11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 00:27:12.24 ID:mhx7J5xRO

~放課後 教室~

女「おとこー!ここから先が全然わかんないのー!」

男「はいはい、どこですかー、っと」

男「…なにこれ」

女「好きな先輩の電話番号!」

男「…勉強は?」

女「しーらないっ!それより、これからどーしよ…?」

引用元: 幼馴染「おとこー!友くんとデートの約束しちゃった!」 



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/04(日) 00:38:04.73 ID:Chc65mtEO
生徒会長「な、なぁ……男。副会長の好きな食べ物を知っているか?」

男「アイツのですか? 確か、和食が好きだったはずですよ」

会長「和食か……。自信がないんだが今度君に味見してもらえないだろうか?」

男「料理詳しくないですけどそれでよろしければ」

会長「すまない、では明日作ってきてみる」



これはある意味で儲け物だよな


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 00:45:10.12 ID:mhx7J5xRO
 

男「あのね…俺は勉強を教えに来たの」

女「これだって、立派な社会勉強だよー!」

女「それに、男のアドバイスって凄く的確なんだもん!」

女「…なのになんで男に彼女が出来ないんだろ?」

男「…さっさと電話して散れ!お前の死は次に活かす!」

女「じょ、冗談だってば…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 00:50:54.24 ID:mhx7J5xRO
 

男「…とりあえず、いきなり電話は無いだろうな」

女「うんうん」

男「メールは?…電話番号を出してくる時点で知ってるわけないか」

女「うん、知らない」

男「…ま、でも何とかなるだろ」

カチャッ、プルルルル…

女「!?」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 00:54:33.92 ID:Chc65mtEO
後輩「あ、男さん。先輩まだ部活やってましたか?」

男「ああ、1人で残って練習してたよ」

後輩「そうですか……」

男「…………今なら1人だから行っても大丈夫じゃないかな?」

後輩「ほ、本当ですか!?」

男「いけるいける」

後輩「じゃあ私、先輩の所に行ってきます!」

男「頑張れよ」


支援

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 00:56:10.79 ID:mhx7J5xRO
女「ちょ、ちょっ!」

男「…もしもし」

男「…うん、○○先輩って人のアドレスのことなんだけど」

男「…そう、知ってる?部活が同じってやっぱ強いね」

男「…うん、そう、今すぐ。できれば本人の了解とかは無しで」

男「…ありがと」

ガチャ

男「アドレスゲット、と」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:02:43.14 ID:mhx7J5xRO
ティロリン

男「そらきた」

女「…すごーい!誰から聞いたの!?」

男「同じ部活の人だよ。…さて次は…」

女「?」

男「…まさか、いきなりメール送るつもりだったのか?」

女「あ」

男「…さすがにそれはヒくだろ…ちょっと待っててな」

ガラッ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:08:45.23 ID:mhx7J5xRO
~10分後~

男「ただいま」

女「…どこ行ってきたの?」

男「まぁ、ね」

男「これでキッカケは作ったが…あとは先輩の善意次第だな」

女「…なにしたの?」

男「秘密。…俺に出来るのはここまで。あとは自分の力でなんとかしてくれな」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:16:42.84 ID:mhx7J5xRO
~翌日 朝~

先輩「あの」

モブ「はいっ!なんでしょうか?」

…………

先輩「…君が、女さん?」

女「!?はひっ!?」

先輩「なんか、俺に話があるみたいだけど」

女「えぇっ!?」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:27:18.61 ID:mhx7J5xRO
男「あー、えと、違いますよ!用があるのは俺の方です!」

先輩「え?」

男「これ、先輩のモノじゃないですか?」

先輩「あ…」

女「…キーホルダー…?」

男「これ、校門付近に落ちてたらしいですよ」

男「結構珍しい形だったんで、なんとなくですが先輩の鞄についてたの、覚えてました」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:32:47.41 ID:mhx7J5xRO
先輩「あぁ…たしかに俺のだ」

先輩「助かった。ありがとう」

男「お礼ならこっちに行ってください。俺はただ、誰のものかを考えただけですから」

女「あ、え、えっと」

先輩「なるほど…そういうこと、か…」

先輩「君が拾ってくれたんだね、ありがとう」

女「あ、あ、えっと…!あの…!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:39:28.38 ID:mhx7J5xRO
~昼休み 図書室~

図書委員「で、…そのあとは?」

男「無事にアドレス交換終了。晴れて二人は知り合ったとさ。めでたしめでたし。」

図書委員「…あやしいですね」

男「…なんだよ、その目は…」

男「…まぁ、だいたい想像している通りだよ」

図書委員「やっぱり」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:48:01.90 ID:mhx7J5xRO
図書委員「また今回はずいぶん大胆な行動に出ましたね…」

男「まぁ、期待には応えたかっただけさ」

図書委員「それでついたあだ名が『出会い系人間』だなんて…」

男「…今回は流石に先輩にも最後はバレてたっぽいけどなー…」

図書委員「…バカバカしいです」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 01:53:04.46 ID:mhx7J5xRO
男「あ、片付け手伝うよ」

図書委員「…毎日やっても、見返りなんてありませんよ」

男「別に最初っから見返りなんて気にしてないってば」

図書委員「……」

図書委員「ありがとう、ございます」

男「いえいえ。…ところで、なんでいつもこんな乱雑なの?」

図書委員「……///」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:01:32.50 ID:mhx7J5xRO
図書委員「(相変わらずワケのわからない人…)」

