1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:27:55 tERcuoy2
仮面の男「しまった!!」

紫「今だ!!」

霊夢「おらあああああああああああああああ!!!」

(仮面に符術で強化した渾身の拳が炸裂!!)

(バキィッ!!)

(仮面の男、中空に吹き飛びながら体を半回転して、
 錐揉み状態で吹き飛ぶ!)


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:31:38 tERcuoy2
霊夢「よっしゃ!!命中!!」

紫「(今度は…流石に当たったか!)」

仮面の男「ぐッ…」

仮面の男「油断――――――――したな。」

(ピシッ、ピシ……パキイッ!!)

霊夢「は!やっと拝めるわね!!ナルシストの面がどんなもんか
   格付けでもしてやろうじゃないの!!」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:34:15 tERcuoy2
(パラパラ…――――――――カツン…)

紫「!!!」

幽々子「あ――――――――」

仮面の男「まさか――――――――あの土壇場で弾幕を全て隙間送りにし、
     俺の直下で展開するとはな。流石に三対一では分が悪すぎた――――――――」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:36:08 tERcuoy2
紫「そんな――――――――あなたは」

幽々子「そ、――――――――う、そ。どうして。」

霊夢「ん?なに?なんなの?どうしたの?二人して」

仮面の男「ここで素顔を晒すのは…想定外だったな。」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:38:04 tERcuoy2
幽々子「どう、して――――――――あなた、が、」

仮面の男「もう、一体何百年経ったんだろうな…」

霊夢「えっと、ちょっと!!紫!意味わかんないわよ!!
   なんであんたたちそんなビビってんの?
   説明してよ!!」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:40:26 tERcuoy2
紫「……!!」

紫「―――――――あの、男は、私の見間違いでなければ、」

仮面の男「貴様が口を開く必要はない。隙間妖怪。
     今は、ただこの世界に破滅をもたらすただの人間だ。
     こんな嘘と欺瞞で固めた愚かな幻想郷という現実。
     この世界に生ける者全てを憎む、ただ、一人の仮面の男が、
     俺だ。もう、喋るな。」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:42:04 tERcuoy2
紫「……」

仮面の男「だが、他に俺のことをいちいち知らぬ奴も居るしな。
     別に俺自身が、喋ってもかまわんが…」

幽々子「なんで、」

仮面の男「もう、いいんだ。お前は、話さなくても、いいんだ。」

幽々子「!」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:44:54 tERcuoy2
紫「なぜ、ですか。」

仮面の男「……」

紫「なぜ、貴方ほどの人格者が、このような行いをしたのですか…!
  こんなことをしたところで」

仮面の男「喋るなといったはずだ。貴様の言葉には何の真実味もない。
     もう、こんな世界はそもそも必要ないんだ。」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:46:31 tERcuoy2
霊夢「おいコラ!!!」

仮面の男「!」

霊夢「さっきから黙って聞いてれば何様よ!   
   この世界が必要ないとか、憎いとか、この世界の守護者であるあたしを
   抜きに大言壮語もいいところじゃない!!あんた誰よ!!
   まさか、このまま逃げられるとか思ってるんじゃないでしょうね。」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:50:00 tERcuoy2
仮面の男「ふん…。敢えて答えるならそうだな。
     俺は、そこにいる二人とは旧知の仲だった。
     昔からの知り合いでな。尚且つ、俺は世界でただひとり、
     俺にとって命よりも大切な存在を追い求めこの世界にやってきた。」

幽々子&紫「!!」

霊夢「なんの話よ!!全然意味分かんない!」

仮面の男「俺はな。そこにいる生前は儚くも美しい麗人だった。彼女。
     西行寺幽々子の実の恋人だった男だ。」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:53:20 tERcuoy2
霊夢「はあ!?」

仮面の男「昔の話だ…。人外の存在と行動をともにし、
     数多の人々から蝶よ花よと愛でられた美しい女性がいた。
     その女性は不思議と俺の気を惹いた。
     決して身分不相応の恋ではなかった、事実、俺と彼女は愛し合っていた。」

