18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:03:54.65 ID:nCzjAYVl0

律「なんでまた・・・」

梓「駄目ですか」

律「駄目じゃないけど、ほら・・・澪とかに頼めよ」

梓「・・・」

律「嫌なのか?」

梓「嫌じゃないですけど」

律「ん?」

梓「律先輩がいいです」

律「え?えーと・・・」

梓「ちょっとでいいんで、お願いします」

律「別にいいんだけど、具体的に何がしたいんだ?」

引用元: 律「え? 私に甘えたいの?」梓「はい」 



けいおん! Shuffle (1) (まんがタイムKRコミックス)
かきふらい
芳文社 (2020-02-27)
売り上げランキング: 2,085
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:07:34.87 ID:nCzjAYVl0

梓「例えば、なでなでとか」

律「それは普段唯がやってるだろ」

梓「あとはよしよしとか」

律「いや、それなでなでと変わらないだろ」

梓「あと、忘れちゃいけないのがぽんぽん」

律「ぽんぽんって、頭を?」

梓「はい」

律「うん、別にいいけど今言ったのってほとんど同じようなことだよな」

梓「ちょっと違います」

律「そうか?」

梓「はい、試しにやってみてください」

律「?んじゃ、なでなでからやってみるか」

梓「お願いします」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:10:45.88 ID:nCzjAYVl0

律「えーと・・・」ナデナデ

梓「えへへ・・・」

律「嬉しいの?」

梓「そこそこ」

律「せっかく撫でてやったのにそこそことか・・・」ズーン

梓「次は、よしよしです」

律「おう、任せとけ」ヨシヨシ

梓「・・・」

律「な、なんだ?気に入らないのか?」

梓「よしよしはもっとこう、髪が乱れるような勢いでわしゃわしゃする感じですよ」

律「あ、それもそうだな。ムツゴロウ的な感じだよな」

梓「そういうことです」

律「よーしよしよし」ワシャワシャ

梓「・・・///」

律「お前、こんなことされて嬉しいのか」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:13:56.55 ID:nCzjAYVl0

梓「うっさいです、ほっとけです」

律「あ、うん、ごめん(なんで私が謝ってんだ)」

梓「次はぽんぽんです」

律「おう、これは自信あるぞ」

梓「そうなんですか?」

律「あぁ、私達にぴったりだと思わないか?」

梓「?」

律「ほら、年上が年下にやるってイメージあるじゃん」

梓「あー、確かに」

律「ほら、もうちょっとこっちこいよ」クイクイ

梓「いたっ、ツインテール引っ張らないでくださいよ」

律「いいから」

梓「むー」トトト

律「よし、いーこいーこ」ポンポン

梓「・・・悪くないです///」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:16:26.73 ID:nCzjAYVl0

律「うん、こうしてると唯の気持ちも分かるな」

梓「どういうことです?」

律「梓は可愛いってことだよ」

梓「そんなこと言われても嬉しくないですから」

律「その割には挙動不審だな。そのセリフ、もう一回私の方を見て言ってみ?」

梓「・・・///」

律「はは、冗談だよ」ポンポン

梓(自然にぽんぽんされた・・・///)

律「よし、それじゃ」

梓「ちょっと待った」

律「なんだよ」

梓「まだ、もうちょっとだけ・・・」

律「えー?次はなんだよ?」

梓「・・・頭を撫でるのはもういいです」

律「じゃあ何がいいんだ?」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:19:29.56 ID:nCzjAYVl0

梓「このままじゃただ単に頭を撫でてもらっただけじゃないですか」

律「まぁ、そうだな」

梓「・・・」ジー

律「な、なんだよ」

梓「・・・」ハァ・・・

律「なんか溜息つかれた!?」

梓「律先輩に期待した私がバカでした」

律「なんだよ、その言い草は・・・」

梓「・・・」チラッ

律「あーもー!わかったよ!」

ギュー

梓「!?」

律「こういうことだろ?(全く、世話の焼けるヤツだなー)」

梓「はははは離してください!!」バッ

律「」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:22:33.72 ID:nCzjAYVl0

律(あれ?私、何か間違ってたか?)

