前回 【Zガンダム】俺「今度こそ安価でティターンズと戦う」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 01:43:25.95 ID:hHfyyTyD0
アクシズ
噴水前

俺(グリプスでの戦争により、自称指導者のパプテマス・シロッコはカミーユ・ビダンの攻撃により戦死)

俺(降伏せず、最後まで抵抗を続けたティターンズの部隊はエゥーゴのコロニーレーザーにより壊滅し戦争は終結した)

俺(そして、戦後の処理によりハマーンとクワトロ大尉は特に忙しく)

俺(俺達は中々2人きりの時間は中々作る事が出来なかった…)

俺(そしてアレから1ヶ月近く…ようやく終戦手続きの終えた俺とハマーンは2人きりで話す時間ができた)

噴水「」ザアアァ...

はにゃ~ん「ごめんね。随分待たせちゃって…」スタスタ

俺「いや、はにゃーんが忙しいのは分かってたから気にしていない」

俺(久しぶりの2人きりだから今日ははにゃーんの時の服装か)

俺(…相変わらずスカートがピチピチで目のやり場に困る)

はにゃ~ん「そ、そっか…。それで…あの…」

俺「……。」

はにゃ~ん「あの時俺が言ってた、戦争が終わったら伝えたい事があるって言ってた。あ、アレって…///」

俺「ああ……」

はにゃ~ん「???」

はにゃ~ん(急にどうしたのかしら…?)

俺「……。」


1もうこれで全部終わっただろ?これからはハマーンと言う仮面を被るのは、もうやめにしないか?
2俺ははにゃーんとハマーン…全部ひっくるめてこれからも君だけを愛して行きたい
3はにゃーんの乙女モードよりハマーンにマウント取られながら一緒に居る方が好きになってしまったんだ


多数決下5まで(最終的な俺とハマーンの関係に影響します)

引用元: 【Zガンダム】俺「今度こそ安価でティターンズと戦う」part2 



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 01:46:13.06 ID:bSruGVYV0
立て乙
2

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 04:16:13.50 ID:hHfyyTyD0
アクシズ
噴水前

俺「俺ははにゃーんとハマーン…全部ひっくるめて、これからも君だけを愛して行きたい」

はにゃ~ん「きゅ、急にどうしたの!?///」

俺「まだこう言う事ちゃんと伝えて無かったからさ」

はにゃ~ん「ああ…」

俺「今まではずっとそう言うのすっ飛ばして一緒に居たけど、やっぱり大事だろ?これからの想い出としてさ」

はにゃ~ん「う、うん…///」

俺「改めて言う。はにゃーん。俺は君が好きだ、俺と付き合ってくれ」スッ

はにゃ~ん「ええ、私も大好きよ。断る訳無いでしょう?///」ギュッ

俺「…ちなみにハマーンっぽくセリフ言うと?」

ハマーン「この私と付き合える事を光栄に思うが良い」

俺「どっちも有りだな…」

はにゃ~ん「どっちも私よ」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 04:20:31.83 ID:hHfyyTyD0
コピペミスです
アクシズ
噴水前

俺「俺ははにゃーんとハマーン…全部ひっくるめて、これからも君だけを愛して行きたい」

はにゃ~ん「きゅ、急にどうしたの!?///」

俺「まだこう言う事ちゃんと伝えて無かったからさ」

はにゃ~ん「ああ…」

俺「今まではずっとそう言うのすっ飛ばして一緒に居たけど、やっぱり大事だろ?これからの想い出としてさ」

はにゃ~ん「う、うん…///」

俺「改めて言う。はにゃーん。俺は君が好きだ、俺と付き合ってくれ」スッ

はにゃ~ん「ええ、私も大好きよ。断る訳無いでしょう?///」ギュッ

俺「…ちなみにハマーンっぽくセリフ言うと?」

ハマーン「この私と付き合える事を光栄に思うが良い」

俺「どっちも有りだな…」

はにゃ~ん「どっちも私よ」

俺「ああ、分かってる。これからも宜しくなハマーン」

ハマーン「フッ、この私から逃げられると思うなよ?」

俺「可愛い」

ハマーン「…///」カアァッ...

