1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 01:22:49.66 ID:ase4uwn10
七咲「なったらどうします?」

橘「え、え~と?」

七咲「例えばの話ですよ、例えばの」

橘「そんなこと急にいわれても……」

七咲「……わかりました。視点を変えましょう」

七咲「これは先輩の妄想力を試すテストです」

橘「な、何だって!?」ピクッ

七咲「高得点ならご褒美に……」

橘「待って!そこから先はいわないで!」

七咲「え?」

橘「それこそ妄想させてよ!ご褒美を!」

七咲「……ですよね」


引用元: 橘純一「な、七咲が記憶喪失に!?」 



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 01:27:58.85 ID:ase4uwn10
七咲「で?私が記憶喪失になったらどうするんです?」

橘「う~ん、記憶を取り戻させる為に色々やってみるかな」

橘「……例えば~」

ガサゴソ

橘「あった、あった」

橘「これを着たら何か思い出すんじゃないかな、と」

七咲「なっ……何で先輩が女子の水着持ってるんですか!?」

七咲「し、しかもこれ塚原先輩の水着じゃないですか!?」

七咲「……何やってんだ!この変 !」

橘「ち、違うんだ!僕の話を聞いてくれ!」

七咲(どんな弁解をしてくれるのかな?)

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 01:34:07.02 ID:ase4uwn10
橘「これはね、さっき森島先輩から渡されたんだ」

七咲「……意味がわかりません」

七咲「どういうことですか?」

橘「さっき森島先輩が息を切らせながら僕のところに走ってきてね」


ーー
ーーー
森島「た、橘君!お願い!何も聞かないでこれを預かって!」

森島「私、追われてるから……それじゃあ!」ダッ

塚原「はるかー!待ちなさい!」
ーーー
ーー


橘「みたいな」

七咲「ま、ますます意味がわからないですよ!?」

橘「……僕だって意味がわからないよ」

橘「でも、預からない訳にはいかないだろ?」

七咲「この人は……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 01:40:15.28 ID:ase4uwn10
七咲「と、とにかく!」

七咲「これは私が没収します!」

七咲「あとで塚原先輩に返しておきますから」

橘「だ、ダメだよ!」

橘「それは僕が森島先輩から託されたものなんだ!」

橘「そんなことされたら僕と森島先輩との間の信頼関係が崩れ去ってしまうよ!」

七咲「だからといって、見過ごすわけには」

橘「……他の水着」

七咲「え?」

橘「代わりに他の水着を差し出せば、森島先輩も許してくれるかもしれない!」

七咲「は、はぁ!?」

橘「だ、だから七咲!僕に七咲の水着をくれないか!?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 01:45:29.11 ID:ase4uwn10
七咲「ど、どうしてそうなるんですか!?」

橘「……わかったよ、七咲」

橘「そうやって僕と先輩との関係をソエンにしてしまえばいいさ」

七咲「は、はぁ」

橘「うん、七咲は何も間違えてないよ」

橘「不適切なのは僕と先輩の関係だったね……」

七咲「わかりました!わかりましたから!」

七咲「私が一肌脱げばすむ話なんですね!?」

橘「ほ、本当に!?」

七咲「もうこんな力技禁止ですよ!?」

七咲「あと先輩との不適切な関係って言い回しをやめてください!」

七咲「……アダルトな感じがするので」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 01:53:16.25 ID:ase4uwn10
七咲「……はい、どうぞ」

スッ

橘「い、いやっほおおおおおおう!七咲の水着だ!」

七咲「ぜ、絶対に変なことに使わないで下さいよ!?」

七咲「変なことにつかったら……絶交ですからね!?」

橘「わ、わかってるよ!」

橘「間違えても『な、何て伸縮性だ……サイヤ人のバトルスーツか!?』とかやらないから!」

橘「それと『スク水ってこんな味なのか……夢も何もあったもんじゃないな』とかやらないよ!?」

七咲「ぐ、具体的なのやめてください!バカなんじゃないですか!?」

橘「お、落ち着いて!?冗談だよ?」

七咲「先輩の冗談は冗談に聞こえません!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:02:24.29 ID:ase4uwn10
七咲「……何の話してましたっけ?」