幽々子「あなた―――――――様。」

紫「……」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 20:56:50 tERcuoy2
仮面の男「だが、全ては唐突だった。
     まるで胡蝶の夢のようだ。
     お前たちが曰く、西行妖と呼ぶ桜の木の下で、
     彼女は、死んだ。」

霊夢「っ―――――――!」

仮面の男「俺は悲しみに明け暮れた。
     来る日も来る日も彼女が蘇りはしないかと待ち続けた。
     もう叶わぬ夢と知りながらも、縋り付いた。
     だが、結局は夢は夢でしかない。」

紫「あなたは、」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:01:34 tERcuoy2
仮面の男「そして、隙間妖怪であるそこの女が、
     絶望する様を見兼ね、この世界よりも文明が発達しているであろう、
     外の世界へと送り出した。その時の俺は、もう、彼女を失った悲しみが、
     全ての現実を受け入れない、盲目で無気力な人間に成り下がっていた。
     全て享受した。新たな生だと、そう思った。」

紫「―――――――」

仮面の男「時が経ち、俺は多くのことを学び、日本という名の地を離れ、
     俺は支那の国へと飛んだ。そこで俺は邪仙と名乗る一人の悪女と
     出会ったのだ。」

紫「邪仙、青娥ですか…」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:05:50 tERcuoy2
仮面の男「長い時間をかけて道術を学んだ俺は、もう一度彼女に会おうと思った。
     それこそ、人間としての生なぞ繰り返し何度も蘇り、外道の術に手を染め、
     全ては、今日この瞬間、彼女を外の世界へと連れ帰り蘇らせるため。」

幽々子「―――――――」

紫「そんな、そんな理由のために、」

仮面の男「最早、全てを捨てた。この瞬間、この機会の為に、
     数多の人間と生贄を用意し、生きながらえてきた。
     昏く、暗澹とした世界の汚泥を啜っても、尚、
     潰えることのなかった望みがもうじき成就する。」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:08:31 tERcuoy2
霊夢「ふざけんな!!」

仮面の男「!」

霊夢「何が、彼女を救うためよ!!結局アンタの一人よがりのエゴじゃないの!!
   アンタは結局自分の望みを叶えたいがために、周りの多くの命を犠牲にしてるだけの、
   汚い邪仙と同じじゃないの!!」

霊夢「それに、その連れ帰るのだって、まるで幽々子の意見なんかお構いなしじゃない!
   とんでもない我が儘お子ちゃまいいところじゃない!!
   文字通り、ただの馬鹿ね!!」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:10:14 tERcuoy2
幽々子「霊夢…」

仮面の男「言いたいことはそこまでのようだな。
     そうとも俺は馬鹿だとも。
     俺は別に彼女の言い分など聞くつもりはない。
     幽々子は、ただ、俺に従って、外の世界で生きるという
     俺の目的の為従えばいい。」

霊夢「な、―――――――あんた…!!」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:13:50 tERcuoy2
仮面の男「もう、死霊と呼ばれることもない。
     亡霊を統べることもない。昏く寂しい冥界に居る必要はない。
     ただ一人の、彼女が叶えられなかった、
     一人の人間としての時間。幸福。人生。
     その全ての為に。それだけが、俺の――――――」

紫「――――――なんて、馬鹿な。」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:15:43 tERcuoy2
仮面の男「お喋りが過ぎたな。もう、貴様らと話す意味は」

幽香「そう、意味なんてないわね。」

仮面の男「!!」

萃香「まったくもってそのとおりだ。
   お前さんの言動に意味なんぞない。死人は死人。
   歴史のうえから消えたんなら死ぬしかないね。
   そんなもん高僧ならわかるだろうに。」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:18:04 tERcuoy2
紫「幽香!萃香!」

霊夢「あ、あんたら、何でここにいんの?」

幽香「ひまわり畑を荒らしている妖怪が、ちょうどコイツの使い魔だったようでね。
   花を引きちぎって遊んでいたから、同じようにソイツで「遊んで」やったわ。
   理由なんてその程度ね。」

萃香「酒を飲んでたのに、邪魔されたんでね。ま、おおかた幽香とおんなじさね。」

仮面の男「花の妖怪、そして鬼の種族か。」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:21:19 tERcuoy2
???「おっと、人間も忘れないことだな!!」

仮面の男「!」

(キラリンっ☆彡ごおおおおおおおおお!!!)

