1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 03:30:52.29 ID:Lwo+9CPg0


さやか「なっ!」

まどか「ちょっ、たっくんったらもう!」



タツヤ「ほむほむー、ほむほむー」

ほむら「ほむほむじゃなくてほむらよ」



タツヤ「あんこー、あんこー」

杏子「あんこじゃなくて杏子な」



タツヤ「……マミたん!」

マミ「いい子ね!」

 

引用元: 鹿目タツヤ「さやかすー、さやかすー」 




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:05:57.33 ID:KUwcqn1NO
タツヤ「マミ~!マミたん!」

マミ「あらあら」


杏子「なんでマミにばっかり懐くんだ?」

さやか「胸か!?胸なのかいたっくん?」

まどか「えぇ…。そんな事ないよ」

ほむら「いいえ、その可能性はあると思うわ。まどか」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:12:37.73 ID:KUwcqn1NO
ほむら「巴マミを少し遠ざけてもらえる?」

まどか「え?うん…」


まどか「マミさんちょっと手伝ってもらっていいですか?」

マミ「ええ。いいわよ」スクッ

タツヤ「やーやー」ギュ

マミ「あら、困ったわね…」

まどか「タツヤだめだよ!」メッ

まどか「さやかちゃん。変わってもらっていい?」

さやか「オッケー!」

さやか「ほーらたっくんこっちだよ~」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:16:53.37 ID:KUwcqn1NO
まどか「食べ物を運ぶの手伝ってほしいんですよ~」

マミ「ええ」ニコ

ガチャン

タツヤ「さやか!さやか!」

さやか「そうだよ~さやかちゃんですよ~」プニプニ


杏子「で、何がしたいんだ?お前は」

ほむら「ちょっとした遊びよ。フフ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:19:49.05 ID:KUwcqn1NO
ほむら「美樹さやか。その子を離しなさい」

さやか「え?ああ。変なん言い方するなよ」

タツヤ「さやか~」

さやか「はいはい、少し待っててね~」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:27:54.93 ID:KUwcqn1NO
ほむら「今から私達は彼を」

さやか「たっくん?」

ほむら「そう。こちらに来るように」

杏子「なるほどね!タツヤが誰を選ぶかって事だな?」

ほむら(最後まで喋らして)

ほむら「そのとおりよ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:31:44.45 ID:KUwcqn1NO
さやか「たっくんおいでおいで!」

杏子「こっちの方が可愛いぞ」

ほむら(彼の心を掴めば、まどかとの距離も)フフッ

ほむら「こっちだよ~たっく~ん」ニコニコ


さやか「うわ…」

杏子「なんだコイツ…」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:36:16.46 ID:KUwcqn1NO
テクテク

タツヤ「あんこ!あんこ!」

杏子「おお!賢いねぇ。よしよし」

杏子「でも、きょうこな?」

タツヤ「きょんこ!きょんこ!」


ほむら「………」

さやか「いきなり戻んなよ…」

さやか「…なんで杏子なんだ?」

杏子「こんなかで一番なんじゃないのかい?」ヨシヨシ

杏子「アタシがね。ニヒヒ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:42:27.59 ID:KUwcqn1NO
ほむら「おかしいわ…」

ほむら「佐倉杏子が選ばれるなんて!」

杏子「はぁ」

ほむら「半ホームレス少女が住居持ちの私達より好かれるなんて」

杏子「ほほぉ」ビキビキ

ほむら「な、何か理由が…」

さやか「ほむら…。何を必死になってんの?」

杏子「人の魅力ってやつはな?」

杏子「外面だけじゃないって事だよ」ポンポン

ほむら「くっ」


さやか「………ん?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:48:23.92 ID:KUwcqn1NO
杏子「なんだよ?さやか」

さやか「杏子…これはねぇよ」

杏子「へ?」

ほむら「ああ!?」

杏子「え!?なになに?」

ほむら「卑怯な真似を!」

杏子「?」



さやか「あんたの食ってるポッキーだよ」

タツヤ「あんこ!あんこ!」ジー

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 04:50:19.31 ID:KUwcqn1NO
ほむら「仕切り直しよ!」

