1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 22:08:49.16 ID:2vN2IIuv0

モバP「卯月ッ!!」ガバッ

卯月「うわぁっ!? ど、どうしたんですかPさん?」

モバP「スマン、もう我慢出来ないんだ! 限界なんだ!」

卯月「お、落ち着いてください、何が限界なんですか?」

モバP「はぁ、はぁ…わかった、単刀直入に言うぞ」




モバP「卯月の尻をペチペチさせてくれ!!!」ドゲザ

卯月「」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404133729

引用元: モバP「卯月の尻をひたすらペチペチしたい」 


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:15:34.95 ID:2vN2IIuv0

卯月「ペチペチって、え? どういうことですか?」

モバP「言葉通りだ、尻をペチペチしたい」

卯月「いやだからそのペチペチって言うのがいまいち…」

モバP「手の平でペチンペチンと叩きたいんだよ!! 尻を!!」

卯月「必死すぎますよ! なんで急にそんな話になったんですか!?」

モバP「…急に、か。何も気づいてないんだな卯月…」フゥ

卯月「気づくも何も、何のことだかさっぱりですよ…」

モバP「…卯月、お前の尻はな…人を狂わせるんだ」


卯月「………」

卯月「あの、もう一回言ってもらってもいいですか?」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:17:44.93 ID:2vN2IIuv0

モバP「だから、人を狂わせる魔力があるんだよ! お前の尻には!」

モバP「そのプリップリな尻を見せつけられるこっちの身にもなって見ろ!」

モバP「毎日毎日プリプリプリプリ…もう限界なんだ」

モバP「必死に自制して1年間ガマンしてきたが…頭がおかしくなりそうなんだ…」

モバP「尻の波動に目覚めてしまった…もう抑えが利かない…」


モバP「だから頼む。尻を、尻をペチペチさせてくれ…」ドゲザ

卯月「え、えぇぇ…」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:22:16.06 ID:2vN2IIuv0


モバP「頼む! この通りだ!」

卯月「わ、分かりました…他でもないPさんの為になるなら…」

モバP「おぉ、ペチらせてくれるのか!」

卯月「ただし、パ  越しですよ?」

モバP「…すまない…それではダメなんだ」

卯月「え」

モバP「素肌の尻に触れないとこの欲求は治まらん」

卯月「パ  を脱げってことですか!? さ、流石にそれはちょっと…」

モバP「大丈夫だ。こんなこともあろうかと持ってきておいた」つTバック

卯月「」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:26:11.48 ID:2vN2IIuv0


モバP「さぁ卯月、これを履いて俺に尻をペチらせてくれ!」

卯月「う、うぅ…わかり…ました……これでPさんが満足するなら…」





卯月「は、履きましたよPさん」モジモジ

モバP「よし、そこの壁に手を付いて、尻をこっちに向けてくれ」

卯月「こ、こうですか?」

モバP「そうだ…いいぞ………ごくり…」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:30:29.11 ID:2vN2IIuv0


卯月「は、早くしてください! 恥ずかしいんですから!」

モバP「あぁっ済まない……では、い、いくぞ?」

卯月「ど、どうぞ! 私頑張りますから!」

モバP「ではまず、軽く1回…」


   ペチ


卯月「ひゃっ!」

モバP「――――っ!!!」

卯月「わ、分かっていてもビックリしますね」エヘヘ

モバP「………」

卯月「え、あれ? ど、どうしたんですかPさん?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:35:24.01 ID:2vN2IIuv0


凄まじい衝撃だった


瑞々しく、出来物ひとつ無い美しい肌


食い込む指を跳ね返す、ぷるんとした弾力


まるで天国に居るかのような甘い快感が手の平を通して脳天へ突き抜け


●●に似た絶 感が頭の中を駆け巡った


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:37:26.69 ID:2vN2IIuv0


モバP「………」ペチン

卯月「ひゃんっ!」

モバP「………」ペチンペチン

卯月「んっ、あっ!」

モバP「………」ペチンペチンペチン

卯月「やっ、ちょっ、Pさんっ」


ペチンペチンペチンペチンペチン


卯月「Pさっんっ、かっ顔がっ、顔が怖いですよっ」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:45:35.26 ID:2vN2IIuv0


モバP「はぁっ…はぁっ…」ペチンペチン

卯月「あの、Pさん」

モバP「ふぅっ…ふぅっ…はぁっ」パチンパチン!

