10: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 22:22:33.36 ID:nk3J/V1n0
シャル「もうすぐテストだねー」

一夏「はぁ・・・、憂鬱だよ・・・」

シャル「よかったら、僕が教えてあげようか?」

一夏「それはありがたいけどな、そこまでのレベルに達して無いんだよ。 まずは暗記・・・」

箒「うむ、私も暗記が大変だ」

一夏「お前らはもう当たり前に知ってることなんだろうな。 遅れてるって実感するよ」

シャル「そっかー・・・」

一夏「それに、机と椅子じゃ、あんまり長続きしないんだよな」

引用元: 一夏「和室がほしい」 




12: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 22:28:01.96 ID:nk3J/V1n0
一夏「和室がほしい」

シャル「和室・・・って、日本のタタミルームのこと?」

一夏「おう」

セシリア・シャル・ラウラ「ひいっ」

一夏「・・・?」

セシリア「わ、和室なんて作って、わたくし達をどうするつもりですの・・・」ブルブル

シャル「正座・・・痛い・・・痛いの嫌だよ・・・ママ助けて・・・」ブルブル

ラウラ「いい一夏貴様! あのような拷問部屋を作りたいとは・・・どういうつもりだ!」ブルブル

一夏「へっ?」

鈴「ぷぷっ」

13: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 22:31:57.43 ID:nk3J/V1n0
セシリア「そうでしたの、タタミルームはリビングルームですのね・・・」ホッ

シャル「あはは・・・、僕、ちょっと勘違いしてたよ」

ラウラ「うむ、私は嫁を信じていたぞ」コクリ

鈴「マジビビリだったじゃん、あんたら」

一夏「そうだな、俺達が和室使う時は・・・大抵説教食らう時だもんな」

箒「畳は良い・・・。 日本人の心だ」ウムウム

鈴「一夏の部屋、ベッドひとつ空いてるじゃない? あそこに畳敷けば?」

一夏「いや、新しい人が来たら困るだろ」

鈴「どーせ男なんて来ないわよ。 頼むだけ頼んでみたらー?」

一夏「・・・そうだな」

19: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:20:04.88 ID:nk3J/V1n0
放り投げて申し訳ない再開します

21: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:23:45.99 ID:nk3J/V1n0
 ― 教員室 ―

千冬「駄目だ」

一夏「そ、即答かよ」

千冬「話は終わりか? なら帰れ」

一夏「ぐぬぬ」

一夏(くっ・・・、なら鈴にもらったメモを)ガサガサ

千冬「ふん・・・、何をしても無駄だぞ」

一夏(まずは千冬姉の膝にすがりつき・・・)ガシッ

千冬「な、何をする」

一夏(上目遣いで見上げ)ジッ

一夏「・・・お願いだよ、お姉ちゃん・・・」

24: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:28:37.47 ID:nk3J/V1n0
千冬「山田先生か? 至急、畳の手配を頼む」

千冬「そうだ、織斑の部屋に畳を敷くんだ」

千冬「無理? 私はやれと言っている!」

千冬「ベッドが邪魔? ならば私が細切れにしてやろう」

千冬「いいな? 大至急だ!」

25: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:32:14.89 ID:nk3J/V1n0
鈴「あーははは! ホントにやったんだ!」ケラケラ

一夏「まさか上手くいくとはなー」

箒「恐ろしいことを・・・。 下手すれば頭を割られているぞ」

鈴「まーまー、結果オーライってやつ?」

一夏「さて」スッ

鈴「どこか行くのー?」

一夏「せっかくだからな。 ちゃぶ台を買おうかと思って」

箒「それなら、いい店を知っている。 連れて行ってやろう」

一夏「おう、頼むよ」

鈴(ちゃぶ台売ってる店に詳しい女子高生・・・、シュールだわー)

鈴「いってらっしゃーい」フリフリ

26: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:36:40.99 ID:nk3J/V1n0
 ― 古物店 ―

箒「いつ来ても落ち着く店だ」

一夏「すごい店を知ってるんだな・・・。 昭和の香りがする」

一夏「おぉ、チャンネルを回すテレビだ」ガチャガチャガチャガチャ

一夏「ダイヤルを回す電話・・・」ジーコロジー

一夏「ゼンマイで動くロボット!」ウイーンウイーンウイーン

箒「何を遊んでいる」ペシッ

一夏「箒! この店楽しいな!」キラキラ

箒「そ、そうか、気に入ったらなら良かった」コクコク

27: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:41:35.20 ID:nk3J/V1n0
箒「ちゃぶ台はここだな」

