1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:03:04.19 ID:+4E7LNXRQ
一夏「はぁ・・・、出会いが欲しいなぁ」

一夏「・・・」

一夏「よし、とりあえず誰か誘ってみよう」

>>5
①箒
②セシリア
③鈴
④シャル
⑤ラウラ

引用元: 一夏「安価で恋人作る」 



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:07:49.86 ID:bDwXHhPg0
3

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:16:13.65 ID:+4E7LNXRQ
一夏「お~い!鈴~!」

鈴「どうしたのよ、一夏」

一夏「なぁ、今度の土曜日に一緒に買い物行かないか?」

鈴「・・・!?」

鈴「(そ、それって、要するにで、デート!?)」

鈴「う、うん!全然オッケー!」

一夏「じゃあ今度の土曜日、校門のところで待ち合わせな」

鈴「わ、分かった!」


一夏「さて、行き先はどこにするか・・・」

>>+5
行き先

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:21:56.18 ID:wr/O95D20

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:27:09.35 ID:+4E7LNXRQ
鈴「・・・・・・は?」

一夏「いやー、久々にコンビニに行きたくなっちまってな」

一夏「たまには、こういうのもいいんじゃないかt」

鈴「犬に噛まれて死ねぇーっ!!!」


一夏「鈴に嫌われた・・・orz」

一夏「もっと幅広く誘うか」

>>+4
①箒
②セシリア
③鈴
④シャル
⑤ラウラ
⑥千冬姉
⑦のほほんさん

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:28:02.05 ID:4fjfyOiI0
5

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:35:15.52 ID:+4E7LNXRQ
一夏「なぁ、ラウラ」

ラウラ「どうした、一夏」

一夏「明日、一緒に出かけないか?」

ラウラ「私の嫁の頼みだ、断る訳がないだろう」

一夏「そ、そうか・・・じゃあ明日、校門前で待ってるぞ」

ラウラ「あぁ、分かった」


一夏「ふぅ・・・何とか誘う事には成功したぜ」

一夏「行き先は慎重に選ばないとな」

>>+5
行き先

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:37:35.62 ID:s15ozwRT0
ラブホ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:44:31.22 ID:+4E7LNXRQ
クラリッサ『隊長、どうかなされましたか?』

ラウラ「うむ・・・、実は一夏から『らぶほてる』という場所へ行こうと誘われてな」

クラリッサ『(なん・・・だと・・・!?)』

ラウラ「どういう場所なのか、簡潔に説明してくれると助かるのだが・・・」

クラリッサ『(くっ・・・!ここは何としてでも隊長の●●を守らなければ!)』

クラリッサ『・・・隊長、既に予約はなされましたか?』

ラウラ「いや、まだだ」

クラリッサ『そうですか・・・、では』ブツッ

ラウラ「?」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:49:28.34 ID:+4E7LNXRQ
クラリッサ「諸君、緊急指令だ!」

クラリッサ「隊長の●●喪失の危機を回避するため、IS学園周辺の全ラブホテルを予約で埋める!」

クラリッサ「一刻も早く取り掛かれ!」

隊員「了解!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一夏「あれ?どこも空いてないな・・・」

ラウラ「どうする、一夏」

一夏「うーん・・・」

>>+5
次の行き先

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 18:53:00.20 ID:nU4naMbAO
CoCo壱番屋

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:00:23.49 ID:+4E7LNXRQ
ラウラ「この店はなんだ?」

一夏「まぁ、カレー屋ってところだな」

ラウラ「カレーか、部隊内でも何度か食べた事があるな」

一夏「ほら、とりあえず入ろうぜ」


一夏「うーん・・・、俺はカツカレーだな」

一夏「ラウラはどうするんだ?」

ラウラ「うむ・・・、この『カレードリア』という種類が面白そうだな」

ラウラ「私はこの、ハンバーグカレードリアだ」

一夏「よし、じゃあ注文するか」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:06:24.50 ID:+4E7LNXRQ
一夏「おぉ・・・すげぇボリュームだな」