梓「い、いきなり抱きつくとは何事ですか!唯先輩って呼びますよ?」

律「いや、こういうのがいいのかな、と思ってだな?」

梓「いいんですけど、ちょっとやりすぎです!」

律(普段唯にこれくらいされてるくせによく言う・・・)

梓「なんですか、その目は」

律「じゃあ梓はどういうのがよかったんだよ」

梓「・・・///」

律「なっ、言えないくらい恥ずかしいことなのか?」

梓「そうじゃないんですけど・・・」

律「なら言ってみ?ほら」

梓「・・・やっぱり恥ずかしいです」

律「いいから。乗りかかった舟だろ?」

梓「えっと・・・おいでーって、されたいです・・・///」

律「はい?(何言ってんだ)」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:25:32.62 ID:nCzjAYVl0

梓「だから、おいでーって」

律「いや、うん。それはわかったけど」

梓「・・・じゃあしてください」

律「へ?あぁ、っと・・・おいでー?」

梓「・・・」タタタッ

律「っ!?」

梓「・・・」ギュー

律「お、おい、あずさ?///」

梓「律先輩、あったかいです」

律「お、おう?///」

梓「しかもいい匂いします」

律「そりゃどーも///」

梓「はぁ、気持ちいい・・・」ギュー

律「わわわかったから、そろそろ離れろ。な?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:29:56.42 ID:nCzjAYVl0

梓「甘えさせてくれるって、言いましたよね?」

律「い、言ったけど・・・///」

梓「途中で約束破るんですか」

律「なっ、そんなことはしないぞ!」

梓「じゃあ最後まで甘えさせてください」

律「うっ・・・(なんか上手く言いくるめられた気が・・・)」

梓「せんぱい・・・?」

律「い、いいよ」

梓「へへっ、やった」ギュー

律「・・・(私のこのやり場のない両手をどうしたらいい?)」

梓「んー、りつー」ギュー

律「・・・(やっぱり、抱き締め返した方がいいのか?)」

律「って、はい?」

梓「え?なに?」

律「いや、お前、呼び方。っていうかタメ口・・・」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:34:59.29 ID:nCzjAYVl0

梓「嫌だったなら直します」

律「いや別にいいけどさ」

梓「本当に?えへへ」

律(可愛いな、チキショー)

梓「甘えるならとことん甘えたいもんね」

律「そ、それはわかったけど・・・いつになったら離れてくれるんだよ」

梓「私の気が済んだら」

律「で、いつになったら気が済むんだ?」

梓「それは・・・いつだろ」

律「おい」

梓「もう離した方がいいかな・・・」シュン

律「えっと、他にしたいことはないのか?」

梓「うーん、あとはね・・・」

律「なんだ?」

梓「今日、帰りに二人でどっか行きたい・・・です」モジモジ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:37:59.23 ID:nCzjAYVl0

律「うーん、今日はちょっとなー・・・」

梓「あれ?予定があるんですか・・・?」シュン

律「そういうわけじゃないんだけどなー」

梓「じゃあなんですか」

律「梓の口調が元通りになっちゃってるしなー」

梓「え!?私頑張る!頑張ってタメ口で統一するから!」

律「はははっ、冗談だって。お前必死すぎ」ナデナデ

梓(またなでなで・・・///)

律「いいぜ。帰りに寄り道して帰るか」

梓「・・・うん!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:41:34.54 ID:nCzjAYVl0

帰り道


律「どうしたんだ?」

梓「別に、どうもしてないよ」

律「本当か?なんか顔赤いぞ?」

梓「え?そうですか?」

律「お?」

梓「そそそうかな!?」

律「そんな慌てて言い直さなくても大丈夫だよ。んで、どこ行く?」

梓「アイス食べたい」

律「お前、相当唯に感化されてるじゃ・・・」

梓「違うよっ、今日暑かったし」

律「まぁそうだな。んじゃ行くか」

梓「待って」

律「んー?(今度はなんだ?)」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:45:55.83 ID:nCzjAYVl0

梓「・・・」

律「・・・」

梓「・・・///」

律「いや、なんだよ」

梓「りつ、あの・・・」

律「あー」

梓「何?」

律「言いたいことはわかった」

梓「本当!?じゃ、じゃあ」

律「駄目。梓が自分の言葉で言ってくれなきゃしてやんない」

梓「むー!」

律「ほら、膨れてないで言ってみ?」

梓「・・・手///」サッ

律「お前、その言い方ずるいぞ?・・・全く」ギュッ

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:50:15.81 ID:nCzjAYVl0

梓「そんなこと言いながらも繋いでくれるんじゃん・・・///」

律「まぁ私は優しいからな」

梓「自分で言っちゃった」

律「手、離そうか?」

梓「ごめん、嘘。だから離さないで」

律「だからー、お前さっきから必死すぎだって」アハハ

梓「うー・・・またからかわれた・・・」

律「・・・」

梓「・・・(会話がないと気まずいなぁ)」チラッ

律「ん?」

梓「・・・(やばい、手が汗ばんできた)」

律「どうしたんだ?」

梓「な、なんでもないよ。早く行こう?」

律「いや、アイス屋着いたけど」

梓「」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:53:51.47 ID:nCzjAYVl0

律「お前、具合でも悪いのか?」

梓「ち、違うよ」

律「そうか?」

梓「そうだって。ちょっとテンパってただけだもん」

律「お、おい・・・///」

梓「あ゛」

律「お前、正直すぎるだろ・・・///」

梓「うぅっ・・・///」

律「え、えっと、何食べる?」

梓「私、ストロベリーがいいな」

律「そっか。おっちゃーん!ストロベリーとチョコチップ一個ずつちょうだーい!」

おっちゃん「へいよー」

梓「あ、チョコチップもよかったな」

律「私もストロベリー食べたいからあとで交換しようぜ!」

梓「う、うん///」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 01:57:08.26 ID:nCzjAYVl0