(凄まじい光線が仮面の男に降り注ぐ)

仮面の男「守護!転ぜよ八卦!!」

(巨大な太極図が男の前で展開し、全ての光線を吸収する!)

(ぼしゅうううう!!!)


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:24:37 tERcuoy2
???「ちっ!やっぱこの程度は防ぐかあ!!」

仮面の男「貴様……!」

霊夢「ま、魔理沙!!」

魔理沙「わははは!!普通の魔法使い様の参上だ!」

紫「――――――皆、」

魔理沙「おっと、私が来た理由は、単純だぜ。
    まあ、お前みたいな悪党が今から私が投げかける質問に答えたら、
    だがな。」


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:26:05 tERcuoy2
仮面の男「質問だと…?」

魔理沙「ははは!なあに、一言答えればいいんだよ!本当に単純だ。」

魔理沙「お前、アリス殺したろ?」

霊夢「な!?」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:28:45 tERcuoy2
その他全員「!?」

仮面の男「……」

魔理沙「アイツの家によったんだけどさ。
    コイツの道術の形跡が沢山あったんだよな。
    おまけに、家のあったらしい場所に、人形がズタボロになってたんだよね。
    あいつのモン全部、何も、何一つ残ってなかったよ。
    魔力も、人形も、好きだった本も、全部、全部さ。」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:31:22 tERcuoy2
魔理沙「なあさ、私今最高に怒ってんだよ…。
    正直に答えろ。正直にだ。
    おまえ、ころしたろ?」

仮面の男「ほう…。あのゴミと知り合いだったのか。
     呪術を使わない人形師など珍しいと思ってな。
     俺の力の強化の為に心臓を贄に捧げさせた。
     その後、塵になったが、
     なんだ、貴様の知り合いだったのか?」


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:32:40 tERcuoy2
魔理沙「――――――――はは。」

霊夢「クズ野郎が!!」

仮面の男「正直に答えたが?」

紫「なんと、いうことを…」

幽々子「ああ――――――」


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:34:22 tERcuoy2
魔理沙「もう、いいさ。よーくわかった。
    絶対殺す。おまえは殺す。
    一片も残さないよう消し飛ばす!!」

幽香「同感ね。これ以上の会話も不毛ね。」

萃香「流石になあ。そりゃあこの世界では御法度だわ。
   殺しだけはいけないねえ。特に無益な殺生は。」


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:36:51 tERcuoy2
仮面の男「頃合いだな。ならば、もうこの世界に未練はない。」

仮面の男「欺瞞と停滞に満ちたこの久遠の郷で、
     ただ謳い戦い、滅びるがいい。」

(仮面の男、空中で九字を切る)


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:40:28 tERcuoy2
(遠方、宵闇の空の彼方)

青娥「おお、遂に始まるのね。」

芳香「せいがー。ごはんー。」

青娥「ほほほ、大丈夫ですよ芳香。今すぐに用意してあげますわ。
   今日は若い女ですから、きっとお口にあいますわよ。」

芳香「わーい!」

青娥「いよいよ、例の禁術を使うのですね。
   我が事のように楽しみですわねえ…
   ふふふ…」


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:42:53 tERcuoy2
(ゴゴゴゴゴゴ…)

萃香「わわ、なんだ!?地震か!?」

幽香「下から、ナニカ来るわね。」

霊夢「くっ……!!」

紫「(この術は、―――――まさか!!)」


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:46:25 tERcuoy2
仮面の男「神仙八卦!!外道転生!!黄泉応験の術!!」

(ズズズズ… 空間に突如穴が空き、そこから巨大な藁人形が出てくる)

(四体出揃ったそれは、どれも人間大の大きさのものだ。
 それらが地面から土をパラパラと掻き集め、その土が次第に人肌の色を帯び始め、
 少しずつ四体揃って何者かの姿を貌どる。)

幽々子「こ、これは…!」


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:50:57 tERcuoy2
仮面の男「これが神仙術!!神すら存在を厭う御技だ!!
     蘇るがいいかつての英雄!!英霊!!
     我が力に従い、この世界の全てに断罪をもたらすがいい!!」