一夏「一人で食えるのか?」

ラウラ「?・・・何故そう思う?」

一夏「いや、女子って普通そんなに食わないからさ」

ラウラ「・・・・・・わ、私がおかしいのか・・・?」

一夏「いやいや!そんな事ないと思うぞ!のほほんさんとかお菓子いっぱい食ってるし!」

ラウラ「そ、そうか・・・」

一夏「・・・・・・」

ラウラ「・・・・・・」

一夏「(気まずい・・・)」

>>+5
打開策

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:09:35.57 ID:xqmua6gh0
あーんしてあげる

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:17:10.11 ID:+4E7LNXRQ
ラウラ「あっ・・・」

一夏「どうした?ラウラ?」

ラウラ「その・・・、スプーンを落としてしまったのだが・・・」

一夏「あぁ、そんな事か」

一夏「じゃあ、俺が食べさせてやるよ」

ラウラ「ふぇ?」

ラウラ「ま、待て!心の準備というものが・・・」

一夏「遠慮するなって、ほら、あーん」

ラウラ「あ、あーん・・・///」

パクッ

一夏「どうだ?おいしいか?」

ラウラ「あ、あぁ、もちろんだ///」

一夏「?・・・顔赤いぞ?」

ラウラ「き、気にするな・・・///」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:20:42.43 ID:+4E7LNXRQ
ラウラ「・・・///」

一夏「なぁ、ラウラ」

ラウラ「な、なんだ!?」

一夏「次、どっか行きたいところあるか?」

ラウラ「わ、私は・・・一夏と一緒ならどこでも・・・」

一夏「そうか、じゃあ・・・」

>>+5
次の行き先

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:22:53.36 ID:DoOSYkb60
ホテル

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:29:02.45 ID:+4E7LNXRQ
ラウラ「?・・・また同じところへ行くのか?」

一夏「いや、普通にホテルに泊まろうかと思って」

一夏「電車が止まってるらしくてさ、今日中に寮に戻るのは無理っぽいからな」

ラウラ「そ、そうか・・・」


一夏「え?一部屋しか空いてない?」

従業員「すみません・・・」

一夏「ラウラ、どうする?」

ラウラ「わ、私は別に構わないぞ・・・///」

一夏「じゃあ、その部屋でお願いします」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:54:38.70 ID:+4E7LNXRQ
一夏「・・・」

ラウラ「・・・」

一夏「・・・」

ラウラ「・・・」

一夏「(気まずい・・・)」

>>+5
打開策

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 19:56:27.17 ID:rIu2+lje0
ポッキーゲームしようぜ

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:05:17.14 ID:+4E7LNXRQ
一夏「なぁ、ラウラ」

ラウラ「な、なんだ・・・?」

一夏「ポッキーゲームでもしないか?」

ラウラ「・・・?」

一夏「ほら、こうやってくわえて食ってくだけだって」

ラウラ「そ、そうか・・・では」

一夏「・・・」

ラウラ「・・・」

一夏「・・・」

ラウラ「・・・」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:06:04.52 ID:+4E7LNXRQ










「」










113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:14:24.44 ID:+4E7LNXRQ
一夏「(や、やっちまった・・・)」

一夏「(何も知らないだろうラウラを騙して、強引にキスするなんて・・・)」

ラウラ「・・・///」

一夏「あ、その・・・」

一夏「ゴメン!マジでゴメン!」

ラウラ「ふぇ?」

一夏「お、俺なんかとこんな方法で・・・」

ラウラ「わ、私は別にいいぞ・・・///」

一夏「・・・えっ?」

ラウラ「・・・す、好きな人間とキスをする事を嫌がる訳が無いだろう///」

一夏「(それってまさか・・・!?)」


>>+10
さぁどうする?
①告白
②振る
③その他

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:20:01.04 ID:8N/hlg210
1

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:24:20.89 ID:+4E7LNXRQ










一夏「お、俺もお前の事が好きだ!ラウラ!」










130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:37:03.02 ID:+4E7LNXRQ
ラウラ「・・・!?」