橘「記憶喪失の七咲に水着を着せてみよう!って話だよ」

七咲「余計な一言をつけないでください」

七咲「……真面目に答えてくださいね?」

七咲「私が記憶喪失になったらどうするんですか?」

橘「水着は我ながらいいアイディアだと思ったんだけど」

橘「う~ん、そうだなぁ」

橘「……美也と紗江ちゃんにも協力してもらおうかな」

橘「僕一人で何かするよりもいいと思うし」

七咲「……真っ当なところできましたね」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:13:09.11 ID:ase4uwn10
橘「あの二人なら僕の知らない七咲を知ってるだろうし」

橘「きっと早く回復するはずだよ」

七咲「……先輩?」

橘「何?僕の完璧な対応にびっくりした?」

七咲「つまらないです!」

橘「えぇ!?」

七咲「何で斜め上の発想をしてくれないんですか!?本当に橘先輩なんですか!?」

橘「真面目に答えろっていったのは七咲じゃないか!?」

七咲「真面目に斜め上なのが先輩の持ち味です!」

橘「何てことだ……何だか僕がスゴくダメな人みたいじゃないか」

七咲「……今更何を言ってるんですか?」

橘「……ですよね」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:20:23.91 ID:ase4uwn10
橘「……じゃあさ、逆に聞くけど」

七咲「何ですか?」

橘「七咲は僕がメロンパンになったらどうする?」

七咲「……またわけのわからないことを聞きますね」

橘「しかもメロンパンになってしまった僕を、残虐仮面超人絢辻詞が一口サイズにちぎって梅原の口に詰め込もうとしてるの」

橘「七咲ならどうする?」

七咲「どうしようもないじゃないですか、それ」

橘「はい、死んだ!」

七咲「え?」

橘「クールを通り越して冷血なスポーツ少女に見捨てられたせいで僕死んだよ!」

七咲「や、やめてください!人聞きの悪い!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:27:57.54 ID:ase4uwn10
橘「……助けてよ」

橘「哀れな僕を助けてくれよ!七咲!」

七咲「助けます!助けますから!」

七咲「そういう、今にも泣きそうな目で私を見ないでください!」

七咲「……そうですね」

七咲「私が食べてやりますよ、先輩を」

橘「え?」

七咲「残虐裏表超人絢辻詞の手から先輩を奪い取り!」

七咲「私が食べてやります!」

橘「た、食べられたら僕が死んじゃうじゃないか!」

七咲「大丈夫ですよ?」

七咲「先輩は私の身体の一部となって、永遠に生きるのですよ……ふふふ」

橘「怖いよ……怖すぎるよ……」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:36:46.95 ID:ase4uwn10
橘「……例えの話はもうやめよう」

七咲「……ですね」

橘「七咲?今僕らに差し迫ってる問題が何かわかるかい?」

七咲「……生命の危機?」

橘「そうだね、これはもうダメかもしれないね」

七咲「せ、先輩がいけないんですよ?わけのわからないことを言い出すから、いけないんです!」

橘「七咲だってノリノリだったじゃないか!」

七咲「……言い合いはもうやめましょう」

橘「そうだね……それよりも」

橘・七咲「逃げなきゃ!」

絢辻「橘君!?誰が残虐仮面超人だって!?」

絢辻「それとそこのあなた!その男に何を吹き込まれてるの!?」

絢辻「……ま、待ちなさいよ!待って!……逃げんな!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:47:30.04 ID:ase4uwn10
絢辻「さて、どうしてくれようかな?」

橘「……七咲は見逃してあげてくれないかな?」

七咲「い、いえ!先輩を見逃してあげてください!」

絢辻「……わかったわ、私も鬼じゃないからね」

絢辻「……二人は同じお墓に埋めてあげるわ」

橘「ははっ……絢辻さんは優しいなぁ!」

七咲「先輩、ずっと一緒ですよ?」

絢辻「……こんなときにまでイチャイチャしないでよ、腹立つ」

絢辻「はぁ……私も二人の会話を盗み聞きしてて悪かったわよ」

絢辻「……いいわ、次の言葉を大声で復唱したら許してあげる」

絢辻「絢辻さんは裏表のない正義超人です」

絢辻「はい、復唱」

橘・七咲「あ、絢辻さんは裏表のない正義超人です!」

絢辻「……よろしい」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:59:26.31 ID:ase4uwn10
橘「……怖かったなぁ」