ほむら「こっちだよ~お姉ちゃんと遊びましょ~」ニコニコ


さやか「………」

杏子「………」

22: 寝落ちする 2011/07/06(水) 04:54:25.07 ID:KUwcqn1NO
タツヤ「あんこ!きょんこ!」

杏子「ご、ごめんほむら…」ヨシヨシ


さやか「食べ物に釣られた訳じゃないみたいだね」

ほむら「ぐっ」ダン

ほむら「聖女(笑)だからだとでも!?」

杏子「はぁ…」

42: 起きた 2011/07/06(水) 11:37:57.97 ID:KUwcqn1NO
杏子「そう睨むなよ…」

ほむら「…」ギリッ

杏子「さやか~」

さやか「たっくん、なんでこの人がいいのかな?」

タツヤ「?きょんこ!!」

さやか「そうだよ。きょんこちゃんのどこが好きなのかな~?」

タツヤ「う~?、さやか!あんこ!あんこ!」

ほむら「はっきり言いなさいよ!!!」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 11:44:08.32 ID:KUwcqn1NO
タツヤ「う…う…」ウルウル

杏子「おい!」

さやか「こわくないよ?たっくん」ナデナデ

杏子「そ、そうだぞ」

杏子「ビックリしちゃたね~」ヨシヨシ


さやか「ほむら!」

ほむら「わ、悪かったわ…」

タツヤ「う…」ウル

さやか「ほむら!笑って、たっくんが見てる!」

ほむら「…は?」

杏子「さっきの気持ちわりぃ顔すればいいんだよ!」ヨシヨシ

ほむら「………」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 12:09:42.68 ID:KUwcqn1NO
ほむら(そうね。ここで笑顔で撫でてあげれば)

ほむら「…」

ほむら「驚いちゃったかな~」ニコニコ

ほむら「お姉ちゃんは起こってないよ~」ナデナデ

さやか「………」

杏子「ほ、ほら、優しいお姉ちゃんだね~」

タツヤ「…ああ、ほむあ!ほむあ!」


ほむら「佐倉杏子…彼を私に」ボソ

杏子「…いいけどさ。競争って…」

ほむら「まだ、勝負は続いているわ」

ほむら「今はそれぞれがあやして得点を稼ぐ時間なのよ?」

杏子「はぁ…」

ほむら「先程のはもちろんナシよ」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 12:23:35.35 ID:KUwcqn1NO
ほむら「うふふふ」

杏子「うわ…マミの真似かよ」
さやか「必死すぎんだろ」

ほむら「はい、お菓子だよ~」スッ

タツヤ「わーほむほむ!」キラキラ

ほむら「そうだね!ほむほむは優しいよ~」ナデナデ

タツヤ「」パクパク

ほむら「おいしい~?」

タツヤ「ほむあ~ほむあ」ギュッ

ほむら「フフ、見なさい。この懐かれ様を」

杏子「菓子で釣るなy」
さやか「気にすんなよ。ほむらを怒らせない方がいいって」ヒソヒソ

さやか「た、たっくんはほむらお姉ちゃんが好きなのかな?」

タツヤ「まろか!ちいあい!」

ほむら「ま、まどかがど、どうしたの~?」

タツヤ「ペッタン!ほむほむペッタン!」
ほむら「…あ!?」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 12:36:33.94 ID:KUwcqn1NO
さやか「ペッタン?」

杏子「?」

ほむら「な、なにがかな~」プルプル

タツヤ「●●●●ちいあい!」

さやか「ああ…」

杏子「………」

ほむら(このクソガキ!?)

ほむら「そ、そうかな~?」

タツヤ「あんこ!うえ!うえ!」

さやか「お、おませさんだね。たっくんは…」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 12:55:51.09 ID:KUwcqn1NO
ほむら「この…」プルプル

杏子「やべぇよ」

さやか「こっちにおいで!」

さやか「たっくんこっちだよ~」

テクテク

タツヤ「さやか!ほむほむペッタン!」キャッキャ

さやか「そ、そんな事ないよたっくん!」

杏子「み、見ろよ!タツヤの顔!」

杏子「ほむらに抱かれた後が一番笑顔じゃないか?」

ほむら「………」

杏子「な?」

さやか「ホントだ!!杏子の時とは全然違うー!!」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 13:15:47.75 ID:KUwcqn1NO
さやか「わかったぞ!」

