1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:11:00.28 ID:s814FV9EO
七咲「ぎゅってすれば…あったかく、なりますよね?」

逢プラス~てとて、ぎゅっと篇~

引用元: 七咲「先輩のて、冷たいですね…」 



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:12:17.88 ID:s814FV9EO
七咲「先輩、ありがとうございます。海岸の清掃、頑張ってくれて」

七咲「先輩のてが冷たいのは…頑張ってくれたから、です」

七咲「先輩」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:13:59.80 ID:s814FV9EO
七咲「私たちが出会ったのも、冬でしたね。忘れてませんよ?去年の、海岸清掃…」

七咲「あの日も、先輩のて、冷たかった…」

七咲「先輩は、あの頃のまま…優しいままです」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:16:18.11 ID:s814FV9EO
七咲「え?名前で…ですか?ふふっ、どうしましょう」

七咲「呼んでほしいんですか?」

七咲「ふふっ、先輩のてが、もう少しあったかくなったら…呼んであげます」

七咲「私のても、ちょっとずつあったかくなってきました」

七咲「先輩のぬくもり」

七咲「ふふっ、何だか恥ずかしいです」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:18:16.42 ID:s814FV9EO
七咲「さてと…風もさっきよりも冷たくなってきましたし、帰りましょうか」

七咲「今夜は私の家で夕飯を食べていってください」

七咲「今夜、私しかいないんです」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:20:55.31 ID:s814FV9EO
七咲「もう…ぜんぶ言わせないでください」

七咲「寂しい…んですよ。一人が」

七咲「先輩と一緒になったあの夜から」

七咲「さ、行きましょう?今夜はコロッケです」

七咲「いっぱい作りますから、お腹いっぱい食べてくださいね?」

七咲「しんごさん」

逢プラス~てとて、ぎゅっと篇~
おわり

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:22:09.69 ID:s814FV9EO
七咲「せんぱい!せんぱい!起きてください!大変なんです!」

逢プラス~一緒に遅刻!篇~

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:23:48.63 ID:s814FV9EO
七咲「時計!時計を見てください!遅刻です!」

七咲「早く制服着てください!」

七咲「…あ」

七咲「髪の毛がハネてますよ?」

七咲「?どうしたんですか?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:25:57.24 ID:s814FV9EO
七咲「いえ、もう開き直りました。遅刻確定ですし、慌てても仕方ないです」

七咲「ふふっ」

七咲「髪の毛、治してあげますね?」

七咲「…(先輩の顔がこんなに近い…)」

七咲「…ちゅっ」

七咲「…キス、しちゃいました」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:27:28.06 ID:s814FV9EO
七咲「先輩を見習ったんです」

七咲「さ、髪の毛も治りましたし、学校に行きましょうか」

七咲「…当たり前じゃないですか」

七咲「一緒に、です」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:28:46.00 ID:s814FV9EO
七咲「たまには遅刻も、いいかもしれませんね」

七咲「…(一緒の家から登校…ドキドキする…)」

逢プラス~一緒に遅刻!篇~
おわり

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:30:58.35 ID:s814FV9EO
七咲「もう…!いくら先輩でも言っていい冗談と悪い冗談があります!」

逢プラス~七咲は猫耳がよく似合う篇~

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:33:50.37 ID:s814FV9EO
七咲「私に猫耳を付けて欲しいだなんて…」

七咲「でも、いいですよ?先輩の為、です」

七咲「えっ?これも付けるんですか?」

七咲「…似合いますか、にゃ?(猫耳と肉球グローブなんて、どこで買ったんだろう…)」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:35:10.62 ID:s814FV9EO
七咲「ふふっ、口調ですか?開き直りましたし、それに…」

七咲「好きなんですよね?こういうの」

七咲「ご・しゅ・じ・ん・さ・ま」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:36:32.52 ID:s814FV9EO
七咲「にゃんにゃん。今の私はご主人様の飼い猫ですにゃ」

七咲「ごろごろ、ごろごろ」

七咲「にゃっ!いきなりあたまなでなでしないでくださいっ…ですにゃ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:37:44.12 ID:s814FV9EO
七咲「にゃあ…たまにはこういうのも、いいですにゃ…」

七咲「たっ、たまに、なんですからね?」

逢プラス~七咲は猫耳がよく似合う篇~
おわり

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:39:31.70 ID:s814FV9EO
こんばんは。
貴方の七咲、俺の七咲、十人十色の七咲がいます
とりあえず俺の七咲はこんな感じな訳でして