卯月「ちょっと、んっ、Pさんてばぁっ!」


モバP「くっ…ぐっ…うぁっ」パチィンパチィンパチィン!!

モバP(体の奥から…何かがこみ上げてくる…!)

卯月「Pさんっ、激しくっ、叩きすぎっ、ですよぉっ、あっ!」


モバP「うあっ! …あっ…うぁ………ぁ…」パチン..パチン..ペチン...ペチ

卯月「ぴ、Pさん? 大丈夫ですか?」

モバP「~~~~っ」ビクッビクン


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:46:51.48 ID:2vN2IIuv0


モバP(目の前が真っ白にフラッシュした)

モバP(触れた人間を絶 させる尻)

モバP(……これはまさしく、人を狂わせる魔性の尻だ)



モバP「はぁ…はぁ…」

卯月「ど、どうでしたかPさん? 満足出来ました?」

モバP「あぁ…もう大丈夫だ。凄いよ、卯月の尻は」

卯月「そ、そんなに凄いんですか? 私のその…お、お尻」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:48:00.92 ID:2vN2IIuv0


モバP「凄いなんてもんじゃないさ。卯月はもっと自信を持つべきだよ」

モバP「お前、個性が無いって普段悩んでるだろ?」

モバP「この尻は紛れもなく個性だよ。お前はその笑顔と尻で人を笑顔に出来るんだ」

モバP「だから、もっと自分に自信を持って良いんだよ」

卯月「あ、ありがとうございます…Pさんに言われると、何だか自信が湧いて来ますね」エヘヘ




モバP「だからその、もう一回いいか?」

卯月「ダメです」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:49:34.41 ID:2vN2IIuv0


モバP「そ、そこを何とか! お願いします!」

卯月「私だって恥ずかしかったんですからね! 今日はもう終わりです!」

モバP「感触が忘れられないんだよぉ! ちょっとだけで良いから!」

卯月「絶対にダメです!」


ガチャ


凛「ただいま。プロデューサー、来週のスケジュールについ…て…」

未央「渋谷凛と本田未央両名! ただ今帰還しまし…た…」

モバP「ちょっとだけ、指の先っちょだけだから!」

卯月「もう十分満足したんじゃないですか!? ダメですダメです!」

凛「」

未央「」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:52:25.36 ID:2vN2IIuv0


凛「…随分と仲がよろしいようで。プロデューサー? 卯月?」

卯月「」プリッ

未央「とりあえず社長に電話繋ぐね?」

卯月「ま、まってぇ凛ちゃん未央ちゃん! 違うの! これは違うの!」プリプリ

凛「ちょっ、丸出しでこっち来ないでよ」


モバP「そ、そうだ! おおお落ち着け2人共! 誤解だよ誤解!」

未央「お尻丸出しのアイドルと男性プロデューサーの密会。誤解しようが無いんじゃないかなー?」

卯月「丸出しじゃないから! これ履いてるから!」つTバック

凛「いやそういう問題ちゃうよ」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:55:30.93 ID:2vN2IIuv0


モバP「話を聞けって! 本当に誤解なんだ! 俺はな…」

モバP「卯月の尻を叩いてただけなんだよ!」

凛「は? お尻叩いてただけ?」

モバP「そうだよ! ペチペチしてただけだ! やましいことは何もないぞ!」

未央「な~んだそっかぁ♪ ペチペチしてただけかぁ!」




凛「それは自白と受け取ってOK?」

未央「えっと、ちひろさんにも連絡を…今日休みだったっけ」

モバP「あーもー」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:57:20.99 ID:2vN2IIuv0


モバP「ええいもうまどろっこしい! お前らも触ってみろ!」ガシッ

凛「ちょっと! やめてっ! 触らないでよ変 プロデューサー!」

未央「いやっ! 離して! もうプロデューサーのこと信じられないよ!」

モバP「卯月、尻をこっちに向けるんだ!」

卯月「あっ、はっはい」プリッ


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 22:59:37.35 ID:2vN2IIuv0


モバP「お前達はユニットとして卯月の尻と接する機会が多かった」

モバP「お前達にも素質はあるはずだ!」グググ

凛「なんの素質!? 分かるわけないよ!」ググ

未央「適当なコト言って誤魔化そうとしてるんでしょ!?」ググ

モバP「良いから黙って触ってみろって!」グイッ

凛「あっ、ちょっ」

未央「待っ…」


ペチン


凛「………」

未央「………」


凛「ふ、ふ~ん。まま、まぁ悪くないかな」

未央「うぁ…す、すごい…ふっくらモチモチ…」

モバP「…気に入ったようだな?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 23:04:45.53 ID:2vN2IIuv0


