1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 00:53:11 wDoDY5IM

ミカサ「エレンがそわそわしている…あれは●●期のオスに見られる現象。絶対阻止せねば」

進撃の巨人 ねんどろいど ミカサ・アッカーマン (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) (2014-01-31)
売り上げランキング: 90,670
3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 01:11:24 wDoDY5IM
ミカサ「エレン…何をそわそわしているの?」

エレン「あ?そっか?いつも通りだぞ?」そわそわ

ミカサ「ホントに?」

エレン「ほ、ホントだって!な!?アルミン!!」

アルミン「僕にふらないでよ…」

ミカサ(エレンをたぶらかす女狐…心当たりは1人しかいない…)


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 01:40:16 wDoDY5IM
ミカサ「アルミン…話しがある」

アルミン「何?」

ミカサ「ちょっと来て」

アルミン「ここで言いなよ」

ミカサ「今日のアルミンは反抗的…何処かの●●●スレのアルミンみたいになりたくなかったら…

アルミン「わかったよ!!」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 01:44:46 wDoDY5IM
ミカサ「エレンがそわそわしている…心当たりはある?」

アルミン「へ?そわそわ?気づかなかっ… ドゴッ!!!!

アルミン「壁が……」

メリメリ!!パラパラッ!!

ミカサ「エレン、そわそわしてると思わない?」ゴゴゴゴゴ

アルミン「なんか…そんな感じがしないこともない……みたいな?」

ドゴォォォ!!!!


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 01:49:13 wDoDY5IM
アルミン「ひぃ……ライナーが…」

ライナー「な…なんで、いきなり……」ガクッ

ミカサ「次は無い」

アルミン「たしかに、そわそわしてるね!明らかに!」うんうん!

ミカサ「アルミンは話が早くて助かる。それで、本題はエレンをたぶらかす女狐の尻尾を掴んでほしい」

アルミン「それは…僕はできないかな……うん……むり」

ミカサ「タダでとは言わない」

アルミン「!?」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 01:51:48 wDoDY5IM
ミカサ「言うことを聞いてくれれば命は助けてあげる」ゴゴゴゴゴ

アルミン「脅迫じゃないか!!」

ミカサ「アルミン…」

アルミン「!?」

ミカサ「私はアナタに言うことを聞くか聞かないかを質問しているのではない。生きたいか死にたいか聞いてるの」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アルミン「」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 01:55:22 wDoDY5IM
アルミン「やってみるよ…」

ミカサ「さすがはアルミン!セカンドキスならあげてもいい!」

アルミン「遠慮しておくよ…」(大変なことになった…怨むよエレン)

ミカサ「明日の朝までにアルミンが長生きできるかが決まる…肝に銘じてほしい」

アルミン「」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 02:00:42 wDoDY5IM
アルミン「エレン!!エレン!!」

アルミン「あ!エレンだ!……横にいるのは…アニ?」


エレン「また後でな…」

アニ「うん!」スタスタ


エレン「よし!次はクリスタだな…」

アルミン「エレン!」

エレン「あ、アルミン!どうした?」

アルミン「どうしたじゃないよ!!ミカサが…」

エレン「やっぱりな…」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 02:06:23 wDoDY5IM
アルミン「どうするのさ!?僕の命が危ういんだよ!!」

エレン「うーん、もう少し持ち堪えてくれ!まだ人数達成してないんだよ!!」

アルミン「エレン…君ってヤツは!」

エレン「頼んだぞ!!とにかく俺はクリスタに用がある!!じゃあ後でな!!」

アルミン「あ!!くそっ!!こっちの気も知らないで!!駆逐野郎!!」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 02:12:49 wDoDY5IM
アルミン「しょうがない…ライナーとベルトルトに助けを求めよう…」



ライナー「なるほど…それで俺はさっきミカサに殴られたのか…」

ベルトルト「君も苦労人だねアルミン…」

アルミン「他人事みたいに言わないでくれ!僕だけの問題じゃないんだよ!?」

ライナー「そうだな…俺にとっても深刻な問題だ

ベルトルト「いかに理由のない暴力が脅威かがわかるよ」

ジャン「悪いが聞かせてもらったぞ!?」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 02:25:30 wDoDY5IM
ジャン「水臭ぇな!ミカサのことで相談あるなら俺に言えよ!」

アルミン「今ならジャンでも頼りになる気がするよ……」

ジャン「嬉しくねぇな…」

ライナー「とにかく!俺たちも協力する!アルミンとジャンでミカサを見張れ!見つかったら終わりだ…」

ベルトルト「僕たちはエレンに付くのかい?」

ライナー「そうするしかないだろう」

アルミン「ジャン!早くミカサを見張ろう!大変なことになる前に!」

ジャン「あぁ!お前はエレンとばっかつるんで気持ち悪ぃと思ってたが、やるヤツだって思ってたぞ!」

アルミン「ひどいな…」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 09:21:04 wDoDY5IM
ミカサ「エレン…すぐに女狐から助けてあげるからね…エレン…エレン…」ギリギリ



アルミン「危ないね今すぐにでも動きだしそうだ…」

ジャン「エレンの野郎羨ましいんだよ!!!」

アルミン「アレを羨ましいなんて言えるのは君だけだよ…」

アルミン「僕は教官に相談してくるから。君はここでミカサを止めてくれ!」

ジャン「止めるって……まさか…」

アルミン「身体を使ってね…」

ジャン「全然やらしく聞こえねぇよ…物理100%だよ…」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 10:09:50 wDoDY5IM
アルミン「じゃあ、頼んだよ!!」タッタッタッタ