さやか「たっくんはスレンダーな女の子が好きなんだね」

タツヤ「だぁ?」

杏子「こりゃ参ったね!」

杏子「この中でスレンダーといったらほむらだもんな」

さやか「悔しいー!」

ほむら「フッ。僻んでも仕方ないわよ?」ファサッ

さやか「女の価値は胸だけじゃないしね!」

杏子「お、おい…。お前が言ったら…」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 13:24:44.51 ID:KUwcqn1NO
タツヤ「さやか!おっきい!ほむほむペッタン」

さやか「あ、その…」

ほむら「気にする事はないわ」

ほむら「美樹さやかと私では勝負にならないから」

杏子「ほむら!そんなに自分を卑下するなよ」

ほむら「勘違いしないでほしい」

ほむら「佐倉杏子、あなたも私とは比べられないわ」

さやか「自暴自棄になるなよほむら!」



ほむら「顔の話よ?

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 13:35:38.47 ID:KUwcqn1NO
ほむら「美人の転校生暁美ほむら」

ほむら「あなたも知っているでしょ?」

さやか「それでいいなら…」ホッ

杏子「でもよ~。タツヤが顔で選ぶか?」

ほむら「僻まないで佐倉杏子」

杏子「そういう訳じゃねぇよ」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 13:40:37.25 ID:KUwcqn1NO
杏子「やっぱさー。」

杏子「子供だから案外、本質を見抜いてんじゃないか?」

ほむら「む!?」ドキッ

さやか「本質?」

さやか「あんたが一番性格がいいって?」

杏子「へへへ」

さやか「………」ナデナデ

タツヤ「さやか!でっかいー!」

タツヤ「まろかほむほむちいあい!」キャッキャ

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 13:46:35.64 ID:KUwcqn1NO
ほむら「聖女(笑)」

杏子「あ?」

ほむら「本質を見抜く?」

ほむら「フフフ。面白いわね」

杏子「お前よりはいいよ」ケッ

ほむら「フフ」クスッ

ほむら「ATMを強奪する聖女様(笑)は言う事が違うわね」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 14:02:35.55 ID:KUwcqn1NO
さやか「杏子…」

タツヤ「きょんこ!」

ほむら「聖女(失笑)」

杏子「わ、悪かったよ…」

杏子「そうだよな。お前らの方がよっぽど聖女だよな…」

ほむら「フフフ」

タツヤ「ペッタン!ほむほむげんき!」

ほむら(いい加減黙れ…)


さやか「武器を盗む聖女ってどうよ?」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 14:14:06.65 ID:KUwcqn1NO
ほむら「………」

杏子「まあ…そうだな」

さやか「さっきから調子に乗りすぎ!ほむら」

さやか「杏子は聖女じゃないけどさ」

さやか「親の為に願いを叶えるなんて…純粋でキレイじゃないか!」

杏子「さやか…」

さやか「人の為に願いをなんてさ!!」

さやか「立派だよ!」



ほむら「あなたは●●られたけどね…」プッ

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 14:23:12.25 ID:KUwcqn1NO
さやか「それは…言わないでよ…」

ほむら「断るわ。人の為に願いね」

ほむら「ええ、立派だと思うわ」

杏子「へへ。そうかい?」

ほむら「聖女(ATM)が無ければね」

杏子「…」

ほむら「美樹さやかは自分の為に願った」

ほむら「上条恭介が」

さやか「やめてーー!!」



「やめてーー!!」

まどか「さやかちゃん!?」

マミ「いったいなに!?」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 14:38:05.52 ID:KUwcqn1NO
ガチャリ

まどか「さやかちゃん!?」


ほむら「んんー?自分の為よね?美樹さやか」ニヤニヤ

さやか「やめて、やめて」

杏子「神様、許してくれよ…」

杏子「ごめんよ…。生きる為だったんだ…」

タツヤ「うえーんうえーん」グスッ



マミ「…」

まどか「カオス☆」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 15:01:02.06 ID:KUwcqn1NO
まどか「タツヤ」

