/HbPMDO
歌ってる途中で吐く

294: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 15:14:58.25 ID:gKfN6vOBO

P♀『その1 鳴くんです!その2 小っちゃいんです!そのさ…』ピタッ

千早♂『…プロデューサー?』

P♀『そ…その3は…ないっ』バッ

千早♂『えええ!?どこに行くんですかプロデューサー!』


しばらくして


P♀『その3は765プロのアイドルにそっくりだ』スッキリ

千早♂『…はぁ』


↓2



296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 15:23:32.44 ID:aADmY1D/o
Pの服がはだけており千早がム ム する

297: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 16:03:07.39 ID:gKfN6vOBO

P♀『ふぅ、疲れた』


千早(…さっき、暴れた時からプロデューサーの服が…)

千早(…男性の服だから尚更露出が)

千早(…え?私はなんてことを考えてるの…?)

千早♂『…!?』

千早(か、下半身に違和感が…)

P♀『?』

↓2

299: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 16:06:46.06 ID:bt2Xwehb0
押し倒す

300: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 16:20:57.96 ID:gKfN6vOBO

P(……!)

千早♂『…』ハァハァ

P(…何かされる…そんな感じがする)

P(だがこの狭い部屋では逃げても無駄か)

P(…流されてみるか)

千早♂『…っ!』ドンッ!

P♀『…っ!』


千早♂『…はぁっ…プロデューサーっ…』

P♀『やめろ、千早』

P♀『何をしようとしているのか分かっているのか?』

↓2

302: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 16:26:36.93 ID:ha+ut2eQ0
突然千早が泣き出す

306: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 16:35:55.89 ID:gKfN6vOBO

千早♂『……』ポロポロ

P♀『何で泣いているんだ』

千早♂『…分かりません』

P♀『…まず、お前が何を思っているのか、言葉にしてみろ』

↓2


315: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 16:42:31.78 ID:gKfN6vOBO
一部のレスはカウントしてないので普通のレスをカウントした安価を採用しております

千早♂『体が暑くなって…それで、プロデューサーが可愛く見えて…しょうがないんです』

P♀『…よく聞け、それは千早が男しての本能に負けてるからだ』

P♀『お前はアイドルの、如月千早だろう?忘れてはいけない』

P♀『…こんなことをしてはならないんだ』

↓2 千早安価


320: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 16:48:05.45 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…じゃあ、どうすれば…いいんですか』

P♀『決まっているだろ…千早はアイドルだ』

P♀『俺なんかに変なことを考えないで…千早を待っている人たちに歌を届けるために、頑張ること』

P♀『それがお前のアイドルとしての使命だろ…お前は歌を届けたいんだろう』

↓1



312: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 16:38:27.12 ID:xI3L0gEt0
プロデューサーは昔の私と一緒なんです

325: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 16:55:28.45 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…確かに私の使命は歌を届けること…それはわかっています』

P♀『ならなんで俺にこだわる』

千早♂『…プロデューサーは昔の私と一緒なんです』

P♀『…弟か』

千早♂『…はい、自分で言うのもなんですけど…そんな感じがしたんです』

P♀『…お前はお前だ。それに、昔と今は違うだろう』

P♀『…それに、早くどいてくれ』

↓2

327: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 16:57:47.39 ID:b0QKl2k7o
それが 起が収まらなくて

328: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:00:24.01 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…ど、どきたいんですけど…』

P♀『…?』

千早♂『…あの、これが直らないんです…////』

P♀『…はぁ』

P♀『…素数でも数えてみろ』


千早♂『…少し、収まりました』

↓2

331: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 17:03:36.45 ID:quzoe3ye0
千早の頭を撫でる

333: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:06:35.10 ID:gKfN6vOBO

千早♂『……』

P♀『……』ナデナデ

千早♂『…ひゃっ…プロデューサー?』

P♀『…これくらいなら許してやるさ』

P♀『…ちゃんと言うことを聞けた奴にはご褒美…あげなきゃいけないだろう』ナデナデ

千早♂『…はい///』


↓2 次

336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:12:24.17 ID:BncQFjGxo
千早の家に招く

337: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:17:25.94 ID:gKfN6vOBO

P♀『…ふぅ、そろそろ時間か』

千早♂『あの、プロデューサー』

P♀『なんだ?』

千早♂『…わ、私の家に…来ませんか?』

P♀『…まだ狙ってんのか』

千早♂『…いえ、その』

P♀『妙なことすると股間蹴るぞ』

千早♂『ひぃっ…!』

P♀『だいたいなんで、千早んちなんだ』

↓1


338: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 17:18:14.58 ID:quzoe3ye0
お腹すきませんか?

340: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:23:26.20 ID:gKfN6vOBO

千早♂『…お腹空きませんか?』

P♀『お腹は空くが…それは理由にならないだろう』

P♀『…それに外食で済むしな』

千早♂『…私、さっきのカラオケでお金全部ないんです』

千早♂『…節約したいので、家にあるもので何か作りますよ』

P♀『遠慮する。俺はこれで十分だ』

千早♂『…サプリ…メント?』

P♀『あぁ、俺はこれでいいんだ』


どうする千早
これでは帰ってしまう↓1

341: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:24:09.48 ID:WLtv7SO0o
そんなんじゃダメだ!手料理振るう

346: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:37:22.47 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『それではダメです!ちゃんと食べて下さい!』

P♀『…きりがないな』

P♀『…よし、じゃあ俺を千早の家に行きたくなるような一言を言ってみろ』

P♀『それでダメなら俺は帰る』

千早♂『えと…↓2』

348: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:39:27.18 ID:ngwt2Zht0
実は私はるかさん大好きなんです

350: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:42:19.70 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…実は私、はるかさんが大好きなんです』

P♀『…!』ピクッ

P♀『…だからどうした、それで俺が行くとでも…』ソワソワ

千早(わかりやすいわ…)


追撃↓2

352: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:43:10.92 ID:/7bsTTjuo
限定物、ありますよ

354: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:45:56.40 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…限定物、ありますよ』

P♀『…!!』ビクビクッ!

P♀『…そ、そんなもので俺が釣られるとでも…?』キラキラ

千早(…顔が笑ってないのに目が輝いてるわ…)

↓2とどめ

351: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 17:43:04.21 ID:quzoe3ye0
この前大きなはるかさんの人形を番組スタッフから貰ったんです

356: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:47:08.48 ID:5Sqbew9I0
>>351を二つもらったので、もしよかったら…

357: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:52:16.01 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『この前大きなはるかさんの人形を番組スタッフから貰ったんです』

千早♂『二つもらったんですけど…もしよかったら』

P♀『……』プッツーン


P♀『…お腹空いたな…今日はサプリじゃ物足りない』

P♀『千早、ご馳走してくれ』

千早♂『…え、はい…』

P♀『行こうか』



千早んち!

P♀『…♪』モフモフ

千早♂『…気に入ってもらえましたか?』

P♀『なんの事だ?』モフモフ

千早(可愛い…)

↓2

359: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:53:02.39 ID:5Sqbew9I0
はるかさんのいいところを語り合う

360: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 17:56:35.71 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『プロデューサーは何ではるかさんが好きなんですか?』

P♀『いつ好きだといった』モフモフ

千早(…いつも態度で出てます)

P♀『…でも、愛おしいのは隠せないな…この顔、このフォルム…癒されるんだ』モフモフ

千早♂『分かります、私もいつも癒されてるんです』

P♀『千早も分かるんだな…』モフモフ


千早(でも笑顔じゃないのね…)

↓1

362: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 17:58:13.34 ID:5Sqbew9I0
料理を作る
ビーフストロガノフを

366: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:01:54.52 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『そろそろ料理作りますね』

P♀『メニューは?』モフモフ

千早♂『お楽しみです』



千早♂『ここに牛肉…ビーフストロガノフでも作ってみましょう』

↓2

1 もやし炒めになったわ
2できたわ

368: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 18:02:05.33 ID:quzoe3ye0
入れ替わりスレのやよい(伊織)とP(やよい)が作ったのが伝説の始まりったな

371: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:05:19.67 ID:2ZeNv6bkO

『…えっ』

『…これって…』


千早♂『…お待たせしました』

P♀『もやし炒めか。美味しそうだな』

千早♂『…ありがとうございます』

P♀『…うん、しゃきしゃきして美味しいな』シャキシャキ

千早(…一体どこからしゃきしゃきが)


食事中

P♀『…しゃきしゃき』

千早♂『…しゃきしゃき』

↓1自由に

372: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:06:55.30 ID:5Sqbew9I0
流石にもやしだけだとあれなので、色々作りました

374: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:09:24.69 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『あ、別のもありますから持ってきます』

P♀『頼む』シャキシャキ


千早♂『…別の料理は用意したんだけど…』

↓1と2 料理安価


375: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 18:09:44.47 ID:44TvSohc0
卵焼き

376: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:10:13.79 ID:BncQFjGxo
ハンバーグ

377: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:13:37.25 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…卵焼きとハンバーグ、作ってみたんだけど…』

卵焼き↓1
ハンバーグ↓3

1 もやし炒めになったわ
2 もやしナムルになったわ
3 なんとかできたわ

378: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 18:13:55.49 ID:quzoe3ye0
1つくらいは良いよね、3