図書委員「(どうして人と人を出会わせるなんてことするのかな)」

図書委員「(でも、この人と居るのは楽しい、かも)」

男「…どしたの?」

図書委員「ふあぁぁ!?」

図書委員「び、びっくりさせないでください!!」

男「こ、こっちの台詞だって…」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:07:15.68 ID:mhx7J5xRO
会長「ふむ。ここに居たのか」

男「…生徒会長?どうしたんです?こんな辺鄙なところに」

図書委員「…殴りますよ?」

会長「いやちょっと君にお礼がいいたくてな」

男「お礼?…あぁ、>>23のことですか」

会長「その通り。どうやら副会長も満足してくれたようだ」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:16:23.80 ID:mhx7J5xRO
男「会長の料理は完璧でしたからね」

会長「本当にありがとう、君の情報あってこそだ」

男「いやいや、お礼を言うのは俺の方ですよ。今日の件もお世話になりましたし」

会長「女さんのことかい?…お安い御用だよ」

図書委員「会長もグルでしたか…」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:21:47.13 ID:mhx7J5xRO
会長「…そろそろ鐘がなりそうだ、またな」

男「はい。またいつでも協力しますよ」

会長「こっちもだ」

会長「…あぁそうだ、図書委員さん?」

図書委員「…はいっ!?何でしょうか!?」

会長「この男を、よろしく頼むぞ?」

図書委員「!!?」

バタンッ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:26:47.25 ID:mhx7J5xRO
図書委員「(な、なに言うんですか、あの人は!?)」

図書委員「(私は…私は…)」


~次の日~

女「ありがとー!」

男「…わかったから、勉強しろって」

女「ありがとー!本当にありがとー!」

男「はいはい、…うっさいなもう」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:33:14.54 ID:mhx7J5xRO
後輩「あの」

モブ「おうどうした」

後輩「……」

………

女「それでね、そのあと先輩がね!」

男「…ノロケ話聞かされても」

女「ノロケてないって!でね、先輩の…」

男「………」


後輩「あの、男さん」

男「ん?」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:37:36.23 ID:mhx7J5xRO
男「…あ!もしかして>>36の子?」

後輩「はい。あのときは、ありがとうございました」

男「いや、頑張ったのは君自身っしょ?俺は別に…」

女「なになに!?もしかしてこの子もくっつけちゃったの!?」

男「…あっちで話そうか」

後輩「はい」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:45:52.70 ID:mhx7J5xRO
男「…んで、どしたの?」

後輩「えと、男さんにお恩返しがしたくて」

後輩「あの、これ…」

男「…Jリーグのチケット2枚?」

後輩「はい、この間、ナンクロの懸賞で貰いました」

後輩「男さんへのお礼もまだだったし、ぜひとも貰ってほしいです」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:52:11.55 ID:mhx7J5xRO
男「…いいのか?」

後輩「はい!」

男「なら、ありがたく、いただきます」

後輩「…先輩も頑張ってください!」

男「?」

後輩「…何でもありません!それでは失礼します!」

男「頑張る…?何を…?」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 02:59:21.37 ID:mhx7J5xRO
~昼休み 図書室~

男「さて、どうしたものか…」

図書委員「どうしたんですか?また誰かと誰かをくっつけるための悪巧みですか?」

男「…人聞き悪いな、それ」

男「あぁそうだ、…サッカーの試合って興味ある?」

図書委員「サッカー?別に無いわけでは無いですが、なんでまた…」

男「いや、チケット2枚貰ったからさ、もし興味があるなら…、って思って」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 03:03:40.44 ID:mhx7J5xRO
図書委員「…!!」

男「ま、ダメならダメで他の人を…」

図書委員「い、いいです、よ?」

男「…え?」

図書委員「一緒に行ってあげてもいい、って言ったんです!」

男「は、はい!…え!?いいの!?」

図書委員「……///」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 03:09:25.60 ID:mhx7J5xRO
図書委員「(この人と出会ってから、何だか私まで変な感じになってる…)」

図書委員「(だから確かめないと…この気持ちが何なのかを…)」

図書委員「それで、試合はいつ、どこでやるんですか?」

男「…えっと、来週の日曜、隣町の競技場、だってさ」

図書委員「…わかりました!」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 07:52:56.95 ID:mhx7J5xRO
とりあえず目覚めの短編を

~翌週~

ポニテ娘「…ねぇ」

男「ん?」

ポニテ娘「あんたに相談があるんだけど」

男「…誰?」

ポニテ娘「私は隣のクラスの…」

ポニテ娘「そんなことより、あんた、F1って知ってる?」

男「…人の話聞けよ」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:00:22.03 ID:mhx7J5xRO
男「…F1、ね。まぁ知ってるっちゃ知ってるが…」

ポニテ娘「へぇー、噂どおり、物知りなのね」

男「肝心の勉強がダメじゃ、意味ないけどな」

男「んで、F1がなんだって?」

ポニテ娘「…それは」

………

男「…なるほど、彼氏がF1にドハマリ中で、話についていけない、と」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:07:15.28 ID:mhx7J5xRO
ポニテ娘「私F1の話なんてよくわかんないし、どうすればいいのか…」

男「ふむ、なるほどねー…」

男「ま、そんなのは簡単だな」

ポニテ娘「ふぇ?」


~昼休み 図書室~

図書委員「…で、放っておいた、と」

男「相変わらず酷い言い方するな…」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:13:19.63 ID:mhx7J5xRO
男「放っておいたんじゃなくて、語らせろって言ったんだよ」

図書委員「つまり現状維持、ってこと?」

男「いや、『彼氏に説明してもらえ』ってことさ』

男「…知らないなら、最初から素直に知らないって言えばいいんだよ」

男「そうすれば、初心者にもわかりやすく会話しだすもんだろ?」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:17:57.19 ID:mhx7J5xRO
図書委員「なるほど…、そうやって会話の種を増やすのですか」

図書委員「…相変わらず…」

男「…わかってるって。何も言うな」

男「ま、一応最低限のチームとドライバーは教えたつもりだけど」

図書委員「ところで、あなたは誰が好きなのですか?」

男「マッサとニック」

図書委員「…聞いたところで、どっちも知らないのですが」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:29:11.83 ID:mhx7J5xRO

短編のネタもしくは支援SSをよこせー!


