1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 20:46:35.28 ID:FV4SSS670
フロンタル「ふむ、これは? 6人の女性から好きな子を選択、各個撃破か… これは都合がいい!」

マリーダ「あ… 大佐が拾っておられましたか…申し訳ありません それはマスターの娯楽の1つです」

フロンタル「ジンネマンのか…ならば伝えてくれ、これはフル・フロンタルが預かると」

マリーダ「な… い、いえ わかりました… そう伝えておきます」
マリーダ(マスター落ち込むだろうな…)

フロンタル「タイトルはアマガミ、か… おいアンジェロ、PS2を用意しろ」

アンジェロ「アマガミならば… PSPで出ていたはずです」

フロンタル「いい 作戦の説明は大画面に限る」

アンジェロ「しょ、承知しました…すぐに用意します」

フロンタル「なるほど 一見では、このナカタという子がいいか」

引用元: フロンタル「なに?アマガミだと?」 



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 20:52:15.95 ID:FV4SSS670
アンジェロ「用意いたしました こちらでよろしいですか?」

フロンタル「構わない さがってくれ」

アンジェロ「はっ…」

フロンタル「ふむ、始まり方は普通の恋愛シミュレーションゲームの王道的な流れか…だがこの安定感、悪くない」

~数分後~

フロンタル「よし ここからが本番だ… 私は昔から、どのようなゲームでも全員の好感度をバランスよくあげていた」

フロンタル「しかしもう学習した 二機を追うものは一機を得ず!」

フロンタル「サエ・ナカタにするか…」

紗江『あ、あのぉ そんなに見ないでください…』

フロンタル「ほう… …ナイス」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:03:18.88 ID:FV4SSS670
紗江『シェンパァーイ!』

フロンタル「…ん? まぁいい」

紗江『先輩は私の王子さまなんです』

フロンタル「はっは、参ったな」

アンジェロ(大佐の独り言が聞こえる…)

フロンタル「しかし顔、声のわりには身体的特徴がぬきんでているな そこばかりは私の好みではない」

フロンタル「全キャラクターを一通り様子だけ見てみるか そこから決める」

フロンタル「問題ない、セーブなら40は作れる」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:09:17.98 ID:FV4SSS670
フロンタル「サエ・ナカタは妹系と見せかけてナマイキボディと」メモメモ

フロンタル「よし、次は… センパイ・モリシマでいいか 歳上は好みではない」

フロンタル「いやこの場合は主人公の立場からした年上だ 私からすれば調べるまでもなく年下なのでね」

フロンタル「おっと、名前はセンパイでなくハルカ… ハルカ・モリシマか 私としたことが」

はるか『わお!』
はるか『もう、かわいいなぁ!』
はるか『ダ~メ、どこみてるのー?』

フロンタル「なるほど… こんな先輩がいればネオ・ジオン軍も楽しかったろうに!」

フロンタル「ふむ 年上にして万能、そしてパーフェクトボディ 完璧な人間として仕上がっているな…」

フロンタル「ハルカ・モリシマ…か」メモメモ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:15:14.86 ID:FV4SSS670
フロンタル「次は…おっと、リホコ・サクライ 定番の幼馴染か!」

フロンタル「幼馴染は先にやるべきだな 大半は裏切らないルートになっているはずだ…」

フロンタル「最後にやって思い出補正が付こうものなら、叶うキャラクターがいなくなることすらありうる」

梨穂子『フルー! まってよぉ!』

フロンタル「ふふ、運動不足解消になるぞ!」

梨穂子『わぁ これおいしいねえ!』

フロンタル「私も嫌いではない …おい、ちゃんと答えろ主人公」

梨穂子『私も爪きってあげようか…?』

フロンタル「ほう!?」

フロンタル「…おっと、さすがは幼馴染 危うく「戻れなくなる」ところだったな…」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:22:14.34 ID:FV4SSS670
フロンタル「リホコ・サクライはぽっちゃり幼馴染 なごむ、と」メモメモ

フロンタル「ふむ 今のところ3名とも魅力的なのだが…」

フロンタル「次は…ツカサ・アヤツジ? 委員長的ポジションか、マナカ・コマキを思い出すな」

詞『あーあ…バレちゃったか 別にいいけど』

フロンタル「えっ」

詞『なに? 仕方ないのよ、あたしには考えがあるの』

フロンタル「なるほど」

フロンタル「奥が深いキャラクターだな… 真面目サイドとツンツンデレサイドがある」

フロンタル「しかしネクタイを掴むとは 強気だな…」

フロンタル「おっと、ついニヤけてしまったか… しかし、このマスクはそのためのものだ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:29:13.23 ID:FV4SSS670
フロンタル「もう1年あるだろう!問題ない!!」

アンジェロ「」ビクッ ガコン!