380: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:15:14.14 ID:5Sqbew9I0
4 ビーフストロガノフになったわ

383: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:18:18.03 ID:2ZeNv6bkO

P♀『…おお、卵焼きとビーフストロガノフか』

P♀『よく作れたな』

千早♂『は、はい』

千早(なんでお肉を丸めたのにビーフストロガノフになったのかしら)



P♀『ご馳走様でした、美味しかったよ』

千早♂『お粗末様です』

↓1

384: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 18:20:01.03 ID:quzoe3ye0
はるかさんに抱きつく

386: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:24:25.41 ID:2ZeNv6bkO

P♀『…よっと』モフモフ

P♀『…♪』モフモフ


千早♂(…予想以上に虜になってるわね)

↓1

388: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:25:04.72 ID:5Sqbew9I0
ただただ、二つでもふもふタイム

393: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:27:32.84 ID:2ZeNv6bkO

P♀『…♪』モフモフ

千早(そんなに気に入ってるのかしら)

千早(…もふもふ)モフモフ

千早(…あ、結構柔らかいわね)モフモフ


P♀『…♪』モフモフ

千早♂『…♪』モフモフ

↓2

395: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:28:17.15 ID:BncQFjGxo
お風呂にもはるかさんグッズ一杯ありますよ

396: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:30:07.17 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…プロデューサー?』モフモフ

P♀『…なんだ』モフモフ

千早♂『…お風呂にも、はるかさんのグッズ、ありますよ』モフモフ

P♀『ちょっと疲れたからシャワー浴びてもいいか、千早』モフモフ

↓2

397: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 18:30:48.62 ID:quzoe3ye0
番組スタッフから貰ったはるかさんのキグルミパジャマを渡す

401: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:34:13.96 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…はい、これ使ってください』

千早♂『スタッフから貰った、はるかさんのきぐるみパジャマです』

P♀『ちょっとシャワー行ってくる』


シャワワーッ

~♪


千早♂『…プロデューサーって、結構可愛いわね…』

千早の行動安価↓2

403: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:35:19.36 ID:BncQFjGxo
Pの服を洗濯

408: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:38:36.80 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『そうだ、洗濯しましょう』


千早♂『…プロデューサー、男性物の服であの姿だったの…』

千早♂『…よく考えればプロデューサーの服と私の服、一緒に…///』

千早♂『…どうしようかしら』

↓1

410: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:39:56.49 ID:jN4EWwP10
またたつ

414: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:42:30.92 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…!』

千早♂『…まただわ…素数数えないと』

P♀『…ん?千早、いるのか?』


千早♂『…こっそり出ましょう』

↓2

1 >>405
2 >>407

420: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:49:07.02 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…なんとかバレなくて済んだわ』

千早♂『…これ、収まらないのよね…』

千早♂『…そういえば最初になった時は…プロデューサーのこと』

千早♂『……』

千早♂『…っ!///』ボンッ!!

千早♂『…私ったらなんて恥ずかしいことを!』

千早♂『…なんで逆になってるのよ!普通ならプロデューサーが私のことを…』

千早♂『…ってなんてことをぉぉぉ!!////』


千早♂『…お、落ち着いたわ』
↓2

407: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:35:47.31 ID:Z/QxCqflo
実はでかいはるかさん人形はきぐるみになる
中に排って待機してみる

426: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 18:55:57.33 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…そうだわ、この大きいはるかさん、着ぐるみになるんだわ』

千早♂『…隠れてみましょ』



千早♂『…準備完了だわ!』ハルカッカ!


P♀『…千早、上がったぞ』ハルカッカ!

P♀『…どこにいったんだ?』


千早(メールで誤魔化さないと…)

↓1 メール安価



427: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 18:56:24.74 ID:BncQFjGxo
コンビニへ行ってきます

430: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:02:03.25 ID:2ZeNv6bkO

P♀『…ん?千早から…コンビニに行く、か』

P♀『…そうか』

P♀『…このパジャマ、あったかいな…』

P♀『…それに、さっきから気になるあの大きいはるかさん人形…』

P♀『…抱きしめたいな』チラッ


千早(…いつも見てるプロデューサー…より元気だわ)

P♀『…ちょっとだけ』

P♀『…♪』ギュー

千早(だ、抱きしめられたわ////)

↓1千早安価

432: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 19:03:17.66 ID:BncQFjGxo
抱き返す

434: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:06:04.36 ID:2ZeNv6bkO

千早(…抱き返してもいいのかしら…ぎゅーっ)

P♀『…!抱き返された!?』

千早(しまったわ…怪しまられるのは当然なのに)

P♀『…凄い、抱きしめたら抱き返してくれるんだ…もう一度』ギュー

千早(プロデューサー結構純粋だったぁぁぁ////)ギュー

P♀『…でも折角なら声とかも欲しかったな…』

↓1

436: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 19:06:21.20 ID:quzoe3ye0
Pが弱音を吐く

439: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:10:26.63 ID:2ZeNv6bkO

P♀『…はぁ…癒される』

P♀『…本当はこうして人形みたいに優しくしてやりたいんだけどな』

P♀『…ダメなんだよな』ギュー

千早(…え、なんの話…?)

P♀『…また同じことを繰り返すのはもう嫌だ』

P♀『…だから俺はあいつらに隙を見せたらいけないんだ』

P♀『…そう思うだろ、 …』

千早(…え、聞こえなかったわ…誰かしら)

P♀『…はるかさんが今の俺の救い、かな』ギュー

千早安価↓2

443: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:16:54.84 ID:2ZeNv6bkO

ぽんぽんっ

P♀『…え』

P♀『…慰めて、くれているのか』

千早(…いつも見る強いプロデューサーとは全く違う、子供みたいなプロデューサーが目の前にいる)

千早(…なんでこうなってしまったのかしら)

P♀『…凄いな、この人形…』

P♀『…ぎゅっ』

千早(プロデューサー…)

P♀『…でもな、はるかさんといったらあの声…何かしたら鳴いたりしないかな』

P♀『…ここらへんとか?』

千早(そ、そこは胸ですプロデューサー!////)

↓2


445: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 19:17:56.67 ID:5Sqbew9I0
トイレ行った間に出る→何事もなかったかのように帰ってきたふり

449: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:22:59.25 ID:2ZeNv6bkO

P♀『…む、鳴かないな…贅沢は言えないかな』

P♀『…ちょっとトイレ行こうかな』スタタッ



千早♂『…胸、触られちゃった…///』 ガサガサッ


P♀『…ん?千早、帰ってたのか』

千早♂『…はい、行ってきました』

↓2 アクション安価


451: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 19:23:53.04 ID:BncQFjGxo
千早がお風呂へ

452: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:25:53.80 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…私もお風呂いいですか』

P♀『いいというか、ここは千早の家だろう、自分のタイミングで入ればいいだろ』

千早『…あの、その』

P♀『…どうした』

↓1

453: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 19:26:48.89 ID:6515Z4fb0
好きにくつろいでくださいね

455: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:30:12.99 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…好きにくつろいで下さいね』

P♀『…アイドルの家だからな、変なことはしないから安心しろ』

千早♂『…では』




千早♂『…忘れてたわ、自分今男なんだわ…』

↓2
1 入浴シーンスキップ
2入浴シーン

458: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 19:31:09.16 ID:quzoe3ye0

462: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:33:21.09 ID:2ZeNv6bkO



千早♂『…大変だったわ』

千早♂『…まさかあんな風に…』



P♀『…ん、上がったか』

↓1

1 そろそろ寝ましょう
2 寝る前に何か

463: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 19:34:01.84 ID:Z/QxCqflo
2

465: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:35:32.03 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『何しましょう』

↓2

467: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 19:36:18.88 ID:quzoe3ye0
昔の話をする

473: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 19:40:38.08 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…眠くなるまでお話しませんか?』

P♀『いいな、なんの話だ』

千早♂『…昔話、とか』

P♀『…何も面白い話はないが…何が聞きたいんだ』

↓2

一旦休憩

474: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 19:41:41.84 ID:quzoe3ye0
なんで、プロデューサーが私達のプロデューサーになったのか

488: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 20:14:25.16 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…なんで、プロデューサーは私たちのプロデューサーになったんですか』

P♀『…結構前に社長が言ってただろ』


社長『私はティン!ときたのだ!この青年に!』

P♀『…俺は社長に気に入ってもらえたからここのプロデューサーとしていられるんだ』

P♀『…理由はそれでいいのか』

↓2他に

489: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 20:15:13.05 ID:quzoe3ye0
なんで、皆を避けてるんですか

493: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 20:22:02.73 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…なんで、みんなを避けているんですか』

P♀『避けてなどいないさ』

P♀『俺はプロデューサーだ。お前たちアイドルをトップアイドルにすることが俺の使命だ』

P♀『そのために仕事をする、レッスンを手伝う…俺はお前たちに全力を注いでいるつもりだぞ』

P♀『…今日だって俺は千早のレッスンに付き合っただろう』


↓1

494: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 20:22:13.69 ID:h7XsRRIr0
すごく曖昧だけれど、昔プロデューサーにあったことがある気がするんです

495: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 20:34:02.03 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『すごく曖昧なんですけど…』

