1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/18(日) 23:51:25 jOvAus72
エレン「そうだ、ミカサ。アルミンのじいちゃんに昔もらった本に載ってたんだ。」

ミカサ「アルミンのお爺ちゃんは何者なの?」

エレン「解らない。だけど、俺はこれで母さんを生き返らせる。」

エレン「ミカサも手伝ってくれるよな?」

ミカサ「」コクン



2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/18(日) 23:52:18 jOvAus72
エレン「材料は『水35l、炭素20㎏、アンモニア4l」

ミカサ「うん。」

エレン「石灰1.5㎏、リン800g、塩分250g、硝石100g、イオウ80g、フッ素7.5g、鉄5g、珪素3g』らしい。」

ミカサ「凄く、大変。」

エレン「でも、これで母さんが生き返るなら俺はがんばる。」

ミカサ「材料集めも、出来る限り手伝う。」



5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/18(日) 23:53:15 jOvAus72
ミカサ「集められた。」

エレン「よし、じゃあ錬成陣を書こう。」

エレン「」カリカリ

エレン「……意外に難しいな……。」

ミカサ「私に任せて」カリカリ

エレン「おお、凄いなミカサ!凄く綺麗な錬成陣だ!」

ミカサ「」テレテレ


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/18(日) 23:53:57 jOvAus72
エレン「よし、材料を真ん中に置いて。」

エレン「これであとは錬金術をするだけだな!」

ミカサ「……エレン、錬金術ってどういう風にするの?」

エレン「そんなの、錬成陣に両手をあてるだけだろ!」バン!

シーン...

エレン「……あれ?」

エレン「えいっ!」バン!

シーン...

エレン「」

ミカサ(可愛い……)


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/18(日) 23:54:48 jOvAus72
エレン「畜生!なんで出来ねえんだ!!
ちょっとミカサ、やってみろ。」

ミカサ「わかった。」

ミカサ「はあぁっ!」バン!

シーン...

ミカサ「」(´・ω・)

エレン「あああ、なんだこれはガセだったのかよ…。」

ミカサ「そもそも、この世界に錬金術なんて存在しない。」

エレン「そうだったな。」

終わっとく



9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/18(日) 23:56:01 jOvAus72
おまけ

エレン「……というのを昔やったんですよ。」

ハンジ「えっ!?それ、成功した?」

エレン「いえ、全く……。」

ハンジ「ほっ……。良かったねえ、発動しなくて。」

エレン「?なんでですか?」

ハンジ「もし、成功してたら対価として体の一部、もしかしたら体全部持ってかれてたかもよ~。」

エレン「!!」

ハンジ「錬金術は等価交換が希望だからね。成功してなくて良かったよ、本当に!」ケラケラ

エレン「」コクンコクン

エレン(あれ、この世界に錬金術ってないんじゃ……?)


今度こそ終わり