俺「おやぁ?ハマーンさん?」ニヤッ

はにゃ~ん「そ、それ禁止カードだから!///」



──こうして俺は正式にアクシズの摂政ハマーンと付き合う事になり、一部の人間はその事実を知るのだった

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 04:21:21.45 ID:hHfyyTyD0
グラナダ

俺(アレから数日、ハマーンがアクシズで忙しい間。俺は休暇を取りグラナダへと飛んでいた)

俺(ヘンケン艦長がエマ・シーンと言うガンダムMK-Ⅱのパイロットを担当していた女性と結婚するからである)



結婚式場

ラーディッシュクルー達「「「艦長!おめでとうございます!」」」パチパチ

アポリー「良いじゃん」パチパチ

カツ「今最高に格好良いですよヘンケン艦長!」パチパチ

ヘンケン「ありがとう皆んな!ありがとう!」フリフリ

クワトロ「フッ、流石だなキャプテン。嫁さんを大事にしろよ」パチパチ

ブライト「ああ、決して浮気はいかんぞ」パチパチ

ヘンケン「ははっ、しないに決まってるだろ!」ニコニコ

ファ「エマさん、とても綺麗です。羨ましいななぁ」パチパチ

エマ「そ、そう?まさかこのご時世。結婚なんて全く考えて無かったからまさかこんな…ね?///」

俺「これからは平和な時代が来るんです。皆んな幸せになる権利はありますよエマさん」パチパチ

俺「俺やハマーンですらしてるんですから」

エマ「ふふっ…。ありがとう、貴方たちの時もちゃんと招待するのよ?」ニコッ

俺「はい。勿論ですよ」コクッ



俺(2人はまるで絵に描いたような美女と野獣だったが、2人共とても幸せそうだったので良いと思う)

俺(俺とハマーン、アムロさんとベルトーチカさん、ヘンケン艦長とエマさん…)

俺(この戦争中に結構カップルが誕生してたんだな)


──その数年後、ヘンケンとエマは1児の子を授かりエマは育児の為に軍を退役
ヘンケンは娘の為にと益々艦長として頑張って行くのであった

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 04:22:57.27 ID:hHfyyTyD0
グラナダ
港口

クワトロ「そうか。カツはアーガマを降りるのか」

カツ「はい。地球に居る父さんや母さん達に戦争が終わった事を報告して、宇宙では何があったのか皆んなに伝えて来ます」

ブライト「分かった。ハヤトやアムロに宜しく伝えておいてくれ」

カツ「はい!お世話になりましたブライト艦長。クワトロ大尉、エマ中尉も」ビシッ

クワトロ「此方こそすまなかったな。色々と辛い思いもさせてしまったようだが…」

カツ「そんな事は有りません。全て良い経験になりました」

エマ「カツ…宇宙に出た事、後悔していない?サラ・ザビアロフと出会ってしまった事も…」

カツ「後悔はしてません…。戦争で感情だけに任せて動けば、あんな事になるんだって、知れましたから…」

クワトロ「成長したなカツ。これなら地球へ戻ってもハヤト艦長に修正されずに済む」

カツ「は、はは…なら良いんですが…」

エマ「強くなったわねカツ…」ポロッ

カツ「ちょ、ちょっとエマさん…。そんな、貴方が泣く程の事じゃ…今生の別れじゃ無いんですから…」

エマ「ごめんなさいね。我が子を見送る母って、こんな感情なんでしょうね…」グスッ

クワトロ(既に母親としての母性に目覚めつつあるか。エマ・シーン…まさかでき婚ではあるまいな…)