ラウラ「ほ、本当に私なんかでいいのか・・・?」

ラウラ「お、お前の事をVTシステムを使ってまで倒そうとしていた女だぞ・・・?」

一夏「それはもう過去の話だ、今のお前には関係ないだろ?」

ラウラ「一夏・・・」

一夏「ラウラ、俺と付き合ってくれ

ラウラ「あ、あぁ!もちろんだ!」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:44:53.50 ID:+4E7LNXRQ
~翌日・IS学園~

千冬「この大馬鹿者が・・・」

一夏&ラウラ「「す、すみません・・・」」

千冬「まぁいい、席につけ」

ラウラ「教官、一つだけ皆に伝えたい事があるのですが」

千冬「?・・・好きにしろ」

ラウラ「では・・・」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 20:50:29.65 ID:+4E7LNXRQ










ラウラ「昨日、織斑一夏は私の婿になった!これは決定事項だ!異論は認めん!」










-ラウラ・ボーデヴィッヒ編 完-

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:07:13.72 ID:+4E7LNXRQ
>>2周目突入、クリア済みルートは選択肢から除外

一夏「はぁ・・・、出会いが欲しいなぁ」

一夏「・・・」

一夏「よし、とりあえず誰か誘ってみよう」

>>+5
①箒
②セシリア
③鈴
④シャル
⑥千冬姉
⑦のほほんさん

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:08:52.11 ID:xbT59NjtO
1

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:13:41.09 ID:+4E7LNXRQ
一夏「おーい、箒~」

箒「何の用だ、一夏」

一夏「いや、その・・・今度の土曜日に一緒に出かけないか?」

箒「そ、それは本当か?」

一夏「あ、あぁ」

箒「では次の土曜日の朝、校門前で待っていろ」

箒「いいな?」

一夏「分かった」


一夏「さて、行き先はどこにしようか・・・」

>>+5
行き先

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:14:56.53 ID:fFTbZZEF0
家電用品店

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:18:55.85 ID:+4E7LNXRQ
箒「・・・・・・一夏」

一夏「ん?何だ?」

箒「寮には家電の類が揃っているのだから、ここに来る意味が無いと思うのだが」

一夏「あっ」

箒「・・・・・・馬鹿にしているのか?」

一夏「いやいや、そんな事ないって!別のところ行こうぜ、な?」


>>+5
次の行き先

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:22:54.29 ID:xbT59NjtO
喫茶店

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:34:00.36 ID:+4E7LNXRQ
箒「喫茶店か、悪くはないな」

一夏「箒って紅茶とか飲むのか?」

箒「・・・緑茶しか飲まないとでも思ったのか?」

一夏「い、いや、そういう訳じゃ・・・」

箒「・・・・・・」ムスッ

一夏「(あれ?もしかして機嫌悪い・・・?)」


>>+3
打開策

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:35:30.81 ID:xbT59NjtO
ケーキを注文して「はい、あーん」

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:43:25.86 ID:+4E7LNXRQ
一夏「ほら、ケーキ来たぞ」

箒「・・・」

一夏「おい、食べないのか?」

箒「・・・」プイッ

一夏「はぁ・・・、しょうがない奴だなぁ」

一夏「ほら、あーん」

箒「・・・」

箒「・・・あ、あーん」

パクッ

箒「い、いいものだな・・・///」

一夏「(あれ?なんか急に機嫌直ったような)」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:48:52.72 ID:+4E7LNXRQ
ヴーッ ヴーッ

一夏「箒、携帯鳴ってるぞ」

箒「あ、あぁ・・・」

箒「・・・電話?」


>>+5
①電話に出る
②電話に出ない

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:49:46.36 ID:rIu2+lje0
2

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:53:30.37 ID:+4E7LNXRQ
箒「・・・」ピッ

一夏「電話出なくていいのか?」

箒「あぁ、気にするな」

一夏「じゃあ、次の場所行くか」

箒「そうだな」


>>+5
次の場所

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 21:56:32.58 ID:b6HKidNu0
掃除用具入れ

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:01:56.83 ID:+4E7LNXRQ
箒「・・・・・・馬鹿にしているのか?」