タツヤ「うえーんマミ!マミ!」トテトテ

マミ「まぁ、よしよし」ナデナデ

まどか「…」

まどか(ちょっとショック…)


ほむら「志筑仁美が憎いのよね?」

さやか「うぅ」フルフル

ほむら「あなたは聖女なんかじゃないのよ?」

さやか「わかって…るよ」

杏子「懺悔します」

杏子「今までの事…だから御慈悲を…」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 15:04:55.14 ID:KUwcqn1NO
ほむら「懺悔などしても貴女はホームレス」

杏子「頼むよ、慈悲を…」

ほむら「ATMの呪縛からは逃れられないわ」

杏子「神よ…神よぉ!!」

さやか「仁美は友達…友達だよ」

さやか「そうだよね?私…」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 15:26:42.16 ID:KUwcqn1NO
ほむら「自分では答えなんて出せないわ」

さやか「違う!仁美は友達だよ…」

ほむら「いいえ。憎い敵よ?上条恭介を奪った」

さやか「あたしはそんな人間じゃない…」

ほむら「憎くはない?」

さやか「………憎いよ。でも」

杏子「救いをください!」

杏子「改めてます…悔い改めますから」



タツヤ「マミ、まろか」

マミ「暁美さん…」ナデナデ

まどか「どうしよう。マミさん…」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 15:54:42.02 ID:KUwcqn1NO
まどか「あの、ほむらちゃん」トントン

ほむら「なに」クル

ほむら「!!まどか…何時から!?」

まどか「さやかちゃんに…」

ほむら「………」

まどか「な、なにしてたのかな…っと思って」

ほむら「あ、いや、そのね」


さやか「うわーーーー!!」

杏子「ごめんなさい!ごめんなさぁーーい!!」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 16:05:27.89 ID:KUwcqn1NO
ほむら「ちょっとね…」

ほむら「ふざけ合っていただけなの…」

まどか「…目を見て話して欲しいかな」

ほむら「うっ」


さやか「誰かー!あたしは違うよぉぉぉ!」

さやか「恭介の為に願ったんだよ!」

さやか「わかってよーー!」

杏子「アタシは死にたくはなかったんだ!」

杏子「遊びにも使っちまったけど…」

杏子「お金がないと生きていけなかったんだーーー!!」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 16:29:42.26 ID:KUwcqn1NO
マミ「貴女は偉いわ、美樹さん」

さやか「マミ…さん」

マミ「頑張ったのよ貴女は…」

マミ「ただ、空回りしてしまっただけ」

マミ「誰も貴女を責めたりなんかさせないから」

マミ「もう大丈夫よ」

さやか「マミさん」

タツヤ「マミ~」モミ

マミ「はぁん」

マミ「ちょっ、たっくん…そこはダメよ」メッ



ほむら「しまった」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら(いじるのが楽しくて、本来の目的を忘れてしまってたわ…)

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 16:36:41.06 ID:KUwcqn1NO
杏子「うわー許してくれ…」

マミ「私が許します」

杏子「マ…ミ?」

マミ「生きたいのはみんな一緒よ」

マミ「悔い改めるの」

マミ「そうすれば貴女は救われるわ」

杏子「ホ、ホントに?」

マミ「ええ。佐倉さん貴女は優しい子なのだから…」

杏子「マミ」


まどか「マミさん」ウットリ

ほむら「ぐっ」

ほむら(これは私が計算していた。私が巴マミの立場にあるはずだったのに)

マミ「暁美さん。ほどほどにしないとね」ニヤァ

ほむら「!?」

ほむら(くっ、忘れていた!!)

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 16:43:03.94 ID:KUwcqn1NO
ほむら(この人は私とまどかの師)

ほむら(SとM、そして聖女を自在に使い分ける鬼才)

ほむら(事実。私はMで虜にさせられ…)

ほむら(まどかはSで調教されていた)

マミ「暁美さん。佐倉さんも美樹さんも許してくれるわよ」

ほむら(今回の事も…全て計算済み?)