ブライト「今までご苦労だった。カツ・コバヤシ。君の任を解かして貰う」

カツ「はっ!ありがとうございました!カツ・コバヤシは地球へ帰ります!」ビシッ

エマ「カツゥ…」ポロポロ

カツ「え、エマ中尉…。そんなに泣かれると逆に出発し辛いですよ…あはは」

エマ「だって…うっ…」グスッ

クワトロ「フッ、ヘンケン艦長の人情家な所がすっかり中尉にも移ってしまっている」


──その後、カラバへと戻ったカツは正式に地球連邦軍に士官する
この戦争で沢山の事を学べたカツは、後に当時のカミーユ並みのエースパイロットへと成長を遂げるのだった

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 08:18:05.37 ID:hHfyyTyD0
グラナダ基地
廊下

俺「そう言えば、カミーユ君の姿が見えなかったが…?」スタスタ

ファ「え?あ、あぁ…カミーユなら…。その…」スタスタ

俺「……ハマーンからカミーユ君は色んな女性とのその…xxxxを目指してると聞いたが本当なのか?」

ファ「それは本当ですよ。カミーユ、強化人間を全て受け入れてしまうから、自分までおかしくなって行って…」

俺「そんなに凄いのか。強化人間との●●●って…」

ファ「…俺さん?興味持ってません」

俺「な、無い無い無い!他の女に興味持ったらハマーンに殺される!」

ファ「ですよね。すみません」ニコニコ

俺「ふぅ…」

俺(変な勘違いはやめて欲しいマジで…。命に関わる…)

俺背後「」
カミーユ「こっちに来ていると聞いて、探しましたよ俺さん」

俺「ん?カミーユ君?」クルッ

ファ「カミーユ?」クルッ

俺(こ、このパターン…修正が飛んでくるってクワトロ大尉から聞いた…来るのか!?)

カミーユ「ッ!!」バッ

ファ「えっ…?」

俺「…!」ビクッ

カミーユ「僕を、アクシズの給料が良い所で雇って下さい!!お願いします!」ドゲザ-

俺「……は?」

ファ「カミーユ…?」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 08:18:32.97 ID:hHfyyTyD0
グラナダ基地
廊下

カミーユ「フォウもロザミィもレコアさんも同時に妊娠して大変なんです!お金が必要なんです!」

俺「ええ…」

ファ「そりゃ毎日毎日あんなにお盛んだったんだし、そうなるでしょうね」クスッ

俺(…なんか喜んでないファ?ちょっと怖いよ)

カミーユ「戦争が終わったから、僕の活躍できる場はもう無さそうだしエゥーゴの少尉待遇なんかの給料じゃ6人も同時に養っていけ無いんです!」

俺「カミーユ君…」

ファ「俺さん断って良いですよ」

俺「……。」

俺(これが普通の女の子達3人同時に●ませたなら断るが…。強化人間だしな…)

俺(強化人間は心や記憶の隙間を埋める為にxxxxを求めてたとするなら…一応同情の余地はあるか?)

俺「わ、分かった。ハマーンに相談だけはしてみる……」

カミーユ「ありがとうございます!死ぬ気で働きますから!」

ファ「…大丈夫なんです?」

俺「アクシズは若い働き手を色んな所で求めてるから探せば色々あるだろうが…」

俺(ハマーンはこう言う文化を嫌うから、俺達とは関わらない居住区の端の方に隔離かな…)



───しかし、それでもカミーユはこの数年後。嫁3人と共に合計14人の子供を作り、幸せに暮らす
両親は死んでビダン家は一時はカミーユだけになったが、今後もアクシズには確実にビダンの血が色濃く残りそうである

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 08:19:13.20 ID:hHfyyTyD0
グワンバン
俺執務室

俺(グラナダでの用事を終えた俺は、ハマーンに用事があるクワトロ大尉とアポリー中尉と)

俺(アクシズに移住する予定のカミーユと3人の妊婦さんと…)

俺(そして、アクシズに移住させる予定のファをついでに乗せて帰還していた)

ファ「俺さんがこの船の指揮官なんですか?凄く昇格したんですね…」

俺「完全な内部人事だがな…」

ファ「え?」

俺「いや、何でも…。所でファ、お見合いするつもりは無いか?」

ファ「…は?」

俺「この男とかどうだろうか?中々イケメンだと思うが」スッ

候補1「マシュマー・セロ」

ファ「…。」チラッ

ファ(確かに美形だけど…)