一夏「いろいろあるんだなー」

箒「この、いい感じにくたびれているのが、なんとも言えない味わいを」

一夏「ふむふむ」

箒「四角と丸、どちらがいいだろうか」

一夏「うーん・・・、丸いほうかな」

箒「ふむ、ならこれはどうだろう」

一夏「へえ、いいな。 ・・・うお、これは予算では足りないぞ」

箒「アンティークの部類になるのだな・・・。 他のを見てるとしよう」

一夏「お、おう・・・」チラッ チラッ

箒「・・・これが気に入ったのか?」

一夏「あ、ああ。 せっかく箒が選んでくれたものだし」

箒「そ、そうか」ポッ

28: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:46:33.98 ID:nk3J/V1n0
箒「なら、足りない分は私が出してやろう」

一夏「え、いや、それは悪いだろう」

箒「いつか他で返してくれれば良い。 ・・・た、たとえば、ででデートとか」

一夏「あ、・・・ああ、じゃあ借りる、な」

箒「や、約束・・・だからな」

一夏「ああ、約束だ」

店員(甘酸っぺー)

一夏「あの、これください」

店員「すみません、配達は三日後になってしまうのですが・・・」

一夏「明日から使いたいんですけど・・・」

箒「持ち帰りにします」

一夏「えっ」

店員「えっ」

29: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:52:14.25 ID:nk3J/V1n0
一夏「箒ー、重いー」エッホエッホ

箒「あとほんの3kmほどだ。 我慢しろ」テクテク

一夏「まさかちゃぶ台を背負って歩くことになるとは」エッホエッホ

箒「・・・しかし、なんというか、ちゃぶ台を背負う一夏を見ていると・・・」

一夏「亀みたいだろ? ははh」

箒「射たくなるな」

一夏「」ゾクッ

箒「ここが十点」トントン

一夏「真ん中叩かないで! 狙わないで!」

箒「・・・」ジー

一夏(殺気!? 狙われてる・・・!)

32: ◆bommVHCpxo 2011/05/06(金) 23:57:10.67 ID:nk3J/V1n0
一夏「ほ、箒? 手を繋がないか?」

箒「・・・、な、なにをいきなり言うのだ」

一夏「後ろから殺気を感じるから! お願い! 隣に来て!」

箒「し、仕方ないな、手を繋いでやる・・・」ギュ

一夏「お、おう」

箒「仕方なく・・・、仕方なくだぞ」ギュー

一夏「おう」

箒「~♪」

34: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:01:15.37 ID:vM7n3fb70
 ― 一夏居室 ―

一夏「だあっ! 重かったーー!」

箒「鍛え方が足りないのだ。 ・・・だが、よくがんばったと思うぞ」

一夏「箒、褒めてる?」

箒「ちょ、ちょっとだけだぞ! 調子に乗るな!」カァッ

一夏「へいへい」

箒「まったく、お前は・・・」

一夏「もう畳も敷いてくれてるな」

箒「ほう」

一夏「ちゃぶ台をセット!」ドスン

箒「む・・・、悪くない」コクリ

箒「これでしっかり勉強ができるな、一夏」

一夏「うっひょー! たーたーみーーー!」ズザーーー

箒「」

35: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:05:44.23 ID:vM7n3fb70
一夏「殴ることないだろー」プシュー

箒「お、お前がいきなり転がるからだろう!」

箒「勉強の為という名分で用意してもらったのに・・・、これでは千冬さんに申し訳ないだろう」

一夏「そりゃそうだけどぉ~」ゴロゴロ

箒「ゴロゴロするな! ・・・まったく」

箒(むっ)ピコーン

箒「い、一夏」

一夏「なんだよ」

箒「お、お前がここで寝てしまわないように、私が監視してやる」

一夏「えー」ブー

箒「仕方ない、一緒に試験勉強をするぞ」

一夏「お・・・、おう」

箒「うむ、仕方なく、な」コクリ

36: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:09:07.11 ID:vM7n3fb70
 ― 食堂 ―

シャル「そっかー、箒と二人で勉強するんだ・・・。 僕とは断ったくせに・・・」ドヨーン

一夏「いや、だから昨日も言っただろ! レベルが違いすぎるって!」

シャル「でもさぁー」

一夏「現状の俺だと、「分からない所が分からない」んだよ。 これじゃ教えてもらうこともできないだろ?」

シャル「そっかー・・・、そうだね」

一夏「分からないところをメモしておいて、後でまとめて教えてくれよ」

一夏「頼りにしてるんだぜ。 シャル先生」

シャル「先生・・・」

 モヤンモヤーン(妄想スタート)