千早♂『私、昔プロデューサーにあったことがある気がするんです』

P♀『気のせいだ』

P♀『第一、昔の俺と千早には何の縁もないだろう』

P♀『…それに千早、なんでそこまで俺の過去にこだわるんだ?』

↓2

496: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 20:37:35.56 ID:klCoXlxZ0
Pの悩み事についてそれとなく誘導

499: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 20:43:05.98 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…なんだかプロデューサーが疲れているように見えるんです』

P♀『そんなことはない、俺はお前らの見本になれるように健康管理徹底していつも元気だ』

千早♂『…でも、たまに疲れた顔を見せますよね…悩みとかあるような』

P♀『悩みならあるさ』

千早♂『…え』

P♀『どうしたら千早たちをトップアイドルにできるか、だな』

千早♂『…そ、そうじゃないです!』

P♀『…俺は眠くなった。そろそろ寝るぞ』

千早♂『…はい』



千早♂『……』

ここで安価↓2

1 ここは諦めて寝ましょう
2 さっきプロデューサーはあのはるかさん着ぐるみを見ていたわ
3 その他

501: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 20:44:32.48 ID:klCoXlxZ0
2
意地でもPの悩みを知ってみせる…

503: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:02:33.37 ID:2ZeNv6bkO

千早♂『…ベッドに細工してこの着ぐるみに入ってみましょう』




P♀『…寝たか』

P♀『…布団に包まるように寝てる…ちょっと突き放しすぎたかな』

P♀『…だがこれでいいんだよな』

P♀『……』ギュッ

千早(…やっぱり来たわ)

↓2

504: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 21:05:26.22 ID:klCoXlxZ0
Pが独白

507: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:16:46.32 ID:2ZeNv6bkO
ご希望なら延長戦もOKです

P♀『…千早、心配してくれているのか…』

P♀『…凄く嬉しかったな…抱きしめてやりたいくらい』

P♀『…でも、ダメなんだよな』

P♀『…抱きしめて離せば…消えて行ってしまう』

P♀『…俺は失いたくない。例え俺がこの世から去ったとしても』

P♀『…せめてあいつらだけは…幸せにしてやりたい』

千早(プロデューサー…)

P♀『…なぁ、 …俺をまだ責めているのか』

P♀『……』ギュッ

千早♂『…っ!』

P♀『!?…今、音が!?』

千早(…まずい…ばれたかしら)

P♀『…もしかしてこれ…』

千早(…もうだめっ)

P♀『やっぱり喋るのか!?』

千早(…え)

P♀『今どこ触ったんだ俺っ!どこだどこだ!?』

千早(そこは胸ですお尻ですいけないとこです!!/////)

↓2

509: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 21:18:00.20 ID:44TvSohc0
千早「かっかー!」

511: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:20:55.34 ID:2ZeNv6bkO

千早(ここは誤魔化さないと…私の体が////)

千早♂『…か、かっかー!』

P♀『…お、お』

P♀『喋ったぁぁぁ!可愛いぃぃ!』ギュッ

千早(わぁぁぁどこ触って抱いてるんですかプロデューサー!?)

P♀『…可愛いなぁ…だからあいつも好きだったのかな』

P♀『…ぎゅっ』ギュッ

↓1

512: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 21:22:44.81 ID:NTSfv8Iuo
ナデナデシテー

516: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:26:09.66 ID:2ZeNv6bkO

千早(も、もうやけくそよっ)

千早♂『かっかー!』ずいっ

P♀『…お?頭を近づけてきたぞ?』

P♀『…これは…さっきのなでなでの逆、なでなでして、か!?』

P♀『…よーし!よしよしよしよしよしよし!』

(す、すごい撫でられてるぅぅ////)

P♀『…もう、お持ち帰りしたいくらいだっ』ギュッ

P♀『…千早に許可貰えるかな…』

↓2

518: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 21:29:00.94 ID:ZjjKGOIo0
このまま夜があける両方寝不足

520: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:31:38.86 ID:2ZeNv6bkO

ーなんと何時の間に朝


P『…ん、もう朝か…元に戻ってるな』

P『…離すのは心惜しいが少しだけ我慢しよう…さ、顔洗うか』


ガタッ

千早『…ふぇぇぇ////』




521: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:35:20.88 ID:2ZeNv6bkO


そして事務所…

P『今日のノルマは達成…よっと』スカッ

P『…んで、レッスンなどもなし…よっ』スカッ

P『今日の仕事は終わりだな…はっ』スカッ

P『それでは今日は先に帰りますね…ほい』スカッ


小鳥『…な、なんで当たらないの…!?』

律子『出所したからって調子乗らないで仕事して下さい』




夕方

律子『…さ、仕事終わりね』

↓2 アイドル安価

523: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 21:36:32.29 ID:ZjjKGOIo0
うっうー!

524: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:38:57.69 ID:2ZeNv6bkO

やよい『お仕事終わりましたー!』

律子『…お疲れ様、やよい…帰るの?』

やよい『はい!今日は歩いて近くのスーパーに行ってきます!』

律子『…気をつけなさいよ』



やよい『…?』

やよい『あれ?この銃、なんでしょうか』カチッ




525: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:41:36.78 ID:2ZeNv6bkO

『うっうー!今日はバーゲンに行きます!』

『…でもなんか…体がいつもと違う気がする…』

『…気のせいですよね!』

『…あれ、お墓に誰かいます…はわっ!とっても綺麗な女性です!』

『…何ででしょう…見たことがあるような雰囲気です』



P♀『……』


やよい安価↓2

526: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 21:43:51.18 ID:44TvSohc0
声をかける

531: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 21:49:04.00 ID:2ZeNv6bkO

『…綺麗な人です』

P♀『…ん?どうしたんだ…君』

『…あ、こんにちは!お墓参り…ですか』

P♀『そうだよ…ちょっと大切な人に会いに来てたんだ』

P♀『…拝んでやってくれ』

『…わかりました!』



P♀『…ありがとう、君…あまり見ない顔だね』

『…まだ有名じゃないんですけど…私、アイドルなんです!』

P♀『…!そうなんだ…』

P♀『…アイドル、か』


↓2

532: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 21:50:55.79 ID:quzoe3ye0
この墓の人についてボカシながら話す

534: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:07:45.73 ID:2ZeNv6bkO

『…大切な人だったんですかー?』

P♀『…そうだね』

P♀『君で言う、お母さんくらい大切な存在だったよ』

P♀『…でも、失ってしまったんだ』

P♀『…聞きたい?この話…長くなるよ』

『↓2』

536: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 22:08:45.13 ID:0OIkY3+Co
き、聞きたいです……

538: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:24:58.44 ID:2ZeNv6bkO

『…き、聞きたいです』

P♀『…無理はしないでくれよ』

P♀『まず…ここに眠っているのは…』








『君と同じ、アイドルだ』







540: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:30:04.93 ID:2ZeNv6bkO


とあるプロデューサーがいたんだ。

彼、はプロデューサーを一生懸命に目指し、トップアイドルを育て上げるのが夢だった。

そんな彼が担当したアイドルが一人。


その彼女こそ、ここで眠っているアイドルだ。





541: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:33:29.75 ID:2ZeNv6bkO

そのアイドルは一生懸命に彼のプロデュースを受け、アイドルとしての才能を開いていった。


しかし、同時に別のものまで開いてしまったんだ。


それは、恋心だった。


そのアイドルは、プロデューサーを好きになってしまった。


アイドルはプロデューサーと仕事をしながら一生懸命アプローチをした。

しかし彼は絶対にだめだ、と断るばかり。

そこで彼女は、恋人になる、という気持ちから、何時しか

彼を手に入れる、という気持ちになってしまった。

542: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:37:50.07 ID:2ZeNv6bkO

最初は彼を軟禁した。

ずっと一緒にいることで自分に振り向かせようとした。

しかし、彼はアイドルとしての彼女を必死に説得し、トップアイドルにした時、恋人になるという約束を交わしてしまった。


そう、彼は許してしまった。
プロデューサーと、アイドルの恋を。


やがて彼女はトップアイドルへ、あと一歩となった。

その時だ。

彼女と、彼の2人組を見たファンが激怒したんだ。


ファンは裏切られた気分であった。

まさか、自分の好きだったアイドルが、プロデューサーと付き合っているなんて、と


やがてそのファンは、プロデューサーを消そうと考えた。

理由はない。ただ、自分の欲望を満たすためだった。

543: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:42:30.85 ID:2ZeNv6bkO


そんな中、彼は悩んでいた。

やはり自分が恋人になってはいけない、と。

彼は言った。自分は恋人にはなってはならない、と

彼女は泣かなかった。

彼女は、笑っていた。

まるで、吹っ切れたかのように。



それから連絡がなかった。

彼女は仕事にも来ない。

連絡にも出ない。

彼は焦った。

よからぬことが起こってはないかと。

予想は的中だった。


彼女のファンは、彼女を人質に立て籠もっていた。


545: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:46:21.57 ID:2ZeNv6bkO

プロデューサーは現場に急行した。

ファンは、彼女を助けて欲しかったら、自分で命を差し出せ、といった。

プロデューサーは迷わずファンの凶器で命を差し出すと決め、自ら犯人に近づいた。

その時だった。

ファンが、アイドルに刺された。




547: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:48:48.22 ID:2ZeNv6bkO

何が起こったのか、彼には理解できなかった。

分かるのは、横たわるファンに見向きもせず、ただ笑っている自分の担当アイドルがいること。


そして彼女は言った。

自分の物になれと。


彼女はファンの策を利用し、逆に彼を自分の物にするきっかけを作ったのだった。

548: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:53:08.54 ID:2ZeNv6bkO

彼は断った。

まだやり直せる、と。


彼は彼女を信じていた。


しかし、彼女は

自分の物にならないなら、あなた以外の人を消して行くことを選択していた。


そこには、小さい女の子が2人。

短髪の女の子と、長髪の女の子。


彼女は2人を始めから狙っていたのだった。


550: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 22:57:35.70 ID:2ZeNv6bkO

