1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 19:09:20.01 ID:ADtEpSkBO
シャル「どうしてなの一夏」ムスッ

一夏「どうしてって・・・俺に聞かれてもな」

シャル「僕は腹黒くないし、あざとくもないよ。どういうことなの!」

一夏「だ、だから俺に言われても」

シャル「しまいにはビ  とまで・・・ひどいと思わない!?」

一夏「そんなこと誰に言われたんだ?」

シャル「直接は言われないけど・・・みんなが裏で僕の悪口言ってるの!」

一夏「みんなって」

シャル「とにかく、僕は怒ってるんだからね!」

引用元: シャル「僕が腹黒いという風潮」 



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 19:19:16.70 ID:ADtEpSkBO
シャル「あざといことなんてないのに・・・!」

一夏「・・・こないださ」


一夏『見たい映画があってさ。今度の日曜みんなで行かないか?みんな暇ならいいんだけど』

シャル『このあとみんなで集まるからみんなにきいておくね!』


一夏「ってことがあっただろ?そんで結局シャルしか空いてなくて二人で映画見に行ったじゃん」

シャル「うん」

一夏「その後みんなに聞いてみたらさ、映画にいくなんて知らなかったって」

シャル「みんな予定があるって言うから映画のことは言わなかっただけだよ?」

一夏「・・・」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 19:26:18.76 ID:ADtEpSkBO
一夏「・・・みんなで訓練してたらしいんだけど」

一夏「言い出しっぺのシャルは来なかったって」

シャル「僕もあの映画見たかったから訓練に行くのやめたの」

一夏「・・・俺が映画誘ってからみんなで訓練しようって言ったんじゃないのか?」

シャル「そんなことするわけないでしょ?」

一夏「でも聞いた話だと」

シャル「ひどいよ・・・一夏まで僕のこと嘘つきだっていうの・・・?」ウルウル

一夏「ご、ごめんそういうわけじゃなくって」

シャル「・・・ぐすっ」ウルウル

一夏「ごめんってば!ほんとそんなつもりじゃ、このとーり」ペコペコ

シャル「・・・じゃあこれから一週間放課後付き合ってくれたら許したげる」

一夏「わかった!なんでもするよ」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 19:31:50.42 ID:ADtEpSkBO


一夏「・・・駄目でした」

鈴「あんたって人はー!」

セシリア「一夏さんはシャルロットさんに甘いんですわ!」

箒「情けない!」

一夏「でも・・・俺にはほんとにシャルが腹黒いとは思えないんだよな」

セシリア「騙されているんですの!」

鈴「そんなこともわかんないの!?」

一夏「でもなあ」

箒「その根性を叩き直してやる!」ジャキッ

一夏「まっ、落ち着け箒!」

鈴「あたしも手伝うわ!」ジャキッ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 19:36:19.76 ID:ADtEpSkBO


一夏「いてて・・・あいつら加減ってものを・・・」フラフラ

シャル「一夏!?ど、どうしたのその傷、先生呼んでくる?」

一夏「いつものことだから・・・いてっ」

シャル「じゃあ僕が手当してあげるから、歩ける?」ギュッ

一夏「ありがとう・・・シャルは優しいなあ」



一夏(本気で攻撃してくるあいつらより・・・)

一夏(例えほんとに腹黒いとしても優しくしてくれるシャルのが俺は好きだな)


終わり