フロンタル「アンジェロ!ドアの前で待つ必要はない 1日休んでいい!」

アンジェロ「は、はい! ありがとうございます…しかし」

フロンタル「…いるのは構わない 物音を立てるな」

詞『それより早く会長になるわ』
詞『内申点が入るからよ』

フロンタル「…ふむ、プランがあるのだな 上に立つ人間に必要な器だ」

フロンタル「真面目だけど裏もある 実は努力家、上に立つべき、と」メモメモ

フロンタル「ふぅ… あと2人か 次はカオル・タナマチにするか」

フロンタル「見たままでは…ギャルか 気が進まんな…」

フロンタル「いやしかし、そうでない可能性も否めない 今までもそうだったからな」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:35:53.14 ID:FV4SSS670
薫『いや別に…ていうかあんた、言うんじゃないわよ?』

フロンタル「…普通にいい子だな よし」

薫『なによぉ、ノリ悪いわね!』

フロンタル「すまないな 大人はハメを外しすぎるわけにはいかない」

薫『うわ…ちょっと、おへそって…』

フロンタル「ありがとう 元気が出たよ」

薫『ねえねえ!タワーでイベントあるんだって!いこうよ!?』

フロンタル「問題ない シナンジュでひとっ飛びだ」

フロンタル「…ふむ、参ったな もう1人いるというのに 未だに選べそうにない」

フロンタル「えーと、モジャ子…? まぁいい サバサバ、幼馴染2 ※ギャルじゃない! …と」メモメモ

フロンタル「最後はアイ・ナナサキか」

フロンタル「ゆかなだと!? たまたまだが、最後にゆかなとは 都合がいい!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:43:27.79 ID:FV4SSS670
逢『あぁ、あまり揉むことに集中するとぼーっとしちゃったりしますよね』

フロンタル「何を言っているんだ ゲーム内時刻でもまだ16時と言ったところだぞ」

逢『基本的に水泳部の見学はしないでくださいね』

フロンタル「してほしい、という遠まわしなお願いか …いや、違うな」

逢『えっと、海に…』

フロンタル「この時期では泳げまい…」

フロンタル「ふむ、可愛い後輩だな 水泳部ルーキーにして時期エース候補 こう見えて勉強はあまり得意じゃない、と」メモメモ

フロンタル「…参ったな 選ぶと言っていたが、いつの間にか全員クリアしていたようだ…」

フロンタル「選べんよ…私には… ん!?」

フロンタル「馬鹿な!隠しキャラだと!?」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:52:34.19 ID:FV4SSS670
フロンタル「リサ・カミザキ…? プレイ中は一度も聞かなかった名だ…」

フロンタル「おいアンジェロ! ジンネマン大尉か、あるいはマリーダを呼んでくれ!」

アンジェロ「はい!すぐに!」パァ

フロンタル「隠しキャラか… ふっ、可能性とは混沌だ 不定形であるがゆえに、破滅にも転じやすい」

フロンタル「…まだか、くっ」ソワソワ

ジンネマン「お呼びですか、大佐」

フロンタル「来たかジンネマン 借りているぞ」

ジンネマン「ほう… 俺もあとは隠しだけなんですよ、大佐」

フロンタル「なに!? して、その手段は分かっているのか?」

ジンネマン「ええ、少し酷ですが… 大佐なら耐えられるはず」

フロンタル「ええい、構わん!分岐はどこからだ?」

ジンネマン「分岐と言うか不確定ですが…」ボソボソ

フロンタル「ほう!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:58:59.02 ID:FV4SSS670
裡沙『牛乳、飲んでくれたから…』

フロンタル「…ふむ… なんといえばいいかな…」

ジンネマン「どうしました、大佐 可愛いじゃないですか」

フロンタル「ああ 悪くはないのだが この子のために蹴ってしまったモジャ子に申し訳が立たない」

ジンネマン「そういえば、大佐はタナマチ派ですか てっきりナカタかと」

フロンタル「マニュアルを読んだ限りではそうだったな… む? まて、私はタナマチ派というわけではないよ」

ジンネマン「しかし、ここに来るまで勝手に選んでいたのは事実でしょう」

フロンタル「いや、どの子を裏切るのも耐えきれなかったのでね 本心で選択肢を選んでいたらタナマチになっていた」

ジンネマン「それで、どうです? リサ・カミザキは」

フロンタル「やる価値はあった ありがとう」

ジンネマン「いえ 俺も確認できてよかったですよ PS2が壊れてしまっていて、出来ず仕舞いでしたんでね」

フロンタル「そうか… すまなかったな、こういうものは自分でやってこそだろうに」

ジンネマン「なに、少し知るのが早まっただけですよ」

フロンタル「…すまない」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 22:03:26.93 ID:FV4SSS670
ジンネマン「では戻ります 何かあれば呼んでください」

フロンタル「ああ ありがとう」

フロンタル「…しまった、アマガミを返すのを忘れたぞ!」

フロンタル「しかし 最後に気になる件があったな… すまないジンネマン もう1週、もう1週だけだ」

フロンタル「とは言ったものの 全員やったのに、改めて周回するために選べるはずもあるまい」

フロンタル「そうだ 家族サービスも必要なことだろう ミヤ・タチバナの面倒を見てやろう」

美也『ちょっとにぃに!先に食べちゃやだよー』

フロンタル「おっと、妹も悪くないじゃないか 実の妹だったな…さすがに攻略対象では… ん?」

フロンタル「…落ち着け、思い出せ… こんな会話はなかったはずだ…」

フロンタル「可能性の獣…! ミヤ・タチバナ…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 22:08:34.32 ID:FV4SSS670
美也『しってる!? 子猫はねー』

フロンタル「…やはりか、読み通りだな 隠された箱の底に隠れた可能性…」

フロンタル「ミヤ・タチバナルートは存在したのだな」

フロンタル「…さすがは全コロニーが認める妹ボイスだ ほっこりする」ニマニマ

フロンタル「この気持ちか 私は、ミヤ派だったのだな…」

フロンタル「…だが、むなしいな 妹ルートが終わった後の虚無感に耐えられるかどうかがプレイヤーの強さと若さを計る、か」

フロンタル「…妹ほしい もう1回、ミヤ・タチバナルートをやるか」

おわり