本編


~翌週末 地元の駅~

ドヨーン…ドヨーン…

男「うっわ、中途半端な天気…」

男「(折り畳み傘は2本持ってきたけど)」

男「…これは…絶対降るだろうな」

タッタッタ

図書委員「…お、お待たせしましたっ」

男「!!(ワンピース、だと…!?)」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:35:51.44 ID:mhx7J5xRO
男「(ちくしょ、なかなかにツボをついてきやがる…っ!)」

図書委員「…やっぱり、変、ですか。…ですよね」

男「ん、んなわけない!びっくりしただけだっつの」

図書委員「…似合ってますか?」

男「似合ってる似合ってる」

図書館「…よかった」

男「!?(…この笑顔は反則だろがい!)」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:43:01.07 ID:mhx7J5xRO
~電車内~

男「(…まさか図書委員に見とれてしまうとは…)」

男「(…微妙に香水まで付けてきてるし)」

男「(…これじゃ本当に)」


~1時間前~

男「じゃ、行ってくるわ」

妹「兄者のデートなのじゃ!行ってらっしゃいなのじゃー!」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:48:08.80 ID:mhx7J5xRO
男「デ、デート!?」

妹「違うのか?男と女が二人でお出かけ、これはデートなのじゃ!」

男「そ、そんなつもりは…」

妹「…自分のことに関しては相変わらず本当にニブチンな奴じゃ」

男「う、うるさいな…、戸締まりはしっかりしろよ!」

妹「わかったのじゃ!帰ったら一緒にスコーン食べようなのじゃ!」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:52:31.49 ID:mhx7J5xRO
男「…好きな人にあげるって言ってたやつか」

妹「ううううるさいのじゃ!兄者には関係ないのじゃ!」

男「いやアドバイスしたの俺じゃん」

妹「ぐぬぬぬぬぬ早く行くのじゃ!ごーふぉーぶろーくん!」

………

男「Go for broken、ね…」

図書委員「?」

男「なんでもない」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 08:57:32.86 ID:mhx7J5xRO

男「(日曜の昼間とはいえ、そこそこは混むか…)

図書委員「…あの!」

男「?」

図書委員「席、どうぞ…!」

婆「いい、いらん」

図書委員「えと、でも…」

婆「いらんったらいらん!」

図書委員「あ、そうですか…」シュン

男「……」

タンッ

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:02:03.37 ID:mhx7J5xRO
男「あ、俺たち次で降りますんで!」

図書委員「ふぇ!?」

ギュッ

タッタッタッ…

婆「………?」

婆「まぁいいか、よっこらせ」

ストン


~別の車両~

男「はは、よくあるよくある」

図書委員「うぅ…」

男「ま、婆さんにもプライドがあんだろ」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:12:39.30 ID:mhx7J5xRO
男「そういうときは席を離れて、別の車両に行けばいいわけさ」

男「感謝がほしいのなら、また次の機会に、だな」

図書委員「…///」

男「…?」

チョンチョン

図書委員「…手…」

男「…っ!!」

バッ

男「ご、ごめんっ!」

図書委員「あ…」

図書委員「………」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:20:48.10 ID:mhx7J5xRO
~競技場前~

図書委員「ね、年季が入ってますね…」

男「このスタジアムはJリーグが開幕したときからホームグラウンドになってるとこだからな」

男「少し前までは電光掲示板も単色灯だったらしい」

図書委員「……」

男「…さてと、飲み物と食べ物を調達したら入ろうか」

図書委員「はい」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:28:54.63 ID:mhx7J5xRO
~競技場内~

図書委員「…何も買えませんでしたね」

男「そりゃそうか…」

男「ま、想定の範囲内だけどな」

図書委員「?」

男「ほれ、お菓子とペットボトル」

図書委員「あ…」

男「備えは万全に整えておかないと、ね」

図書委員「…ありがとうございます」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 09:34:42.39 ID:mhx7J5xRO
図書委員「…でもペットボトルは1本しか…」

男「さすがにこの中なら自販機の一つぐらいあるっしょ」

男「…ぬるくて割高だろうけど」

図書委員「…あの、私っ!」

男「気にせんでいいよ。こっちの方が冷えてるだろうし」

男「もし向こうの方がいいなら、交換するってことで」

図書委員「あの…はい…」

男「よし、んじゃ、まずは席の確保だね」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:15:51.13 ID:mhx7J5xRO
 
~スタンド~

図書委員「…ホーム側の自由席は結構混んでますねー…」

男「まだ試合開始まで時間あるからな」

男「それに、アウェイ側の自由席を埋められるのはごく僅かのチームだけだし」

男「…さっさと座ろうぜ」

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:20:35.44 ID:mhx7J5xRO
ドヨーン…ドヨーン…

図書委員「天気、悪いですね」

男「…そうだな。…傘はもってきたのか?」

図書委員「ええ、折り畳みを。…どうしたんですか?」

男「…いや、カッパも2着もっていけば良かったなって」

男「そっちの方が何かと便利そうだしなー…。ぐぬぬ…失敗した」

図書委員「……」

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:30:32.34 ID:mhx7J5xRO

男「選手入場も終わったし、いよいよ試合開始、か」

図書委員「……」

男「…?どうした?さっきから黙って」

図書委員「いえ…ただ…なんでこんなに優しくするんですか?」

男「え?」

図書委員「…そうやって、他の女の子にも優しくするんですか?」

男「……」

図書委員「…ごめんなさい。なんでもないです」

ピーッ
キックオフ!!