プロデューサーはもう、彼女を説得することを諦めた。

無関係の女の子に手を出させる前に、自分が止めなくては。


一瞬の隙をついて彼は彼女の凶器を取り上げた…が、彼女は逃げ出した。


彼が追いかけたその時だった。

彼が最後に見た元気な彼女は目の前で自動車によって宙を舞っていた。

彼は彼女へ一心不乱に呼びかけた。

何故こんなことをしたんだ。
何故、アイドルとしていてくれなかったんだ、と。


彼女は答えた。

551: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:00:10.49 ID:2ZeNv6bkO





『…プロデューサーさんのせいなんですよ?』




『…こうして私があなたを欲するのも』







『…全部、あなたのせいです』



553: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:02:12.55 ID:2ZeNv6bkO

病院に彼女は運ばれた。


治る怪我ではあった。



しかし医者にこう言われたのであった。



体は問題ない。

しかし、心が目覚めようとしていない。

と。


彼女は諦めてしまったのだ。

生きること。
アイドルとして生きること。
そして

プロデューサーと共に生きることを。

554: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:05:06.47 ID:2ZeNv6bkO

プロデューサーは泣き叫んだ。

最後に残した彼女の言葉。


そう、これは全て自分のせいだったのだ。


アイドルとして輝く彼女として、導いていけなかったこと。

恋人として、認めた故に歪ませてしまったこと。

命を失わせてしまったこと。


それは全て…






556: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:09:29.19 ID:2ZeNv6bkO


数年後、

彼は感情を見せず、ただ眈々と生きるようになった。

好きなものは誰にも打ち明けず、笑顔を見せない。

つまらない男になっていた。



そんな彼は、ある男に出会った。


ある男は、プロデューサーとしての素質があると言った。

彼は最初は乗り気ではなかった。


ところが、見せられたアイドルたちの顔を見て、気持ちが変わった。


その中には……





557: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:17:34.74 ID:hQYfK8nBO


彼は誓った。

もう失わせない。


そのために自分で自分を抑えること。

絶対に、過去の過ちを繰り返させないこと。



そして彼はまた、プロデューサーとなった。

558: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:19:41.81 ID:hQYfK8nBO


P♀『…よく、全部聞いてられたね』

『……』

P♀『…長話になってごめんな』

P♀『俺はそろそろ行く…君も早く帰りなさい…』


やよい安価↓2

560: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:20:48.53 ID:FgcFmB5+o
「そいつはどの面下げてまだプロデューサーしてるのかなーって」

563: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:25:43.71 ID:hQYfK8nBO
おおう!?



『…その人は今』

『どんな顔でまだプロデューサーしてるのかなーって…』


P♀『…どうだろうね』

P♀『…それは本人にしか分からないだろうね』

P♀『…君も、大切な人は大事にするんだよ』

P♀『…じゃあね』



『…いっちゃった』

『…?あれ?体が…軽くなってきました』


やよい『…あの人、誰だったんだろう…』

564: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:27:45.70 ID:hQYfK8nBO


翌日

P『…はぁ』

小鳥『…溜息ですか?らしくないですね』

P『…すみません、少し休みます』


小鳥『…プロデューサーさん』


↓2 自由にアクション安価

566: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:28:45.72 ID:dNqQB9J7o
甘党♀登場

570: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:35:18.87 ID:hQYfK8nBO

『…何らしくない顔してんだ』

P『お前は何で自然にでてくるんだ、冬馬』

冬馬♀『…うるせぇ』

冬馬♀『…どうしたんだよ、お前らしくない』

P『…大丈夫だ。心配無用、俺は仕事に行く』

↓2

572: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:36:45.55 ID:FgcFmB5+o
その前に騒ぎの元である性別変換銃破壊しないと

574: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:40:21.25 ID:hQYfK8nBO

冬馬♀『…もう我慢ならないからこの銃ぶっ壊していいか?』


小鳥♂『…いい度胸ぴよね』

冬馬♀『え!?なんでお前男に』

小鳥♂『今は私が強いのよ…こっちへ来なさい、その体じゃなくちゃ満足出来ないようにしてやるわ』

冬馬♀『や、やめろぉぉぉぉ!』



P『…騒がしい』

↓2

576: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 23:41:32.34 ID:44TvSohc0
小鳥に全力で金的して黙らせる

581: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:44:24.83 ID:hQYfK8nBO

P『…ちょっと小鳥さん』

小鳥♂『何ですか?』

P『…ふんっ!』

小鳥♂『…おっこっ!?』キンッ!!


P『…はぁ…騒がしいし、外にでも出ようかな』

↓2

583: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:45:26.55 ID:FgcFmB5+o
性別変換銃破壊しないと(使命感)

587: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:47:44.12 ID:hQYfK8nBO

冬馬♀『…今度こそぶっ壊していいか』

小鳥♂『…させねぇっ…これじゃぁっ…物語終わ…おぅっ…』

P『…ほっといてやれ。それ壊したら間違いなく後が怖いぞ』

冬馬♀『…ちっ』

↓2

582: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:45:08.25 ID:cWaB253l0
あまとうが話があって来たと言う

592: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:50:15.74 ID:hQYfK8nBO

冬馬♀『…そういや、お前に話があってきたんだよ』

P『…なんでもっと先に言わない』

冬馬♀『…使命感?』

P『…いいから要件を言え』

↓2

594: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:51:11.19 ID:bt2Xwehb0
小鳥に逮捕状が出たらしい

597: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:52:32.18 ID:hQYfK8nBO

冬馬♀『男になった事務員に逮捕状出たらしいから気をつけとけって』

P『今突き出すか?』

小鳥♂『やめろォ!』

↓1

598: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:52:55.85 ID:cWaB253l0
小鳥逃走

601: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/29(木) 23:56:46.02 ID:hQYfK8nBO

小鳥♂『…逃げるが勝ち!』

冬馬♀『お、おい』

P『…外出れば捕まるのに…』


チョットヤメテクダサイ タイホダケハ…


P『…ほらな』

↓1

593: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 23:51:06.20 ID:quzoe3ye0
さっき、墓場で少年にしている話を聞いてた

605: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:00:48.52 ID:2OZOcspBO

冬馬♀『…昨日、誰かと喋ってなかったか』

P『…!』

冬馬♀『…あの話、お前の』


↓2 おはようございます!

千早か真

607: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 00:01:19.00 ID:M35MfBOI0
千早

611: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:08:16.05 ID:2OZOcspBO

千早『おはようございま…』

P『…冬馬!話は後だ!俺は仕事に行く!』

冬馬♀『おい待て!』


冬馬♀『…行っちまった』

千早『…何かあったの?』

冬馬♀『如月千早か…なんでもねぇよ』

冬馬♀『…じゃあな』


千早『…みんなの動きがおかしいわ』

↓2

613: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:09:37.35 ID:+SI/MFuIo
黒井社長が過去のPのことを記事に書かせる

615: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:13:34.04 ID:2OZOcspBO


961プロ!

黒井『…ほう、あのプロデューサーにこんな過去があったとはな』

『…最近見つけたスクープでね、どうするよ?』

黒井『…そうだな、犯罪者、とでも書いて載せるがいい』

黒井『…翌日が楽しみだ』


翌日

千早『…どうなってるの!?』

『本当にプロデューサーが犯罪者なのですか!?』

『答えてください!』

社長『君たちに話すことなど何もない!帰りたまえ!』

千早『…プロデューサーが…犯罪者…!?』

↓2

616: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 00:14:11.51 ID:M35MfBOI0
やよいが昨日会った人の事を話す

622: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:20:52.08 ID:2OZOcspBO

やよい『千早さん!』

千早『高槻さん…これはどういうこと?』

やよい『…もしかすると、なんですけど…』



千早『昨日あった人がそんな話を…?』

やよい『…もしかしてその男の人がプロデューサーなんじゃないかなって…』

千早『…そんな…プロデューサーはそんな過去を背負っていたの…?』

やよい『…プロデューサーさんを探しましょう!』

千早『…そうね、それが先決だわ』

↓2

624: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:21:53.40 ID:UhAES4sAO
途中で真に遭遇して一緒に捜索

625: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:25:26.91 ID:2OZOcspBO

真『…千早!やよい!』

千早『真!あなたもプロデューサーを!?』

真『…うん、千早達もだよね?』

やよい『…プロデューサーを見つけないと!』

↓2

だいたい次にプロデューサーが見つかります

626: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:26:06.92 ID:KgLzkt1so
お墓に行く