まどか「流石マミさん!」

マミ「ふふふ」チラッ

マミ「そんな事はないのよ…。暁美さん?うふふ」

ほむら「油断していた…」ボソ

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 16:59:54.37 ID:KUwcqn1NO
ほむら(美樹さやかと佐倉杏子から聖女と呼ばせる為にやったのに)

さやか「こんなあたしをわかってくれるなんて…」

杏子「優しいさに包まれるみたいだ」ポワーン

さやか「聖女だ!」

杏子「天使だ!」

マミ「あらあら」

マミ「褒めたってしょうがないのに…ね?」

まどか「憧れちゃいますよ~」キラキラ


ほむら(私のS気質を逆手にとられた…)

ほむら(この時間では、あんな関係ではないはずなのに)

ほむら「どうやって見抜いたの…」ボソッ

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 17:09:32.81 ID:KUwcqn1NO
マミ「もうこわくないからね~」ヨシヨシ

タツヤ「あい!」

まどか「すっかりマミさんに懐いてますね」

マミ「そう?ちょっと嬉しいわ」ニコ

ほむら「………」ギリッ


マミ「ふふっ」

マミ(暁美さん、貴女がS気質だなんてね)

マミ(顔や表情の変化だけでわかってしまうの…。私ぐらいになるとね)

マミ(それに、その気になれば暁美さん以外)

マミ(この場で手込めにできてしまうのよ?私)

マミ「私抜きの時にすればよかったのにね」ボソッ

まどか「?」


ほむら「ぐぅっ」ギリッギリッ

142: スレタイ関係ねぇ!! 2011/07/06(水) 17:25:36.87 ID:KUwcqn1NO
QB「うむ。勝敗決したね」

テトテト

QB「まさかマミに挑む人間がいたなんてね」

QB「暁美ほむら、実に惜しい…」

QB「だが、マミに目を付けられてしまった」

QB「残念だけど、結末はわかりきっているんだよね…」



QB「今夜は僕の番だ。感情が芽生えるくらいの激しいのを頼むよマミ!」



ほむら「まだ、諦めないわ。私は越えて見せる!貴女を!」


続いたらいいね。

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 17:59:44.92 ID:KUwcqn1NO
バチバチ
ほむら(この状況ではジリ貧だわ)

マミ(残念ね、暁美さん)

マミ(この戦局は傾かないわよ?)

鹿目まどかM!
暁美ほむらS!
美樹さやかMよりのS!
佐倉杏子M!

マミ(全て対象可能)

マミ(その上、鹿目まどか、タツヤと佐倉、美樹は私の虜)

マミ(勝率は限りなく100なのよ!!)

ほむら(敵は1人だけど)

ほむら(味方は0…)
ほむら(下手に動けば四面楚歌)

ほむら(打つ手はあるのかしら…)

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 18:09:46.42 ID:KUwcqn1NO
マミ「ふぅ、やっと落ち着いたわね」

まどか「良かった~」

ほむら(どう動けば…)

マミ「それにしても、暁美さんはなぜ…」

ほむら(仕掛けてきた!)

まどか「ねぇ?ほむらちゃん…」

まどか「なんでこんな事をしたの?」

マミ「鹿目さん…許してあげましょう」

マミ「佐倉さんも美樹さんもそんなに怒らないって…」

まどか「わかってます…でも、理由が知りたいの!」

まどか「ほむらちゃん!」キッ

ほむら「………」

ほむら(…隠すべきではない)

マミ(隠す?そんな選択肢はないわ)

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 18:17:19.60 ID:KUwcqn1NO
ほむら「許してまどか!」

まどか「わたしに言っても…」

ほむら「美樹さやかと佐倉杏子が…」

ほむら「私が悪かったの!!」ドゲーザァ

マミ(理由を話さずに謝罪。稚拙…でも、鹿目さんには効果的ね)

マミ(涙を見せれば効果大!)

マミ(本当に反省しているわけはない…)

マミ(短時間には不可能だわ)

マミ「うふふふ」

まどか「あ、あの…」

ほむら(まどかは勢いで押し切れるはず!)