好きな物:お美しいハマーン様
嫌いな物:ハマーン様を泣かせるような事があれば俺を殺す
好きな言葉:ハマーン様万歳!!!
好きな女性のタイプ:ハマーン様のような凛とした強さと、気品を兼ね備えハマーン様のように───

ファ「この人は無理です」

俺「だ、だよな…。じゃあこの人とか…」スッ

候補2「グレミー・トト」

ファ(この人も美形だけど…)

好きな物:ママが作ってくれた料理
嫌いな物:ママが作ってくれた料理を嫌うなど有り得ない!
好きな言葉:ママの教え
好きな女性のタイプ:可愛い子

ファ「…これもちょっと」

俺「そ、そうだよなぁ…」紙ササッ

俺「…。」

候補3「」
候補4「」

俺(ハマーンめ…。なんだこの男連中は…?確かに注目した通り美形ばっかりだが、内容絶対見てないだろ!!?)

俺(もっと他の男の内面にも興味持ってくれ。こんな相手達を紹介できるか馬鹿野郎!!)

ファ「俺さん。もしかしてカミーユの事で私に気を遣ってます?」

俺「…えっ?」ドキッ

ファ「そんなに気を遣われ無くても大丈夫ですよ私。ちゃんと新しい恋は自分で見つけてきますから」

俺「あ…。そっか…」

ファ「もう平和になったんですから、これからは時間も沢山有りますし」

俺「そうだな。長かった戦いも終わり、漸く平和になったんだな…」

ファ「はい」ニコッ

俺(俺は特に何もしていないが、全てハマーンのお陰だな)


───その後、ファはアクシズにて一般男性と結婚し、2児の子を授かり幸せに余生を過ごして行くのであった

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 08:46:54.40 ID:hHfyyTyD0
アクシズ
ハマーン宮殿

俺(グワンバンで帰還し、任務を終えた俺はハマーンの宮殿に帰って来ていた)

俺「ハマーン、そう言えばクワトロ大尉との用事っていったい何だったんだ?」

ハマーン「今後の地球についての事だよ」

俺「めちゃくちゃ大事な用じゃないか。大尉は今何処に?」

ハマーン「シャアならミネバ様を連れて先に地球へ向かったぞ」

ハマーン「私も何れ向かわねばならんだろうな」

俺「えっ?…」

ハマーン「戦後の閣議で衰退した地球連邦軍とアクシズの処遇、その他にも色々決めねばならんのでな」

俺「どうするつもりなんだ大尉とハマーンは地球を…」

ハマーン「地球に残り続ける人類を宇宙へあげる。それだけだよ」

俺「しかしあの大尉の演説でも未だ動かない連中だろ?反対する連中ってのは…」

ハマーン「そんな連中は地球の重力に魂を引かれた愚かな者だ。少し脅せば保身の為に動かざるを得んさ」

俺「脅すって、どんな風に…?」

ハマーン「そうだな。例えば、アクシズの軍隊とエゥーゴの軍隊が協力してアクシズを地球に落とす」

俺「…は?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 08:55:56.63 ID:hHfyyTyD0
アクシズ
ハマーン宮殿

俺「冗談だろ?」

ハマーン「そう脅せば愚かな連中とて直ぐに動くだろうさ」

俺「いや、流石にそんなやり方は…」

ハマーン「フッ、例え話だよ。アクシズで生活している者だって大勢居るのだ。本気で落とすつもりは無い」

俺「…うん?」

ハマーン「要はコロニーレーザーを使ってティターンズの艦隊を壊滅させた我々が本当にその気になれば、貴様等の命は軽く決し去る事もできるのだと判らせる事さえできれば良いのだ」