630: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:29:24.28 ID:2OZOcspBO


やよい『昨日いたお墓はこっちです!』

千早『…プロデューサー!』


墓地付近

真『…そんな』

『ここがあのアイドルの墓ですか!?』

『あなたは本当に手を掛けたんですか!?』

P『……』


千早『…プロデューサー、囲まれてるのに、ただお墓に立ってる…』

やよい『…これじゃ近づけません!』

↓2

631: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:30:09.96 ID:1a3HdsmVo
ここはジュピターの出番だな

633: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:37:11.44 ID:2OZOcspBO

『…本当に冬馬なの?』

『本当だっての』

『…いやー、冬馬じゃなかったらデートとか誘ってるんだけど』

『お断りだ』


冬馬♀『…とにかくどけマスコミ』

翔太『こんなにお墓参りしてたら迷惑だよ?』

北斗『マナーくらいは弁えようね』


千早『ジュピター…』

冬馬♀『…ここは任せとけ…早くあいつに声かけてやれ』

真『…あれ、プロデューサーがいない!?』

やよい『…あっちです!あっちに行きました!』

やよい『ここは私もなんとかします!千早さん!真さん!』

冬馬♀『…後は任せたぜ』





桜が見える山…

P『……』

千早『…やっと』

真『見つけました』

↓2

635: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:41:51.54 ID:gUqrEEa5o
泣き出す

636: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:44:26.30 ID:2OZOcspBO

真『…っ』ポロポロ

千早『……』ポロポロ


P『…泣いているのか』

P『何故泣いている?』

P『それにこんなところで…何をしに来た』

↓2

637: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 00:45:18.85 ID:M35MfBOI0
プロデューサーを救いに来ました

639: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:49:49.68 ID:2OZOcspBO

千早 真『プロデューサーを救いに来ました』


P『…救う?』

P『…何から俺を救うんだ』

P『俺には他人から救われるようなことは無い』

P『マスコミの言っていることはただの戯言だ』

P『…分かったら早く事務所に戻れ』

↓2

641: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 00:51:01.09 ID:M35MfBOI0
だったら、なんで泣いてるんですか

642: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 00:57:52.70 ID:2OZOcspBO

真『…なら、その涙は何ですか』

P『……』ポロポロ

P『…俺にだって物思いに耽ることくらいはあるさ』

千早『…プロデューサー、私…実は着ぐるみの中からあなたを見ていたんです』

P『…!?…まさか、ずっとか』

千早『…はい』

P『…っ』

P『…自滅してたのか』


P『……お前らはどうすれば諦めてくれるんだ』

P『はっきり言う。これから俺といると不幸になるぞ』

P『…その様子なら知っているようだな、俺の過去を』

P『…なら尚更今の俺といるとお前らはトップアイドルなんてなれない』

P『…プロデューサーなんてまだ、沢山いる。いい加減諦めろ、割り切れ』


P『…じゃあな』

↓2

643: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:58:48.79 ID:h4d+Yij+o
また逃げる気ですか

648: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:02:43.18 ID:2OZOcspBO

千早『…また逃げるんですか』

P『…!』

真『…いいんですか…そのまま逃げてしまって』

P『…最善の策だ』

P『765プロの癌は俺だ。トップアイドルを育てるまてには取り除く必要がある』

P『…この逃げはお前らのための逃げだ』

P『…負け犬は1人でいい、朽ちていいのは俺だけだ』

P『…なんとでも言え。それでお前らが諦めてくれるんならな』ザッ

↓2

650: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 01:04:07.37 ID:F2NnxrJu0
じゃあアイドルやめます

654: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:10:46.31 ID:2OZOcspBO

千早『…なら仕方ないですね』

真『…ボクたち、アイドルを辞めます』

P『…今、なんて言った』


千早『アイドルをやめると言ったんです』

真『…プロデューサーがボクたちのせいで苦しむならやめてやりますよ』


P『ふざけるなっ!!』

千早『…!』

真『…っ!』

P『…お前ら…そんなに俺を困らせたいのか…何のために俺が犠牲になろうとしてるのか分かってくれないのか!?』

『お前らが笑顔で!!輝く姿が見たいから俺の無駄な人生を使って捧げて来た!!』

P『…それなのに…俺なんかのためにアイドルを辞めるだと!?』

P『いい加減にしろ!!』

P『…お前らが歌を届けるのは!言葉を届けるのは俺なんかじゃないだろ!!』

↓2







655: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 01:11:45.22 ID:7SH3Hqzq0
目の前にいる人に言葉も届けられないで何がアイドルですか。

659: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:18:18.78 ID:2OZOcspBO

真『目の前にいる人に言葉も届けられないで!!』

千早『何がアイドルですか!!』

P『……っ!』

真『…確かに届ける相手はまだ沢山います…でも!』

千早『…届けたいと思った1人に届けることが出来ないで、私たちはアイドルなんて語れません!』


P『……っ…この大馬鹿たちが』

P『…どうしたら諦めてくれるんだ』

P『罵倒でもすればいいのか?犯罪でも起こせばいいのか?』

P『教えてくれよ、どうすれば諦めるんだ』

↓2

661: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 01:20:02.24 ID:gUqrEEa5o
本心がしりたい

663: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:27:15.14 ID:2OZOcspBO

千早『…プロデューサーさん』

真『…あなたの、本当の気持ちを聞かせてください』

千早『…そうしなくては納得して帰れません』


P『…はっ、本音なんてさっきから言ってるさ』

P『…お前らのために俺は消える。お前らが好きだからだ』

P『……お前らのために』

P『…お前らの…』ポロポロ


P『…俺だって!!お前らのためにもっとプロデューサーとして一緒にいてぇよ!!』

P『…特に千早、真…あの事件で人質になってしまってから…こうして出会って沢山伝えたかった!!』

P『…よく生きててくれたなって!!思いっきり抱きしめたかった!!』

P『…でも!!ダメなんだ!!俺には…俺には!!』

P『…俺には無理なんだ!!あいつのように失いたくない!!』

P『…お前らが大好きだから!!』

↓2

665: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 01:29:52.14 ID:FRlfa/sS0
だったら守ってやれよ、とあまとうが来る

667: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:36:42.86 ID:2OZOcspBO

『…だったらなんで守ってやんねぇ』

千早『…!』

真『…冬馬』


P『…お前まで邪魔するか』

冬馬♀『悪いな、不本意でも…好きになった奴は不幸にしたくはないからな』

P『…どいつもこいつも』


P『…俺は本音を伝えたぞ、2人』

千早『…え』

真『…何を考えてるんですか』

P『…これ、覚えているか』チャキッ

千早『…そのナイフ』

真『…まさか!』

P『…そう、あいつがあの時俺を消すために使ったナイフだ』

P『…まさかこんなところで使うことになるとはな』

冬馬♀『…お前、正気か』

P『俺は何時でも正気だよ』

P『…今、償いにいくぞ… …』

↓2


669: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 01:37:55.05 ID:H4eEeWr00
全部隠れて聞いてた雪歩がPにタックル→ナイフ落とす

673: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:46:12.99 ID:2OZOcspBO

『…だめですっ!』ガッ!!

P『…ぐっ!?ナイフがっ!?』


『……悪いですけど、これは没収です』

P『…なんでお前らがここに…!』

律子『当然じゃないですか』

美希『…ミキたちは』

春香『仲間ですからね』

真美『…全部聞かせてもらったよ、兄ちゃん』

亜美『…ごめんね兄ちゃん』

響『…どうして自分を大切にしようとしないの』

貴音『私たちを信用してくれてないのですか』

やよい『…ここまで、みんな連れて来ました』

雪歩『…セーフでしたね』


P『…お前ら…!』

P『…やめろ…そんな目で…俺を見るな…!』

↓2



666: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 01:29:58.01 ID:M35MfBOI0
2人が抱きしめる

676: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:49:01.71 ID:2OZOcspBO

ギュッ…

P『…!?』

真『…っ』ギュッ

千早『……』ギュッ


P『…や、やめろ…やめろやめろやめろ!離れてくれ!俺には…俺には…』

↓2

658: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 01:15:09.60 ID:mfuZPUL0o
千早「ファンもそうですが、私たちが歌をささげたい人たちは……私たちを、支えてくれた人たちです」
真「そうなんですよ!だったら真っ先に歌を聞かせてあげたい人って誰だと思います?……多分うちのアイドルみんなこういうと思いますよ」
二人「あなたです……プロデューサー」

687: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 01:58:29.06 ID:2OZOcspBO


千早「ファンもそうですが…私たちが歌をささげたい人たちは……私たちを、支えてくれた人たちです」




真「そうなんですよ!だったら真っ先に歌を聞かせてあげたい人って誰だと思います?……多分うちのアイドルみんなこういうと思いますよ」


二人「あなたです……プロデューサー」


P『…ぐぅぅぅ…!』

あずさ『…その通り』

伊織『…あんたは背負いすぎなのよ』

全員『…プロデューサー』


P『…ぬぅぅ…!』



『プロデューサーさん!』


P『…やめろっ…!俺に優しくするな…!』


『…全て、あなたのせいですよ』


P『…がぁぁぁ!!』

千早『…きゃっ!?』

真『…わっ!?』


P『…っ!』ダッ!!