一夏「い、いや、別にそういう訳じゃ・・・」

箒「馬に蹴られて死ね!!!!!」


一夏「箒に嫌われた・・・orz」

一夏「・・・・・・ん?」


>>+5
空から降ってきたモノは?
①巨大なニンジン
②緑のIS
③ヒト

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:03:41.85 ID:YqOEIpIn0

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:07:52.12 ID:+4E7LNXRQ
一夏「あ、あれは・・・・・・ヒト!?」

一夏「うわあああああああああああああああ!!!!!」


?「うーん・・・着地失敗かな~?」

一夏「いてててて・・・・・・ん?」

束「いっくん!久しぶり~!」

一夏「た、束さん!?」

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:14:21.66 ID:+4E7LNXRQ
一夏「な、なんでここに・・・?」

束「いや~、箒ちゃんに電話したんだけどね~」

束「出てくれないから直接来ちゃったんだよ~」

一夏「は、はぁ・・・」

束「でも肝心の箒ちゃんがいない・・・、まぁいっか」

束「ではいっくん!一緒にお出かけしよう!」

一夏「え?」

束「早く早く~!」


>>+5
行き先

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:15:39.36 ID:3VvhIFDs0
プール

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:19:13.28 ID:+4E7LNXRQ
一夏「プール・・・ですか?」

束「そうだよ~、もちろん束さんの水着姿も見られるよ~?」

一夏「・・・!?」

束「それじゃ、レッツゴー!」

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:24:24.84 ID:+4E7LNXRQ
束「いっく~ん!待った~?」

一夏「あ、束さん・・・っ!?!?」

一夏「(き、綺麗だ・・・・・・)」

束「あれれ~?いっくんもしかして見とれちゃってる~?」

一夏「い、いや、これは、その・・・」


>>+5
言い訳

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:27:13.34 ID:6SFhIeK10
束さんが魅力的すぎるから

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:31:46.59 ID:+4E7LNXRQ
一夏「た、束さんが魅力的すぎるからつい・・・」

束「ふぇっ!?」

束「い、いっくんって大胆だね・・・///」

一夏「・・・」

束「・・・///」

一夏「・・・」

束「・・・///」

一夏「(あ、あの束さんが黙り込んだ・・・!?)」


>>+5
打開策

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:33:33.64 ID:GMY21WI60
手を握る

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:35:11.94 ID:+4E7LNXRQ
一夏「・・・」ギュッ

束「・・・!?」

束「え?ちょっと、いっくん・・・?」

一夏「か、かき氷でも食べませんか?」

束「う、うん、いいよ・・・」

256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:42:16.75 ID:+4E7LNXRQ
束「う~ん、やっぱりかき氷はおいしいね~!

束「流石は日本の風物詩だね~」

一夏「そ、そうですね」

束「じゃあ、そろそろ移動しよっか」

一夏「え?」

束「ゴメンね、一応追われてる身だから・・・」

一夏「あ、いや、気にしないで下さいって」

束「・・・いっくんは、優しいんだねっ」ボソッ

一夏「?」


>>+5
次の行き先

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:43:23.90 ID:b6HKidNu0
公園

267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:56:15.67 ID:+4E7LNXRQ
一夏「・・・」

束「・・・」

一夏「・・・」

束「・・・」

一夏「(気まずい・・・そして、周りがカップルだらけなんだが・・・)」


>>+5
一夏はどうする?

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 22:57:48.30 ID:1ZH5u7f90
そっと肩を抱く

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 23:08:39.86 ID:+4E7LNXRQ
一夏「・・・」サッ

束「・・・///」

束「変わってないね、いっくんは」

束「箒ちゃんもちーちゃんも変わっちゃったけど、いっくんだけは変わってないや」

一夏「俺が・・・ですか?」

束「私ね、不安なんだ」

束「箒ちゃんに嫌われちゃったし、ちーちゃんとも昔みたいに仲良くできなくなっちゃったし」

束「そのうち、一人ぼっちになっちゃうんじゃないかなぁ・・・ってね」

一夏「・・・」

束「でも、いっくんだけは変わってなかった」

束「だから、束さん的にはちょっぴり安心」

束「・・・いっくんからしたら、迷惑なお姉さんだよね?ゴメンね・・・?」グスッ


>>+7
一夏はどうする?