(ぱきぱき… )

霊夢「な…コレは…!」

紫「―――――信じられない。そんな―――――」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:52:27 tERcuoy2
幽香「これは、悪い冗談かしらね。」

萃香「いんや、これ…現実らしいぜ。」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:53:52 tERcuoy2




サリエル「命などは幻にすぎない。存在も魂も、全ては幻想。
     破壊も想像も果てのない先を目指して、神は最初の幻想を壊した。
     請われたのならば、尚更、
     ならば、滅びよ。」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:55:23 tERcuoy2



こんがら「是非も無し。娑婆の今生などに現など有りはせず。
     この六道もまた輪廻するのみ。
     我らの今ある存在もまた、全ては天涯へと廻る求道である。」


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:56:34 tERcuoy2
霊夢「うわ、なんなのコイツら。
   この霊力と魔力、おかしすぎる!!」

紫「よりによって、何故、いや、それよりも…」


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 21:59:22 tERcuoy2



神綺「げほっ!!げほっ!!ぶわぁふっ!!
   なんなの!!人が気持ちよく寝てるのに!!
   一体どこの種族だ!!私を呼んだのは!!
   ぶっほっ!!ケムイ!!ケムイ!!
   おのれ!!舐めよってからに!!」


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:00:30 tERcuoy2
魔理沙「あ、なんかコイツなら大丈夫そうだな。」

幽香「大丈夫ね。」

萃香「いやいや、これも最初の二人と同じくらいの力あるから。
   間抜けそうだけど。」


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:01:59 tERcuoy2
仮面の男「かつてのこの幻想郷の支配者、あるいは、
     別世界の住人たちか。
     コイツらを呼び出せたのは何よりの収穫だった。
     だが、本命は…」

紫「……」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:05:29 tERcuoy2
(ぱきぱきぱき… )

(しゅうううううう……)







初代博麗神主「……随分と手の込んだ蘇らせ方をされたものだな。
       そして、何より――――――懐かしい景色だ。
       風も花も、変わることのない我等が幻想郷よ。」


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:09:37 tERcuoy2
射命丸「かーーーーーーーーーーーーーーーーっと!!!!」


射命丸「ナイスですよ!!これぞクライマックス!!
    いい映像がとれました!!
    これであやや映画倶楽部の興行収入トップ間違いなしですよ!!」

紫「あ、マジで?終わり?あああああ、だるぅううううう…。
  普段やりなれないこと言ったりやったり肩こるわね。」

霊夢「ん?なに?もういいの?私はもうちょっとやってもよかったけどね。」


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:12:53 tERcuoy2
(妖怪の山、映画撮影所 ※全部フィクションです。設定等団体等全て二次創作です。)


アリス「ちょ!?なんなのこれ!!私ただの死体役じゃない!
    いや、死体すら出てこないじゃない!!
    っていうかキャストで出れるとか言っといて!
    一切役ないじゃん!どういうことよ!」

射命丸「いやー、すいません。当妖怪の山、あやや映画倶楽部は、
    資金面で大分痛手がありましたので、
    あなたの役と用意できる特殊効果とシーンがありませんでしたので……」

アリス「嘘なのね!勧誘の段階から怪しいとは思ったけど嘘なのね!!」


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:15:39 tERcuoy2
魔理沙「まーまー、落ち着けよアリス。
    私は凄い楽しかったぜ!
    殺すう!絶対殺す!!とか、あははは!!
    滅多に言えないセリフ言えて楽しかったよ。」

アリス「っていうかアンタよね!!最初に私に映画の話持ち出したのって!
    グルだったのね!?あんたら二人で私をハメたのかー!!」

上海人形「しゃんはーい。(呆れ)」

幽香「ふうん。ま、役になりきるってのも悪くはないわね。暇つぶしにはなったかしら。」

萃香「いや、どっちかってえと、あたしら二人はあんまり普段と変わらなくね?」


43 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:19:44 tERcuoy2
紫「あー、まったくだるいし、眠いし、これだから演劇は疲れますわ。
  早く帰ってマヨヒガで藍の尻尾でも枕にして寝たいもんですわねえ。」