37: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:13:22.66 ID:vM7n3fb70
シャル先生『織斑君、どこが分からないの?』

一夏『分からない所だらけですよ』

シャル先生『んー、どこかな?』ピト

一夏『せ、先生、近いよ』

シャル先生『・・・あ、ご、ごめんなさい・・・』パッ

一夏『・・・』

シャル先生『・・・』

一夏『シャル先生・・・』スッ

シャル先生『織斑・・・、一夏、君・・・』

一夏「俺・・・、先生のこと、知りたい』

シャル先生『うん・・・、教えてあげる・・・、全部』

38: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:17:48.79 ID:vM7n3fb70
シャル「うふふふ」

一夏「しゃ、シャル?」

シャル「うん、教えてあげる! シャル先生が!」

一夏「お、おう?」

シャル「うふふー、楽しみだなー」

一夏「・・・」ポカーン

シャル「ねえ一夏、スーツとジャージ、どっちが好き?」

一夏「何の話だよ!?」

41: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:21:15.85 ID:vM7n3fb70
 ― 一夏居室 ―

箒「一夏、居るか?」コンコン

一夏「おう」

箒「邪魔するぞ」ガチャ

一夏「んじゃ、試験勉強やるかー」

箒「うむ」

―――――――――――――――
―――――――――――――――――

一夏「あー、ケツ痛ぇー」ゴロン

箒「こら、サボるな」

一夏「でも、座布団も無いし、長時間はなー」

箒「明日には届くだろう、今日は我慢しろ」

一夏「ふえーい」

42: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:24:52.76 ID:vM7n3fb70
 ― 次の日 ―

箒「座布団は届いたか?」

一夏「おう」ゴロゴロ

箒「座布団カバーを持ってきたぞ」

一夏「おぉ」ゴロゴロ

箒「サイズは合っているはずだ。 私が縫ったのだ」

一夏「ありがとうな、箒」ゴロゴロ

箒「この白いのが、お前用だ。 そして紺色がお客用」

箒「ひとつ分だけ色が足りなくてな、赤くなってしまった」

箒「仕方ないから、これは私が使うことにしよう」

一夏「ふんふん」ゴロゴロ

箒「いい加減起きろ!」ゴン

一夏「おおぅ」

43: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:28:15.03 ID:vM7n3fb70
 ― 次の日 ―

箒「今日は私の好きな茶を持ってきた」

一夏「お茶」

箒「うむ、いつも入れて貰うのは悪いからな」

一夏「じゃあ早速、入れてみるか」

箒「待て一夏、この茶は入れ方にコツがあるのだ。 私が入れよう」

一夏「じゃあ頼むよ」

―――――――――――――――
―――――――――――――――――

一夏「美味いな」

箒「そうだろう、これからは私が入れてやろう」

一夏「おう」

箒「うむ、任せておけ」コクコク

45: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:32:14.16 ID:vM7n3fb70
 ― 次の日 ―

箒「マイ茶碗を持ってきた」

一夏「そんなの、いいのに」

箒「気に入った物があったのでな、お前のもついでに買ってきたぞ」

一夏「へえ、「夏」の一文字か」

箒「うむ、お前の好きな季節だろうと思ってな」

箒「そして私はこれ。 「一」(ひとつ)だ。
  これは私の目指す剣の道を表わしていてな、ひとつに始まり、ひとつに終わる。
  それに私の得意技の一文字斬りを表わしてもいる。
  正に、私の生き方と言っても過言ではない、そういう文字なのだ」ペラペラペラ

一夏「そ、そうか」

箒「うむ、そうだ」コクリ

一夏(箒・・・、すごい気迫だ。 まさに己の生き方を表わしているんだな!)

47: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:36:10.82 ID:vM7n3fb70
 ― 放課後 教室 ―

一夏「箒、今日は俺のほうが遅くなりそうだから、先に行っててくれ」

箒「うむ、わかった」

一夏「ほい、鍵」ポイッ

箒「うむ」パシ



セシリア「・・・なんですの、あのふたりの空気は」

シャル「まるで長年連れ添った夫婦のような・・・」

セシリア「そ、そんな!」

シャル「ちょっと様子見に行くかな・・・」

セシリア「わたくしも参りますわ!」

51: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:40:19.94 ID:vM7n3fb70
 ― 一夏居室 ―

シャル「一夏ー、いいかなー?」コンコン

一夏「おぅ・・・、シャルとセシリアか。 どうした?」

セシリア「勉強の進み具合を見に来て差し上げましたの。 何か困ってませんか?」

一夏「ああ、折角だから見てもらおうかなー。 いろいろ難しくてな」

一夏「箒ー、お客さん。 座布団を出してくれ」

セシリア・シャル(!?)