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 23:10:24.61 ID:3VvhIFDs0
束の服を強引に脱がせて抱く

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 23:29:41.93 ID:+4E7LNXRQ
一夏「そんな事、ないですよ」

束「・・・」

一夏「・・・」ギュッ

一夏「俺は、ずっと束さんの味方ですから」

束「いっくん・・・」

一夏「それに、俺、ずっと前から・・・」


>>+10
告白の台詞

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 23:33:53.39 ID:3VvhIFDs0
箒・・・じゃなかった束さんの事が好きだったんだ!

322: もう多数決にしちゃえ 2011/03/25(金) 23:37:48.76 ID:+4E7LNXRQ










一夏「束さんが世界中の誰よりも大事だから」










326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 23:43:02.41 ID:+4E7LNXRQ
束「あ~あ、先越されちゃった」

束「私から言おうと思ってたんだけどなぁ」

一夏「・・・」

束「私も、いっくんの事好きだよ?だから・・・」

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 23:43:54.21 ID:+4E7LNXRQ










束「これからは、『彼女』としてよろしくね♪」










345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 23:55:29.29 ID:+4E7LNXRQ
こうして、俺と束さんは付き合い始めた。

週末の予定は常に空けてある。なぜなら・・・





束「いっく~ん!早く~!」





大切な人との、至福の一時を過ごすためだ。





-篠ノ之 束編 完-

358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:00:31.23 ID:ff+OJVkoQ
>>3周目突入、クリア済みルートは選択肢から除外

一夏「はぁ・・・、出会いが欲しいなぁ」

一夏「・・・」

一夏「よし、とりあえず誰か誘ってみよう」

>>+5
①箒
②セシリア
③鈴
④シャル
⑥千冬姉
⑦のほほんさん

363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:01:20.59 ID:sqYSVYML0

371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:05:21.45 ID:ff+OJVkoQ
一夏「セシリア、ちょっといいか?」

セシリア「どうかしましたの?」

一夏「いや、大した事じゃないんだ」

一夏「今度の土曜日、一緒に出かけないか?」

セシリア「わ、私と一夏さんだけ・・・ですの?」

一夏「あぁ、当たり前だろ」

セシリア「では、喜んで!」

一夏「じゃあ、土曜日に校門前な」

セシリア「はい!」


>>+5
行き先

376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:06:19.32 ID:sqYSVYML0
水族館

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:10:55.72 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「水族館・・・数年ぶりですの」

セシリア「どこから見て回ればいいのか、よく分かりませんわ」

一夏「確かにそうだな・・・とりあえず、アレにするか」



>>+5
①イルカショー
②深海魚コーナー
③熱帯魚コーナー
④その他

384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:12:07.48 ID:sqYSVYML0

392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:17:02.89 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「綺麗な魚ですわ・・・」

一夏「おっ、この青いのとかお前の専用機みたいだな」

一夏「この赤いのが箒で、黒いのはラウラ、オレンジ色はシャルってところか」

一夏「な?お前もそう思うだr」

セシリア「・・・・・・」ムスッ

一夏「(あれ?俺なんかしたか?)」


>>+5
打開策

397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:18:37.52 ID:sqYSVYML0
「まぁ、青いのが一番きれいだな」と言う

411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:25:26.98 ID:ff+OJVkoQ
一夏「ま、まぁ、青いのが一番きれいだな」

セシリア「・・・そ、そうですわね///」

一夏「?」

セシリア「で、では次へ行きましょう」


>>+5
①イルカショー
②深海魚コーナー
④その他

416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:26:18.66 ID:sqYSVYML0

426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:32:21.33 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「あっ、始まりましたわ」

一夏「おっ、すげぇな~」

ヒューン・・・

セシリア「?」

ザパーン!!!

セシリア「ひゃあぁっ!?み、水!?」

ザパーン!!!