千早『どこに行くんですかプロデューサー!!』

真『…ぐっ…!足、ぶつけて走れない…!』

2人『プロデューサーぁぁぁ!!』





689: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:03:27.56 ID:2OZOcspBO



黒井『…フン、ここまで想定内、ってところだな』

黒井『…この機会は絶対逃さない』


黒井『…あのプロデューサーがいなくなれば容易いものよ』

黒井『…早速だ。早く仕事に行ってこい』


黒井『…これで終わりだ、765プロ』


691: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:07:43.93 ID:2OZOcspBO





投票タイムです


今度のアイドルは

真 千早

となりました

勿論一方が幸せになーーー







694: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:09:57.75 ID:2OZOcspBO


ーーーー投票タイムです


今度のアイドルは

真 千早

となりました

勿論一方が幸せになーーー



りますが、

もう片方はもっと幸せになります

幸せになるアイドル、
もっと幸せになるアイドルを投票で決めていただきます

それでは↓7までどうぞ






706: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:16:53.55 ID:2OZOcspBO

真『…あれから数日、プロデューサーが帰って来ません』

真『…どこに行ってしまったのかも分かりません』

真『…ただ、言えることは765プロはプロデューサーの件でてんやわんや…忙しい毎日です』



真『…プロデューサー』

春香『…どこに行っちゃったんだろう』

真(…気が乗らない、↓2でもしようかな)

710: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:23:42.68 ID:2OZOcspBO


真『…ふっ…ふっ…』ダッダッ

真(今回プロデューサーさんの事件は…プロデューサーさんの過去がばれたことから始まった)

真(プロデューサーさんの事件を知ってる人…最初はやよい、千早ぐらいだった)

真(…?)

真(…ちょっと待って…事件から数年経ってるはずの事件を何故今更取り上げられたんだ?)

真(…ということは)

真(知っている人が、もう1人いてその人が教えた…?)

真(…誰だ)

↓2ここでアクション安価

ちなみに人物は安価しません決めてるんで

711: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 02:25:20.59 ID:3MhIku/eo
社長に心当たりがないか聞く

714: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:29:06.41 ID:2OZOcspBO

真(社長…社長にあたってみよう)


事務所

真『…あれ、誰もいない』

『…はい、手をあげろ』カチャ

真『…え』

『…これで全員人質だな』

『…おい、お前ら…こいつら連れてけ』




717: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:33:10.11 ID:2OZOcspBO
場所不明


真(…どこだか分からないところに連れて行かれた)

真(765プロ全員が口を塞がれ、拘束されて動けなくなってる)


『…よし、これで全員だな』

『…こいつら全員売っぱらえば俺たち大儲けだ』

真(売っぱらう!?)

『…っつー、まだ傷が痛む』

真(…!あの男…!)

真(ゲーセンでプロデューサーにやられた男だ!)

苦し紛れの安価↓2

718: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 02:34:15.75 ID:DSRYAnpVo
石をなげて一人向かわせる

719: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 02:35:20.81 ID:M35MfBOI0
状況を確認して↑

721: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:38:31.12 ID:2OZOcspBO

真(人数は2人に1人くらいの見張り…あとはあの男がボスか)

真(…1人、引きつけて残りをやれば)

真(…石で引きつけて見よう)


からんっ

見張り1『…あん?』

見張り2『なんかいねぇか見てくる』

真(…よし、いけるかも)

苦し紛れの安価↓2

720: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 02:35:46.53 ID:H4eEeWr00
改心した小鳥が警察を引き連れてやってくる

723: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 02:40:22.40 ID:FRlfa/sS0
失敗するけど>>720

725: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:45:06.94 ID:2OZOcspBO

真(これで何か起きますように…)

見張り2『兄貴!警察だ!警察がきた!』

『…無駄無駄。こっちには人質がある』

真(…警察まで対策してるなんて)

『…あとそこのお前。石投げて余計なことしようとしてたな』ガッ

真(ぐっ…!)

『女だからって容赦はしねぇぞ』

『…なんならここでボロボロにしてやろうか?』

↓2苦し紛れの安価

730: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:51:01.62 ID:2OZOcspBO

真(振り払って逃げなきゃ…!)

『無駄だっての』

真(…足捕まった!?)

『…決めた…売っぱらう前にこいつで遊んでやるか』

真(…え)

『…さ、服でも破いてやるか』

千早『!!んー!んー!』

『…うるさいぞそこ!』ガッ

千早『っ!!』

真(…千早!…っ!動けないっ…!』

『…へへ、ご対面』

真(…やだ、やだぁ…!)


『…あん?』


『…こいつ』


『男じゃねぇか』


真(…へ?)

731: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:54:22.74 ID:2OZOcspBO

見張り『…兄貴!?こいつらみんな男だ!』

『…バカな!?捕まえた時は女だっただろうが!?』

見張り2『…見てくれよ!こいつらよく見たら男だ!』




『…男を売るとはいい趣味とは言えないな』


『…誰だぁ…!?ってお前ぇぇ!あん時の!!』


『…誰?…そうだな』



P♀『通りすがりの美人プロデューサー、かな』



733: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 02:58:27.02 ID:2OZOcspBO

『…てめぇ…!あんときはよくもやってくれたもんだな!』

P♀『…あんまり騒ぐな…折角取ったはるかさんポシェットが落ちる』
※非売品

『…てめぇら!やっちまえ!』

見張り『あ、兄貴…』

『…あぁ!?何してんだ!』

見張り♀『…銃が重たいんです』

『…てめぇ誰だ!?』

見張り2♀『…なんだこの胸…』


わーわー
ぎゃんぎゃん


『…ど、どうなってるんだ』


P♀『…さて』

『…ひぃっ!?』

P♀『…あの時よりは痛い目にあっとけよ』

P♀『…回し…蹴りっ!!』ゲシィッ!!

『おっぷぉぉぉ!?』

734: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 03:01:15.48 ID:2OZOcspBO

『…あがが』

P♀『…ふぅ』

P♀『売るなら自分でも売ってろ』


P♀『…あとは警察に任せるか』


真『んー!んー!』

千早『んーっ!ん!!』

P♀『…じゃあな』


小鳥『警察呼んできたわ!大丈夫!?』

真『…ぷはっ!』

↓2


736: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 03:02:07.57 ID:DSRYAnpVo
追いかけるぞ千早!

737: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 03:04:11.08 ID:2OZOcspBO

真『…千早っ!』ダッ

千早『…ええ!』ダッ

小鳥『…え、どこ行くの?』


真『…本当に素直じゃないんだから!』

千早『…本当ね』


↓2場所

739: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 03:12:56.10 ID:DSRYAnpVo
ゲーセン

740: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 03:15:17.59 ID:2OZOcspBO


千早『…ここなの?』

真『…うん、ここで遊んだか…あ』


P♀『…♪』フカフカ

真『…もう景品取ってる』

千早『…今度はふかふかしてるわ』

↓2

742: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 03:16:46.11 ID:FRlfa/sS0
かっかー!で釣る

743: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 03:21:29.93 ID:2OZOcspBO

千早『…任せて、真』

真『?』

千早『…かっかー!』

ひゅばっ

P♀『…はるかさんどこ!?』

P♀『…あ』

真『…どうも』

千早『かっかー』

P♀『…何の用だ』

2人(誤魔化した)

↓1

744: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 03:24:33.30 ID:DSRYAnpVo
さっきのお礼と、事件の裏と

745: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 03:27:45.13 ID:2OZOcspBO

千早『…さっきはありがとうございました』

真『…プロデューサー、戻って来てくれるんですか?』

P♀『礼はいらん。あと俺はお前らのプロデューサーではない。通りすがりの美人プロデューサーだ。ではっ』

真『…あ!待ってくださいプロデューサー!』

真『…足速いな』

千早『…はるかっか!』

ひゅばんっ

P♀『…ずるいぞ』

千早『…ふふ』

↓1

746: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 03:28:47.65 ID:WQw82iMoo
千早の家で話しをする

747: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 03:35:27.84 ID:2OZOcspBO

千早んち!