七咲「……怖かったですね」

七咲「ゾックめ」ボソッ

絢辻「だ、誰がゾックよ!?」

橘「ま、まだいたの!?」

七咲「絢辻イヤーは地獄耳ですね」

橘「……デビルマン?」

絢辻「だからね、人を悪魔扱いしないでよ……私だって傷つくからね?」

絢辻「……もう帰る」

橘「……ま、待ってよ!絢辻さん!」

七咲「あ、先輩……」

七咲「……浮気者め」



おわり

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 07:18:32.38 ID:Hru0Sd5uO
 

純一「なぁ梨穂子」

梨穂子「なぁに?純一」

純一「プールいかないか」

梨穂子「えー寒いからやだよ~」
純一「今僕は無性に泳ぎたいんだ。じゃあ温水プールなら文句はないだろ?」

梨穂子「で…でも……」

純一「あーわかった。また梨穂子太ったから水着はいら」

梨穂子「あーーーうるさい!いいよ!行こうよ温水プール!純一のいじわる!」

純一「お、怒るなよ。じゃあ次の土曜日、約束だからな」

梨穂子「う………うん」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 07:25:00.70 ID:Hru0Sd5uO
純一「ただいまー美也いるかー?」

美也「おかえりーにぃに!なんか用?」

純一「美也、僕の水着知らないか?」

美也「えーなになにぃ~プールいくの?こんな寒い季節ににぃに頭おかしくなっちゃった?」

純一「違うって!温水プールに行くんだよ。」

美也「うわぁ~いいなぁ~!みゃーもつれてけー!!!」

純一「ああ、いいよ。それじゃあ水着しまってあるとこ教えてくれ」

美也「やったあぁ!!!(水着新調しちゃおっかな)」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 07:34:48.72 ID:Hru0Sd5uO
まぁよい

純一「あ、でも梨穂子も一緒だからな」

美也「え、あ、りほちゃんも一緒なんだ」

純一「ん?なんか問題でもあるのか?」

美也「ううんなんでもない!(りほちゃんナイスバデーだからなぁ……)」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 07:43:38.39 ID:Hru0Sd5uO
 


土曜日


純一「ようし!待ちに待った土曜日だぞ!今日はいっぱい楽しむぞおおお」

美也「にぃに朝からうるさいよ。どうしてそんなにやる気なの」

梨穂子「美也ちゃーん!純一~!おはよー」

純一「遅いぞ梨穂子!」

梨穂子「あはは…冬の布団は吸引力抜群で……」

美也「まぁまぁにぃに、落ち着いて落ち着いて。ま、外は寒いし早くプール入って暖まろうよ!」

純一「そうだな!なにせここにはワイン風呂や蜂蜜風呂もあるしな!」

梨穂子「えー蜂蜜風呂!?」

純一「いいか梨穂子、飲むなよ?」

梨穂子「もう!わかってるよ!」

美也「あはは!じゃ、レッツゴー!」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 07:51:54.27 ID:Hru0Sd5uO
係員「ではこちらの鍵をどうぞ。更衣室は突き当たりにございます。」

純一「どうも!よぉし梨穂子と美也の鍵はこれだ!じゃぁまた後で」

美也「はーい。じゃありほちゃん!一緒に着替えよ?」

梨穂子「うん、わかった」


~女子更衣室~

美也「りほちゃんは今日は水着どんなの?」

梨穂子「去年買ったやつだよ~たぶん……着れると思う」

美也「あーどうだろうねー随分とここは成長してるしなぁ~にしし」モ ッ

梨穂子「ひゃ!美也ちゃんこんなとこで触らないで」

美也「もう!羨ましいなこのこの!」

梨穂子「着替えられないよ~!」

美也(みゃーは全然成長してないな……)

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 07:58:41.05 ID:Hru0Sd5uO
美也「ご利益が私にも出るよういっぱい触っておいたよにしし」

梨穂子「ご利益なんてそんなのないよ~!」

美也「にしし~!さーて着替え着替え♪」ヌギヌギ

梨穂子「うん、そだね」ヌギヌギ タユン

美也(うわっ服の上からしか見てなかったけど)

梨穂子「脱ぎにくい……」ボインボイン

美也(これは胸にお尻があるみたいだよ……)ガーン

梨穂子「うーん去年はちゃんと着れたのに……ううっ」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:05:11.08 ID:Hru0Sd5uO
プールサイド

純一「いっちにいっちに」

美也「にぃに~お待たせー」

純一「!?きたか!?」

美也「うん、というかみゃーはもう中に着てきたからさー」クルリ

純一「り、梨穂子は?」

美也「りほちゃんはまだ着替えてるよ~ってにぃに!せっかくの水着に感想はないのかな!」

純一「あ、ああそうか。似合ってるよ、そのビキニうん。可愛いと思う」キリッ

美也「(うひゃー!!!)」

梨穂子「お待たせ~…また遅れちゃった」

純一「梨穂子遅いじゃないk」

梨穂子(うう、胸が苦しい………)ムッチリ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:12:59.54 ID:Hru0Sd5uO
純一「」

美也(うわっ!りほちゃんちょっとこれは!)