青娥「ほほほ。あれだけ役とセリフがあれば疲れますわよ。
   ね。芳香。んー、ホンの少しセリフを喋って怪しげに消える。
   楽な仕事で良かったですわねー。」

芳香「さつえいはたのしいぞ!!」

霊夢「そういえばアンタラも相当のチョイ役だったわね。」


44 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:25:05 tERcuoy2
サリエル「あのー…わ、私たちは帰ってもいいんですか…?」

射命丸「おお!特別ゲストの皆様も有難うございました。
    今宵の撮影はここまでですので、次回また招集をかけた時にお越しください!!」

こんがら「ふむ、流石に疲れた。某(それがし)も演舞というモノをしてみたかったが、
     ここまでなら疾く帰るがやすいな。」

神綺「うー…何故あんな登場の仕方を…もう少し気迫がたりなかったかしらねー…」

初代神主(マミゾウ)「お主、意外とプロ意識高いんじゃのう…」


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:27:05 tERcuoy2
射命丸「本当に有難うございました!
    さて、餞別を渡さねば!ささ、椛、早く渡して!」

椛「(自分で渡せよ…めんどくっさ…)」

射命丸「もみじさーん。おねがいしますよおー。」

椛「はいはい。分かりました。」


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:29:34 tERcuoy2
はたて「そんじゃー広告ビラ撒いてくるわねー。
    次回は、遂に最終決戦だから、もうじき撮影も終わるしね。」

射命丸「頼みましたよー!はたてー!!」

霊夢「さ、て…あたしも帰ろっかな…」

魔理沙「うーん!気持ちよく体を動かしたな!今日はよく眠れそうだぜ!」


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:31:06 tERcuoy2
仮面の男「ちょっと待ちたまえ。」

その他全員「あー?」

仮面の男「何故なんだ…なぜ、僕が」

仮面の男(香霖)「なぜ僕が悪役なんだああああああああああ!?」


48 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:34:09 tERcuoy2
霊夢「いいじゃん、結構似合ってたわよ。」

魔理沙「ノリノリで演技してたじゃん。今更ナニを言う。」

香霖「いやいや!おかしいぞ!僕は最近トレンディな恋愛映画で主役をやって
   みないかと、そこの烏天狗に勧誘されたんだ!!
   ところがどっこいだ!何故僕が亡霊の恋人で、何か凄く年月を経て荒んだ
   精神を持った人間の悪党の配役なのだ!!
   こんな横暴が罷り通るのか!」


49 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:37:21 tERcuoy2
アリス「私も同意!!」

魔理沙「おまえは後で!」

アリス「ひどい!」

幽々子「ふふ、いいじゃあありませんか。とっても素敵でしたわ。
    霖之助さま。」

香霖「あー、いや、そう言っていただけるのはありがたいんだが…
   えーと…西行寺さん。顔が近いです。何かそんな物憂げな目で
   見つめながら近寄られても困ります、というか、何、
   若干あなた私の胸の辺りを指で触ってますよね、
   これ以上はセクシュアルハラスメントで訴える腹積もりで行動しても
   よろしいんですかね。そのへんどうなんで


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:40:35 tERcuoy2
妖夢「ゆ、幽々子さまにナニをするかー!!
   この変 めが!!」

(どぐしゃあああ!!)

香霖「ひでぶっ!!!」

(ガッシャーン!!)

幽々子「まあ、妖夢。そんなおイタはいけないのよ。
    そんなことをすると、幕が降りてしまう。」

妖夢「冥界の仕事をほったらかしてこんなところでナニをしているのですか!
   おまけに殿方とイチャつくなど、言語道断です!!」


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:44:36 tERcuoy2
魔理沙「うーん。この会話の噛み合ってなさ。
    何というか、漫才を見てる気分になるぜ。」

霊夢「冥界組は最初から噛み合ってないのよ。」

射命丸「さて、次回の撮影の為に皆さんもちゃんと休息をとってください。
    椛もね、もう帰っていいですよ。」

椛「うーす。」

紫「ふう。流石にもうグロッキーですわ。布団が恋しいので私はこれで。」

(きゅるん 隙間音)


52 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:46:49 tERcuoy2
霊夢「それじゃ、あたしも帰るわ。
   神社の賽銭でも確認にいくかしら。」