P♀『…♪』モフモフ

真『…本当に好きなんだ』

千早『このプロデューサーが可愛いのよ…ふふっ』

真『…それで、事務所に戻って来てくれないんですか?』

P♀『…私じゃない、男のプロデューサーからの伝言』モフモフ

P♀『…そのうち戻ってくるからよろしくな…だって』モフモフ

千早(…自分から言うの躊躇ってるわ)

真(本当に素直じゃない)

P♀『…その時ならぎゅーってしてやる…だってさ』

千早『…え』

真『…え』

P♀『…今の嘘。なんでもない』モフモフ

↓1

748: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 03:36:30.12 ID:V0TTFto+0
よし、じゃあもふもふしよう

749: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 03:41:18.71 ID:2OZOcspBO

千早『…えいっ』モフモフ

P♀『…!それは私のはるかさんだ!』モフモフ

真『…ボクも!』モフモフ

P♀『…狭いっ!』モフモフ

千早『…なんだか三人で抱き合ってるみたいね』

真『…そうだね!』

P♀『…はるかさん』モフモフ

千早『…えいっ』ギュ

P♀『…!離…さなくていいや』ギュ

真『…あ!ずるい!ボクも!』ギュ


P♀『…こっちの方が、あったかくて、気持ちいいな』

↓2

751: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 04:00:28.45 ID:dMyUKEgf0
もふもふもふもふ

786: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 07:24:33.77 ID:2OZOcspBO

寝てしまったので再開します

P♀『…♪』モフモフ

千早『…』モフモフ

真『…』モフモフ

千早(…今思うと、私たち)

真(…プロデューサーに抱きついてるんだよね…)

千早『…////』

真『…////』

P『…?』

↓2

789: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 07:30:13.93 ID:2OZOcspBO

真『…やっぱり大きいですよね』ジーッ

千早『…私たちよりよっぽど』ジーッ

P♀『…ん?胸のことか?』

P♀『…触ってもいいぞ?』

千早『…えぇえぇ!?』

真『…そんな答え方されると思いませんでしたよ』

P♀『…色々あって吹っ切れたんだよ』

↓2

791: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 07:43:44.69 ID:+SI/MFuIo
別に触りたかったわけじゃないんでいいです

792: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 07:53:46.61 ID:2OZOcspBO

千早『…別に触りたかった訳じゃ無いのでいいです』

P♀『…ふーん』

千早『…くっ』

P♀『…ほいっ』ギュム

千早『…!?むーっ!』ジタバタ

P♀『…結構前に隠れて本音聞いてたお仕置きだ』

千早『…むーっむーっ!』ジタバタ

P♀『…で、これからどうするんだ、真』

真『↓1』

千早『もがもが』

793: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 07:54:15.62 ID:+SI/MFuIo
僕はそろそろ帰ります

794: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 08:05:03.65 ID:2OZOcspBO
真『そろそろボクは帰ります!満足しましたし!』

P♀『そうだな、俺もずっとここにいるわけにも行かないしそろそろ出るか』

千早『むがむが』

真『…そろそろ離さないと千早が危ないですよ』


帰り道!

↓1自由に安価

795: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 08:11:04.79 ID:WQw82iMoo
Pの家までついていく

796: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 08:16:43.66 ID:2OZOcspBO

真『…プロデューサー?』

P♀『…なんだ真』

真『プロデューサーの家に行っていいですか?』

真『…伝えたいことがあるんです』

P♀『…分かった。もうだめとは言わない』

P♀『…俺んちまでおいで』

P♀んち!

真『…久しぶりだなぁ』

↓1 自由に

797: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 08:17:48.99 ID:GErgYQiio
物色

798: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 08:49:41.72 ID:2OZOcspBO

真『…何か無いかな…』

P♀『何も面白いものはないぞ』
↓2

800: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 08:54:08.51 ID:+SI/MFuIo
大量の真の隠し撮り写真

802: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 09:09:07.08 ID:2OZOcspBO
流石に盗撮魔ではないのでやんわり変更

真『…あれ、ボクの写真?』

P♀『…あ』

真『…デビューの頃からスクラップされてる…ずっと集めたんですか?』

P♀『…プロデューサーだし、ちゃんと成長の変化くらいは見ておかないといけないからな』

↓2

804: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 09:11:01.85 ID:M35MfBOI0
ボクもずっとプロデューサーの事を見ていました

805: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 09:27:33.14 ID:2OZOcspBO

真『…ボクもずっと、プロデューサーの事を見ていましたよ』

P♀『…不意打ちだな』

真『…もう隠しませんから』

P♀『…もう俺は逃げない。お前の気持ちを受け止める』

P♀『この前、俺が言ったような…お前の本当の気持ちが知りたい』

↓2

807: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 09:29:19.56 ID:4wx+wiMBo
あなたのことが大好きです

808: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 09:33:48.45 ID:2OZOcspBO


真『ボクは…あなたのことが好きです』

真『…一緒にいたいです。誰よりもいつまでもずっとずっと一緒に』


P♀『…嬉しいよ、とっても』

P♀『…信じてもいいのか』

P♀『…真は歪んでしまったり…しないって』

↓2

809: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 09:34:53.83 ID:WQw82iMoo
僕は単純ですから

810: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 09:35:31.31 ID:M35MfBOI0
キスして、↑

811: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 09:56:27.44 ID:2OZOcspBO
チュッ

P♀『……真?』


真『…ボクは単純ですから、ただ貴方を愛し続けますよ』

真『…なーんて、ね』

チュッ

真『…え』

P♀『…やられっぱなしは好きじゃない』

P♀『…俺も、ずっとずっと、お前を愛し続ける』

真『…プロデューサー』

↓2

最後安価

813: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 09:58:24.89 ID:M35MfBOI0
これからは辛い時も悲しい事も二人で乗り越えていきましょうね、王子様

816: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 10:48:13.16 ID:2OZOcspBO

真『…これからは辛い時も悲しい事も乗り越えていきましょうね…王子様』

P♀『…今はお姫様、だぞ?』

真『…どんな姿でも、プロデューサーはボクの王子様なんです』ギュッ


P♀『…あぁ、今度は1人じゃない…一緒に乗り越えていこうな』

818: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 10:51:17.13 ID:2OZOcspBO




P『…それから数日』

P『俺の事件は騒ぎが収まり、765プロにも平和が戻った』

P『…あのゴロツキたちの事件に関しても警察がなんとかしてくれた…のか』



P『…そしてそれからの生活』



819: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 10:57:16.94 ID:2OZOcspBO


Pんち!

真『ただいまプロデューサー!お仕事終わりました!』

P『お疲れ様、真』

真『…いつものやつ、やらないんですか…?』

P『…好きだな、お前も』ギュッ

真『…これがなきゃ明日も頑張れないんですっ!』


『…もう、真ったらいきなりすぎるでしょ』

真『いいじゃん!どうせそっちもしてもらうんでしょ…千早?』

千早『…まぁ、そうだけど』

千早『…ただいまプロデューサー』

P『おかえり千早…お前もか?』

千早『…当たり前です』ギュッ



P『…真と付き合い始めてから、真とだけじゃなく、千早とも一緒に生活を始めている』

P『…真曰く、一緒っていうのは2人っきりだけじゃないんです!だそうだ』



820: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 11:00:45.79 ID:2OZOcspBO

千早『今ご飯作るわ…何がいい?二人とも』

P『…またもやし炒めになるのか』

真『…あれ、もはや魔法ですよね』

千早『…今度は大丈夫です!ビーフシチューを作ります!』




P『…気にするな千早』

真『…うん!しゃきしゃきして美味しいよ!』

千早『……』



『…またもやしばっか食べてんのか?』


P『…おういらっしゃい…冬馬』

冬馬♀『…よう』

821: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 12:21:10.18 ID:2OZOcspBO

P『冬馬は例の事件以来、961プロをやめ…』

P『まさかの女性アイドルとして爆発的な人気を得た』

P『…きっかけは俺が墓でマスコミに囲まれた時…マスコミにはどストライクだったらしい』


冬馬♀『…女のふりも疲れるぜ』

P『いいじゃないか、人気あるんだし…俺のプロデュースは必要か?』

冬馬♀『…今はいいよ…後から頼むかもな』

P『その時はトップアイドルにしてやるからな』


P『…さて、どうしようかな』

↓2自由に

823: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 12:29:04.50 ID:Rv9iQTlAo
P♀あまとう♀
千早♂真♂で同じ布団でもふもふ

824: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 12:40:51.33 ID:2OZOcspBO

P『…さ、そろそろ寝るか…』

冬馬♀『…そろそろ俺も帰るかな』

真『冬馬!こんな時間に女の子1人で帰るつもり?』

冬馬♀『…一応心は男なんだが』

真『体は女の子でしょ!泊まっていきなよ!』

冬馬♀『……』チラッ

P『おとなしく泊まっていけ…布団用意するから』

冬馬♀『…さんきゅ』


P『…ふぅ、今日も疲れたな…』ガサッ

真『……お邪魔しますっ!』ギューッ

P『…おい真、布団はあるだろ…』

千早『…そうよ真、たまには私にも譲りなさい』ギューッ

P『…お前もか』

P『…女の子2人に抱きつかれる俺の身にもなれよ…抑えるの大変なんだからな』

千早『…なら』

真『こうしましょう!』カチッ

P『…ん?』




P♀『…なんでこうなる』

真♂『男の子に抱きつかれるなら大丈夫ですよね!』ギューッ

千早♂『…ぎゅ』ギューッ


冬馬♀『……』

冬馬はどうする↓2

826: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 12:45:57.32 ID:Z8pK7PNXo
真に、ぎゅ…と抱きつき、上目遣い涙目で「お……俺にも……構えよ……!」と言う

827: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 12:50:42.29 ID:2OZOcspBO

冬馬♀『……』

P『…あったかいな』

真♂『…もふもふ』モフモフ

千早♂『…♪』モフモフ


冬馬♀『…あのさ、その…』

真♂『…どうしたの?冬馬』

冬馬♀『…それ、楽しいのか?』

真♂『楽しいよー』


冬馬♀『……』ギュ

真♂『…わっ…冬馬もやりたかったの?』

冬馬♀『…俺にも構ってくれよ』ウルウル

真♂『…女の子になってから甘えん坊になったのかな』モフモフ

冬馬♀『…♪』モフモフ


↓2

829: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 12:53:32.05 ID:7kkcGNFlo
P&千早
あまとう&真
でお風呂

831: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 13:01:00.81 ID:2OZOcspBO

P♀『…ちょっと汗かいてきたな』

P♀『…風呂入ってくる』

ガシ

P♀『…どうした、千早』

千早♂『…私も、いいですか』

P♀『…千早がいいならいいが、どうして?』

千早♂『…話があるんです』




風呂!