梨穂子「やっぱりちょっとサイズあってなかったかな………」

美也(あってないどころじゃないよ。こぼれそうだよ………)

美也「ってにぃになんでしゃがんでるの?」

純一「屈伸運動だよ。こっちむかないでくれ。」

梨穂子「あ、プール前には準備体操だよね~!美也ちゃんも一緒にやろうよ」

美也「うん、そうだね~じゃあまずは屈伸運動からね!」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:24:01.56 ID:Hru0Sd5uO
美也「屈伸運動行きまーす!いっちに!さんし!」

梨穂子「いっちに」ボインボイン

梨穂子「さんし」ブルンブルン

美也「ごー…ろく…しち…はち」
梨穂子「ごーろく、しちはち」ポヨンポヨン

純一「」

美也「にぃに、どうしてタオルを腰に巻いてるの」

純一「しっ!ちょっと静かに」

美也「にぃにの変 !!!」バッ

純一「うわあああタオルを取るなああああ!」

梨穂子「純一~!プールサイドでうつ伏せは痛いよ~!」

美也「準備体操終わるまでタオルは没収だからね!そこでおとなしくしててよ!」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:25:46.02 ID:Hru0Sd5uO
純一「そんな!これじゃあよく見れないじゃないか!」

美也「ふーんじゃあ何を見てたのにぃに?」ジロ

純一「実にいいプールサイドだ!水はけがとてもいい!材質はなにかな!」

梨穂子「あはは、なにそれ~!純一は面白いね~」

美也「もう!あっちで準備体操しよっりほちゃん!」

梨穂子「あ、うん。美也ちゃんまって~」プルプル

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:32:21.98 ID:Hru0Sd5uO
美也「よし、ここまで来ればもう大丈夫」

梨穂子「純一まだプールサイドでうつ伏せだよ……?」

美也「ああ、大丈夫大丈夫にぃにはプールサイドフェチなんだよ」

梨穂子「え………えぇ~…それはどうなの…」

美也「(みゃーにもきかないで!)とりあえず仕切り直しってことで準備体操しよ!にしし」

梨穂子「う…うん、そうだねー」

いっちにさんし

DQN男A「ねぇあそこにいる2人可愛くネ?」

DQN男B「ああ、あれはホットだな。とくにあのスレンダーなほうたまんねぇ」

DQN男A「よし、今日はあの子たちナンパすっゾ」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:42:11.74 ID:Hru0Sd5uO
美也「いっちに」

梨穂子「さんし」

DQN男A「あのーすいません、ちょっといいですカ?」

梨穂子「?」

DQN男B「(うわっ!こっちも可愛いぞ…これはあたりだな)」

DQN男A「実はー僕ら2人、友達探してて~友達が迷子になっちゃったんですヨ」

美也「へ、へぇ~…そうなんですか…」

DQN男B「」ニコニコ

DQN男A「8歳くらいの姪なんですけどネ、困ってるんでス。今ごろどこかで泣いてるワ」

美也「あ~そうなんですか…じゃ、じゃあ係員さんに行ったほうが」

DQN男B「いや、本当に困ってて、ぜひお姉さんに助けてほしいんすよ。頼んます。」

梨穂子「私、あ、でも、う」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:47:49.94 ID:Hru0Sd5uO
DQN男A「それじゃあわかった、せめて、せめて係員さんとこまで案内してほしいナ俺たち方向音痴でサ」

梨穂子「うう……どうする美也ちゃん…」

美也「じゃ、じゃあ…案内するだけなら……」

DQN男B「まじか!いやぁ助かった!助かった!早速案内頼むよ!」

梨穂子「あ、ちょ、純一が…」

美也「にぃにどうしよう……」




純一「遅いなあ…プールサイド硬い……」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 08:57:53.22 ID:Hru0Sd5uO
DQN男A「いやーそれにしても、君 おっきいネ~~何   ぐらいあるノ?」