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:38:14.78 ID:mhx7J5xRO
ドヨドヨ…

男「…なぁ、どうして俺があんなお節介をしだしたか、知りたいか?」

図書委員「…え?」

図書委員「…はい、知りたいです」

男「…そか」

男「もちろん、これはただの自己満足なんだけど」

男「…俺はさ、『やった』後悔よりも『やらなかった』後悔の方が辛いって思うんだよな」

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:43:34.95 ID:mhx7J5xRO
男「それが恋バナだったら、尚更だ」

図書委員「想いを告げられずに、片思いのまま終わる、と」

男「…なかには、相手が自分のことを知らないまま終わることだってあるだろ?」

男「何にせよ、…そんなのは悲しすぎる」

図書委員「…でも、それはしょうがないじゃないですか」

図書委員「両思いだなんて…なかなかなれませんよ」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 10:48:35.07 ID:mhx7J5xRO
図書委員「それなら、傷つかずにいた方が、ずっといいです」

男「…でもそれは、どちらかを『選べた』人の発想、だろ?」

図書委員「…!!」

男「俺だって、誰かれ構わずやってるわけじゃない」

男「…それに、別に告白まではいかずとも、ただ仲良くしたいって人もいるわけだしな」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:00:56.26 ID:mhx7J5xRO
男「人の心なんて直ぐに変わっちゃうしね」

男「仲良くなるうちに気になりだすのはもちろんだし」

男「付き合い始めてから、お互いに好きになったりする奴らも居るし」

男「…だから諦めたりしないで、出会ったり、関わったり、話し合ったりしてみないと」

男「って思ってたら、いつの間にかこんなことしてた」

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:03:28.79 ID:mhx7J5xRO
男「…ま、理由としてはそんなところだ」

男「…もしかしたら、そんな理由は後付けで、ただ単純にしたいだけかもしれんが」

男「ただ…一度きりの人生なんだから、悔いのないように生きないと、な!」

男「Go for broken、だ!」

図書委員「……」

男「…とはいえ、さすがに自分から誰と誰をくっつけたいなんてのは、流石に思わないけどね」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:10:31.27 ID:mhx7J5xRO

ポツ…ポツ…

ザアアアア…

男「あ、雨か…」

男「ごめんな、くだらない話しちゃって…どっかで雨宿りするか?」

図書委員「…ううん、見てる」

男「…?そっか、じゃ、傘を…」

図書委員「…いい」

男「へ?…いくらなんでも…風邪引くぞ?」

図書委員「(Go for broken…当たって、砕けろ…!)」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:18:17.27 ID:mhx7J5xRO
図書委員「(私、やっとわかったよ…自分の気持ちが…)」

図書委員「ねぇ、…ちょっといい?」

男「?」

………

アレオーアレオー!!
アレオーオ-オ-グランパ-ス!!

図書委員「っ!っ!」

男「…まさか応援団の近くまで来るとは…」

男「慣れないことはしない方が…」

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:25:04.15 ID:mhx7J5xRO
アレアレオーアレーアレアレオーアレー
ナッゴヤアレー ナッゴヤアレ-

図書委員「♪!♪!」

男「もしもーしっ!、どうなさいましたーっ!?」

男「こんなびしょ濡れになっちゃって…こんなとこじゃ傘なんてさせないし…」

男「なんかリミッターでも外したんですかーっ!?」

図書委員「ねぇっ!どっちが勝つと思いますかーっ!?」

男「聴いてねえし」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:29:57.26 ID:mhx7J5xRO
男「ふむ…いつの間にか先制されてんのか…」

男「…それにこの雨で、オールドグラウンド…ピッチは最悪…」

男「(でも、負けるだなんてここではとても言えないし)」

男「まずは引き分けにしないとだなー!」

図書委員「いえっ!勝ちますよ!絶対にっ!」

図書委員「なんなら、賭けたっていいですっ!」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:39:08.51 ID:mhx7J5xRO
男「賭け?…また随分と強気だな…」

男「わかったっ!…何を賭けるんだーっ!?」

図書委員「…大事なモノですっ!」

男「…?」

図書委員「(私は…もう、諦めない…っ!)」

デデンデ デンデン
デデンデ グラ-ンパス


ゴ-ル!!

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:47:45.92 ID:mhx7J5xRO
~試合終了後~

図書委員「クシュン!!」

男「あーあー言わんこっちゃない」

図書委員「…でも、賭けは私の勝ちですよ」

男「あー、ま、あの状況で最後の最後に大逆転するとはねー…」

図書委員「だから言ったじゃないですかー」

男「…うん、俺の負けだ」

図書委員「にっ!」

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:52:43.22 ID:mhx7J5xRO
男「…しかし、まさか初めて試合を見て、いきなりホーム側の自由席、それも応援団の近くとは…」

男「しかもあんなに叫んで…普段のキャラとは、また随分と違うことをしましたな」

図書委員「はいっ…今さらになって、すごく恥ずかしくなってきましたっ…」

男「…やっぱり」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 11:58:05.16 ID:mhx7J5xRO
図書委員「でも…!」