ハマーン「シャアとてこの戦争で何も学ばなかった訳では無い。その辺りはよく分かっている」

俺「なるほど…」

俺「……ところでアクシズの予備戦力のNT少女隊がこぞって姿を消したみたいだが」

ハマーン「ああ、それなら全てシャアが引き取って行ったぞ」

俺「…は?」

ハマーン「どんな夢なのかよく分からなかったが、平和になった今こそ真の夢を叶えるそうだ」

俺「ゆ、夢…?」

俺(クワトロ大尉…?貴方…)

俺(プルズを率いて叶えたい夢っていったい…)



───その後、クワトロ大尉はアクシズのハマーンやザビ家の遺児、ミネバの協力も有り政治活動に成功
地球人類の宇宙移民を地球連邦軍との閣議で決定させると、自らは満足したのかその計画の矢面には立たずハマーンに任せて、自身は戦災孤児やプルズを集めて月面にて保育園の園長となり、一躍宇宙一の保育士としてまたも有名人となる


フォン・ブラウン保育園
プール内

プル「それ、マリーダ」バシャバシャ

マリーダ「わっ、ね、姉さん…」

アポリー(うん、プル達は全員同じ顔でオレには見分けがつかないからそれぞれに名前を付けて良かったな)

クワトロ「…。」スチャッ

ミネバ「どうしたのだシャア?」

シャア「フッ、やはり子供は良い…」

ミネバ「シャア???」

プルツー(本当に大丈夫か?このおっさんが園長なんかで…)



後にハマーンから聞かされたが、既にグリプス戦役中からシャアにはその夢が有り、自身は歴史の表舞台から姿を消すのを見逃す約束に俺を引き渡す内通が決まったそうな…

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 10:14:19.90 ID:hHfyyTyD0
アクシズ
丘の上

俺(その他、アムロさんが遂に宇宙へ上がりブライト艦長の乗る新しい船のMS部隊隊長になったり…)


ブライト「アムロ」

アムロ「ああ、本日付でこのラーカイラムのMS部隊隊長をやらせて貰う事になったアムロ・レイ大尉だ。皆んな宜しく頼む」

ブライト「これよりネェル・アーガマは同志ハマーンの居るアクシズで起きた反乱軍、グレミー・トトの艦隊を討つべく加勢に向かう」

ブライト「総員、第二戦闘配備!」



俺(カミーユを追ってアクシズへ来たジェリドと言う男が、3児の親父になって仕事を頑張ってるカミーユを見て復讐を諦めアクシズでのし上がろうとMS部隊に志願して来たり…)


ジェリド(チッ…カミーユめ。まさかあんな平凡な親父になって、そこそこ稼いでるとは…)

ジェリド (アレでは俺の手で撃っても何もスッキリはしない…)

アクシズ兵「ジェリド少佐。もう直、我が艦ミンドラも反乱軍と会敵します」

ジェリド「よし、MS隊発進準備だ。やばくなったらオレもドーベンウルフで出るぞ」

アクシズ兵「はっ!」

ジェリド (…見てろカミーユ。俺はいつかお前が届けなかった強さまで辿り着き、それを追い越してやる)



俺(ヤザンと言うティターンズの生き残りの男がサイド1のシャングリラと言うコロニーから沢山のニュータイプの子供達を引き連れて行き来が自由になったアクシズへ荒稼ぎに来たり…)


ヤザン「はははっ、反乱軍を鎮圧する為傭兵部隊を募集してるんだってな!」

ジュドー「俺さん、オレ達を雇ってよ!絶対そこらの兵士より良い働きするからさ!」

ビーチャ「ああ、今の時代。大人より子供の方が強いんだぜ」

エル「その代わり私達の報酬は出来高払いで宜しくね!」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 10:22:12.22 ID:hHfyyTyD0
アクシズ
丘の上

俺(アクシズで起きた反乱軍は、集まった皆んなの力により迅速に鎮圧され、また皆んなはそれぞれの任務へと帰って行った)

俺(大活躍したヤザンやジュドー達一部の者達はそのまま傭兵からアクシズで正式に雇用する事になったが…)

