1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 22:48:03 JtX5UsYM

モバP「事務所が倒産して早半年…」トボトボ…

モバP「昨今の不況でアイドルやタレントの需要は激減…」

モバP「ウチの事務所も経営状態がどんどん悪くなっていき…」

モバP「ついに倒産してしまった…」

モバP「俺も早く職を見つけないとな…」ハァ…


【メーカー特典あり】 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER for the NEXT! 06 幸せの法則~ルール~(ジャケ柄ステッカー付)
鷹富士茄子(CV:森下来奈)、白菊ほたる(CV:天野聡美)
日本コロムビア (2020-03-25)
売り上げランキング: 81
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 23:00:11 JtX5UsYM

モバP「それでもアイドル全員の再就職先が決まったのは良かったな…」

モバP「スカウトした手前、最後まで面倒をみれなかったのが心残りだ…」

モバP「っと、偉そうなことは言えないな… 今は自分の面倒もみれないんだからな…」ハァ…

モバP「ハローワークに行かないと…」トボトボ

凛「……? プロデューサー……?」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 23:06:34 JtX5UsYM

モバP「その声は… 凛!」

モバP「久しぶりだなぁ! 元気にしてたか?」ニコッ

凛「うん、私は元気だよ。Pさんこそ大丈夫なの? なんだか痩せたみたいだけど…」

モバP「あはは… あんまりちゃんと食べれてないかな… ちひろさんのドリンクも今は無いしな」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 23:14:47 JtX5UsYM

凛「ドリンクって… ちゃんと食べないとダメだよ…」ハァ…

モバP「すまないな。 みんなの再就職先を探すのに奔走してたから…」…シュン

凛「Pさんを責めてるわけじゃ無いんだよ? でも、少しは自分のことも考えてほしいな…」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 23:26:44 JtX5UsYM

モバP「すまん、凛にまで心配をかけてしまって…」

凛「私はいいの! Pさんのことを心配してたいの…」

モバP「凛…///」

凛「Pさん…///」

モバP「コホン!… そういえば、凛は実家の花屋の手伝いをしてるんだよな?」

凛「そうだよ。 学校を卒業するまでは頑張るつもり」

凛「そのあとどうするかは考えてないけど…」



7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 23:37:03 JtX5UsYM

モバP「そうか… スマンな、トップアイドルにしてやれなくて…」

凛「しょうがないよ… 事務所が倒産したのはPさんのせいじゃないし…」

凛「それより、他のみんなはどうしてる? 元気にやってる?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 23:39:31 JtX5UsYM
ごめんなさい、ネタ切れです。


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 00:56:49 b4JVVMv6
結局凛とは雑談を交わして連絡先を交換して分かれてしまった…。

「仕事…どうするかな」

営業はどうだろう。
幸い人に揉まれるのには慣れてる。
そんなことばかりをぐるぐる考えてる時だった。

「…プロデューサー!プロデューサーですか!?」

「おわっ!?」

急に肩を掴まれて驚く。
振り向くと懐かしい顔があった。

「菜々‥…?」


「はいっ!ナッナでーす!」

相変わらず眩しい笑顔を浮かべた菜々。


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 00:57:27 b4JVVMv6
とりあえず菜々を家に招き入れることにする。
カランとグラスの中のアイスコーヒーの氷が音を立てる。

「…たった半年ぽっちなのに酷く懐かしい気がするな」

「半年って以外と長いものですよ?」

そうかもしれない。

だがその長い半年で自分で何か出来たかと考えると虚しくなる。

「ご馳走になりますねっ」

それから菜々は少しアイスコーヒーに口を付ける。


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 00:58:00 b4JVVMv6
「…もう、少しはお家、綺麗にしなくちゃ駄目ですよ?」

菜々は部屋中をキョロキョロしながら呟く。

「まぁ、菜々と会うって分かってたらちょっとは綺麗にしたんだが…」

なんて言い訳をしながらコンビニ弁当のパックをゴミ袋に放る。

「……大丈夫なんですか…?」

「何がだ…?」

「…精神的に…ですかね…?」


「…おかげ様でなんとかな」

相当参ってるように思われてたらしい。
仕方のないことかもしれない。


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 00:58:33 b4JVVMv6
「菜々こそ大丈夫なのか?」

少し突っ込んだ質問をしてみる。

「ナナはあれから…メイド喫茶に戻って、それなりに楽しくやってます」

「そうか、良かった」

菜々はある意味アイドルへの憧れという一点において突出していた。
正直楽しくやっていると聞いて心底安心した。

「他の面子はどうなんだ?」

「あはは…恥ずかしながらナナもあれから皆さんとは疎遠になってしまいまして…」

「悪い、変なこと聞いたな」

「いえいえ、心配になるプロデューサーの気持ちも分かりますから」

「あぁ、ありがとう」

ナナはそう言ってグラスの中のアイスコーヒーを飲み干す。


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 00:59:04 b4JVVMv6
「…今度は微糖のも用意しておいてくださいね?」