男「ん?」

図書委員「これが…『やった』後悔、ってやつですよね…!」

男「え?あー…」

図書委員「…確かに『やらない』後悔より幾分もマシです…!」

図書委員「…なんか、後悔だけじゃなくて、清々しさも混ざった不思議な気持ち…」

男「…まさか、それを味わうためにわざわざあんなところに?」

図書委員「はい!」

男「……」

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:03:57.13 ID:mhx7J5xRO
図書委員「…クシュン!!」

男「…無茶しやがって。早く帰るぞ…風邪が酷くなる前に」

図書委員「…待ってください。賭けがまだ終わってません」

男「はぁ?…なに言ってんだ、そんなびしょ濡れの体で…」

図書委員「…どうしても今じゃなきゃダメなんです。今、伝えないと」

男「…え?伝える?」

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:09:06.18 ID:mhx7J5xRO
図書委員「『やった』後悔も、『やる』勇気も貰った、今しか…」

男「……」

図書委員「…ちゃんと、聞いててくださいね…一度しか、言いませんから…」






図書委員「私は、貴方のことが好きです!たぶん、ずっと前から。」

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:13:42.07 ID:mhx7J5xRO
男「……え?」

図書委員「(…プルプル)」

男「あの、えと…話が急すぎて…」

男「…返事はいつに」

図書委員「もちろん今です!私が欲しい『大事な物』は…今!ここでの!貴方の本音です!」

男「あー…なるほど…そういうことか…」

図書委員「YかNか!ズバッと決めてくださいっ!」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:15:12.70 ID:mhx7J5xRO
gdgd

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:20:10.56 ID:mhx7J5xRO
男「…あー」

男「んー…」

男「………」

男「ホントに、俺でいいのかよ?」

図書委員「……うん」

男「ホントの、ホントに言いんだな?」

図書委員「……ん」

男「…返事も聞かないのに泣くなよ…」

図書委員「…だ、だっでぇ…」

ポン
ナデナデ

男「…俺で良ければ、喜んで」

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:35:08.71 ID:mhx7J5xRO
図書委員「!!本当に…!?」

男「うん」

図書委員「ホントの、ホントに!?」

男「…本音で話す。それが、賭けでの約束だったろ?」

図書委員「うっ…うぅぅ…ぁぁ…!!」

ナデナデ

男「やれやれ…」

男「泣く顔も泣く顔でいいんだけど」

男「俺としては、笑う顔も見たいなー」

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:40:48.55 ID:mhx7J5xRO
図書委員「ぅぁ…っ、ぐすっ、ひっく…」

ゴソゴソ

男「さぁ、これで涙を拭いて。」

図書委員「…うん…」

男「…帰ろうか」

サッ

図書委員「あ…、手…」

男「ま、…手ぐらいは、直ぐに繋げるだろ?」

図書委員「…うんっ!」

男「これから、よろしく」

図書委員「…こちらこそ!」

図書委員「…にっ!」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 12:42:30.60 ID:mhx7J5xRO
第二部終わった…これで落ちても完結できたって言える…!

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:18:12.68 ID:mhx7J5xRO
短編

~朝 学校 階段~

男「ふわぁぁ…眠ぅ」

お嬢様「見つけましたわー!」

お嬢様「とぅ!」

グシャッ

男「ぐえぇぇ」

………

男「…朝から重たい跳び蹴りありがとうございましたお嬢様」

お嬢様「礼には及ばずですわ」

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:22:58.32 ID:mhx7J5xRO
お嬢様「さっそくご相談があるんですが」

男「…ご相談?」

お嬢様「私、この度好きな殿方が出来まして」

男「そら良かった、…もういいだろ」

お嬢様「話を最後まで聞きなさい無礼者!」

男「朝から蹴り食らわす女に言われたくねーよ…」

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:27:59.24 ID:mhx7J5xRO

………

男「…マックに行きたい?」

お嬢様「違いますわ。マクドナルドですの」

男「………はぁ」

お嬢様「その殿方はマクドナルドで働いているらしいのです」

お嬢様「私、お仕事をなさる彼をぜひとも見たいと思いまして」

男「なら普通に行けばいいじゃん…いくら女子でも一人はファストフードぐらいは…」

お嬢様「行ったことありませんわ」

男「!?」

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:32:32.96 ID:mhx7J5xRO
お嬢様「ですので、注文の仕方とかを教えていただきませんか?」

男「…日本に居るんだ、こんなやつ…」


~昼休み 図書室~

図書委員「…で、どうしたんですか?」

男「別に?普通に教えてやったよ」

男「…おまけで、印象に残るようにもな」

図書委員「?」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:37:42.53 ID:mhx7J5xRO

………

フレッシュ!!フレッシュ!!

店長「…ちょっとあの叫んでる子、キミんとこの制服じゃないか?」

殿方「…え?…見に行ってきます」

………

お嬢様「フレッシュ!フレッシュ!」

殿方「あ、あの…」

お嬢様「あ、やっときましたわ!」

お嬢様「ちょっと!どういうことですの!?さっきからこんなに叫んでいるのに…!」

殿方「……え?」

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:46:31.54 ID:mhx7J5xRO

………

図書委員「…人に片付けてもらいたいときは、大声で『フレッシュ』と叫べ…って言ったんですか!?」

男「…面白いっしょ」

図書委員「…趣味悪いですね」

男「…いくらなんでもマックの使い方ぐらいは友達に聞いてくれよ…」

278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:47:52.81 ID:mhx7J5xRO

男「ま、でも殿方は大爆笑、ギャップ萌えで好印象、結果的には良かったんじゃないか?」

男「そのあとは、割と良好な関係を築いているみたいだし」

図書委員「…でも後が怖くないですか、それ」

男「…結果良ければ全てよし、だろ」

お嬢様「…そんなこと…、あるわけないですわ…」

男「!!!」

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:54:39.37 ID:mhx7J5xRO
ここから本編

~翌日 早朝~

妹「兄者ー!起きるのじゃー!」

男「…うぃー、風邪ひいたな、これ」

妹「ずぶ濡れになるからじゃ」

男「しょうがないだろ、ったく…」

妹「ところで、ケータイの着信は見なくていいのか?