セシリア「きゃぁ!ま、またですの!?」

一夏「なんかセシリアの方ばっか水が飛び散ってるな・・・」

427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:35:59.22 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「うぅ、お出かけ用の服が台なしですの・・・」

一夏「大丈夫か?風邪引くぞ?」

セシリア「いえ、この程度なら全然平k・・・くしゅん!」

一夏「ほら、俺の上着羽織っとけって」

セシリア「あ、ありがとうですの・・・///」

一夏「もっと暖かいところに移動するか・・・」


>>+5
次の行き先

432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 00:36:56.50 ID:sqYSVYML0
カラオケ

517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:11:55.62 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「カラオケ・・・ですの?」

一夏「あぁ、日本だと結構有名だぞ」

セシリア「このような場所に来るのは始めてですわ」

一夏「とりあえず、中に入ろうぜ」


セシリア「いろいろな曲がありますわね・・・」

一夏「どれにするんだ?」

セシリア「では、このふわふわ時間というのを・・・」ピッ

一夏「・・・・・・えっ?」

522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:19:42.68 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「・・・ふぅ、変わった曲ですわね」

セシリア「どうでした、一夏さん?」

一夏「・・・」プルプル

セシリア「?」

一夏「・・・ぷっ・・・あはははははははは!!!」

セシリア「ひ、ひどいですわ!」

一夏「いや、悪い、セシリアがこんな歌歌うとは思わなかったからさw」

一夏「セシリアと曲がミスマッチ過ぎてつい・・・(あれ?)」

セシリア「うぅ・・・」ウルウル

一夏「(えっ?)」


>>+5
打開策

527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:22:12.57 ID:sqYSVYML0
「だけど、そのミスマッチが可愛いかったよ」と言う

530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:26:36.27 ID:ff+OJVkoQ
一夏「だけど、そのミスマッチが可愛かったぜ」

セシリア「ふぇ?」

セシリア「・・・か、か、可愛い・・・!?///」

セシリア「い、一夏さん、それは本当ですの!?」

一夏「あ、あぁ・・・」

セシリア「・・・///」

一夏「・・・」

セシリア「・・・///」

一夏「・・・」

一夏「(あれ?今度は静かになったぞ?どうすればいいんだよ)」


>>+5
打開策

535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:31:05.86 ID:sqYSVYML0
ラブソングを歌う

538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:36:23.97 ID:ff+OJVkoQ
一夏「じゃあ、次は俺が歌うよ」

一夏「うーん・・・、これにするか」


一夏「ふぅ、久々だから結構ミスしちまったな・・・」

セシリア「(これは・・・ラブソング?)」

セシリア「(ま、まさか、一夏さん・・・!?)」

一夏「どうした、セシリア?」

セシリア「いえ、何でもないですわ///」

539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:39:49.98 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「あ、あの・・・一夏さん?」

一夏「ん?なんだ?」

セシリア「よ、よかったらご一緒に・・・」


>>+5
①デュエットか、いいぜ
②?・・・何をだ?
③その他(台詞)

544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:42:09.04 ID:sqYSVYML0

549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:50:59.28 ID:ff+OJVkoQ
一夏「デュエットか、いいぜ」

セシリア「で、では・・・曲はどうしますの?」

一夏「俺が選んどいてやるよ、セシリアはあんまり知らないだろうからな」

セシリア「あ、ありがとうございますわ・・・///」

一夏「じゃあ、行くぜ」


一夏「・・・ふぅ、セシリア意外と上手いな」

セシリア「そ、そうですの?」

セシリア「も、もちろん、イギリス代表候補生のこの私に、できない事などありませんわ!」

一夏「じゃあ、次の場所行くか」


>>+5
次の場所

554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 11:57:27.99 ID:sqYSVYML0
ショッピングモール

556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:02:15.27 ID:ff+OJVkoQ
一夏「セシリアは、どこか行きたい店あるのか?」

セシリア「わ、私は・・・」


>>+4
①本屋
②服屋
③その他(ショッピングモールにありそうな店)

560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:03:26.91 ID:sqYSVYML0
3 アクセサリーショップ

562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:11:20.54 ID:ff+OJVkoQ
一夏「アクセサリーショップか」

