7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 07:43:59.68 ID:bzggTQ5g0
七咲「放課後は一緒に帰るでしょ。あ、もちろん手をつないでね」

美也「……」

七咲「で、途中で喫茶店に寄ってその日の出来事を話し合ったりするの」

美也「……」

七咲「その後は帰るだけなんだ」

美也「……」ホッ

七咲「けどね、」

美也「!」ビクッ

七咲「センパイは私の家の前まで送ってくれてね。いつも別れ際に」

美也「……やめて」

七咲「キス、してくれるの」

美也「……」
 

引用元: 七咲「お兄さんとどんな事してるか聞かせて欲しい?」美也「…… 



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 07:57:00.93 ID:bzggTQ5g0
七咲「最初の頃はね、やっぱり恥ずかしくて遠慮がちだったんだけど」

美也「……」

七咲「最近センパイが大胆なキスするようになってきてね」

美也「……」

七咲「けど、不思議と嫌じゃないんだよね」

美也「……ねぇ、逢ちゃん。私、もう帰るね……」

七咲「え?まだまだあるんだけど……わかった。じゃあね。美也ちゃん」タッタッタッ

美也「……にぃに」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 07:57:22.34 ID:7ScS3c2D0
七咲「休日なんてもっとすごいのよ」

美也「……」

七咲「最近のお気に入りのデートスポットは市民プールなの」

美也「……」

七咲「朝の人があまりいない時間だと、
先輩ったら…」

美也「やめ……」

七咲「わたしをプールサイドに寝転ばせて、お腹をさすったり」

美也「にぃに、そんなことを……」

七咲「そしてその手はだんだんと下に伸びて行って、強く……






わたしの内臓を引きずりだしたのよォオオオオ!!!許さぁああああん!!!!!」


美也「ウァアアアアアアアア!!!!!!!!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:40:25.57 ID:7ScS3c2D0
七咲「ねぇ、先輩」

純一「ん? どうした七咲?」

七咲「わたしっていやらしい娘ですよね…」

純一「どうしたんだ、一体?」

七咲「その、こんなこと知ったら先輩、わたしのこと嫌いになっちゃいますよね…」

純一「何でもいいから、話してみろよ。それだけで楽になると思うけど?」

七咲「それじゃあその…わたしたちの関係、美也ちゃんに教えちゃったんです」

純一「えっ……なん、で…」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:07:44.80 ID:7ScS3c2D0
七咲「なんか最近、美也ちゃんの
先輩を見る目がいやらしかったから、取られるんじゃないか、って…」

純一「な、なにをバカな…」

七咲「いえ、事実、本当に美也ちゃんは先輩のことが好きだったみたいです。「高校で知り合ったばかりの関係なのに、あたしのにぃに取らないでっ!!」とか言われて……」

純一「そ、それで、七咲はなんて答えたんだ…?」

七咲「『先輩とわたしはお互いに愛しあってて、離れることはできないんだよ。












だから死んで』、って答えました。」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:14:29.56 ID:7ScS3c2D0
純一「そ…んな…」

七咲「ふふ、ふふふふふふふふふふふふふふ」

純一「み、美也に…僕の妹に何をしたんだ!!!」

七咲「ふふふふふふ…

もう大丈夫ですよ先輩。もし何かの間違いで先輩と美也ちゃんがくっつくことがあっても…














美也ちゃんには、もう子宮がありませんから。」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:22:29.22 ID:7ScS3c2D0
純一「そん、な…… なんてことをっ」

七咲「ふ、ふふふふふふふふふふふふふふふふ…いいじゃないですか、だって結婚してからもあんな妹がいたら邪魔になっちゃうでしょ?


ずっと一緒ですよ?せぇーんぱぁい♡」

純一「七咲ぃいいいいいいいいい!!!!!!!!」






七咲「アッハ !!



アハハハハハハハハハァ!!!!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:33:07.33 ID:7ScS3c2D0
純一「おっ、お前がそんなヤツだったなんでっ…!!

お前はおかしいっ!!完全に狂ってるんだッ!!!」

七咲「うっふふふ…先輩だって変 さんじゃないですかァ…
だったら、変 同士の方がきっと良い関係を築けますよ?」

純一「違う! お前は…もっともっと根本的なとこが狂ってるんだよ! この殺人罪めっ…!!!」

七咲「先輩ひどぉい…

うふふ、でも、たじろぐ先輩も可愛いかも…


ねぇ先輩?
棚町さんや森島先輩も殺したら……

もっともっとわたしの知らない先輩を見せてくれますか?」


純一「ッ!! お前なんか…僕の知ってる七咲じゃないっ…!!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:51:27.29 ID:7ScS3c2D0
七咲「うふふ、でも安心してください先輩

わたしは美也ちゃんの子宮を切り取っただけですよ?