男「…ケータイ…」

妹「珍しく朝から何度も鳴っていたのじゃ」

男「…しまった!」

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 15:58:33.11 ID:mhx7J5xRO
ガチャン
トゥルルルル…
トゥルルルル…
ガチャ

彼女「………」

男「あ、あのー…」

彼女「……」

男「…怒ってらっしゃいますか…?」

彼女「…知りませんっ!ばかっ!」

ブチッ
トゥー…トゥー…トゥー…

男「…ヤバいぃっ!」

ダダダダダ…

妹「おー、今日は支度が早いのじゃ」

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:05:15.91 ID:mhx7J5xRO

男「…いってきます!」

妹「…私より早く出るなんて…」

妹「もしや、ついに兄者にも『女』が出来たのか!?」

母「バカ言ってないではやく食べなさい」

妹「はい」


~コンビニ前 (待ち合わせ場所)~

男「はぁ、はぁ、ぜ、全速力で、来たんだ、ぜぇ…」

彼女「…でも、貴方自身が決めた時間には30分も遅れてますけどね」

男「……」

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:13:20.24 ID:mhx7J5xRO
男「ごめんなさい、ホントにごめんなさい」

彼女「…昨日が夢だったんじゃないかって…怖くて…寂しかったです」

男「…夢じゃない、さ。…だって今日、めちゃくちゃ風邪気味だし」

彼女「……私もです(にっ)」

男「…!」

男「お詫びに、なにか奢るよ…」

彼女「…30分ぶんの誠意見せてくださいね」

男「は、はい」

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:21:24.50 ID:mhx7J5xRO

~学校~

男「ぜぇ、ぜぇ…買うのにてこずってたら…」

男「結局、遅刻ギリギリだったな…」

彼女「…でもあんなんじゃ、全然足りませんよ!」

男「ま、まだ買うのか…!」

彼女「当たり前。」

男「やれやれ…」

彼女「…クスクス」

彼女「…じゃ、また図書室で」

男「…あぁ」

294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:25:43.97 ID:mhx7J5xRO
………

幼馴染(女)「おー!キューピット様ー!」

男「恥ずかしいからやめろやその言い方」

幼馴染「えー!でもでもだって、私と先輩を繋いでくれた、恋のキューピ」

男「あーもううるさいうるさい!」

男「ただ小中高と一緒のよしみで何とかしてやっただけだよ」

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:32:01.71 ID:mhx7J5xRO
幼馴染「あ、そういえば」

男「ん?」

幼馴染「先輩が、『落とし物にしてくれてありがとう』って…?」

幼馴染「…?どゆこと?」

男「…知らなくていいよ」

男「(やっぱ、いくら何でもバレてやがったか…)」

幼馴染「必要なときはいつでも協力する、とも言ってたよ!」

男「えと、『こちらこそありがとう』って言っといて」

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:38:24.64 ID:mhx7J5xRO
幼馴染「あー、でね!でね!実は今日も相談に…!」

男「あー…えっと、悪いけど今日は、というか…」

幼馴染「ふぇ?」

………

会長「そうか…しばらくは時間がとれないのか…」

男「はい、放課後はちょっと用事が出来てしまいまして…」

男「申し訳ありません、いずれ、時間は作ります」

会長「あぁわかった。こちらこそすまなかったな、君に頼りすぎたみたいで」

会長「…ところで

………

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:44:59.06 ID:mhx7J5xRO

後輩「…その用事って、もしかして女の子ですか?」

男「それは断じて違いまするぞ」

後輩「喋り方でわかりますよ…」

後輩「はー、よかったー、男さんがちゃんと付き合えて」

男「…え、なんで?」

後輩「てっきり、女の子に興味が無い、ホ さんかと」

男「…笑顔でなんつーことぶっちゃけてんの…?」

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:51:28.69 ID:mhx7J5xRO

後輩「それで、その相手というのは…?」

男「それは…」

………

ポニテ娘「…って、誰?」

男「誰と言われましても…」

ポニテ娘「だってあんた、コネいっぱいあるんでしょー?」

ポニテ娘「その気になれば、もっと綺麗で有名な人と付き合うってこともできるじゃん!」

男「そんな娘いないだろ…」

ポニテ娘「あー、もう!もったいないもったいない!」

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 16:55:39.08 ID:mhx7J5xRO
………

お嬢様「………」

男「………」

お嬢様「一生許しませんわよ…!」

男「な、仲良くなったんだからいいじゃねぇか!?」

お嬢様「ホントに良いと思ってるんですか?」

男「……」

お嬢様「ホントに良いと思ってるんですか?」

男「……」

男「…誰か、助けて…」

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:05:08.32 ID:mhx7J5xRO
~下校時間 図書室~

男「これで、一通りの挨拶は終わったかな」

男「…しばらくは、お節介の時間も少なくなるんかねー…」

彼女「…お待たせしました!」

男「へー…、こうやって戸締まりしていたのか…」

彼女「…さて、それじゃ、朝の続きに行きましょうか」

男「…マジっすか」

彼女「…冗談ですよ」

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:14:05.15 ID:mhx7J5xRO
彼女「ただ…」

