1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:21:17.78 ID:v9eWUHruO
セシリア「なんの逆なんですの?」

鈴「それはほら、あれよ。普通にアタックしてもあいつなーんも気づかないでしょ?」

鈴「だからね、わざと距離をとって一夏が近づいて来たら、彼氏が出来たって言ってやるわけ」

セシリア「それで?」

鈴「嫉妬させるの!いい?」

鈴「今まで近くにいた可愛い幼なじみが他の男に取られた・・・あれ?なんで取られたなんて・・・はっ!きづかなかったけど俺は鈴のことを!」

鈴「ってね!」ドヤッ

セシリア「ふーん頑張って下さいな」

鈴「なによそのリアクションは」

セシリア「とても成功するとは思えませんわー」

鈴「はんっ!じゃああんたは見てるといいわ!あとで吠え面かいても知らないから!」

引用元: 鈴「逆に彼氏が出来たって言えばいいんじゃない!?」 



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:24:54.43 ID:v9eWUHruO
数日後

一夏「おーいシャル飯食いにいこうぜ」

シャル「う、うん!」

一夏「今日の定食はなにかなー。そろそろ秋刀魚なんていーな」

シャル「なんでそろそろなの?」

一夏「秋刀魚は秋が一番美味いんだよ。脂がのってさ」

シャル「へー。秋刀魚あるといいね」



鈴「・・・・・・」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:30:52.78 ID:v9eWUHruO
さらに数日後

ラウラ「あ、明日は街に行くぞ!」

一夏「街に?いいけどなにするんだ?」

ラウラ「買い物だ!ふ、ふふ服を選んでもらう!」

一夏「女の子の服とかよくわかんないけど俺でいいのか?シャルのほうが」

ラウラ「お前がいいんだ!シャルロットには秘密だぞ!いいな!」

一夏「わ、わかったわかった」

セシリア「お買い物なら是非わたくしもご一緒させて頂きたいですわ」

ラウラ「なっ・・・どこから現れた!」

セシリア「それだけ大きな声で話していれば空にいたって聞こえますわー。構いませんか一夏さん?」

一夏「もちろん」

ラウラ「ぐぬぬぬぬぬぬ」


鈴「・・・・・・」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:35:00.67 ID:v9eWUHruO
セシリア「一夏さーん」

一夏「なんだー」


シャル「いちかっ」

一夏「んー」


のほほん「おーいおりむー」

一夏「なにのほほんさーん」


ラウラ「一夏!」

一夏「どーしたラウラ」



鈴「・・・・・・」イライライライラ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:40:15.03 ID:v9eWUHruO
数週間後



鈴「あの馬鹿はなんであたしのところに来ないわけ!!??」

鈴「もう何週間も喋ってないのに!!」

セシリア「どうしてでしょうね」

鈴「あったまきた!!こうなったらこっちから言ってやる!!」

セシリア「なにをですの?」

鈴「彼氏出来たって!!あいつだって気にはなってるはずだもんあたしのこと。ただ恥ずかしくて言い出せないんだわ!へたれだから!!」

セシリア「一夏さんはへたれなんですの?」

鈴「んなわけないじゃないぶっ殺すわよ!!」

セシリア「ご自分でおっしゃったんじゃありませんか」

鈴「とにかく!一夏の部屋行ってくるから!!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:46:43.79 ID:v9eWUHruO
バーン!

鈴「いぃちかぁーーー!!!」

一夏「うわっ!?な、なんだよ鈴どうした」

鈴「なんであたしが最近あんたのとこ行かなかったかわかる!?」

一夏「最近?そうだっけ?」

鈴「かぺっ!・・・」ガクガク

一夏「かぺ?」

鈴「だ、大丈夫・・・これくらいで同様するあたしじゃない・・・素数を数えるのよ・・・2、3、5、7・・・」ブツブツ

一夏「す、鈴?」

鈴「よし・・・一夏!あたしが最近あんたと喋らなかったのはね!」

一夏「お、おぅ」

鈴「か・・・か、かかか彼氏が出来たからなのっ!!」

一夏「おーおめでとう。どんな人だ?」

鈴「・・・・・・くはっ」ガクガクガクガク

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:51:49.95 ID:v9eWUHruO
一夏「俺も知ってる奴か?ま、まさか弾じゃないだろうな。いやでも結構お似合いかな?」

鈴「・・・・・・」

一夏「弾はいい奴だからな。弾なら・・・鈴?」

鈴「・・・ぐすっ・・・」

一夏「えっ」

鈴「・・・うああああああああああああああん!!」ポロポロ

一夏「ちょっ、どうしたんだ鈴!?」

鈴「うあああああああいぢがのばかああああああああ!!」ボロボロ

一夏「俺かっ!?ごめん!すまん泣かないでくれ!」

鈴「ああああああああああああ!!」ボロボロ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 00:59:30.71 ID:v9eWUHruO
ガチャッ

セシリア「いちかさ・・・」

鈴「うああああああああああああああああ」ボロボロ

一夏「セシリアっ!?た、助けてくれ!いきなり泣き出して」

セシリア「・・・なんとなくわかりましたわ。一夏さんは出ていって下さい」

一夏「で、でも」

セシリア「お早く!!」

一夏「はいっ!?」

バタン

セシリア「よしよし」ナデナデ

鈴「セシリああああああああああ!」ギュッ



セシリア「予想はつきますけれど、失敗だったんですの?」

鈴「ぐすっ・・・あ、あたしが彼氏、できたってっ、言ったら、ひぐっ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 01:04:21.81 ID:v9eWUHruO
鈴「お、おめでとうっ・・・て・・・うぇぇぇ」

セシリア「まあまあ・・・」ナデナデ



セシリア「・・・というわけなんです」

シャル「・・・ひどい!最低だよ一夏!」

ラウラ「なんて奴だ!」

鈴「ぐすっ・・・」

シャル「みんな一夏に冷たくして反省させよう!」

セシリア「賛成ですわ!」


数日後

一夏「おーいシャル」

シャル「・・・」ツーン

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 01:10:14.30 ID:v9eWUHruO
一夏「セシリアー」

セシリア「・・・」プイッ



一夏「ラウラ、今度」

ラウラ「・・・」ペッ



一夏「なんだよみんな・・・俺がなにしたっていうんだ・・・ぐすっ」

箒「ん?どうした一夏暗い顔をして」

一夏「・・・箒っ!」ガバッ

箒「お、おい!」

一夏「ほうきっ!ほうきぃぃぃ」スリスリ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 01:11:05.73 ID:v9eWUHruO



一夏「というわけで彼女が出来ました」

箒「す、すまないみんな」

シャル「・・・なっ・・・」

セシリア「・・・・・・」

ラウラ「・・・・・・」

鈴「・・・・・・死ねええええええええええええええええええええ

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/13(木) 01:11:34.29 ID:v9eWUHruO




終わり