P♀『…ふぃぃ』

P♀『…んで、話ってなんだ?』




千早♂『…真と…結婚、するんですよね』




832: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 13:04:15.95 ID:2OZOcspBO

P♀『…知ってたのか』

千早♂『最近…知りました』

P♀『…それがどうしたんだ』


千早♂『…私も、貴方が好きでした』

P♀『…!』

千早♂『…でも、もう真がいます』

千早♂『…それでも私は貴方が欲しくなるんです』

千早♂『…お願いします、私に…最後の言葉をかけさせてください』

千早♂『…そうすれば…諦め切れるんです』


P♀『…あぁ』

P♀『…千早の本当の気持ち…伝えてくれ』

↓2

834: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 13:27:50.33 ID:kERfB6Oro
もともと貴方を好きでしたが……どうやら、私は女の姿の貴女が男として好きになってしまっているのです

837: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 14:55:33.68 ID:2OZOcspBO
千早♂『もともと貴方を好きでしたが……』

千早♂『どうやら、私は女の姿の貴女が男として好きになってしまっているのです』

P♀『…そうか』

千早♂『…受け入れてはもらえないんですよね』

チュ

千早♂『…へ』

P♀『…結婚までは出来ないが…そんなお前を慰めてやるくらいはしてやるさ』

P♀『…俺は女として生きるつもりはないけどな』

↓2

838: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 14:57:45.95 ID:7ymYUjul0
女は千早に、男は真に捧げる

840: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 15:12:17.14 ID:2OZOcspBO

千早♂『…嬉しいです』

千早♂『もう一回キス…いいですか』

P♀『…ん』チュ

千早♂『…っ…』

P♀『…ぷは…満足か?』

千早♂『…ぷろでゅーさぁ…』

P♀『……こら』つんっ

千早♂『ひゃんっ』

P♀『何よからぬこと考えてんだ…俺は男だ。そこまでさせるつもりはない』

千早♂『…そんなぁ…』

P(…からかってやるか)

P♀『…この変態』

千早♂『…っ!!』ゾクッ


Pの守りは硬いんです

↓2

842: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 15:21:13.31 ID:v9PDF0p+o
ほんとは女の癖に、こんなにここを

844: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 15:27:14.72 ID:2OZOcspBO

P♀『…どうした』

千早♂『私…本当は女の癖に…ここがこんなに…』

P♀『…だからこそ収まらないんだろ…落ち着かせたいなら素数でも数えてな』


P♀『…ふぃぃ…』チャポンッ

↓1

845: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 15:31:49.86 ID:dnugYTYSo
……おお、●●●●が浮く
こんな感じなのか

846: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 15:37:03.48 ID:2OZOcspBO

P(…そういえば女になってからあまり発見がなかったが)

P(…胸、浮くんだな…)

P(…美希あたりが言ってたのは本当だったんだな…)


千早♂『…くっ』


お風呂タイム最後の安価↓1

847: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 15:42:15.51 ID:v9PDF0p+o
千早が上がろうとしたPに後ろから抱きついて
あててんの♂

848: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 15:49:15.51 ID:2OZOcspBO

P♀『…さぁ、上がるか…』ギュッ

P♀『…ん?』

千早♂『……』ギュ~

P♀『…何してるんだ千早』

千早♂『…あ…あててるんです!////』



P♀『…千早、男には悲しいことに弱点があるんだ』

千早♂『…へ』

P♀『…その弱点を俺に押し付けて…何を考えているんだ?』

千早♂『…えと、違うんです…その』

P♀『…弱点、味わってみるか?』ニコ

千早♂『ひぃぃぃ!!』



真♂『…あ!上がったんですか…って千早、なんで気絶してるんですか?』

P♀『ちょっとお仕置き』

千早♂『』

↓2

1 真と結婚について話す
2 とある日へ進む

851: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/30(金) 16:01:36.79 ID:urhiiXkG0
2

852: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:02:24.25 ID:2OZOcspBO

ーとある日

『プロデューサー!』

P『こら…折角の花嫁姿でばたばたするんじゃない』

『だって…この姿、一番見せたかったんだから!』

P『…全く』

P『…すごく綺麗だよ、真』

真『へへっ…嬉しいなぁ』

855: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:05:36.64 ID:2OZOcspBO

千早『おめでとう、真、プロデューサー』

千早『…真、凄く綺麗よ』

真『ありがとう、千早…幸せになるからね』

千早『…うん』

真『…ごめんね、ボク本当は千早も…』

千早『大丈夫よ…だって私だけ独り占めしてる物、あるもの』

千早『…ですよね、プロデューサー?』

P『…余計なことを言うもんじゃない』




856: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:08:05.88 ID:2OZOcspBO

冬馬『…よう、お前ら』

P『冬馬…お前も来てくれたのか』

P『…今日は男なんだな』

冬馬『当たり前だろ!流石にこういうのはいつもの自分で祝いたいぜ』

冬馬『…おめでとう』

真『…ありがとう』


P『…さ、そろそろ行くか』

真『…はい、プロデューサー』


真『…プロデューサー!』

P『…?』

真『↓1』

858: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 16:11:02.95 ID:mfuZPUL0o
ずっと……素敵な王子様でいてくださいね!

859: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:13:02.48 ID:2OZOcspBO







真『ずっと……素敵な王子様でいてくださいね!』


P『…あぁ!』




860: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:16:09.08 ID:2OZOcspBO


ーとある日から数日後


真『…着きましたね』

P『…あぁ、久しぶりな気がするな…』


P『…あいつの墓に来るのは』


真『…それで、お願いってなんですか?』

P『…あいつに歌を届けてやってくれないか』

真『…歌?』

P『…あいつに向けての歌を』

P『…ここまで俺を苦しませた仕返しと』

P『…こんな俺を愛してくれたお礼を』

P『…真に歌として届けて欲しいんだ』

真『…分かりました』


↓2 アイマスの曲

862: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 16:22:19.86 ID:7ymYUjul0
エージェント

867: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:30:46.10 ID:2OZOcspBO

P『…真、ダンスまでやろうとしなくても』

真『…アイドルとして、中途半端に気持ちを伝えたくないんです』

真『…では聞いてください』


真『…エージェント夜を往く』


870: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:34:40.04 ID:2OZOcspBO

ー眠れない夜 この身を苛む煩悩

焦燥感 耐えられないなら


P(かつて育ててきたアイドルの眠る場所に)

P(自分を支えてくれたアイドルが1人)


ーアンダーグラウンドのサービスを呼ぶの

どんな時も万全に応えられる


P(…見てるか、今の俺にはこんなに輝いてくれるアイドルがいる)

P(…だから、もう罪に押しつぶされたりはしない)


872: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:38:57.27 ID:2OZOcspBO
もっと! 高めて果てなく 心の奥まで
貴方だけが使えるテクニックで
溶かしつくして…

真(ボクの歌、踊り…届いていますか)

真(ボクは、ずっとプロデューサーを縛り続けた君を許さない)

真(でも、一つだけ、伝えたいことがあるんだ)

本能 渦巻く最中に堕ちてくときめき
今宵だけの夢
踊るわ 激しく…


(プロデューサーを愛してくれてありがとう…その気持ちはボクが継いでみせる)

(ボクもプロデューサーを愛しているから…)

873: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:44:03.38 ID:2OZOcspBO

P(踊り終わった真を見て…俺は安らかな気持ちだった)

P(まるで、心を溶かし尽くしたように)

P(負の感情が洗い流されていく)

P(俺にとって彼女はエージェントだったのかもしれないな)

P(…見事に、恋と欲望を弄ばれたな)



真『…ありがとうございました』

P『…最高だったよ』

真『…こうして褒めてもらえるの、とっても嬉しいです』

874: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 16:48:16.73 ID:2OZOcspBO

真『…さ、プロデューサーのワガママ聞いたんですから、次はボクのワガママです』ギュッ

P『…こんなところで…よせよ』

真『見せつけてやるんです!ボクたちの幸せをっ!』

P『…仕方ないな』

真『…それじゃ…いいですか?』

P『…おう』


ーこの時、2人の前に立つ墓標に

二つ繋がった花びらが舞い散った。

まるで、2人を歓迎するように…



五部 終了…


884: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 17:04:39.01 ID:2OZOcspBO

五部、終了です

千早に関しては今回攻略にはなりません。

千早ルートはまた別の世界になりますね。



889: ◆qQ6wK6czCM 2014/05/30(金) 17:07:31.51 ID:2OZOcspBO

ここで使い回しですが次の世界の安価を取りたいと思います

1 年齢変化
2 透明化
3 体がくっつく
4 変身系
5 性格変化
6 感覚共有
7 心が読める
8 その他

↓4さん、どうぞ

896: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 17:17:30.31 ID:WQw82iMoo
1



次回 P『アイドルたちの年齢を変える?』ことり『そうです!』【安価】