俺「戦争が終結してから、皆んなそれぞれの道を歩み出してるんだな…」

ハマーン「時間は有限だもの。戦争が終わったら生き残った者はちゃんと未来へ向けて歩み出す役目があるわ」

ハマーン「戦争で死んでしまった者達の為にも…」

俺「そうだな…」ギュッ

ハマーン「あっ…///」

俺「ハマーンと、こうして再開できなければもっと多くの人が死んでたのかなって…」

ハマーン「俺…」

俺「最初に再開した時は変わり過ぎてて気付けなかったが、今はこうして再開できて本当に良かったと思ってるんだ」

ハマーン「それは私も同じよ」ニコッ

俺「だから俺も、そろそろ皆んなを見習い未来へ向けて歩み出さないと…」

ハマーン「…えっ?」

俺「…ハマーン。俺と結婚して欲しい」

ハマーン「ッ…!?」ドキッ!

俺「ハマーンはアクシズの統治者として、そして地球人宇宙移民計画の最高責任者として大変なのは分かってる」

俺「結婚したって2人だけの時間は未だに全く作れない事も分かってる」

俺「だけど…それでも俺は、これからも一生ハマーンを支えて行きたい。側に居て、ハマーンの力になってやりたい」

ハマーン「…。」ポロッ

俺「俺と、結婚して下さい。ハマーン」スッ

ハマーン「……!」タッ

俺「あっ…」ギュウッ

ハマーン「うん!///」ギュウッ

星「」キラ-ン...


───その後、俺とハマーンは結婚して2児の子を授かる
宇宙は比較的に平和になり数十年後のアクシズには俺達の子、カミーユの子供達、ファの子供、ジュドーとエルの子、ジェリドのいつの間にか作った隠し子が一同に出揃う 

宇宙移民完了後も完全に平和になった訳では無く問題は未だに山積みだったが、俺達の時代と較べると争いは確実に減り世代は次の世代へと次の世代へと確実に交代されて人類は争いにより衰退する事なく、益々栄えて行くのであった


ハッピーEND

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 11:38:59.97 ID:hHfyyTyD0
HAPPY END


1最初からやる
2他の作品やる(種、まどか、コードギアス、ペルソナ3、ダンガンロンパ)


ENDが早々決まりほぼ1本道だったので質問タイムは挟みません(1は暫く寝ます)
17時から単発無しで多数決取ります


138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:00:03.62 ID:hHfyyTyD0
時間になったので先ずは

1最初からやる
2他の作品やる(種、まどか、コードギアス、ペルソナ3、ダンガンロンパ)


多数決下7まで(単発無し)

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:00:09.64 ID:oLrkhNNY0
2

157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:02:08.96 ID:hHfyyTyD0
他の作品やります


1ガンダムSEED
2魔法少女まどかマギカ
3コードギアス
4ペルソナ3
5ダンガンロンパ(無印)


多数決下7まで(単発無し)

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:02:22.22 ID:nc0cC7YV0
1

193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:11:54.41 ID:hHfyyTyD0
次回作はガンダムSEEDやります
初期設定
俺の人種は…


1コーディネイター(周り含め最初からそこそこ強い。繁殖機能が低い)
2ナチュラル(最初は弱い。ナチュラル版NTに目覚める場合がある。繁殖機能はある)
3ニュータイプ(最初は最弱。将来性は最強。繁殖機能はある)


多数決下7まで

202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:12:24.39 ID:uQbVBkGOO
3

225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:25:27.32 ID:hHfyyTyD0
人種はニュータイプで
そして…


1…昔の事はよく思い出せない(新しい話)
2ヘリオポリスに住む普通の民間人だ(キラ達ゼミ組み全員顔見知り程度(ゼミ組の中からコンマで一人だけ好感度高め))
3昔の事は思い出せないが、色々あって今はクルーゼ隊に入っている(リメイク版、選択肢、自由度増加)


多数決下7まで (単発無し)

232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/11(月) 19:26:06.91 ID:bSruGVYV0
1
新しいとか惹かれる