凛「…ハッ! い、いやいやおかしいよこんなの!」

未央「そ、そうだよ! プロデューサーが変 なことに変わりないじゃん!」

モバP「おいおい、そんなこと言いながら2人とも…」




モバP「手は離れようとしてないみたいだが?」

凛「あっ…」サワサワ

未央「あ…な、なんでぇ?」サワサワ

卯月「私若干置いてきぼりなんですけど」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 23:19:26.06 ID:2vN2IIuv0


凛「あっあっあっ、ちがっあっ、ダメ、なんか、頭がボーッとしてきた…ぁ…」サワサワサワ

未央「あっわ、私も…頭の中がふわーっとして…」サワサワサワ

モバP「二人とも摩るだけで満足か? モミモミしてみたらどうだ?」

凛「ふぁ…あ……え…?」

未央「も…モミモミ…ぃ?」

モバP「ああ、手の平で思いっ切り揉みしだくんだ」

モバP「想像してみろ、自分の指が卯月の尻肉にずぷずぷと…食い込んでいく所を」

モバP「きっと………とっても気持ちいいと思うんだけどなぁ?」

凛未央「………」ゴクッ


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 23:21:49.84 ID:2vN2IIuv0


凛(さ、触るだけでもこんなになるのに)

未央(そんなことしたら…ど、どうなるんだろう…)

凛「………」


凛「未央…未央は私を裏切らないよね…?」

未央「何言ってるの…私はいつだってしぶりんの味方だよ…?」

凛「ふふ、嬉しいよ……それじゃ…二人で…」

未央「うん……二人で一緒にぃ…っ//」

凛「行っ……」

未央「イッ……」


モミュンッ!!


凛未央「―――――っ///」ビクッビクン


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 23:24:17.84 ID:2vN2IIuv0


凛「はー…はー…///」

未央「ふぅ…はぁ…はぁ…」

モバP「分かってくれたか2人とも?」

卯月「ふ、二人とも大丈夫?」


凛「…ずるい…ずるいよ卯月…」

未央「こんなの…堪えられるわけないじゃんかぁ…」

凛「(卯月の)お尻がこんなにイイなんて、知っちゃったらもう戻れないよ…」

未央「私たちを変 にした責任、取ってくれるんだよね、しまむー?」

卯月「えっ、う、うん。勿論頑張るよ!」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 23:26:28.46 ID:2vN2IIuv0


凛「ふふ、よかったぁ…もう卯月が居ないと私、ダメみたいだから…」

未央「NGのお仕事、いっぱい増やしてねプロデューサー…」


卯月(………)

卯月(凛ちゃんも未央ちゃんも、あんなに蕩けた顔してる…)

卯月(さっきは唐突だったから面食らったけど…これが私の個性なんだ)

卯月(…そっかぁ、気持ち良かったんだぁ…ふふふ)

卯月(私のお尻…そんなに良かったんだぁ……ふふ、ふふふ…)


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 23:31:03.12 ID:2vN2IIuv0


後日

未央「今日のお仕事! NGのラジオ収録終わりましたっ!」

凛「卯月っ誰もいないよ! はやくっ! 早くお尻出して!」

卯月「もー二人ともガッつかなくても私は逃げないよ?」クスクス

凛「だって収録中はスタッフさんの目があるし」

未央「帰ってくるまで我慢してたんだもん! もー待ちきれないよぉ」

凛「それに今日はプロデューサー居ないし、たっぷり堪能出来るからね」

卯月「ふふ、分かった分かった。ほら」プリッ

凛未央「キタアアアアアアアアアア」ペチペチペチペチペチペチ


ガチャ


奈緒「ういーす………!?」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/30(月) 23:33:21.96 ID:2vN2IIuv0


卯月「あはは、二人とも夢中になっちゃって可愛いなぁ…って、あっ!」

奈緒「………」

卯月「な、奈緒ちゃん、その、おかえりなさい」プリッ

凛「はっ…はっ…はっ…」ペチペチ

未央「ふっ…ふっ…ふっ…」ペチペチ


奈緒「………」

奈緒「………」

奈緒「なんだこれ(泣)」