セシリア「えぇ、そうですわ」

一夏「でも、何でアクセサリーショップなんだ?」

一夏「金持ちのお前なら、もう高級なアクセサリーを大量に持ってそうな気がするんだが」

セシリア「えっと、それは、その・・・」


>>+4
①い、一夏さんに選んでもらいたかったからですわ・・・///
②あ、新しいアクセサリーが欲しかっただけですわ
③・・・///
④その他(台詞)

566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:12:43.01 ID:sqYSVYML0

569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:15:20.18 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「い、一夏さんに選んでもらいたかったからですわ・・・///」

一夏「えっ?俺?」

セシリア「・・・///」コクリ

一夏「うーん、じゃあ・・・」


>>+7
①指輪
②ネックレス
③その他(アクセサリー)

576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:18:01.68 ID:sqYSVYML0


579: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:23:56.35 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「これは・・・指輪?」

一夏「あぁ、セシリアに似合ってるかと思ったからさ」

セシリア「で、ではこれにしますわね・・・///」


セシリア「あの、い、一夏さん?」

一夏「なんだ?」

セシリア「さっきの指輪を・・・その・・・」

セシリア「一夏さんが、私の指にはめて下さると助かりますの・・・///」

一夏「わ、分かった・・・」


>>+10
①左手薬指
②その他

589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:26:52.02 ID:sqYSVYML0

591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:28:24.09 ID:ff+OJVkoQ
一夏「じゃあ・・・」スッ

セシリア「・・・・・・えっ?」

セシリア「こ、これは、その・・・///」

一夏「あぁ、セシリアの思ってる通りだ」

593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:29:24.61 ID:ff+OJVkoQ










一夏「俺はお前の事が好きだ!セシリア!」










597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:31:41.03 ID:ff+OJVkoQ
セシリア「え、わ、私?」

セシリア「本当に、私なんかでいいんですの?」

一夏「当たり前だろ、俺はお前の事が好きなんだ」

セシリア「・・・///」

一夏「セシリア、付き合ってくれ」

598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:32:44.46 ID:ff+OJVkoQ










セシリア「はい!喜んで!」










602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:41:03.53 ID:ff+OJVkoQ
~数日後・IS学園~

千冬「さて、これで朝のHRは終わりだ」

千冬「何か連絡がある者はいるか?」

セシリア「はい!」

千冬「オルコットか、好きにしろ」

セシリア「では・・・」

603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:43:59.87 ID:ff+OJVkoQ










セシリア「私、セシリア・オルコットは織斑一夏とお付き合いする事になりましたの」

セシリア「これからも、私達カップルを暖かく見守って頂けると助かりますわ」









-セシリア・オルコット編 完-

608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:49:47.90 ID:ff+OJVkoQ
>>4周目突入、クリア済みルートは選択肢から除外

一夏「はぁ・・・、出会いが欲しいなぁ」

一夏「・・・」

一夏「よし、とりあえず誰か誘ってみよう」

>>+20までの多数決
①箒
③鈴
④シャル
⑥千冬姉
⑦のほほんさん

627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 12:56:10.01 ID:ff+OJVkoQ
シャル

640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:02:11.53 ID:ff+OJVkoQ
一夏「おーい、シャル~」

シャル「どうしたの?一夏」

一夏「いや、大した事じゃないんだけどな」

一夏「今度の土曜日、一緒に出かけないか?」

シャル「えっ?ぼ、僕と?」

シャル「もちろん、いいよ!」

一夏「じゃあ、校門前で待ち合わせな」

シャル「うん!分かった!」

642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:04:18.73 ID:ff+OJVkoQ
シャル「ご、ゴメンね一夏!待った?」

一夏「いや、全然平気だって」

一夏「じゃあ、行こうぜ」


>>+5
行き先

647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:06:08.28 ID:aFUcmm/40
しまむら

654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:12:10.62 ID:ff+OJVkoQ
シャル「しまむら?」

一夏「あぁ、安い服をいろいろ売ってるとこだ」

一夏「とりあえず、中に入ろうぜ」


シャル「あ、あのね・・・一夏っ」

一夏「なんだ?」

シャル「僕の服を、一夏に選んでもらいたいんだけど・・・」

シャル「ダメ・・・かな?」

一夏「い、いやいや、全然OKだぞ」


>>+5
①可愛らしい服
②大人っぽい服
③その他(服)