梨穂子「え……」

美也「ちょっと!そういうのセクハラですよ!人またせているので行くなら早く行きますよ」

DQN男B「まぁそんなに怒んなって。君、水着可愛いね~細い君によく似合ってるよ~」ナデナデ

美也「さ、触らないでください」

梨穂子「やめてください!」バッ

美也「りほちゃん……」

梨穂子「い、い、嫌がってる……じゃないですかぁ…」

DQN男B「あーあーごめんねごめんね。つい可愛いくてさアハハ…」

DQN男A「こいつは手が早くてサ、俺からもごめんナ」


美也「ごめんね、りほちゃん。はやく案内してとっととにぃにんところ戻ろう」コショココショコ

梨穂子「う、うん…」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 09:04:06.46 ID:Hru0Sd5uO
DQN男A「あ、ちょっと寄り道いイ?シャワールームにケータイ置いてきたっぽいワ」

DQN男B「うわっ俺もだワ(笑)」

DQN男A「こりゃ、やばいナ、個人情報とナ」

DQN男B「個人情報満載だもんな~」

美也「わかりましたよ、シャワールームまで案内します。早く取ってきてくださいねっ!」ムッ

梨穂子「……」

DQN男A「いやー助かるヨ!あれがないとマジやばいからナ、ホント、ホント」

DQN男B(さ~て勝負にでるか)



純一「くそっ…まだ収まらない……」ペター

85:   2012/01/23(月) 09:13:00.72 ID:Hru0Sd5uO
~シャワールーム~

ガチャ

美也「ここがシャワールームですよ(方向音痴にもほどがあるよ!なんなの!)」ムスッ

DQN男A「よし誰もいないナ」

梨穂子「え……」

DQN男B「いやーそれにしても君たちって本当に可愛いなぁ!」

美也「な、なんなのあんたたち……」

DQN男A「なぁ、俺たちとちょっと遊ばネ?優しくすっからサ」ギュッ

梨穂子「や…やめて……」

美也「ちょっと!りほちゃんの腕離してよ!」フシャー

DQN男B「まぁまぁそうどなんなって、きっと気持ちいいぜ」サワサワ

美也(うぎゃああ腰に腕を回された!)

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 09:15:38.91 ID:Hru0Sd5uO
美也「ちょっと!離してよ!」ガブッ

DQN男B「うぎゃっ!いてぇ!」

DQN男A「あ、このクソあま…!」

美也(ぶたれる)

?「ちょっと待った!!!!」

DQN男A・B「!?」

梨穂子「あ、あれは」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 09:23:17.53 ID:Hru0Sd5uO
ピュア「俺の名は怪盗ピュアナンバーワンだ!」

美也「にぃに水泳帽顔に被ってなにやってんの」

ピュア「だっ…だれだそのニイニとかいう紳士は!い…意味がわからない!」

梨穂子「純一…た……たすけて……」

ピュア「よし!今行くぞ!食らえ!塩素ブロックアタック!」

DQN男A・B「うわっ!目が!」

ピュア「行くぞ!俺の手を話すなよ!!!」ギュッギュッ

梨穂子「ひゃっ」

美也「あっ!にぃに!」

ピュア「逃げろお!!!」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 09:30:37.35 ID:Hru0Sd5uO
ワイン風呂

三人「はぁはぁ…」

美也「もう!にぃに!遅いよ!どーしてもっと早い来てくれなかったの!?」

純一「う………仕方ないだろ……。あそこが立てばこちらが立つ。男の世界は難しいんだからな」

梨穂子「う、純一……こ…怖ったよぉ……」ボロボロ

純一「わっ!わっ!?わ、悪かったよ!悪かったから梨穂子泣かないでくれ」

美也「……ぎゅ」

純一「美也?」

美也「ばかにぃに、みゃーも怖かった…」

純一「わかった、わかったよ。2人とも怖かったな…。せっかくの温水施設だ、まずはワイン風呂入ろう。ね?」

梨穂子「ぐすっ…ブドウのいい匂いだねぐすっ」スンスン

純一「あははそうだなぁいい匂いだ」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 09:40:14.76 ID:Hru0Sd5uO
純一「あははー真っ赤で本当にワインの中にいるみたいだぁー」

美也「…」

梨穂子「…」スンスン

純一「なんだか酔っちゃいそうだなぁーあはは」

美也「…」

梨穂子「…」スンスン

純一「腕にしがみつかれてる……動けない……」

美也「にぃに、こっちは怖い思いしたんだからね!これくらい男の役目だよ!」

梨穂子「純一……もう少しこうしててもいい?すごく安心するんだぁ~…」スンスン

純一「わかったよ、梨穂子が言うなら仕方ない。梨穂子、もう少しこっち来ていいよ」

美也「…みゃーもいく……」ギュッ
梨穂子「う……うん…」ポヨン

純一(ひ、左腕に危険物あり!!!)