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:41:19.96 ID:s814FV9EO
七咲「せんぱい…来ちゃいました…」

逢プラス~あの日から篇~

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:42:55.60 ID:s814FV9EO
七咲「ごめんなさい。こんな夜に」

七咲「…ぐすっ」

七咲「せんぱいに、会いたかったんです。どうしても」

七咲「せんぱい…私、もうだめなんです」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:43:21.52 ID:s814FV9EO
七咲「寂しいんです」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:45:24.17 ID:s814FV9EO
七咲「夜になると、先輩を思い出すんです。あの日、先輩と一緒に夜を過ごした日から」

七咲「私をぎゅってしてくれて、頭なでてくれて、」

七咲「私に笑い掛けてくれたあの日から」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:46:56.39 ID:s814FV9EO
七咲「せんぱい…」

七咲「好きなんです。何度も、何度も言ってるこの言葉」

七咲「私を離さないでください」

七咲「一人にしないでください」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:49:26.27 ID:s814FV9EO
七咲「自分でもどうしたらいいか分からないんです」

七咲「先輩とコイビトになって、いっしょに過ごす時間が増えて、好きって気持ちが溢れて…」

七咲「んっ、ちゅっ…」

七咲「せんぱい…キス…(先輩がキス、してくれた…嬉しい…せんぱい…)」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:51:38.38 ID:s814FV9EO
七咲「…すみませんでした…」

七咲「…はい。落ち着いてきました」

七咲「…えっ?…もう…」

七咲「先輩が、私をこんな風に変えたんですよ?」

七咲「…あの日から…」

逢プラス~あの日から篇~
おわり

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:57:56.20 ID:s814FV9EO
絢辻「ふ~ん。コレを私に付けてほしいんだ?」

絢辻「いいわよ?付けてあげる」

絢辻「その代わり…」

絢辻「私のご主人様になりなさい。今だけ」

絢辻「いいわね?」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 23:59:33.11 ID:s814FV9EO
絢辻「ねぇご主人様?私、頭撫でてほしいな」

絢辻「撫でて、くれるわよね?」

絢辻「ほら」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 00:01:13.22 ID:9uFw4n89O
絢辻「ふぁ…」

絢辻「んっ、んんっ。なかなか上手じゃない」

絢辻「まっ、そうじゃなきゃ貴方に飼われてないしね」

絢辻「特別、なんだからね?」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 00:03:26.27 ID:9uFw4n89O
絢辻「はい。もう狐ごっこはもうおしまい!」

絢辻「ほら、帰るわよ」

絢辻「ん?当たり前じゃない。一緒に帰るに決まってるでしょ?忘れたの?」

絢辻「私は貴方の彼女、貴方は私の彼氏、つまりコイビト」

絢辻「なら、当然よね?」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 00:05:08.07 ID:9uFw4n89O
絢辻「分かればよろしい」

絢辻「じゃあ、行きましょうか。ご主人様?」

詞プラス~絢辻さんは狐耳がよく似合う~篇~
おわり

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 00:06:17.42 ID:9uFw4n89O
梨穂子「えへへ…キス…しちゃったね…」

梨穂子プラス~キスの味は甘い味篇~

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 00:08:00.53 ID:9uFw4n89O
梨穂子「うぅ~、だめだぁ!顔がゆるんじゃうよぉ~」

梨穂子「笑うなよぉ~。そういうしんごだって、にこにこしてるじゃないかぁ」

梨穂子「…えへへ。いっしょ、だね」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 00:10:27.62 ID:9uFw4n89O
梨穂子「ねっ、今日の貴方とのキス、すっごく甘かったけどどうして?」

梨穂子「あっ!分かった!アメだぁ!アメ舐めたんでしょ~?」

梨穂子「それに~」

梨穂子「いちご!いちごのアメ!」

梨穂子「ちょっぴり甘酸っぱかったもん」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/19(月) 00:12:54.87 ID:9uFw4n89O
梨穂子「私に隠し事は出来ないのだぁ!」

梨穂子「貴方限定、だけど、ね」

梨穂子「えへへ…」

梨穂子「すき、だよ?貴方の事も、貴方とのキスも」

梨穂子プラス~キスの味は甘い味篇~
おわり