急いで家に帰れば…まだ間に合っちゃうんじゃないですかね?(ニコッ」

純一「!?

そうだ、あの美也が死ぬわけない!
走れ、走って美也のところへ…!!!」

七咲「うふふ、そうですよ先輩、何事も諦めちゃダメですよ。

ホラ、おうちで血まみれの美也ちゃんが待ってますよ?」

純一「お前はどこまで…!!
美也を救ったら、必ずお前に罰を与えてやる!

僕と…美也の分だ!!(ダッ」


七咲「アーハッハハッハッハッ!!!

神様、どうか美也ちゃんが


死んでますように。」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:59:51.93 ID:7ScS3c2D0
七咲「うふふ
先輩、行っちゃった…

ああ、でも美也ちゃんが死んでたら、先輩もっと悲しい顔するだろうなァ……

ふふ、追いかけちゃえ(タタッ」


純一「ハァハァッ……

(美也、お前なら大丈夫だよな? いつもみたいに『おかえり、にぃに』って出迎えてくれるよな?)

うっ………美也ぁ…!」


七咲「あ、先輩、走りながら泣いてる……

ふふ、かわいいなぁ先輩♡」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:10:16.33 ID:7ScS3c2D0
純一「そうだよ、考えてみれば七咲と美也は仲良くやってたじゃないか…


だから七咲が美也をいためつけたなんて……嘘だっ!


ちょっと僕の事が気になり過ぎただけで…帰ったら美也は、いつも通りに……!!!」

純一「(美也…お前も七咲と仲良くやってたよな…?
実の兄貴に嫉妬して殺されたなんて…あるハズない…よな……?)」

純一「ハァッ…ハァ…

ゲホッゲホ……、よし、着いたぞ!!
待ってろよ、美也…!!!」


七咲「(ふふっ、やっとゴールですね、先輩…」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:30:09.36 ID:7ScS3c2D0
純一「美也!!

僕だ、純一だ!! 帰ってきたぞ!!

……いないのか!?」


七咲「(ふふふ、ダメですよ先輩。
そこじゃないですよ……♡)」

純一「おい美也っ!!居るんだろ!!?聞こえたら返事をして……

……なんだこの臭い…

台所の方から、生臭い臭いが…」


七咲「アハッ♡

(ビンゴですよ、せぇーんぱい)」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:45:21.13 ID:7ScS3c2D0
純一「まさか……(ガラッ

あぁ……そんな…


美也ぁあああああ!!!!死ぬな!死ぬなぁあああああ!!!!」


七咲「アッハッハッハッハッハッハ!!!!

驚き過ぎですよせんぱぁい♡
わたしを嘘つくような娘だと思ってたんですかぁ?ひどぉい♡♡」

純一「くっそぉおおおおお!!!七咲ぃいいいいいいいいい!!!」



美也「にぃ…に……?(ヒュー、ヒュー」

純一「美也!?
よかった、まだ息が!!」


七咲「(ちぇっ、なぁんだ、まだ生きてたんだ……
こんなことなら、首のところ切り取っておくべきだったかなぁ………」  

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:04:46.72 ID:7ScS3c2D0
純一「おい美也!しっかりしろ!!!
あぁ…血がこんなに……!」

美也「にぃにっ…来てくれたんだ……嬉しいな」

純一「ああそうだよ!!僕だ!純一だ!!
分かったらもう喋らない方がいいっ…血が……!!」

美也「えへへっ…やっぱりにぃにはにぃにだね……みゃーが困った時には…すぐに駆けつけてくれる……にぃにはね、みゃーのヒーローだよっ」

純一「わかった…わかったから……!!!」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:14:15.80 ID:7ScS3c2D0
美也「ねぇ、にぃに……」

純一「なんだよ美也ぁ……そんな小さい声じゃ、よく聞こえないぞ?……」


美也「あのね、みゃー……


まんま肉まん、食べたいなぁ………」


純一「……バカッ!こんな時にお前はっ!!
わかった、兄ちゃんが、絶対食わせてやるからな……!!
すぐ近くに病院があったな、そこまで連れて行くからな…死ぬんじゃないぞ!!!」

美也「うん……
ぇへへ、にぃにの背中、あったかいや………」



七咲「(ふふふ、先輩かっこいい…♡
美也ちゃん羨ましいなぁ……先輩におんぶされてる
まるで王子様とお姫様ね…フフッ、ウフフ………」





七咲「あれ…あれは…!?」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:26:20.07 ID:7ScS3c2D0
七咲「(先輩たちの後ろから車が走ってくる…!!

(いけない!先輩も美也ちゃんも後ろに全く気付いてないんだ!!

(このままじゃ、先輩が死んじゃうっ!!!)」


七咲「先輩!!後ろです!!危ないっ!!!!!」


純一「え?」
美也「え?」








純一・美也・郁夫「ウワァアアアアアアアアアアア!!!!!!」



~完~