男「ただ?」

彼女「…一緒にファミレスとかどうですか?」

男「…奢りで?」

彼女「違います」

彼女「…今は、帰るのがもったいない気分なのです」

男「…そうだな…。行くか…」

彼女「…にっ」

男「(相変わらず、満面の笑みだなー…)」

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:20:02.55 ID:mhx7J5xRO
~一週間後~

~学校~

幼馴染「………」

幼馴染「あぁぁ!最近、男が冷たいっ!」

幼馴染「…相談もできないし…!くぅぅぅ…」

幼馴染「なにこのモヤモヤした感じぃ…!」

………

会長「…ちょっと、いいかな?」

幼馴染「…ふぇっ?」

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:26:52.21 ID:mhx7J5xRO
 

幼馴染「(な、なんで会長がここに…!?)」

会長「君が、男の幼馴染か…?」

幼馴染「は、はい!…え?男?」

会長「…実はな…」

………

幼馴染「なるほどー!男が最近相談に乗ってくれなくて困っていると」

会長「あぁ…恥ずかしい限りだ。男の言葉がないだけで、こんなにも不安だとは」

幼馴染「…わかります!わかりますよその気持ち!」

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:33:00.21 ID:mhx7J5xRO
 
幼馴染「私も、同じことを思ってました!」

会長「…君もか」

会長「…バカだなぁ、今さらになって、男の存在の有り難みを知るなんて…」

幼馴染「…はい…私も、同じです」

幼馴染「…そうだ、直訴しに行きませんか?」

会長「…直訴?」

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:39:18.13 ID:mhx7J5xRO
幼馴染「はい!…彼にお願いしに行くんですよ!」

会長「…何をだ?まさか彼女と別れろなんて言うつもりじゃ…!」

幼馴染「…やっぱ、まずいですよねー」

会長「…それはいくらなんでも…」

幼馴染「うーん…こういうとき、男が居ればなぁ」

会長「自分へのお願いを自分で考えてどうする…」

338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:43:06.16 ID:mhx7J5xRO
お嬢様「話は聞かせてもらいましたわ!」

デデーン

会長「だ、誰だ!?」

幼馴染「あ、あの人は…お嬢様!」

会長「お嬢様…?」

幼馴染「某有名企業の社長の一人娘です!」

お嬢様「私にも、あの方に言いたいことがございますので」

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:47:44.20 ID:mhx7J5xRO
お嬢様「結果的に今の殿方と出会えたのも、あの男のおかげ」

お嬢様「しかし、殿方との出会いをあんな惨めなカタチのままで終わるのは、私としても認められません」

会長「…何を言っているんだ?」

幼馴染「…男にハメられてマックで赤っ恥かいたようですよ?」

342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:50:30.06 ID:mhx7J5xRO
お嬢様「私は今度こそ、ちゃんとした殿方とのお付き合い『の仕方』を要求しますわ!」

幼馴染「いや、さっきからそれを話していたんですけどねー…」

会長「…大丈夫なのか…?」

お嬢様「なんですのその目は」

会長「別に」

幼馴染「別に」

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 17:55:22.36 ID:mhx7J5xRO

………

お嬢様「…別に彼女が出来たからといって、私たちへの助言をしなくなったわけではないですわよね?」

会長「あぁ。今でも気にかけてくれてるしな」

お嬢様「問題は、そのための時間が以前より著しく減っていること」

幼馴染「前は放課後によく話をしてたんですけどねー」

お嬢様「今はその時間が、彼女との時間に費やされていると」

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 18:00:37.70 ID:mhx7J5xRO
お嬢様「ふっふっふ…閃きましたわ!」

会長「…言ってみろ」

お嬢様「私たちも、『彼女』になればいいのですわ!」

会長「えっ」

幼馴染「えっ」

お嬢様「なんですのまたその目は。…もしかして、男さんがお嫌いなのですか?」

幼馴染「…嫌い、じゃない、けど…」

会長「…どちらかといえば、むしろ…好き、になるのか…?」

お嬢様「ほらごらんなさい」

377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 18:40:04.71 ID:mhx7J5xRO
ま、やるだけやってみますか

会長「…でも、それじゃ私たちの目的がなくなるだろ。却下だ」

お嬢様「…どうしてですの?彼氏が一人から二人に増えるだけじゃないで…」

幼馴染「その考えが既にアウトだよーっ!」

………

会長「…やはり、小細工は無しだ。正々堂々と言おう」

幼馴染「『…もう一度、私たちにアドバイスをしてくれ』ってことをですか?」

会長「…あぁ」

382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 18:47:15.10 ID:mhx7J5xRO
幼馴染「うー、それって、すごーく情けないような…」

会長「…言うな。全ては私たちの甘えが原因だったんだ」

会長「できる限り相談するときは、男の負担にならないようにして、時間が無いのならメールで…」

幼馴染「…それもダメなら?」

会長「そのときは、潔く諦めよう」

お嬢様「…むぅ…、良い案だと思ってましたのに…」

385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 18:56:16.65 ID:mhx7J5xRO