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 09:50:10.21 ID:Hru0Sd5uO
純一(右腕側は……)

美也「?なに?」

純一(これはまぁ危険とは程遠いな)

美也「あ!今すっごく失礼なこと思ったでしょ!」

純一「ギクッ」

美也「どうせにぃにはりほちゃんの●●●●に釘付けだもんねー!」

梨穂子「えっ、ええええ!あ………純一の●●●」

純一「いや、違っ、というか押し付けたのは梨穂子お前」

美也「にしし、みゃーの微 を見下した罰なのだ!でも!りほちゃんの●●●●はみゃーから見ても魅力的なのだー!」モ ッ

梨穂子「あん、も~!美也ちゃんっば!」

純一「」

梨穂子「純一も助けてよぉ~!」

美也「あはは冗談、冗談、ってアレ?りほちゃん…水着……」

梨穂子「ほえ?」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 10:12:02.68 ID:Hru0Sd5uO
登場人物の口調がダブりはじめちゃってさ……


美也「りほちゃん!!!」

梨穂子「ふえ?」

美也「とりゃっ」ギュッ

梨穂子「きゃ!美也ちゃん?いきなり抱きついてどうしたの~?」

美也「周りに人はいない?」ギュッ

梨穂子「う、うん。純一がいるけど……抱き締め合うってなんか恥ずかしいね~…エヘヘ」

美也「りほちゃん……落ち着いて聞いてほしいんだけど」

梨穂子「?」

美也「りほちゃんの水着の上がない」ボソッ

梨穂子「ええ!!!うそだあ!!!あ!!」

純一「?どうしたんだ梨穂子。美也と相撲か?」

梨穂子(ほ、ほんとにないよおおおお)

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 10:18:08.03 ID:Hru0Sd5uO
美也「幸いここはワイン風呂。お湯は赤く濁っててにぃにからはよく見えない」ボソボソ

純一「ほらきたどうしたどすこいどすこい!!!」

美也「逆に何処かへ行った水着はこのお湯のせいでよくわからない諸刃の剣。」ボソボソ

純一「のこった!のこった!」

美也「でもこの体勢で探すしかない。一緒に探そ?」ボソボソ

梨穂子「うん…わかった……。美也ちゃん、絶対絶対離さないでね?」

美也「うん、絶対離さないよ」にしし

純一「それいけ!梨穂子の海!おせっおせっ寄り切り!」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 10:27:36.75 ID:Hru0Sd5uO
美也「まずは吸水溝だよ!みゃーは両腕が使えないからりほちゃんが探して」

梨穂子「うん…わかった~…。美也ちゃんと抱き合ってまるで美也ちゃんはコアラさんみたいだね~フフ」

美也(りほちゃんのんきすぎるよ!!)

純一「梨穂子が動いた!!押せ梨穂子!押すんだ!」

梨穂子「美也ちゃん、お風呂の端に着いたよ」

美也「よぉうし、じゃあ後は足で探って水着を見つけるだけだよ」

純一「なんだこの布」

美也「にぃにに見つかる前に見つけてのぼせる前に出よ?」

純一「なんか見たことあるなこれ」

梨穂子「う、うんそうだね…」

純一「一応キャプチャーしておくか」

美也「にぃに、そのイカスアイマスクどうしたの?」

純一「拾った」

美也「そっかぁ」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 10:37:18.91 ID:Hru0Sd5uO
梨穂子「うーん……吸水口吸水口ないなぁ~…」アセアセ

美也(ああ、みゃーの目の前でマシュマロさん目の前がモニュモニュしてるよ……)

梨穂子「吸水口…吸水口…きゃあ!」ツルッ

美也「ハブッ息できなっ」

ザッバーン!!!