魔理沙「いつもどおりスッカラカンのオチに期待する。」

アリス「私も行くわ。家に帰って人形作りしなきゃね。
    今日の嫌な気持ちを全部そっちにぶつけるわ。」

幽香「そして、私はその人形作りを邪魔するわ。」

アリス「ウチ来るの!?」

萃香「あっはっは!!楽しそうだな。あたしも行くか!!」


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:51:20 tERcuoy2
(皆、足取りは別々に去っていく。)

射命丸「ふー。今日も無事撮影を終えました!
    さて、そろそろ私も帰ろうかな…っとと。」

幽々子「うふふ」

射命丸「おや、亡霊さん。どうされました。
    もう今日は打ち合わせもなく帰る日なのですが…」

幽々子「帰る場所がありませんの。」

射命丸「いやいや、ナニをおっしゃる。冥界での仕事ってさっき妖夢さんが。
    アレ?どこに?」


54 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:54:15 tERcuoy2
幽々子「庭師は先に帰らせました。
    さて、演目も終わりましたわ。役者はここには一人もいませんわ。」

射命丸「ええ、確かに今日はこれで終わりですが…まだ何か用でも?」

幽々子「ですから役者はもうおりませんわ。」

射命丸「そうですが……あの…何で怖い顔しているのですか。」

幽々子「知らなくてもいいことがありますの。」

射命丸「なにをいって

幽々子「亡霊の過去話をどこで聞いたのでしょうか?」


55 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:56:35 tERcuoy2
射命丸「――――――――…」

幽々子「言ったでしょう。知らなくてもいいことがあると。
    あまりおイタが過ぎると幕が降りると、
    もう、知らぬ存ぜぬで通すような演目も役もないのだ。と。」

射命丸「おやまあ、流石にバレましたか。」

幽々子「おそらく、話したのは紫。」

射命丸「ご名答。」

幽々子「さすがの私でも、こんな茶番の幕は切れるべきだと思いました。」


56 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 22:59:00 tERcuoy2
射命丸「そりゃあ、困るわよ。こっちだって当人の我が儘で映画をストップさせたくないし。
    貴方はもう未練を持った亡霊であるべきですよ。
    人間みたいに刃向かうべきではない。のらりくらいとしているのが一番よ。
    それがお似合いでしょうに。」

幽々子「さすがに言ってもわかりませんね。」

射命丸「勿論です。」


57 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 23:04:30 tERcuoy2
幽々子「演目も演者も居ない劇ならば、」

射命丸「そろそろ、カーテンコール!
    たまには亡霊とケンカもしてみるものね!!」

幽々子「やれやれ、過去を掘り返された女優の恨みは恐ろしいのよ。」

射命丸「でも、それが幻想郷式だもの。仕方ないわね。」

幽々子「紫もお喋りね。」

射命丸「さて、なら少し気張ってもらおうか。
    亡霊を装いて戯れたなら、」

幽々子「あなたもまた亡霊となるべし。ね。」

射命丸「私は妖怪だけどね!!」


58 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 23:06:54 tERcuoy2
幽々子&射命丸「覚悟なさい!」

(どごおおおおおおおおおおおおん!!!)


59 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/01/08(水) 23:15:58 tERcuoy2
(物陰)


上海人形「ふう、帰るタイミングを失った。
     老若男女、紳士淑女の皆様方。
     これにて、亡霊と天狗の演目はカーテンコールだ。
     女の恨みは祟るというが、恥ずかしい人の過去を掘り返す横暴さも
     一つの純潔だ。正義か無知か。それとも単なる好奇心か。
     それは見てみなければわかるまい。
     しかして役者は退場し、舞台は幕切れだ。
     さて、次の演目が待つのはどちらだ。役者が消えた舞台か、
     役者だけしか居ない舞台か。どのみち、始まってみるまでわからない。
     恋は盲目!人は皆、生涯に一度は焦がれる恋をするものだ!!
     さあ諸君!人生で一度は恋をしよう!!
     悲惨な結末も諸君らを導く演目と成り得るだろう!!では、さらば!!」

妖夢「誰ですか!?アンタ!?」

(終わり)