おっちゃん「おまちどーさま。500円ね」

律「へーい」チャリン

梓「え、私の分の代金は」

律「いーから」

梓「へ?」

律「お前が言ったんだろ?今日は私が梓を甘やかす日なんだろ?」

梓「え、でも」

律「いいってば。私がそうしたいんだから」

梓「う、うん・・・へへ///」

律「よしよし」ナデナデ

おっちゃん「おい、あんまりイチャつくなよーここにあるアイスが全部溶けちまうだろー?」アハハハ

律「あーごめんごめん」アハハハ

梓「むぅ・・・///」

律「・・・っと。そんじゃ、あのベンチで食べるか」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:00:18.68 ID:nCzjAYVl0

律「・・・」パクパク

梓「・・・」ペロ 

律「なぁ、一口くれ」

梓「あ、うん。はい」スッ

律「んじゃこれチョコチップな」スッ

梓「うん。ありがと」

律「なぁ」

梓「何?」

律「梓、さっきここ舐めてたよな?」

梓「へ?うん」

律「それじゃ私もここ舐めようっと」

梓「え!?///ちょっと!やめてくださいよ!///」

律「ありゃー?敬語に戻っちゃってるぞー?」

梓「うっ///」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:03:19.70 ID:nCzjAYVl0

律「そんじゃ、いただきまー」

梓「待った!」

律「もー、なんだよー?」

梓「律には私が食べさせてあげるよ!」

律「いらない」

梓「なんで!?」

律「私が梓に食べさせるのは構わないけど、逆はちょっとな・・・」

梓「うー・・・でもこのままだと、私が舐めたところ舐めるでしょ?」

律「うん、当たり前じゃん」

梓「なんで・・・?」

律「梓のリアクションが楽しいから」

梓「鬼」

律「なんとでも言え」ペロッ

梓「あー!!!///」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:04:10.92 ID:nCzjAYVl0

律「んー、美味しいなー」

梓「そうですか、じゃあ」

律「梓の舐めたあと」

梓「ぶっ

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:04:30.59 ID:nCzjAYVl0
間違えた(´・ω・`)

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:07:06.58 ID:nCzjAYVl0
律「んー、美味しいなー」

梓「そうですか、じゃあ」

律「梓の舐めたあと」

梓「ぶっ!?///」

梓「な、なんでそういう言い方するんですか!!///」

律「だって事実だし」

梓「それは、ストロベリーが美味しいんであって私の舐めたあとは」

律「いいや、どっちも美味しいぜー」

梓「ばっ、ばーかばーか」

律「さっきからホント必死だな、お前」

梓「いいもん。私も律が食べたあと食べるもん」

律「あれー?いいのかー?」

梓「な、何が?」

律「あーんってして欲しくないのかー?」ニシシ

梓「ぐっ・・・」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:10:31.92 ID:nCzjAYVl0

律「いや、別にいいんだけどなー?梓の好きなように食べればいいと思うしー?」

梓「うぐぐぐっ・・・!」

律「私としては梓がどっちを選んでも構わないっていうかー?」ニシシ

梓「りつ!」

律「んー?」

梓「・・・あーんってして」

律「へへっ、了解」

梓「むー///」

律「ほら、あーん」

梓「あ、あーん・・・///」パクッ

律「美味しいかー?」

梓「んー・・・」ムグムグ

律「どう?」

梓「ん、美味しい」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:15:58.99 ID:nCzjAYVl0

律「もう一口食べる?」

梓「い、いいの?」

律「あぁ、あんまり美味しそうに食べるからなー。食べさせがいがあるぜ」

梓「そ、そう・・・///(よし、とびっきり美味しそうに食べてやる)」

律「はい、あーん」

梓「あーん」パクッ

律「あーもう、可愛いな」

梓「げほっ!?」

律「おい!?どうした!?」

梓「ちょっ・・・り、つっ・・・!」ゲッホゲッホ!!