純一「!!!お、おい大丈夫か!」

美也「ブクブク……」

純一「美也!」

梨穂子「いたた…尻餅ついちゃった……」

純一「梨穂子も大丈夫k」

美也「ブクブク……はっ!りほちゃん!!!」

梨穂子「!?」

美也「」

純一「」

梨穂子「きゃああああああ純一見ないでええええ!!!」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 10:41:32.51 ID:Hru0Sd5uO
純一「………うわあああごめん!!!見てないアイマスクしてたから桜色なんて見てないよ!」

美也「あ~~~~~!!!」

純一「えっえ何!?」

美也「に~~~~ぃに~~~!!!!アイマスクじゃないよそれ!!!!」

純一「そ、そんな●サイズのアイマスクってここに書いてあ……」

美也「りほちゃんに返しなさい!!!この●●バカ変 にぃに!!!!」

純一「ご、ごめえええええん!!!」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 10:54:33.08 ID:Hru0Sd5uO
梨穂子「純一に見られちゃった……もう純一に貰ってもらうしかないよ……」ブツブツ

美也「にぃに!にぃにのせいでまた梨穂子ちゃんショック受けちゃったよ!」

純一「またって……まぁそうか……僕のせいか……うん……。
梨穂子……ごめんな……梨穂子のこと今日は散々な目にあわせてさ……。」

梨穂子「もう……許さないだから~…こんどパフェ奢るなら……許す……」

純一「ああ、ほんとに悪かったと思ってる。でもいいのか、怠けなりにダイエットしてたんだろ?…」

梨穂子「…純一はさ…私の体型とか……どう思う?」

純一「僕は……僕は……梨穂子がどんな体型であっても梨穂子は梨穂子だと思う」

純一「太っててもいい。体型なんてどうでもいいんだ。」

純一「大切な梨穂子が笑っていてくれるなら……さ」

梨穂子「じゅん……いち……」

美也(は……会話に入れないよ~!)うにゃー

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:06:35.47 ID:Hru0Sd5uO
いいだろう…そこまでいうならやってやるやってやるぜもしもしなめんな



美也「おおーなーんだかウォータースライダーとかやりたいなあ!!!みゃーは!」ピョンピョン

純一「な、なんだよいきなり」

美也「だからウォータースライダーだよにぃに!早くてジャバーってやつ!やりたい!」

純一「ウォータースライダーねー…僕早いの苦手で」

梨穂子「私も…苦手かな…あはは」

美也「あーっもう!2人ともだらしないなぁ!ここのは日本一でっかいウォータースライダーなんだよ!」

美也「こんな機会ないよ!記念でもいいからやろうよ!」ピョンピョン

梨穂子「うー…でも速いのはな~…」

純一「美也がそこまで言うなら」

梨穂子「あー!純一~!純一の裏切りもの~!!」

美也「にしし~じゃ!きまりだね!早くいこっ!」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:14:44.06 ID:Hru0Sd5uO
ウォータースライダー

梨穂子「うわぁ……おっきいよ純一ぃ~」

美也「にぃにまた屈伸運動?」

純一「そうだな、梨穂子。流石は日本一のウォータースライダーだ…これはすごいな……」

美也「これはみゃーもテレビで見たより凄くってビックリだよ~」ワクワク

美也「よぉ~し!じゃあ早速乗り物借りてこようよ~!」ドキドキ

純一「お………おう、わかった」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:24:22.57 ID:Hru0Sd5uO
美也「と、いうことで乗り物借りてきたよ!」

純一「これ、座る所1つしかないぞ?」

美也「これは1人が座ってその足の間にもう一人が座るんだよ」

梨穂子「へ~」

美也「にぃには変 だから前ね」

純一「ええ!それはもう決定事項なの!?」

美也「当たり前じゃん、りほちゃんにセクハラしたら大変だからね!」

純一「ん?ちょっと待てよ?2人しか乗れないってことは」

梨穂子「純一は2回乗るんだよ~」

純一「」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:29:34.54 ID:Hru0Sd5uO
純一「いや梨穂子待って!僕はこういう絶叫ものは苦手なんだ!2回乗るのは美也に任せたほうが…
そもそも男は内臓が一部外に出ているから絶叫物が苦手なのは無理もない話で」

美也「も~この鈍感にぃに!!!いいからりほちゃんと乗ってくる!次はみゃーとなんだから」

純一「う………わかった……」ゴクリ

純一「梨穂子……いこっか…」

梨穂子「うん…優しくしてね?純一?」

美也「なぜそうなる!!!」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:37:53.83 ID:Hru0Sd5uO
梨穂子「うう…やっぱり怖いよ純一い~」

純一「言うな梨穂子。僕だって怖いさ、でもやるしかないんだ…」

梨穂子「もうダメだよ~既に物凄い高いし……」

純一「よし、ここが入り口か……乗り物に浮かせるから先に乗って」

梨穂子「純一……」

純一「大丈夫、ちゃんと僕の肩にしがみついてるんだ」

梨穂子「うん、わかったよ」

純一「よ、よぉうし!い、いくぞ!」

梨穂子「うん!」

うわあああああああああああ
きゃあああああああああああ
うおおおおおおおおおたまんねえええええ
きゃあああああああああああ
うはははははははははははは
きゃあああああああああああ
ザッバーン