箒「どうぞ」スッ

セシリア・シャル「ど、どうも」

シャル(一夏が白、箒が赤、僕達は紺色の座布団・・・)

箒「お茶をどうぞ」コトッ

セシリア(お二人は明らかに形状の違う茶碗・・・。 あれはペアカップでは!?)

箒「・・・」ストン

セシリア(あ、当たり前のように一夏さんの隣に)

シャル(なんなの、この二人で作る空間は!)

54: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:44:06.30 ID:vM7n3fb70
 ― とある闇の部屋 ―

シャル「・・・以上が報告になります」

鈴「・・・なんてこった・・・、あそこであたしが送り出さなければ・・・!」

ラウラ「過ぎたことを言っても始まらん。 対策を考えるぞ」

セシリア「そ、そうですわね・・・、とりあえず、二人きりにしないようにするしかないのでは?」

鈴「そうね、あたし達で順番に一夏の部屋に行くとか・・・」

シャル「ぬるいよ」

セシリア・鈴「「へっ?」」

シャル「もうそんな段階じゃないんだ・・・。 力ずくでもあの空気を叩き潰さないと!」クワッ

セシリア・鈴「「ひいっ」」

ラウラ「うむ、いい気迫だ、シャルロット。 では明日から、全員で向かうぞ」

シャル「おー!」

セシリア・鈴「「お、おー」」

56: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:47:37.43 ID:vM7n3fb70
 ― 一夏居室 ―

一夏「はー、少し休憩するか」ゴロン

箒「もう二時間か・・・、少しならいいだろう」

一夏「おう~」ゴロゴロ

箒「・・・」

一夏「なあ、箒」

箒「どうした? 一夏」

一夏「耳掃除してくれないか?」

箒「へっ」

一夏「いつも自分でしてるんだけどな、なんか奥のほうでゴロゴロしてるのがあって、取れないんだよ」

箒「だ、だからと言って何故私が」

一夏「こんな事頼めるのは箒しか居ないよー。 なぁ頼むよー」ゴロゴロ

箒「・・・」

箒「・・・し、仕方ないな」

58: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:50:32.30 ID:vM7n3fb70
一夏「はい耳掻き!」スチャ

箒「う、うむ」

箒「・・・では、どうぞ」ポムポム

一夏「おう」ポム

一夏『ひゃっほー! 箒の膝枕!』

箒「!?」ビクッ

箒「い、一夏、今何か言ったか?」

一夏「いいやー? 何も言ってないぞー」

箒「そ、そうか」

箒(い、今のは一体・・・?)

一夏「箒ー、はーやーくー」ペチペチ

箒「こら、ふとももを叩くな・・・。 で、ではやるぞ」

一夏「おう」

60: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:54:33.11 ID:vM7n3fb70
箒「むむ・・・む、難しいものだな」

一夏「あんまり力むなよー、怖いよ」

箒「ああ、すまん、そーっとだな」

一夏「あ、いいかんじ・・・」ウットリ

箒「取れた! 取れたぞ一夏!」

一夏「おお・・・助かった。 反対側も頼むよ」ゴロン

箒「ふふ、任せておけ」ムニョ

一夏『あー、箒のふとももと●●●●に挟まれて幸せー』

箒「!?」

箒「い、一夏?」

一夏「・・・んー」ウットリ

箒(一夏が喋ったわけでは・・・ないのか?)

63: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 00:57:25.42 ID:vM7n3fb70
箒(これはまさか、白式と紅椿がリンクして・・・、一夏の思考を流れて来ているのか?)

一夏『もっと●●●●押し付けてくれないかなー』

箒「・・・」ムニョルン

一夏『うっひょー! ナイス! ナイス●●●●だよ箒!』

箒「・・・(///」

一夏『このまま、 ふ ふしてくれないかなー』

箒( ふ ふ・・・? 何のことだ?)

箒『 ふ ふ って何だ?』

一夏『 ふ ふ ってのは、●●●●で顔を挟む桃源郷のことだよ!』

一夏「・・・?」

箒「どうした、一夏」

一夏「いや、何か聞かれた気がして・・・」

箒「き、気のせいだ」

箒(こちらからも思考を送れるのか・・・)フムフム

66: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:00:57.70 ID:vM7n3fb70
一夏「耳掃除ありがとうな、そろそろ起きないと」

一夏『あぁぁぁ・・・●●●●が・・・! さらば愛しの桃源郷・・・!』

箒「も、もう少しこのままでもいいぞ」

一夏「へっ」

箒「最近頑張っているからな、その褒美だ」ナデナデ

一夏「お、おう」

一夏『●●●●よ! 私は帰ってきたぞー!』

箒(一夏は・・・、む、胸が好きなのかな・・・?)