659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:13:23.53 ID:sqYSVYML0
3 浴衣

668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:16:02.67 ID:ff+OJVkoQ
一夏「浴衣なんてどうだ?」

シャル「ゆかた?」

一夏「ほら、こういうのとか」

シャル「うん、試着してみるね」


シャル「どう・・・かな?」

一夏「あぁ、似合ってると思うぞ」

シャル「・・・///」

シャル「じゃあ、これにするね」

670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:17:20.46 ID:ff+OJVkoQ
シャル「・・・///」

一夏「じゃあ、次の場所行くか」


>>+5
次の行き先

675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:18:35.68 ID:sqYSVYML0
縁日(浴衣装備で)

683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:23:16.33 ID:ff+OJVkoQ
一夏「おっ、祭りやってるな」

一夏「行ってみるか?」

シャル「うん!」


シャル「・・・///」←浴衣にチェンジ

一夏「じゃあ、どれにするんだ?」

シャル「え、えっと・・・」


>>+5
①金魚すくい
②射的
③かき氷
④その他(縁日)

688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:24:45.64 ID:gyrCP5p70
1

693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:32:24.27 ID:ff+OJVkoQ
シャル「あ、あの金魚欲しいなぁ」

一夏「金魚すくいか・・・」

一夏「よし、やってみるか」

シャル「うん!」


おっちゃん「おっ?カップルで挑戦かい?」

シャル「・・・///」

一夏「いや、そんなんじゃないですよ」


一夏「1匹も取れなかった・・・orz」

シャル「えへへっ、5匹も取っちゃった」

一夏「(まぁいいか、シャルは喜んでるし)」


>>+5
次はどうする?
①ベンチに座る
②別の屋台へ
③その他

698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:33:25.61 ID:iPJr9sbW0
花火

700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:35:02.70 ID:ff+OJVkoQ
一夏「じゃあ、花火でも見に行くか」

シャル「うん!」


シャル「あれ?花火会場は向こうだよ?」

一夏「いや、こっちでいいんだ」

シャル「?」

701: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:37:35.61 ID:ff+OJVkoQ
一夏「よし、着いた」

シャル「ここは・・・?」

一夏「いわゆる穴場って奴だ」

一夏「ここなら人もほとんどいないし、花火もよく見えるだろ?」

シャル「すごいね、一夏」

一夏「ま、地元だからな」

704: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:40:27.54 ID:ff+OJVkoQ
一夏「おっ、始まった」


ドーン!ドーン!

シャル「綺麗だね・・・」

一夏「あぁ、そうだな・・・」

シャル「あのね、一夏・・・僕、一夏の事が・・・」

ドーン!!!

一夏「(花火の音で聞こえなかったけど、これは・・・?)」


>>+10
一夏はどうする?
①告白
②その他

714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:42:24.03 ID:sqYSVYML0
2 手をにぎってしずかにうなずく

719: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:43:45.20 ID:ff+OJVkoQ
一夏「・・・」ギュッ

シャル「・・・?」

722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:44:39.81 ID:ff+OJVkoQ










一夏「俺もお前の事が好きだ、シャル」










725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:46:16.52 ID:ff+OJVkoQ
シャル「ほ、本当・・・?」

一夏「あぁ、嘘なんかつく訳ないだろ」

シャル「・・・///」

一夏「俺と付き合ってくれ、シャル」

729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:47:46.15 ID:ff+OJVkoQ










シャル「うん!いいよ!僕も一夏の事大好き!」










732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:50:39.63 ID:ff+OJVkoQ
~数日後・IS学園~

山田「はい、これで朝のHRは終わりです」

山田「何か話す事がある人はいますか?」

シャル「はいっ」

山田「ではデュノアさん、どうぞ」

シャル「えっと・・・」

736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 13:53:34.68 ID:ff+OJVkoQ










シャル「僕は、一夏と付き合う事になりました」

シャル「これからもよろしくお願いします」










-シャルロット・デュノア編 完-