ほむら(読まれているだろうけど、余地はない)チラッ

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 18:43:46.79 ID:KUwcqn1NO
ほむら「2人とも、この通りよ」ボロボロ

マミ(まぁ)

ほむら「ヒドい事を言って…」



杏子「ああ…アタシはもういいよ」

さやか「あんたがいいんならあたしもいいよ…」

ほむら「ありが…とう」グスッ

マミ「ふふっ」

タツヤ「?」ジー

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 18:56:40.60 ID:KUwcqn1NO
ほむら(これでいい、後は)

ほむら「?」


マミ「ちょ、やめなさい!」

タツヤ「マミマミ!」

マミ「はぁん」ビクッ

タツヤ「アムアム」

マミ「やめな…さい」

マミ「か…かな…めさん…」ビクッビクッ

マミ(何この子!?いきなり)

まどか「マ、マミさん!?」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 19:05:00.62 ID:KUwcqn1NO
まどか「ひゃあ」カァー

マミ「ダメだよ…た、たっくん」スッ

タツヤ「やーやぁー」フルフル

マミ「いい子だから」

タツヤ「うぅ」ムー

まどか「こっちにおいでタツヤ!」


ほむら「待って、鹿目まどか」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 19:08:17.18 ID:KUwcqn1NO
マミ(暁美ほむら?)

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「もう少し見ていたくない?」ヒソヒソ

まどか「ええ!?」

まどか「ほむらちゃん!!」

マミ「暁美さん?何を…」

ほむら「ん?」

ほむら(これは!?)

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 19:14:14.62 ID:KUwcqn1NO
ほむら(巴マミ。貴女は見誤ってるようね)

ほむら「ホントは見ていたいのでしょ?」ヒソヒソ

ほむら「憧れの先輩が…」

まどか「………」

マミ(ここで失態は不味いわ…)

マミ「鹿目さん、代わってもらえない?」

まどか「……」

マミ(先輩思いの鹿目まどか!!)

まどか「…すいません。もうちょっとだけ、みていてもらえませんか…?」

マミ「!?」

ほむら「フフッ」

ほむら(今回のまどかはSよ!!)

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 19:24:55.03 ID:KUwcqn1NO
まどか「タツヤはお腹が空いてるのかも」

マミ「はぁ?まどか!?」

まどか「え!?」

マミ(しまった素が…)

ほむら「巴マミ…お願い」

マミ「ちょっと困るわ…」

タツヤ「アムアム、チュー」

マミ「あはぁ…」ゾクゾク

まどか「ウェヒヒヒ」ニヤニヤ

ほむら「!?ま、まどか…」

ほむら(なんて声を…)


さやか「あたし達どうしたらいいんだろ…」

杏子「」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 19:37:28.58 ID:KUwcqn1NO
まどか「マミさん!だいじょ~ぶ?」ニヤァ

マミ(そんなSだったの…)

マミ「止めて…」

まどか「はい?なんですか」

マミ(こんのぉー。今夜調教する予定だったのに!)

マミ(私が見誤ったなんて…)

ほむら「勝ったの?」

タツヤ「マミ!マミ!」モミモミ

マミ「ひゃあぁぁん」

ほむら「………」ニヤァ

ほむら「やべ」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 19:42:02.17 ID:KUwcqn1NO
結果を言うと
負けてしまったわ。

その後、私は巴マミの姿に興奮してしまい。
その日のでき事を脅しに使い…家に入り浸ってしまった。

そう…今まで同じ様に…

ただ、違うのは

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 19:46:41.85 ID:KUwcqn1NO
深夜

まどか「マミさん、こっちこっち!」

マミ「ええ」モジモジ

マミ「ねぇ、下だけは着てていい?」

ほむら「ダメよ。それでは散歩の意義が薄れるわ」

マミ「そんな…」

まどか「ウェヒヒヒ。そうだよマミさん」ジャラジャラ

マミ「他の人に…」

ほむら「その時は仕方ないわ」

まどか「そうだね!マミさん首輪だよ~」

マミ「///」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06(水) 20:05:46.11 ID:KUwcqn1NO
馬鹿な子達ね
もう貴女達は私から離れられなくなってしまったのに
もう虜…

暁美ほむら
欲望にまみれなさい
うふふふふふ

おわり。


タツヤ「さやかすー!さやかすー!」

さやか「ほほぉ」ビキビキ