「図々しいやつだな」

また来るつもりなのか、なんて思いつつ、いつの間にか俺の頬は緩んでいた。

「…ふぅ、世の中ままならないですね」

「…全くだな」

同意する。
本当に、ままならない。
無意識のうちに拳を握りしめていた。


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:00:00 b4JVVMv6
「ナナは…まぁ勝手に思ってるだけなんですけどね…」

「プロデューサーは、その……」

「どうした?」

「才能も、実力もあるプロデューサーだと…今でも…思ってます…」

「……そうか、ありがとうな」

ありがたい限りだ、本当なら恨まれても仕方ないくらいに思っていたのに…。

「全員が全員…なんてナナは偉ぶったこと言えないですけど…」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:00:36 b4JVVMv6
「……感謝…してると思うんです…プロデューサーに……」

「そっ、か……」

涙が出そうになる。

「今でもあの頃の映像、見るんですよ」

「ナナも、皆も……とっても楽しそうで…」

「…追いかけてたって気がするんです」



 『プロデューサーと一緒に』


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:01:11 b4JVVMv6
「俺も入れてくれるのか、追いかけてたヤツらに」

「当然ですよ!」

「…それに望みさえすれば、戻れる」

「戻れるってそりゃ……」

「魔法使いはしぶとくてそうそう死なないんですよ、きっと」

菜々は俺の目をジッと見つめてくる。

「…冗談だろ?」

「……どうでしょう?」

菜々は茶目っ気たっぷりの笑みを浮かべる。


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:01:53 b4JVVMv6
「あははっ♪」

「参ったなぁ…」

釣られてくしゃっと顔を歪める。
少しだけあの頃のように笑えた気がする。

「少し、元気出たよ」

「限界一杯まで元気でもいいんですよ?」

「マイナスがプラスにひっくり返るくらいには元気になったよ」

「むむむっ、しょうがないですねぇ、今日はこのくらいで我慢してあげますっ!」

まったく、菜々には敵わない。


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:02:40 b4JVVMv6
「それで、これからどうするんですか?」

「変わんないさ、仕事探しの日々だよ」

「つまらないですねぇ」

「…強いていうなら他のアイドルが今何をしてるのかは…気になる」

「…そうですか」

「…さぁて、ナナはお仕事に行かなくちゃですからっ!」

「これで失礼しますねっ♪」

「あぁ、気をつけてな」

「はぁい♪」

菜々は勢いそのままに靴を履いて軽やかに玄関から飛び出していく。


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:04:02 b4JVVMv6

「…とりあえず微糖のアイスコーヒー買って…その後ハローワーク…」

「……」

「魔法使いはしぶとくてそうそう死なない…か…」

なんてボヤきながら部屋の片付けを始める。


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:07:54 b4JVVMv6
「あぁ…!モヤモヤする!」

「会えそうなヤツに連絡してみるかな…」

そんなことを考えてしまうくらいには凛や菜々との出会いは衝撃で。

「はぁ…でも今更何の用とか言われたらどうするよ…」

「えぇい、ままよ!」

とりあえず連絡してみてから考えることにしよう。


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 01:08:31 b4JVVMv6
終わり。


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 21:27:30 mPE3H7gs
P「菜々と会えて良かったな…」

P「他のみんなはどうしてるだろう?」

P「でもそれより、ハローワークが先かな…」

~ガチャ

P「行ってきます!」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 21:37:33 mPE3H7gs
P「ハローワークだけじゃなくて求人誌も見ておこう…」

P「………やっぱり不況か」

~ドン!

P「おわっ!?」

?「おっとっと…… ゴメンゴメン、大丈夫?」

P「いてて…… ええ、大丈夫で……」

?「P……君…?」

P「早苗さん!」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 21:46:26 BmONLsHY
早苗「久しぶりだね~ 元気にしてた?」

P「ええ、なんとか…」

早苗「ちょうど良かった! ちょっと付き合って!」

~グイッ

P「ち、ちょっと!? 早苗さん!!?」


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 21:53:27 BmONLsHY
P「あの……」

早苗「しっ! ……楽しそうにしてて」

P「は、はい…」

P(腕を組むのはいいんだけど… 胸が!)