箒『む、胸は好きか?』

一夏『大好きです!』キリッ

箒(そ、そうか・・・胸は好きなんだ・・・)ホッ

67: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:05:26.80 ID:vM7n3fb70
箒「・・・」ムニョルリン

一夏『おぉぉぉ! ●●●●がぁぁ!』

箒「・・・(///」 モニュモニュモニュルモニュリーン

一夏『こ、これは・・・!  ふ ふ・・・!』

一夏「ほ、箒?」

箒「どうした? 一夏」

一夏「い、いや何でもない」

一夏『気付いてない? 気付いてないの!?』

箒「・・・(///」

一夏『はぁ・・・幸せやで・・・ワイ幸せや・・・』

70: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:08:25.26 ID:vM7n3fb70
鈴「・・・見に来てよかったわね」

シャル「僕、もう我慢できないよ・・・」

ラウラ「よし、突入!」ドバーン!

一夏「うわ、なんだお前ら!」

鈴「シャル! 窓開けて!」ダダダ

シャル「うんっ!」ガラッ

鈴「行くよ甲龍! 必殺!畳投げ!」ヒョイヒョヒョイ

一夏「な、何するんだよ! ・・・う、動けない」グググ・・・

ラウラ「動くな、二人とも」

箒「くっ、アクティブ・イナーシャル・キャンセラーか・・・!」グググ・・・

セシリア「お行きなさい! ブルー・ティアーズ!」ドンドンドン!!

一夏「ああ、畳が粉々・・・」ガックリ

71: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:11:26.05 ID:vM7n3fb70
 ― 翌日 ―

一夏「畳の再申請は通らなかった」

箒「そうか・・・」

一夏「空飛ぶ畳が、花火になるところを見ていたそうだよ」

セシリア「・・・」ツーン

一夏「前に通用したおねだりをする前に、蹴り出された」

鈴「そりゃそうでしょ」フン

一夏「はああ~」ションボリ

箒「・・・」

73: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:15:06.41 ID:vM7n3fb70
 ― その夜 廊下 ―

箒「・・・誰もいないな」コソコソ

箒(折角いい雰囲気だったんだ・・・。 このまま終わる訳には・・・!)グッ

箒「・・・」ソロリソロリ

鈴「どこに行くのかしら? 箒」

箒「」ビクッ

セシリア「逃がしませんわよ」ガシリ

箒「はっ、放せ!」

鈴「どうせ一夏の部屋に行くんでしょ? 一緒に行きましょ」ガシリ

箒「くっ・・・、独りで行かないと意味がないというのに・・・!」ズルズル

74: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:18:29.28 ID:vM7n3fb70
 ― 一夏居室 ―

一夏「・・・で、みんな来た、と」

箒「・・・」プクー

鈴「だいたいねー、あんた達がイチャイチャしてるから悪いのよ!」

一夏「そ、そんなことしてねえよ!」

シャル「一夏・・・? してたよね・・・?」ドロドロ

一夏「す、すみませんっ!」ドゲザー

一夏「そ、そうだ! お茶を入れるよ!」

箒「そ、それなら私が・・・」

一夏「いいから、任せてくれよ」

箒「・・・」ションボリ

75: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:22:00.48 ID:vM7n3fb70
一夏「はい、みんなどうぞ」コトッ

セシリア「紅茶と違った味にも、随分と慣れましたわ」

シャル「なんか、落ち着くよね」

ラウラ「毒の心配が要らないのは、いいことだ」

鈴「いや、それはどーなの」

箒「・・・」

一夏「はい、箒も」コトッ

箒「あ・・・」

箒(私の、茶碗)

一夏「俺のも」コトッ

箒「!!」

76: ◆bommVHCpxo 2011/05/07(土) 01:25:55.13 ID:vM7n3fb70
 茶碗『一|夏』ピッタリ

箒「い、一夏、気付いて・・・!?」

一夏「ん? 何のことだ?」ニコ

箒「~~~!」マッカー

一夏「この茶碗はずっと置いておくから」

一夏「いつでも、使いに来てくれよ」

箒「・・・! ・・・!」コクコク

一夏「片割れがいないと、「夏」も寂しがるだろうしな」ニヤリ

箒「・・・! ば、馬鹿者!」



おわり