~昼休み 図書室~

彼女「ねぇ」

男「ん?」

彼女「最近、『お節介』をやってないって、本当ですか?」

男「…うん」

男「個人的にはやりたいんだけど、流石に時間がな…」

男「それに今は、君の側に居た方がいいと思ってね」

彼女「…それは、不安だからですか?」

男「…?」

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:00:04.75 ID:mhx7J5xRO

彼女「…いえ、…何でも」

男「……」

男「不安、か。そうかもしれない」

男「恥ずかしい話だけど、あんなことしてたのに自分自身が付き合ったことは無いんだ」

男「だから、距離感を掴めていないってのはあるかもしれない」

彼女「……」

彼女「…それはきっと、みんな同じだと思いますよ」

男「え?」

388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:05:23.33 ID:mhx7J5xRO
彼女「私も付き合ったのは初めてなので、よくわかりませんが…」

彼女「…きっと、みんなも一緒で、距離感なんてわからないんだと思います」

彼女「だからこそ、貴方に肩を押されたかったんじゃないんですか?」

男「……」

男「…雰囲気、変わったな…」

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:10:20.16 ID:mhx7J5xRO

彼女「…?そうですか?」

男「あぁ…何か、違うような…」

彼女「だとしたら、変えたのは貴方ですよ」

男「…でも、変わらないところもある」

彼女「?」

男「にっ、て笑ってみてよ」

彼女「…にっ!」

男「…その笑顔は、変わらない」

バタン

男「!?」

392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:17:16.58 ID:mhx7J5xRO

ポニテ娘「ちょっと聞いてよ!」

男「…図書室なんだから静かにしろよ…」

ポニテ娘「……」

ポニテ娘「……っ!」

ポニテ娘「……ぷはぁ!」

男「…息まで止めなくても…」

ポニテ娘「…ふぅ…」

彼女「…ふふっ!」

ポニテ娘「…あ、これが彼女さん?…なんだ、意外と可愛いじゃない」

彼女「え、え?なに、急に…///」

ポニテ娘「可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い」

彼女「はぅぅぅ…」

男「いじめんな!」

393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:24:01.51 ID:mhx7J5xRO

男「…で、何しに来たんだ?」

ポニテ娘「あ、そうそう聞いてよ!私のバカ彼氏がね…」

………

幼馴染「男は昼休みは図書室に居るんです!」

幼馴染「そこの図書委員と付き合ってるらしいですよ!」

会長「…あぁ、直接対決、だな」

お嬢様「今さらですが、そこまで堅くなる必要は無いのでは…」

お嬢様「…?なんか聞こえますわね」

395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:31:22.57 ID:mhx7J5xRO

幼馴染「…間違いなく中に居ますねー」

会長「よし、行こう」

お嬢様「てぇい!」

幼馴染「って、蹴るの!?」

………

ポニテ娘「もう朝から晩までF1の話ばっかり…!」

彼女「それだけ、心を許してるってことじゃないんですか?」

ポニテ娘「…かもしれないけど、もういい加減飽きたー!飽きたー!」

男「じゃあ別れればいいのに…」

ポニテ娘「やだ」

397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:36:04.58 ID:mhx7J5xRO
男「……」

ポニテ娘「でもあいつにだっていいところも」

バタンッ!!

女「!?」

お嬢様「話は聞かせてもらいました」

会長「いや、全然聞いてないから…」

幼馴染「男、いる?」

男「…なんだこりゃ…何がなんだか…」

会長「な、なぁ、男、私たちは」

ガラッ

後輩「男さーん、ちょっといいですか?」

後輩「って……男さんが、ハーレムをお作りになってる」

男「おい待てこら」

400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:46:01.25 ID:mhx7J5xRO

………

男「…なるほど、だいたいの事情は解った」

会長「すまない、元は私が…」

男「いえ、元はといえば俺が勝手にやめちゃったのが原因ですから…」

お嬢様「そうですわ」

幼馴染「お願いだからちょっと黙ってて」

………

後輩「それにしても、生徒会長さんも可愛いところがあるんですね」

会長「…っ!?」

男「ですね。料理したり、俺にお願いしにきたりだなんて…」

会長「…っ!///」

403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:53:11.64 ID:mhx7J5xRO
会長「ち、違う、私は…!」

ポニテ娘「顔真っ赤じゃない…」

お嬢様「二十日大根みたいな色ですわ」

彼女「もうちょっと他に例えは無かったんですか…?」

会長「み、見ないでくれ…///」

………

男「んで、後輩も同じような感じか」

後輩「私のはそこまで酷くないとは思いますけどね…」

後輩「単純に相談しに来ただけですし」

405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 19:59:56.16 ID:mhx7J5xRO
男「…ははっ」

幼馴染「?」

お嬢様「何がおかしいんですの?」

男「…いや、…君の言うとおり、だったか」

彼女「…にっ!」

男「なるほど、ね」

ポニテ娘「…変なの」

………

男「…なぁ、俺、もっかいやろうかな」

彼女「…『お節介』ですか?」

男「…うん」

407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 20:04:26.32 ID:mhx7J5xRO
男「…しばらくはやめられなさそうだしな」

彼女「…ですね」

男「また、俺の帰る時間が遅くなりそうだけど…」

彼女「合わせます」

男「…いいのかよ?」

彼女「…やっぱり、『お節介』も含めて、貴方は貴方ですからね」

男「あぁ、違いない」

410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 20:12:19.20 ID:mhx7J5xRO
~数週間後~

~昼休み 図書室~

彼女「…で、それからみんなは?」

男「…頑張ってるよ、それぞれの相手とね」

男「あーぁ、結局彼女が出来てもあんまり変わらんかったなー…」

彼女「…ですね」

男「ま、いっか」

男「こーいうポジションも、悪くない」

413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 20:17:25.53 ID:mhx7J5xRO
男「なぁ」

彼女「…はい?」

男「ありがとな」

彼女「…はい」

男「……」

彼女「…にっ!」