律「器官に入ったのか?大丈夫か?」

梓「げほっ、ん。だ、大丈夫」ゼェハァ・・・

律「全く、いきなりどうしたんだよ」

梓「いや、ちょっとね・・・(律先輩が変なこと言うからだよ)」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:18:57.54 ID:nCzjAYVl0

律「こぼしたりしてないか?」

梓「えーと、うん。多分大丈夫」

律「そっか、ならいいんだ」

梓「うん、制服に付いたらめんどくさいもんね」

律「だなー・・・って、おい」

梓「ん?」

律「ほっぺ」

梓「ほっぺ?」

律「ついてるぞ」

梓「え、嘘。どっち?」

律「私から見て右の方」

梓「そ、そっか・・・///」

律「全く、しょうがないなー。私が舐めて」

梓「っと」フキフキ

律「って、何してんの!?もったいない!!」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:22:56.18 ID:nCzjAYVl0

梓「うん?」

律「あ、いや、なんでもない。うん、取れた取れた」

梓(普通なら舐めてって言う流れなんだろうケド・・・)

律(普通ここは私に舐めさせるだろ!)

梓(そんなことしたら恥ず死する)

律(チキショー、もったいない)

梓「残りの分も食べちゃおうか」ペロ

律「ん、だな」パクパク

梓「・・・」

律「・・・」

梓「・・・ったー」

律「ん?どうした?」

梓「頭痛くなった・・・」

律「急いで食べるからだぞー?」

梓「うーいったー・・・」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:26:05.57 ID:nCzjAYVl0

律「っていうか」

梓「何?」

律「なんで急いで食べてんだよ」

梓「なんでって、溶けちゃうと面倒だし・・・」

律「ふーん」

梓「え・・・?(何で先輩、機嫌悪そうなの?)」

律「それならいいんだけど」

梓「りつ・・・?」

律「なんだよ」

梓「なんか、機嫌悪くない?」

律「べっつにー」

梓「絶対機嫌悪いよ」

律「そんなことないって。よし、私も食べ終わったからとっとと帰ろうぜ」

梓「え、ちょっと待ってよ」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:29:47.09 ID:nCzjAYVl0

律「なんだよ」

梓「ちゃんと説明してよ」

律「・・・」

梓「・・・?」

律「お前から私に甘えたいって言ったんだぞ?」

梓「う、うん」

律「なんでさっき自分でやっちゃったんだよ」

梓「さっきって・・・?あ、もしかしてほっぺについたアイスのこと?」

律「うん」

梓「そ、それは・・・(言えない、恥ずかしくて甘え切れなかったなんて言えない)」

律「なんだよ」

梓「別に、なんで?自分で拭いちゃ駄目だった?」

律「だ、駄目じゃないけど・・・」

梓「でしょ?何も問題ないでしょ?」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:33:41.05 ID:nCzjAYVl0

律「・・・」

梓「・・・ったの」

律「ん?」

梓「恥ずかしかったの・・・」

律「え」

梓「ほっぺに付いてるの舐めて、なんて恥ずかしくて言えなかった・・・(っていうのもすごい恥ずかしいんだけど!)」

律「お前・・・」

梓「何?」

律「今日の梓の一番恥ずかしい発言は『甘えていいですか?』だと思うけど」

梓「うっ・・・///」

律「今更そんなところで恥ずかしがるなよ・・・」

梓「わ、私は舐めてってお願いする方が恥ずかしかったの!///」

律「ま、そういうことならいいんだけど」フフン

梓「もしかして、それで機嫌悪かったの?」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:38:55.43 ID:nCzjAYVl0

律「ん、ま、まぁな・・・///」

律「だって、甘えてくるって言うくせに肝心なところで甘えてこないし、急いでアイス食べて帰ろうとするし・・・」

梓「ちょっと待って、誤解だってば」

律「ホントかよ」

梓「は?なんで?信じられないの?」

律「うん。証拠は?」

梓「いきなり小学生みたいなこと言わないでよ」

律「しょーこーしょーこー」

梓「やめて、それあさはらっぽいからやめて」

律「なんだよ、やっぱ誤解なんかじゃなかったんだな」

梓「だからどうしてそうなるの。っていうか律だって最初嫌がってたじゃん」

律「嫌がってねぇよ、ちょっと戸惑っただけだっつの」

梓「それこそ証拠を見せて欲しいんだけど」

律「はぁ?私嘘ついてないし」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/05(月) 02:46:50.99 ID:nCzjAYVl0

梓「どうだか」

律「なんだよ、ふざけんな。梓だって証拠ないくせに」

梓「うるさい。そんなことばっかり言ってるとチューするよ?」

律「うっせ。やれるもんならやってみろ、舌入れてやる」

梓「・・・///」

律「・・・///]

梓「か、帰りますか・・・///」

律「ん、だな・・・///」

タッタッタッ

唯「おじさーん!アイスくださいなー♪」

憂「もうお姉ちゃんたら、どれ食べるか決めてからお願いしないとー」ウフフ

おっちゃん「悪ぃなお嬢ちゃん。アイス・・・全部溶けちまった・・・」

唯憂「」



おわり