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:47:18.16 ID:Hru0Sd5uO
梨穂子「はぁはぁ…」

純一「あは…あはは…最後は乗り物から投げ飛ばされた…ははは…も、物凄い地獄と背中の天国だったよ…」

梨穂子「も、もうだめ……ぎ……ぎぶ……」ブクブク

純一「うわあああ梨穂子が浮かんでるううううう」



美也「り、りほちゃん大丈夫~?」

純一「中でグルングルン回ったからね、相当目が回ったんだろう」

梨穂子「うーん、もうダメだあ~…2度と乗りたくないよ~……」

純一「大丈夫か?具合は良くなったか?」

梨穂子「うん~まだ少し目が回ってるけどね…美也ちゃんと純一の番でしょ?私はいいから行って来て」

純一「わかった。すぐ滑って戻ってくるからここにいろよ?誰かについていくなよ~」

梨穂子「わかったよ~ぉ、いってらっしゃ~い」ヒラヒラ

純一「じゃ、美也いこっか」

美也「うん、りほちゃんいってくるね~」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 11:56:38.38 ID:Hru0Sd5uO
美也「うわぁ高いなぁ~!ワクワクするね!」ウキウキ

純一「そんなはしゃぐなよ~もう少しゆっくり……うお…やっぱり高い……」

美也「もう!にぃにったらいつまでも階段登ってんの!早く早く!」

純一「ウォータースライダーは逃げないぞ、美也」

美也「よーし!到着~♪にぃには後ろね!」

純一「え?僕は前じゃなくていいの?」

美也「えっと…だってさっきは前だったでしょ?それにみゃーは一番前で風を感じたいのだ!」

純一「なんだよそれ、石嶺聡子か」

美也「さ、早く乗って!それとにぃに……美也のこと離さないでね?」

純一「え?あ、うん」

美也「じゃー出発進行~♪」

うわあああああああああああ
きゃあああああああああああ
なにこれすごおおおおおおい
うわあああああああああああ
たのしいいいいいいいいいい
うわあああああああああああ
にぃに声うるさいよおおおお
ザッバーン

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 12:01:54.45 ID:Hru0Sd5uO
純一「ゲホッゲホッ鼻に水が入ったガハッ」

梨穂子「あ、純一おかえりー」

純一「あ、梨穂子、プールサイドまでお出迎えか」

梨穂子「うん、少ししたらよくなったから……あれ、美也ちゃんは?」

純一「あれ?確か一緒に吹き飛ばされて……」

美也「………」

梨穂子「みやちゃん?」

純一「おい美也、なんで乗り物抱えて」

美也「にぃにの変 !実の妹の水着をどさくさに紛れて脱がすなんて信っじられない!」

純一「」

梨穂子「」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 12:07:43.76 ID:Hru0Sd5uO
梨穂子「純一……見損なったよ……」

純一「違う!誤解だ!僕はそんな、脱がすなんて……いやまてよ……そういえば」

~~~~~~~~~~
純一「うわあああああああああああ」ギュッ

美也(うわぁ~にいにの胸板がっががが)

純一「うわあああああああああああ」ギュッグイッ

美也(あっ、にいに、それは水着の私の紐だよぉっ!)

うわあああああああザパーン!!!!

~~~~~~~~~~~~~

純一(あの時引っ張ったのはあわわわわ)

美也「にいに!誰かがくる前に早く探してえええええ」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 12:17:21.51 ID:Hru0Sd5uO
帰りのバス

純一「はぁ今日は散々だったなぁ」

美也「まったくだよ!にいには●●●●が好きだからって脱がすなんて信じられないよ!」

純一「いや脱がすだなんて、というか美也だって梨穂子の脱がしたじゃないか」

梨穂子「あー!蜂蜜風呂入り忘れた!」

純一「プッくふふ、梨穂子らしいな」

梨穂子「ええーなんでよぉ~それ楽しみにしてたのにい!」

純一「梨穂子、今日は時間がなかったんだ、また今度いこう!ね?」

梨穂子「むう…約束だよ」

純一「うん約束だ」

美也「なんやかんやでみゃーは楽しかったよ。また連れてってね、にいに」

純一「うん、また行こうな」キリッ


終わり!

どうだ!ミッションコンプリート!