ジャン「待て!!やるって言ってねぇ!!……くそっ行っちまった……」

ジャン「それにしても…」


ミカサ「」体育座り

ジャン「かわいい…」

ミカサ「よし、決めた。女子を殲滅する!」


ジャン「やめてぇぇぇぇぇ」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 10:21:52 wDoDY5IM
ミカサ「ジャン?……女子寮の前で何をしているの?」

ジャン「それよりも!!女子を殲滅するってどういうことだよ!!」

ミカサ「文字通り、エレンに付く可能性ある女子を軒並み排除する」

ジャン「」

ジャン「そうはさせねぇ!」がくがくぶるぶる

ミカサ「どいて」

ジャン「いや、どかねぇ!!絶対どかねぇ!!!」(会話で時間を稼ぐんだ)

ミカサ「不毛」

ジャン(ダメかぁぁぁ)


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 10:33:42 wDoDY5IM
元ジャン「」

ミカサ「」タッタッタッタッ


ミカサ(エレン発見!!……横に誰かいる!?)


クリスタ「ふふっ!エレンって優しいね!」

エレン「そんなことねーよ!じゃ、また後でな!」

クリスタ「うん!じゃあね!」


ミカサ「」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ユミル「あれ?ミカサじゃん、どうしたんだ?」



20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 10:55:07 wDoDY5IM
ミカサ「エレンを監視していた…」

ユミル「ん?あぁエレンか、元気だよなぁw女子に片っ端から声かけてよぉw皆二つ返事でOKするんだよ。ライナーじゃこうはいかねぇなw」

ミカサ「」( ゚д゚)カタッパシ

ミカサ「」( ゚д゚)フタツヘンジ

ミカサ「」((((;゚Д゚)))))))ワナワナ

ユミル「私もOKしてやったよw」

ミカサ「削ぐ!!」涙目

ユミル「へ!?」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 11:01:42 wDoDY5IM
ミカサ「うわぁぁぁぁぁ!!!」

ユミル「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」

キース「アッカーマン!!!」

ミカサ「っ!?」

ユミル「助かった…」

キース「貴様に用があるついて来い…」

ミカサ「」

キース「文句があるのか?」

ミカサ「ありません…」

キース「ならば早くしろ」


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 13:52:38 wDoDY5IM
キース「」スタスタ

ミカサ「」とぼとぼ

ユミル「なんなんだ…」

アルミン「間に合ったね…。いや、ジャンに関しては間に合わなかったけどね…」

ユミル「いったいどうなってんだよ」

アルミン「ミカサがエレンが怪しいって言って女の子を牽制しまくってるんだ…」

ユミル「なるほどミカサちゃんはエレンハーレムが気にいらねぇと」

アルミン「そうだね。そんなことになったくらいなら血の雨が降るよ」

ユミル「それは恐ろしいな…」

アルミン「ユミルもクリスタとアニをサポートしてよ!」

ユミル「あぁ、暇だしかまわねぇよ」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 13:59:38 wDoDY5IM
キース「」スタスタスタスタ

ミカサ「教官!」てくてく

キース「なんだ?」

ミカサ「さっきから壁上を歩いているだけですが用とは何ですか?」

キース「最近壁外の巨人の動きが不審だとの譲歩があってな…。見回りをすることになったのだ」(こう言っておけばいいのだな?アルレルト…)

ミカサ「その割に駐屯兵団の方々が見当たりませんが?」

キース「……」(言い訳が思い付かん)

ミカサ「何故です?」

キース「黙って従え」

ミカサ「」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 14:44:00 wDoDY5IM
ミカサ「いつまで見回るつもりですか?」

キース「明日の昼までだ…」

ミカサ「」(アルミンの結果が聞けない…くっ!このハゲにはいつかしかるべき報いを…)


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 15:00:54 wDoDY5IM
翌日昼

ミカサ「アルミン!」ぜぇぜぇ

アルミン「はい……」

ミカサ「ちゃんと尻尾は掴んだの?」

アルミン「今食堂でエレン達が…」

ミカサ「させるものか!!」ダッ

アルミン「あっ!ミカサ!」

ミカサ「エレン!エレン!エレン!」タッタッタッタッ

ミカサ「エレェェェン!!!」

バァァァン!!!!



27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 15:24:53 wDoDY5IM
全員「ミカサ!!誕生日おめでとう!!!!!」

パン!パン!パン!

ミカサ「」( ゚д゚)へ?

クリスタ「ミカサ!こっちこっち!ケーキあるよ!」

ミカサ「え?えぇ!!?」

エレン「何間抜けた顔してんだよ!主役だろ!こっち座れって!」ぐいぐい

ミカサ「あ、うん…」オロオロ



32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 16:48:19 o1Owl7zM
ミカサ「すごい量のお菓子…どうやってこんな量を?」

クリスタ「商会のボスさんに笑顔で話しかけたら沢山貰えたの♪」ニコッ

ユミル(天使)

アルミン(女神)

ライナー(xxxxしよ)

エレン「飾り付けは男子全員でやったんだ!!」

ミカサ「……皆…ありがとぅ…////」もじもじ

ミーナ「誰か足りなくない?」

アニ「そう?全員いるジャン」

ユミル「気にしない気にしない」

サシャ「料理は女子で作りました!!」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/15(木) 16:50:43 o1Owl7zM
そのころジャンは


ジャン「……痛ぇ…ミカサ…たん…じょう…び…」がくっ


おわり