早苗「♪~」

ーーーー

ーー


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 22:07:24 BmONLsHY
ーーどこかの喫茶店

早苗「いや~助かったよP君! それにしても本当に久しぶり! 半年ぶりだっけ?」

P「もうそんなになりますか… 早苗さんは今何してるんですか?」

早苗「それそれ! 今日やったことが私の仕事なんだ」

P「今日やったことって… 腕を組んで歩いてただけですが?」

早苗「やだな~ カップルのふりをしてもらっただけじゃない」

P「…それが今の早苗さんの仕事なんですか?」

早苗「はいこれ… 私の今の名刺」

P「これって…… 片桐探偵事務所!?」


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 22:16:39 BmONLsHY
早苗「そうそう、探偵事務所を作っちゃった♪」

P「はぁ…… なんというか…」

早苗「私にぴったりの仕事でしょ?」

P「たしかに、早苗さんだからできそうな…」

早苗「んふふ~♪ この業界には結構警察OBが多いんだよ?」

早苗「だから、つてをたどって研修させてもらったんだ~」

P「はぁ… 驚きすぎてなにがなんだか…」


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 22:28:00 BmONLsHY
早苗「驚かせようと思って言ってなかったから」

P「またそんな…… 子供っぽいことを」

早苗「んふふ~♪ まあ、冗談はさておき」

早苗「意外と大変なんだから。 今日も浮気調査の尾行だったし」

P「危なくはないんですか?」

早苗「あははは、現実の探偵は地味だからね~」

早苗「映画やドラマみたいなドンパチなんてないよ」

P「それならいいんですが…」

早苗「……やっぱりP君だね///………」

P「えっ?」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 22:36:58 BmONLsHY
早苗「何でもないよ!」

早苗「さてと、そろそろ行かなくちゃ…」

P「早苗さん! ……また会えますよね?」

早苗「当たり前だよP君! …そうだ、職がみつからなかったらウチにおいでよ」

P「えっ… は、はい…」

早苗「じゃあ、考えといてね~ バイバ~イ」

P「………行ってしまった」

P「相変わらずパワフルな人だ…」

P「あれ? そういえば、職探しの話をしたかな?」

ーーーー

ーー


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 22:42:21 BmONLsHY
早苗「ねぇP君? 探偵のお仕事には素行調査なんかもあるんだよ~」

早苗「企業からP君の調査依頼が来たこともあるんだ~」

早苗「あとどのくらい待ったらウチの事務所に来てくれるかな~」

早苗「待ってるよ、P君」


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 22:45:12 BmONLsHY
早苗さんはこれで終わりです。




43 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 23:45:03 ixcjA0II
P「皆、それぞれの道を歩んでるんだな……って、何を黄昏てんだ俺は」

藍子「いいんじゃないですか、少しくらい立ち止まる時間があっても」

P「今もまだ、散歩は趣味なのか?」

藍子「はい、こうしていい事も起こりますから」

P「いい事、か。夢を閉ざした原因は俺にもあるのに?」

藍子「そんな事ありません、まだ私は夢の中にいるんですよ?」

P「長くないか? もう半年だ、別の道を進み始めるには十分すぎる時間だ」

藍子「Pさんだって止まってるじゃないですか」

P「俺はもう進めないだけだ。あの日からずっと動けずに、藍子の背中も見えなくなったよ」

藍子「でも、こうして今そばにいて話してます」

P「ちょっとだけ戻ってきてくれただけだろ? 早く行け、時間がもったいない」


44 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 23:45:51 ixcjA0II
藍子「そんな意地悪な事を言うと、また寝顔を内緒で撮っちゃいますよ?」

P「写真、まだ撮ってるのか?」

藍子「上達したんですよ、アイドルをしていた頃より自由な時間も増えましたし」

P「あの頃は、楽しかったのかな?」

藍子「楽しかった、でいいじゃないですか。私はずっとそう思ってます」

P「笑顔が溢れてたな、皆」

藍子「Pさん、少し急ぎ過ぎたんですよ」

P「何を言ってんだ、俺が駄目だったからこんな事になったんだ」

藍子「一人で走っちゃうから皆で追いかけて、それでも追い付けなくて……ようやく背中が見えました」

P「俺に夢を見過ぎだよ」

藍子「見てますよ、最初に言いましたよね?」


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/09(月) 23:46:57 ixcjA0II
P「俺は、プロデューサーとして頑張れたのかな?」

藍子「Pさんは今でもプロデューサーですよ、もう少し待ってて下さい。皆、Pさんに追いつく為に頑張ってますから」

P「馬鹿……泣かせるな。歳を取ると涙脆くなるんだ」

藍子「待ってて下さいね、私も頑張りますから。必ず、また会いましょう」

――Pさんの笑顔の為に、私は頑張れるんですから――

P「夢……か? はは……公園のベンチでいつの間にか寝てるなんて……カメラ? 誰がこんな所に……まさか」

P「フィルムは……残り一枚か。いつか会えた時、どんな顔を俺はしてるんだろうな」

P「……頑張ろう。その時、あの頃の様に笑えるように。あの頃の様に、君が笑ってくれるように」

終わり、こんな感じでいいんだろうか